ひだまり    今は古事記に夢中! 中国の嘘と現実

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「アパホテルの中国人デモ」②~中国の「国防動員法」を忘れてはいけない!!


「アパホテルに抗議する在日中国人デモ」
~「日本の大勝利!」
・・・と喜んでばかりもいられない!!



★「アパホテルに抗議する在日中国人デモ」
に抗議するデモの まとめ~












ここから流れが変わります・・・





















『中国の国防動員法』
★共産党の意見に同調するということは、中国共産党の日本侵略に加担するということです。


  ↑  ↑  開いてお読みください。


★わが隣国はこういう国!! これでも9条を変えなくてもいいのか?

※中学生にも解るように、懇切丁寧に解説しました。


★日本が侵略されにくい国になってどこが悪い? ②
 いつまでも「9条」を守ってたら それこそ日本人は「国民保護サイレン」を聴くはめになる



新聞なんか、大嘘つき!!
★朝日新聞の「集団的自衛権 反対63% 」 …は 中国・韓国での調査だった!!


★「中国が日本を ”奪還” しに来ても、日本は一切抵抗してはいけない」 
 これが「日教組」が子供に教えようとしていること 




★遅ればせながら、<憲法改正問題 関連記事一覧> 作りました。
※普通の主婦だって考える・・・
 いえ、普通の親だからこそ、真剣に考えてほしい!!




スポンサーサイト

まだまだ日本人は中国人を知らなすぎる! 元警視庁 通訳捜査官 坂東忠信のよく解る中国人の話 ②


最近、嫌韓ブームに押されてうっかり忘れられがちですが、
民主党政権が立つ最近までは、日本での外国人犯罪のダントツトップは中国人だったのです。
それが、ここ数年であっという間に韓国人にとって代わったけど、
(「在日」犯罪はまた別です←もともと多い!)
それでも、
警戒を怠ってはいけないのが「大朝鮮」と言われる支那・中国の人間です。
もともと、朝鮮人の民族性を作ったのは、この大朝鮮こと中国、支那の民族性なのですから。

それを日本人は知らなさすぎる。

いくらマスコミから情報を得ていても、それでも彼らの本質を知ったことにはならない。
そのくらい、かれらの民族性、本質は、日本人の理解の外にある。
理性でそれを知っているつもりでも、
それでも日本人はどうしても日本人の価値観の上で彼らのことを理解しようとしてしまう。

そこが問題。 
そこに、かれらは付け込んでくる! 
と彼、元警視庁刑事 通訳捜査官 の坂東忠信氏は語る。

間違った「友好」戦略、間違った国交や交流でこれ以上日本に被害を与えないように、
この情報はすべての日本人が持つべきです。
彼等への警戒心は持ってしかるべきで、持ちすぎることはない。
なぜなら、
間違った認識でもってこれまで国益が損なわれ、日本人が被害にあってきたことと、
今後もそれが増大することが確実視されているからです。

それをしっかり理解し、把握することが、今後の日本人にとってとても大切なことです。
国益と、あなたと、あなたの家族を守るために。

どうぞ、時間をとってじっくりお聞きください。

※ わたしは聞きかじった知識や偏見でこういう警鐘を鳴らしているのではありません。
わたしは実際に中国に住んでいた経験や、中国人の使用人、知人、友人、恩人を持った経験上、
実感をもって、これらの情報が日本人にとって必要不可欠だと、足りないと思って紹介しています。




『ちょっとあやしい中国語教室①』

坂東忠信 AJER2011.11.30(1)



『ちょっとあやしい中国語教室②』




※閲覧注意!!
グロに弱い人は見ないでね。


『人を人と思わない中華社会①』
坂東忠信 AJER2012.5.28(3)




『人を人と思わない中華社会②』





必聴!!
日本人の中国人への善意の誤解を解こう!!


『あなたの傍の「中華社会」①』

坂東忠信 AJER2011.9.21(1)




『あなたの傍の「中華社会」②』




『あなたの傍の「中華社会」③』坂東忠信

 



中国人の残虐性・天安門事件と中国人実習生の例から
[桜H26/8/29]

2014/08/29 に公開
聞き手 : 中山恭子(参議院議員) ・ すぎやまこういち(作曲家)
ゲスト :  坂東忠信 (元刑事・一般社団法人全国防犯啓蒙推進機構理事)




<おまけ>

時間がある時にじっくり聞いてね。

「国内在日中国人の生活と工作」




.★ベトナムの第一外国語が「日本語」に!! 
 その国の言語を学ぶということは、言葉だけでなく、
 その国の文化や価値観(国家観や思想理念)を学ぶということ・・・





坂東忠信の日中憂考
あやしい「台湾」料理屋さん
http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1234990


まだまだ日本人は中国人を知らなすぎる! 元警視庁 通訳捜査官 坂東忠信のよく解る中国人の話 ①


世界でも悪評、中国人のマナーの悪さ



これは序の口。
最近、嫌韓ブームに押されてうっかり忘れられがちですが、
民主党政権が立つまでは、つい最近までは、日本での外国人犯罪のダントツトップは中国人
だったのです。
それが、ここ数年であっという間に韓国人にとって代わったけど、(「在日」犯罪はまた別です)
それでも、
忘れちゃいけない、警戒を怠ってはいけないのが「大朝鮮」と言われる支那・中国の人間です。

もともと、朝鮮人の民族性を作ったのもこの大朝鮮こと中国、支那の民族性。
それを日本人は知らなさすぎる。
いくら上のようなマスコミ情報を得ていても、それでも彼らの本質を知ったことにはならない。
そのくらい、かれらの民族性、本質は、日本人の理解の外にある。
理性でそれを知っているつもりでも、それでも日本人はどうしても日本人の価値観の上で彼らの
ことを理解しようとしてしまう。
そこが問題。 
そこに、かれらは付け込んでくる! 
と彼、元警視庁刑事 通訳捜査官 の坂東忠信氏は語る。

間違った「友好」戦略、間違った国交や交流でこれ以上日本に被害を与えないように、
この情報はすべての日本人が持つべきです。
彼等への警戒心は持ってしかるべきで、持ちすぎることはない。
なぜなら、
間違った認識でもってこれまで国益が損なわれ、日本人が被害にあってきたことと、
今後もそれが増大することが確実視されているからです。
それをしっかり理解し、把握することが、今後の日本人にとってとても大切なことです。
国益と、あなたと、あなたの家族を守るために。

どうぞ、時間をとってじっくりお聞きください。

※ わたしは聞きかじった知識や偏見でこういう警鐘を鳴らしているのではありません。
わたしは実際に中国に住んでいた経験や、中国人の使用人、知人、友人、恩人を持った経験上、
実感をもって、これらの情報が日本人にとって必要不可欠だと、足りないと思って紹介しています。


(※少し動画の順番を入れ替えました。)


『中国人犯罪の取調べ①』
坂東忠信 AJER2012.6.25(1)



『中国人犯罪の取調べ②』



『中国人が車を運転すると・・・・①』
坂東忠信 AJER2012.8.6(1)



『中国人が車を運転すると・・・・②』
坂東忠信 AJER2012.8.6(2)



 
『中国人女性に捨てられる日本の男たちへ①』
坂東忠信 AJER2012.11.12(1)



『中国人女性に捨てられる日本の男たちへ②』




『中国人の幸せとは①』  坂東忠信 AJER2013.5.20(1)




『「中国人」を知ろう①』  坂東忠信 AJER2013.1.28(1)



『「中国人」を知ろう②』  




『報道されない中国人民の民度①』
坂東忠信 AJER2014.3.3(1)






そして、大事なこと。

このとんでもない異文化、180度違う価値観(死生観や自然観、民族(国家)観)の違いを知った上で
ある場合は警戒し、ある場合は受け入れる・・・それの両方ができて初めて、それを「理解」といい、
「お互いに理解し合う」という意味になり、それが本当の交流であり、友好であると思います。

この動画の最後の京都の取り組み、紹介はされていませんが、わたしが体験した高山市の対応は
それに当たります。




「理解し合える」のは、本当のお互いを知ってから。
思い込みや都合のいい情報だけで、上面の利益だけ得ようとすると
とんでもないしっぺ返しを受けます。 (それがこれまでの外交のツケです)



日本侵略を狙う隣国はこんな国!! 環境破壊と人命軽視の政府の被害者たち ~ 中国の精神障害者がん上回る 1億人超 重度患者は1600万人超える!!

   
中国の精神障害者、

がん上回る1億人超 重度患者は1600万人超える

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110804/chn11080411000002-n1.htm
2011.8.4 11:00 産経新聞

http://www.asyura2.com/09/china02/msg/843.html

中国の精神障害者は2009年時点で1億人以上に上り、このうち重度の患者は
1600万人を超えた。単純計算では100人中13人が精神障害者であることになり、
心臓疾患やがんなどを上回っている。中国国営新華社通信が伝えた。

中国ではここ数年、精神障害者による児童への無差別殺傷事件のほか、大学生による
自殺の多発、台湾電子機器大手、富士康の従業員による連続自殺などが大きな社会問題
として注目されている。山西省厚生庁疾病予防所の李貴所長は「中国の精神障害病の患
者数はB型肝炎の患者数に接近しており、社会の安定を脅かしている」と強い懸念を示
している。


成人の18%

全国の成人の12%に当たる住民を対象に行った調査によれば、成人の中で何らかの
精神障害を持つ人は約18%で、このうち鬱病が約6%、不安障害が約6%、薬物乱用
による障害が約6%という結果が表れた。
また、鬱病と不安障害は男性より女性が多く、若い世代よりも40代以上が多い。

またアルコール依存症は男性は女性の38倍となり、農村住民の方が都会の住民と比べて
鬱病もアルコール依存症も多かったという。

子供の精神障害も増加している。中国科学院心理研究所が北京市の1800の家庭を
対象に3年間の追跡調査を行った結果、3分2の家庭で不適切な教育から、子供たちが
さまざまな精神的障害を抱えている。

大学生の精神障害の発病率は、全疾病の中で1989年の約20%から98年には約
27%に増加。天津市が大学生5万人を対象に行った調査でも、精神障害は16%以上
にも達し、北京大学ではこの10年で精神障害罹患(りかん)を理由に休学、退学した
学生は、全退学者の約3分の1を占めた。

中国が02年に行った初の自殺に関する調査によれば、中国での年間自殺者は28万
7000人に上り、国際平均を上回っている。
15~34歳の死亡原因のうち自殺は トップとなっている。


足りぬ医師

 精神障害者の増加と裏腹に、専門的な医療機関や専門医師の不足が深刻だ。中国疾病
予防センターのデータによれば、05年末時点で、全国に精神疾病医療機関はわずか5
72カ所しかなく、精神科医の人数は1万6383人、精神科医は10万人に1人しか
いない計算になる。

 また何らかの治療を受けている精神障害者は3分の1にすぎず、残りの3分の2は経
済的な理由などから治療を放棄しているという。(上海支局)


■ソース(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110804/chn11080411000002-n1.htm


...........................................................




 中国では2009年に当局が「精神病患者が1億人を超えた」と発表しており、
急激な経済成長の陰で、その数はさらに増加の一途をたどっているが、
その精神病院の実態は謎に包まれている。

 ワン監督は200人以上の患者がいる雲南省の精神病院に3カ月半密着。
中には入院して20年以上になる者もいるなど、「入院」というより、まさに「収容」といった状態だ。
患者たちは多種多様で、暴力的な患者、非暴力的な患者、法的に精神異常というレッテルを貼ら
れた者、薬物中毒やアルコール中毒の者、さらには、政治的な陳情行為をした者や「一人っ子政策」
に違反した者までもが、“異常なふるまい”を理由に収容されている。
ワン監督は社会から隔絶された鉄格子の中でも互いにいたわりあい、愛を求める患者たちに
寄り添いながらその日常を撮影した。

 予告編は、暗闇の中遠くに光が灯り、患者らしき男の奇声が響きわたるロングショットからスタート。
その後、ワン・ビン監督ならではの被写体との距離で、撮影されていることなどまったく意識していな
いような収容者たちの日常や、「ここじゃ考えることしかやることがない」「ここに長くいると精神病に
なる」とつぶやく患者たちの本音も紹介する。

そして最後は暗い病院内を半裸で走り続ける患者の背中を追い続けるショットに続き、
鉄扉がガシャンと音を立てて閉まり、まるで観客が鉄格子の中に入れられてしまったかのように
感じさせる仕上がりだ。

 「収容病棟」は6月シアター・イメージフォーラムほかで全国公開。

予告編動画 ⇒ http://eiga.com/movie/79419/video/




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


 一方、韓国の事情は・・・

東亜日報
20歳の男性の45%が対人関係障害の可能性


http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2003021117138

FEBRUARY 10, 2003 22:22 by 李成柱 (stein33@donga.com)

この数値は、米国やヨーロッパなど先進国の平均11~18%に比べて、2.5~4倍に達する。
研究チームによると、人格障害は自分の性格に問題があることに気づきにくく、家庭や社会生活、
対人関係に支障があり、周りの人々を苦しめるという特徴がある。
また、自分の問題を他人や社会のせいにし、極端な反応を示す。

そのため、各種の犯罪や社会的葛藤を引き起こす原因になりやすく、
早急に対策を立てなければならないが、社会的な認識程度が低く、適切な診断と
治療が行われていない。

柳教授は、このように潜在人格障害者の比率が高いことについて、
「社会的価値観が混乱している中、家庭教育の不在が『人格未成熟の成人』を量産している」
と説明した。

研究チームは、今回の調査で、12種類に分けて人格障害の有無を測定した結果、
1種類以上の人格障害があると疑われる人が71.2%に達した、と発表した。

具体的には、自分にこだわり過ぎて対人関係が円満でない「強迫性(49.4%)」、合理的な
問題解決や人との係わりを避ける「回避性(34.7%)」、わがままで些細なことにも必要以上
に反応し気まぐれな「ヒステリー性(25.6%)」、絶えずに他人を疑う「偏執性(22.6%)」の順
で多かった。

権教授は、「各国の社会文化的背景によって人格障害が疑われる基準点が異なるため、
それを考慮して、基準点を30点から35点と40点にそれぞれ高めて分析した場合にも、
32.7%、22.8%となった」「それでも、他国より人格障害可能性の比率がずっと高い」
と述べた。

延世(ヨンセ)大学心理学科の李勲求(イ・フング)教授は、「設問の内容が普遍妥当であるため、
韓国社会の特殊性によって人格障害可能性の比率が高く表れたという可能性は低い」とし、
「韓国社会の精神的健康について関心を持つきっかけにすべきだ」と指摘した。

今回の研究結果は、国内学術誌「精神病理」と米国の学術誌「精神医学と臨床神経科学」に掲載
される予定だ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


元警視庁通訳捜査官、坂東忠信の公式ブログよりの警告
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-686.html

中国ではいま、精神的な病が深刻化し、社会問題に発展しています。

私が刑事として中国人犯罪者を取り調べて気になったのは、
外見からはハングリーで元気旺盛に見える彼らの精神状態。

2009年11月中旬に、中国共産党中央研究室と国務院研究室が
中央政治局と国務院に提出した健康調査報告書は、胡錦涛や温家宝を驚愕させる
内容だったそうで、すぐに人民の健康をテーマに専門チームを発足させるほどの酷さ
だったそうです。

私の知り合いの中華系協力者も、
「もう中国人全体が精神的病に侵されているとしか言えない」
と現状を嘆いています。

月刊中国によると、現在中国国内には
全国で5000万人を超える精神病患者が存在し、
そのうち2000万人以上が重症患者。

しかしこれは医療機関で把握された数であり、
当然、心を病んでも病院に行けない、または行かない人もいます。
おまけに重度の精神病患者で治療を受けられるのは10%程度だそうな。

2000年以来、中国では精神病患者とされる人口は毎年約400万人ずつ増加し、
重症患者は120万人ずつ増加を続けて、
2003年から2008年までに20万人から22万人の精神病患者が自殺、
精神病患者が引き起こす刑事事件は28万9000件に達しているそうです。

彼らが日本国内で罪を犯し、
精神的疾患による刑事的無責任を訴えたら、
日本は犯罪天国になりかねません。

外国の精神病患者まで面倒見きれませんし、
そういう外国人に危害を加えられたら、やられ損であることは皆さんもお分かりでしょう。

これに関して、内閣や与党民主党、警察のご意見番でもある国家公安委員会、外務省、
観光庁などはどういう見解を持ち、どういう対策を計画しているのか。
そもそも現状を把握しているのか?

精神病患者の取り扱いとなると、人権が絡むだけに、
現在の自称弱者への人権偏重の風潮では、
日本人のやられ損 となることが目に見えるようです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


毒ミルク事件 あの子たちは今
中国メディアが伝えない現実

http://www.youtube.com/watch?v=ofkkoHRjYQI&feature=related


★中国大気汚染 がん患者、10秒間に1人、200万人が死亡 肺がん死亡率は465%上昇

★中国 環境汚染 の落し物 (閲覧注意!!)



中国簡体字への揶揄(指摘)があまりにも的確だった! ⇒漢字本来の魂を捨てた中国人に未来はない・・・

中国簡体字への揶揄(指摘)があまりにも的確だった!
 ⇒漢字本来の を捨てた中国人に未来はない・・・



「簡体字はキモい」 香港で渦巻く“中国本土化への嫌悪感”
4.21 11:00
http://www.news-us.jp/article/417885882.html

「観光客急増など中国本土からの影響拡大で
中国本土風の表現や、簡体字がじわじわと浸食」
「簡体字は見ていてキモい」

49年の新中国成立後、共産党政権は識字率の向上を目指して難解な漢字を庶民にも使いやすくし、
教育程度を高めた、というのが簡体字普及の説明。
日本でも戦後、当用漢字へ一部が簡略化されたが、「廣」が日本で「広」となったのに対し、中国は「广」
など極端な簡略化が進んでいる。

さらに幹、乾、干の3つの漢字の場合、例外もあるが、発音が近いという理由で「干」の字に“統合”
された。
しかし、「干部(幹部)」「干燥(乾燥)」では見ても意味不明。本来の漢字の魅力まで失った。

香港も台湾も繁体字を守り続けることで、中華文化の正統な伝承者であるとの強い意識がある。
簡体字を使う中国本土を、伝統文化面から一段下に見ていたことも否めない。
だが、簡体字と繁体字の政治経済力学は一変した。簡
体字の人々が“支配者”となって、繁体字の守護者の上に君臨する時代が訪れつつある。


※こちらが 件の 「ご指摘」 ↓   ↓




略しすぎてアイデンティティなくなっちゃったってことか


参った!!


あまりにも的確すぎる!!
その指摘が!!

たしかに、 たしかに、そのとおり。

まったく、
今の中国には、
そして中国人には 
未来に飛び立つ「翼」がない、
進化するための「力」がない、
光明に続く「道」がない、
道に迷っても戻る「家」がない、
中国の「友愛」には「心」がない、
「雲」から「雨」を引き裂いたらその通りに、
「開く」ための「門」がない(そのまま!)、
「生」を無視した虚構のGDP、
「協力」する意味を忘れて「国力」を無くし、
「運」を軽んじて運から見放されている 中国・・・
  

ぜんぶ そのまんまじゃん!!!



いや~ 名は体を顕すとは言ったものの、

漢字本来の成り立ちの意味、漢字の持つ生命とでもいうか、魂とでも言うか、
それを忘れて、蔑ろにして、軽んじた結果が、 これ?

あまりにもシビアだ・・・

ああ、 二重にも、三重にも、 いえ、 百万倍も、


日本の漢字をあんな風に「根無し草」にしなかった
日本の先人たちに 感謝!!!




※そうそう、 元記事のコメントに、
「始皇帝が生きてたら 全員生き埋めにされるくらいのキモさ」
っていうのがあったけど、これだけ訂正しておくね。

秦の始皇帝こそが、
簡体字の発想につながる、文字の軽視の先駆者 だったんですよ!


今のパクリ病、コピー天国も、
なぜ、いくら証拠を見せても認めようとしないのか?
なぜ、証拠文献に当たろうとしないのか?
すべての元凶は、
「既存の漢字(概念)以外使うな(増やすな)」という思想を
始皇帝が始めて定着させたんですから。

ほんとだよ~~~

※詳しくは下の記事で!

★どうして中国人は 日本が突きつけた「動かぬ証拠」をけっして認めようとしないのか?

なぜ日本の漢字は発展し中国の漢字は衰退したのか? ①

なぜ日本の漢字は発展し中国の漢字は衰退したのか? ②言葉の扱いを見るとその国柄が解かる

なぜ日本の漢字は発展し中国の漢字は衰退したのか? ③日本人は幸福な民

なぜ日本の漢字は発展し中国の漢字は衰退したのか? ④日本語を残してくれた先人たちに敬意を





リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示