ひだまり    今は古事記に夢中! 2013年08月

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「カロリー ゼロ」 や 「カロリーオフ」 にはご用心!!


昔はよく「コーラを飲むと歯や骨が溶ける」といわれたものですが、
実際にはそんなことはなく、これは都市伝説のようです。

かといってコーラが体に「悪くない」ということではないので、糖分や合成の添加物には注意しなければ
いけません。

「どっちがより安全?”飲んではいけない”炭酸飲料4つ」の徹底比較に引き続き、
科学ジャーナリストの渡辺雄二さんの
『食べるなら、どっち!? 不安食品見極めガイド』から、
コーラの選び方をお伝えします。



■褐色を出す色素に注意
大人は別として、子どもには問題ありのコーラ。
その理由として挙げられるのが、独自の褐色を出すために使われているカラメル色素。
カラメル色素には4種類あり、そのうち2種類には原料にアンモニウム化合物が使われていて、
副産物として4-メチルイミダゾールという化学物質ができます。

これは発がん性物質であることが動物実験でわかっています

日本で売られているいずれのコーラ製品にもこの4-メチルイミダゾールが含まれているのです。
それでは製品ごとに詳しく見ていきましょう。


■『コカ・コーラ』 vs. 『コカ・コーラ ゼロ


『コカ・コーラ』
カラメル色素とカフェインが添加されているので、子どもの健康にはよくありませんが、
合成甘味料を使っていないため飲むならこっちをおすすめ。

『コカ・コーラ ゼロ
カラメル色素とカフェインに加え、脳腫瘍を増加させると指摘が出ているアスパルテームや、
肝機能や免疫に悪影響の恐れがあるアセスルファムカリウムスクラロースも含んでいるので
飲んではダメ。



■『ペプシネックス』 vs. 『キリン メッツ コーラ』

ダイエットタイプの『ペプシ ネックス』
カラメル色素とカフェインに加え、アスパルテームアセスルファムカリウムといった
合成甘味料が使われているので NG

同様に
『キリン メッツ コーラ』カラメル色素とカフェイン、アスパルテーム、アセスルファムカリウム、
スクラロース
の使用により 両方飲んではダメ。



カフェインは子どもの脳には刺激が強すぎて興奮したり眠れなくなったりするので、
どの製品ともお子さんには不向きな飲み物です。
大人にとっても人工の色素や甘味料の危険性が明らかなようです。

冷やしたコーラは甘さも感じにくく、ついたくさん飲んでしまいがちですが、
あまり飲み過ぎないようにしましょう。



.................引用転載おわり




「コカコーラ」というと、昔からなんとなく「健康に悪い」というイメージがあります。
でも、「なんとなく悪い」と思いながらもついつい飲んでしまう・・・
「だって、みんな飲んでるじゃない」 そんな自己弁護の声が聞こえてきそう。

でも、心のどこかで少し後ろめたい気持ちがあったのは確か。
だから、たとえば、中高年になって生活習慣病を考えるようになってから、または、
自分が親になって子供には気遣うようになりますよね。
そして、「少しでも健康にいいもの」を気にするようになり、
そんな心理につけ込むのが、テレビ、マスコミのCMです。

これまで無頓着だった人は「知識」がない。
だから、テレビで、CMで「からだにやさいい」とか「からだに〇〇」とかいう謳い文句を聞くと
すぐに「これだ」と飛びついてしまう。
そこが手なんです!

そういう「にわか健康志向者」が、つい、引っ掛かってしまうのが、
「カロリーゼロ」 「カロリーオフ」 「一日分の〇〇配合」「体にやさしい」
・・・などなどという「謳い文句」(釣り文句)なんです。

でも、そこにこそ 大きな落とし穴 が隠されていたんです。

上記にあるように、一見健康によさそうな「カロリーゼロ」や「カロリーオフ」とい商品ほど
逆に もっと 体に悪いもの だったのです。

過剰なカロリー摂取はもちろん体に良くありません。
しかし、体に良くないからとカロリーをカットしても、カットしただけならいいですが、
その代りに「体に悪いもの」を入れていたんでは何にもなりません!

でも、そのからくりを一般消費者は知りません。
知らないから、
国民に知らせないから、それが出来るんですけどね。

ああ、例の「医療被曝」とかと一緒です。
何か事故が起きて、大きな犠牲が出るまで、国民はその危険を知らされないのです。

隠しようがないほど大勢犠牲者が出るまで・・・


清涼飲料水だけでなく、
一見健康によさそうな「健康や美容を考えた」謳い文句のドリンク商品のほとんどが、
じつは、上に挙げた アスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロース など
有害物質、発がん物質が含まれています。

さあ、あなたも、
今度コンビニやスーパーに行ったとき、いつも買ってる清涼飲料水、栄養ドリンク類や、ヨーグルト、
デザート類、ジャムやソース類、缶チューハイや「マッコリ」類・・・などなど、
前々から気になっていつか飲もうと思っていた商品などを手に取って、それをひっくり返して
「表示」を見てください。

そこに、「アスパ…」なんとかとか、「アセス…」なんとか
または「スクラロース」などという名前が、十中八九入っているはずです。

もし、あなたがダイエットを気にしていたり、「カロリーオフ」に魅力を感じている人であれば、
おそらく、これまで相当な「量」の有毒合成甘味料を摂取していたことになります。


「有害っていうけど、でも、みんな飲んでるじゃない」
「発癌性があるっていうなら、厚労省が認可しないんじゃない?」


そう思う人もいると思います。

でもね、
あなたは知らないでしょうが、
この日本(厚労省)が「有害と認める合成化学物質の数」は、
アメリカの約8分の1、ドイツの約50分の1「緩さ」なのです。

これがどういう意味か解りますか?
つまり、日本では、
アメリカの8倍、ドイツの500倍の有害物質や発癌物質が許されているのです。

つまり、
自分の健康を本気で守ろうとしたら、ほとんど自己責任で情報収集しないといけない状態です。
だって、厚労省が信用できないんですから。

それでも、
「でも、みんな飲んでるじゃない?」 という人がいるでしょう。

そうです。
知らずに飲んでる日本人は、ある意味「人体実験のモルモット」・・・と言えるかもしれません。
でも現実そうなんです。
立派な先進国であるこの日本で、長期的な、大がかりな、人体実験をしているようなものです。

「でも、そんなことして健康被害が出たら、たいへんな賠償問題になるのでは?
 そんなこと国が許すかな~」

と思う人もいるでしょう。

でもね、国は大丈夫なんです。
だって、ほとんどの人は、「その問題の成分ひとつだけしか摂っていない」…なんて人、
いないでしょう?

われわれは、知らずに、あらゆるリスクを毎日毎日、体に取り入れているんです。
ありとあらゆる合成化学物質、電磁波、放射能だって・・・

だから、健康被害が起きたとしても、それが何の原因でそうなったのか?
それを証明することはほとんど困難です。

ほんとうにそれを証明するのは、とてつもなくたいへんなこと、
しかも、やるのは自分です。
国が証明してくれるわけではありません。
だって、被告と原告の立場ですから。

あと10年、20年経ってから、
「あれは人体に有害だということが分かりました」
「特に、小さいお子さんや、これから出産を希望する女性や、妊婦の方、
または、こういう体質の方は、けっして摂らないでください」
・・・などと急に言われたって 「もう遅い!」 ですよね。

だから、「国が認めている」と言って安心しないで、
情報は自分で取ってきて、自分で判断して、自分の身は自分で守るしかないのです。


一個一個の商品にはそりゃあ微々たる量かもしれません。
きっと製造者は、それを認めている厚労省も、そう言い訳するでしょう。
「ただちに悪影響が出るものではない」・・・と。

でも、ほんとうに見てください。
あなたのまわりを。この現状を!
わたしたちが毎日口にする、あなたのお子さんが毎日口にするありとあらゆる食品の中に
それらが含まれているこの現状を!

それらを避けるのがたいへんなくらい、いつの間にかしっかり「侵略」されています。

たとえばあの「カルピス」だって、
昔からなじみの日本を代表するいかにも「良心的な」イメージの商品でさえ、
裏の成分表示を見てください。
わたしはそれを知った時、がっかりして裏切られた気持ちでした。
「ブルータス おまえもか・・・」 です。
「ダイエットカルピス」を作り出したときから、かれらも魂を売ったのでしょうか・・・。

何でそんなものを使いたがるかって?
きっとそれは、「カロリー表示流行り」のせいではないでしょうか?

昔はきっとそんなもの使っていなかった。
でも、時代の波に押されて、マスコミの作った偽「健康ブーム」に魂を奪われて、
本当はそんなもの要りもしないのに、「カロリー数値」を下げるだけのために、
じつは健康に反するものと知りながら
「政府が認めている範囲なのだから…」という免罪符で自己弁護してしまったんでしょう。


マスコミは、本当に消費者にとって大事な「成文表示」(内容成分)ではなく、
「カロリー」ばかりをクローズアップして、「カロリーの数値」だけを消費者が気にするようにして、
それが「売り」になるように、業界が一斉に右倣え!になるように「仕向けた」んでしょう。

その結果、内容成分の是非よりも、消費者の「本当の健康」よりも、
ただ「売れる」 「売れなければならない」 ということだけが、
製造者、販売者に重要視されてしまった結果だと思います。

ま、知っててやってることには変わりはないのだから、
どっちもどっちで「魂を売り渡している」ことには違いありません。

え?それとも、
「それは開発者(製造チーム)が勝手にやったことで、わたしは何も知らなかった」
とでもとぼけるつもりでしょうか?
どっかの野球のボールじゃあるまいし?

そんな言い訳なんかしてほしくない。
だって、実際、そういう成分を入れていない製造者や商品は存在するのですから!
「からだに悪い成分は入れていません」という姿勢を貫いている企業や製造者もいるのですから!

消費者は賢くなって、そういう安全な、本当に健康にいい商品を選んでください。
そして、
そういう「良心的な製造者」や「良心的な商品」をこそ、支持して応援してほしいのです。

これ以上悪徳業者が蔓延らないために。
悪貨が良貨を駆逐する・・・なんてことにならないように。




飲めば飲むほど太る「ダイエット飲料」


「調味料 (アミノ酸等)」の裏側に化学調味料あり


味覚障害だけじゃない! 激辛&外食ブームに潜む3つの恐怖!!

経皮毒 ~ 神様からのギフト
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-129.html


経皮毒 ~ 悪魔の錬金術
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-144.html


化学物質過敏症の話

『化学物質過敏症の少女1』 http://www.youtube.com/watch?v=qiTI_5_eLVc&feature=related

WHOがようやく認めた 携帯電話の発がんリスク

「香りのカプセル」はほんとうに日本人に必要か?
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-637.html



悠香「茶のしずく石鹸」で小麦アレルギー患者1500人超に
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-685.html





関連記事
スポンサーサイト

「たかじんのそこまで言って委員会」保存版 2010.2.28  がっかり TOP10 五輪の信義を問う

 『ブログ(過去記事)再公開のお知らせ』

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


そういえば今週24時間テレビで「たかじん」がお休みだったので
これはオマケです。
話題や出演者がちょっとなつかしいくらい昔ですが、
せっかくとってあったし、まだ消されていないようなので紹介します。


たかじんのそこまで言って委員会 2010.2.28  
がっかり TOP10


10位 反捕鯨問題への民主党政府対応にがっかり
9位 幕末ブーム「竜馬伝」にがっかり
8位 TOYOTAのリコール問題にがっかり
7位 子ども手当にがっかり
6位 バンクーバー五輪の結果にがっかり
5位 就職超氷河期 内定率にがっかり
4位 相撲界の醜聞にがっかり
3位 野党自民党の谷垣総裁の情けなさにがっかり
2位 小沢幹事長の続投・不問にがっかり
1位 鳩山総理にとにかくがっかり

司会:やしきたかじん,辛坊治郎 (読売テレビ解説委員)
出演:三宅久之、田母神俊雄、桂ざこば、玉木正之、勝谷誠彦、宮崎哲弥、浅尾慶一郎、熊田曜子

http://youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-entry-3360.html





2010年ということもあり、
あのバンクーバーオリンピックでの浅田選手とキムヨナ選手の対決についても語られます。
マスコミで唯一ではないですか? 
真央ちゃんをここまではっきり正当評価してくれたのは。
さすが、たかじんの出演者は、当時の風潮に流されず「マスコミトーク」しないので
ほんとうに気持ちよく聞けます。

まあ、でも、
(今はおなくなりになった)辛坊氏だけは、しっかりお約束マスコミトークしていますがね…
たかじんさんでさえ、不自然なまでのキムヨナ擁護しているのが、
あの時期、どれだけマスコミが異常な韓国寄りだったかを顕しています。
意外な人から真央ちゃんの正当な評価を聞けて、今さらながらうれしい。
もう何年も前のことなのに、今聞いても慰められます。
そのくらい、当時のマスコミ報道はひどかった・・・!!


それから、
就職難の話題で田母神さん発言からそのまま自衛隊の話になだれ込んでしまったところなんて
やはり「たかじん」ならではですね。
三宅さんが必死に徴兵制を推奨しようとするのを、
横で田母神さんがさりげにおだやかに遮ろうとしているのがなんともGJでした。

欄外意見の田母神さんの「爆弾発言」にも注目してください。
日本の危機的状況の現実が分かります。
「これでは中国といっしょだ」という現実のおそろしさ・・・


また、三宅さんの自衛隊の就職についての話から波及した勝谷さんの戦争映画のエキストラの話で、
最初チャラ男が数回演技するうちにビシッと襟を正して帝国軍人になり切ってしまう・・・
という素晴らしいエピソードに、
思わず感動したところで、すかさずたかじんが
「だから日本人はこわいんだ」 と水を差したのだけは気に入らない。

わたしは聞きたい。
誰が こわいんです?」 と。
どうして日本人がそれを怖がる必要があるんです?
怖がってるのは、それを「嫌がる」のは、
そういう大和魂を持った日本人と闘いたくない敵対国 だけでしょう?

今、まさに、安倍政権下で国防強化の流れになっている日本をほとんどの国はそれを支持していますよ。
むしろアジア諸国は歓迎しています。
もちろん、お隣を除いてね。

2010年という時期を考慮しても、あの執拗な「キムヨナ擁護ヨイショ発言」に加え、
このたかじんさんの発言にだけは、
 がっかり しました。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「たかじんのそこまで言って委員会」は、マスコミ最後の良心 と言っていいでしょう。
新聞、テレビでは普通言えないこと、聞こえてこないことも、
ここではバリバリ保守の日本人としてのど真ん中発言 がたっぷり聞けます。

それでも、東京方面だけ放送してない(放送できない)というのが、
まだまだ日本のマスコミのブレないところです。
そんな東京方面の方、また自分のように日曜にゆっくりテレビが見られない方のために、
これまでの放送で保存版として残しておきたい動画を順次上げていきたいと思います。




。。。。。。。ところで、「たかじん」ってどんな番組? 。。。。。。。

「たかじんのそこまで言って委員会」とは、
2003年より読売テレビが制作・放送しているテレビ番組である。
毎週日曜日 13:30~15:00(一部地域は30分前倒し放送されるところもある)に放送中。
出演者などによる「右」よりな発言が多いせいか、右翼番組と言われることがある。
中部以西ではほぼ全ての地域で放送されているが、日テレでは放送されていない
日テレで放送すると、各方面からの圧力で言いたいことも言えなくなり、
たかじんや宮崎哲弥などが日テレに放送を流すのをかたくなに拒んでいる。
過去に、関東に放送されていないということで出演したゲストもいる。
関東では伝説の番組と言われているらしい。

司会
やしきたかじん(歌手・司会者)、
辛坊治郎(元読売テレビ解説委員、現在フリー)
※最近は、ときどき他の人が臨時司会することもある。

たかじんは食道がん、その他諸々の為、一時休養していたが
2013年3月24日の放送から復帰した。
・・・が、再び体調不良で休養中。

たかじんの再復帰が危ぶまれた頃から、番組の傾向が怪しくなってきた・・・
もちろん、左翼は番組終了を祈願しているのだろうが、
そう易々と希望通りになっては、ますます反日マスコミの思うつぼである!!

最近の動向として
「もう終わった」だの「終わらせた方がいい」だのという意見が見られるが、
それこそが「反日左翼の希望」であるので、わざわざ叶えてやることはない! 
と、わたしは思う。



よく出る人
桂ざこば(落語家)
津川雅彦(往年の大俳優)→ おっとりした老人のようだがときどき的を得た鋭いことを言う
田嶋陽子(フェミニスト)ガチガチ左翼代表。悪魔のジェンダーフリー思想信望者。 
(いつも叩かれているが、この人が居るからこそ左翼の論理破綻さが浮き彫りになり、
まっすぐな日本人にとって反面教師的貢献をしていると云える)

宮崎哲弥(評論家)
勝谷誠彦(コラムニスト) 番組スタッフとの摩擦(?)でいつの間にか番組を降板
村田晃嗣(同志社大学教授)
金美齢(元台湾総統府国策顧問)日本を客観的に見つめる立場での日本愛国者。
山口もえ(タレント) ときおり議論が白熱し殺伐とする中での癒し的存在。
竹田恒泰(作家・憲法学者) ※「竹田恒泰って何ぞや?」
加藤清隆(元時事通信社 政治評論家)
井上和彦(軍事ジャーナリスト)

最高顧問
三宅久之(政治評論家) ものすごい情報網と人脈をもつ元毎日新聞政治記者。


たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html




※ あわせてこちらもご覧ください。

「永遠の0」作者 百田尚樹が国防軍・憲法改正の反対者に物申す!!

神風特攻隊についての海外の反応 と 百田尚樹 『永遠の0』

宮崎駿監督「風立ちぬ」は日本人精神そのもの ③ 


★たかじんのそこまで言って委員会 大改憲論 SPその②  津川雅彦の神発言
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1032.html

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!! 

※ ↓ 左翼の異常さ! がよく分かります。
小学館の 復刻版 『日本国憲法』 は おかしい・・・
※これと「風立ちぬ」を見比べてください。
どちらが日本への愛にあふれているか、左翼とはどういうものか、どれだけ異常かが分かります。


関連記事

超 必見!! 竹田恒泰生出演 新作『終戦のエンペラー』​特番

もう映画を観ちゃった人、ごめんなさい。
でも、これ聞いたら、きっともう一度みたくなるはず・・・
もう一回確かめて、もっと日本のことを知りたくなるはず・・・!!

ぜひ、是非、ご覧ください!!  ↓ ↓ 

これでもかっ っていくらい 目からウロコ情報がいっぱい!!
竹田恒泰生出演 新作『終戦のエンペラー』​特番









これはハリウッド映画だから、
アメリカ人目線で「アメリカによって天皇が救われた話」という視点で描かれていますが、
日本人がこれを見るときは 「天皇陛下が日本人を救った話」という視点、
「天皇が救われた話」ではなく「日本人が救われた話」という視点で見てください。
BY 竹田恒泰




<参考記事>
★竹田恒泰の 誰も知らない「 昭和天皇と昭和論 」
小林よしのり…なんて胡散臭いもの読んでないで、本物の「昭和天皇論」を聞こう!


★日本人が取り戻さなければならないもの・・・「海の日」はなぜ祝日であるのか?

竹田研究会入門④「古事記入門 Ⅰ」古事記を読むまで死んではいけない!
竹田研究会入門⑤「古事記入門 Ⅱ」「古事記」は選んで読むべし!



誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①「国民主権」ってほんと?
誰も知らない「日本国憲法」の真実 ② 日本国憲法は破棄してはいけない!!

小学館の 復刻版 『日本国憲法』 は おかしい・・・

「 憲法学者というのは、そもそもが 左翼 ばっかり! 」 

「歴史学会というのは左翼だから 教科書には左翼の言い分しか載らない」

竹田恒泰って何ぞや?






関連記事

たかじんの「竹田恒泰 いったい何者?」  ~ 竹田恒泰って何ぞや? Ⅱ

                 
竹田恒泰いったい何者なんだ?

たかじんのそこまで言って委員会 2013.7.21  祝10周年 温泉 出張 スペシャル!
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1118.html
の中の、竹田さんのコーナーだけ抽出してくださった方がいましたので
ここに紹介します。  いやいや、いい保存版ができた! (^-^)v

動画主さま、感謝です!! m(__)m♡

















※もっとくわしいプロフィールを知りたい方はこちら ↓
★『竹田恒泰とは何ぞや?』①
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-987.html



関連記事

竹田恒泰 「歴史学会というのは左翼だから 教科書には左翼の言い分しか載らない」

竹田恒泰
「歴史学会というのは左翼だから 教科書には左翼の言い分しか
 載らない」


竹田さんが常々言っている
「左翼が教科書を作っているから日本の教科書は嘘ばっか!むかっ
だということを「たかじんのそこまで言って委員会」で語っていたのを
なんと、書き起こししてくださっていた方があったので、ここに紹介させていただきたい
と思います。

書き起こし 素晴らしい!! 感謝です!!
動画だとつい聞き逃しがちな大事なことが文字で確認することができます。
動画と合わせてぜひご覧ください。 m(__)m

高校教科書検定
文科省が教科書の改善要求を出すには
学会誌に書いてないと門前払い


たかじんのそこまで言って委員会 2013.04.07
出演:やしきたかじん、辛坊治郎、
津川雅彦、桂ざこば、宮崎哲弥、加藤清隆、井上和彦、田嶋陽子、竹田恒泰、森崎友紀

※教科書問題については、39分すぎくらいから!


以下 書き起こし 
http://heikoukadoukyoujyaku.blog.fc2.com/blog-entry-687.html より抜粋転載~ 
(理解しやすいように、補足説明と改行を加えました)m(__)m


(ナレーション)
良い国(1192年)つくろう鎌倉幕府…
そんな語呂あわせで おなじみだった鎌倉幕府成立の年について
近年有力な1185年(頼朝が守護・地頭の任命権を獲得)など、
6つの説をまとめて紹介する高校教科書が来年の春から採用される。
源頼朝や足利尊氏などお馴染みの肖像画が別人の可能性があるとして掲載されなくなった
ケースも…。

これは先月末 文部科学省が行なった高校教科書の検定結果を経て判明したもので
主要10教科の平均ページ数は、現行版に比べ15%増加。脱ゆとり教育の総仕上げ
とされている。
その中身はと云えば、 iPS 細胞・なでしこジャパン・さかなクン・東京ガールズコレクション
など最新の話題や人物が続々登場。
発生から2年を経た東日本大震災や東京電力福島第一原発の事故も取り上げている。

ただ、領有権をめぐり中国・韓国と主張が対立する尖閣諸島や竹島については一応の記載
があるものの『日本固有の領土』『不法占拠されている』など
日本の主張の正しさをきちんと記述するまでには至っておらず、
一方で 慰安婦問題で軍の関与をほのめかす記述がある
などいまだ自虐史観を強く反映する
教科書も見受けられる。




(竹田恒泰)
今 学習指導要綱そのものを見直そうとしてますよね。
要するに学習指導要領に則った教科書かどうかを検定するわけで、
学習指導要領というのは、10年に1度ぐらいのペースで変えているのですが、
安倍政権はもっと臨機応変に変えなきゃいけないということで
それで直ぐ改定作業に入るということで義家政務官がいってますので
多分これから安倍色の教科書をつくっていく流れに入って行く。

(中略)

何で沖縄タイムズとかがバッシングするかというと
要は集団自決の可能性があったと書いてあるけど
それは「強制連行」だと書くべきだと彼らは考えているわけです。

それで集会とかやって、次の検定の時は「軍からの強制があった」と書き込む。
それが入るまでは絶対納得しないとか言って
今回は 右からも左からもボロくそに言われているという そんな感じの検定です。


(田嶋陽子)
でも、沖縄の人が騒いだから集団自決が軍の力で、
そういう事もあったということにやっぱり触れたので、今までよりはベターになって
いるわけで、私はベターになっているから(良かったと)言っただけで 

もう1つあるの… 従軍慰安婦の問題だけど
従軍慰安婦って軍の関与もまったく無いとは全面否定してないわけよね。
スマランの所でオランダ人の女性たちが抑留されてたんだけど、
24人が軍に連行されてそこでもって性奴隷にされた。
その事実は 例え 短期間にしろあった訳で それは本当 100分の1のことであって
私ら いろいろ調べたからみんな判ってる んだけど 
だからそういう事を まったく全面否定しないで・・・


(竹田恒泰)
ちょっと… ちょっと田嶋さん 田嶋さんいいですか、
田嶋さんが調べたかどうかというのは、教科書とはハッキリ言って
関係ないんですね。


教科書をどういうふうに作るかというと
歴史学会 つまり 学術系の雑誌に載っているかどうか なんですよ。
要するに文科省が改善要求を出すときというのは、
「どこの学術書にこれが書いてあるのか?」 (が問題になって) 
「書いてないではないか」 といって ハネる(却下される)のです。



(宮崎哲弥)
歴史学会というのは公正なんですか?


(竹田恒泰)
公正じゃないです。
今までの歴史学会って ハッキリ言って 全部 左翼なんですね。
だから (仮に誰かが調べて正しいことを発見してそれを主張しても)
「どこの学会誌に載ってるんですか?」 と言われちゃう。
学会は 全部 左翼だから
(保守的な正しいことは「学術書」に)出てないわけです。


さっきの田嶋さんみたいに、
(保守とは)逆の立場で「 事実です」と言っても、
「学会誌に書いてないでしょ」 と言われて却下なんで、
昨年 保守派の先生たちが集まって、「まともな歴史学会を一個でもつくろう」と言って
(自ら)「日本国史学会」というのを立ち上げたんですよ


だから 是非 皆さん論文を書いてほしいの。
(保守派の)学会誌 出してるから。



(宮崎哲弥)
まあ… 私は 歴史学者が100%左翼だとは思わないけど

(田嶋陽子)
すぐ そういうレッテル張りするのサイテー

(津川雅彦)
勉強不足に違いないとは思うんだよね。 (田嶋氏に反論)


(宮崎哲弥)
歴史学会の中で対立が起こるわけですよね。
まったく違う見解の論文というのは有り得るわけ
1つの事象に対して。
その時にどちらを選ぶの?


(竹田恒泰)
教科書は こういう意見もあるとかいうふうに書く場合もあるのですが
学会誌に載ってないと「こういう意見もある」ということすら書くことができないんですね
後は 通説かどっちかということになって 通説になると基本的なものとして書けるようになる。
だから まともな歴史学会をしっかり作っていかないと将来 教科書は良くならない。

そこが 根本。
何でこんなに我々が苦労しているかというと そこなんですよ。
受け皿がないと そういうふうに思ってて(解ってて)も(教科書に)書けないんですね。

尖閣・竹島の問題でも記述が甘かった。
政府見解をちゃんと書いた教科書が一つもなかった。
つまり『韓国が不法占拠をしている』と書いた教科書が一個もなかった
それどころか、「韓国がこう主張している」とか、
敵国の考えをわざわざ教科書に書いたところもあったわけです。


(井上和彦)
だから竹田さんね、「近隣諸国条項」があるじゃないですか。
結局 教科書を作るときに 中国・韓国 こういう反日国家の人たちの顔色も伺ってやりなさいと。
こんなバカな国の教科書なんて…。


(田嶋陽子)
そんな事ないよ。
例えば沖縄だって軍の関与がなかったと書いたのに対して もの凄く怒って騒いだから
ちゃんと今回は少しマシな書き方をしたんでしょ。
だから教科書を作るときは やっぱり他の国の人にだって
日本との事実を きちんと聞けばいいじゃないですか。それがフェアですよ。
勝手に日本だけが思っていることを書かない方が良いですよ。


(井上和彦)
それは事実じゃない。違うの。自分たちのイデオロギーに基づいて


(津川雅彦)
縄文土器が世界最古だというのは知ってたかい?
(観客席にいる新入社員たちに聞く)
そういうこと自体も勉強してないんだから。


(竹田恒泰)
世界最古の磨製石器が日本だということも知らないよね。
(観客席にいる新入社員たちに聞く)


(津川雅彦)
田嶋さん それが自虐史観というの。
自分のところが世界最古なのに (教科書に)「世界最古」と書かない。


(田嶋陽子)
別に最高とか最低とか そういう話っておかしいじゃん。


(津川雅彦)
おかしくないよ。


(田嶋陽子)
どこの国だって 自分の国のことは最高と思っているんだからさ。


(津川雅彦)
なんで縄文土器が世界最古がおかしいんだよ。
世界最古は世界最古じゃないか。 世界最新は世界最新じゃないか。


(田嶋陽子)
何において比べるのよ。(勝手に)誇りにしてればいいじゃん。
そういう右翼 大嫌い。


(津川雅彦)
右翼?


(竹田恒泰)
(日本が最古だということは)
事実だから しょうがないじゃない。


(津川雅彦)
事実じゃないか。


(田嶋陽子)
私 本当にレベル低いと思う ここで議論していること。


(津川雅彦)
縄文土器は世界最古なんだよ。


(田嶋陽子)
分かった 分かった。(笑) 分かった 分かった。(笑)


(津川雅彦)
何が 分かった 分かっただ。
お前なんかが分かったって しょうがねぇんだ。


(田嶋陽子)
みんな知ってるんだよ  そんな事くらい。 
嘘! ↑ 現に読売テレビの新入社員たちは知らなかったじゃないか! 
レベル低いよね。
(反論できなくなると根拠もなく相手を誹謗して議論から逃げる!
  ↑ 「お前の母ちゃんデベソ!」的幼稚思考 )



(津川雅彦)
お前が レベル低いんだろ (怒)


http://heikoukadoukyoujyaku.blog.fc2.com/blog-entry-687.html


。。。。。。。。。。。。。。。 引用転載おわり  (ちょっと加筆)



田嶋脳(左翼)がどんだけ論理破綻しているかが、ここでもよく解りましたが、
重要なのはここです。
竹田氏は、ただ感情論で「歴史学会は左翼だ」とか「憲法学者は左翼だ」とか言ってる
んじゃない んです。

そういう「現場」に実際足を踏み入れて(試みて)、その現実が身に染みてわかっている
から言っているんです。
どっかの誰かみたいに、洗脳目的で根拠のないデタラメを言っているわけでも、
洗脳されて、根拠も知らずにムードだけで言ってるわけでもありません。

その証拠に、
「学術誌は左翼の言い分ばかり」」だから、それを何とかしようと
自分で新しい学術誌を立ち上げたのです。

本当のことを言っているだけでは認められないので、
本当のことを書いてある「学術誌」を有志を募って自ら作ったんです。

そこまでした保守派がいたでしょうか?

そこまでいた学者がいたでしょうか?

でも、左翼はそこまでしてきたんです。

だから、いつまでたっても
日本の教科書は、歴史認識は 左翼のいいなり だったんです。

いくら正しい研究でも、いくら正しい証拠があっても、
いくら一般の雑誌や書籍で真実を訴えても、それでは教科書は変えられない

だから、そういう現実をなんとか打開しようと、
自ら「本当の日本人の主張が言える場所」を作ったのです。

番組(編集)ではさらっとスルーされていますが、
これは、とてもたいへんなこと、すごい ことだと思います。
本来なら、
「へええ~、そこまでしたの!」
「自分で作ったの? それはすごいね!
くらいの反応があってしかるべきです。

わたしも竹田研究会でそれ「日本国史学 第一号」を買いました。
「学術書」なので、普通の読み物ではなく、いつもの竹田氏の面白く解りやすい著書とは
趣が違いますが、氏の志に打たれて一冊購入し、我が家の神棚に供えてあります。
記念すべき「第一号」ですからね。

テレビではそこまで伝わらないけれど、これを簡潔に要約すると、
「左翼学界に牛耳られている学術書しかなかったために
いつまでも教科書の記述が変えられないと知ったから、
自分たちで新しい学術書を作って、そこで日本人として正しいことを主張し、
それを元にこれからの教科書の記述を改めてもらえるように今努力しています」

ということなのですから、
軽く、
(宮崎哲弥)まあ… 私は 歴史学者が100%左翼だとは思わないけど
(田嶋陽子)すぐ そういうレッテル張りするのサイテー
などという一言で片づけられる話ではないとわたしは思います。
(まあ、番組側の編集なんでしょうけど)


それに、勝手に日本の価値観をダメなものとして決めつけて、
いつも「レッテル張り」してる張本人は田嶋さんです。
竹田さんは、現実にそうだから教科書の記述が改まらない
・・・という話しているだけです。
「やってみたことがない人には解らない現実」を語っているだけです。
それが重要なのであって、
「レッテル貼り」という言葉ひとつで、竹田氏の貴重な提言をないがしろにすべきではないと思います。

「保守派の学会誌を作ったからどんどん書いて出してね」 という貴重な提言を。

だって、言うだけなら、
批判するだけの人ならいくらでも知っていますが、
そこまでした人がいますか?
相当な思いと、よほど強い意志と力(人脈)がなければできないことではないですか?

ここの誰もそのことに気が付いていないようですが、
(気づかせないような編集になってますが)
「学術誌を立ち上げる」ということは、
自分の言いたいことを書ける既存の雑誌に投稿するのとは訳が違います!


それだけは、ここで確認しておいてほしいと思います。




★「憲法学者というのは、そもそもが左翼ばっかりなんです」 by 竹田恒泰

★竹田恒泰 ~ 嘘だらけの日本史教科書  稲作は朝鮮半島伝来ではない!


「古事記入門 Ⅰ」 古事記を読むまで死んではいけない!

「古事記入門 Ⅱ」 「古事記」は選んで読むべし!
(※↑くだんの「縄文土器」についての情けない現状についてはこちら!)

「縄文土器が世界最古」
だということは、「どうでもいいこと」なんかじゃないです。
それが意味するのは、「世界の発掘事実において、日本の文明が最古の、当時最も高度な文明だった」
ということなのです。
世界のどの国でも、自分の国の誇りを子供に教えるのは当然のこと。必須のことです。
なぜなら、
「わが国の誇り」を子供に教えることは、国家の繁栄にとって最も必要なことだからです。

それを戦後奪われたまま今日まで取り戻せていないことを
日本人はもっと真剣に、深刻に考えなければならない。

この件は、津川さんの主張こそが日本人として正しい。
世界中の誰が聞いたって、その主張が正しい。
日本に強くなってほしくない、それだけを国是にしている隣の国を除いて・・・


<よく分かる 古事記と日本人についての講義 >

竹田研究会入門 ③ 「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか?」

なぜ憲法改正が必要か? ②  日本国憲法は日本人の幸せを保証しない

★小学館の 復刻版 『日本国憲法』 は 異常!! (おかしい・・・)

竹田研究会入門 ① 竹田恒泰って何ぞや?

竹田恒泰の 誰も知らない「 昭和天皇と昭和論 」
※小林よしのり…なんてうさんくさいものを聞いてないで、本物の昭和天皇論を聞こう!


★6/13 安倍内閣 
「従軍慰安婦」「南京大虐殺」など非確定事実を教科書から削除すると公約!

 こういう内閣を簡単に潰していいのか?



<追記しました>
※下のコメントのような言いがかりのために、情報を追記しました。

中国で発見の土器 世界最古か
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/700/124894.html


「中国から出土した最古の土器」の検証に疑い在り!
http://hensuiryuu-taijyutu.seesaa.net/article/273310656.htm
 ↑  ↑ 
中国の「言い分」は発表されただけで、世界に「認められた」わけではありません。
もし、本当に「認められた」史実なら、
もっと大々的にしつこく何度も何度もNHKが取り上げて喧伝しているはずです。
その後、黙~っているのは、嘘がすぐバレたからでは?
 ↑  ↑ 
これが中国の言い分を盲信してない(偏らない)正常な見識をもつ人としての通説です。


日教組やNHKによる「中国寄りのニセの日本史」の作り方http://hensuiryuu-taijyutu.seesaa.net/category/3894031-1.html
























関連記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示