ひだまり    今は古事記に夢中! 皇室問題

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「ちゃんといるじゃん!」 一刻も早く 旧皇族の復帰を可能にする法整備を!


続・ 調べたらちゃんといるじゃん!
皇籍復帰に相応しい旧皇族





「旧皇族」の復帰、または活用(養子縁組)に相応しい正統な男系男子が、
どこに、どのようにいらっしゃるかが、とてもわかりやすくまとめてあります。

それだけでなく、後半には、
なぜこうまで皇室が危機的な後継者不足(皇室の少子化問題)を迎えることになったか?
その意図的に仕組まれた直接的原因についても鋭く指摘しています。

それはまさに、以前ツイッターで伝えたこれ  です。

つまり、
マスコミ・左翼らが一般人に浸透させてきたこれらの「奨励(強制)」こそ、
「皇室の少子化」のための布石であったのです。
事実、そのとおり、
田嶋脳の人たちは、皇室問題が持ち上がるたびに、口をそろえてこう言います。
「皇族にも男女同権を」
「皇族にも自由恋愛を」
「子供を産まない権利を」(養子はもっとダメ)
「皇族女性も学歴や仕事を」・・・と。
その結果、
もともとただでさえ難しかった皇族の結婚がさらに難しくなり、
晩婚化・少子化が確実に加速しました。


つまり、
その「意図的に仕組まれた原因」さえ取り除けば、少子化問題はすぐに解決するわけです。

一般人に浸透した「原因」を取り除くことは、最早なかなか難しいことですが、
皇室に限っていえば、
もうひとつの、最大の、特大な「原因」さえ取り除ければいいのです。

それは、たったひとつでいいのです。
反皇室左翼たちが阻んできた「旧皇族の復帰」を実現することです。







「女性宮家」はただの亡国論!
議論はもう、
皇位継承者(皇族)を「どう増やすか」
などではなく、
「旧皇族男子をどう皇室に入れるか」
これだけを検討すればいい。

他の道などない。
迷ってる暇はない。

「旧皇族を皇室に戻す」
それが、
日本人として皇室と日本を守るための
ただひとつの道です。







※誤解なきよう念を押しておきます。
たとえ旧皇族の男子が何らかの形で皇室に入って「皇族」になったとしても、
「天皇」になれるわけではありません。
旧皇族を皇室に入れるのは、其の者に皇位継承権を与えるためではなく、
あくまで、消失しつつある「宮家」を増やすためです。
戦前のように、皇統を担える「宮家」を4つ以上確保し、
悠仁親王が天皇になられた時に、天皇と皇室をお支えする「宮家」と、
そこから生まれる将来(次世代)の皇位継承者」を確保するためです。





<その他関連動画>


竹田宮家(北白川宮)と台湾の関係について~

※竹田恒泰氏は、明治天皇の玄孫であり、かつ、北白川宮能久親王殿下の玄孫です。





竹田氏がメディアに出る前の動画









※「旧皇族がいつまでも黙っておとなしくしていたら、皇統は、日本は、とんでもないことになる」
竹田恒泰氏はその危機感を感じ、一族の禁を破って、
旧皇族の人間が初めて皇統問題に関して「表に出て戦う」覚悟を決めたのです。

そして、メディア(言論)で戦うだけでなく、
「皇室伝統」の面(歴史)からも、「天皇と憲法」の面(憲法学)からも、その他あらゆる面から、
諸悪の戦後体制(戦後作られた左翼思想)を打ち破り、
左翼学界やマスコミによって捻じ曲げられた通説を糺し、
日本人として守るべき正しい皇統と、正しい歴史認識のために、多角的に精力的に活動されています。 






※ぜったいに聞いてほしい
竹田恒泰氏からしか聞けない
「天皇陛下譲位」問題についてのとても重要な話
 
2017年12月29日
竹田恒泰 櫻井よし子 
「言論テレビ 君の一歩が朝を変える」 より)

★http://jpnews-video.com/takedatsuneyasu/
前半はすでに聞いたことがあるかもしれない内容ですが、
後半も他では聞けない、たいへん重要な話です。
どうぞ最後までじっくり何度でもお聞きください。





こちらも 日本人必聴!!

天皇・皇室・譲位・憲法 について竹田恒泰氏が神解説!!
竹田恒泰 ・上念司 ・ 半井小絵
【真相深入り!虎ノ門ニュース 2018年新春SP】


重要なお話の宝庫です。何度もじっくり噛みしめて聞いてください。



スポンサーサイト

【真相深入り!虎ノ門ニュース 2018年新春SP】 竹田恒泰・上念司・半井小絵



≪日本人 必聴!!≫
【真相深入り!虎ノ門ニュース 2018年新春SP】

竹田恒泰・上念司・半井小絵
【新春 DHC】1/2(火)










常に国民の幸せを祈る皇室が拉致被害者について言及され、
その言葉が頑なな被害者たちの心を動かし、拉致被害者の帰国を実現させることとなった。
皇室は政治的権力を振るわれるわけではないが、その「祈りの心」は国民の心を動かし、
現実の政治に影響を与え、「日本を守る力」になっているのです。




























★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!!  
  日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家


★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ③  日本国憲法は破棄してはいけない!!    
  日本国民が守るべき「日本の国体」が何たるか正しく知ろう!


★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ④ 日本国憲法は破棄してはいけない!!
  大切なものを守るための改憲なんです!


★誰も知らない日本国憲法の真実~天皇と憲法~⑤ 
 第一条「国民の総意」とは何か?




★「天皇陛下は憲法改正に反対だよ?」
 この一言がどれだけ矛盾しているかを理解でないことこそ、「戦後左翼(欠陥)教育」の賜物。


★日本人が天皇(皇室)のことをあまり知らないのは当然なのです。 ①


★今日は”昭和の日”  昭和天皇のこと、「昭和天皇と終戦の真実」を知ろう!  

★『 世界最長の ”王朝” は日本 』 の事実を否定したい怪しいスレが多すぎる・・・



「譲位」と「退位」では何が違い、何が問題なのか?~「皇位の空白」は絶対にダメ!


「譲位」と「退位」では何が違うのか?
「退位」では何が問題なのか?

「退位」と「即位」に分けちゃダメ!!
「皇位の空白」は絶対にダメ!!



< 竹田恒泰のトラディショナル談話 ~ 【「譲位」と「退位」】 >

(※ 竹田恒泰のトラディショナル談話 は、1時間04分ごろから)



大事なことだから、よ~く聞いて!! 
何度でも聞いて!!

そして、みんなに伝えて!  「これ、やばいよ」 って。





これもよく読んで! ↓  ↓


あ・・・こめん! 「退位式から退位式」ではなく、「退位式から即位式」でした。m(_ _)m


ここが大事!!

「譲位」なら、「退位」と「即位」がセットで一体化。 「空白」は生まれない。
しかし、
「退位」と「即位」に分けると、その間に「妙な隙間」ができる。
これがクセモノ!! 
これを見逃していると危険!!
一見、どうでもいいことだが、
反日勢力にとって、これは、国家転覆の「好機」となる











「空位」は絶対 ダメ!!!






安倍総理に直談判して来た!!  そしたら・・・・


皇統保守の安倍総理でも 竹田さんに言われて初めて気づいた・・・?

もう、お願いだから、
竹田さんを 内閣参謀 皇室顧問 にして!!






「譲位」の制度化は 絶対 ダメ!!!





こうして考えると、
ほんっと、左翼野党やマスコミがやることは、ダメな(悪い)ことばっかり!!





『天皇陛下、生前退位』報道と譲位の問題点を語り尽くす

































あなたも、 あなたも、 騙されてる!
「皇太子批判」は、
本当に 嘘つきと無知(無恥)ばっか!!



「皇太子批判」デマに騙されて、事実を知りもせず確かめもせず皇太子批判する
自称「有識者」、自称「保守学者」たちは恥を知れ!!




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。







この論文が世に出た以上、
今後、
国家の大事である「憲法議論」や「天皇議論」において、
これを無視して語られる意見や、
これを理解できない人の意見などは、
「日本人目線を持たない」とみなし、
「皇室・国家を正しく導くための議論」の中に
一切入れる必要が無いし、
絶対に入れてはならない。

とわたしは思います。




ご譲位って何するの? 一番重要なのは三種の神器の継承


【竹田恒泰】ご譲位って何するの?
一番重要なのは三種の神器の継承




たくさんの人に聞いていただきたい。
竹田さんにしか語れない貴重な「天皇ご譲位」の話です。


動画主さま、切り取りアップありがとうございます! m(_ _)m



そうです。

「天皇のご譲位」 これは、わが国にとって、
たいへんな、たいへんなことなのです。

そもそも、簡単なわけがない。

「何事もない」わけがない。

日本の歴史は「天皇の歴史」なのです。
その天皇の譲位なのですから、日本の歴史の一大事です。

それを、
「国民生活への影響」とばかり、それをあたかも「迷惑」であるかのごときに
”悪しざま”に囁かれ、「報道」されていることが おかしい のです!

これは、皇室を戴く日本の国民だけが経験できる、
しかも、一世一代、一生に一度くらいしか経験できない、
貴重で、有り難い、
「歴史的瞬間」に立ち会える栄誉ともいうべきことなのです。

たとえ混乱が起きても、たとえめんどくさいことになっても、
そんなのは結局、長い長い天皇と日本の歴史から言ったら、一瞬のこと。
あっという間に「なつかしい思い出」になることでしょうし、
あの「2000年問題」のときの苦難なんて 屁 でもないくらい、
それを乗り越えた人たちにとっては、後輩や子孫に語る「誇らしい思い出」となるでしょう。


皇室のない国にとっては一生経験できない素晴らしい「寿ぎ」であり、
王室しかない国にとっても経験したことのない
世界中が注目する「厳かな儀式」なのですから。




日本国民として、
たいへんな混乱や不都合があっても、
それすら胸を張って誇りにすべきだと思います。

「これが日本の皇室なのだ」 と。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。








左翼マスゴミ&宮内庁と闘う竹田恒泰氏。





























皇族批判は「具体的」な「信憑性のある話(デマ)」を信じるところから始まる!

 
皇族批判は
「具体的」な「信憑性のある話(デマ)」
を『信じる』ところから始まる



(※『信じる』ってところを『…に騙される』って脳内変換してみてね)


皇太子批判だろうと、皇太子妃批判だろうと、
秋篠宮批判だろうと、秋篠宮妃批判だろうと、
皇后批判だろうと、天皇批判だろうと、


皇室批判を信じている(拡散している)人たちって、
「これだけ内容が”具体的”で、”詳細な情報”は、
信憑性があるので”事実”だとしか思えない」
・・・って言う (そう言って「疑惑」を拡散してる) けど、

でもね、

その「情報(お話)」の出所(告発者)は信じられるの?
その「情報(記事)」の発信源(記者)は信じられるの?


「具体的」で、
「詳細」で、
誰も否定し難い
万人が騙されてしまった「信憑性がある嘘」
だって、「彼ら」には簡単につけるんだよ?

ほら、
とっても地位の高い、総理大臣でさえ簡単に罷免できない
日本の政治を動かす「官僚のトップ」でさえ、
簡単にバレるような薄っぺらな「大嘘」を平気でペラペラ語ったじゃない?
そして、それをマスコミは、
裏も取らずに「真実」だと言って自信たっぷり報道してたじゃない?

陛下や殿下の「ご意向」だと言って、
宮内庁の長官が、何度も何度も国民にをついてきたじゃない?

「国営放送」の振りをして国民から「徴税」してきたNHKだって、
何度も国民に嘘を発信してきたじゃない?

「週刊誌」は、その、
ず~~~~っと 下のレベル ですよ?


それを信じるの?


発信源は同じなのに、
その”目的”は同じなのに、

こっちは信じないで全否定してるのに、
こっちは「事実」として誹謗中傷を躊躇なく拡散してるのって
変じゃない?


皇太子両殿下への中傷記事は信じないけど、
秋篠宮両殿下への中傷記事は丸っと信じる
…って 変でしょ?

どっちも出元(情報出自)は同じ
所詮は、
ゴシップ記事や宮内庁(皇室)「関係者談」とかいう
同じ反天連つながり ですよ?

テレビに洗脳されてる「情報弱者」でもないのに、
何でそれを信じる?

何でわざわざツイッターで拡散してる?

つまり、

どっちであれ、
皇室・皇族批判に同調して それを 発信 してる時点で、
その人は、 皇室打倒勢力に与してる ってことです。








そうなんですよ。

そういうデマを拡散するってことは、
そういうデマの存在をわざわざつぶやくってことは、
それだけでもう、 
国の誇りを傷つける行為 なのです。


「日本国の象徴」を 
憶測によって、口汚く 批判・中傷 してるのですから。


他の国から見て、
日本を尊敬してくれてる人たちから見て、
それがどう映ると思います?



簡単に「信じ」、簡単に「拡散」している方たちは、
その 事の重大さを自覚していますか?

他のことならいざ知らず、
こと、ご皇室に関することについては、
日本国民として
「信じる」「騙される」…ことに対しても、
その発言に対しても、
もっと 責任 を持たなければならないと思います。

























★竹田恒泰氏がもし表に出てきてくれてなかったら・・・と思うと
 ゾッとした話



リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示