ひだまり    今は古事記に夢中! 羽生結弦

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

見逃した方、朗報!!羽生特集 「スポーツ酒場語り亭」&「キリトルTV」 ( 2/7 ) 

 
見逃した方に 朗報!!


2016.2.7 スポーツ酒場語り亭
今夜はとことん羽生特集!!



160207 今夜はとことんY.H 投稿者 YzRIKO



上の動画で紹介されていた「スペキュタクラーな転倒」から「雄叫び」の鬼パフォを生み出した
演技動画がこれです!!






これ、見たんだけど、もう一回見たいと思ってたの!!

見逃した方はもちろん、
何度でも見たいと思った方、見つけました~~

動画主さまに感謝!!! です!!




この裏でやってた 「キリトル」テレビの羽生選手部分編集!!

動画主さまの愛に感謝!!!  


160207 KriTru 投稿者 YzRIKO





★新春まで待ちきれなかった! 羽生選手の羽織袴姿が神々しい件・・・

★関東では放送できない? 織田信成の「すべらないスポーツ」の心地よさが異常!

★信成&修造コンビの「日本選手への愛情溢れる熱烈解説」に
  いちいち水を差す古館のコメントが酷すぎる!!!


★これだからフィギュアファンはやめられないっ!!
 本当は和むフィギュアスケーター♡  みんなで和もう♡「ホットペッパー」続編 他いろいろ
 ※羽生くんのコーラCM (嘘)付き!!


★なつかしい!! 羽生選手と町田選手の「掛け合い漫才」のような ほっこりインタビュー!!



おまけ!!
これが町田選手の伝説の「エア・ギター」(フル)!!






スポンサーサイト

織田信成の滑らないスポーツ 羽生帰国 GPFの高スコア分析 他 テレビ報道まとめ

 
 
織田信成の滑らないスポーツ
織田信成がGPF羽生・真央・宮原について語る


「羽生くんはやっぱり神!!」
「真央ちゃんは大丈夫!!」




GPファイナルで最高得点の秘密
羽生結弦4回転2種類への道 !

17歳から昨季まで成功しなくて苦労しながら
最後まであきらめなかった4回転サルコーの練習が実り、
SP/FP合わせて5回の4回転成功が世界最高得点につながった






羽生結弦 3連覇&330点越え!
NHK杯より何がよかったのか検証!






歴代最高点330点
外国人記者大絶賛!ライバルも思わずひれ伏す!


外国人記者たちを唸らせ現地新聞で「マジック」と言わせた
羽生の世界最高の神演技!!




羽生結弦に【まいったポーズ称賛する2位フェルナンデス】
「ユズ君は私のヒーローだ」とプルシェンコから称賛メッセージ
佐野稔 感想






ドデスカ 151214 浅田真央・羽生結弦・宇野昌磨
↑ クリックして見てください。










松岡修造×羽生結弦
松岡修造が世界最高自分越えの秘密を探る






古館の的外れなインタビューを受けながらも
サラリと機転の利く対応をする羽生選手







羽生結弦 今年の漢字「成」大好きな将棋になぞられて





完璧超人・羽生結弦の「神」対応! 
記者のICレコーダーをみずから受け取る






追加動画
松岡修造 羽生結弦選手ロングインタビュー ”再び世界最高を更新できた理由“




佐野稔解説 羽生結弦選手の神技”4回転サルコー“の凄さ





<ツイッターより>














↑ クリックしてください。



 ↑ クリックしてください。












ドデスカ 羽生の神発言

こんなセリフ 言えるのも似合うのも羽生くんしかいない。



気遣いも絶対王者?
世界最高絶対王者の羽生選手が
記者のレコーダーを自分から受け取り並べる!






※動画主(投稿主)さまたちのフィギュア愛に感謝!!
 お借りします。 ありがとうございます!!
 


★関東では放送できない? 織田信成の「すべらないスポーツ」の心地よさが異常!!

★信成&修造コンビの「日本選手への愛情溢れる熱烈解説」に いちいち水を差す
 古館のコメントが酷すぎる!!!


★新春まで待ちきれなかった! 羽生選手の羽織袴姿が神々しい件・・・

★ショパン バラード1番 ~ 羽生選手の演技に感じた美しい旋律に隠されたショパンの心の慟哭




羽生結弦 GPファイナル3連覇!「神の領域」の330点超え! (海外解説翻訳出来!)

  
羽生結弦 「神の領域」の330点超え!!

前人未到のGPファイナル3連覇達成!!




本当に素晴らしかった!

彼は日本人の誇りです。

いえ、
日本人としてだけでなく、もう、人として誇りに思う。

「人」としての限界を常に超えて夢と希望を与え続ける
彼は今世紀人類の誇りです!!



写真特集
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151213-00010000-yjnews-spo.view-000

プロトコル・他
http://www.isuresults.com/results/season1516/gpf1516/SEG002.HTM

http://www.isuresults.com/results/season1516/gpf1516/gpf1516_Men_FS_Scores.pdf

http://pikorepo.com/yuzugp2015-2841


Pl. Name     Nation    TSS = TES + PCS SS TR PE CH IN Ded.
1 Yuzuru HANYU JPN     219.48 120.92 98.56 9.79 9.64 9.96 9.96 9.93 0.00
2 Javier FERNANDEZ ESP 201.43 104.65 96.78 9.50 9.43 9.75 9.82 9.89 0.00
3 Patrick CHAN CAN      192.84 96.76 96.08 9.61 9.36 9.64 9.68 9.75 0.00
4 Shoma UNO JPN        190.32 100.74 89.58 9.04 8.46 9.29 9.00 9.00 0.00
5 Boyang JIN CHN       176.50 101.86 75.64 7.79 7.21 7.82 7.57 7.43 1.00
6 Daisuke MURAKAMI JPN 152.02 73.26 79.76 8.25 7.71 7.96 7.96 8.00 1.00


////////////////////////////////////////////////////


もう、おめでとうと言うのもおこがましいくらい、
すごい領域に入っていってしまう羽生選手。

とにかく、彼はすごいことを成し遂げました。

ただの高得点でも、ただの最高得点だけでもない。
人間としてのすばらしい高みを。




(※日本語他の動画、翻訳動画が追加され次第どんどん追記していきます。
  感想などもおいおい追記してゆきます。)


<日本語解説>





【CBC カナダ実況】






珍しい 【台湾実況】






【ユロスポ実況】 羽生結弦 GPF 2015 FS





【ロシア実況】






<スペイン実況>












<中国語解説>







【ユーロ実況&表彰式】






<表彰式>






<現地スペインインタヴュー>










<”陰陽師”野村萬斎インタヴュー>


野村萬斎
「観客にとって次に何かくるのか解ってて、毎回同じことをしながらも(しているようでも)、
毎回「おお!!」と思わせ(新鮮な驚き(感動)を与え続けていか)なくてはならない。
それが、 ”型”のあるものの宿命 」


この言葉がどれほど羽生選手に響いたか、それが本当によく解る今回の演技でした。
それにしても・・・、
野村萬斎さんもさすがなら、
若干21歳の若さでここまでその極意を感じ取り、取り入れ、極めてしまう羽生選手は
重ね重ね、すごすぎます・・・




<解説なし>





<客席カメラ>









※動画主さまと翻訳の神様にはいつもお世話になります。
  いつも素早いアップに感謝します。ありがとうございます。



さて、
ここでもう一回言っておきます。

そこで まだ羽生選手の採点に文句言ってるあなた。

これでもまだ、これが「出来レース」だと、「茶番」だと言うの?

あなたにはこれが見えてないの?
この歓声が聞こえてないの?

いや、あなたの目にどう映ろうが、もうそんなの関係ない。
ロビーとか、思惑とか、そんなの あってもなくても関係ない。

素晴らしいものを素晴らしいと言ってどこが悪い?

★涙のイタリア解説翻訳出来!!羽生結弦 2015 NHK杯 FP   (海外解説翻訳つき)



羽生結弦 ニュースステーション生出演
2015.12.15帰国直後インタビュー





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


★新春まで待ちきれなかった! 羽生選手の羽織袴姿が神々しい件・・・

★ショパン バラード1番 ~ 美しい旋律に隠されたショパンの心の慟哭


(追記しました)
★おめでとう!!2015GPF 宇野昌磨 観客を魅了する圧巻フリー演技で初出場3位の快挙! 
  (海外解説翻訳(書き起こし)出来!)






新春まで待ちきれなかった! 羽生選手の羽織袴姿が神々しい件・・・

 


 



たしかに羽生君の袴姿は美しい。
なんとも凛々しく、清々しい風情。
素晴らしく日本男子。

しかし・・・  羽織で「陰陽師」?  

それじゃミーハー外国人とおんなじ感覚じゃあ・・・ と思ったのは、わたしだけ?


って、どうせ、マスコミ関係のスタッフが言いだした(要求した)ことなんだろうけどね。
羽生くんもサービス精神旺盛だから自然に応えたんでしょうけど、
はっきり言って、日本人としては違和感・・・

だって、陰陽師は明らかな「公家」方(式)ですよ?
陰陽師のポーズは、狩衣着ててこそでしょ?

羽織袴は、そんな時代にはなかったものであり、武家の服装です。
だから、皇室の方々は、
本当に正式な場面ではあえて「洋装」をなさるというのは、そういうわけ。

日本人としては、伝統衣装としての着物を着ることはあるけど、
皇室行事にはなぜ「洋装」かというと、いちいち正式な「公家の装束」を着るのが大変だから。

(ま、そういう言い訳をつけては、日本(皇室)伝統をないがしろにしていく反日工作だろうけどね)

皇室行事(公務じゃないよ)には、洋装の最上格式の装いか、
重大な伝統行事(践祚の儀や結婚の儀など)には公家の装い
・・・にしてまで、あえて、「武家の装い」を避けているのです。

それを知っていると、あの、「羽織袴で陰陽師(のポーズ)」が
いかに違和感ありのものかお解りいただけると思います。


でも、

羽生くんは素敵です。

まさに、神に魅入られた大和男。


いや~~ 正月前から眼福ですね~~





羽生結弦 異次元の322.40 世界最高得点の“きっかけ”




羽生結弦がNHK杯の歴史的快挙を生解説
















永久保存版. Yuzuru HANYU SP + FS - 2015 NHK Trophy


永久保存版つったって、これをあっさり越えちゃったんだから・・・ すごいよね。





羽生結弦の神対応 ①




羽生結弦の神対応 ②




ショパン バラード1番 ~ 羽生選手の演技に感じた美しい旋律に隠されたショパンの心の慟哭


ショパン バラード 1番
これを聞いて、皆さんは何を思い描きますか?

と、聞くまでもなく、
前人未踏の驚異的な世界最高得点を叩き出した羽生選手のショートプログラムナンバーでしょ! 
って?

そうですよね。
でも、
昨季から、羽生選手がこれを使うまでは、少なくてもわたしの中ではこの曲は紛れもなく
忘れもしない、「オルゴール人形」のような真っ白い(または真っ黒い)衣装に身を包んだ
2010年の真央ちゃんのエキシビションナンバーでした。

これです。



わたしは白衣装のが好きだけど、

一応、タラソワから贈られたという黒衣装の方も上げておきます。




どちらも素敵ですよね。


そう、素敵・・・

この頃はそれだけでよかった。


この、羽生くんのバラードを見るまでは・・・・






ほんとうはもっと前からこれについて書きたかったんだけど、
あまりにも自分のパソコンの調子が悪くて、なかなかじっくり書くことができずにいました。

でも、もう、ぜったいこれは書く!!
書かねば!! と、思ったのです。

だって、 これ・・・だもん。
羽生くん、凄すぎるよ。

ここまでされちゃあ、こっちもはっきり言うよ!

真央ちゃんの「バラード1番」もいい。
真央ちゃんのプログラムも大好き。

でも、羽生くんのこの「バラード1番」の方が
本来のショパンの心情を映し出していると思いました。


じつはわたしにとって、この曲は、とても思い入れのある曲で、
それは以前、この記事『ショパン バラード1番 ~ 中国での思い出』で書いたのだけど、
もうひとつ、
こちらの記事『ショパン バラード1番 ~「戦場のピアニスト」』にも書きました。

そこから少し抜粋してみます。


(前略)

なんといっても印象深いのは、「戦場のピアニスト」という映画なんです。
じつは、娘がこの曲をピアノのコンクールやコンサートで弾くにあたり、
楽曲の解釈の参考になればと思って初めてこの映画をDVDで観ました。
リアルタイムではスルーしてしまいましたが、あらためて見れてよかったと思いました。

この映画は、実在するポーランドの作曲家、そしてピアニストであるウワディスワフ・シュピルマンが
ナチス統治下のワルシャワ ゲットーで過酷な試練に耐え 生き残った実話を、自身も同様な経験を
持つロマン・ポランスキー監督が描いた作品です。

作中、ショパンの曲がいろいろかかりますが、中でも、とくに印象的で秀逸なのは、敵であるドイツ将校
の前で弾いたこの「バラード1番」でしょう。
映画の中では、廃墟の中のボロボロのピアノで、しかもボロボロの身体で弾いたので、けっしてきれいな
演奏ではありませんが、それでも万感胸に迫るものがあります。

真央ちゃん(フィギュアスケートの浅田選手) が「仮面舞踏会」の曲の解釈をするのに映画を観て研究し
たといいますから、もしかしたら、ひとつのイメージを掴むためにこれも見たかもしれませんし、これから
見るかもしれません。
感受性豊な真央ちゃんですから、もし見たとしたら、これを見る前と見た後ではこの曲に対する想いも
変わってくるのではないかと思います。

そういう映画なんです。

また、この曲には、
この映画のような戦争や革命に身を投じた 兵士と恋人にまつわるエピソードがあります。

学者によって諸説ありますが、この曲の冒頭部分の解釈として、
「革命に身を投じた兵士と戦争によって引き裂かれた恋人たちの物語を、昔語りのように老人が語り始める」
というイメージで曲が始まる・・・とピアノの先生から教わりました。

このバラード1番は、あるときは激しく、あるときはメランコリックで、とてもドラマティックです。
でも、ショパンは、ただ物語をフレーズに起こしたというような余興的な作品を残したりはしません。

彼の人生の色を決めてしまったと言っていいほど、「革命」とショパンは切り離すことができない
ものがあります。
「ピアノの詩人」などという言葉が独り歩きしていますが、
ショパンの人生には、優雅に美しい詩をつぶやくような余裕はありませんでした。

彼の残した美しいフレーズの中には、
彼の死ぬまで昇華できなかった 後悔と焦燥と絶望と慟哭が滲んでいます。

人が憧れ、求め、絶望してもなお渇望する、そんな切なさと激しさと危うさをも含んでいます。

ショパンが死ぬまで帰れなかった祖国。
愛する家族、共に闘えなかった同胞、守るべき祖国の土、

そして置き去りにされた祖国への愛・・・

取り返しのつかない透明な後悔というものに、ショパンは
ピアノの旋律という絵の具で 色を塗り続けたのではないでしょうか?


だからこそ、
映画のあの場面で 選ばれたのが この「バラード1番」 だったような気がします。



・・・・・・

これは、もう5年も前に書いた記事だったのですが、
羽生くんの活躍のおかげか、最近、よく検索に引っかかってこんな過去記事が読まれているようです。

それでわたしも久しぶりに読んでみる機会があって、「なるほどな~」と、
自分で書きながら、自分の文章に納得してたりしました。

とくにこのくだりです。

彼の人生の色を決めてしまったと言っていいほど、「革命」とショパンは切り離すことができない
ものがあります。
「ピアノの詩人」などという言葉が独り歩きしていますが、
ショパンの人生には、優雅に美しい詩をつぶやくような余裕はありませんでした。

彼の残した美しいフレーズの中には、
彼の死ぬまで昇華できなかった 後悔と焦燥と絶望と慟哭が滲んでいます。
人が憧れ、求め、絶望してもなお渇望する、そんな切なさと激しさと危うさをも含んでいます。

ショパンが死ぬまで帰れなかった祖国。
愛する家族、共に闘えなかった同胞、守るべき祖国の土、
そして置き去りにされた祖国への愛・・・

取り返しのつかない透明な後悔というものに、ショパンは
ピアノの旋律という絵の具で 色を塗り続けたのではないでしょうか?



これを書いたきっかけは、もちろん、当時の真央ちゃんのナンバーのおかげだんだけど、
今、これを読み返すと、これって、まさにこの羽生くんの演技そのものもの・・・
いえ、これに限らず、
(まだ若いけど)羽生くんのスケート人生そのもの なのではないでしょうか?

もちろん、これは、わたしの勝手な解釈なのですが、
けっして正解というわけではありませんが、
たとえば、
こんなショパンの人生と彼の人生を重ねてみるのもひとつ意味があるのではないでしょうか?


普通は滅多に体験できない大震災を経験したことによって、
奇しくも、あの若さで、自分の「故郷」という存在の大切さを痛感し、
自分を助け、支えてくれた人たちのために
何とか役に立とうと、尽くそうと心を砕き、
常に、神経を、感性を研ぎ澄ませ、限界まで自分を追い込み、

気が付くと傍には誰もいない・・・

どんな賞賛も評価も自分の真の望みではない。
それを理解し、叶えるられるのは自分自身だけ。

そして誰にも理解されない、
誰にも到達できない世界へと孤独な旅を続けている・・・

そんな羽生くんの姿が、
革命というカルマに苦しみもがいていたショパンの人生と妙に重なるのです。


「曲の解釈が優れている」とかどうとかいうレベルの話じゃない。

若干21歳の若者がこれほどの慟哭を背負うとは・・・ 



神様は、いったい、彼に何を期待しているのだろう?

と思ってしまう。






『ショパン バラード1番 ~「戦場のピアニスト」』





リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示