ひだまり    今は古事記に夢中!
FC2ブログ

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

敵は"青山"騒動を使って ”『虎の門』潰し” に必死のようです。

最近、ユーチューバーのKAZUYA氏が、保守言論番組「虎の門ニュース」の月曜レギュラーである青山繁晴氏に対し、「苦言」を呈した動画をあげたことによってさまざまな波紋を呼んでいるようです。

ネットでは、わたしの知るかぎり二つの現象が起きているるように思います。
それは、ひとつが「保守の仲間割れ(仲間批判)」現象、もうひとつは「虎の門(保守番組)批判」です。
わたしは、青山氏の言動の是非よりも、そういう「空気」こそ違和感と危険を感じています。

よくよくいろんな動画を聞いてみる、とKAZUYA氏の意見はもっともだと最終的に思いました。
KAZUYA氏は別に青山氏の全人格を否定しているわけでもないし、全意見や功績に疑問を抱いているわけでもありません。そうれに対しては、誤解されないように非常に神経を使って発言されているように感じます。
ネットでは「保守の仲間割れ」とか「仲間叩き」などという言葉が飛び交っていますが、そういう短絡的な言葉でくくってしまうのは、熟慮の上勇気を出して苦言を呈したKAZUYA氏の真意をまったく無視した無責任なものだと思います。
もちろん、単なる無思慮なコメントもあるでしょうが、危険視するのは、わざとそういう空気をつくり、「保守潰し」(保守番組潰し)のために、過激な言葉や、もっともらしい言葉で扇動しているということです。

KAZUYA氏のやったことは、わたしを含め多くの保守論客たちが、安倍政権を強く支持しながら、増税や入管法などに対してははっきり苦言や判を述べていることと同じで、まったく問題ないことです。たとえ基本的な思想信条を同じくしていても、大切な目標(例えば憲法改正という大義)の達成のための同志として認めている相手であっても、かならずしもその人の言動全てに賛同できないことは普通にあることだと思います。
安倍総理しかり。田母神氏しかり・・・ 他にもいろいろ。
その人の一部の価値観についてたとえ賛同しかねることがあって、それには目をつぶることができても、たとえば、共通の目標、大義実現のためには「これはまずいんじゃないか?」「これは何か違うと思う」と、「これだけば認める訳にはいかない」ということがあれば、それについて反論したり、改めていただくよう「苦言」を呈することは何の問題もないことだと思います。

わたしはほぼ毎日虎の門ニュースを聞いていますが、じつは、月曜日だけはあまりフルで聞いたことがなく、かいつまんでしか聞かないことが多いです。それは、内容がどうとかいうより、わたしには青山氏の独特の語気がちょっと神経に触るというか、聞き流していて不快に感じることが多かったので、自然そうなってしまいました。青山氏の話で貴重だと思うことも多々ありますが、なぜか虎の門ではよく、急に声を荒げて「怒鳴る」ことが多いので、そういうところのない安心して聴ける(穏やかに話している)「切り取られた動画」から選んで聞いたものが多かったです。(かった…というのは、最近ここ数年それすらなかったので)
ただ「虎の門」での青山氏の妙な熱血ぶりが受け付けなかっただけで、氏の発言内容に対しての拒否反応ではありませんでした。(そのくらい聞いていなかった訳ですが…)
ところが、今回のことで、青山氏の問題発言集動画を聞いて、初めて「そんなことを言っていたのか…」と正直驚きました。

※追記です。
青山氏の言うところの『政府高官(そういう筋)からの機密情報=「ここだけの話」』がやたら多すぎることにびっくりしました。
それが本当だとしたら、KAZUYA氏のほか良識ある人たちが指摘するように、「国家機密漏えい」に抵触する問題として、普通の人としてもいかがなものかと思いますし、国会議員という立場上、ゆゆしきことかと思います。
もし、それらが事実でなかったとしたら、それは虚言・妄言ということになり、どちらにしても、そういう発言をすることそれ自体、良識が疑われるものになります。
日頃、日本人の誇るべき良識・民度や、気高い精神性を熱心に語ってこられ、そういった熱い言葉によって多くの若者たちに誇りや勇気を与えてきた人だからこそ、これは残念としか思えません。

また、KAZUYA氏の言うことろの、「オカルト的な発言」が過ぎると、他でどんなに正しいことを言っていても、それまでもが信憑性を失う恐れがあるし、そのことで氏のこれまでの功績や保守活動そのものへの否定工作に使われかねないので「自重したほうがいい」というのは、至極もっともなことだと思います。

青山氏のあるオカルト的体験を「事実だ」として擁護する動画が出ていましたが、もはやこれは、その話を信じる、信じない、その話(現象)が事実かどうかは問題ではなく、人間としての「わきまえ」の問題だと思います。
不思議な心霊現象は、ある人にとっては真実であるかもしれませんし、救いになることもあるかもしれませんが、一方、大半の人にとっては「怪しげ」であり、「現実性のない不確かなもの」です。それを、現実的な政治活動や保守言論活動と同じ土俵で語ってしまったら、現実的な方まで「怪しげ」で「不確か」なものとして感じられてしまうのは当然です。
そう考えて、あえてここでは言わないのが「大人の良識」、かつ、「公人としての良識」ではないかとわたしは思います。
青山氏はその良識を求められているのです。

わたしは日頃、霊的現象や、宇宙人やUFO、それらの国家機関の機密や隠ぺい工作などの話に興味があり、中には信憑性・現実性が十分あるものもあると考えています。が、それを誰にでも話すことはしません。たとえ自分がそれに類似する「不思議」体験をしたとしても。たとえ「不思議」」現象で誰かを助けられたことがあったとしても、それを「自慢げに人に話す」ことは、それを生業にしている人は別として、大人の分別として、それは違うと思っています。

青山氏がそういう体験をしたこと、そういう現象を信じていることをわたしは否定しませんが、そういう現象を信じているわたしが聞いても違和感を覚えたのは、それがその場に不必要な「自慢げ」に聞こえたからであり、自分をどう見せたいと思っているのか疑問に感じるというか、信じて秘めている自分にとっても、氏のそれは不信に感じこそすれ、愉快なものではありませんでした。
どうしてもそういう体験を語りたいのであれば、それはもっと別枠で、完全に保守言論とは別の土俵で、もっと慎重に表現すればよかったのにと思います。

青山氏のファンにとっては、青山氏のそういう面も含めてファンであると思うし、または、そういう面だけはちょっと…と思いながら、ほかのいい面があるのでそこだけ目をつぶって話を聞いている人もいると思います。でも、KAZUYA氏の言うように、青山氏は立場的に公の国会議員ですし、保守仲間としても大切な大義を共有している仲間として目をつぶれないことであると思います。

要するに、わたしのようにオカルト現象を理解しているつもりの人間にとっても
青山氏のあれらの言動は、立場上慎むべきものであり、不適切な言動であると感じていることをお伝えしたかったわけです。


次にどうしても言いたいのは、この問題の動画です。




これは、明らかに「虎の門批判」(保守番組潰し)のために造られた動画です。
しかし、わたしから言わせれば、むしろこの検証動画は、「虎の門」の制作サイドの良識の高さを再確認しただけの動画でした。

老婆心かもしれませんが、動画主の主張を聞いて、うっかりこれに納得してしまう人がいるといけないと思って、この記事を書いた次第です。


この動画に最初についたコメントが、青山氏の発言とこの動画主の主張の問題点をズバリ言い当てていますので、そのまま引用させていただきます。


YABAIYO x2 さん

三菱の女子社員が特定出来れば、その技術が欲しい、朝鮮や中共に誘拐・拉致されてしまう恐れがあるかではないのかね・・・人名がかかっているのかも。


(”解り難い”日本語で書かれているのは、わざとかな?)

そういうことです!
動画主は、「虎の門ニュース」サイドがあたかも「青山氏の利益になることを”妨害”した」かのように言っていますが、事実はまったく違います。青山氏が自分の活動をPR(告知)するだけに留まっていれば何の問題もなかったのに、いつものように、「余計なこと」を語っていたのです。
コメント主が言うように、それが重大な懸念につながる内容だったため、制作サイドの正しい見識によって、その危険を回避するため、「放送できない」と判断し、編集でそこだけ上手く切り取りできなかったので、やむなく、青山氏の活動報告部分を含めて全カットすることになった・・・というのが真実だろうと思います。

であれば、動画主が詳細説明欄で訴えて(非難して)いるような、
青山氏を日頃批判している人たちが一斉にDHC擁護にまわり、この元動画を「検証するな」と言うのは、むしそ当然な、真っ当な行動だとわたしは思います。せっかく制作が人道的、政治的配慮して「身バレ」を防ぐために編集したのが全て無駄になるからです。
う・・・あ・・・ じゃあ、この記事も問題かな・・・

あ、いや、これを知った方は、どうぞ問題の動画を通報し、<削除>要請してください。 

つまり、このように、残念ながら青山氏の一部言動は、保守言論のみならず、個人の安全や国家の安全を公に守る立場であるべき国会議員としても不適正であったことが確認されました。
公人として、いえ、人として、これはあまりも無配慮で無思慮ではなかったかと思います。

これを聞くと、こういう危険な発言を繰り返すことに対する苦言、提言は当然だと思います。

かつ、
「虎の門ニュース」の制作サイドに対しての良識度、信頼度はわたしの中で数段上がりました。

加えて言うと、
青山氏のみならず、「ここでなら言える!」と、つい調子にのって「暴れて」しまっている各曜日のクセのある面々を、見事に「猛獣使い」のように御している司会の居島一平氏こそ、番組内で最も「良識」があるのではないかと、改めて痛感しました…。


青山繁晴氏の今後の良識ある行動を期待しています。



関連記事
スポンサーサイト

「女系天皇」へつながる新手のキャッチコピーにお気をつけください。


竹田恒泰氏の「皇位継承順位」って、どのくらい?
「作家」で「明治天皇の玄孫」って言われている 『竹田恒泰』って何者?
より


みなさん、最近、こんな「いい話」を聞いたことはありませんか?
   ↓   ↓
「”左翼らが言う女性宮家”なんか作る必要ありませんよ。みなさん、”共産左翼たちが猛反対している旧皇族”なんかに頼らなくても、”天皇の血を引く男子” は、120人もいるんです。
それは、「旧公家」などの”やんごとない家”の方たちで、実は、”旧皇族”なんかよりずっと天皇と血が近いれっきとした”男系男子”がたくさんいるんです」

というやつです。
そう、水間政憲っていう学者が唱えて広めている話です。

皇統保守派にとって、一見、すごく喜ばしい、力強い話に聞こえますが、注意してください。
これには、とても危険な罠がひそんでいます。

続けて水間氏はこう言うのです。
「だから、ほら、あのテレビによく出ている竹田ナントカ(恒泰)なんか、実は(わたしが付けた皇位継承順位でいえば)ず~っと下の方、たったの108位なんです。(「だから竹田恒泰は絶対天皇にはなれない!キリッ 」←意味不明! )
このように旧宮家以外にも立派な男系男子がたくさんいますから安心してください。」

いえ、ぜんぜん安心できませんから!

水間氏も、そこで「竹田ナントカなんか」なんていう”本音”をうっかりを漏らさなければ、彼の持論に騙されて迎合する保守派がもっと増えたと思うのですが、(※アンチ竹田=女系天皇・女性宮家(反皇室)派) 悪いことしようとしてもついシッポが出るものです。
「旧皇族以外にも男系男子がたくさんいる」このどこが「皇統は安心」につながるのか?
その一言で違和感を覚えたため、著書まで買ってその持論をよく聞いてみると、「違和感」は見事的中。
これは、とても巧妙な保守派を騙すからくり、
つまり、入り口は男系重視と見せかけた保守ホイホイですが、出口は真逆の「男系崩壊の入り口」へ誘っているのです。
要するに彼らは、たいへん迂遠な言い回しで旧皇族以外を皇族にする道すじへ誘っているに過ぎません。

一見保守っぽいですが、ぐるっと回って共産左翼(反天連)といっしょなのです。

「旧皇族以外にも男系男子がたくさんいる」
⇒こっちの方が天皇と血が近いし、たくさんいる
⇒この「男系男子」を使って宮家をふやせは「女性宮家」は要らない!
ハードルの高い「旧皇族」にこだわる必要がなくなった!←ここがポイント!
つまり、
婉曲的に「旧皇族の復帰・旧皇族の活用はもう諦めろ」と言っているに過ぎないのです。

反日勢力(国家)を後ろ盾にする共産左翼(女系派・女性宮家派)が「旧皇族復帰は認めん!!」「旧皇族子孫はすでに民間人(一般庶民)だからダメだ!!」ぎゃあぎゃあ!!と五月蠅いのでなかなかまともな議論が進まない・・・
そこへ救世主のように、
「保守派(男系派)のみなさん、旧皇族にこだわるから反対にあって話が進まないんでしょ?なら、もう旧皇族だけにこだわらず、「天皇の血を引く男系男子」に範囲を広げればいいじゃないですか?あ、もちろん、その中には旧皇族も入りますよ。でも、それ以外にも”男系男子”と呼べる人がたくさんいるから、その人たちを容認してあげれば、とっとと話が進むんじゃありませんか?」
つまり、男系であっても「旧皇族縛り」がなくなったら共産野党を説得しやすい⇒「男系保持」での法改正がサクサク進む・・・と言って誘惑しているわけです。
そりゃ、そうなったら共産左翼・反天連は陰で大喜び!
保守派の福音のように見せかけて、じつは、共産左翼らが望む方向に導いて行っているのですから。
 
「男系男子が120人もいる」? 
しかし、そのほとんどは旧公家や旧華族の子孫、つまり、一度も皇族でなかった家の子孫のことです。

この問題はとても複雑。
しかし、正統保守として絶対に崩してはならない「一線」を守れば、じつはとてもシンプルな話なのです。
その認識を踏まえて考えれば、この提案がいかに危険なものであるかが解るはずです。

先の、「竹田恒泰の継承順位は108位」というも、その旧皇族以外の旧華族や旧公家の男子を入れての108位だというだけ。
本当の、本来の皇族・旧皇族内での想定継承順位はもっと上だろうと思います。
つまり言いたいのは、旧皇族は、本来なら皇族だった血統の家ですが、水間氏が推す旧華族や旧公家の男系男子というは、彼らが華族だった時代だろうと、公家だった時代であろうと、元々一般人「庶民」の家柄です。

一般人(左翼)から言わせれば「旧皇族子孫はただの庶民」かもしれませんが、もうしわけないけど、その「旧華族」や「旧公家」は、旧皇族から見たら、旧憲法下においても「ただの一般人」です。
つまり、かつて旧皇族とその子孫は、皇位継承順位を持っていたはず、(なんなら今すぐ順位をつけてもいいはず)ですが、それに対して公家というのは、1700年間天皇に嫁を出し続け強大な政治権力を築きながらも、あえて「皇別摂家」と呼んで一度も皇統を担うことを「許されなかった」家なのです。

たしかに、公家華族というのは、古来、日本の伝統文化、または経済や政治・外交という重要な責務を担ってきた貴い存在です。しかし、それとこれとは別。ただの一般論としてなら「皇族 > 公家・華族 > 庶民」というイメージかもしれませんが、こと皇統を語るにおいては、「皇族・旧皇族 > その他(旧華族も旧公家も一般人)」という認識で語らなければなりません。
でなければ、それはもう、そもそも皇統を守る議論をしていることにならないはず。
「皇統になかった男子を皇統に入れよう」という議論としてなら解りますが、
水間氏の危険なところは、これをあたかも「正当な皇統」の議論として保守派に語りかけていることです。
そして、その甘い罠に、保守系論客やその支持者(聴視者)が騙されてしまっていることです。

これはとても大事な認識ですので、ご理解いただいた方は、ぜひ、この注意喚起を拡散してください。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


これをご覧ください! ↓  ↓

ホント、役に立つな~ これ。
DSC00262
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-2425.html より~

はい、見てのとおり。
「天皇陛下(皇太子も含む!)」の札のとなりに「皇族(宮家)」がありますね。そして、そのとなりには誰がいますか? 
「旧皇族」です。 そこに 「旧公家」の名前がありますか?

たとえ「天皇の血を引く男系男子」がいても、旧皇族以外の一族の名前はどこにもありません。
つまり、そういうことです。

<皇族・旧皇族>とそれ以外は、「皇統」においては<絶対に越えられない壁>があるのです。
その考えを、その伝統を2000年間貫き通したからこそ、今の日本があるのです。

それは、<超えてはいけない壁> <変えてはいけない伝統> だとわたしは思います。





一見保守派に見える皇室研究家・皇室ジャーナリスト・憲法学者でも、実は『隠れ共産主義者』が多い。




つまり、 
上の動画の水間氏のように、入口は確かに、「一般人から婿を取る女性宮家なんて要りませんよ~」って保守を喜ばせ安心させる甘いことを言っていますが、実は、結局、共産左翼たちに、こう言う「スキ」を与えることになるのです!
「旧公家の男子を皇室に入れていいなら、一般男子だって同じゃないか」
って。


「旧皇族の復帰(または活用)」”のみ”であれば、確実に男系皇統(皇室の正当性)が守られますが、もし、旧皇族以外の「ただの男系男子」を皇室に入れるとなると、それは「復帰(復権)」ではないため違う法律(法改正)」が必要となり、それはかなり大がかりな、歴史上類を見ない<革命的な法改正>が必要になるはずです。
そうなったらもう、二度と後戻りできない破滅の道へ、
左翼が狙う方向へとなし崩し的に皇室の権威、日本国家の権威は崩れてゆくでしょう。



※男系でも所詮は一般人=「一般人男性を皇族にしていい」
「女性宮家・女系天皇の誕生」です!
これは明らかな男系断絶、皇室破壊への布石なのです。




皇室を守るために、日本を守るために、日本人としてまずやることは、
共産左翼や反日野党が猛半発していること、
あやしげな保守論客たちが頑なに認めないこと、
つまり、一部の旧皇族を復帰させ、旧皇族男子から養子にとれるようにすること
これだけが大義であり、 
絶対に、これ以外のことを先にやってはいけないし、
将来的にこれ以外のことをできる余地を絶対に、永久に与えてはならないのです。

皇室を本気で守ろうとするなら、この共通認識と決意が絶対に必要だと思います。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。









★皇統問題を解決するには、ただこれをやればいいだけ。


★「作家」で「明治天皇の玄孫」って言われている 『竹田恒泰』って何者?
  ~ 竹田恒泰氏の皇位継承順位はどのくらい?

 
関連記事

皇統問題を解決するには、ただこれをやればいいだけ。


皇統問題は、

共産左翼や野党が必死に反対してることをさっさと実行すればいいだけ。

皇室のため、
日本のためを考えるなら、
かれらが嫌がることをやればいいだけ。

朝日新聞が猛反対することが国益であることと同じ。
中国や韓国が猛反対することこそ、日本にとっての国益であるのと同じ。

民進党や共産党らが反対することをすればいいだけ。
民進党や共産党らが推し進めることだけは避ければいいだけ。

つまり、
一部の旧皇族を復帰させ、
同時に
旧皇族から養子をとれるよう法改正して、
存続できる宮家を5家以上に増やし、
次の代から皇位継承権を与えるだけ。



「そんなことは不可能(国民の支持が)」とか、
「相応しい人間がいるのか」とか「強制していいのか」とか、
そんな声には耳を傾ける必要はない。

そういう法改正さえすれば、あとは「天意」に任せるのみ。 
(自然に任せればよいだけ)




かつ、


できればイギリス王室のように、
いざという時のために、
とりあえず、皇族以外にも旧皇族男系子孫に亘って
「皇位継承順位100位」くらいまでつけておけば将来の杞憂もなくなる。

今後、いざという時には、
そこから順番に皇室に入っていただけるようにすれば、
当人やまわりも心の準備ができているだろうし、
今のようなゴタゴタを経験しないで
スムーズに男系を維持したまま宮家不足を解消できる。


何かあっても、
何があっても、
そこからだけしか、皇位は継げないのだから。

それさえ守られれば、皇室は、日本は、盤石となります。



だから共産左翼は反対しているだけ。

だからさっさとそれをやばいいだけ。











関連記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示