ひだまり    今は古事記に夢中! 2012年02月

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

アロマ付きマスクで風邪対策

さいきん、アロマの記事をまったく書いていなかったにもかかわらず、

毎日のようにアロマやランプ関連で検索がかかってきているので驚きです。


それが、一番多いのが「ランプベルジェの使い方」または「アロマランプの使い方」です。

・・・ということは?

最近ランプベルジェ式のアロマランプを使い始めた人が増えてる・・・ってこと?

なのかな?

それだけ需要があるってこと?


もしかして、放射能汚染も関係しているのかな?

いえ、放射能に効くかどうか、わたしは分かりませんよ。

でも、以前なんとなく聞いた(当時は興味を持たなかった、または信じなかった)人が、

なにかいいものはないかと思い出して、少しでも気休めにでもなれば・・・と思って使ってみた・・・とか?

分かりませんが、どうやら「需要」はあるみたいです。


というわけで、久しぶりにアロマの話を。



といっても、今回はアロマランプではなく、

エッセンシャルオイル(アロマ精油)の活用法についてです。


インフルエンザもかなり流行っていますけど、A型の次はB型ですか?

出掛けるときのマスクは必需品だと思いますが、

あの、使い捨てマスクの製品の独特の「ゴム」?っぽいニオイ、あなたは気になりませんか?


できるだけ日本製を探すんですが、巷に流通してるほとんどが「中国製」ですよね?

わたしはどうもあの「ニオイ」が昔から嫌いで、

ときどき「個包装」になってるマスクも買うんですが、(予備の携帯用に便利から…)

個包装されてるものほど、あの「ゴム」臭が強いんですよね~ 当たり前か。


でね、そのニオイを取りたくて、何気なく好きなアロマのオイルを垂らしてみたのがきっかけで

今それが習慣になってるわたしです。


まあ、効能からいったら、ユーカリやティートゥリーなんでしょうけど、

たまたま、そのときその両方を切らしてたのかなにかで、新しいのの封を開けるのが面倒で、

手元にあった「ラベンダー」と「ミント」と「グレープフルーツ」をちょんちょん、っと垂らしてみたんです。


そしたら、まあ、これがすっごくいいではありませんか!!


ラベンダーとミントとグレープフルーツ、この取り合わせは、じつは、

わたしのいつものヘアオイル(「ラ・セラ」のエッセンスオイルにアロマを入れている)のために調合するオイル

なのでした。

だから3点セットのように置いてあったんだけど、これがマスクにもいい!!


ラベンダーでリラックス、ミントで爽快感、グレープフルーツで元気になれる!!

・・・って感じの、鉄板のアロマブレンドだったんです。


そういえば、どれも風邪にいい成分じゃん!  

と気づいてから、

長時間マスクしたり、人ごみに行くときはこのアロマ付きのマスクが欠かせません。


ほんとに、風邪っぽいとき、喉や鼻がおかしいときは、その効果がより分かりますよ。

マスクをずっとしてると、けっこう蒸れて息苦しかったりするんですけど、

このアロマをつけると息が楽で、しかもいっぱい呼吸してることに気が付きます。


わたし、アロマを知って、ほんとうに思ったのが、

体調が悪いときとか、気が滅入ってるとき、元気がないとき、って、ほんとに呼吸をしてなかったんだな~

ってことなんです。

それは、アロマの香りの中では、知らないうちに「呼吸」をしている自分に気づいたから分かったんです。


意識して頑張って深呼吸してるんじゃなくて、

気がついたら、深~く息を吸ってる、しかも、気持ち良く吸ってる自分に気づきます。

それに気づくってことは、逆にいえば、いつもはそういう深い気持ちいい呼吸をしてなかった・・・ってこと。


だから、それだけも、もう、体調も気分も違ってきます。

身体に、脳に、心に、新しい新鮮な空気が十分に供給されるってことはとっても大事なことだって、

ず~~っと主治医に言われていたけど、「気がついたらときどき深く深呼吸してみなさい」ってね、

でも、「それができるなら苦労はしない・・・」なんて思ってたのが嘘みたい。


人は、自分のからだが欲している香りや成分は自然に脳がそれとキャッチして「要求」してくるんですよ。

脳がそれを必要だと思ったら、「意識」しなくても、自然に、脳の指令によって、

体中の器官がそれを受け入れようと反応してくれる。


この、「体が受け入れようとしてくれる」 っていうのが大事です。


そうでないもの、例えば、「薬を飲む」とか、なにか意識的にすることとは違って、

受け入れ態勢が整っているんですから。


分かります?

身体が「受け入れさせられている」ものと「受け入れたがっている」もの ・・・の違いかな。


身体が取り入れたがっているから、呼吸が自然とできるようになるんです。

意識しなくても深くね。

それは、すごいことなんですよ。

それだけでも、体調も気持ちも大分違ってくるはずですからね。



昔は、マスクに濡れたシートが付いているものとか市販されてたけど、

あれはなんだか気に入ったものがなかった。

やっぱり「余計な物」がたくさん入っていたんだと思う。

でも、アロマの精油なら、品質管理さえしっかりしてれば、(あんまり安物を使わなければ)

余計な添加物を吸うことはないので安心です。

ただ、あまりたくさんつけすぎると、直接肌についてしまうから注意してくださいね。


小さい携帯用のアトマイザーに少量の水とアロマを入れたものを持ち歩くと、

いつでも香りを足したり、マスクを湿らせたりできるので便利ですよ。


また、部屋でアロマランプを焚いているときに、

マスクをランプにかざして香りを付けるというものいいですよ。

マスク独特のニオイも消えるし、マスクの殺菌除菌にもなるし、

(焦がさないように気を付けてね!!!)

好きな香りや風邪に効く香りをあらかじめつけることもできて一石二鳥です。


また、マスクは、平面やジャバラ式に延びるものより、二つ折りになってる立体式の方が

鼻にアロマオイルが直接つかなくていいですよ。 

これは好みですけどね。



あなたも、

思わず自然に深呼吸してしまうような、

自分の好みや体調にピッタリ合った香りを見つけて試してみてください。






↑ グレープフルーツとミントがブレンドされたオイルです。

もちろん、別々に買って自分でブレンドしてもOK!




こちらは ↑ 量り売りタイプのお店です♡

よく使うオイルはたっぷり、少しだけ欲しいオイルは小さい瓶で・・・

と無駄にならないのでお得です。




↑ こちらは、めずらしい「水溶性のエッセンシャルオイル」があります。

水に垂らす場合がけっこう多いので、水に馴染みやすく目的に合わせて使えます。

もちろん、普通のオイルでも大丈夫です。











 癒しのアロマ ~わたしとアロマの出会い~
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-13.html


ランプベルジェ式 アロマランプ の上手な使い方♡
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-35.html


香りがもたらす体への反応のしくみ 
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-60.html


バスボムメーカーで作ってみたよ!
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-342.html


天然アロマで加齢臭対策!!
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-339.html


加齢臭の救世主? 柿渋石鹸
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-340.html


ユーカリ 花粉の季節の救世主
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-193.html


<アロマ関係記事一覧>
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-974.html

 ↑ 検索しやすくまとめてみました。



※ アロマに関心がある方はどうぞこちらもご覧ください。 

「香りのカプセル」はほんとうに日本人に必要か?
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-637.html


経皮毒 ~ 神様からのギフト
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-129.html


経皮毒 ~ 悪魔の錬金術
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-144.html


化学物質過敏症の話
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-296.html




関連記事
スポンサーサイト

韓国海苔の恐怖  

韓国の水道水もあぶないらしい・・・

韓国人の胃癌発生率、断トツ世界一! 原因はカプサイシン

味覚障害だけじゃない! 激辛&外食ブームに潜む3つの恐怖!!


↑ の続きです。 m(__)m


韓国食に対する警戒は、必要な自衛手段です。

というか、

誰も何もしてくれないので、もはや自分で守るしかないのです。


国は規制や警告もしないで、(その点、フランスは天晴れ!) キムチの輸入を全面禁止!!

マスコミが危険を隠してブームを煽るのを見て見ぬふりです。


しかし、

情報を知っていれば、危険は回避できます。


あとは、むやみに「ブーム」に乗らないようにね ウサギ


海苔は、日本の海苔が一番おいしいし、高級ですよ。

何しろ、製法と品質管理が違います。


本物は「味付け」なんかしなくても、海苔本来の香りと味だけで最高においしいです。

それに、ミネラルも栄養もたっぷり。

日本の海苔にかなうものはありません。


もし、それが感じられないというなら、

味も香りも「韓国のり」じゃなきゃ物足りないと感じているあなた・・・

あなたの舌は、もしかしたら「添加物の味」に慣らされてしまっているかもしれません。


添加物の合成化学物質で「作られた味」に慣れてしまって、

そして刺激物によって味覚を感知する「味蕾(みらい)」が壊れてしまって、

素材の持つ本来のうま味や味覚を「感じられなくなっている」のかもしれません。



もし、ほんとうにそうなら、

一度失った味蕾(みらい)は完全に元に戻らないそうです。

または、他の病気が隠れているのかもしれません。


濃い味、辛い味、コンビニの味付けしか「美味しい」と感じられなくなってしまった・・・

・・・とお感じの方は、

早めに専門医を受診することをおすすめします。

今、「カプサイシン」ブームのせいで、そういう人が子供から老人まで増えてきているそうです。




いろいろブームに乗りすぎてしまったかも・・・ と思ったあなた、


そろそろ、本来の日本の味に戻ってはいかが?




ただ、今は放射能問題があるので、産地にだけ気を付けてね。



韓国海苔の恐怖http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/46067703.html より抜粋~

韓国海苔は、日本の板海苔の等級で比較すれば全体的に下級品であり、

発色が悪く木目が荒い。

                       [ウィキペディア(Wikipedia)より]


最近まで、海苔の養殖場に人糞を撒いていた。

白いものが混じっていれば、トイレットペーパーかもしれない。


海苔の「あかぐされ病」の殺菌のため、本来禁止されているはずの硫酸や塩酸が使用されており、

それらしきポリ容器が大量に日本海側に漂着している。


韓国海苔は賞味期限が切れると、ものすごい薬品の味がして、味付けに何を使っているのか疑わしい。

(時事ニュースより)



山東省共産党委員会は、

五輪ツーリング会場で突如発生した得体の知れない物を、海苔として韓国へ輸出することに決定した。

韓国の下水汚泥の70%以上が海洋投棄されている。

なお日本は海洋投棄を全面的に禁止している。   (朝鮮日報)


                     


韓国ノリに衝撃の事実…硫酸・塩酸入り栄養剤が使用される=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1228&f=national_1228_116.shtml



――――――――――

韓国の全羅南道地域ノリ養殖事業組合は28日、

道内のノリ業者が、ノリ養殖漁民向けに販売されている複合栄養剤の分析を全羅南道保険環境研究院に依頼

したところ、硫酸と塩酸が検出されたと明かした。

木浦海洋警察は問題の栄養剤を回収し、成分の検査を行うなど捜査に着手した。

複数の韓国メディアが報じた。


■「食の安全」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト

同研究院は、問題の栄養剤から硫酸を3.41%、塩酸を6.69%検出した。

栄養剤は肥料認可を得ており、

市場に流通するノリ養殖用複合栄養剤に毒性が強い硫酸と塩酸が大量に含まれている可能性がある

として、懸念が広がっている。

組合は木浦海洋警察と全羅南道に、徹底した調査を求める陳情書を検査結果と共に提出した。


陳情書によると、分析を依頼した業者は問題の栄養剤について、

「『ノリを黒くつやがでるようにし、成長と収穫を促進させる』とノリ養殖漁民を惑わし、

大量に供給し、海を殺している」

と主張したという。


組合の関係者は、

青ノリに付着する不純物を取り除くために使われる塩酸の取り締まりは比較的行われているが、

塩酸よりも毒性が強い硫酸に対しては関係機関も対応に苦慮しているという。


警察の関係者は、栄養剤に対する無機酸の基準値は設けられていないが、

栄養剤の大量散布は生態系を破壊する恐れがあるため、関連法の適用を検討していると明かした。  (編集担当:新川悠)



【関連記事・情報】
ペペロデーに衝撃、「ペペロ」から生きたままの幼虫が=韓国 (2011/11/15)
学校給食のキムチからカエル、生産過程で混入か=韓国 (2011/06/02)
今度はキムチからネズミ、半年で異物混入事故307件発生 (2010/08/21)
天ぷら粉からネズミ、シリアルから鉄パイプ…異物混入相次ぐ-韓国 (2010/05/16)
牛乳から基準超える発癌性物質を検出=中国最大手・蒙牛 (2011/12/27)



・・・・・・・・・・・・・・


<関連記事>


味覚障害だけじゃない! 激辛&外食ブームに潜む3つの恐怖
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-648.html


韓国海苔の恐怖 
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-647.html


韓国産食品に人糞が混入、米国は販売停止に
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-818.html


必見!
竹田恒泰氏が語る 日本人よ 誇りを持とう!!
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-640.html

※ 日本食を見直すと共に、なぜ、日本食が世界に認められる真の健康食なのか?
また、なぜ、日本が世界一の「グルメ大国」になれたのかを考えてみてください。


韓国も韓国だけど、中国も中国だよね・・・ ほんとうに怖い中国食品情報 ↓ 
http://ochimusya.at.webry.info/201205/article_10.html



味覚障害だけじゃない! 激辛&外食ブームに潜む3つの恐怖!!



激辛・カプサイシンは怖いよ
韓国人の胃癌発生率、断トツ世界一! 原因はカプサイシン
 の パート2です。 m(__)m





ちょっとだけ復習 。。。。。。。。。。。。。。。。。。



キムチwikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%81

韓国政府(保健福祉部)が2005年に行なった調査によると、

韓国成人の塩分摂取量が世界保健機構 (WHO)推奨値の2.7倍と極端に多いことが判明した。

WHOの塩分摂取推奨値(成人)は一日あたり5グラムだが、

韓国成人は13.5グラム(男性14.9グラム・女性12.2グラム)摂取している。

又松大学校 のチョン・ヘジョン教授が2009年6月30日に発表した説によると、

韓国人は1日の塩分摂取量の31.2%をキムチ類から取っているという。


唐辛子を多く摂る韓国のような国では胃癌の発癌率が高く、

唐辛子の中に含まれるカプサイシン
発がんを促進させる物質となっていることが

韓国内の大学で解明されたほか、それらに対する報告も指摘されている。



とうがらしwikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E8%BE%9B%E5%AD%90#cite_note-3


唐辛子の過剰摂取と発癌の関連性が指摘されており、

唐辛子を多く摂る国は胃癌 食道癌 の発癌率が高いといわれている


蕃椒: 唐辛子の生薬名を蕃椒(ばんしょう)という。

健胃、発汗作用などがある。


また外用薬として温湿布などに使われるが、

カプサイシンには末梢血管を拡張する効果は全くない

寒冷地では靴の中に入れてしもやけや凍傷の予防に使う場合があるが、

これは皮膚炎を起こし、そのように感じるだけである。



・・・と、このように、

とうがらし・カプサイシンとは、一般認識とは違い、かくも誤解の多い食材らしい。


さらに詳しい、具体的な、しかもかなり深刻な研究結果が下にあるとおり。                

                    

新宿健康塾ニュース10月号

「味覚障害」
【Health Index】FINE-club~健康で元気な暮らし情報

                          

唐辛子の辛味成分は、舌の表面を荒らすだけでなく味蕾細胞の再生スピードを鈍らせ

 摂りすぎると味蕾を破壊します
 激辛料理を食べた直後に、舌の検査をしてみると、

 味覚に対する反応が著しく低下することが判明しています。


唐辛子を大量に摂取すると食道炎胃炎を起こす事があります。


唐辛子は胃の粘膜を刺激するため胃炎や胃潰瘍の人は、絶対に食べてはいけません
 唐辛子の摂りすぎは胃によくありません。


唐辛子を大量に摂取するとになり易くなります。
 また、唐辛子の辛味は、痔疾患にはよくありません。
 出血を助長するので、患者は食べない方がよい。


唐辛子を多く食べる国では食道ガン、胃ガンの発生率が高い




............................................................................................................................................................


                          

激辛&外食ブームに潜む3つの恐怖?

サラリーマンの健康ファイル
(1999(H11).7/15 日刊ゲンダイ)


激辛&外食ブームに潜む3つの恐怖

全世代に共通して増える『味覚障害』を軽く考えていると大変な事態になる


「甘い、辛いが分からない」
「異常なほど塩をかけているのに、料理の味が薄い」


世界初の感覚ドックを開く神尾記念病院・神尾友和院長のもとには、

こんな味覚の鈍さを訴える人が、小学生から中高年までやってくる。

いずれも味覚障害の典型症状で、

主な原因となっているのが、激辛ブームと外食の日常化だ。

                  

我々は、舌の粘膜にある味蕾(みらい)によって、味を感じている。
ところが

唐辛子やタバスコ、からし、コショウ、ワサビ等の刺激物を取り過ぎると、味蕾は破壊されてしまう。


味覚が衰えると一層刺激物を欲するようになり、どんどんエスカレートしていく


同時に、味覚障害も進行する

また、常に外食をしていると、味覚の維持に必要な栄養素である亜鉛の摂取量が減るのに加え、

単一的で濃い味付けに慣れてしまい、味を識別する力が少しずつ衰えて行く。
「他に、中高年にとってはストレスも大きな要因となっています」(神尾友和院長=前出)


味覚障害には、自覚症状があるにもかかわらず、患者が「治療が必要」と考えないため、

知らないうちに悪化していく厄介さが潜んでいる。

だが更に問題なのは、味覚障害が命にかかわる重大病に大きく関わってくる点だ。


 その第一は、生活習慣病だ。
味蕾の数は、成人で平均3000個。

その後、加齢と共に減少していき、70歳以上で成人平均の1/2から1/3になる。
ところが、味覚障害、或いは予備軍の人は、味蕾が本来持っている筈の数よりも少ない。
極端な例では、10代や20代で、既に味蕾が2000個しかないという人もいるのだ。


「味蕾が減少すると、味に鈍感になったり、ひどい場合は全く味が分からなくなるため、

甘さ、辛さの味付けがどんどん濃くなっていきます。

実際、来院した味覚障害患者には、料理に塩やコショウを異常なほどかける人が何人もいました。
こういった生活を続けていると、塩分、糖分の取り過ぎから、動脈硬化や成人病等の生活習慣病を引き起こし

かねません」(神尾友和院長=前出)


 第二に、食中毒のリスクも増す
そもそも味覚は、視覚、聴覚、臭覚、平衡覚と並ぶ五感の一つで、身にふりかかる危険を察知する能力でもある。
「味覚が正常な人は、口に入れた物の味がおかしければ、『食べてはいけない』と判断し、吐き出す。
 ところが、味覚異常の人は、味が変だと察知する事ができないため、菌に侵入された食物をそうと気付かずに食べてしまう事がある。
味覚が正常な人に比較して、食中毒等になるリスクが高いのはいうまでもありません」

(神尾友和院長=前出)

 

そして、三つ目、まさに命にかかわる落とし穴は、脳腫瘍との関係だ。

味覚と脳は密接な関係にあり

「味覚がおかしいので検査を受けたら脳疾患の異常が発見された」という例もある。

しかし、味覚異常の人は、このサインに気付かず、脳腫瘍の前兆を見逃してしまう。

 


全世代に共通して増えている味覚障害の裏には、かくも重大な恐怖が隠れている。

一度失った味蕾は、もう二度と取り戻す事はできません

つまり、現状維持が最重要。

そのためには、味覚障害を起こす激辛食品と外食を控えるしかありません」
(神尾友和院長=前出)  


とりわけ、中高年は年齢的要因も加わるため、若者よりも速いスピードで、味蕾破壊が進む。
うかうかしていると、自ら重大病を招くハメになりかねないという事だ。



・・・・・・・・・・・・

唐辛子を多量に食べていると中毒になる?


唐辛子を多量に摂る事は体に悪い。
しかも、それ以上に唐辛子というのは中毒性があり危険なのだ。


かいつまんで説明すると、人間の辛いと言う感覚はもともと「痛覚」である。
そのため、多量に辛いものを食べると、痛覚をやわらげる手段として脳内からドーパミンが放出される。
このドーパミンが快感に変わるのだ。
このドーパミンを得る方法として辛いものを再び求め、中毒となるのだそうだ。




中毒性という意味では、こちらの情報もコワイ・・・ ↓  ↓ (何気に記事の最後に書いてあります)http://ameblo.jp/olibanumoon-1/entry-11177694822.html?frm_src=thumb_module


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



調べたところ、唐辛子の成分であるカプサイシンに海馬を抑制する作用があることが判った。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=8747149&dopt=Abstract


日本では、刺激物は子どもに食べさせると馬鹿になると言われてきたが、

必ずしも迷信ではないかもしれない

                       

カプサイシンの受容体はバニロイド受容体と言うが、これはもちろん、人間の海馬にも存在している。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=10725386&dopt=Abstract


※「海馬」とは、記憶を司る大切な器官。

それは、新しい「記憶」だけでなく、太古からの人類の記憶をも蓄えられていると言われている。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     


ウサギ ↑   ↑   ↑   ↑


先の記事に関連して、
わたしがちょちょっと調べたでけでも、こんなにいろいろ警鐘記事が出てきました。

(いえ、ここに書ききれないくらいもっといっぱい!!)

これだけカプサイシンの危険性を警告する情報があるのに、
不 思 議 と 、

巷のマスコミ、テレビは まったく教えようとしませんね?


こんな危険があっても、警告するどころか、

むしろ、テレビでも、雑誌でも 、韓国モノをとにかく真似しろ! 取り入れろ!
と、宣伝(ゴリ押し)することしかしてません。


なぜ?


日本人を 味覚障害や胃癌にしたいから?


日本人を 生活習慣病予備軍だらけにしたいから?


日本人を 切れやすい 脳障害者予備軍にしたいから?



わたしから見ると、

韓流も、激辛ブームも、毒々しい香料漬けの洗剤ブームも、

全部つながっているとしか思えません。


日本人の繊細で優秀な感性や、味覚や嗅覚をダメにするものばっかり だし、

間違ったものを、危険なものを、

ほんとうのことを知らせずに

「毒」と知ってて撒き散らしているとしか思えないのです。



これって、確信犯的な一種の「テロ」行為じゃないですか?


一発どかん!!  みたいに分かり易くないってだけで、

じわじわと、

しかし確実に浸透する「脳神経汚染テロ」・・・みたいじゃないですか? 



あなたの味覚や、嗅覚や、精巧な脳神経や繊細な感性が冒されてしまう前に、

早く、早く、目覚めてほしいと思います。



本来、

日本人には、日本人の智慧があって、

昔から言われていうようなこと、昔からそうしてきたことには、みんな意味があるのです


日本人が食してきた日本料理に使われる唐辛子の量は、韓国料理のそれとは全然違います。

それが、日本人の体質や、健康に見合った量なのです。


そして、

その先人たちの智慧によって、

「小さい子共のうちは刺激物を摂らせないようにする」(子供に辛いものを食べさせると馬鹿になる)

「必要以上の刺激や辛さは素材そのものの持ち味を殺してしまう」(味覚自体を殺してしまう)

というのが、古来の日本人の「常識」でした。


つまり、過剰な刺激物ははっきり NO!という姿勢が昔から日本にはあったのです。

それが、日本人を守るための日本人の智慧でした。


大昔から、日本人はきっと知っていたんだと思います。

一度壊れた脳細胞は取り返しがきかないということを、一度失ってしまった味覚は戻らないということを。

それが、その人の一生を、寿命を左右するということを。

その危険から守るにはどうしたらいいのかを。


たしかに日本人は、古来、中国や朝鮮のものをいろいろ参考にして取り入れてきました。

しかし、

あんな「辛さ」や、あんな「調理法」は結局取り入れなかったのです。


日本人は、それを「よし」としなかった証拠です。


だから、

これまで、日本は世界の長寿大国であり続けたのです。

刺激物を好まないということは、争い事を嫌い、

どこよりも穏やかで豊かな心を持ち、平和な社会を好む社会を築きました。

その長い平和や豊かな民族性から、

今や世界一のグルメ大国にさえなったのです。  ( 下記参照) 


それは、世界一の感性、世界一の審美眼と世界一の味覚を持っていたからです。


そして、それらを守ってこれたのも、やはり、

日本人の穏やかなる国民気質のおかげです。


穏やかな気質は、刺激物を好む国には存在しません。




そうやって、日本人は、

長い間、平和と秩序と、高い文化と衛生意識を誇ってきました。


それは、どの国にもないものです。

それは、どの国からも賞賛され、誇れるものです。


それは、はっきりいって、

古来の日本人が「キムチ」を取り入れてこなかったおかげ だと、今、思います。

                ↑  ↑    

            キムチに限らず、中韓の激辛香辛料や調理法全般もね!





それを、

いきなり、今になって、

無理やり、マスコミが「(偽)ブーム作り」、「(偽)常識作り」をしているだけです。



たま には、いい。

それに順応する特化した体質の人たち(もしかして「祖」の違う人たち?)は、いい。

または、原材料や調理法等がしっかり把握できるものは、まだいい。


でも、

「ココアがいい」、「バナナがいい」といっても万人にいいわけではない人によっては毒になる)ように、

唐辛子のききすぎは、

少なくとも日本人にとっては、「毒」になることを知っておいて欲しいと思います。



そして、

こういうことから解るように、

マスコミが一生懸命流行らせようとしていることは、日本人にとっては  かもしれない・・・ ということも、

心の片隅に置いておいてほしいと思います。




。。。。。。。。。。。。。。。。。

↓ キムチの正体! はこちら 
うま味と韓国人 ~キムチの真実・・・ 
韓国人の胃癌発生率、断トツ世界一! 原因はカプサイシン
(FC2ブログ)

ゴミ餃子や寄生虫キムチだけじゃない!韓国の恐るべき不良食品の数々!

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/0754264a7c0584409b67d6ca2534ce24


★在日の画策を晒すと噛みついてくる人たちって、いったい何を守ってるんだろう?
  ~ 「恵方巻き」ブームにもの申す!!


★最近、韓国関連記事への威圧的な攻撃コメントが多いのは、
 もしかして「皇室批判ブログの実態シリーズ」記事へのアクセスが増えたせい?



★「香りのカプセル」はほんとうに日本人に必要か?  洗剤の過剰な香料にもの申す!!

★流行する香り付き柔軟剤 「外出できない…お願いやめて!」 過敏症」の人たち悲鳴!



関連記事

韓国人の胃癌発生率、断トツ世界一! 原因はカプサイシン



これまで、巷ではカプサイシンのいいところばかりがもて囃されてきました。

とくに、

それを売りにしている食品会社や製薬会社がせっせと「カプサイシン効果」を謳った製品を巷に溢れさせ、

あっちを見てもこっちを見ても、カプサイシンはまるで救世主のような扱いです。


しかし、

ここでちょっと思い出してみてください。

わたしがこれまでずっと何度も言ってきた、

「マスコミが大々的に宣伝していることは嘘」 という言葉です。


それを証明する記事(事実)をまた見つけてしまいました・・・


わたしも、これを読むまでまったく知りませんでした。

これを知ってから、まわりの友人たちに出会うごとに教えてあげましたが、

みごとに全員、「ええ~~っ 知らなかった~!」と驚いています。

それほど、度を越したプラスイメージのみの宣伝、

マイナスイメージを一切出さない虚偽偏向宣伝しかしてこなかった証拠です。


これまでも、マスコミは「ココアが健康にいい」「バナナがいい」「トマトがいい」・・・などという情報を流すたび、

次の日からは店頭から品物が消える欠品騒ぎが起きてきました。

ほんとうにそれが必要な人にとっては、まったく迷惑な話ですよね。

でも、そういう「一過性」のものならまだいい。

しかし、マスコミの「朝鮮モノ」の宣伝にかける執念は尋常ではありません。

次に(ゆくゆく)これを売るための布石としてまずはこれを流行らせよう・・・

という戦略があまりにも周到かつ狡猾です。

今思うと、

あれもこれも、全部このためにつながっていたのか・・・(まんまとハメられた!!)という思いです。


わたしは、もともと胃が弱いので、少しくらいならキムチや韓国料理も食べますが、

いわゆる「激辛」みたいなものは苦手で、うっかりたまにそういう辛い鍋とか食べると、

そのあと必ず大いに後悔する羽目になります・・・

大抵、ひどい胃痛に悩まされ、しばらく白いご飯くらいしか食べられなくなるのです。

そんなことを2~3回と繰返していましたが、それでも、家族もたまには食べたいと言うし、

辛いだけでなく、まあ美味しいし・・・と、結局懲りていなかったわたしですが、


これを読んでわたしは決心しました!!


わたしの胃がこれまで必死に「警告」してくれていたのを、もう無視することはできません。

もう、これからは、

「日本料理に使われる常識範囲内の唐辛子の量」以上のものは摂らないようにします!



わたし以外にも、もし、心当たりのある方がいましたら、

ぜひ、この↓ ↓ 記事を読んでもらって、

どうか流行だけに左右されず、あなたの体質をもっと大事にしてください。


我々日本人の本来の体質から大きく逸脱した許容量を超える「刺激物」を摂るのを

どうか考え直してほしいと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


キムチがNYで大流行「和食の次は韓国料理」

料理人「ニューヨークの人びとは、和食に飽きてしまった」

 ↓ ↓

 現実は

「NYの有名韓国料理店が相次ぎ閉店」

胃癌発生率、韓国人が断トツ世界一!原因はカプサイシン

① http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/46018814.html

② http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/46018819.html  


より抜粋転載~



キムチがニューヨークで大流行 「和食の次は韓国料理」=韓国
サーチナ 2月2日(木)13時20分配信

米国・ニューヨークにある五つ星ホテル「マンダリン・オリエンタル」の厨房(ちゅうぼう)で、

料理長をはじめとする9人の料理人たちが真剣にキムチの漬け方を学んでいるという。

漬け方を指導しているのは、韓国の料理人・李英善氏だ。

李氏はホワイトハウスでのイベントで何度も韓国料理を調理し、大好評を博している人物だという。

中央日報を引用し、環球時報が1日付で報じた。

「マンダリン・オリエンタル」の料理長によれば、

キムチはすでにさまざまなパーティーのメニューに掲載され、人気も高いため、自らキムチを漬けることに決めたという。料理長は「キムチはニューヨークで流行の料理となった。料理人たちは皆、キムチの漬け方を学びたがっている」と述べた。

コリアタウンでサムギョプサルをよく食べるというある料理人は、

「ニューヨークの人びとは、イタリア料理やフランス料理、和食に飽きてしまった。

韓国料理は人びとの新たな選択肢となりつつある」

と述べた。

....................



▼▼現実▼▼
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0519&f=national_0519_225.shtml

NYの有名韓国料理店が相次ぎ閉店…「韓食の世界化」に陰りか 


カプサイシンががんの発生促進、建国大教授らが解明
2010/09/06 12:24
【ソウル6日聯合ニュース】


米国ニューヨーク・マンハッタンにある韓国料理店「又来屋(ウレオク)」が、5月29日をもって閉店することが分かった。韓国メディアは「ニューヨークで韓国料理店が相次ぎ閉店している」と伝えた。

又来屋は米国の有名韓国料理店で、ロサンゼルスやビバリーヒルズなどにも店舗を持つ。

1999年にニューヨークへ出店する際には、韓国料理店が多いマンハッタンのコリアンタウンではなく、現地の人びとが通いやすいソーホーに店舗を構えた。
米国で閉店する韓国料理屋は又来屋だけではない。

マンハッタンのコリアンタウンにある「于山(ウチョン)」や、ニュージャージー州の代表的な韓国レストラン「コリア・パレス」も閉店した。コリア・パレスは高級韓国料理店の代表的な店だったが、米国の景気低迷や韓国人社会の経済難で客足が遠のき、滞納していた賃貸料が払えなくなり4月末に突如閉店した。

ニューヨークのある駐在員は、

「ニューヨーク内を代表する韓国料理店まで相次ぎ閉店しているのは問題」、

「莫大な予算をつぎこんでいる韓食の世界化がきちんと推進されているのか疑問」と指摘。

韓国メディアは

「ニューヨークを代表する韓国料理店、相次ぎ廃業…韓食の世界化は無策」、

「NY又来屋閉店…米国の韓国料理店が相次ぎ危機」などの見出しで伝えた。
http://news.livedoor.com/article/detail/5744226/

人気投票をしてもランク外となっている。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4317.html

             

さらに、

最近、ロサンゼルスで衛生検査が強化され、

朝鮮人の飲食店が相次ぎ営業停止など制裁を受けている


【米国】 コリアンレストラン、衛生検査で摘発多数

韓人飲食業協会会長「韓国料理の特性上どうしようもない」

2012年1月5日、コリアタイムズ(韓国語)

韓国人食堂衛生検査摘発多い
最近、保健当局の飲食店を対象にした衛生監査が強化されロサンゼルス(LA)の韓人レストランなど飲食店が相次ぎ営業停止と警告など当局の制裁を受けている。

摘発された韓人店はLAカウンティ保健局の定期点検で,

主に害虫感染など衛生状態不良が指摘されて営業停止処分を受けているが、

特に煙などを除く換気装置の‘フード’設備不備などで警告を受ける店も列をなして韓人事業主らが大変な

苦労をしている。
(中略)

.....................................................................................                          


キムチで大量に使用されるトウガラシの辛味成分「カプサイシン」は、

胃がんを中心に「がん」の発生を促進する。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/food/1224789066/
               

フランスがキムチを「有毒食品」に認定
2005年5月31日、朝鮮日報

31日、フランスの衛生省(日本の厚労省に相当)は、

「食べると人体に悪影響を与える食料」のリスト韓国の民族料理であるキムチを追加した、

と発表した。


中毒性が高く、脳細胞にダメージを与えるとされる「カプサイシン」が多量に含まれている事が主な理由で、

この発表と同時に韓国からのキムチの輸入が全面的に禁止された。

これについて、韓国の潘基文(パン・ギムン)外交通商相は

「全く事実無根。もし有害だとしたら、なぜ韓国人は普通なのか。

我々が普通に食べ、そして生活出来ている事が何よりの"安全の証拠"である。」

と強い憤りを露わにした。 ( ウサギ汗


・・・・・


胃ガン発生率、韓国人がダントツで世界トップ!
2009/07/13(月)朝鮮日報

2007年に新たに胃がんと診断された患者数は2万4584人。
国民健康保険管理公団によると、1999年には2万855人で、当時と比べて大きな違いはないという。
国立がんセンターによると、男性に関して言えば、10年前は人口10万人当たり69.4人が胃がんにかかっていたが、05年には67.3人だった。
経済が発展するほど海外では胃がんの発生が減少しているが、
韓国ではその勢いが衰えない。

その結果、
韓国は数十年連続で世界の胃がん発生率でトップを走る
まさに「胃がん王国」という不名誉な記録を持ち続けている。

米国ロサンゼルスに住む男性の人種別胃がん発生率を見ても、
韓国人は人口10万人当たり35.5人で、
日本人の24.2人や黒人の13.6人、白人の7.6人を大きく上回って いる
(以下略)↓ ↓ ↓

http://japanese.yonhapnews.co.kr/itscience/2010/09/06/0600000000AJP20100906001300882.HTML


各国で料理に愛用されているトウガラシの辛味成分で鎮痛剤にも利用されるカプサイシンが、
がんの発生を促進するとの研究結果が出た。

建国大学が6日に明らかにしたところによると、
同大学特性化学部生命工学科の李基ウォン(イ・ギウォン)教授、ソウル大学の李炯周(イ・ヒョンジュ)教授、
米ミネソタ大学のアン・ボード教授が共同で研究を行い、
カプサイシンががん誘発タンパク質となる上皮成長因子受容体(EGFR)の活性を誘導し、
炎症の誘発およびがんの発生に重要なタンパク質(COX-2)を発現させることで、皮膚がんなどを促進する
ことをマウス実験で証明した。
(以下略)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・抜粋転載おわり・・・・



↑の前半の記事は、

「キムチ売り込み」にかける韓国の宣伝活動が

いかに嘘・偽りだらけだったか・・・を確認するものです。


「最近、韓国では胃がんが急速に増えている」・・・というなら、まだ原因追究中であるという言い訳も立ちますが、

数十年連続胃がん発生率が世界ダントツトップ」であるという事実があるのに、

それを「隠して」、一部のいい効能だけをクローズアップしてきたことは明白です。


しかも、韓国内の大学研究者が実際に実験で証明し、自国民のために警告もしていたのにですよ。

それでよく、

「われわれが食べていて普通なのが大丈夫な証拠!」 

などと言えるものです。

それ(数十年連続で胃がん発生率が世界ダントツトップ)のどこが「普通」なんです?

わたしはフランス政府の対応が真っ当だと思います。


それに、

自国でも研究されている危険性や毒性についてひた隠しにした上、指摘を受けても白を切り通すという

そういう姿勢そのものが信用性をなくすということも多分かれらには分かっていないんだと思います。

(あらま、まるで現政権のようだわ!)

せめて、他国に(キムチに馴染みのない国に)売り込むとき、

「通常摂取内なら健康にいいが、あまり多量に常習的に摂取するのは健康に良くない」

ときちんと謳っていれば、良心的であり、真摯であり、信用されたと思うのです。

だって、タバコだって、明らかに肺がんの原因になると知っていても、吸う人は吸うし、買う人は買いますよね?

キムチだって、カプサイシンだって、それそのものには罪はないはず。

要は、その売り込み方。または、調理上の衛生意識が問題だと思います。


ただ、売り込めばいい。

どんどん売り込んで、ブームにして、中毒になってもらって、どんどん食べられるようになればいい・・・

そんな魂胆だけが見える「韓流」にアレルギーを感じない方がおかしいと思います。


物事には、何にでも、程度というものが、

人には分別というものが必要です。



それに、

思い出すのが、日本で「ユッケ」の食中毒事件があったときの日本のマスコミ報道あり方です。

日本のマスコミ・・・といっても、あれはもう韓国人の作ってるものと言ってもいいんですが、

あのとき、明らかに、

「韓国ではこのような衛生管理をしているため、そんなユッケで食中毒なんてありえません」

って堂々と報道していましたが、

とんでもない。 

中・韓国の衛生意識がどんだけ低いか、まさか、まだご存じない?

いえ、マスコミはまだ日本人がそんなことも知らないと思ってる?

北京オリンピックの頃に散々テレビで見てたと思いますが、きっとみんな忘れているのか、または、

マスコミっていうのは、よっぽど、「脳内書き換え洗脳」が得意なんでしょう・・・


韓国人で痩せてる人が多いのは、キムチのカプサイシン効果ではなく、

キムチに付いてた「蟯虫」をお腹に飼っているからだそうですよ? ガクリ


ちょっと調べるといっぱいいろんな報告記事や証拠写真等が出てきますよ。



だ か ら ね 、


マスコミが力を入れてるもの、大々的に宣伝しているものは

 

  


だと思ってたほうが無難です。


第一、それがなくても生きて行けるものばかりですしね。


日本人は、もともと日本にあったもの、

日本人がアレンジして日本のものにしてきたものだけで充分豊かに暮らせるんです


ね?



他にも、ちょいちょい、っと調べるだけでこんなのが出てきます。

  ↓   ↓



キムチwikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%81

韓国政府(保健福祉部)が2005年に行なった調査によると、

韓国成人の塩分摂取量が世界保健機構 (WHO)推奨値の2.7倍と極端に多いことが判明した。

WHOの塩分摂取推奨値(成人)は一日あたり5グラムだが、韓国成人は13.5グラム(男性14.9グラム・女性12.2

グラム)摂取している。

又松大学校 のチョン・ヘジョン教授が2009年6月30日に発表した説によると、

韓国人は1日の塩分摂取量の31.2%をキムチ類から取っているという。


唐辛子を多く摂る韓国のような国では胃癌の発癌率が高く

唐辛子の中に含まれる「カプサイシン 」が発がんを促進させる物質となっていることが

韓国内の大学で解明されたほか、それらに対する報告も指摘されている




とうがらしwikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E8%BE%9B%E5%AD%90#cite_note-3


唐辛子の過剰摂取と発癌の関連性が指摘されており、

唐辛子を多く摂る国は胃癌 食道癌 の発癌率が高いといわれている。


蕃椒: 唐辛子の生薬名を蕃椒(ばんしょう)という。

健胃、発汗作用などがある。

また外用薬として温湿布などに使われるが、

カプサイシンには末梢血管を拡張する効果は全くない

寒冷地では靴の中に入れてしもやけや凍傷の予防に使う場合があるが、

これは皮膚炎を起こし、そのように感じるだけである



ウサギ汗じつはまだまだあるのですが、長くなるので次回へつづく・・・


↓  ↓
★味覚障害だけじゃない! 激辛&外食ブームに潜む3つの恐怖!!


<参考記事>

うま味と韓国人 ②



ゴミ餃子や寄生虫キムチだけじゃない!韓国の恐るべき不良食品の数々!

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/0754264a7c0584409b67d6ca2534ce24



韓国の水道水もあぶないらしい・・・


「香りのカプセル」はほんとうに日本人に必要か?





<健康と安全 関連記事>  http://ameblo.jp/usanpo117/themeentrylist-10027859909.html






関連記事

安藤選手プロデュース「Reborn Garden」に中野友加里さんが出演!!

安藤美姫選手プロデュースの「Reborn Garden」に

中野友加里さんの出演が決定しました。

<公演情報>
3月11日(日) 14:00~
新横浜スケートセンター
出演予定スケーター:
安藤美姫/中野友加里/武田奈也
南里康晴/小林宏一/ジョニー・ウィアー/ステファン・ランビエール

当初出演者の名前に入っていた太田由希奈さんの名前がなくなっているので出演されないようです。

(2/15に出演できなくなったとのこと)

また、公演終了後、18:00~ドネーションパーティが開かれるとのこと。

<公式HP>
http://reborn-garden.com/



中野友加里さんの応援ブログに中野さんの出演情報が掲載されています。

<中野友加里応援ブログ>
http://goyukarin.exblog.jp/17222668/


フジテレビの職員としての仕事と平行して練習を行っているので、

練習時間の確保が目下の課題のようです。


なお、チケットは前売り、ドネーションパーティともに完売となっています。

今のところ当日券があるか情報はありません。

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/ux3blust/article/137




ウサギ中野友加里さんのスケートがまた見られるなんて! うれしいことですね!!

わたしは実際見られませんが、きっと誰かが何かの形でレポートしてくださるでしょう。

それを心待ちにしています。 

ああ、参加できる人は幸せですね~♡



ああ~~ 懐かしいですね~   なんかみんな若いな~ (^_^;)


「中野ゆかり 2008年 世界選手権 フリー」  ← 感動のトリプルアクセル!!

あああ!! 今見ても、何度見ても鳥肌が立つ!! (T_T;)  

                                                    

Art on Ice 安藤選手の圧巻「ブラックスワン」、そして「レクイエム」への秘めた思い


小塚選手が初めて言及した「日本スケ連への進言」


トリプルアクセルの希少価値をもっと評価するべし!! その2


<フィギュアスケート関連記事> http://ameblo.jp/usanpo117/themeentrylist-10027321383.html




関連記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示