ひだまり    今は古事記に夢中!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

森友学園 籠池氏証人喚問についてつぶやいたこと・・・

  
 































今日わかったこと。

『忖度した』 = 『認知バイアスが働いた』
  ↓  ↓
『思い込んだらそれが真実』 

嘘がバレたら ⇒ 『勘違いだった』『覚えてない』


ほんと、都合のいいやつらだ!!


 
籠池一家は「保守ホイホイ詐欺師」
籠池事件は「売国奴ホイホイ」
関わった人には「Kの法則発動」 (いい迷惑!)




関連記事
スポンサーサイト

そこまで言って委員会NP 2017.3.19 100回記念スペシャル



そこまで言って委員会NP 2017.3.19
100回記念スペシャル


議    長  辛坊治郎  副議長 :渡辺真理








※動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます!

※※最近、すぐ動画が消されてしまうので、すぐ見てね!!





※籠池&反日野党終了!のお知らせ


もう、いいかげん気づけ! 民進・共産、お前らはもう終わってるんだよ。


籠池が反日共産・野党たちに囲まれてべらべらしゃべり出したときは、
「コイツ、日本のラスプーチンか!」と、
「お前こそ、特アに利する売国奴じゃないか!」と寒気がしたが、
ああよかった。
やっぱり、落ち着くところに落ち着いたみたいで。

この件で嬉しそうに安倍叩きに乗っかったやつらは、
これで一網打尽になったわけ。
最初、籠池のことを
「極悪・保守ホイホイ詐欺師」って言ってたけど、
この「籠池事件」そのものが、じつは、
「極悪売国奴ホイホイ」だったのかと思った。





過去動画の配信
http://www.ytv.co.jp/mydo/iinkai/

たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/iinkai/


※貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html

(※最近のものは欄下の<関連記事>からどうぞ!)




※まだ動画をきちんと見ていないので、また見てから、思うところあったら追記します。









<参考記事>


★森友学園長こそ「教育勅語」への風評被害!
 ~森友学園の被害者たち~



★民進党(反安倍政党)終了のお知らせ ~










。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



★再 「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで!


★日本叩きしていたマスコミが、なぜ今こんな 「日本ヨイショ」ブーム?

★毎日湯船に浸かって親子でスキンシップできる日本の「お風呂文化」は
 日本人の宝!



★誰も知らない日本国憲法の真実 ~天皇と憲法~⑤
 第一条「国民の総意」とは何か?



【皇室典範改正】 「旧皇族の復帰」問題を「北方領土問題」に例えると

★そこまで言って委員会NP 2016.9.4 高森氏が所側(朝敵)に確定した日!

★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~



これがほんとの「民意」の勝利だ!!



関連記事

そこまで言って委員会NP 2017.3.12 そこまで常識を覆して委員会 SP!



そこまで言って委員会NP 2017.3.12
そこまで常識を覆して委員会 SP!
「生活保護なめんな」ジャンパー
万引き犯画像公開

「聖徳太子」の名前が教科書から消える? ほか


議    長  辛坊治郎  副議長 :渡辺真理
パネリスト
桂ざこば、加藤清隆、長谷川幸洋、猪瀬直樹、竹田恒泰、田嶋陽子、萩谷麻衣子、峯岸みなみ
ゲ ス ト  須田慎一郎







※動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます!

※※最近、すぐ動画が消されてしまうので、すぐ見てね!!





「不正受給ジャンパー」の件で、
これを庇う萩谷っていう弁護士や、他の批判者たちは、すぐ、
「本当に受給が必要な人にとっては・・・」って論法で非難するけど、
つまり、
「(不正受給を否定するジャンパーを見て、資格があるのに受給が受けられなくなる人が出る」
って言うけど、わたしはまったくそうは思いません。

だって、これ「不正受給」を問題にしてるんですよね?
本当に受給資格がある人がこれを見て「肩身が狭くなる」かな?
普通に考えて、それを気にする人ってのは、自分が不正だと自覚してるから気にするのでは?
でもって、そういう不正をしようとする人なら、どんどん気にしてもらうべきだし、
気にするたって、おそらく、「気が引ける」というより、「気に障る」とか「ムカつく」とかいう種類の
不遜なものだと思います。
それ以外の人が「不正受給反対」って言われて、どうして気が引けるの?
受給をためらうというの?
本当に困窮して、受給資格があって、
しかも、それを「受けたい」と思っている人ってのは絶対にそんなの気にしないと思う。

この問題の対象者は3つに分類されると思う。
すなわち、
①「受給資格がない」のに貰おうとする人。
②「受給資格がある」から貰う人。
③「受給資格がある」のに貰わない人。

もともと問題になっていたのは、①の不正受給者」。
そして、その①を解決しようとして作ったジャンバー(メッセージ)を否定するために
新たに対象となったのが、③の「資格があるのにもらえなくなった人」というわけです。

でも、おかしいですよね?
本当に、そんな弊害や被害が存在するのでしょうか?
つまり、あのジャンバーのメッセージを「圧力」と感じて③を選択せざるを得なくなった人など
本当に存在するのでしょうか?

だって、これはあくまで権利であって、受けるかどうかは本人の意志なのだから。
たとえ受給資格があっても「受けなくない」と思う人は昔から一定数はいて、
それは、その人の選択であって、「国の世話にはなりたくない」という
その人個人の価値観や矜持の問題ではなかったかと思う。

そういう「広告」を見たから「恥ずかしい」と思って辞退するとは到底思えない。
だって「資格がある」人にとっては「不正」じゃないんだから。

「不正受給なめんな」の文字を見て、
「自分は資格があるけどもらうのが恥ずかしい」と感じるとか、
「貰えるはずの人がもらえなくなる」・・・というのは、単なる詭弁ではないだろうか?

もし、そういう人がいたとしても、そんな人はほんとうにごくごくまれだど思うが、違うだろうか?
本当に問題な、本当は資格がないのに「不正受給」しようとしている人たちは、
そもそも、自覚があって不正(法律違反)しようとしているんだから、
そんな厚かましい人間はおそらく、心臓に毛が生えてる部類の感性の持ち主であろうと思う。
そんな厚顔無恥な人間に、たとえ「主語」(対象)がはっきりしない「不正受給なめんな」って文字が
目に入ったとして、それこそ大した抑止力にはならないのでは?

役所の担当者は、そんな人間とずっと付き合ってきたのだから、
そんな連中がそのくらいの言葉で怯む相手だ無いことは誰よりも解っていたのでは?

つまり、あれは、弁明にあったとおり、不正受給者へというより、やはり、
「不正受給を撲滅するために”ならず者”たちと戦う自分たち」鼓舞するのが目的だったのでは?
と、わたしは思います。



本当はもっと聖徳太子の件とか書きたいけど、とりあえずここまでで記事をアップします。
でないと、記事を温存している間に、貴重な動画が消されてしまいますので。

また折を見て追記します。











過去動画の配信
http://www.ytv.co.jp/mydo/iinkai/

たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/iinkai/


※貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html

(※最近のものは欄下の<関連記事>からどうぞ!)




※まだ動画をきちんと見ていないので、また見てから、思うところあったら追記します。







<参考記事>


★森友学園長こそ「教育勅語」への風評被害!
 ~森友学園の被害者たち~



★民進党(反安倍政党)終了のお知らせ ~










。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



★再 「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで!


★日本叩きしていたマスコミが、なぜ今こんな 「日本ヨイショ」ブーム?

★毎日湯船に浸かって親子でスキンシップできる日本の「お風呂文化」は
 日本人の宝!



★誰も知らない日本国憲法の真実 ~天皇と憲法~⑤
 第一条「国民の総意」とは何か?



【皇室典範改正】 「旧皇族の復帰」問題を「北方領土問題」に例えると

★そこまで言って委員会NP 2016.9.4 高森氏が所側(朝敵)に確定した日!

★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~






関連記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示