ひだまり    今は古事記に夢中! アロマ生活

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

この夏おすすめの入浴剤 スースーし過ぎのスーパーミント!

  
 

しばらく、「これはおすすめ!」してなかったのですが、これはおすすめです!!
これから訪れる日本の夏、
いや、梅雨どきの、ジメジメ暑暑の風呂上りを一挙に解決!!してくれる、
ホントにスースー涼しい爽やか入浴剤を紹介します。

それがこれ!  クナイプのこの夏期間限定発売の「スーパーミント」!! です。

これはね~~、ただのミントでも、ただの清涼感でもないのよ!
使ってみればわかる。
想像とはぜったい違う。
そのくらい、ホントに「涼しい入浴剤」なんです。

わたしはもともと、このクナイプの入浴剤(正確にはバスソルト)が大好きで、
一年中いろんな種類を取り揃えて、毎日とっかえひっかえ何かしら使ってます。
他の入浴剤や、漢方の湯や、手作り入浴剤(と言っても、ただ重曹と岩塩とアロマを混ぜただけ)
なんかもいろいろ取り混ぜて使ってますが、何にも入れないのが珍しいくらい。
基本は、天然に近いもの。できるだけ、へんな香料や材料が使ってないものを選んでます。
なぜクナイプが好きかって言うと、
クナイプはドイツの会社で、ドイツといえば、合成化学物質に厳しい国ってことで、
謳い文句の「動物実験をしていない」ってのもポイント高いです。

この「動物実験をしていない」ってのは、じつはわたしにとって重要で、
それについての詳しい話は、こちらの過去記事 を参照してくださればわかるとおり、
「動物実験をしない」っていうのは、別に、安全性の確認を「怠っている」というわけではなくて、
むしろその逆で、言い換えると、
「動物実験をする必要のない成分しか使っていない」ということなのです。

そ、日本人はその手の情報に疎い(正しい情報を与えられていない)けど、
実は、製品化にあたって「動物実験をしている」ってことは、
「動物実験して安全性を証明しないと製品化できない(認可が下りない)」ってこと、
つまり、その製品は、
「動物実験で安全性を確認(証明)しなければいけない物(毒物)を使っている」ってことなんです。
知ってた?

ほんとは、わたしとしては、色素(合成着色料)も香料(合成香料)入れてほしくないんだけれど、
それは多少入っちゃってるみたいなんですね~ 
それだけは残念なんだけど、ま、日本の規制にくらべれば50倍くらい厳しいドイツの製品だから、
あのTVで宣伝している「●ブ」とか「●ス●マン」とか、真っ黄っき(黄緑?)になっちゃう怪しげな入浴剤
にくらべればずっと安全だと思ってます。

製品に書いてある『クナイプのお約束』ってのを見ると、

・植物由来成分(植物オイル、植物エキス)を使用
・防腐剤(パラベン)不使用
・パラフィン、シリコン、鉱物油(ミネラルオイル)不使用
・ドイツ大学病院で皮膚への適合性テストを実施しています。
 ※全ての方にアレルギーが起こらないということではありません。
・資源を保護し、環境にやさしい生産活動を行っています。
・クナイプは製品の動物実験を行っておりません。

ということです。

商品説明を見ると、

ドイツ入浴料No.1 クナイプバスソルトの魅力とは?
2億5千万年前の古代海水を精製した岩塩と天然ハーブの精油(エッセンシャルオイル)から生まれた
ドイツのバスソルト。
天然のミネラルを豊富に含んだ岩塩が保温作用を発揮し、お肌を引きしめてスベスベに。

4種の天然ミントを配合した夏にぴったりな爽快感のある香りに加えて、肌の表面をスーッとクールダウン
させてくれる新感覚のバスソルト。 ハッカ葉油、セイヨウハッカ油、ミドリハッカ葉エキス、
ペニーロイヤルミントエキス、メントールを配合。夏でも涼やかなリフレッシュバスタイムを楽しめます。

だそうです。

入浴剤好きの方、 
夏のお風呂を快適にしたいと思ってる方、お勧めです。



この夏の限定商品ですよ~



スーパーほど強力ではないけど、ミントの清涼感が楽しめる定番商品もおすすめです。





★天然アロマで加齢臭対策!!

★手作り入浴剤   ~ バスボム作り

★バスボムメーカーで作ってみたよ!

★作ったバスボムをお風呂に入れてみました!


★香りがもたらす体への反応のしくみ 


★「香りのカプセル」はほんとうに日本人に必要か? 洗剤の過剰な香料にもの申す!!

★流行する香り付き柔軟剤の被害! 「外出できない…お願いやめて!」 過敏症」の人たち悲鳴!


<その他、アロマ生活関連記事>
              ↓
スポンサーサイト

「家庭用洗剤の香りがする女は 家庭的というより 安っぽい女」

今までいろいろ「香り付き柔軟剤」の弊害について書いてきましたが、
まるっとわたしと同じ考え、気持ちを代弁してくれているサイトを見つけましたので紹介します。

「家庭用洗剤の香りがする女は、家庭的というより安っぽい女」
http://josei-bigaku.jp/lifestyle/senzeinioi44632/ より~

<※丸っと転載・・・ 言いたいことが目立つよう 少し加工しました>

最近は、香りをつけた家庭用洗剤が主婦層に大人気みたいですよね。
店頭で香りのない洗剤類を探す方が難しいくらいなんですけど、私はこの「香りつき洗剤」の流行には
かなーり批判的です。

香りつき柔軟剤や洗濯洗剤、洗濯してる時に香るのは、まぁ悪くないとは思うんですけどね。
洗濯物に香りがついてるとか、着用時にまで香りがするってのは、どうなんでしょう?

しかも、周囲に分かるくらいにまで香りがするって、かなり強いですよ

あなたは、
家庭用の洗濯洗剤や、柔軟剤の香りのする女性って・・・
素敵だと思いますか?




<洗剤の香りって安上がり!>

最近の家庭用洗剤とか、柔軟剤って、香りが強すぎると思いませんか?
海外の輸入洗剤みたいな、本当にキツイ、わざとらしく人工的な香りです。

コマーシャルとかで、わざわざ香りを強調してるってことは、香りそのものがウリなんでしょうけど、
洗剤で衣類に香りをつけるって、なんだか安っぽいイメージになりますよ

庶民的ってか、
お母さんぽいってか、安心感ってか、貧乏くさいって印象は、否めませんね。


<せっけんやシャンプーの香りは青春の思いで>

昔、せっけんやシャンプーの香りのする女子って、学生の頃はモテたという憧れみたいなイメージ
がありました。

ただ、あれって昔は毎日の入浴習慣がなかった頃の清潔感だとか、毎日キレイにしてるとか、
身だしなみに気を遣ってるというような、きちんとした良い雰囲気がありましたよね。

高いせっけんやシャンプーを使ってるみたいなイメージとか、『イイトコの子』みたいな
昭和の感覚だと思うんですよ。
今は、せっけんや洗剤も高くはないですし、毎日の入浴や洗濯だって当たり前の時代ですからね。

決して、洗濯や洗剤、せっけんが特別なモノではなくなりましたし、贅沢な印象ではなくなった。
誰も『高級感のある香りの洗剤』なんて思わないですよね?

洗剤で香りをまとう・・・ってのも、手軽っていうか簡単っていうか、
安上がり過ぎませんかね


<同僚にひんしゅくを買う、におい公害>

オフィスで、同僚の香り公害に日々悩まされてる友人がいます。
香水のつけすぎって迷惑だよねぇ~って、話を聞いていたら・・・実は、
TVコマーシャルもガンガンやってる家庭用洗剤の香りなんだとか。

原液でふりかけてるんじゃないか? 
って疑いたいくらいに、プンプン香り立つってか蔓延してて、頭痛がする と。

少人数の小さな事務所らしく本人に言えないとかで、
気分が悪くなって、クラクラめまいもして、仕事にならんっ! と、超困ってるようです。

本人は鼻が鈍くなって慣れちゃってるのかもしれないけど、
本当に 迷惑 ですよね。

ファブリーズやリセッシュ等の消臭剤を、相手に直接シュシュッてしたいっ!? 
と叫んでました。 かわいそー。


<匂うと臭う 香りはまとう>

「におい」って、「匂い」と「臭い」では、全く意味合いが違います。
いい香りは「匂い」ノイメージですけど、そこはかとなく香るってニュアンスで、ほのかな印象ですよね。
「臭い」ってのは、臭い感じで、強めのイヤな香りという感じでしょうか。

いい香りか悪い香りかってのは、好き嫌いで左右されるし、嗜好的な好みの問題で主観になってしまい
ますが、どんなに良い香りでも、強すぎると他人には悪臭になりますよね。

やはり、香りは『ほのかに香る』程度が良いのでしょう。


<自分に似合う香りを選びましょう>

家庭用洗剤の香り自体が変なにおいだと言ってるんじゃないんですよ
(中には、嫌いなにおいもあるとしても)。

ただ、価格もリーズナブルな家庭用洗剤ですから、同じ商品を使ってる人も多い訳です。

つまり・・・
誰もが知っている、
簡単にイメージされる洗剤のにおいであって、その価格まで連想されるんですよ。

フッと香った時に 「あ、いい香り☆」 って思われるなら良いけど、
「これ、あの洗剤の香りだ」 ってバレちゃう。

香りってイメージや印象が強いですからねぇ~。
高級ブランドのイメージを思い出されるなら良いけど、
リーズナブルイメージ (安い手軽な印象) はマズイでしょう。

自分自身を安っぽく見せるなんて・・
・ないない、有り得ないです。
自分のイメージを、「安い、お手軽、便利」にしたいと思う女性は居ない筈です。

洗濯洗剤の香り、柔軟剤の香り、室内の芳香剤の香り、
トイレや玄関の香り付き消臭剤、様々な香りが混ざると悪臭です。

特に夏場になると、虫除けとかにもハーブやソープの香りとかついてたりしますよね。
香りは統一しないとダメですし、香りが混ざるっての最悪ですよ。

どうせ香りをまとうなら、
洗剤の香りで代用とかではなくて、自分に似合う香水を選びましょうよ。

女性として、自分ブランドイメージも、ちゃんと演出していきましょう。
香りもトータルコーディネイト、したいですね。




。。。。。。。。。。。。。。転載おわり


「家庭用洗剤の香りがする女は、家庭的というより安っぽい女」

至言!!  (>_<);;;
そのとおり!!!!

最後だけはやんわりと言って終わりましたが、スパッと ズバッと 言ってもらえて
うれし~~~~~ (>_<);;;

ほんと、そうだよ! あれは、 安っぽい よ!!

ね? 
ホントに素敵な女性に見られたいなら、もうやめようよ!

あれは、地球環境にも悪いし、人体への影響も悪いし、
そういうのに無関心で無頓着なのって、そういう人・・・だって認められるってことだし、
それって、あなたにとってひとつもメリットないだころか、信用なくすよ?

というか、
せっかく、今、世界中が日本人を見直して認めてくれてるのに、 
「他人に迷惑をかけない日本人」 として あれは恥ずかしいからやめようね?


これはね、とっても「聞いておく」べき大事なこと。
これはね、たとえば 
「あなたの口臭いですよ」 って面と向かってなかなか言えないことといっしょ。
「ホントは臭いけど言ってもらえない」ことといっしょなんです。
でも、内心思っている。
だって「臭い」んだもん・・・。
そんな風に思われてて、あなたは平気ですか?

「げ、 柔軟剤臭い・・・」 て内心思われてても、誰もあなたに面と向かって言ってくれません。
それは、思い遣りだろうが、遠慮だろうが、
あなたがまわりに不快な思いをさせていることには違いない。
あなたは気が付かないだけかもしれないけど、
「思われてる」ことは事実・・・
そして、まわりに我慢させていることも事実なんです。
そう、
まわりは平気なんじゃなくて、我慢してるの。 
我慢させられてるの。 あなたの悪臭に。

でも言えないの。
言えないから、余計「不快」なの。

ね? それって、口臭と同じでしょ?

そう考えたら、やめようと思わないかな?  (^_^;)




※ ↓ 以前書いた「香り公害」についての記事 ぜひ、お読みください。

★流行の柔軟剤は「いい香り」なんかじゃない!! 
  有害な化学物質、「公害」です!



★その「香り」は本当に必要ですか?
   「外出できない…お願いやめて!」          
   流行する香りの消えない柔軟剤・洗剤の被害をご存じですか?



★「香りのカプセル」はほんとうに日本人に必要か?  
 洗剤の過剰な香料にもの申す!!



※こちらもぜひご一読ください。
<人工的な香り・合成化学物質についての大切な情報(基礎知識)>

★香りがもたらす体への反応のしくみ 

★化学物質過敏症の話

★経皮毒 ~ 神様からのギフト
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-129.html


★経皮毒 ~ 悪魔の錬金術
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-144.html




★味覚障害だけじゃない! 激辛&外食ブームに潜む3つの恐怖!!


★ <子宮頸がんワクチン問題> につてこれだけは知っておいてほしいこと


【悪臭】洗剤とか柔軟剤って匂い強すぎるだろ【迷惑】

柔軟剤の香りがエスカレートして怖い!!

日本で「鼻戦争」が勃発―香り付き柔軟剤に苦情も



アロマ付きマスクで風邪対策

さいきん、アロマの記事をまったく書いていなかったにもかかわらず、

毎日のようにアロマやランプ関連で検索がかかってきているので驚きです。


それが、一番多いのが「ランプベルジェの使い方」または「アロマランプの使い方」です。

・・・ということは?

最近ランプベルジェ式のアロマランプを使い始めた人が増えてる・・・ってこと?

なのかな?

それだけ需要があるってこと?


もしかして、放射能汚染も関係しているのかな?

いえ、放射能に効くかどうか、わたしは分かりませんよ。

でも、以前なんとなく聞いた(当時は興味を持たなかった、または信じなかった)人が、

なにかいいものはないかと思い出して、少しでも気休めにでもなれば・・・と思って使ってみた・・・とか?

分かりませんが、どうやら「需要」はあるみたいです。


というわけで、久しぶりにアロマの話を。



といっても、今回はアロマランプではなく、

エッセンシャルオイル(アロマ精油)の活用法についてです。


インフルエンザもかなり流行っていますけど、A型の次はB型ですか?

出掛けるときのマスクは必需品だと思いますが、

あの、使い捨てマスクの製品の独特の「ゴム」?っぽいニオイ、あなたは気になりませんか?


できるだけ日本製を探すんですが、巷に流通してるほとんどが「中国製」ですよね?

わたしはどうもあの「ニオイ」が昔から嫌いで、

ときどき「個包装」になってるマスクも買うんですが、(予備の携帯用に便利から…)

個包装されてるものほど、あの「ゴム」臭が強いんですよね~ 当たり前か。


でね、そのニオイを取りたくて、何気なく好きなアロマのオイルを垂らしてみたのがきっかけで

今それが習慣になってるわたしです。


まあ、効能からいったら、ユーカリやティートゥリーなんでしょうけど、

たまたま、そのときその両方を切らしてたのかなにかで、新しいのの封を開けるのが面倒で、

手元にあった「ラベンダー」と「ミント」と「グレープフルーツ」をちょんちょん、っと垂らしてみたんです。


そしたら、まあ、これがすっごくいいではありませんか!!


ラベンダーとミントとグレープフルーツ、この取り合わせは、じつは、

わたしのいつものヘアオイル(「ラ・セラ」のエッセンスオイルにアロマを入れている)のために調合するオイル

なのでした。

だから3点セットのように置いてあったんだけど、これがマスクにもいい!!


ラベンダーでリラックス、ミントで爽快感、グレープフルーツで元気になれる!!

・・・って感じの、鉄板のアロマブレンドだったんです。


そういえば、どれも風邪にいい成分じゃん!  

と気づいてから、

長時間マスクしたり、人ごみに行くときはこのアロマ付きのマスクが欠かせません。


ほんとに、風邪っぽいとき、喉や鼻がおかしいときは、その効果がより分かりますよ。

マスクをずっとしてると、けっこう蒸れて息苦しかったりするんですけど、

このアロマをつけると息が楽で、しかもいっぱい呼吸してることに気が付きます。


わたし、アロマを知って、ほんとうに思ったのが、

体調が悪いときとか、気が滅入ってるとき、元気がないとき、って、ほんとに呼吸をしてなかったんだな~

ってことなんです。

それは、アロマの香りの中では、知らないうちに「呼吸」をしている自分に気づいたから分かったんです。


意識して頑張って深呼吸してるんじゃなくて、

気がついたら、深~く息を吸ってる、しかも、気持ち良く吸ってる自分に気づきます。

それに気づくってことは、逆にいえば、いつもはそういう深い気持ちいい呼吸をしてなかった・・・ってこと。


だから、それだけも、もう、体調も気分も違ってきます。

身体に、脳に、心に、新しい新鮮な空気が十分に供給されるってことはとっても大事なことだって、

ず~~っと主治医に言われていたけど、「気がついたらときどき深く深呼吸してみなさい」ってね、

でも、「それができるなら苦労はしない・・・」なんて思ってたのが嘘みたい。


人は、自分のからだが欲している香りや成分は自然に脳がそれとキャッチして「要求」してくるんですよ。

脳がそれを必要だと思ったら、「意識」しなくても、自然に、脳の指令によって、

体中の器官がそれを受け入れようと反応してくれる。


この、「体が受け入れようとしてくれる」 っていうのが大事です。


そうでないもの、例えば、「薬を飲む」とか、なにか意識的にすることとは違って、

受け入れ態勢が整っているんですから。


分かります?

身体が「受け入れさせられている」ものと「受け入れたがっている」もの ・・・の違いかな。


身体が取り入れたがっているから、呼吸が自然とできるようになるんです。

意識しなくても深くね。

それは、すごいことなんですよ。

それだけでも、体調も気持ちも大分違ってくるはずですからね。



昔は、マスクに濡れたシートが付いているものとか市販されてたけど、

あれはなんだか気に入ったものがなかった。

やっぱり「余計な物」がたくさん入っていたんだと思う。

でも、アロマの精油なら、品質管理さえしっかりしてれば、(あんまり安物を使わなければ)

余計な添加物を吸うことはないので安心です。

ただ、あまりたくさんつけすぎると、直接肌についてしまうから注意してくださいね。


小さい携帯用のアトマイザーに少量の水とアロマを入れたものを持ち歩くと、

いつでも香りを足したり、マスクを湿らせたりできるので便利ですよ。


また、部屋でアロマランプを焚いているときに、

マスクをランプにかざして香りを付けるというものいいですよ。

マスク独特のニオイも消えるし、マスクの殺菌除菌にもなるし、

(焦がさないように気を付けてね!!!)

好きな香りや風邪に効く香りをあらかじめつけることもできて一石二鳥です。


また、マスクは、平面やジャバラ式に延びるものより、二つ折りになってる立体式の方が

鼻にアロマオイルが直接つかなくていいですよ。 

これは好みですけどね。



あなたも、

思わず自然に深呼吸してしまうような、

自分の好みや体調にピッタリ合った香りを見つけて試してみてください。






↑ グレープフルーツとミントがブレンドされたオイルです。

もちろん、別々に買って自分でブレンドしてもOK!




こちらは ↑ 量り売りタイプのお店です♡

よく使うオイルはたっぷり、少しだけ欲しいオイルは小さい瓶で・・・

と無駄にならないのでお得です。




↑ こちらは、めずらしい「水溶性のエッセンシャルオイル」があります。

水に垂らす場合がけっこう多いので、水に馴染みやすく目的に合わせて使えます。

もちろん、普通のオイルでも大丈夫です。











 癒しのアロマ ~わたしとアロマの出会い~
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-13.html


ランプベルジェ式 アロマランプ の上手な使い方♡
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-35.html


香りがもたらす体への反応のしくみ 
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-60.html


バスボムメーカーで作ってみたよ!
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-342.html


天然アロマで加齢臭対策!!
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-339.html


加齢臭の救世主? 柿渋石鹸
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-340.html


ユーカリ 花粉の季節の救世主
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-193.html


<アロマ関係記事一覧>
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-974.html

 ↑ 検索しやすくまとめてみました。



※ アロマに関心がある方はどうぞこちらもご覧ください。 

「香りのカプセル」はほんとうに日本人に必要か?
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-637.html


経皮毒 ~ 神様からのギフト
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-129.html


経皮毒 ~ 悪魔の錬金術
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-144.html


化学物質過敏症の話
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-296.html




アロマランプの楽しみ方♡ 

この記事はブロとものみ閲覧できます

食欲の誘惑をアロマで乗り切る!

日本は四季に恵まれたほんとうにいい国です。


春 夏 秋 冬 とそれぞれに美しい自然を愛でることもできるし、

なにより、四季折々のおいしい食べ物に恵まれています。


そんな贅沢な日本の恵みのなかでも、この秋の恵みはまた格別です。


秋風とともに思い出すのは、秋刀魚、栗、松茸、そして新米・・・


そんな昔ながらの自然の恵み以外でも、

コンビニから始まるおでんの季節(いや、この時期臭いがつくからコンビニ行きたくないんだけどね…(^_^;)、

「チリンチリン♪」の行商が、わらび餅から石焼き芋に・・・

夜中に恋しくなるチャルメラの音・・・

和菓子だって、ケーキだって、なぜか夏より美味しく感じる!(熱い紅茶や日本茶が合うからかな?)



ああ、秋って、ほんとに美味しいものが目に、耳につきやすい。


そして、それすなわち、誘惑の季節!




でも・・・、  でも、    でも    だめなの!!





ここで誘惑に負けると去年の服が入らなくなるわ・・・!! (T_T;)  




しかし、


そんなうさんぽさんには、じつは、強~い味方がいるのです!!



それは~~~




これです!!




ベルジェの新作!! クランベリーです。


わたしは、なにを隠そう、ラズベリーが大好き!!   ウサギラブラブ

ああ、なんてわたしにドンピシャな香り!!  ラブラブラブラブ



それだけではありません。


夏の間、ずっと戸棚の奥に待機させられてた甘い香りが、こんなときに大活躍!!


どうしても夏場はすっきり、さっぱり系や、シャープなものを選ぶのですが、

涼しくなってくると、まったり甘い系や美味しい系の出番です。



わたしの一押しは、その、甘いのなんの! のクリームブリュレ


初めは甘すぎて好きじゃなかったんですけど、つい二年ほど前から突如急浮上!

フランス版がリニューアルした頃に何気に買ってみたら、いきなりストライクゾーンでした。


みなさんも、初めて使って「こりゃだめだ!」と思ってもガッカリしないで。

しばらく置いておいて、忘れた頃に焚いてみたら、「あら?」 意外に合ったりするんです。

ま、一生ダメな香りももちろんありますけどね。


でも、香りへの反応は脳が行っているので、

前と体調が変わったり、追体験で情報が書き換えられると、好みがガラッと変わることもあるんです。

あきらめないでトライしてみてください。 (参考 香りがもたらす体への反応のしくみ 



あと、好きな美味しい系といえば、ランプベルジェじゃないけど、

トゥシェのバニラが好きです。

ベルジェのはどうも苦手なんだけど、こちらのバニラはわたしにドンピシャ!


それから、チョコレートなんかもいいですね~~

でも、貴重なんで、そのものズバリ! よりも、隠し味にチョコチョコっと使ったりします。 (^_^;)



美味しい系ではないけど、

チャールストンなんかも夏場はちょっと重すぎたけど、これから出番だし、

アンバーもやっぱり寒い時期の方が似合うし、

わたし流♡サンタルにバニラをブレンドするのでも、だんだんバニラ比率が多くなったりとかね。



あ、そうそう、 なんで美味しい系の香りが「救世主」なのかっていうとね、

甘い香りを吸っていることで、お口から甘いものを入れる欲求を抑えてくれるんです。


抑えてくれるというよりも、脳が先に満たされて、満足したと勘違いさせてるのかな?

それに、バニラの香り自体が、脂肪の燃焼を助けてくれるとか、

また、甘い香り、とくにチョコレートなどの香りは精神的なストレスを緩和してリラックスさせてくれるので、

イライラからつい食べ過ぎてしまうことを減らしてくれるという役目も・・・


とくに、成長期の子供やストレスを抱えた子供さんなんかも、甘い香りで不安定な気持ちが落ち着くようです。


もちろん、好みも、個人差もあるけど、

少なくとも、人類は、美味しい香りにつつまれて殺伐とすることだけはないでしょう。



いかがですか?


美味しい味覚もいいけれど、


美味しい香りもまた、なかなかいいもんですよ~ (^-^)v










バスボムメーカーで作ってみたよ!
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-342.html


作ったバスボムをお風呂に入れてみました!
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-343.html


天然アロマで加齢臭対策!!
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-339.html


加齢臭の救世主? 柿渋石鹸
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-340.html


ユーカリ 花粉の季節の救世主
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-193.html


<アロマ関係記事一覧>
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-974.html

 ↑ 検索しやすくまとめてみました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示