ひだまり    今は古事記に夢中! 経済 ・ 産業問題

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

やっと… いや、ついに! 日本政府が正式発表! 上越沖でメタンハイドレート確認 詳細調査へ


日本政府が公式に認めた!! (今まで頑なに出し渋ってたのに!!)
やっと!  やっとですよ!
でも、これもアベノミクス効果のひとつか?

どちらにしても、
「原発に頼らない社会」へと、日本が一歩近づきました。


そのためにも、 日本の海を守れ!!!


経産省、上越沖でメタンハイドレート確認 海底で「むき出し」に
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131129/trd13112922030016-n1.htm
産経 2013.11.29 22:00

経済産業省は29日、次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」
日本海の新潟県上越沖の海底で確認したと発表した。

上越沖と石川県能登半島西方沖で、存在が見込まれる有望な地形を225カ所発見し、
今回、無人機を使って有望地点を撮影したところ、白いメタンハイドレートの一部が
むき出しになっているのを確認した。

来年度以降に埋蔵量を把握するための詳細調査を進める。

メタンハイドレートは天然ガスの主成分であるメタンが氷状となったもので、
「燃える氷」と言われる。

日本近海には国内の天然ガス消費量の100年分に相当する埋蔵量があるともされ、
資源の少ない日本にとって貴重な国産エネルギー資源になる可能性がある。

日本海のメタンハイドレートは、水深500メートル以上の海底の表面に一部が露出し、
塊の状態で存在している。

経産省は今年3月、太平洋側の愛知県沖の水深約1千メートルの海底下約330メートルの地点
からメタンハイドレートを取り出す産出試験に成功。
今年度から日本海側での広域調査を開始し、平成27年度までに
秋田県や山形県沖、島根県の隠岐諸島周辺や北海道沖などを調べる。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


メタンハイドレートに大規模投資を 
日本版“シェール革命”は可能だ

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130124/biz13012408190005-n1.htm

2013.1.24

日本の周辺海域に埋蔵されている次世代エネルギー源「メタンハイドレート」について、
政府は公共事業並みの大規模な資金を投入して本格開発に着手すべきだ。

米国ではシェールガス、シェールオイルの開発でエネルギーコストが格段に低下し、
米国産業のカンフル剤になりつつある。
この「シェール革命」の日本版を実現するために、政府は大胆な資金投入に踏み切るべきだ。
(フジサンケイビジネスアイ)

経済産業省は、比較的浅い水深(数十~数百メートル)に埋蔵されているケースが多いとみられる
日本海での埋蔵量調査や試掘などに向けた作業の調査費として、2013年度予算案で87億円を
要求している。
ただ、本格的な生産にたどり着くには、どれくらいの期間がかかるのか、現状では具体的には想定
できないという。

こんな進捗(しんちょく)ペースでは、いつになったらこの次世代エネルギーを純国産エネルギー
として活用できるのか、まったく見通すことができない。

安倍晋三内閣は積極的な財政政策、金融政策に加え、成長戦略を「三本の矢」として優先的な政策に
位置付けている。
とすれば、メタンハイドレートの本格生産に向けた計画を政府が全面的にバックアップする国家プロ
ジェクトに格上げし、成長戦略の中心に据えてほしい。

なぜなら、新しいエネルギー源の開発による経済構造の劇的な変化が、
米国で今、まさに展開されているからだ。

頁岩(けつがん)の層(シェール層)に浸み込んでいるシェールガスやシェールオイルの掘削が本格化
し、米国では天然ガス価格が大幅に低下しているほか、シェールオイルの増産で13年後半には、月間
原油生産量で米国がサウジアラビアを抜き、世界一になると予想されている。

「シェール革命」と呼ばれるこの動きは、米製造業の復権を可能にし、米経常赤字の縮小を実現し、
外為市場でドル高を演出する力になろうとしている。

シェールガスの掘削技術は2000年代半ばにかけ急速に進歩し、産出量が右肩上がりに増大した。
メタンハイドレートの開発でも、政府が1000億円単位で資金を投入すれば、本格的な生産が可能
になるまでの時間が大幅に短縮され、日本経済の構造を劇的に変化させる局面が、想像以上に早く到来
することになるだろう。

かけ声は華やかだが、なかなか決め手が見当たらない成長戦略の中で、
先行する米国はお手本になりうる。

エネルギー源の新たな開発というビジネスモデルは、失敗の可能性が低い選択肢といえるのではないか。
民主党政権は成長戦略の中心にエネルギー開発をついに入れないまま、自民・公明連立政権に交代して
しまった。
安倍政権は、民主党政権のわだちを踏まないでほしい。
「日本版シェール革命」が現実に展開されるようになれば、長期金利の上昇リスクが弱点という
アベノミクスの評価も変わってくるに違いない。

(ロイター コラムニスト 田巻一彦)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



効率的に取れるとは思えないんだよな。



むき出しのをどう採るんだろ 海洋汚染は大丈夫なん


メタンは温室効果がCO2の何十倍も高い
むしろ、メタンハイドレートを採掘して
火力発電所で燃やした方が地球の環境にとって優しい




日本海側のほうが採掘しやすいのがゴロゴロしてるのなんて
前からわかってたことだが
特亜に配慮して許可しなかったんじゃなかったっけ



青山さんが一所懸命宣伝してたやつか
上手く資源化につなげられたら国民栄誉賞ものだなw



天然ガスを調達するときに、
「安く譲らないと、うちのほうで自分で賄っちゃうよ」
と脅しをかけられるようになったのはいいことだ。




重要なのは「日本には代替資源があるんだぜ」と言えること

メタンハイドレートもオーランチオキトリウムも、ハッタリでもいいから
実用性のあるものだということを資源国にアピールするだけでいい

「あなた方が安く売ってくれないのなら、国内で賄いますわ」というカードを
切れるようになれば、価格交渉において足下を見られなくなる

実際の採算性を無視しても、調査研究を進めるだけの価値はそこにある




ハッタリでも採算性のラインを引けるというのが重要なんだよ
化石燃料や天然ガス資源を完全に輸入に頼れば、
どんなに価格をつり上げられても唯々諾々と従うほかはない
だが、「メタンハイドレート掘った方がマシ」という採算ラインが出来れば、
相手にとってそこがつり上げの限界になる
採算性のみならず、安定供給が見込めないとなっても同じ事

「いざとなれば代わりがある」というのは、もの凄い武器になる




メタンハイドレートの抽出方法は、 これこそ秘密保護法で守られるべきだな


     だからこそ反対するやつがいるんだなw



すまんわからん
今までの情報とどう違うんだこれ。




    広報するほど政府がメタハイ開発に本腰入れた。



    今までは太平洋側で砂と混じったメタハイの取り出しに成功とか
    民間や都道府県の調査で日本海側の存在を確認だったが
    今回は
    『日本政府が日本海側で存在を確認した』と、言う記事




正式に発表するタイミングは
中国、韓国との仲が冷えきっている今しかないわな。
 




http://military38.com/archives/34507809.html


・・・・・・・・・・・・・・転載おわり


たしかに、このタイミングはすごい。

ぜったい考えてる。
ほんとに、まさに、「今でしょ」だと分かってやってるとしか思えない。

だから、これも、あきらかな「安倍内閣のGJ」だと思う。

そう、まさに、この時期だからこそ
日本の立場からいっても絶好のタイミングだ。

これ指示した人間は相当な先見の明をもってるか策士だと思う。


そして、
ありがとう、中国。

おかげさまで、
これでもう完全に「日中友好」なんていう時代は終わった

今なら、どんなお花畑にでも、誰の目にも分かる。

誰にも文句は言わせない。
もう、左翼には口を挟ませない。

日本と中国の関係は、
ただ、取るか、取られるか
、 
だ。

中国の愚行のおかげで、誰はばかることなく言える。

「中国は敵だ」
「日本の海を守れ!!」 
と。



自衛を厚くしろ! と。


なんかもう、今年はずっと日本に「神風」が吹いている。

式年遷宮が成功した証拠だろうか。

伊勢の神職さん、全国の神職さん、ありがとう!!
     

安倍政権 ありがとう!!!!

ずっと 続いてください。






竹島、海底資源が日本復活のカギ ! それを狙う米中韓の脅威と既得権の壁・・・



スポンサーサイト

【朗報】中国産のレアアースが不要に!! 昭和電工が新しい磁石合金を開発

ああ、いかん、いかん、これ以上古くなる前に早く出さなきゃ~~(最近そんなのばっか!)

【朗報】
中国産のレアアースが不要に!!
昭和電工が新しい磁石合金を開発


昭電の産業ロボ向け磁石合金、中国産の希少材料不要に

昭和電工はレアアース(希土類)の一種、ジスプロシウムを使わない産業用ロボット向け磁石合金
を開発した。
高価なジスプロが不要になり磁石合金の価格を約3割安くできる。

中国産レアアースの使用量削減で需給が緩和すれば、まだジスプロを必要とするハイブリッド車
(HV)向け高性能磁石の価格低下にもつながりそうだ。

ジスプロは磁石の耐熱性を高めるため、ネオジムや鉄などからつくる磁石合金に添加する。

添加率を上げると耐熱性が高まる。産業用ロボットのモーターに組み込まれている磁石は、
重量ベースで3.5%程度のジスプロを含む。特殊な熱処理で結晶構造を変えることで、ジスプロを
ゼロにした磁石合金を初めて量産できる体制を整えた。

昭和電工によると、ネオジムや鉄を主原料にした高性能磁石の2013年の世界生産量は
2万3千トンの見込み。16年には高性能磁石の世界生産量に占める産業用ロボット向けの比率は
3割強の約1万5000トンにのぼると予想されている。これに比例して磁石合金の市場も拡大する。

昭和電工が今回開発した磁石合金の採用拡大で、9割が中国産といわれるジスプロの需給も緩和する
見通し。
その結果、現時点では添加率が6~8%と高く、まだジスプロをゼロにできていないHV向けの高性能
磁石の価格も下げることができる。

ジスプロの価格は1キログラム当たり6万~7万円。鉄(同100円前後)やネオジム
(同1万円前後)を大きく上回る。産業用ロボット向け磁石合金の価格は1万円弱。
今回、昭和電工が開発した磁石合金を使えば3割程度安くなる。

今後も風力発電機や産業用ロボット向けを中心に高性能磁石の需要が高まるとみて、
来春にも秩父事業所(埼玉県秩父市)で量産を始める。高性能磁石合金で世界シェアの
約25%を持つ同社は現在、耐熱性のより高い磁石合金の研究を進めている。

日立金属は2%添加相当の磁石を販売し、さらに多くのジスプロをゼロにできる技術を研究しており、
磁石メーカーもレアアース削減を急いでいる。

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO60542350T01C13A0TJ2000/


この記事についたコメントより~

(みなさんのお慶びの声をお聞きください。)


179:
昭和電工すげeeeeeeeeeeeeeee


192:
日本すごすぎィ!

196:
昭和電工やるぅ~!

255:
よくやったwwwさすが日本www

278:
日本すげーわ


45:
沖の鳥島にも海底レアアースや資源がザックザック有るしこれで
中国なんかに頼る理由は無くなったな


50:
こういう会社に開発資金どんどん援助してほしいね


52:
売らぬなら作ってみせようホトトギス


120:
アメリカが嫌がらせしても 日本は乗り越えて来た歴史を中国人は知らない

  24.
   中国様の嫌がらせのお陰でまた日本の技術が進歩しました。
   技術立国ニッポン万歳!!


152:
ぜひとも株を買わせて頂きます。


。。。。。。。。抜粋転載おわり



ま さ に 、 日本の勝利!!
やはり徳のある方が最後に勝つ!!


日本にはね、 じつは資源がたっぷりあるんですよ。

海洋資源じゃないですよ。

人 という資源です。

作り出す、生み出す 「人の力」 ですよ。

それが日本の最大の そして最強の 資源 です。




★やっと現実(情報)が追いついた「ほんとうの日本経済と中韓経済の正体」
※日本のマンパワーの本当の凄さ!

★宮崎駿監督「風立ちぬ」は日本人精神そのもの② 日本の「ほんとうの資源」とは何か?

 
※2013.10.28 追記!

中国「資源外交」窮地 レアアース 輸出先失い業界悲鳴
 【済南(中国山東省)=河崎真澄】
レアアース(希土類)をめぐる通商紛争で世界貿易機関(WTO)が日米欧の主張に
軍配をあげたことは、中国による過去20年来の資源外交戦略の失速を意味する。

ピーク時に世界のレアアース需要の97%を供給していた中国。
最高指導者だったトウ小平は1992年当時、
「中東に石油あり。中国にはレアアースあり」と語り、
資源輸出に戦略性をもたせることが外交カードになる、と考えていた。

中国は3年前の尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の中国漁船衝突事件後に事実上の対日禁輸措置として
カードを切ったが、対中依存度の高さを反省した日本企業は、米国などレアアース調達先の多様化や
使用済みレアアースのリサイクルなど、2年もたたず自助努力で中国の資源外交を切り崩した。

中国のレアアース業界関係者は、
「3年前は日本がレアアースほしさに政治的妥協を急ぐと思ったが、
結果は中国が最大のレアアース輸出先を失って大失敗した」と頭を抱えている


中国の昨年のレアアース輸出量は1万6千トンと、政府が許可した3万トン余りの輸出枠の半分程度
にとどまり、関連業界は生産停止に追い込まれるなど業績が悪化した。

今年は米国の需要増に伴って輸出量は微増しているものの、国際価格の下落が続いており、
輸出額は前年の半分にも満たない。

通商紛争でWTOの判断が有利に出て、外交カードにレアアースを取り戻すことに、いちるの望み
をかけてきた中国。
トウ小平の言葉も空虚な響きとなった。

http://news.livedoor.com/article/detail/8193525/


やっと現実(情報)が追いついた「ほんとうの日本経済と中韓経済の正体」



『どんないい番組でも
「中韓国ヨイショ話」を盛り入れないと番組は成立できないのでしょうか?』


これは、一年ほど前(2012年5月)に書いた記事なのですが、
今年(2013.5.25)に出した「安倍総理が出演した たかじん④ 日本の皇室伝統について語る!」
と同じ放送の内容について、全く違う観点から書いたもので、
本来、当ブログの「マスコミの正体」というカテゴリーに入っていた
ほんとうの日本経済の強さと 中・韓経済のまやかし についての話です。

これを書いてるときは、まだ
日本は、白川日銀総裁天下の、慢性化した「暗黒デフレ時代」が続いている状況でした。
だから、いくら事実を、ほんとうの数字、ほんとうの日本経済の評価や強さを訴えても、
普通にテレビや新聞しか見ない人にとっては、マスコミが「日本に自信を持たせる情報」は一切出さないので、
なかなかピンとこなかったのではないでしょうか?

しかし、
昨今のアベノミクス効果で
(いっとくけど一時の株価の上下なんて当たり前の普通の現象でまったく問題ないよ! 
誰だ?「ほら!下がった!」って喜んでるやつ
!)
やっと日本経済の底力が認識されてきたというか、やっと気づく人は気づき始めたというか、
ほんとうの経済力というのは、
ただの為替の優位や小手先の盗んだ技術だけじゃもたない!

(一時はいいけど続かない!)…ということがこれでやっと証明されました。

真の実力は、本物の信用と実績です。
その「積み上げ」なんです。


日本が低迷していたのは、
瀕死だった韓国経済を支えてあげるために、韓国有利の為替操作を容認し続けてきてあげてたから。
それが、ちょっと為替が動いただけで、日本が無理に低くしてあげてた腰をちょっと伸ばしただけで、
ほら、このとおり! です。
 
・・・というわけで、
今ならどんなノンポリ主婦(つい3年前のわたしだ!)でも今ならさすがに理解できるだろう!
目を覚ますチャンス!ということで、この記事をもう一度出します。


いろんな言いたいことを一度にできるだけぶち込んだので
スクロール多くてごめんなさいっ!!  m(__)m


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


『どんないい番組も 「中韓国ヨイショ話」を盛り込まないと成立できないのか? ② 』の続きです。
  ↑ 初めての人は、どうぞこちらから読んでくださいね。 m(__)m


どんないい番組でも
「中韓国ヨイショ話」を盛り入れないと番組は成立できないのでしょうか?


2012-05.20 たかじんそこまで言って委員会



今度は、不可思議な「中韓国企業の台頭」の話・・・の続きです。
「原発再稼働問題」の次、動画の59分くらいから見てくださいね。

番組ナレーション・・・の要約
「日本はこれまで技術力「だけ」で勝負してきたが、それも今や昔…
昨今では悪かろう安かろうの中国韓国製品ではない!
世界シェアを誇る中韓工業製品が技術力を上げ、
日本は技術面でも中韓国に追いつかれ追い越され始めている!!」


田嶋陽子 : 「日本ももっと韓国を見習えばいいのに」


はい??  ウサギむかっ むかっ


なんじゃそりゃ? って思いましたね。
韓国経済なんて中身スカスカですよ?
その中身スカスカ経済にしてきたのは、その企業姿勢と企業体質(民族性ともいう)ですよ?
そ、 それを見習えと?

アメリカにいいように資産を持ち逃げされ、鵜飼いの鵜のごとくせっせと貢がされ、
決算書も捏造隠ぺいだらけで、実情はいかほど火の車かと・・・
だから、恥も外聞もなく、
震災復興中の日本にまでたかって金をせびり取ってるんじゃないの?

この自転車操業的な「まやかし経済」のどこを見習えと?

え? 経済や産業全体ではなく、
一企業の姿勢を、世界進出の気概と方法論を学べと?

いや、それやったら、日本は世界から信用なくすだけでしょう?

(ああ、そうか、それが目的なんですね?)

中・韓国の真似 → 日本の信用失墜 → 日本経済危機! → やはり原発依存は必要! 
・・・ですか?


どうしても、そこへ持っていきたいんでしょうね?


ったく、とんでもないことを言い出したものです!
こういう  嘘と同んなじです!
「日本は資源のない国だから、
材料を輸入に頼った加工貿易で経済が成り立っている」


・・・と、みなさん、学校で習いませんでした?
そして今でも、日本国民のほとんどは皆そう思っているはずです。
ことある毎に反日マスコミが
そういう「お決まりのナレーション」で念入りに刷り込みをしてきましたからね。


「日本は資源がない」 と。
「だから、資源大国中国に頼らないとたいへんなことになる!」 とね。

とくに最近、
やたら、かつて「週間こどもニュース」で「信用」を獲得した池上彰効果を使っては、
「政治経済に疎い善良で勉強熱心な国民」を騙くらかしていますよね。

でも、実際は、
日本は堂々たる「資源大国」だし、
開発途上の(それも原発依存のせいで手つかずにされてただけ!)眠っている莫大なエネルギー資源も
もう隠しようがないし、
まだ、それらを活用してない今現在ですでに、
日本の経済は内需が80%だって、知ってました?
それって、 もんのすごい ことなんですよ?
悔しくて黙っているけど、中韓国の垂涎の話(ヨダレが出るほど羨ましい話)なんですよ? 

知ってました?
日本の輸出依存度はたったの11.4% だったんです。
(ちなみに韓国は43.4% 、中国は24.5% 、アメリカは7.5% )

マスコミは散々、「中国は日本経済にとってなくてはならない存在」と訴えているけど、
じつは、
対中輸出依存度は、その11.4% のなかの 2.79%
つ ま り 、たったの 1%  ほどです。

中国で反日デモが盛んになった頃、
「いくら中国が反日でも、中国経済の恩恵なくしては日本経済は困窮してしまう!
(中国がどんな酷いことをしても絶対に日本は中国と手を切ってはいけない!!)」
と言わんばかりに、
NHKをはじめ、マスコミは一生懸命、終日「トヨタの大打撃」を宣伝していましたよね?

でも、そのトヨタでも、日本の輸出の自動車産業は 0.1% ほどです。
そのうちさらにトヨタといえば・・・?

あの「トヨタ」でさえ、その程度の割合です。

じゃあ、たとえば、韓国の主要企業とくらべてみたら・・・?

田嶋さんが「韓国を見習えばいいのに」と言った、その韓国企業はどうなんでしょう?

これも、日本のマスコミは、とくにNHKはけっして触れようとしないけど、
韓国の経済はほとんど ほぼ たった二つの企業だけでもってるのが現実です。
だって、あなた、韓国の大企業の名前、いくつ知ってますか?

いえ、正直、「大」企業でなくたって、
そもそも韓国の有名企業(メーカー)なんて、そんなに名前知らないですよね?
「現代(ヒュンダイ)」でしょ、「三星(サムソン)」でしょ・・・
あとは・・・?

サムソンは携帯電話でお馴染みでしょうが、「ヒュンダイ自動車」って日本で見たことあります?
あれ? 
ヒュンダイって、たしか、世界的シェアを誇っていたんじゃないですか?
少なくとも、韓国人と在日マスコミはそう得意がって触れ込んでましたよね?

たしか、「一時期」(2010年五輪直後)、「トヨタ(日本)を抜いた!!」って大喜びしてましたよね?
じゃあ、なんで、そんなに売れてる、そんなに「人気の」その韓国車、
日本で見かけないのか? 

知ってます? ヒュンダイは日本では売れないんです。
だって、ヒュンダイを海外で売り出すとき、
「富士山」とか「相撲」とかのイメージで大々的に売ってたんですもの。
要するに、
何も知らない外国人に日本のメーカーだと誤解させて売ってたんです。
「日本メーカーなのに安い!!」って飛びついた人たちがユーザーだってことです。

その戦略はおぞましくも今も続いています。
だって、
「柔道も空手も、茶華道も、相撲も・・・あれはみんな本当は韓国起源なんだから!
韓国の文化を日本が盗んだものだから韓国が勝手に使っても問題なし!!)」
だと本気で思っているんですから、彼らは。 
なにしろ、国家戦略でそれやってるんですから。

そういう国です。

え? 見習えって??

そんな世界的詐欺で実際訴訟だらけの 真っ黒な企業二つだけで国を支えているんです。
つまり、それが国のカラーなんですよ。国是だってことです。
知ってました?

そのふたつの企業利益が、他の大手(?)97社の利益を超えているんです。
つまり、この企業が潰れたら? 低迷したら?
韓国経済はどうなるんでしょうね。

じゃあ、話を戻して、
日本の大手有名企業って、いくつ言えます?
いえ、たとえば、「外国人でも知ってる日本企業」っていくつあると思います?
おそらく、韓国の数倍~10倍以上はざらにあるでしょう。

そういうことです。
どっちが強いと思います?
どっちが将来性があると思います?

どっちがどっちを見習うべきだと思います?

(ちなみに「輸入依存度」は韓国は38.8% 、日本は10.8%、アメリカは11.4% )

もちろん、これは一昨年の数字で去年もそうだとはいいませんが、
この比率がごっそり変わったとは 聞きません。
これは現実です。 
日本政府が出してるんですから。
中・韓国みたいな国策として嘘をつくような「まやかし水増し報告」じゃありません。

日本がじつはこうだったことは事実です。
でも、
こんな大事なこと、
こんな大きなはっきりした厳然とした特徴を、
「日本の強み」を どうして国民は知らされないのでしょう?

どうして日本国民は、日本のほんとうの強さ、凄さを
実体を知らされない のでしょう?

どうして、マスコミは、経団連は、日本の教育は、
日本経済のダメダメなことばっかり言って、
日本経済の反省点や杞憂ばっかり宣伝して、
日本経済に自信をもてるようなことは一切言わないのでしょう?


ね? 言えばいいじゃないですか?

80%の内需で賄えてきた、ということは、つまり、
とてつもなく不況に強いってことではありませんか?

輸出が少ないわけではないんですよ?
輸入が少ないわけでもないんですよ?
それなのに、
さらに「内需の方が圧倒的」だということは、
えっらく強い経済力なのでは?

いつも比較される中国、韓国のそれと比較してみれば一目瞭然でしょ?
これで「強くない」というなら、誰を強いと? 
中・韓はいったいどうなるのです? 

なぜ、この事実が伏せられるのでしょうか?
何に都合が悪いのでしょうか?

どうしてテレビのエコノミストたちは、
日本の悪いことばっかり、暗いことばっかりしか言わないのでしょう?
「日本経済は暗くはないんだ」と、「日本の経済はじつは強いんだ」と、
なぜ、そう言ってはいけないんでしょう?

日本経済を元気づけてはいけないんですか?

日本経済が明るいと、何か都合が悪いんですか?

経済は「数字」が勝手に動くのではありませんよ?
経済を動かしているのは、その数字を出すのは「人間」でしょ?
その「人間」に、「お前はダメだ」「お前はもう終わっている」と呪いの呪文を繰り返して、
いったい、何になるんです?

呪いの言葉を唱えたら、日本経済にとっていいことでもあるんですか?
いや、いっそ、逆じゃないですか?
これは、母親目線かもしれないけど、
子供だって、「お前は悪い子だ。出来損ないだ。」って毎日繰り返し唱えて育てたら、
そりゃあきっととんでもない子供に、その通りのろくでもない大人に育ちますよ?
違いますか?

そんな「呪い」は必要ないのでは?
つまりそれが必要なのは、「日本経済を再興させたくない輩」だけなのでは?
まあ、つまり、マスコミ  ですよね?
そう、日本の反日マスコミは、その目的に加担しているだけ。
だから、日本にとっていい意味での正しい情報を与えないように必死です。


だからね、
考えてみてください。

マスコミが用意した(押し付けて刷り込んでくる)「答え」ではなく、
自分の感性と頭で考えてください。
あなたの、本来の日本人の感性で考えてください。

そうすれば、
なにも難しい経済用語が分からなくても、
おのずと「自然に」理解できると思います。


これまでほんとうに依存度が高かったものがダメになるのなら困るでしょう。
ほんとうに輸出に頼っているものがダメになるなら困るでしょう。
ほんとうに輸入に頼っていたものがダメになるなら困るでしょう。
しかし、
中国、韓国に比べて、日本はアメリカ並み、それ以上の強さすらあるんですよ。
つまり、
「輸出」や「輸入」に依存しなくてもいい、強さ なんです。

このせまい日本に、この人口密度にして、あのアメリカ並みの依存度なのですよ?
日本は、この土台があってこその経済大国だったのでは?

それでどうして、
「中国や韓国の真似」をしなければならないのでしょうか?



言い方を変えると、
中国、とくに韓国なんかは、輸出にしても輸入にしても極めて依存度が高いのです。
世界ダントツです。
依存度が高いってことは、内需率が低いということ、国内はスカスカってことです。

中身がスカスカなのに、このうえ輸出が減ったら・・・そりゃ、困るでしょう。
だから、ますます輸出に頼らざるを得なくなるのは当然です。
形振り構わず 必死 になるのは当然です。
(その必死の方向が 人道的に言ってどうかと思うけど… )

しかもですよ、
その輸出を増やすには、日本からの材料(技術)輸入がどうしても必要だから、
対日輸入依存度はさらに増え続ける・・・
つまり、
韓国の輸出依存度が増えれば増えるほど、日本からの輸入依存度も増えるってことです。

「サムソン栄えて国が滅びる(日米が儲かる)」 ってやつです。
サムソンが儲かれば儲かるほど、利益は海外に流出し、国内は空洞化するのです。
まさに、
国民の犠牲の上に国家が形だけ成り立っているという構造です。
それは、中国でも同じようなものです。

国民を「おおみたから」と呼んで慈しんできた天皇を戴いる日本とは大違いです。


ほんとうにマスコミは嘘ばっか!

この「たかじん」でさえも、こと中韓に関しては(ナレーションまでは)
まるでNHK並みの体たらくです。

東日本大震災のあと、
日本からの部品輸入がパッタリ途絶えて韓国産業が真っ青になったことを
なぜここで述べないのでしょうね?
何をもって「中韓国メーカーに負けている」と、
「このままじゃ日本ダメになる」というのでしょう?

もちろん、この状況に胡坐をかけとは言いませんよ。
いや、日本企業が、日本の職人が、慢心、胡坐をかくとは思えませんけどね。
そんな考えを持ってダメになるとしたら、名前だけの日本の企業じゃないですか?
(※昔からの名の通ったメーカーだけど、じつは韓国企業が買収済み!)

日本の大企業や優良企業が、
競争相手がいない一人勝ちのような有利な条件に胡坐をかいてきたことがありましたか? 

常に、世界一を目指し、最先端を目指し、
「一番」を目指して、
日本独自の繊細さや柔軟さで世界から評価されてきたはずです。

というか、一流になった企業は、それをやったから世界で認められたんです。
常にアイディア、アイディア・・・
でもそれは、ただの「目先の奇抜さ」だけではなく、
日本にしかない確かな技術による信用、信頼、安心があったからではなかったですか?



それが今の中国・韓国にありますか?
いつ、日本を凌駕しましたか?

日本と中韓国との差、それは、
ただの利益追求でなく、あらゆる分野で最先端の社会貢献をしてきたその実績、
日本人らしい、日本人にしかない思いやりと気配りで「お客様のニーズ」に応えて勝ち得てきた
「信頼の積み上げ」です。



わたしは思います。

たしかに、安全基準が高すぎる現在の厳しい規制法が足かせになって
「技術はあっても何でもかんでも製品化できない」ために、
外国のような「迅速で自由な製品化」は困難なのは確かです。

でも、中韓の有利とされているその「自由」は、
言い換えればただの「気まま」で「思いつき」による何の保証もない製品かもしれない。

現に、外国製品はすぐ壊れるし、その「壊れ方が危険」ということが多いらしい。

それって、企業の金儲けだけが優先されて、
ユーザーの利益(安全)がないがしろにされているってことなんではないですか?

つまり、規制をゆるめると、そういう「悪徳業者」がはびこることにつながるのでは?
そして、
「悪徳業者」が下品に荒稼ぎするために、真面目な優良企業が淘汰されてしまう危険性があるのでは?

それは、
たとえば、手間暇かけて安全で美味しい食品を作っていた優良業者を駆逐し、
農薬漬け添加物漬けの「安かろう悪かろう」の悪徳業者だけが生き残り、丸儲けする構造といっしょでは?

規制が緩ければ、たしかに「製品化のスピード」は早くなるかもしれないけれど、
そのかわり、「安全」を犠牲にしてしまう可能性が高いと思います。
そしてそれは「信用の失墜」につながります。

現に、「外国製」がそうではないですか?
壊れ方が、日本製のそれとは違うといいます。
ただ壊れるだけでなく、壊れたとき危険で安心できないといいます。


だから中韓人ですら「国産でなく日本製を買う」とね。
そういう現実だってありますよ。

日本はその「自由気ままさ」はなかったかもしれないけど、
おかげで、これまで、徹頭徹尾の「安全性による信頼」を勝ち得たのです。
それも、どの国の製品にもない「普遍的な信用」を。

だから、なんでもかんでも「自由」にすればいいってものでもないとわたしは思う。
日本古来の一番大事な精神・・・
「お客様は神様です」っていう言葉に表れる (韓国人はここを勘違いしてる!)
韓国人たちには絶対に理解できない、実行できない、
相手のことを第一に考え思い遣る精神は、けっして失ってはいけないと思う。

日本が「売れればいい」「儲かればいい」 なんていう野蛮な下品な商売を始めたら、
それこそ、あっという間に、日本の信用は失墜し、かれらの思うつぼ  だと思うのです。


↑ かれらは、「それ!」とばかりに、
日本の微々たる欠陥でも針小棒大に大々的に世界中に宣伝します!
組織的に、国家戦略でね。
ま、それは日本のマスコミでもね。NHKでもね・・・。 

(2010年のトヨタのハイブリッドカーへの「いちゃもん」も、イラク戦争と同じ手口!!
叩くだけ叩いてやっつけたあとで「やっぱり間違いだったかも~」ととぼける手口です! ※下記参照 )



一企業や一メーカーではなく、「日本ブランド」としての揺るぎない信頼・・・
それは、
それこそ、どの国でも喉から手が出るほど欲しいものではありませんか?
日本は、そういう「宝」を持っているのです。

信用を失うのは一瞬ですが、
それだけの信用を築き上げ定着させることはとてつもなく難しいこと!
日本経済を支えてきたのは、
そういう「無二の信頼」を築き上げてきた先人たちの血のにじむ努力のおかげなのです。


それを、
ちょっと数字だけ見て心配になったからといって、いとも簡単に
「おとなりを見習うべき」とか、
「日本も終わり」とか匙投げて、自暴自棄になって、
自らの誇りを捨てて彼らのやり方にあっさり迎合するのはどうかと思います。


>「個々のニーズに応える外国企業」・・・??  って?
 だからそれ、日本のことでは?
 (^_^;)

まったく真逆のことをそっくりすり替えて、
まるで我がことのように盗んだ誉れをいけしゃあしゃあと宣伝するのは、
いつものかれらの常套手段ではなかったですか?

そこで(番組内で)紹介された商品はそりゃすごいかもしれない、
でも、奇抜なアイディアはいいけど、
いかんせん技術がいい加減で(組立作業の技術も含めて)すぐ壊れるとか、危険だったりとか、
そういうクレームがたくさんあるのも事実。
そして、日本製にはそういうクレームが少ないのも事実。

(言っとくけど、2010年のトヨタのリコールは怪しいもんだからね!)


以前紹介した「日本語はなぜ美しいのか」という著書のなかに、
なぜ日本製品は他国のものと違って信用されるかの理由が説かれていました。

それはこんな話です。

欧米の工場の作業員たちは、
電化製品など組み立てるとき、たとえば細かい配線をどこにどう接続するかという時に、
「この〇マルの中に接続せよ」と言われれば、
とにかく端っこでもギリギリでもいいから「その〇の中に入っていればいい」と考えるのだそうです。

しかし、日本人は、
何も言わなくても、その〇の中のさらに「ど真ん中」を狙って接続しようとするんだそうです。
誰もそこまで指示してなくても、日本人はほとんどがそのように、
「セーフ」ではなく、「ど真ん中」を当たり前に目指すのだと。
だから日本製の精密機器は欧米のそれより故障が少なく長持ちするのだ、と。

それを聞いて、わたしも「まさに!」と思いました。
わたしは全然几帳面じゃありませんが、それでも、PCを立ち上げるとき、
立ち上げ画面に出た真ん中のガーベラみたいなお花の、その真ん中の部分の、
さらにその「ど真ん中」の一点を狙っていつもクリックしていたからです!
今まで考えたことなかったけど、なぜかいつも、当然のようにそうしていました。

それに気付いたのは中国に住んでいるときだったので、
ある日試しに、中国人のピアノの先生(お金持ちで教養もある方です)にその話をしたら、
すごく感心して驚いていました。 
「そんなこと思ったこともない」と。

「気持ちは解るけど、わたしはそこまでしない」という言い方ではなく、
言われて初めて「そういうことに気を遣うこともあるんだ」という驚きようでした。
つまり、
欧米人同様、中国人もそんなこと気にも留めないってことなんです。

日本人は、誰に言われなくても、〇の真ん中を狙い的中するのが「気持ちいい」と感じる。
しかし、欧米人は、「とにかく〇の中に入ってるんだから文句はないだろ」という感覚だそうです。
この差が、製品の「品質」に表れるのだと。

そうなんです。
「日本製」が優れているのは、信頼されのは、ただ高い「技術力」だけ ではないのです。

発想がすごいだけじゃなく、開発力がすごいだけでもなく、
その新しい「技術」を最大限に生かして「現実化する力」です。
つまり、その高い技術力を生かすのは、
産業界の「底辺」で働く一従業員、一工員、一人ひとりの気質、そして作業員全体の気質によるもの、
つまり、日本人の民族性に依るものなんです。

日本の財産は「技術」だけではない。

技術だけなら真似もできるし、盗むこともできる。
でも、それを実際に「仕上げる」こと、メンテナンスも含めて後世に伝え維持することも含めなければ、
日本のように、こんな貴重な世界的な文化遺産が数多く残っているはずはいし、
(現に韓国、中国では何ひとつ残っていない!)
その昔の職人の技術を生かして現代の最新技術に応用されることもなかったはずです。
(日本の世界最先端技術は、そういう日本独自の伝統技術が土台になっているのです!)

そう、日本の素晴らしさは「技術」そのものだけではない、ということなのです。

※ それについては、麻生さんの名著『とてつもない日本』の冒頭のエピソードにも書かれています!
ぜひ、ご一読あれ!!


かつて書いた、「朝鮮人に法隆寺が作れるか?!」ってことです。
あれがどれだけすごい技、職人技術で造られているか、
(何も知らないで勝手に朝鮮人は「自分たちが作った」などと言うな!!)
日帝時代以前の建造物を見れば、その差が分かるはずです。

知識や技術だけじゃない、それを作りこなす、精巧に誠実に作り上げる日本人の気質あってこそ、
あれら日本の歴史的建造物は世界でも稀にみる文化遺産として今日に残っているのです!

そう、その日本人気質、日本の職人魂、それが、日本人の日本人たるゆえんであり、
日本製品の日本製品たるゆえんです。

そこが、
欠陥品、粗悪品の多い中・韓国製品と、日本製品の違いです。

ああ、動画では田嶋さんを使って
「中韓の「安かろう悪かろう」の時代は終わって、今ではちゃんと品質も信用されてきています」
って言ってるけど、
わたしよりあとから本帰国した中国在住歴6年以上の友人が
「以前は「安かろう悪かろう」でそれなりに楽しめたから我慢できたけど、
今では「高かろう悪かろう」で、もう中国での買い物には何の魅力もない」
ってはっきり言ってましたよ。

そんなに簡単に民族性は変わりませんよ!

そういえば、
世界に冠たるドイツ車でも、日本車に比べればしょっ中故障するというのも頷けます。
しかも、メンテナンスサービスの仕方もやっぱり欧州仕様・・・ 
つまり、埒が開かない!!ってやつです。

アフターサービス精神でも日本に敵う国はない。
それは世界中のユーザーが認めていることです。
2010年、あれだけトヨタのハイブリッドが「茶番劇(公聴会)」で叩かれたにもかかわらず、
その翌年すぐに「世界一安全」だと実績を証明されたのが日本車(トヨタ)だというのも頷ける。

※ 世界の新車販売増加分(268万台)の62.3%が日本車(今年上半期)


②からずっと言ってきたのは実に、
そういうことなんです。
日本には、日本にしかない「精神」がある。

それは、教えてできるものではないんです。
DNAから何かが違う、民族的な特性や習性なのだと思います。

だから他所が真似したくても、
一朝一夕では性分は変えられない…という問題なのだと思う。

それでも、
もし誰かが「それをなんとか習得したい」「見習いたい」と真剣に思うならば、
それは可能かもしれない。
しかし、
たとえ誰かが、「そうしたい」と思っても、たとえ、そうできたとしても、
問題は、他の作業員全員が、その企業の全員が、
それを支える国家が、
心からそう思う、そういう価値観に変わるとは限らないということなんです。

個人の資質がたまたまそうであっても、
それが社会通念としてまかり通るかどうか、それが日本と決定的に違うことろなのです。

日本人には、
日本社会には、社会の底辺で働く人までもがその精神を当たり前に持っている。
それが、ほんとうの日本経済の底力なのです。

それが現実です。


だから、とくに中韓人に限らず、ヨーロッパ人もこうですから、
日本のような技術を易々と手に入れ、凌駕する・・・
というのはとても俄かに信じがたい。

なにも、日本が一番でないのが気に入らないから言ってるんじゃありません。
できるだけ客観的に述べてるつもりです。
「・・・その②」に書いた事実もあるしね。

もちろん、
マスコミの言うことを信じていたら、これとはまったく違う感想、見解に傾くでしょう。
しかし、事実は一側面だけから見てはいけません。

それも事実かもしれない、これも事実かもしれない。
けれど「事実」というものは、見方によっていくらでも正体を変えるものなのです。
恣意的に変えられてしまうものなのです。

それがマスコミのまやかし、歪んだ教育による洗脳です。
日本に巣食っている反日マスコミの功績、反日教育の成果なのです。


「たかじん…」さえこうです。

池上彰の番組はもっとひどい!

(最近あのひとの顔が目がまともに見られない… あまりに禍々しくて不気味で気持ち悪い…) 

時事問題を解り易く説明してくれる番組(特に↑のような)が最近増えていますが、
それこそ、お気をつけください。
「ゼロから解る…」ものほど怖いものはありません。
何を吹き込まれるか分かったもんじゃありませんから。
しかも、教育番組ですら今や安心できません。
魔の手は子供にも、そして、その親にも伸びています。
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1020.html


ほんとうに大事なことは、テレビではけっして教えてくれません。

勝手な選択で都合のいい「事実」と「事実」をくっつけて「大事なこと」を省いていくと、
ほんとうの事実、真実からほど遠い「結論」が生まれてきます。

第一次安倍政権を潰したように、
麻生政権を潰したように、
中川一朗氏を抹殺したように・・・

あのときも、国民はまんまと騙された。

あとから「じつはあれは・・・」と世間がわかってもしょうがない。
失ったものは戻ってこない・・・取り返しのつかないこともある。

その「取り返しのつかない日本の損失」を生み出すために、
マスコミは情報を流し続けているのです。
「本当の事実からほど遠い結論」へ世論を導くために。
日本経済をぶっ潰したい! 日本社会を、日本という国家をぶっ潰したい!
と願う「反日左翼が望む結論」にね。

テレビの情報、報道というのは、ほとんどがそれです。

お気をつけください。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


●輸出依存度(GDP比)    ※ 数字が大きいほど依存度は大きい

韓国  :43.4%
ドイツ :33.6%
メキシコ:26.2%
中国  :24.5%
ロシア :24.4%

日本  :11.4%
アメリカ: 7.5%

●輸入依存度(GDP比)

韓国  :38.8%
ドイツ :28.0%
カナダ :24.6%

アメリカ:11.4%
日本  :10.8%

そして、日本の対中依存度は下記の通り
香港を含みますが、誤差範囲です
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10663062930.html

対中輸出依存度(GDP比):2.79%
対中輸入依存度(GDP比):2.44%

日本の輸出依存度(GDP比)11.4%のうちの2.79%、

輸入依存度(GDP比)10.8%のうちの2.44%が中国依存です



★サムスン栄えて不幸になる韓国経済
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-751.html


<おまけ>
うま味と韓国人 ~キムチの真実・・・
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-766.html







『日本人は知っているだろうか… 東京裁判の嘘と大東亜戦争の真実』

外国人はどのように日本が見えていたのか? ~外国人から見た日本の姿  ①



日本の借金の正体 ~増税への情報操作~



え~前回の麻生元総理の解説に引き続き、三橋貴明氏の解説による「増税のからくり」です。
これも解りやすい。
しかも彼は、マスコミによる誤情報や捏造情報流布の弊害と危険についてしっかり言及してます。
むしろ、マスコミによる情報操作、それ自体を問題視している数少ない正直な経済評論家です。

(だから、ブログテーマを「税金問題の嘘」にすべきか、「マスコミの正体」にすべきか、
非常に迷いました・・・(T_T;)  


三橋氏はよくメディアにも登場しますが、
どちらかというと控えめなので、とくに、中国人相手や、
中国人とのバトルに慣れたタレントの間に入るとちょっと影が薄くなりがち・・・(^_^;)
でも、言ってることは、常に真摯で誠実な方です。
それに、解説はとても解り易い。

これを聞くと、いかに政府が、マスコミが、お抱え経済評論家たちが
「大嘘」を言っているかが分かります!


日本の借金の正体 ~増税への情報操作~


MXテレビ 2011年10月20日放送
http://www.youtube.com/watch?v=6vU3YpidSt0





麻生太郎が 「日本の借金」についてわかりやすく解説!

※ 必見!! → マスコミが伝えない、麻生元首相の功績


「マスコミの正体 関連記事」 
http://ameblo.jp/usanpo117/themeentrylist-10036408591.html


「税金問題の嘘 関連記事」
http://ameblo.jp/usanpo117/themeentrylist-10049113564.html







麻生太郎が 「日本の借金」についてわかりやすく解説!



ほんとうに、解りやすいです。

誰だ? 
滑舌悪くて何言ってるか分からないとか、物事を良く知らないとか言ってたヤツ!
こんなに解りやすく説明できる総理が昨今いたか?
少なくとも、民主にいたか?

そりゃいないだろう! …って?
民主党は、政権をとった途端に一生懸命国民を騙すことしか考えない。
つまり、国民のことを思って発言してないから、
ホントのことが言えなくて、いつもモゴモゴ、中身のない実のないことしか言わない。
よく知りもしないことを、聞いた通りの、いい加減な説明しかできない。
国民を安心させることも、信頼させることもできない。
だって、言ってることは嘘ばっかり! 国民を不安にさせることばっかり!


え?
そんな政権と比べること自体おかしいって?
さもありなん。 m(__)m


麻生太郎 【J NSC】 【日本の借金についてわかりやすく説明】




この動画についたコメントより~

国債を「国の借金」って言ってる人は、恐らく、
税 金 で 借金を返すつもりなんだ。
国が勝手に作った借金を税金で補てんするつもりなんだよ。
そうなると確かにこれは「私達の借金」って事になる。間違ってい­ない。
でも麻生さんが舵を取り、金融緩和でデフレ解消すれば、
国の借金は真逆の「私達の債権」になる。
舵を取る人が変わるだけで、これほど変わってしまう事を
日本人はもっと理解するべきだ。


。。。。。。。。。


こういうのを頭が悪いと言っていたわけ? マスコミは!!
自分も理解してないことをさも分かったフリして難しそうに話す政治家はいっぱいいるけど、
庶民の感覚にも解るように、こんなに解りやすく、しかも、親しみやすく、
つまり、何より、
税金、増税問題を、これほど「国民目線」で語ってくれた首相が他にいたでしょうか?
(人気を二分する阿部さんは、またちょっとカラーが違うしね)


★再 マスコミが伝えない麻生元総理の功績~




必見!!
★麻生さんって、やっぱり かっこよくない? ~ The Legend of Aso Taro 


★必見!!たかじん委員会 2011.8.28 麻生&安倍 ダブル元総理大臣スペシャル!!
  


マスコミが絶対報道しない麻生外相の名演説!
英国人が語る日本一美しい写真から分かる日本人の心


これが本当のクールジャパン~
麻生さんは、ちゃんと分かっている!!!
マスコミが叩いたみたいに、ただ漫画読んでるだけじゃない。







リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示