ひだまり    今は古事記に夢中! 2013年06月

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「たかじんのそこまで言って委員会」 2013.6.30 安倍総理にそこまで聞いて委員会 アベノミクス4本目の矢SP!!

 『ブログ(過去記事)再公開のお知らせ』 m(__)m

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


たかじんのそこまで言って委員会 2013.6.30
緊急特別企画 安倍総理にそこまで聞いて委員会
アベノミクス4本目の矢 スペシャル!!


これまでの安倍政権を徹底分析!
言いたい放題 アベノミクス4本目の矢 グランプリ!!


司会 
橋本五郎、 山本浩之
パネラー
金 美齢、津川雅彦、 桂ざこば、加藤清隆、 長谷川幸洋、宮崎哲弥、 竹田恒泰、山口もえ

スペシャルゲスト 安倍晋三(内閣総理大臣)
原口一博 (民主党衆議院議員)
村上史好 (生活の党衆議院議員)
浅尾慶一郎(みんなの党衆議院議員)
中田 宏 (日本維新の会衆議院議員)
穀田恵二 (日本共産党衆議院議員)



動画主さま、いつも番組終了後すぐに動画をあげてくださって感謝してます。
 m(__)m 


※ とりあえず動画を先に出します。 (早く見たいでしょ?ウサギ )
  余裕ができたらあとでコメントを追記します。






。。。。。。。ところで、「たかじん」ってどんな番組? 。。。。。。。

「たかじんのそこまで言って委員会」とは、
2003年より読売テレビが制作・放送しているテレビ番組である。
毎週日曜日 13:30~15:00(一部地域は30分前倒し放送されるところもある)に放送中。
出演者などによる「右」よりな発言が多いせいか、右翼番組と言われることがある。
中部以西ではほぼ全ての地域で放送されているが、日テレでは放送されていない
日テレで放送すると、各方面からの圧力で言いたいことも言えなくなり、
たかじんや宮崎哲弥などが日テレに放送を流すのをかたくなに拒んでいる。
過去に、関東に放送されていないということで出演したゲストもいる。
関東では伝説の番組と言われているらしい。

司会
やしきたかじん(歌手・司会者)、
辛坊治郎(元読売テレビ解説委員、現在フリー)
最近は、ときどき他の人が臨時司会することもある。

たかじんは食道がん、その他諸々の為、一時休養していたが
2013年3月24日の放送から復帰した。
・・・が、再び体調不良で休養中。

たかじんの再復帰が危ぶまれた頃から、番組の傾向が怪しくなってきた・・・
もちろん、左翼は番組終了を祈願しているのだろうが、
そう易々と希望通りになっては、ますます反日マスコミの思うつぼである!!

最近の動向として
「もう終わった」だの「終わらせた方がいい」だのという意見が見られるが、
それこそが「反日左翼の希望」であるので、わざわざ叶えてやることはない! 
と、わたしは思う。



よく出る人
桂ざこば(落語家)
津川雅彦(往年の大俳優)→ おっとりした老人のようだがときどき的を得た鋭いことを言う
田嶋陽子(フェミニスト)ガチガチ左翼代表。悪魔のジェンダーフリー思想信望者。 
(いつも叩かれているが、この人が居るからこそ左翼の論理破綻さが浮き彫りになり、まっすぐな日本人にとって反面教師的貢献をしていると云える)
宮崎哲弥(評論家)
勝谷誠彦(コラムニスト) 番組スタッフとの摩擦(?)でいつの間にか番組を降板
村田晃嗣(同志社大学教授)
金美齢(元台湾総統府国策顧問)日本を客観的に見つめる立場での日本愛国者。
山口もえ(タレント) ときおり議論が白熱し殺伐とする中での癒し的存在。
竹田恒泰(作家・憲法学者) ※「竹田恒泰って何ぞや?」
加藤清隆(元時事通信社 政治評論家)
井上和彦(軍事ジャーナリスト)

最高顧問
故 三宅久之(政治評論家)ものすごい情報網と人脈をもつ元毎日新聞政治記者。


たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html





※ あわせてこちらもご覧ください。

★たかじんのそこまで言って委員会 大改憲論 SPその②  津川雅彦の神発言
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1032.html

★なぜ憲法改正が必要か? ②  ← 追記しました
日本国憲法は日本人の幸せを保証しない!!

http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1041.html

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!! 

小学館の 復刻版 『日本国憲法』 は おかしい・・・

竹田恒泰 「面白いけど笑えない中国の話」


安倍総理が出演した たかじん ⑥ 約束を果たした男! (政界こども劇場つき)


★『主権回復の日』 の意義について考える

※ 子宮頸がんワクチンについて これだけは知っておいてほしいこと






関連記事
スポンサーサイト

国歌「君が代」は 日本人の心 そのもの・・・

これもまた、あらみたまさんに教えていただきました。
すてきな解説と映像だったので紹介させていただきます。 m(__)m

直接「竹田研究会」とは関係ないのですが、「君が代は古事記に通じる」という説なので、
「古事記」普及を遂行中である竹田研究会つながり・・・ということにして、
『君が代』についての素晴らしく美しい解説動画をご紹介します。

(※ 竹田研究会の「古事記完全講義」では、会の最初に「君が代」を全員で斉唱するんですよ!
それも、学校の式典のような静かな斉唱ではなく、
みんなうれしそうに堂々と、朗々と歌うので、自分の声が聞こえないほどです。
だから、自分も大きな声でしっかりと歌います。
「君が代」をこんなに大きな声で精いっぱい歌える機会なんて、
なかなかあるものじゃありませんよ~! (^-^)v )






「君が代」の本当の意味 国歌「君が代」は古事記神道に通じる




動画主さまによる詳しい解説~

お祝いの歌の代表作として紹介されたのが、「君が代」です。
「君」は君主をあらわすと­いう人がいますが、それは間違いです。
漢字の「君」は、「口」ヘンと「尹(イン)」を­組み合わせた文字ですが、
「尹(イン)は、「手」に「|」(つえ)を持っている姿です­。

これは「聖職者」をあらわします。「口」は、その聖職者が口を開けて、何かを説いて­いる姿です。
つまり「君」という字は、会意形成文字で、高貴な人をあらわす文字です。
­読みは「クン」です。

「君主(クンシュ)」となると「高貴な人=君(きみ)の主人」なので、それだけ偉い人­です。
つまり「君」という字は、高貴な人であり、だからこそ、源氏物語は朝顔の君や、­藤袴の君など、
美しい女性たちに「君」の尊称をつけています。
「君」が天皇をあらわす­というのなら、源氏物語の女性たちは全員、天皇ということになってしまう。

実は、古代­日本語で「き」は男性、「み」は女性をあらわす言葉なのです。
日本神話に登場する最初の男女神は、イザナ「キ」、イザナ「ミ」であり、
「おきな=翁­」「おみな=嫗」という言葉もあります。
イザナキ、イザナミ以前の神々は性別がなく、­日本の神々で最初に性別を持った神として登場するのが、
イザナキ、イザナミです。
その­最初の男女神は、イザナキ、つまり「いざなう男」、イザナミ「いざなう女」として登場­します。
「いざなう」は、漢字で書けば「誘う(いざなう、さそう)」です。
つまりイザナキ、イザナミの物語は、誘(さそ)いあう男女の物語でもあるわけです。

二人は天つ御柱で出会い、
キ「我、成り成りて、成り余るところあり」
ミ「我、成り成りて、成り足らざるところあり」
と声をかけあい、互いの余っているところと、足りないところを合体させて、子を産みま­す。

ここで大切なことが、男女が互いに「成り成りて」というところです。
「成り」というの­は、完全に、完璧に、という意味です。知性も肉体も、まさに完璧に成長し、
成熟したの­です。
ところが、完璧に成長したら、互いに「余っているところ」と「足りないところ」­があった。
これは矛盾です。

そこで二人は互いの余っているところと、足りないところを合体させて、より完璧になろ­うとしました。
すると「子」が生まれたのです。「完全に完璧な成長」は、尊敬の対象で­もあります。
ですから「きみ」は、「完全に完璧に成長した男女の喜びであり、尊敬し敬­愛する人の喜びであり、
「きみが代」は、その「愛し尊敬する人の時代」という意味とな­ります。
その「愛し尊敬する人の代」が、「千代に八千代に」と続くのです。

歌はさらに­「さざれ石の巌となりて」と続きます。
さざれ石は、小さな小石が結束して大きな岩石と­なっているという点です。
ひとつひとつは小さな小石でも、大きな力でみんなで団結した­ら、それは大きな「巌」となる。
つまりさざれ石は、「きみ=男女」の結束、そして生ま­れて来る子供達や新たに親戚となる者たちなど、
そのすべての人々が、大きな力のもとで­固く固く団結しあい、協力しあうことの象徴でもあります。
そして最後に「君が代」は、­「苔のむすまで」と締めています。

苔は、冷えきったり乾燥しているところには生えません。
濡れていて、水はけの良いとこ­ろに生育します。カビとは違うのです。
つまり、濡れたものと、固いものがしっかりと結­びついたところに苔は生えます。
すなわち「苔」は、「きみ=男女」が、互いにしっかり­と結びつき、一緒になって汗を流し、涙を流し、
互いにしっかりと協力しあい、長い年月­をかけて生育する。
それは、男女のいつくしみと協力を意味します。

そんな意味の歌である、ということになります。



。。。。。。。。。。。。。。


この動画についた主なコメント~


・美しい国、美しい歌、感動しました。


・自分の国に誇りをもちたい。素晴らしい解釈です。ありがとうござ­います。


・君が代始め、天皇陛下の本当の意味、その心を知れば本当の日本を­知ることができる。
日本人が愛国心を奪われたのは、精神力で強い­国だったからなのでは無いかと感じています。
現代人に国を愛して­もイイと言う許しが与えられるなら、たくさんの心が救われるので­は無いでしょうか。愛の見えない世の中ですが、信じる物を胸に日­々、生きて行けたら幸せです。



・君とは君主である天皇の事かと思っていましたが、
この解釈も理解できるものでした。
もっと、日本人として古事記を読みたいものです♪



※)・「君」というのは「あなた」の敬称という解釈で十分だと思う。
結­婚式で「君が代」を歌えば、「君」とは新郎・新婦ならびにご両家­のことだし、
オリンピックで歌え「君」とはゴールドメダリストの­こと、
国家行事で歌えば「君」とは天皇・皇后両陛下のこと。
こう­いう柔軟で自然な解釈ができることが、「君が代」の素晴らしいと­ころだ。
「君が代」は国家である前に祝い唄なのだから。

「さざれ石」とは小さな石のこと。
さざれ石が長い時を経て巌=岩­石になるということは自然界では極めてありふれたこと。
例えば「­礫岩」はありふれた岩石だが、これは火山礫という「さざれ石」が­長い年月と強い圧力に
よって「礫岩」という巌になったものだ。
「­さざれ石の巌となりて」の部分は全く神秘的な意味合いはなく、ま­た非科学的でもない。



・達也 (動画主)
皆さんコメントありがとうございます。
日本は世界で1番長い歴史­があり、2月11日の建国記念日は古事記に記された
カムヤマトイワ­レヒコノミコトが天皇として即位され神武天皇になった日です。
そ­の歴史は2673年になります。この事すら知らないのが我々日本­人です。
日本の歴史とをもう少し勉強すると、なぜ我が国日本が世­界で1番長く続いたのか、
良くわかります。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


わたし個人としては、※) を付けさせていただいた方の
意見に賛同します。
時に、日本国民すべてであり、時に、国の栄誉をかけて戦った英雄のことであり、
時に、日本を知らす天皇陛下のことでもある・・・
それでいいと思います。

もともと、わが国の伝統である「和歌」では、「詞(ことば)」というのは表面的な一辺倒な意味だけ
でなく、いろいろな意味を二重に込めることができるものです。
表向きの意味と裏の意味を持たせることで、ときには誰にでも理解る(楽しめる)比喩えであったり、
ときには特別な相手にだけその真意が分かる「秘めた思い」を伝える手段でもあり、
詞(言葉)というものに対する日本人の思い入れや探究心というのは、
なにも偉い学者でなくともとても深いものがありました。
それが日本人の情緒を育み、今日につづく「日本人だけの情緒」や「日本人だけの価値観」を作り、
守ってきたのだと思います。

それは、日本が一度も母語を奪われたことのない幸福な国であったおかげです、

それは、世界最古の王朝である天皇家があったおかげだと思います。

どの国にもできなかったことが、この日本にだけはできたのです。
二千年以上つづく王朝が途絶えることなく今まで続いてこられたおかげで、
今日の日本の発展と豊かな文化があるのだと思います。

それを支えてくれた天皇の御代を
その弥栄(いやさか)を祈り、讃えることは当然だと思います。


まあ、ふつうの日本人なら、
誰に言われることもなく、たとえ教えられていなくても、
肌で感じる感覚で、そういうものだと思うのではないかと思います。

だって、わたしもそうだったもの。
学校じゃ教えてもらってないし、家でも親に教わった記憶もないし、
それでも、
直接会ったことがなくても、テレビで見るだけでも、
「日本に天皇陛下がいらしてよかった」「
日本に皇室があってよかった」
「日本人に生まれてよかった」・・・となぜか思うことができましたから。

そして、
人生も半分過ぎた頃になって、しみじみと、
「日本はすばらしい」「日本語はすばらしい」「日本人ってすばらしい」
と、いちいち何かにつけ感動してしまうこの頃です。


さて、その「日本語」ですが、
すばらしい可能性とパワーを持ったこの日本語ですが、
よこしまな者にかかれば、屁理屈で勝手な解釈ができるようです。

そういう「広い」解釈が可能だということは、
ある意味、反日左翼にもツッコミ所を作ってしまうことにもなるのです。
そりゃもう、ヤクザに因縁つけられたようなものですから、
理屈も道理も正論もなにもあったもんじゃありません。

日本人なら誰でも一度は「耳にする」、
戦後左翼どもが豪語している「君が代は軍国主義を促す歌だ!」っていうのには、
もう、いいかげん食傷気味です。
情緒がないというか、短絡的すぎというか、
「頭がおかしい」と言ってあげたらいいのか、「頭が不自由」だと言ってあげたらいいのか・・・

要するに左翼は、
天皇についてちょっとでも崇拝や敬愛の念を感じさせるものは一切認めたくないんです。
ただそれだけ。
皇室崇拝や愛国心につながることは、とにかく何でも難くせをつけて否定したがります。


でもね、

これまでは、それにうっかり騙されてしまった人たちや、
左翼教員によってすっかり騙されてしまった子供たちが大勢いましたが、
今度こそ、
今こそ、安倍政権によって「憲法改正」と「教育改正」を実現させ、
日本の真実を当たり前に日本人が学び知ることができるようになることを、
そして、
「日本人の基本的人権」を守るために、
そういう日本人の当然の権利をこれまで散々否定して奪ってきた反日思想を
堂々と排除できる法律を作っていただきたい!

それを切に切に願っています。

「言うのは勝手だけど、ここは日本人の国だから、
そんなに日本を否定したかったら、国籍変えてからやってよね」


・・・くらいは言えるような(言ってもいいような)憲法にしてもらいたいものです。




『すめらぎいやさか』





<参考記事>

天皇陛下と沖縄 「ありがとう天皇陛下・・・」

君が代
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-230.html


うまし国 言霊の国 の日本
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-412.html

必見! 『大日本帝国が世界で初めて提案した『人種差別撤廃案』』

『再 日本人の「共存共栄」の心』
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-833.html


「日本人のプライド③」          
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-228.html


『天皇、皇室についてのさまざまな誤解について』
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-815.html


なぜ日本人は「日本人らしさ」を失わずにこれたのか?
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-631.html

「可愛い子には旅をさせましょう」
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-143.html  



※ 竹田研究会入門 ① 竹田恒泰って何ぞや?






関連記事

沖縄の真実 沖縄の危機 ③ 「オスプレイ賛成」「基地は必要」本当の県民の声は記事にしないマスコミ

マスコミの大嘘!!

『オスプレイ配備は不可欠』 - 報道されない沖縄県民の声



8・8辺野古区民の真実の声を全国に広げる市民集会(名護市民会館大ホール)
集会終了後にRBC(琉球)放送が参加者にインタビュー。
結局、RBC(琉球放送)はこの男性のインタビューを記事にしませんでした。




必見!! 沖縄問題の捏造関連動画

マスコミが伝えない沖縄のお母さんの声
【米軍基地問題】
大手マスコミが伝えない沖縄のお母さんたちの声
2010.5









面白い比較動画を見つけました。

GLAYのLive と 沖縄基地反対〇万人集会 比べてみた


明らかに、どう見ても、10万人どころか1万人でもあやしい・・・
こういう、バレバレでもシラッと10倍くらいサバ読めるこの感覚って・・・
まるで、まるっと中国と同じ!! 

やっぱりね~





<おまけ>
沖縄の反政府・反米デモは韓国主導だと日テレが大暴露
沖縄で反米デモ、横断幕にはハングル


沖縄で17日、「基地のない沖縄」を目指す平和行進が始まった。
参加した約1300人が 3日間かけて宜野湾市まで行進し、最終日には集会も開かれる。
参加者らは梅雨空の沖縄を歩きながら、普天間基地の辺野古移設や、
この夏にも予定される新型輸送機「オスプレイ」の追加配備に反対する声を上げた。

画像
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4206267.jpg

ヤフーニュース! 2013/5/17
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20130517-00000041-nnn-soci





沖縄新聞の異常さを暴く!

竹田恒靖が語る沖縄問題 ①  沖縄新聞の異常さを暴く!


関連記事

沖縄の真実 沖縄の危機 ② 5分でわかる! 沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるか?

5分でわかる!
沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるか?









あなたは中国の「沖縄侵略計画」を知っていますか?



この間まで、こういう警鐘は「トンデモ論」だと馬鹿にされてたけど、
とうとう中国は本心を明かして沖縄の領有権も主張し始めましたね。

中国の侵略計画は着々と­遂行されています。
沖縄左翼の手助けもあって・・・





真実を知ろう 
【尖閣上陸活動家・逮捕の瞬間映像付き】










天皇陛下と沖縄・・・

「硫黄島の御霊 ①」 日本を守った2万人
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-999.html

「硫黄島の御霊 ②」 天皇陛下の慰霊 
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1012.html


関連記事

沖縄の真実 沖縄の危機 ① 天皇陛下と沖縄 「ありがとう天皇陛下」


沖縄に米軍基地が残ったわけ・・・


ありがとう・・・天皇陛下


あらみたまさんに教えていただきました。

(※ああ~消されてしまった!!)

以下、2015.7 追記)

■沖縄祖国復帰を実現に導いた
昭和天皇の「潜在主権方式」のご提案

(連続3回シリーズ)
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/d06457fad044ebb184b1badb5b0ee1b0
より~

<概要>

1951年11月24月、
米国務省が対日講和7原則(サンフランシスコ講和条約の草案)を発表しました。
そこには、「琉球諸島は合衆国を施政権者と国際連合による信託統治」にするとされていました。
その情報を得た沖縄県民は、未来永劫祖国に戻れなくなる危機を感じて立ち上がりました。
そして、沖縄の運命を決める講和条約に向けて祖国復帰の署名運動や嘆願を続けていました。
しかし、
1951年9月8日、サンフランシスコにて日本と戦勝国48カ国と平和条約が締結され、翌年4月28日
に公布されました。これにより、沖縄は国際的に米国を施政権者とする信託統治領として位置づけられたのです。
これは祖国復帰を望んでいた沖縄県民にとっては大きなショックでした。
講和条約とともに復帰は実現かないませんでしたが、この講話条約締結にあたって、
沖縄県民の知らない裏では、外務省をはじめとする日本政府は沖縄の主権を失わないように熾烈な
外交交渉を戦っていたのです。
特に大きな仕事をなされたのは昭和天皇でした。
昭和天皇がご連合国に提案された、「施政権は米国に租借するが主権は日本に残す」という
「潜在主権方式」です。
講話条約締結では、「日本は沖縄の潜在主権を持つ」という合意を得ていたがために、数多い
国際紛争の中、わずか20年後の1972年に沖縄の祖国復帰を実現することができたのです。

(仲村覚)


1947年9月19日宮内庁御用掛の寺崎英成を通は、日本橋三井ビルの3階の
シーボルドGHQ政治顧問を訪問しました。
その目的は、琉球諸島の将来と、米軍による沖縄の軍事占領を継続する必要性に関して
天皇の考えを伝える事にありました。

シーボルドがマッカーサー宛に送付した覚え書きが残っています。

PDF版 http://p.tl/eHNI (実物写真)

--------------------------------------------------------


(日本語訳 抜粋)

注目すべきは、日本の天皇は、
米国が沖縄と琉球の他の島々の軍事占領を継続することを期待していることです。

これが主に国益に基づいた希望であることは疑いがない。

天皇はまた、中長期の租借形式でのこれらの島々の米国の軍事占領の継続を想定している。

天皇の意見では、
日本の人々は(その方法により)、米国が不純な動機を持っていない事を確信し、
軍事目的のための米国の(沖縄)占領を歓迎するでしょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9月30日、この天皇メッセージは、
講和条約の草案の作成作業を行っている国務省極東局に届きました。

この日、極東局のボートンは、琉球における米軍基地は、
「信託統治」の代わりに基地の「租借」で米国の安全保障の目的を果たせるか」とうテーマで
軍部と国務省の代表者に提案しました。

しかし、軍部からは国連の信託統治理事会の査察と管理が不要な「戦略的信託統治」を要求
するべきで「信託統治」も「租借」も不十分だ拒否されてしまいました。

軍部は、決して沖縄を他国の軍事基地として使わせてはならないという決意があり、
国連の理事会の承認が必要だと、ソ連が拒否権を発動する危険性を避ける必要があったのです。

その後も、米国政府では、膨大なエネルギーを費やして沖縄問題について合意形成の作業が進め
られていきます。

「あくまでも主権を日本に残しながら、沖縄の軍事基地権を米国に提供する」という昭和天皇の
お考えは、後に米国務省極東局から、講話条約の米国全権ダレス特使へと引き継がれていきます。



...............................................................................


この天皇メッセージのメモですが、
沖縄、日本、そして日米同盟の未来を驚くほど深く洞察されたご提案だと思います。

要点を列挙してみます。

<昭和天皇のご提案のまとめ>

(1) 米国が沖縄の軍事占領を継続することを望む。

   =>目的:米国の利益になると同時に日本にロシアの脅威に対する防衛力を提供する

   =>目的:占領が終わった後の、
      左翼・右翼団体が事件を起こし、それをベースにソ連が内政干渉することに備える。

(2) 米国の沖縄占領は、日本に主権を残し長期租借という形で行う。、

   =>目的:米国が永久占領する野心がない事を日本国民に示し理解を得る

(3) 日米の二国間条約で締結する。

   =>目的:ソビエトや中国が日本への進駐を要求することを阻止できる


昭和天皇のご提案は、ソ連の日本侵略を最も警戒されていたことがわかります。

1947年9月の時点では、
日本の戦後復興の最大の敵は、米国ではなく共産主義勢力だと見抜かれていたのです


また、講話条約の締結の方法についても鋭い洞察をされていました。

連合国と平和条約を交わした場合、他国も米国と同じ権利を要求してくるから危険だと見抜かれ
日米の二カ国での条約締結を提案されていました。
ソ連や中国に分割占領される危険性を回避されたのです。


さらに、
60年安保闘争や70年安保闘争が起きることを予測されていた文章も記載されています。

また、昭和天皇は、
占領が終わったあとに勢力が拡大した左翼や右翼団体が事件を起こし、
それを土台にソ連が内政干渉始めるのではないかと心配をされていたようです。


終戦直後に日本にコミンテルンが入り込み、共産革命を狙っている事も把握されていたことが伺えます

この事実から、
昭和天皇は、当時のどの日本の政治家よりも、
戦後復興における日本の安全保障の危機、共産勢力の工作の危機
正しく見抜かれていたのではないかと思います。

しかし、沖縄を米国の施政権下に置くというのは苦渋の決断だったのだと察します。
その思いは、崩御されるまで持ち続けられていたのです。



(仲村覚)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



ここでは大抜粋ですので、どうぞ元記事・原文をお読みください!

ここからわかるのは、沖縄という地理的条件により、
中国・ロシアからの領土侵略と、共産化の危険が濃厚にあったということです。

終戦直後であっても、米軍からの侵略はなくなっても、中ソからの事実上の侵略の危機は絶えず
あった、いや、むしろ、ソ連が日本が軍事放棄した途端、北方領土を武力で奪ったように、
また、後日、軍事組織を持たない隙に韓国が竹島を奪ったように、以前より、軍事的にも経済的にも
国力が脆弱していた日本にとって、よほど深刻な懸念であったということがわかります。

そして、それを、日本政府のどの政治家より、もしかしたら昭和天皇は実感していたのかもしれません。

軍部はそれぞれの持ち場の事情しか長けていないというのが現実です。
が、天皇陛下は、それぞれの軍部の事情も、政治事情も、他国の事情も、国際関係の事情も、
じつは、それぞれすべてのエキスパートから直に情報を得られるという立場にあったのです。

まさに、国民、国のことを「知らす」存在であったからそうあったわけですが、
であるから、あのような、
今聞くと予言にも聞こえるような、的確な懸念と対処の提言が可能であったのだと思います。



もし、あのとき、
日本に軍人と、政治家しかいなかったら・・・

もしかしたら、このような日米同盟も条約もなかったかもしれません。


もしかしたら、沖縄はもうすでに、
中ソどちらかの支配下にあったかもしれないと思うのです。


もし、沖縄が中共に侵略されていたら・・・
今頃は、九州・本土も、かなり、侵略と汚染が進んでいたことでしょう・・・

そうでなかった・・・という仮説を論理的に証明するほうが、難しかしいのではと思います。

兎にも角にも、
陛下が常日頃から、
日本のこと、日本人のことを、心から気にかけ、心から心配して下さっていたから、
われわれ国民のことをいつもお守りくださっていたからこそ、
沖縄を守る米軍基地が残り、沖縄が日本に戻り、沖縄は、日本は守られたのだと思うのです。


これは、沖縄の人たちにとっても、本土の日本人にとっても、
これが日本の真実。
われわれ日本人の真実なのではないでしょうか?


・・・・・・・ 追記おわり


陛下の先見の明と、国民への愛に感謝します。

日本にうまれてよかった。
日本人にうまれてよかった。



『すめらぎいやさか』
陛下の御代が一日でも長く続きますように・・・






【沖縄】 天皇陛下奉迎 提灯大パレード 1/5
 天皇陛下奉迎沖縄県実行委員会

動画は自動的に次の動画へと進みます。 1~5まで



天皇陛下奉迎 提灯大パレード 5/5


パレードの参加者は7000人。

沖縄県民による歓迎祝典の舞い、歓迎スピーチ、
陛下への謝意と愛、
「君が代」、「天皇陛下万歳!」の提灯パレード、
陛下があらわれたときの県民の真の姿、真の心情・・・

これをマスコミは報道しません!!
「憲法」に保証された「報道の自由」によって・・・




天皇陛下と沖縄・・・

「硫黄島の御霊 ①」 日本を守った2万人
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-999.html

「硫黄島の御霊 ②」 天皇陛下の慰霊 
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1012.html








<その他 参考記事>

日本人は自分のことをよく知らない
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-558.html

なぜ日本人は「日本人らしさ」を失わずにこれたのか?
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-631.html


再★宮中祭祀 皇室の祈り 1
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-971.html

再★宮中祭祀 皇室の祈り 2
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-986.html

再 皇室についてこれだけは知っておいてほしいこと ①
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-774.html

再 皇室についてこれだけは知っておいてほしいこと ②
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-775.html

日本人が知らない天皇の価値と役割
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-757.html

『 君が代 』
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-230.html

★ 日本人のプライド ③ ー 欧米が驚愕した天皇陛下と日本人  ー
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-228.html

うまし国 言霊の国 の日本
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-412.html

★ ルーズベルトへの手紙
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-571.html

再考 建国記念日
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

【世界最古の君主国日本】 田中英道
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-671.html

大日本帝国が世界で初めて提案した『人種差別撤廃案』
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-812.html

アムステルダムの光芒 【照らされた日本の誇り】
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-808.html

『日本人にしかできないこと 「共存共栄」の思想 』
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-295.html



関連記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示