ひだまり    今は古事記に夢中! 中国ピアノ事情
FC2ブログ

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

ピアノコンクール こぼれ話

この記事はブロとものみ閲覧できます
スポンサーサイト



ピアノにラップをかけないで・・・

この記事はブロとものみ閲覧できます

中国 ピアノ事情  ・・・その3  ピアノ練習室の怪

最初に娘が中国へ着いたときは、まだお父さんはマンション暮らしで

家にピアノがありませんでした。


でも、一週間もピアノに触らないわけにはいかないので、

秘書の方に教えていただいたレンタルルームのようなピアノ練習室へ

通うことにしました。


そこで、早くもカルチャーショック!!


ずらりと並んだ小さなピアノ室・・・部屋というよりクローゼット?くらいの大きさ。

アップライトピアノは、2畳もないような狭い部屋で1時間5元(約65円)!!

グランドピアノは、1時間10元(130円)!!

レッスン室にもなる、ピアノ2台の部屋は20元(260円)!!


しかも、平日の昼間でも、中高生らしき学生でいっぱい。

最初は2時間くらいしか取らなかったのですが、しばらくいたら、

みんなほぼ一日中?練習室にいるようだと気付き、

(たぶん、家にピアノがないのでは・・・)

対抗意識を燃やして、次は3時間、次は4時間・・・と

だんだん練習時間を増やしていったら、

まだ中国語もぜんぜんだった娘は顔パスになってしまった・・・。

グランドの部屋を4時間も5時間も借りる人はいないみたいで、

みんな安いアップライトの部屋の空きを待っている状況でした。


しかし、

日本のレンタルルームとはわけが違います。

薄い壁に、普通のアルミのドア・・・

これじゃあ、ただ仕切っているだけの部屋。

隣の音どころか、お向かいの部屋の音も何も筒抜け・・・

しかも、

日本では聞いたことのないようなピアノの音が・・・雷耳雷


「割れ鐘を叩くような」・・・っていうのは、こういうことを言うのか !!!!


と、生まれて初めて腑に落ちました。 


昔々、子供の頃聴いた覚えのある、カワイのおもちゃのグランドピアノの音

・・・よりぜったいヒドイ!!

グランドですら、そんな頭のクラクラする音ですから、アップライトに至ってはもう・・・

調律がどうの、性能がどうの・・・というよりも、

ピアノとしての正常な機能が揺らいでいる・・・?

つまり、

メンテナンスという言葉を知らないの?・・・っていう世界。


遊園地のゲートも、案内板の塗装も、マンションの窓枠も、トイレのドアも・・・

壊れたらそれっきり、メンテナンスもリフレッシュも一切ない。

そういうのをゴマン!と見てきたけれど、こういうところにも国民性が出るのか・・・


でも、放っといたら音が変わるよ?

ペダルが動かないよ?  (-"-;A

鍵盤が戻ってこないよ? (T T;) 

この音、出ないんですけど・・・ (;^_^A   


いくら安くったって、本当にこれでいいのか?! (いや、よくない…汗


でも、これが現実。


それでも、ピアノを持てない生徒は、学校を抜け出してでもここへ通う。

近くに音大と音高があるので需要は大きい。

でも、日本と違って、需要があるからといって改善しようという考えは、ない。



きっと、話に聞いてもピンとこないでしょう・・・

しかし、現実を目の当たりにすると、

今の日本がどれだけ恵まれているか実感として分かった。


日本の、完璧なサービスを受けることに余りにも慣れすぎて、

どれだけ些細なことで我が儘を言ってきたか・・・


そして、逆に、この過酷な状況の中でも音楽にかける情熱には

頭が下がる思いがした。


日本を出て初めて気付いたこと。

日本を出なかったら、一生気付くことのなかったこと。


豊かになりすぎた日本で忘れていたこと。


親の都合で不自由をかけたと思っていたが、

子供にとって、人として、得たものは確かにあったと思う・・・。








中国 ピアノ事情  ・・・その2  捨てる神あれば、拾う神あり

この記事はブロとものみ閲覧できます

中国 ピアノ事情  ・・・その1  ピアノ確保も一苦労  

この記事はブロとものみ閲覧できます
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示