ひだまり    今は古事記に夢中!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

(再編集しました!)『高森明勅 所功氏らの暴言・虚言についてもの申す!!』


あなたは、
天皇がなぜ尊いか理解っていますか?


それが解れば、
誰がおかしなことを言い、誰が正しいことを言っているのかが解るはずです。


            
先日の「そこまで言って委員会 1月15日」の皇室典範議論について、
先の記事ではとても言いたいことが全部書き切れなかったので、別に上げます。

まずは、復習のため、前出の記事と動画をご覧ください。

そこまで言って委員会NP 2017.1.15 皇室の未来を考える 緊急総力特集
  ↑ 開いてご覧ください。

後半、番組を見たあとの感想で、主に津川氏の発言について書きましたが、
その後、高森氏の発言について、ツイッターで書いたことを元に書き足していたら、
あまりにも長くなってしまいましたので、こちらに書きます。


いろんな意見にぐらぐら揺れてる人にこそ聞いてほしい。

中学生にも解るように懇切丁寧に解説してみました。



高森氏や所氏は本当におかしなことを言う。

たびたび、いろんなところで、
「陛下の御気持ちが~」
「陛下のご意志が~」
「天皇の資質が~」  などと、ところ構わず豪語していますが、
それ、とてつもなく 危険思想 なんですが、 わかってますか?

もしかして気づいてないのかもしれませんが、
それって、
天皇制を否定するために「天皇にも人権を与えろ」って言ってる
田嶋陽子氏と同じですよ。



なぜ天皇には人権がないのか?

それは、

日本人や日本国が
本当に、究極的に守らねばならないものは
「天皇"個人"の尊厳」 ではなく、

2600年以上守り続けてきた
天皇という伝統の存在・皇室の権威そのもの


だからです



『日本の天皇』が尊いのは、
たまたま
「天皇陛下”個人”の人格が優れている」
から 尊いのではなく、


他のどこにもない2600年以上の日本の歴史と伝統、
それを担保してきた「天皇・皇室の正統性」
ゆえに「天皇は尊い」のです。



だからこそ、

天皇「個人の資質」によって
天皇の権威や日本国の権威が変わらないのです。


たとえ天皇が若かろうと、
たとえ天皇が老若だろうと、天皇の権威も日本の権威も変わらないのです。



おまけに、

たとえボンクラ政権が立って日本経済に信用がなくなっても、
たとえ反日政権が立って日本政府に信用がなくなっても、
日本に、
その上の『天皇』がいるかぎり、
常に 『揺るぎない権威の象徴』である天皇がいるかぎり、
日本の国威・信用は失墜しない(日本は滅びない)のです。



こんな優れた、最強の「システム」を持つのは日本だけ!!
だから、日本は強い。
だから、日本は潰れなかった。



しかし、
その「根幹」をちょっとでも崩したら、日本はもう、そういう日本ではなくなります。


だから、敵はそれを崩したいのです。


↑  ↑
 
この意味を「解っている」か「解っていない」かで意見は大きく変わってきます。

つまり、
これを「理解していない人間=無知」、または、
この事実を「認めようとしない人間=反皇室」の意見など 
聞いてはいけない!
 


※特に「言っても聞かない(説明されても納得しない)人間」が一番危険です!




さらに詳しく解説します。

天皇になる資格に「本人の資質」は関係ない。

「血統の原理」より「本人の資質」をことさら重視するということは、
言い換えると、
資質によって天皇を廃止することを可能にする
ということを意味するのです。


天皇は「人」に選ばれて立つのではなく、
完全な世襲による「血統の原理」によって立つのです。

それは、誰が何と言おうと、
125代、今上帝まで続いた揺るぎない事実です。


「血統の原理」
ということは、
その立場に生まれ、
その星を背負って生まれ落ちた人が立つ、ということ、

天命によって選ばれたものが、
その宿命を背負ってその環境に生まれ、粛々とその地位(責務)を果たす
ということに意味があるのです。


もし、高森氏が主張するように、
天皇になる資格を「能力」や「資質」に求めるなら、
それは結局、
天皇の地位を、人が決め、人が選ぶということにつながります。

つまり、
「天皇の存在価値」が、
人(時代)によって変わり、
人(時代)によって揺らぐ(価値をみとめなくなる)
ことにつながるのです。


どれだけ危険なことか、解りましたか?

現実に、
古来、そうやって選ばれた王や皇帝たちは、
資質や才能や人気で成った他の王朝・国家は、
皆、王朝交代や亡国の歴史しか紡げなかったのです。


つまりそれは「亡国論」であり、非常に危険です。



つい最近、わたしたち国民は
民主党というとんでもない国賊を選んでしまったように、
国民が「いい」と思っても、
多数決(民主主義)で選んだことでも、
国民が納得して選んだことでも、
間違う ことがあるのです。


仮に、本当に素晴らしい正しい人が選ばれたとしても、
その人がその座についてから
生涯に渡って素晴らしい人格と見識を保ち続ける保障はないし、
現に、歴史上の世界の英雄たちも、
そのほとんどは、晩年の人格や統治能力は疑わしく、
最終的に権力や欲に溺れ、国威国力を傾けたケースも少なくありません。

そういう
他国が何度も間違い失敗してきた道を、
日本だけは選ばなかった
 ということなのです。

わたしたちの先人たちは、
そういう選択肢を最初から一度も選ばなかった。
他の国が安易に頼ったその選択肢を、
日本だけは頑なに拒み続けてきたのです。


だからこそ、
日本だけが今日まで続いているのです。

それを選んだ国はことごとく潰れていったのに、
日本だけは今も残り、栄えているのです。

それなのに、
なぜ、
あえてその「滅びの道」を選ぶ理があるのでしょう?



高森氏らの言う「天皇に資質を求める」ということの裏には、
「国民が天皇になる資格を見定める」という危険が隠されています。
それはつまり「血統」ではなく、「国民が認めた天皇を選ぶ」という意味、
そういう思い違い、危険な誤解を生むものです。

それは、これまで日本人が皇室に対して持ったことがなかった認識。
日本人が皇室にもってはいけない認識。

それは「亡国」へのミスリードです。


そもそも「選ぶ」とか「選ばれる」ということは、
その地位を目指して勝ち上がるということ。

何かの総選挙みたいに、
その地位に就くことそのものが目的となると言えます。

選ぶ側にはそんなつもりがなくても、
選ばれる側にはそういう意識が生まれてくるのは確かです。


しかし、天皇はそんなものじゃないんです。

一般社会の競争ように、
何かの能力を競い合い、勝ち上がって獲得するような目標や地位ではないのです。

天皇とは、
究極的には、ひたすら国民のために「わたくし」を捨てて「祈る存在」です。


自分の好きなように、自分の目的のために、
自分の能力や権力を使って何かを動かしたり、個人の理想を実現したりするものじゃない。



では、
そういう特殊な地位や職務役目に適合する「資質」が、その人物にあるか、ないか、
どうやって人が判断するのでしょう?
果たして、それができるのでしょうか?

高森氏らは簡単に「資質を求める」って言うけど、
その「血統にこだわらない天皇になる資格」とやらを、どうやって判断するのでしょうか?

おかしいでしょう?

あれはまるで、
竹田恒泰氏が主張する「血統の原理」を否定したいがため、
もっといえば、
竹田氏の言論を否定したいがため、
竹田氏の後ろに存在する旧皇族の復権を阻止したいがため
そのためだけの、中身のない主張のようにわたしには聞こえます。

少なくとも、高森氏こそ、
「皇室の未来(日本の未来)を守ろうとする資質などない」と思います。


だから、所氏や高森氏らの言葉に騙されてはいけません。

あれはとても危険です。

「天皇に資質を求める」というのは、たしかに一見聞こえはいいけれど、
思わず納得させられてしまいそうだけど、
それはつまり、その考えの行き着く先は、
「それを許す」ということは、
人(国民)が、天皇になるべき人間を、
候補のうちから、勝手に、自分の好みで、
「いい天皇」と「よくない天皇」とに分けることができる
 ということ。

「この天皇はよかったが、この天皇はダメだ」 と
国民の好みで天皇を糾弾したり、やめさせることができる
ということを意味するのです。

最初は「そんなつもりではなかった」と言っても、結局、
一度そういうことを許してしまえば、
一度そういう空気をつくってしまったら、
近い将来、とくに「レリゴー」世代なんかは、
あっという間に、天皇皇室への畏敬の念も分別も無くしてしまうことでしょう。


それが、
「人が天皇の資質を求める(決める)」ということです。


そういうことを簡単に言い、
しかも、メディアで頻繁に発言するということは、
(それを国民が簡単に同調し、同意するということは)
国民が皇室に対して危険で不敬な勘違いや驕りを抱くよう助長させるものです。


いかに危険な発言かお解りいただけましたか?


間違えないでいただきたいのは、
だからといって、
「どんなおかしな人格や思想理念を持った者が天皇になってもいい」
などとは誰も言っていません。

「天皇になる資格」に「資質(人気)」を求めないということは、
「天皇に人望がなくてもいい」という意味ではなく、
天皇には「個」を求めないといことです。

国家や国民が究極に「守る」べきは、
天皇「個人」ではなく、
「天皇」という日本の伝統を背負った「国体そのもの」なのです。

高森氏らは、それをはき違えています。
とても、皇統保守とは思えません。

だから危険です。


日本国民のみなさんは、そんな誤誘導にそそのかされず、
もっとしっかり日本の行くべき正しい道を見極めてください。

それを見誤ったら日本は滅びます。

「天皇に人権がない」ということは、
究極的にいえば、
天皇「個人」の気持ちや嗜好によって、
国事行為や祭祀を好き勝手に変えられて皇室伝統が途絶えたり、
皇統の正統性や継続が途切れたり、
天皇の意志で政治が壟断され、国家が傾いたり、
日本の国柄が変えられてしまうようなことがないように
天皇には「個人(人権)」が認められていないのです。

それは奪われたものではなく、最初からなかったと言ってもいいのでしょう。
実際、歴史を紐解いても、
「個」を色濃くした天皇の御代は国が乱れていますから。

というか、
戦後の歴史教科書には、
そういった「個の強い天皇(世を乱した天皇)の逸話」しか出てきませんが・・・


(GHQが日本人の誇りを奪うために
「尊敬される天皇の歴史は語ってはいけない」という規定を作ったから。
戦後70年たっても、GHQが作った日教組がそれをずっと守っているから。)




そもそも天皇と国民は平等じゃない。

それを批判するのは共産主義者です。

「天皇制は非人道的で不平等と格差を作り出す制度だ」
とやるのですが、おかしなことです。
共産主義国家には、本当の平等なんかどこにもないのに。
共産主義国家には、結局、「独裁者(暴君)」しか生まれないのに。

でも、日本の天皇は違います。

天皇には他の王や皇帝のように「人権がない」から尊いのです。

「資質がある」から尊いのではなく、「人権のない天皇」だからこそ尊いのです。

だから日本の天皇は「独裁者」にはならないのです。

(※戦後の歴史教育の天皇の歴史やドラマや小説などの天皇についての認識は、
 反日左翼の「願望(洗脳)」が色濃く入った「嘘」だらけです!)




究極にいえば、
「天皇」とは、
2600年以上続く日本の伝統・文化・精神 等を 子子孫孫と「受け継ぎ」、
それを未来に「引き渡す」ための 「器」 なのです。


自分の意志で
実力や才能で成る、ただの「英雄」や「カリスマ」とはまったく違うのです。


そして、考えてみてください。
そんな重い覚悟が、「一般人」に背負えるでしょうか?

小さい頃から自分が何になりたいかを夢見て、
いろんな職業やヒーローに憧れて、
自分の夢や目標を叶えるために一生懸命努力し、
一個一個目標を達成し、実績や人望を積み重ね、
夢の実現に向かって突き進んできた・・・ような、
そんな人間が、果たして、
天皇が背負うような責任や役目を<自己実現>として望むでしょうか?


それ以前に、一般人にその重みを理解できるでしょうか?

だから、「血統の原理」なのです。

その定められた星の下に生まれ落ちた者が、
そのその環境の中、その宿命を背負って粛々とそれを「受け継ぐ」のです。

その覚悟は、
そしてまた、その覚悟をつくる環境は、
その伝統を背負っている一族だからこそ、できることではないでしょうか。

一般人が急に
「おめでとうございます。今日からあなたも天皇候補です。
あと○年以内には天皇になっていただきます。準備をよろしく。」
なんて言われても到底無理なことでしょう。


竹田恒泰氏が言っておられました。
かつて、ひげの殿下として有名な三笠宮寬仁親王殿下が、
「時々、急に天皇になる夢を見る」とおっしゃられていたそうです。
それは、「わーい、僕も天皇になれる」・・・という、ワクワクするようなものではなく、
冷や汗ものの「悪夢」として見る・・・のだそうです。

ずっと後ろの方とはいえ、殿下には「皇位継承順位 第7位」というものがついている。
ということは、万万が一、万万が一にも、天皇になる可能性は「ゼロではない」ということです。
とはいえ、よほどの天変地異でもない限り、よっぽど回ってくることはないはずなのに、
それでも、万万が一、もし、本当にそういう事態になったら、その時は、寬仁親王殿下は
「天皇にならなければならない」のです。
・・・という一縷の意識(いざという時には逃げられない覚悟)があるだけでも、
そんな「悪夢」を見てしまう・・・というのです。

そのくらい、天皇の地位(役目)というのは「重い」のだそうです。

それは、なりたくてなるものじゃない、ということ。
夢や目標として憧れてなるようなものじゃない、ということ。
いざとなれば「なるべき者がならなくてはならない責任」だということです。

明治天皇も、孝明天皇も、先帝の急な崩御のために、14、5歳という若さで天皇になったように、
それでも、賢明に努めて立派な天皇になられたように、
その星に生まれ、
「生まれながらに皇位継承順位がつく環境」の中で、
その自覚と覚悟を養う中で育った皇族だから、それは可能なのだと思います。



もう一度整理します。


高森氏が豪語していた「天皇に資質を求める」ことは
一見聞こえはいいですが、
よく考えるとそれはつまり、
「資質のある無しを決めるのは国民である」=「国民の好みで天皇を決めたり、やめさせられる)
という勘違い(驕り)を生み出し、
これまで「天皇になる資格=血統の原理」において「非の打ちどころのなかった天皇」を、
「国民が認める天皇」と、「国民が認めない天皇」に分けようとしてるものであり、
それは、
国を二分した「南北朝の再来」であり、
皇室打倒の共産主義に利するだけです。




また、
高森氏らはおかしなミスリードばかりしてるけど、

仮に皇室典範を改正し、
旧皇族の男系子孫を養子に迎えるなどして「旧皇族を活用する」としても、
それは、
旧皇族の人間が皇族となって男系の子孫を残すのが目的であって、
その者が直接天皇になるなどということはありません。

天皇になる人間は外から入ってくるのではなく、
皇族として、
生まれながらにしてその命運を背負って、その立場に生まれてくるのであって、
たとえ男系の旧皇族といえども、いきなり「天皇になる」ことはありません

「旧皇族を天皇にする」などということは誰も言っていません。
それを議論に乗せた(主張した)人は一人もいません。


高森氏は、完全な嘘をついて国民に誤解を与えているのです。

また、高森氏や所氏のように、
「昭和天皇は素晴らしい」「今上陛下は素晴らしい」
と、ことさら強調して「天皇に資質を求める」と言うのは、
裏を返せば、
将来の天皇に少しでも未熟さや気に入らない所があれば、
国民がそれを糾弾して、天皇の資質を批判し、
「天皇を否定できる」(退位させられる)ということなのです。



それがとても危険な思想であるということは、もうお解りですね。


そういう意味で
「天皇は資質でなるものではなく、血統の原理でなるもの」
だと竹田氏は言っているのです。

これも憲法解釈と同じで、
ただその「言葉尻」だけ切り取って議論しても、それはただの不毛な「揶揄」にしかなりません。

「天皇の正当性がなくなるんなら、そんな天皇制はなくせばいい」
という発言も同じことです。
一見暴言に聞こえますが、それを暴言と取るのは浅はかな判断です。

極論ではありますが、ようするに、逆説的にいえば、
「あなたたちみたいな論理が通って、
血統の原理をなくしてこれまで続けてきた「天皇の正当性」を奪ったら、
天皇はすぐに存在価値をなくして皇室は滅びてしまう」
=「そんな天皇は嫌だ」(そんな国は嫌だ)
 
と言っているのです。

それ以外に聞こえた人は、
天皇・皇室の存在価値を、それだけ「軽く」考えていた証拠です。

たとえて言えば、あなたのお母さんを誰かが魔改造して、たとえば「寄生獣」のように、
「見かけ」はお母さんだけど、中身はゲテモノ、グロ宇宙人・・・みたいな「おかしなもの」
にされてしまったとしたら、あなたはこう言うのではありませんか?
「そんなことするくらいなら、お母さんなんかいなくなったほうがいい」 と。

でも、それは、「お母さん」そのものを嫌いになったり、排除したい訳ではないでしょう?
「そんなおかしなものは、僕のお母さんじゃない」と言っているだけです。

それを、「宇宙人」たちから見れば、
「じゅうぶんそれでいいじゃないか?どこがいけないんだ? 
同じじゃないか。あれはキミのお母さんだよ」
と言っているようなものです。

あなたはどちらの意見に感情移入できますか?


それを高森氏らは、
うれしそうに、鬼の首をとったかのように、
「さっき天皇制なんかなくせって言ったじゃないか!」 と竹田氏を攻撃してるんです。

それが、識者と言われる人の言うことでしょうか?

まるで、「皇室の未来」を議論してるんじゃなくて、
ただ竹田恒泰氏とケンカ(竹田潰し)しているみたいです。




懇切丁寧に書きすぎたかもしれませんが、お分かりいただけたでしょうか?

今後は、こんなキーワードにご注意を!

「天皇にも人権を」
「旧皇族は天皇になる資格はない」
「天皇に資質を求める」
「男系だけにこだわると皇室は続かない」


・・・ みんな、みんな、 大嘘つきの危険思想です。















関連記事
スポンサーサイト

そこまで言って委員会NP 2017.1.15 皇室の未来を考える緊急総力特集!「退位」めぐり議論百出!<所&高森の危険思想 と 津川氏の「御陵を暴け」発言> 



そこまで言って委員会NP 2017.1.15
皇室の未来を考える 緊急総力特集
天皇陛下「退位」めぐり議論百出!!

今後の課題は? 安定した皇位継承へ「皇室典範」は改正すべき?
激論!女性・女系天皇の是非!


<所&高森の危険思想 と 津川氏の「御陵を暴け」発言>

議   長  辛坊治郎  副議長 :渡辺真理
パネリスト
津川雅彦、 田嶋陽子、桂ざこば、長谷川幸洋、竹田恒泰、宮家邦彦、 村田晃嗣、髙田万由子
ゲスト
所功、 百地章、 高森明勅  



https://youtu.be/DJZJP2m0KoA
↑ 開いてごらんください。
 

※動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます!

※※最近、すぐ動画が消されてしまうので、すぐ見てね!!


たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/iinkai/

過去動画の配信
http://www.ytv.co.jp/mydo/iinkai/



今日は、大雪で家に閉じ込められてますので、なんと、
番組が始まる前からこれ書いてます。

もう、今回のタイトル見ただけで、物申したいことだらけ!! だから。


今回も、番組HPでは、竹田恒泰氏の名前が最後になってました・・・
おかしいでしょ? この顔ぶれで竹田氏が一番最後って!
・・・と思い、また勝手に順番を妥当なものに変えました。
本当は、こう!  (番組HP順)
パネリスト
津川雅彦、 田嶋陽子、 桂ざこば、 長谷川幸洋 宮家邦彦、 村田晃嗣、 髙田万由子、 竹田恒泰

今回は珍しく田嶋氏の前に津川氏が来てるけど、むしろ、これは珍しいこと。
これまでの傾向は、
田島氏が要る場合は必ずトップ。竹田氏は安定の最後

これが、番組クオリティ。
これが、読売テレビのセコいプライド。
ただの みみっちい「意趣返し」です。

もう、毎回のことなので、
テーマタイトルとレギュラー出演者の順番の「妙」については前の記事で復習してね!

ここまでは復習。

次が本題です。

これは中日新聞の番宣タイトルから取ったのですが、
これ 
「天皇陛下「退位」めぐり議論百出!!」

あ~~あ、また「朝生」の再現か・・・ と、聞く前から想像だけでうんざりしてます。

以前ツイッターでも言ったけど、
わたしから言わせたら、ここで「議論百出」する方が おかしい!!

ってことに日本人ですら気づかないのが問題。

何故かっていうと、つまり、
たとえば、アメリカとか、中国とか、韓国とか、ロシアだっていい、
そういう国が、新しい制度を作ろう・・・として国民や専門家が議論して「意見が百出」するのはいい。
それは当たり前でしょう。
だって、それは、まだ最近出来た国家や制度の、まだ浅い歴史しかない、
伝統のないところからの議論 なのだから。

でも、日本は違うのですよ。
日本の歴史は、日本の皇室伝統は二千六百年ですよ?

それなのに、「意見が百出する」といことは、どういうこと?
つまり、そのほとんどは、
「日本の歴史も皇室の伝統も 完全無視 した意見」
としか思えない ってことです。

わざと伝統外へ日本をミスリードしようとしている汚れた輩か、
または、
ただの無知からくる意味のない意見 ってことです。

そして、
それを有り難ってるのが 反日マスコミってことですよ。
国民を混乱させ、ミスリードするために。
 
そうでしょ?
そこにぜひ気づいてほしいなあ。

(あえて「百出」と書いているのは、
 この「百」は「八百万」みたいに、本当に「100個の意見」という意味ではないからです!)



つまり、言いたいことは、

既出の(とっくに 完全論破されて滅んだはずの)
「女系・女性天皇論」や「女性宮家必要論」 なんていうのは、
戦後の反日(反皇室)教育によって、
日本国民に皇室への知識・理解が全く無かった中で盛り上がっただけ!
のものであって、
その後、
真実を知る旧皇族の中から竹田恒泰氏が表に出てきて
それに後押しされた「真の保守論客」らの尽力によって、
「議論に必要な正しい知識・見識」
国民にちょっと備わった途端、あっと言う間に崩れ去った
 
ものだったのです。

つまり、
「女性天皇・女系天皇」・「旧皇族の復活(活用)否定」論なんていうのは、
国民に正しい皇室知識が無かったからこそ成立していた議論であって、
それを、この期に及んでまだ推奨(ゴリ押し)してくる輩っていうのは・・・
つまり、わかるでしょう? 
そういうことですよ。
国民(日本人)を馬鹿にしてる  ってこと。

馬脚どころか、マジ正体現してますが?
それでもやるってことは、どこまで厚顔、恥知らずなのか?
番組は、マスコミは、
こういうのに起用される御用学者たちは、
そこまで国民を馬鹿にしてるのか?  って言いたい。


まだ、そんな嘘・妄想ミスリードが通用すると思ってる・・・それつまり、
反日マスコミは、そこまで日本人を甘く見て馬鹿にしてるっていう証拠。


それでいいのか? 
日本国民のみなさん?

こんな愚挙・暴挙に、日本人はもっと怒るべきだと思う。












つまり、
GHQが皇室解体のために臣籍降下させた「旧宮家の復活や活用」を
完全否定してる所氏や高森氏らというのは、
あの不敬極まりない「立札事件」を企て、
皇族への嘘の誹謗中傷を拡散している輩と同じレベルだということ、 
反日・反皇室主義者と同じ穴のムジナ だというとこです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、番組を見終わりましたが、解りました!
今日に限って、なぜ、めずらしく津川氏が田嶋氏より先に名前が来たのかが!!

なるどね。たしかに、
今日の津川氏の「働き」は、あのド左翼の田嶋氏より、
あの所氏と高森氏らよりすごかった! 
まさか、番組がこんな伏兵を仕込んでいたとは!!

議論をしっちゃかメッチャカにしてくれましたね。
と く に 最後のはひどかった!!

津川氏が言ってた
古墳=歴代天皇の墓を暴くことが、
あたかも「歴史や文化を知るための権利」であるかのような論理は
全くナンセンス!!


何?どうしたの?津川さん、これまでと随分違うじゃない?

かつて、ある人もこれと同じことを言い出したので、
「逆説の日本史」で有名な某氏にわたしは疑問を抱いたんです。
まさかそれをあの津川氏から聞こうとは!! 
びっくりというか、ガッカリです。

あれこそが暴論、いえ、暴挙です! 
竹田氏が言うように、日本の皇室はまだ続いているんです。
それを、
すでにとっくの昔に滅んだ王朝の墓 といっしょにしないでほしい!!

未だ続いている家の、陛下の「御先祖の墓」です。

昨年、「神武天皇二千六百年大祭」がありましたが、
要は、現皇室は、一般人でいう法事と同じことをまだ続けているということ!

普通の家みたいに、13回忌とか、せいぜい多くて33回忌までしかしないのと違い、
皇室は2600年祭です。
皇室が2600年以上続いているということが異例なだけ。

そんな家も王朝もこの世に他に存在しない。
でも、日本の皇室は続いてるんです。

津川さん、
「文化が~」「歴史が~」って言うのなら、
むしろ、その驚異的な歴史と文化をこそ誇るべきです!!

おそらく、今日の竹田さんは、所氏のより、高森氏のより、
この津川さんの発言にこそ危険を感じたのではないでしょうか?

(今度のニコ生放送で聞いてみたいです)



放送後つぶやいたツイッターです。


御陵は鳥居が立っててお祀りしているんです。
それは神社と同じことです。天皇は御祭神となるからです。
普通の人やただの豪族は神にはなりません。
昔から祀られているということは天皇だからでしょう。
それを疑うなら、全国の神社も全部暴いていい、という理屈になります。

皇室を崇拝する というなら、
日本人が守ってきた神道や皇室に対してもっと謙虚になったらいかがですか?
日本に限らず、聖書の記述が科学的に納得がいかないからって、
それを否定し冒涜していいものではない、というのと同じだと思います。

今上陛下が祖先として祀っているのに。

あ、思い出した!
日本の考古学者は左翼だってことを
普通外国の考古学者は自国の神話が否定されるのが悔しくて
それを証明するために考古学者になるが、
でも日本は、古事記を科学的に否定したくて考古学者になった人が多いんだって。

なぜなら、
日本が戦争に負けてGHQの占領を受けたとき、
それまでいた真っ当な保守的な学者や管理者を追い出して、GHQの息のかかった、つまり、
反日政策(自虐史観政策)に都合のいいド左翼をその後釜に据えたからです。

だから戦後の学界(学会)のトップは左翼ばかり!
トップがそうだから、その世界で出世しようと思ったら、そういう路線の研究しか認められない。
だから、未だに、その世界を牛耳っているのは左翼学者なのです。

ま、そういう人たちの発想なんでしょう。


でもね、近代合理主義だけが正義ではないんですよ。

つまり、そういう価値観の対極にあるのが
日本神道や日本人の価値観なんですよ。

そうでないなら、神宮も法隆寺も、
とっくの大昔にコンクリートや鉄板で作り直してオケ!になってたでしょう。
式年遷宮なんてナンセンスなことしてないでしょ!






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。







ぜひ、こちらもお読みください!

★そこまで言って委員会NP 2016.9.4 高森氏が所側(朝敵)に確定した日!


★「憲法は”言葉通り”に読んではダメ!!」~本当に陛下を貶めているのは誰なのか?
  ↓   ↓
本当に「陛下の大御心」を無視し否定・愚弄しているのは、
陛下が熟考の末、あえて憲法に抵触しないよう「玉虫色」にした部分の「モザイク」を暴き、
勝手に「御気持ち」を解釈して断定し、代弁して、
「陛下の御言葉」をわざわざ政治利用している
所氏や高森氏らだ!!


憲法の「言葉」を利用して譲位の特措法を否定する愚行!
憲法は「言葉」通りに読むと誤解と誤誘導(反日)の元!!
憲法の読み方も知らない ド素人は黙っとけ!!




★マスコミに出た「生前退位」という言葉が皇后陛下に ”ショック” を与えたことに対して、
 その[不吉な言葉]をあえて好んで連呼し続けた「エセ保守論客」たちはどう思っているのか?

                              ↑ 所、高森、あんたらのことだよ!!

皇后陛下の御心を傷つけた「不吉な言葉」をあえて連呼し、
「陛下の御気持ちを大事に…」
(陛下が ”生前退位したい” って言ってるんだから 言う通りにしろ!)
「陛下の御気持ちを第一に」 (それに刃向う奴は国賊だ!)
・・・などと偉そうに豪語していた
小林よりのり や 所功 や 高森明勅 たち「エセ保守論客」どもは、
この「皇后陛下のお気持ち(本心)」を聞いて、今、 どう思っているのでしょうか? 
(どうせ何も感じてないよね)





★日本人は「皇室リテラシー」というものをもっと学ぶべき!
一般素人だけじゃなく、エセ保守論客ほど、これがない!!
本当の保守なら、先人たちが2千年以上守ってきた歴史伝統に対して、もっと謙虚であるべき!!



★他のエセ保守論客はもう黙れ!!竹田恒泰氏こそが本物の皇室を語れる人物です!
~なぜエセ保守論客たちは竹田恒泰氏を敵視し誹謗中傷するのか?

★これを機に、旧皇族や宮家ついての『本当のこと』を知ってください。
※所・小林・高森らの嘘に騙されてはいけない!!
皇統を守ってきた旧皇族の復権を、
そこまで形振り構わず阻止しようとする彼らの真意を見抜いてください!













まさにこれ!
二千年かけて「これしかない」ことを実証してきた
先人達の知恵の集大成である「旧皇室典範」こそ
皇室の戻る道であり、本当の「日本の進む道」です!


それ以外の道を取るということは、
日本のように続かなかった「失敗した王国に倣う」ということ。
「亡国の道を突き進む」ということです。



【永久保存版★武田邦彦】
〜世界が日本を羨む皇族の優れた制度〜

日本が妬まれる理由。 天皇(制)が妬まれる理由。





なぜ天皇陛下が必要だったのか?
日本に奴隷がいない理由
  #武田邦彦




武田邦彦 科学と命11 :天皇



武田邦彦 反日の根源(11) 誰一人DNAは残らない


※重複するところがありますが、よい内容動画なのでいろいろ貼っておきました。
 参考にしてください。



※貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html

(※最近のものは欄下の<関連記事>からどうぞ!)




こちらも ぜひ、お読みください。

★再 ・ 「立派な天皇は国民の鏡である」

★【虎の門ニュース】と百田尚樹・石 平氏に抗議した毎日新聞が
 巨大ブーメランをくらって【毎日変態記事問題】まで暴露される!!


★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで!

★最近ツイッターでつぶやいたこと・・・  「ディズニー」と「小公女セーラ」 
※子供に見せたいアニメ。子供の見せたくないアニメ。 子供たちへの愛のメッセージはどっち?

★そこまで言って委員会NP 2016.9.4 高森氏が所側(朝敵)に確定した日

★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~

★なぜ女系派(男系断絶派)は、
 「旧皇族の復帰」という言葉を使って「旧皇族(男系血統)の活用」を阻止しようとするのか?







関連記事

【韓国】「日本は一度も望むときに助けてくれたことがない!」 ←は?


 

【韓国】
「日本は一度も望むときに助けてくれたことがない。
通貨危機のときもだ。」
  ↑   ↑
通貨危機の時 どの国からも拒否られてた韓国を
唯一助けたのが 日本だぞ?


まとめ安倍速報さま
http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/?p=2 より抜粋転載~


。。。。。。。。 ↑  ↑   この記事についたコメントより~



偉そうな乞食だな


韓国人頭おかしい


何で助けてもらう事を前提に喋ってんだ?



>>日本は一度も韓国が絶対に
 必要な時、望む時に助けてくれたことがない。
  これは本当なの?


んなこたーない
助けてもらってから
後で「別に独力で回復できたのに恩着せがましい」
とか言ういつものパターン



通貨危機の時に
どの国からも拒否られてた韓国を唯一助けたのが日本だぞ?
なに恩人を逆恨みしてんだ。
マジで気持ち悪い民族だわ。

関わったら日本は助けてくれないって言うんなら、
最初から日本は関わりません。
だから日本抜きで話進めてください。



通貨危機の時の支援まで無かった事にできるのはすごいな
たかだか十年ぐらいしか経ってないのに




この発言で日本の金融関係者がガチ切れしたのにな



戦前は32億ドル
戦後は8億ドル


日本資金援助
・1965年 8億ドル+α(経済協力金) 
・1983年 40億ドル(特別経済協力金) 
・1997年 100億ドル(通貨危機救済金) 
・2006年 200億ドル(ウォン高救済基金) 
・2008年 300億ドル(ウォン安対策IMF、韓国に2.8兆円融通)
 


no title


貸した金返せよ


追記すると、
戦後直後とバブルと2000年代の 円の価値 違うからな?



これじゃまるで
今日までの韓国の発展は、日本のおかげじゃないか



韓国政府ご自慢の「漢江の奇跡」は
すべて日本のおかげ



昔NHKスペシャルで「漢江の奇跡」についての特集してて
「韓国は独力でこれを成し遂げたのです」
みたいに言ってて
へーすげえな、とか当時中学生だった俺は素直に信じたのだが
最近それが嘘っぱちだったことに気づいて、
それ以来 NHKは信用しないと決めた



これじゃ足りないってんだから凄いよなあ



当時、韓国では
「自力で復活出来たのに、日本が恩着せがましく援助しやがった。
しかも援助が少ない」

って言ってたな。



これ、
翻訳して韓国の若い人たちにも教えてあげればいいんじゃね?


そんな事をしたら
「捏造ニダ! 反省してないニダ!
謝罪するニダ! 賠償するニダ!」

って言われるだけだよ


しまいに
「韓国に対する愛がないニカーーー! 」とか言い出すわw




日本が助けてなかったら今頃ロシア半島になってたくせに




もう分かったから
ゴチャゴチャ言ってないで国交断絶しようぜ








。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



★日本が韓国に援助してきたODAリスト  これを英訳して youtubeで世界に発信して!

★都合の悪い歴史事実に向き合えない韓国人たちは、現実逃避しないと息もできない…


★韓国人「日本に植民地支配された屈辱は忘れない」 ← これに反論できる日本人いるの? 
  (いるよ~)
 



※大朝鮮さまの方も同じ・・・

★日本政府の対中国ODA(計約3兆4300億円)を中国国民に教えた結果・・・




関連記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示