ひだまり    今は古事記に夢中! 在日特権問題

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

追加情報あり これまで特別永住者など「在日」外国人の本当の「犯罪実態」は全く公表されていなかったと判明!


警察庁が発表する
【外国人犯罪検挙状況】にはこれまで
永住者、特別永住者など
「在日」外国人の本当の犯罪実態は 
全く公表されていなかった!!

ことが判明!!


これまで「外国人犯罪」として数字に上がっていたのは
ただの 「来日外国人」のみであった!



http://hosyusokuhou.jp/archives/46766129.html 
保守速報
さんより抜粋引用転載~

【外国人犯罪検挙状況】
永住者・特別永住者など「在日」外国人の犯罪実態は全く公表されていなかったと判明 
公表されていたのは「来日」外国人のみ →今後公開される見込み


2016年02月07日11:00

元警視庁通訳捜査官「坂東忠信の日中憂考」の「「あるべき差別」のために必要な資料。」
http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235508 から引用

昨日は『「在日」外国人犯罪の検挙状況』について、その一般公開の相談に行ってまいりました!

これまで外国人犯罪を話題に上げると、なぜか『「来日」外国人犯罪の検挙状況』という資料が
引き合いに出されて、これを元に外国人犯罪が論じられていました

しかし外国人には、
永住者特別永住者永住者の配偶者などの「在日」と、
その他の「来日(外国人)」の区別があり、
(しかし、)
公表されていたのは「来日」のみ

つまり、
世代を超えて外国人として定住している
実質移民である、朝鮮民族を中心とした「在日」外国人犯罪実態
に関しては、全く公表されていなかったのです。

そこで先日、自民党衆議院議員の長尾敬先生を通じて、
最も深刻な、被害者を日本人とした殺人(既遂)のみに絞り、警察庁にその統計求めたところ、
その結果はご覧のとおり。

↓「来日」外国人殺人犯と日本人被害者数
d7ef45db



df41b49f



↑ 回答は警察庁より。



過去十年を見ると、これまで公開されていた「来日」外国人による殺人事件被害者数とほぼ同数の
「在日」による殺しが存在したことが判明。
つまり、外国人による殺人については、半数の犠牲者が隠されていたのです。
これについてはすでに過去のブログにて解説し、詳細な分析を坂東学校 学校長報でお伝えしております。

国際化によって
「ヘイトスピーチ」「難民」が問題になっている今、
「国際化」の方向性を検討する上で
正しい 「在日犯罪」統計は必要な資料でしょ?



で、昨日はこれを把握するための、総合的資料公開請求の方法を相談しに回ったところでした。

そしてこれが公開される見込みが、
 大。\(^o^)/


みなさんのご声援とご協力のお陰です。
まことにありがとうございます!


私は根拠なき特定民族に対するヘイトには反対です。

肌の色や出生地は先天的なものですから、
これら神様が決めた、本人にはどうしようもないことを差別しちゃダメですよ。

でも、差別の全部が「悪」なのか?

排除すべきは「不当な」差別であって
「公正な」差別は理想を目指し生命を維持する上で必要です



「戦争反対」というシュプレヒコールは、「差別反対」と、とても似ています。

大切な家族や仲間を守るための「防衛戦争」と、
やってはならない「侵略戦争」を一緒にすることで

私たちに、「殺すより殺される勇気」という死の受忍義務を迫る9条教団信徒たちは、
同じ手口で、
生きるために必要な公正な差別と不当な差別を一緒にして、都合の悪い社会評価を封印しつつ、
偽善に弱いバカを味方に、既得権益を守ろうと利用する

そういうことがあまりに多いのです。
特に、外国人参政権が絡んでくる特定外国人への優遇策についてはね。


「差別的だぞ!」
と指摘されるととビビってしまう、現代日本の精神構造を、まず治しましょうよ。


そんなわけで、
どのような形になるのか未定ですが、そのための資料公開の準備が始まる予定。

日本人と優良外国人を守る、
理想的国際化社会を作りましょう(^o^)



。。。。。。。。。。。。。。。 転載おわり


この記事についたコメントより~ (抜粋転載 順不同)


>「来日」外国人による殺人事件被害者数とほぼ同数の「在日」による殺しが
>存在したことが判明。つまり、外国人による殺人については、半数の犠牲者が
>隠されていたのです。

まじかよ…




統計上の隠蔽と、通名報道による隠蔽
二重の隠蔽がされていたその経緯も洗い浚い晒して欲しい

どうせ民団やら総連の圧力だろうがな




『外国人』がどれだけ日本人を殺したかのリストは
大変参考になりました




これ、つまりは、
在日の犯罪が
「日本人の犯罪」として発表されてきたわけか。


いい加減にしろって。




なんでわざわざ統計資料の半分だけ隠していたのか判らない。
これだって実質在日特権では?


来日外国人犯罪者の約半数が中国人、
在日外国人犯罪者の殆どが朝鮮系かよ。

マジでシナチョンは日本の害悪でしかないな。


これに
帰化した朝鮮系を加えたら
総数のどのぐらいを占めるのか?



これ、
「強姦」や「強姦未遂」でデータを出したら、
ものすごいことになりそうです。
まあ、予想はつきますが・・・



日本人の知る権利です。



しかも、
これらは「捕まった者」だけの結果だから
事件化してない犯罪行為(不起訴にされた犯罪)
も多いって事だよな。




未解決の失踪事件
ペッパーランチ事件
尼崎での背乗り事件

全部繋がると思うぞ




混血による犯行はどうなるの?
外国人の混血も凄く多い。
何せ外国人は多産だからね。



過去、50年位の犯罪も公表してください
真実を知りたいんです
配慮は散々してきて 国民は蔑ろにされてきたんですから
臆測では無く確信したいんです
その権利は国民にはある筈です



放火の統計も知りたい


神社とかもどれだけ放火されてきたか!!!!



当然公表されるべき
されてなかったのが異常



これは公表されて然るべき事だし、
いわゆる通名の偽名報道は、故意に虚偽を広めたとして取り締まるべきだろう。



簡単に言えば、
これまで、
在日犯罪を隠ぺいした上で
日本人の在日への疑惑や警戒心(不安)
「ヘイト」だと言って日本人を非難(言論弾圧)してきたってこと。




どんどん公表すべき!!!
ザイニチ(× ← 犯罪者)が住みにくい日本にすべき!!!




まだ民主党政権だったら・・・
もし安倍政権でなかったら・・・

こんなこと公表されなかったんだろうな・・・
それを考えるとおそろしい。

安倍の長期戦権になれば、
今後もっといろいろ在日犯罪や特権が暴かれることだろう。
だからこそ、在日マスコミは安倍叩きをする。
もっと日本人は真剣にこの政権を支持して支えるべきだ。




坂東さ~~~ん、
ありがとうございま~~~す!\(^o^)/




。。。。。。。。。。。。。。。。 抜粋転載おわり


追加情報!

【衝撃情報】
在日外国人による殺人事件検挙数、『韓国・朝鮮人』が最多だと判明!
平成26年までの過去10年分




http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235510 より抜粋転載|

Ld3xYRg

これらは外国人犯罪問題に取り組む自民党衆議院議員長尾敬先生のご協力でリクエスト出来た
資料です。
今回の表の数字は被害者を日本人に限定していませんので、外国人同士による殺しも含まれて
います。

また、殺す気満々だったけど状況的に出来なかった、あるいはやる寸前だったけど良心がとがめ
てやめにしたという「未遂」も含まれていますが、「殺す気はなかったけど殴り続けたら死んじゃった」
ような「傷害致死」や、「強姦致死」「強盗致死」「過失致死」は含まれていません

また、帰化した元外国人も含まれておりません
(政府は国籍別で統計しますが、民族別での統計は行っていない模様)
それから、
日本人被害は件数で、来日・在日外国人の犯人は人数で表示されていることにも注意が必要

公的政府機関からの資料ですので、公益に資するため、こちらに公開します
(後略)

http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235510



在日韓国朝鮮人と分かっていれば
近づかず、その結果助かった命は絶対にあるはず

ここまで明確な数字があるんだから偽名はいい加減禁止にしろ!

人権人権言うヤツらは犯罪、不正を犯す同胞に文句言え


( http://hosyusokuhou.jp/archives/46790679.html より まるっと同意のコメントを転載 )

★こういう犯罪歴が「通名」で消えてしまったら・・・ あなたは在日特権のある人を信用できますか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<坂東忠信の日中憂考>
外国人犯罪の増加と、これにつながる社会問題を
元警視庁通訳捜査官の視点でぶった斬ります。

※これまでも、日本人が知らされない、日本人が知るべき大事な情報を教えてくださっていました。
とくに、まったく情報がなかった(隠ぺいされていた)民主党政権下での在日、中韓人への規制緩和
や特権、犯罪についての情報をくださっていました。


大丈夫!! 坂東さんもおっしゃってますが
※本来、これは「差別問題」にするべきことじゃない!!
★「国籍の有無による差別は人種差別ではない」 人種差別撤廃条約で明言


★「平等」は不公平で 「公平」は不平等である


※今こそ、この問題も再考すべき!!!
★再『 自殺の90%は 他殺 』


★復習! 日本国憲法は 外国人が日本の福利を享受することを認めていない。


※これだって、事実のほんの一部でしかなかった!!
★これが歴史的事実! 在日一世による戦後日本人に対して犯した主な事件一覧


★最短6か月で日本国籍を取得できる?  これは在日特権でないというのか?
※これは民主党政権下までの話です。 安倍政権後はかなり厳しくなりました!


★騒げば騒ぐほど世間に知られてしまった「在日特権」の存在と「通名」の悪用問題 


★こういう犯罪歴が「通名」で消えてしまったら・・・ あなたは在日特権のある人を信用できますか?




★「慰安婦問題 不可逆的解決」!!← 履行されても不履行でも世界は日本の味方!
  安倍政府の”神”対応!対韓外交手腕の凄さを マスコミに騙されないで見極めよう!

※本当に、今、そのとおりになったよね!! 安倍内閣の外交手腕をもっと国民は信用しよう!

★安倍内閣のGJ! 安倍ノミクス影響で在日企業の79%を倒産に追い込む

★「マイナンバー」 在日外国人適用で生活保護等の不正受給や資産隠しが不可能に!
※マイナンバー、手放しでは喜べないが、少なくとも在日の隠し財産(日本に納税してない資産)を
取り戻し、犯罪として国外追放できる法的措置が可能になったことは喜ばしい!!



★「通名」を廃止することは、憲法に定められた 日本人の基本的人権の尊重 を守るものである。 
 もし、憲法で「日本人の権利」だけが保証されないなら、そんな憲法は即刻「改正」すべきである!

~より抜粋転載

日本国憲法は、日本人の人権を守るために存在すべきです。
日本人が日本人らしく生きる権利のために。


<参考資料・参考記事>
朝鮮進駐軍~あの団体の正体

※「在日」とは、この人間らの子弟、子孫です。

外国人犯罪者の本名を隠すマスコミ

「お嬢さん、韓国旅行には気を付けて」 それでもあなたは韓国へ行きますか?

韓国の犯罪が東京の10倍だそうです(人口10万人当り)

OECD世界34カ国の凶悪犯罪を分析してみると…韓国は殺人6位
世界中で犯罪を犯して迷惑をかける韓国人・・・ 一方日本人は34位でした。

韓国=10代による性犯罪、10年間で13倍以上に急増し深刻化

強姦件数は日本の9倍!欧米も注意喚起する“韓国の性犯罪”

妊婦・死体・小学生女児…韓国の非人道的すぎる性犯罪

性犯罪の数、日本の10倍、アメリカの2倍。人口は日本の三分の一。

性犯罪一日60件、3年間で33%増…“性犯罪共和国”

韓国の性犯罪発生数、日本の5倍…検挙率は年々低下




★夫婦別姓は亡国への道!① 竹田恒泰「なぜ ”夫婦別姓” はダメなのか?」
※「夫婦別姓」「婚外子平等」「同性婚」「男女平等」…は、
 日本の国の根幹を成す「家族法」を 反日共産主義に都合よく変革させるための画策!



★『共産主義思想』はわたしたちが普通に使う「言葉」の中に入り込み、伝統を否定する為の世論作りや
保守言論の封殺に暗躍している。





※※この情報を踏まえて、
今一度、こちらの問題も再考していただきたい。


















スポンサーサイト

再 ・ 『 自殺の90%は 他殺 』

  
※これは、2012年7月16日に初出した記事に今一番言いたいことを追記して再投稿しました。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




昨今の自殺・・・それも、

ひょっとすると、自殺に見せかけた他殺・・・? という疑いが濃厚な今回の事件を考えたとき、

かつて「自殺の90%は他殺」だと言った監察医で有名な 上野正彦 氏のことについて調べていたら

こんなものをみつけました。

たいへん興味深い内容でしたのでここに紹介します。



国は自殺について真剣に考えてないし、命を尊いなんて
これっぽっちも思ってない
  より抜粋転載~

半期で1万7千人を超える自殺者が発表されたわけですけど、

単純に考えると15分に1人が自殺しているという計算。

不景気がそうさせているのか、なんて甘い事考えてた。反省している。

実はこの数字、全く当てにならない ということがわかった。

数字だけ見るとあっけにとられますけど、

毎年毎年早急に対策が必要と言って、なんの対策も無いまま放置されてますよね。

非常に有名な話ですが、警視庁の変死者数の統計で、

変死者数が平成9年に9万人、平成15年に15万人となっています。

しかし、自殺者は何故か約3万人を維持し続けている のがどうも腑に落ちない。

色々調べるてみるとなかなか恐ろしい国だったという事が判明。



死亡理由が曖昧な判定をする国


山口大学大学院医学系研究科法医・生体侵襲解析医学分野教授 藤宮龍也氏の

わが国の死因究明制度の問題点 』の中にある

検案経験の尐ない臨床医や警察協力医の場合には、

結果的に誤認検死のリスクが高くなってしまう。


時津風部屋の力士暴行死事件(2007.6.26)では、

死因を虚血性心疾患で病死と臨床医は判断してしまった。

しかし、両親が死因に疑いを持ち、行政解剖が行われ、傷害致死事件と発覚した。

この事件は検視情報がいかに重要かを示している。

これが私だったら・・・。
傷害致死をあろうことか心疾患と診断されたのだ。

調べて初めて知ったわけですが、

実は日本、死亡解剖医は全国で約120人~130しかいない。
以下は1月の毎日jpが公開した内容です。

日本法医学会(理事長・中園一郎長崎大教授)は20日、

解剖医を倍増させることや全都道府県に「死因究明医療センター」を設置することなどを

求める提言を公表した。

厚生労働省や警察庁に要望する。

警察が扱う異状死のうち、

9割は警察官や立ち会いの医師が死体の表面検査だけで死因を決めていると指摘。

ここに犯罪見逃しの危険があるとしている。

一方、解剖医は全国で約120人しかおらず(略)

実はこの記事をめぐり、相当なバッシングが国に寄せられた。(WEB魚拓)

おいおいおい、少なすぎだろう・・・。


2009年3月24日(火)内閣委員会議事録(抜粋)

現在、異状死体の9割というのは専門知識の不十分な警察官とか、

立会いのお医者さんもほとんど経験がない方が、

見るだけでもう判断をする。

それが解剖に回るとかというルールもない中で

16万体を超える処理がされていってしまう。

という発言があり、

これは、生体侵襲解析医学分野教授 藤宮龍也氏の意見と合致しています。

平成20年の変死体約16万体を解剖した司法解剖とか行政解剖を執刀する解剖医は

130人程度であり、年間1万~1万5千体の解剖しか出来ない。

つまり、年間約15万体の変死については、

専門医でもない警察官や、立会いの医者によって死亡理由が決定されているという事になる。

傷害致死をあろうことか心疾患と診断されたという事件は、氷山の一角どころか、

世界中に生息する蟻の1匹を発見しただけに過ぎないのではないだろうか。


不可解な死亡

これも調べれば調べるほど頭がおかしくなりそうだ。


有名な2chのコピペを見てみるとわかるのですが、

まぁ2chだし、捏造とかネタとかもあるだろう思っていました。

なによりも、ソース元を検索する事ができないから、

嘘ばっかりかなぁとか思って結構ググって調べてみると、

ニュースサイトの過去記事は有料化されていて、検索しても見つからなくなっていた。

出てきたのは魚拓か、そのニュースを紹介しているブログという状況だった。

つまり、結構本当っぽい、ということで貼る事にします。


自殺として終わった事件リスト

東京、男性 -
口の中に靴下を入れたままガムテープで口を塞ぎ、両手を後ろで手錠により拘束し左手には手錠の

鍵を持ち玄関内で衣服の乱れもなく窒息死した記者。

大阪、社長 -
全身をロープと粘着テープで縛って、ビル屋上の鉄柵を飛び越えた。

千葉、少年 -
全身をロープと手錠で縛って、柵に囲われた線路に飛び込み。

東村山市議 -

逆立ちしてマンションの窓際まで、指でひきずった跡をつけながら歩行、足から手すりにぶら下がり、

空中で方向転換して50cmの隙間に向けて飛行。

沖縄、社長 -

全身をめった刺しにして自殺。背中や手の甲もきちっと刺してあった。

血の跡ひとつつけずに非常ボタンを押した。

茨城、おばさん -

首吊りしたあと歩いて川に入り息を止めて自殺。気管には水なし。

熊本 -

某病院主要関係者を乗せ、峠道を時速80キロで、ガードレールのわずかな隙間をタイヤ痕ひとつ

残さない絶妙な運転テクニックですり抜けて50m下へダイブ。

福岡、高校生 - 400kgの重しを抱いて海に飛び込む。

千葉 - 首吊りをしてからわざわざ飛び降り自殺。死因は飛び降りではなく窒息。

名古屋 - 車で首吊りをしようとして首を切断。しかし、首がないまま駐車、車庫入れをこなす。

大阪 - 歩道橋から飛び降り自殺するも、なぜか歩道橋から45メートル離れた路上で発見される。


2chでのコピペはここに書いてある一行をコピーして検索すればいくらでも出てくる。
本当にあった怖い話。
                  

例えば、
名古屋 - 車で首吊りをしようとして首を切断。しかし、首がないまま駐車、車庫入れをこなす。
という話は以下。

ニュース超速報! 【愛知】首切断の男性、ビニールロープを首と木に巻き付けて車を発進させ自殺か-名古屋

かなり不可解な事件です。

リンク先は今は無きMSN毎日インタラクティブだったので、MSN産経ニュースの過去ログを調べてみた

けど出てこなかった。
                         

また
東京、読売社員 - 口の中に靴下を入れたままガムテープで口を塞ぎ、両手を後ろで手錠により拘束し左手には手錠の鍵を持ち玄関内で衣服の乱れもなく窒息死した記者。
という話は以下。

痛いニュース(ノ∀`):“後ろ手に手錠、口の中に靴下” 読売新聞記者、自宅玄関で変死…富坂署「事件の可能性は低い」

微妙に違和感を感じる部分がいくつかある。
最初読売と発表する前の記事の魚拓 では、きっちり事件の可能性があると報道している。

その後、読売の社員だったとわかると、

ZAKZAKなどでも記事として報道されたが、なぜか事件の可能性は低いという報道に変わっていた。

自宅から手錠が出たのが理由らしい。(ZAKZAK魚拓


どうやら2chコピペの真相を調べるには大手ニュースサイトの過去ログに対してお金を支払わなければ

ならないという結論に達したが、結構一般ブロガーがニュース元を引用している記事が見つかった。

いずれもニュースサイトの記事は消えている、もしくは、有料データベースに入っているが、

いくつかのログはあったので、全てとは言わないが、恐らく本当の話だろうと予測している。

2009/7/21にも不可解な自殺もあった。
asahi.com(朝日新聞社):名港で男性死体浮く 手足縛りブロックつけ 自殺か - 社会


両手首などがビニールロープで結ばれ、足首にはコンクリートブロックがついていたが、

外傷がないことや手首のロープの結び方がゆるいことから、自殺の可能性


平成18年には
足にロープでいかりが結び付けられ、後頭部と背中に打撲跡があった事件を愛媛県警が自殺と判定

妻が自殺ではないと訴訟を求め、

平成21年1月に『他殺であると推測できる』という判決が下されたのも記憶に残るところだ。

県警は「自殺」、民事判決は「他殺」…松山地裁、保険金支払い命令


こうやって見ると、決め付ける事は出来ませんが


自殺じゃないものを自殺として済まそうとしている力が、

どこかで働いているのではないかという疑いがどうもぬぐいきれない。


警察庁が発表する自殺の数は、一体何の数字なんだろうか?


謎のまま処理されてしまう15万の変死体と

毎年3万をキープし続ける自殺


あぁ、やばいなぁと思ったのがやっぱり解剖医120~130人という部分。
実は日本という国は、

死亡した理由を9割『警察や、解剖専門医ではない医者』がつけているという事実だ。

警察の判断でいとも簡単に事件性のあるものが自殺とされ、心疾患と処理される。

心疾患なんてデスノートもいいところだろ。

これは

解剖されないまま闇に葬られる15万もの変死体の

死亡理由がはっきりしない限り、

警察が発表する自殺者数というのは、

警察のさじ加減でいくらでも、どうとでもなるという事だ。


怖すぎるぞ・・・日本。


なんなんだろうなぁ・・・。
解剖すると事件件数が増えるのかな。

解剖医を増やすお金と捜査人員の確保が必要となり、相当な費用になると見越しているのだろうか。

しかし今のままではいくらなんでも酷すぎると思う。

正確な数字、正確な死亡理由がわからない限り、一生対策なんて立てれないじゃない。

自殺者の数をなんの疑いも無く受け入れてしまっていた自分に反省し、記事を書かせていただきました。

記事にて、もし間違いなどがありましたらご指摘、ご指導の程、よろしくお願いします。

皆さんはコレについて、どう思いますか?



http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-700.html



。。。。。。。。。転載おわり




※2015.6 追記;

上記の記事では「警察の怠慢」という観点から疑惑を提示していますが、
最近、わたしはこう思うのです。
これはただの「日本の警察の怠慢」だけで片付けていい問題ではないのでは? 
と。

つまり、下記に紹介するような、
在日犯罪の隠蔽・・・として、実は殺人事件、
それも在日がからんだ他殺事件を隠蔽するために
いい加減な検死で「他殺」が「自殺」として処理されてきたのではないか? と。

そういう観点から、わたしはこの「自殺の90%は他殺」という記事を出したのです。





ウサギ


今回の
大津市の中二いじめ自殺事件
「自殺に見せかけた他殺」説がささやかれています。



素人はだしのその検証ぶりは、前述の監察医上野正彦 氏の著書による功績も大きいと思います。

監察医がどのように「死体」と向き合うのか、どのような観点から事件を読み解くのか、

そういった克明な記述から初めて、監察医と警察との見識の差が明らかにされた著書です。


その中の有名な言葉、「自殺の90%は他殺」だという現実が、

今回の事件にも顕著に顕われているのではないか? と思うのです。



「正しい歴史認識」 さんがまとめた情報によると、


1.遺書が無かった。←確定事実

2.被害者 は仰向けに倒れていて、遺体は傷もなくきれいだった。←確定事実 + 新情報
(14階から飛び降りたとしては不自然→http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/46453806.html) 


3.飛び降り自殺するのにスポーツバッグを持って14階に上がるのは不自然。←確定事実

4.犯人たちは、毎日のように高所やロープで本多くんに自殺の練習をさせていた。 ←確定事実

5.加害者たちは、頻繁に本多広樹くんの自宅に押し掛け侵入していた。
事件の3日前にも犯人たちは、本多くんの自宅に行き、自分の部屋の外で数を数えて待つように言い、室内を荒らし部屋から財布などを盗み取った(強盗)。 ←確定事実

6.犯人(嫌疑)は本多くんの双子の姉をレイプしようと本多くんの自宅に行くなどしていたが、

本多くんに阻止されていたため、邪魔だった。←情報

7.事件当日、加害者たち三人も、学校を欠席していた。←情報

8.被害生徒が転落直後、加害者たちは現場に居た。←情報
その理由は「(「死にます」とのメールを受けていたから)死体を捜していた」というものだった。
しかし、

市教委は「『死にます』のメール受信が嘘だったと確認した」と発表




2 の、飛び降り「自殺」にもかかわらず「死体は仰向けに倒れていた」ということに加えて、

あらたな新情報として「遺体は損傷もなくきれいだった」というのは14階の高さから飛び降りたにしては

甚だしく不自然である点にについては監察医ならば注目するところだと思う。


もし、監察医が鑑定していたら、このあまりの不自然さを見逃すわけがない。

が、それは「見逃された」のです。


それも「偶然」ではないかもしれない。


すぐ近くにあった日赤病院(受け入れ可)を避け、途中にも病院はあったにもかかわらず、

わざわざ、遠方の加害者の身内が関係する病院へ
しかも、警察が到着するのを待たずに急いで運んだ感があるのも不自然さを拭えない。


そこで「変死体」は検死解剖もされずに「自殺」と判断されているのだから。



そして、

さらに不自然なのは、

ネット上ではここまで騒がれている「自殺<他殺」説にもかかわらず、

マスコミはそのことには一切触れず、逆に、

急に学校関係者らが一斉に

「いじめによる自殺説」を認めた・・・というのを強調し始めたことです。


必死でいじめを隠ぺいしようとしていた学校、教育関係者を

これまで以上に増して執拗に叩き始めた。


そして、その中で、

ネット情報を見聞きしている者からは「不自然」とも取れる、

これまでとは違った観点、

「自殺前日はいつもより特に様子が変だった・・・」

(→「他殺」ではなくあくまでも「自殺」)

という印象付けに力を入れている ・・・ように思われるのです。


つまり、マスコミは徹底して「自殺」であると、

「いじめが原因である」 = 「自殺しかない」 印象付けたい意図が見えるようだ。


たしかに、それは、最初の課題でもあった。

が、今では、

そんな認識はとっくに通り過ぎて、

「いじめ」があったかどうか、なんてもう(世間認識では)決まりきったこと・・・

むしろ「自殺」<「他殺」での疑惑問題の方が大きい。

にも、かかわらず、

それについては一切触れようとしない。


もうひとつ、気になるのは、

以前警鐘を鳴らした「ネット規制法」に結びつく未成年者や嫌疑者に対する「個人情報流出」や

「名誉棄損」問題(実際に訴え出ている)につながる問題についても

不気味なほどマスコミは一切触れてこない・・・ということです。


これはつまり、

それを持ち上げることによって、避けようもなく

この「自殺<他殺」説もが持ち上がってしまうことを恐れているのでは・・・?


と考えるのが一番自然な推測ではないかと思うのですが・・・。





青山繁晴「大津いじめ事件は本当に自殺なのか」その2



追記 :
フジテレビが「助け舟」を出したのは誰のため? http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-848.html



かつて、
敗戦後の混乱の中、
朝鮮人たちは、占領軍GHQとの「密約」によって、
「日本人には何をしてもいい」かのような権利を得た・・・
在日朝鮮人の犯罪の多くは公にされない・・・ 
罪に問われない。
それはGHQがマスコミに圧力をかけて握りつぶしていたから・・・
これはアメリカ側の機密公開ですでに明らかになっています。

その「権利」に味を占めた朝鮮人たちは、おそらく、
GHQが帰ったあとにも、その利権を引き継ぐ組織を作り、
在日の犯罪を隠蔽するための味方、
警察、病院、医師、弁護士、マスコミ・・・等々を身内で固め、
いざ、事が起きたら、そこへ送り込めば事件性の隠蔽、犯人の隠蔽、
マスコミの追及逃れ・・・をしてきたのではないか? 
と想像するのです。

ただでさえ、国内の確定犯罪、服役者の割合は、圧倒的に中韓(在日朝鮮)人が占め、
昨今までは中国人がトップだった犯罪率が、今では在日韓国人(朝鮮人)がその座を奪いました。

ただでさえ、
確定している在日犯罪でさえそうなのです。

この「自殺とされていた他殺」を入れたら、一体、どうなるのでしょうか?
もう、ぞっとするほどの現実があるのではないでしょうか?


そろそろ、日本人は、
もっと厳しく、もっと隅々まで、この件について証左する必要があると思います。

日本人が「自殺」として処理されてきた中に、
いったいどれだけ、在日犯罪の被害者が隠されてきたか? 
ということを。


「自殺」にされた被害者の声に、
「自殺」にされた被害者の家族の声に、
今一度、耳を傾ける時がきたのではないでしょうか?




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(2016。3追記)
理研の陰謀で抹殺された?
「自殺の9割以上は他殺なんです。」 2:ついに笹井教授他殺説到来!

http://quasimoto.exblog.jp/22273421/
 ↑ 開いてご覧ください!

※笹井芳樹博士

笹井教授の死によって
強引にSTAP細胞の幕引きを望んだのは誰か?
http://rapt.sub.jp/?p=14642

誰の目にも留まらないような事件だけでなく、日本中が注目している渦中の人物にさえ、
ちょっとでも知識があれば素人でも疑問を抱く「自殺認定」がこのように堂々と行われている
これが日本の現実なのです。




         









         














。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



(※2016.11.12)
★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~
関連記事をまとめました。




在日の人びとは日本に強制連行されてきたのか?

               
【日韓】
在日の人びとは日本に強制連行されてきたのか?




「在日1世とは無理算段して朝鮮の故郷を脱出した人ひと」
首都大学東京特任教授・鄭大均
※無理算段…(経済的困難・苦しいやりくりを通じて)



日韓関係が冷え込む中、日韓メディアの中で「強制連行」という言葉が出てくる。
この言葉 「強制連行」 の正体について産経新聞が報じた。
まず在日について「強制連行」という言葉が闊歩するようになったのは
1965年に発行された未来社の書籍 「朝鮮人強制連行の記録」からだという。
しかし首都大学東京特任教授の鄭大均氏は『 私は父が「強制連行」で日本に来たのではないことを
知っていたし、周囲の在日一世にもそれらしき人はいなかった。
一世とは、無理算段して朝鮮の故郷を脱出した人びとではなかったのか 』と論じた。
またこの「強制連行」という言葉は左翼メディアに現れているという。


産経新聞 2014/7/5 (ソース日本語) "「強制連行」という魔術語 首都大学東京特任教授・鄭大均"(産経記事紹介終わり)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140705/kor14070511000009-n1.htm




データ上ではどうなのか。

韓国青年会が1982年に行ったとする調査では、在日韓国人1世であった人のうち
徴用で日本へ行った人は13%と回答した。
残りの87%の在日韓国人1世の人びとは徴用ではなかったとしている。
1946年に日本に134万人いた朝鮮人の人達は、61万人が日本に残り、73万人が朝鮮に送還された。
外務省の資料によれば、日本に残ることを希望した在日韓国人(朝鮮人)のうち戦時徴用者は245人
だったと判明している。

610000人中、245人 = 全体の0.04%
在日のうち99.9%の人びとは戦時徴用されてなかったのである。



戦後、内閣総理大臣に就任した吉田茂は、米国のマッカーサー司令官に

原則として、すべての在日朝鮮人を朝鮮半島に送還帰国させて欲しいといった内容の書簡を出している。
1946年12月、首相官邸は吉田退陣を求める在日朝鮮人らによって襲撃されている。
警察庁の推定によれば、その後、朝鮮半島から日本を目指してきた密入国、密航してきた人達は
20万人おり、彼らもまた在日韓国人(朝鮮人)と名乗っているようだ。


整理すると

・帰国した人 73万人
・残った人(在日) 61万人 うち戦時徴用された人245人
・戦後、日本に密航してきた人(在日) 5万~20万人

(密航に関しては、1950年に起きた李承晩大統領率いる韓国軍による自国民大量虐殺(60万人から
120万人)の大事件があり、命からがら韓国から逃げ出した彼らは日本に密航してきた。)

これらのことから、
鄭教授の言うように、在日の人々は強制連行されてきた人々というより、むしろ強い自由意志をもって
日本に入ってきた人々というのが実態である。

強制連行とは逆の感すらある。


no title

no title

no title

《法務省編 在留外国人統計(1974年度版)》

--------------------------------------------------------------------

          総数   上陸年不詳者数   不詳者率



総数      749,094     578,685       77%



韓国・朝鮮   638,806     543,174      85%   

中国       46,944      24,957      53%

米国       25,033      3,458       14% 

その他      38,311      7,096      18.5%

--------------------------------------------------------------------

韓国・朝鮮 世代別内訳



世代別   総数   不詳    不詳者率

0~14   178,956  177,862   99%(在日2世)

15~59  412,667  343,798   83%

60以上   47,183  21,514   45.5%   

--------------------------------------------------------------------

上陸年次の内訳



        戦前(~44年)  戦後(45年9月1日以降)  上陸年不詳

韓国・朝鮮    82,351人      13,281人         543,174人

中国        5,001人       16,986人         24,957人

米国        143人        21,432人         3,458人

その他      1,002人        30,213人         7,096人

--------------------------------------------------------------------


《法務省編 在留外国人統計(1974年度版)》

http://web.archive.org/web/20040603164952/http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/gazou/zairyu_gaikokujin.htm


airyu_gaikokujin.htm






<ちょっと和んだ話> 小学生の純粋な疑問を投げかけられ 在日一世キレる・・・!!


「アイヌ利権」が在日の糧となっている  日本の税金を食い潰す寄生民族たち  

               
【アイヌ利権】
「アイヌ利権で山菜取りに行くと補助金出る」
「墓参りもお金を貰える」「半分は国税」
「アイヌになぜか朝鮮人が混ざってる」
自民党議員がメスを入れる模様

http://hosyusokuhou.jp/archives/39741177.html

↑ を開いて読んでください。


まあまあ、びっくりするようなことばかり。

でも、 これだけは間違えないでね。

悪いのは、制度を悪用する寄生虫であって、
その制度を悪用されると解かっていながら、保護し保障してやってる輩たちです。

けっして、 ぜったいに、 アイヌ = 寄生虫 ではありません。

アイヌ民族が悪いのではなく、
悪いのは、
アイヌ民族に成り済まして  制度を利用し、利権をわがものとし、
日本の税金を不当に食い潰している 輩です。



< ↑ の記事から抜粋 > (ツイッターのやりとり)

沖縄旅行とて「アイヌ民族と沖縄の方との交流」とアイヌ文化機構が認れば、
タダどころかお金まで…湯水の様に税金が使われているのです。



道外の方は「アイヌ政策は無関係」と考えるも、半分は国税です。
更に、国はアイヌ政策の全国展開を推進中です。
関東のアイヌ団体曰く「関東だけで7万5千人以上はいる」



同和特措法がなくなり、アイヌに群がり始めた方々がいますし、
勿論「日本名とは思えない名前」のアイヌ協会の会員さんも複数おられます。



先住民族アイヌの権利回復を求める団体・個人署名の要請

◆呼びかけ人・団体◆
旭川アイヌ協議会
アイヌ・ラマット実行委員会
おんな組いのち

◆呼びかけ人◆
金  時鐘 (詩 人)   
佐高  信 (週刊金曜日編集委員)
辛  淑玉 (人材育成コンサルタント) 
田中 優子 (週刊金曜日編集委員)
中山 千夏 (作 家)
朴  慶南 (エッセイスト)
針生 一郎 (丸木美術館館長)
藤崎 良三 (全労協 議長)
丸山未来子 (おんな組事務局)

名前がおかしいだろ。 何で在日が関わってくるんだ?



3年前に天皇・皇后両陛下が北海道にご来道された時には、
アイヌ協会の幹部が札幌で「天皇・皇后来るな!大集会」を開催していましたから…



天皇への謝罪だとか5兆円の賠償だとか、
アイヌの団体は明らかに異常ですよね。



まるで従軍慰安婦の団体みたいです。




【関連】
【自民党】金子快之・札幌市議「アイヌはもういない」「利権を行使しまくっている不条理」



税金を食い潰す反日の人々 [桜H23/12/17]




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


(※2016.11.12)
★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~
関連記事をまとめました。



これが歴史的事実! 在日一世による戦後日本人に対して犯した主な事件一覧

「在日一世」による
戦後、当時の日本人に対して犯した主な事件一覧


朝鮮進駐軍及びその後の在日本朝鮮人連盟が関わる事件のみの一覧である。

大阿仁村事件(1945年10月22日)
生田警察署襲撃事件(1945年12月24日、1946年1月9日)
直江津駅リンチ殺人事件(1945年12月29日)
富坂警察署襲撃事件(1946年1月3日)
長崎警察署襲撃事件(1946年5月13日)
富山駅前派出所襲撃事件(1946年8月5日)
坂町事件(1946年9月22日)
新潟日報社襲撃事件(1946年9月26日~29日)
首相官邸デモ事件(1946年12月20日)
尾花沢派出所襲撃事件(1947年10月20日)
阪神教育事件(1948年4月23日~25日)
評定河原事件(1948年10月11日~12日)
宇部事件(1948年12月9日)
益田事件(1949年1月25日)
枝川事件(1949年4月6~13日)
高田ドブロク事件(1949年4月7日~11日)
本郷村事件(1949年6月2日~11日)
下関事件(1949年8月20日)
台東会館事件(1950年3月20日)
連島町事件(1950年8月15日)
第二神戸事件(1950年11月20~27日)
四日市事件(1951年1月23日)
王子事件(1951年3月7日)
神奈川事件(1951年6月13日)
下里村役場事件(1951年10月22日)
福岡事件(1951年11月21日)


東成警察署催涙ガス投擲事件(1951年12月1日)
半田一宮事件(1951年12月3日~11日)
軍需品製造工場襲撃事件(1951年12月16日)
日野事件(1951年12月18日)
木造地区警察署襲撃事件(1952年2月21日~23日)
姫路事件(1952年2月28日)
八坂神社事件(1952年3月1日)
宇治事件(1952年3月13日)
多奈川町事件(1952年3月26日~30日)
田川事件(1952年4月19日)
岡山事件(1952年4月24日~5月30日)
血のメーデー事件(1952年5月1日)
上郡事件(1952年5月8日)
大村収容所脱走企図事件(1952年5月12日~25日、11月9日~12日)
広島地裁事件(1952年5月13日)
高田派出所襲撃事件(1952年5月26日)
奈良警察官宅襲撃事件(1952年5月31日)
万来町事件(1952年5月31日~6月5日)
島津三条工場事件(1952年6月10日)
醒ヶ井村事件(1952年6月13日)
葺合*長田事件(1952年6月24日)
吹田*枚方事件(1952年6月24日~25日)
新宿駅事件(1952年6月25日)
大須事件(1952年7月7日)
舞鶴事件(1952年7月8日)
五所川原税務署襲撃事件(1952年11月19日~26日)


「在日一世」による日本人に対して犯した主な事件の参考文献

法務研修所編『大須騒擾事件について』1954年
横幕胤行、富久公、船越信勝『吹田・枚方事件について』1954年
篠崎平治『在日朝鮮人運動』1955年
大阪市行政局編『大阪市警察誌』1956年
新潟県警察史編さん委員会編『新潟県警察史』1959年
名古屋市総務局調査課編『名古屋市警察史』1960年
瓜生俊教編『富山県警察史 下巻』1960年
山形県警察史編さん委員会編『山形県警察史 下巻』1971年
宮城県警察史編さん委員会編『宮城県警察史 第2巻』1972年
大阪府警察史編集委員会編『大阪府警察史 第3巻』1973年
警視庁富坂警察署編『富坂警察署100年史―新庁舎落成記念―』1975年
兵庫県警察史編さん委員会編『兵庫県警察史 昭和編』1975年
愛知県警察史編集委員会編『愛知県警察史 第3巻』1975年
青森県警察史編纂委員会編『青森県警察史 下巻』1977年
坪井豊吉『在日同胞の動き』1977年
警視庁史編さん委員会編『警視庁史〔第4〕』1978年
思想の科学研究会編『共同研究 日本占領研究事典』1978年
仙台市警察史編纂委員会編『仙台市警察史―仙台市における自治体警察の記録―』1978年
長崎県警察史編集委員会編『長崎県警察史 下巻』1979年
李瑜煥『日本の中の三十八度線―民団・朝総連の歴史と現実―』1980年

福岡県警察史編さん委員会編『福岡県警察史 昭和前編』1980年
山口県警察史編さん委員会編『山口県警察史 下巻』1980年
警察文化協会編『戦後事件史』1982年
日本国有鉄道公安本部編『鉄道公安の軌跡』1987年
講談社編『昭和・二万日の全記録 第9巻』1989年
朴慶植『解放後 在日朝鮮人運動史』1989年
百瀬孝『事典・昭和戦前期の日本 制度と実態』1990年
金慶海、堀内稔編『在日朝鮮人・生活擁護の闘い』1991年
荒敬『日本占領研究序説』1994年
百瀬孝『事典・昭和戦後期の日本 占領と改革』1995年
竹前栄治、中村隆英監修『GHQ日本占領史 第16巻 外国人の取り扱い』1996年
『秋田魁新報』1945年
『神奈川新聞』1951年
『西日本新聞』1951年
『中部日本新聞』1951年、1952年
『大阪新聞』1952年
『京都新聞』1952年
『神戸新聞』1952年
『山陽新聞』1952年
『中国新聞』1952年

http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/38380806.html

※拾い物情報としてコピーしておいたものですが、
情報源となる資料も添付してあったので 詳しく確認したい方はウィキなどで調べてください。 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



× 「強制連行されて差別を受けてきたニダー」

 「お帰りくださいとお膳立てしたのに
   嫌だと言って日本に居座り続けた挙句、
   あまりの悪行・残虐性を繰り返したため
   日本人が朝鮮人との関わりを避けた」

      ↑  当然!!
      これのどこが 「差別」?????




日本側の「言い訳」には、こうした歴史的資料が残されている。


(もちろん、泣き寝入りした日本人も多っかただろうし、また、
 当時の進駐軍の言論統制によって、朝鮮人の悪行のすべてが公表されていないため、
 証拠資料の数以上の蛮行、悪行があったが)




今後、在日朝鮮人が差別を武器に何か要求してきたら、
こうした歴史的証拠を提示してからモノを言ってもらおう。

その「差別」の根拠にはどちらに非があったのかを。


もちろん、その「証拠」は、
「朝鮮学校や韓国の学校で教えられたことではなく、
その「教えられてきた内容」の根拠となる事実関係の「証拠資料」
のことです。

これまでさんざんやってきた
「これが証拠だ」っていう捏造証拠などではなく、
きちんと国際的に認められる(※国際司法裁判所でも認められる
事実
資料です



だし、国際司法裁判所が今の国連みたいに韓国朝鮮に乗っ取られてなければね。





★「国籍の有無による差別は人種差別ではない」 人種差別撤廃条約で明言



リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示