ひだまり    今は古事記に夢中! 2014年02月

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

マスコミが報道しないフィギュアの真実! キム・ヨナ不正疑惑は日本人だけの疑惑ではなく、世界のプロスケーター(本物の専門家)たちがこぞって言及している。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1660.htmlより、丸っと転載。

2014年02月23日 11:26

■採点競技の不明確なことは、いつも指摘されていることだが、
韓国は国を挙げて「ロシアにキム・ヨナの金メダルが奪われた」と、
有力メディアまで再審査を求めるなどと大騒ぎしています。
いつもの事ながら、韓国人の脳みその構造が普通の人間と違うように思えてなりません。

韓国人は、バンクーバーオリンピック女子フィギュアの採点疑惑が、今回のソチどころでなかったこと
をすっかり忘れているようだ。
ソチオリンピックの女子フィギュアの採点疑惑を問題にする韓国人は、墓穴を掘っていることに気づいて
いないようだ。

そもそも、キム・ヨナは、誰れでもできる中学生レベルのジャンプを、もっともらしく演技して
減点の要素を低くすると、後は買収されている審査員が高得点をつけてくれることになっているのです。

バンクーバーオリンピックで浅田真央選手が女子フィギュア・オリンピック史上初の三回転半ジャンプ
を3回決め、世界中のオリンピック・メダリストから絶賛されていたことを
日本のメディアは殆ど報道しませでした。
また、日本のメディアはキム・ヨナ選手の不正疑惑得点を報道しませんでした。

バンクーバーオリンピックの審査員の中に韓国人1名と不正加点(減点)をしていた2名がいたことは
明らかになっています。

それは、ショート・プログラムで浅田真央選手が、トリプルアクセルを完璧に決めたにも拘わらず、
「3A+2T」の出来映え点を0点にした者が3名いたのです。

それにひきかえ凡庸なキム・ヨナの演技に、出来映え点を満点の3点をつけた審査員が1名、
2点が2名いたのです。

また、キム・ヨナの回転不足のトリプル・フリップに、2点の加点をつけた審査員が4名、
1点の加点が4名、加点無しが1名に対して、同じトリプル・フリップを完璧に決めた浅田真央選手は、
1点の加点が6名、マイナスをつけた審査員が3名いたのです。


以上バレバレの不正が行われていたのです。

女子フィギュア選手で誰もできない完璧なトリプルアクセルを決めても、
ショート・プログラムでキム・ヨナの点数が不自然に上回れば、フリー演技を前に頭が真っ白になり、
強烈なプレッシャーがかかるのは当たり前なのです。


このバンクーバーオリンピックのキム・ヨナの不正得点は、
歴代のメダリストも一斉に批判していました。


★ロシア;プルシェンコ(トリノ金、ソルトレーク銀、バンクーバー銀)は、
「浅田真央のレベルは人類史上最高だよ。俺が女だったら勝てないだろうね。
キム・ヨナは四回転を二回跳んだのか。」
と、不正得点を痛烈に皮肉っていました。


★ロシア;マリア・ブッテルスカヤ(1999年世界フィギュアスケート優勝)は、
「真央のトリプルアクセルが評価されないのはおかしい。理解できない」


★カナダ;エルビス・ストイコ(リレハンメルと長野の銀メダリスト)
「キム・ヨナの得点が異常に高い。キム・ヨナがあんなに上なのは同意しない。
真央のトリプルアクセルは、キムのトリプルルッツよりずっと難しいんだ。
トリプルアクセル&ダブルはもっと価値があるんだよ。トリプル~トリプルより勝つものなんだ。
この大差は悪い冗談みたいだ。それはもう本当に馬鹿げている。
女性選手がショート・プログラムでトリプルアクセルを成功させるなんて素晴らしい。
あれは本当に素晴らしかった。家で中継を見ていた全てのアスリート達がそう思ってるはず。」


★米国;サーシャ・コーエン(トリノオリンピック銀メダリスト)は、
「ヨナは、真央ほど難しいプログラムをやってない。私は本当に浅田真央を誇りに思う。」


★フランス;フィリップ・キャンデロロ(リレハンメルと長野オリンピック銅メダリスト)は、
「5.25も点差があるなんて誰も理解できない。
真央の方が難しい技をしているのに、どうしてこうなるのか。」


★カナダ;カート・ブラウニング(世界フィギュア4回優勝)は、
「真央こそが本物の世界女王の奇跡。成長したいなら真央の演技を繰り返し見なさい」

★米国;ディック・バトン(オリンピック金メダル2回、世界選手権5回優勝)は、
「ヨナは見せかけに必死だが優雅でない。真央は史上最強スケーターで全てが最高に美しい」


★ロシア;タチアナ・タラソワ(浅田真央選手のコーチ)
「真央に勝てる選手なんか存在しない。
トリプルアクセルを成功させた者が、トリプルアクセルに挑戦すらしない者に負けるのは、
正直言って変よ」



以上、バンクーバーオリンピックの女子フィギュア・ショートプログラムの
キム・ヨナの不正得点への批判を述べていた方々の発言の一部ですが、
ソチの女子フィギュア・フリーでも
キム・ヨナの凡庸な演技が、
女子フィギュア史上最高度の演技を完璧に決めた浅田真央選手の得点を上回ったことの
方が大問題なのです。


歴代のフィギュアスケートのメダリストは、ソチの女子フィギュアフリーの浅田真央選手と
キム・ヨナ選手の演技を比較して、キム・ヨナ選手を評価する者はいないだろう。


いずれにしても、現在の採点スポーツは、不正の温床になっており、
葛西選手も飛距離で勝って採点で負けています。
また、上村愛子選手もタイムで勝って採点で負けてメダルを逃しています。


女子フィギュア界で世界最強の実力を認められている日本なのに、
審判席になぜ日本人がいないのか。
また、ジャンプ審判員にもなぜ日本人が入っていないのか。
ここに一連の採点競技の疑惑の原点があります。



森元首相が、女子フィギュアに関して発言するのであれば、
その前に政治家としてやるべきことを、きっちとやってから発言するべきなのだ。

慰安婦問題も政治家が、やるべきことを何もやってないことを自覚してもらいたいものよ。

女子フィギュアの審判員の不正が無ければ、
浅田真央選手のショートプログラムの転倒はなかっただろう。
最終滑走前に、トリプルアクセルの基礎点と4年間磨き上げたスケーティングの技も及びそうもない
キム・ヨナの高得点がプレッシャーになり、1mm単位の精度を求められる演技を要求されれば、それは
神業を演じる以外にキム・ヨナに勝てないとの強迫観念に襲われていたことは、容易に想像できるのです。


※ジャーナリスト水間政憲;
インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。転載おわり



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



日本のマスコミは、
自国の愛国政権については、勝手な憶測を入れて平気で「疑惑」を報道するのに、
なぜ、日本人に不利益になる不正を韓国が行っている「疑惑」だけは報道しないのか?

放送倫理とはいったいなんのためにあるのか?

放送法、または憲法の定める「公共の福祉」の中には、
「日本人の精神的苦痛」は一切入らないのでしょうか?


この問題は、
「オリンピック」「スポーツ」の問題だけではありません。

このような「不正」が日本人選手に不利益をもたらし続けてきたことは、
そっくりそのまま、この日本が、
日本という国が、外国(とくに隣)から不利益を蒙っていることとまったく同じなのです。

つまり、
スポーツにおけるこういうことをこれまで日本(のマスコミ)が「黙認」し続けてきたことは、
靖国や慰安婦や領土問題を「棚上げ」し続けてきた結果と同じことがいえるのです。

それは、日本人だけが不利益を蒙り続け、隣国けが利益を享受し続けてきた構図と同じです。


このオリンピックは良い機会です。

日本中が、世界中が見つめる中で
不正が行われ、日本人が不利益を蒙り、
それを日本側が諌めてこなかった現実を
はっきり認識し、問題視すべきです。


そして、それをふまえて、再認識してほしい。

法改正、憲法改正論議は、
「日本人の幸福」を追求するためにこそ行われるもので、

外国人の都合、思惑など一切入れてはいけないはずです。

これ以上、反日思想の左翼やマスコミの勝手にさせておいてはいけない。
もっと日本人は、自分たちの正当性をはっきりと主張しなければいけません。

日本の中にいる反日の勢力に対して、
「日本が正しい」と堂々と言える国にしなければいけない。


まずそこから、

日本人のための「公共の利益」の定義の見直しと、
それにまつわる一連の報道に関する法整備、

それを担保するための「憲法改正」が必要急務だと真剣に思います。



再 臆せず非難するということ ~ 真央ちゃんが教えてくれたこと 4 ~

世界のトヨタと真央ちゃんが教えてくれたこと 

世界のトヨタと真央ちゃんが教えてくれたこと ・・・その2 「持続的な成長」の重さを学ぶ


。。。。。。。。。。。。


追記;


先の記事にも書いたけど、
こういう声がいくら上がっても、所詮は無意味なのだと思う。

残念ながら、これと同じ声は、4年前もいくらもあった。

あったが、何も変わらなかった・・・。

変えることができた例とすれば、
この大元の採点法に変わった原因・・・
2002年のソルトレイク五輪での審判員による不正暴露・・・
こういう形で「暴露」される以外にはない。



【ソチ五輪】
仏スポーツ紙、フィギュアスケートの採点で米国とロシアが裏取引と報道…米国協会が否定

http://news.guideme.jp/kiji/2e88a8630889208ebc551659464297d5

フィギュアスケートの採点で米国とロシアが裏取引していると フランスのスポーツ紙レキップが報じ、
米国協会が「誰とも そんなことはしていない。ばかげている」と報道を否定したと 9日、ロイター
通信が伝えた。  
国際スケート連盟(ISU)は同日、証拠のないうわさや 主張には答えないとの声明を発表した。  
レキップによると、アイスダンスでメリル・デービス、チャーリー・ホワイト組に 米国初の金メダル
を取らせる代わりに、ロシアがタイトルを狙う新種目の団体と ペアで便宜を図るように取り決めが交
わされた。  
米国協会の広報担当者は「私たちのアイスダンサーは世界選手権を2度制しているし、 何もしなく
ても素晴らしい。報道は当惑させるだけじゃなく、スポーツにとって不幸だ」と反論した。  
2002年のソルトレークシティー冬季五輪ではペアでロシア組の金メダル、 カナダ組の銀メダル
が確定した後に採点疑惑が発覚。カナダ組にも 金メダルが与えられ、ジャッジの不正が原因でメダル
が変更される事態が起きた。

(共同) ソース:スポーツ報知

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


だから、わたしは
あれを審査した「人間」に問いたい。

あなたたちは、
あの浅田選手の演技を、

あなたたちが意図的に採点をコントロールしたであろう
あの演技を、

もう一度その目で、まともに見ることができるのか? と。


あの世界中が目撃した、
世界中を感動させ、涙させた
あの神々しいまでの渾身の演技を、

あなたたちは、もう一度その目で、その心で、
まともに見ることができるのか?


もう一度、見てみるがいい。

そして、
何度も、何度も、何度も、見るがいい。

あなた方が、その採点を下した、その演技を。



そして、己の胸に聞いてみるといい。

それでも今後の人生を胸を張って生きられるのか?

口を閉ざしたまま、

心を売り渡したまま、

その秘密を墓場まで持って行くつもりなのか?

まさか、そのまま「天国の門」をくぐるつもりなのか?

・・・と。

関連記事
スポンサーサイト

「ロシア・ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングルの不公平な判定は、国際スケート連盟(ISU)によって1年前から綿密に計画されていた」という主張が飛び出した。

「ロシア・ソチ冬季五輪フィギュアスケート
女子シングルの不公平な判定は、 国際スケート連盟(ISU)によって
1年前から綿密に計画されていた」という主張が飛び出した。



ソチ五輪:
「不公平判定はISUが1年前から計画した詐欺劇」

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/27/2014022700516.html

問題提起したのは米国のフィギュア専門コラムニスト、ジェシー・ヘルムス氏だ。
同氏は26日(韓国時間)、「スキャンダル、詐欺(Fraud)、そしてフィギュアスケートの
終わり(Death)」という題名のコラムで、「全世界の視聴者の目の前で、キム・ヨナが
受け取るはずだった金メダルを強奪したのは、まさにロシアの『強盗のような政治集団』と、
ロシアの新鋭たちを助けるため採点システムを変更したISUの事前計画によるものだった。
ソチ五輪はフィギュアスケートが終わりを告げた大会として歴史の中に記憶されるだろう」
と主張した。


「ロシア・ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングルの不公平な判定は、
国際スケート連盟(ISU)によって1年前から綿密に計画されていた」という主張が飛び出した。


問題提起したのは米国のフィギュア専門コラムニスト、ジェシー・ヘルムス氏だ。
同氏は26日(韓国時間)、「スキャンダル、詐欺(Fraud)、そしてフィギュアスケートの終わり
(Death)」という題名のコラムで、「全世界の視聴者の目の前で、キム・ヨナが受け取るはず
だった金メダルを強奪したのは、まさにロシアの『強盗のような政治集団』と、ロシアの新鋭たち
を助けるため採点システムを変更したISUの事前計画によるものだった。

ソチ五輪はフィギュアスケートが終わりを告げた大会として歴史の中に記憶されるだろう」
と主張した。


 また、「100年を超える歴史を持つフィギュアスケートにおいて、スキャンダルや詐欺は目新しい
ことではないが、ソチのようにあきれるほどあからさまだったことは一度もなかった。リプニツカヤ
は昨年、ひよっこのようなジャンプをしたのにもかかわらず、信じられないほど水増しされた点数を
受けていたが、その時からすでに『壮大なソチ詐欺(grand Sochi fraud)』が繰り広げられていた」
と自身の考えを述べた。


 同氏はその根拠として、キム・ヨナを抑えて金メダルを取ったアデリナ・ソトニコワの2013年世界
選手権とソチ五輪の得点を挙げた。
ソトニコワは13年世界選手権ショートプログラム(SP)で60点を切る59.62点だったが、今回の五輪
では75点に近い点を出した。
また、フリーも世界選手権では111.36点だったが、ソチ五輪では144.19点を出した。


 同氏は「ソトニコワの五輪SPの演技は13年世界選手権の完ぺきなレプリカ(replica)」だったが、
1年後になんと15点以上もアップした」と批判、「1年前の世界選手権で表彰台に立ったキム・ヨナ、
カロリーナ・コストナー、浅田真央の実力はほかの若い選手たちには当分追い付けないほど確固たる
ものだった。
まさにこの事実こそ、ISUの審判たちが昨年12月のグランプリ(GP)ファイナル時から若手選手たちの
低レベルなジャンプ技術にできばえ点(GOE=Grade of Execution)を集中させ始めた理由」と説明
した。そして、「ISUはフィギュアスケートの知識がないファンをだますため、レベルの低いジャンプ
にもやたらに点数を与え、この『クーデター』を計画した」としている。


 その上で、同氏は「北朝鮮が世界に対し、いくら『人民は天国で暮らしている』と言っても
(実際には)数百万人が餓死している。
プーチンやロシアの盲目的な集団がソトニコワの演技や点数に関係なくいくら歓喜しても、それは
金メダルという価値には及ばない」と例えた。
同氏はコラムの最後に「ISUのオッタビオ・チンクアンタ会長と連盟関係者がこの陰謀に関与したこと
は既に明白。
ISUがすべきことは真相究明ではなく、公式謝罪文を出して判定を覆すことだ」と警告している。


姜鎬哲(カン・ホチョル)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/27/2014022700516.html


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


正直、

こんな暴露記事いくら出しても無意味だと思う。

そんなことより、
あれを審査した人間に問いたい。

あなたたちは、
あの浅田選手の演技を、

あなたたちが 意図的に採点をコントロールしたであろう
あの演技を、

もう一度見ることができるのか?


あの世界中が目撃した、
世界中を感動させ、涙させたあの神々しいまでの渾身の演技を、
あなたたちは、もう一度その目で、その心で、
まともに見ることができるのか?


もう一度、見てみるがいい。

そして、
何度も、何度も、何度も、見るがいい。

あなた方が、その採点を下した、その演技を。



それでもあなたは今後の人生を胸を張って生きられるのか?

口を閉ざしたまま、
心を売り渡したまま、
「天国の門」をくぐるつもりなのか?

・・・と聞いてみたい。



関連記事

浅田選手の最高のフリー演技に贈られた世界からの賛辞を集めて動画にしてもらいました。

どんな困難も乗り越える浅田真央に対する反応を集めてみた




ありがとう 真央!!
あなたの演技が 世界中をしあわせにした。

それこそがオリンピック競技の意義。
あなたこそが オリンピック精神のチャンピオンです!



真央ちゃん 自己ベスト、8トリプル 悲願達成おめでとう!! 
全世界が認める あなたが本物のフィギュアの女王です!


ソチ金メダリスト ソトニコワが浅田選手に敬意を表す 
「心から尊敬している。真央はわたしにとって規範となる素晴らしいスケーター」


ソチオリンピック 浅田真央 FS ~ タチアナ・タラソワ “ 涙の解説 ”!! 




<その他映像追加>

何度でも、何回でも見たい名演技・・・
そして、心温まる名解説!!     あなたはどの解説が好きですか?

【NBCロングVer.】ソチ五輪2014 浅田真央 FS



【中国語CCTV版(翻訳付き)】



<スペイン語>




関連記事

再 ・ 高橋選手の「ロクサーヌ」に夢中!! Daisuke Takahashi Tango de Roxanne          (追記動画あり!)

※2014.2.27追記;
 なんだか最近、この「ロクサーヌ」の記事にアクセスがたくさん来てるみたいなのです。
 なぜ?
 
 大ちゃんファンが、ソチで引退する高橋選手のかっこいい過去動画を探してる?
 それとも、ソチでのパフォーマンスを見て、やっと大ちゃんの魅力に目覚めた人が、
 過去の色っぽい動画を物色中・・・?

 何にしても嬉しいことです。
 そう、大ちゃん、高橋選手の色気の原点、象徴ともいうべきナンバーがこれ、
 「ロクサーヌ」!!
 
  だって、大ちゃん自身がそれを認めてるところあるし、
 初めて演じてから数年経って再認識し、あらためてエキシやショーで演じてくれたくらいだもん!
 もちろん、進化したロクサーヌ! でも、へんに弄った残念な演技じゃない!
 さすがです。

 ・・・で、
 わたしも久しぶりにこの記事覗いてみたら、あら!! ひどいわ!!!!!
 ほとんどの youtube 「ロクサーヌ」動画が消されてる???!!!!

 だ~~から、 youtube は嫌なのよ!
 その点、ニコ動は日本のものだし、あんまり滅多に消されないし、しかも止まらない!!
 (え?止まるのはわたしだけだって? (^_^;))

 そこで、 youtube 動画をニコ動に差し替えました。
 さらに、追加でバージョンアップです!

 お楽しみください。  (※追加動画・文は本文のあとで)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




すいません! 
「ロクサーヌ」!!

しばらく、これに付き合ってください。

ロクサーヌ!!
わたしのロクサーヌ。

わたしはこれで、高橋選手から離れられなくなりました。


ほんとは、ほんとは、探したのは、スターズ・オン・アイス(?)だったかの
演技終了後に、そのままつなげて、「予定外」に! サプライズ!で、
後半半分だけやった「ロクサーヌ」映像です!


あれは、すごかった!!


探してます。
もし、その↑ 映像知ってる方いましたら、ぜひ、教えてください。

情報まってます!!  m(__)m


ちょっと今、これに火がついてしまったので、前回も出したけど並べてみます。

そう、 大ちゃんって言ったら、やっぱこれでしょ~~~!!
ロクサーヌ!!
 (>_<)~~♡♡

このプロ、何年前だっけ? 
何を隠そう、これで彼の演技に腰くだけました。

この色気!!
チャンにはできまい・・・。

このプロは、かれのソウル・ナンバーだと思います!


そして、
探した! 探したの~~(>_<);;;

で、やっと見つけたのがこれ! 
(ほんとはメダリストオンアイスだったかのアンコールでやった「ロクサーヌ」が欲しかったの(>_<)!!
だれか、だれか、知ってる人がいたら教えて~~!!!!)

このプロは、こういう照明落とした中でやるのが最高!!

2005年だって! 
ありえん・・・ そんな頃からこの境地・・・

羽生君も今回すごかったけど、
大ちゃんはいつも謙虚すぎるけど、
あなたもこんな頃からすごかったんよ!! 誰にも負けてないよ!!

そして、進化してる!!
王者も、帝王も、すべてのタイトルをあげよう!!

あなたこそが「神」になる!!



しかし、こういう演技は「解説」抜きで見たいよね? (ちょっと黙ってて!ウサギむかっ

こちら ↓ は、2006年のですが・・・ちょっと ↑ よりおとなしめですが、
(照明にもっと色気を!!)
でも、こちらの動画のすごいところは・・・
歌入り!! (大ちゃんのセクシーモード(暑苦しいモード?)倍増に!)
しかも・・・

2006年  Roxanne!


なんと!!!
動画主さまが、「ロクサーヌ」の全歌詞を訳して載せてくれてます!!

大ちゃんの演技に腰砕け!
そして、歌詞を読んで文字からも悩殺です!

...jealosy...
will drive you... will drive you... will drive you... mad!
嫉妬で 気が 気が 気が 狂いそうだ!

Roxanne ロクサーヌ
You don't have to put on that red light 売春の道を選ばなくてもいい
Walk the streets for money 金のために街を彷徨う
You don't care if it's wrong or if it is right 君は善悪なんて気にしない

Roxanne ロクサーヌ
You don't have to wear that dress tonight 今夜はそんなドレスを着なくていい
Roxanne ロクサーヌ
You don't have to sell your body to the night 身体を売ったりしなくていい

His eyes upon your face 男の目が 君の顔に
His hand upon your hand 男の手が 君の手に
His lips caress your skin 男の唇が 君の肌を愛撫する
It's more than I can stand 俺は耐えられない!

Roxanne ロクサーヌ
Why does my heart cry? どうして俺の心が泣いている?
Roxanne ロクサーヌ
Feelings I can't fight この葛藤 !
You're free to leave me, just don't decieve me 
俺は君を束縛したりはしない いつでも離れていいよ でも俺を騙しはしないでくれ
And please believe me when I say I love you 
そして信じてくれ 俺が 愛していると言ったら

Roxanne ロクサーヌ
Why does my heart cry? どうして俺の心が泣く?
Feelings I can't fight この抑えられない気持ち 
Roxanne ロクサーヌ
Why does my heart cry? どうして俺の心が泣いている?
Roxanne ロクサーヌ
You dont have to wear that dress tonight そんなドレスは着ないでくれ
Why does mu heart cry? 俺の心が泣いている !!


動画主さま~~~ 感謝です!!


はい。

あなたも、これで しばらくはまってください。 (^_^;)




2012.4.21 公開分 ↑

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



2014。2.追記~


※上の動画が消されてましたのでこちらをどうぞ!! (ニコ動万歳!!)

これだ!!これこれ!! わたしがずっと探してたの♡
あああ~~ 動画主さまありがとう!! 

2006 MOI 高橋大輔


アンコールで滑った「ロクサーヌ」・・・
番組予定では演技前半だけ・・・のはずだったけど、
大ちゃんが裏でナイショのサプライズを! 
おそらく音声さんだけと打ち合わせしておいて、
一旦、アンコール終わったと見せかけて、じつはラストまで「ロクサーヌ」を完食(?)
させてくださるというサービスぶり!!!!!

きゃああああ~~~ (>_<);;;

って叫ばなかった女性がいる? 
これ見て惚れなかったら女じゃない~~~



それにしても、ニコ動見て唖然、愕然、
こんなに「ロクサーヌ」需要があったとは・・・
つか、この盛り上がりようって、なに??  誰か仕掛けた?

いえいえ、大ちゃんの魅力の原点に自然と辿りつくんですよね~~きっと!!


というわけで、
怒涛の「ロクサーヌ」祭りです! 
どんどん貼っちゃうよ~~  (自分保存用♡)


やっぱり あれ↑が最高だと思うけど、
それぞれにいいところがあるんだよね~

より過激にセクシーな衣装のロクサーヌをどうぞ!


2007 WC 高橋大輔 EX Tango de Roxanne



なんなの?解説の声までセクシーって・・・ (^_^;)
2007 Stars Sur Glace

歌詞の翻訳つき!! でも、歌詞読んでる余裕ある?
何回見てもエロすぎます。


2007世界選手権EX フランスお茶の間解説

この頃からかな~ 「お茶の間解説」が流行ったの。
日本人選手、とくに男子が世界で認められて話題になったおかげってこともあるし、
日本の解説は面白くないしね(あ、佐野さんのは別だけど)。

それにしても、大ちゃんが「アイドル」だって!
そういうトシか~ まだ。 21だもんね~
ええ! まだ21? とてもそんな若さにゃ見えん! 日本人とは思えん~~~ 
西欧人から見てもエロセクシーすぎだって!!
 
アモールの国フランスの解説者もべた褒め、
いや、ベタ惚れ!
  ですもん!


羽生くんもすごい、すごいが、
あと1~2年でこの大ちゃんのエロさが…、失礼、セクシーさが出ると思います?
路線が違うといえばそれまでだけど、
でも、 でも、
やっぱり大ちゃんは孤高の存在です!!



な の に
大ちゃんはいいんだけど、日本のこの解説の醒めっぷりは何?
お行儀良すぎ? 
言葉では褒めてるつもりかもしれないけど、
演技に見合う情熱でしゃべってほしいものだわ!

2007 Japan Super Challenge


日本は予定調和でしかしゃべれないからだね。
うっかり言っちゃいけないことが多すぎるからだよ!


では、解説(実況)なしでどうぞ!!

Stars On Ice 2012 高橋大輔 【実況なし】




Stars On Ice 2012




なに、このマニアックぶり! 
さすが大ちゃんファンだわ♡


SOIのロクサーヌを宮本賢二に解説してもらった【音声差し替え】



2006-DOI & 2012-SOI 比較動画編




わかった! 大ちゃんファンがどういう人の集まりなのか・・・
好きだ。みんな。 
これが大ちゃんの愛し方なんだね!

【タンゴ詰め合わせ】




【ロクサーヌ MIX】



わたしも機材と知識があったらやるかも・・・






★「高橋大輔選手の芸術性」


★「フィギュアの品格」
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-133.html

★「日本人にしか見えないもの」
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-187.html

★「フィギュアスケートに「芸術点」が必要だった理由(わけ)・・・」
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-515.html

★「チャン選手の爆上げ点に思うこと」
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-261.html


★ <真央ちゃん関連記事一覧> http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-972.html


関連記事

ロシアの戦略爆撃機が独島・離於島上空に出現! 日本の自衛隊もスクランブルをかけたことが判明   ~プーチンがソトニコワを侮辱した韓国人にキレた?!

(朝鮮日報日本語版)
ロシアの戦略爆撃機が独島・離於島上空に出現


朝鮮日報日本語版 2月26日(水)8時6分配信

ロシア軍の戦略核爆撃機(Tu95)2機が24日、独島(日本名:竹島)および離於島(中国名:蘇岩礁)
付近の韓国防空識別圏(KADIZ)を相次いで侵犯したことが確認された。

これまでロシアの爆撃機や偵察機が独島付近のKADIZを侵犯したことはあったが、離於島の上空までやっ
て来るのは極めて異例で、昨年12月に韓国が離於島上空をKADIZに編入してからは初めて。

またこの時、ロシアの早期警戒管制機(A50)1機も東海(日本海)北東部上空を飛行していたという。
これに対し韓国空軍は戦闘機を緊急発進させ、警告通信を行った。

日本も、航空自衛隊の戦闘機を緊急発進させたと産経新聞が報じた。
離於島の上空は、韓・中・日の防空識別圏が重なる空域だ。
.


【関連記事】

韓国人がプーチン・ソトニコワのFacebookに突撃 
⇒ ロシア軍の【 核爆撃機 】が韓国の防空識別圏に突撃www 
こりゃ勝負あったなwww


ソチ五輪:コメント欄を荒らして国の恥をさらす韓国人

ソチ五輪:「メダル奪われた」 激怒する韓国を米紙が分析


。。。。。。。。。。。。



韓国人、とうとうプーチンを本気で怒らせたようです。

相手がロシア人だってことを失念していたんでしょうか。
その昔(そんな昔じゃないけど)、その獰猛なロシアの南下政策からあなたたちを護ってあげたのが
日本だっていうことも・・・、ああ、とっくの昔に忘れてた所業があれらだったのですからね。

恩を忘れると、怖い思いをしたことも同時に忘れるってことでしょうか。

その昔、忘れてはいけないロシアの所業に、
戦争が終結し、日本に停戦命令が下ったあとで、
無防備な日本の北方領土をソ連軍が条約を無視して攻め込んできました。
今、日露で交渉中の領土は、
敗戦の土壇場に弱り切って無抵抗になった日本から火事場泥棒的に掠め取って行ったものです。

もともと、ロシア人ってのは、そういうことをする民族だってことも忘れてはいけない。

「恨み」ではなく、
「記憶」として、「認識」として忘れてはいけない。
これから彼らと付き合う上でね。

そんなところから守ってやった恩を忘れて10倍の仇で返し続ける韓国人が、
調子に乗って、日本にやってるように馬鹿丸出しでファビョったりするから、
ロシア「皇帝」プーチンの逆鱗に触れたりするんです。
こういうのが、かの国の「ブーメラン効果」と言います。
懲りない民族ですね。

でも、
プーチンがその「意思表示」に、「独島」=「竹島」をターゲットを選んだのは、
ひとえに、今、安倍政権と蜜月状態にあるからだと思います。
プーチンの意思表示は、暗に、
「おめぇら、そこは日本の領土だろうが!!」
と言ってくれたようなものですから。

しかも、これは、
韓国へ対してだけでなく、国内外、欧米世界に向けて、
ロシアと日本の結束の固さを示したことになったと思います。
明確なプーチンの意志表として。

もう、以前の日米同盟状態ではないことを、以前の日米露のバランス関係ではないことを
はっきりオバマに突き付ける結果にもなったと思います。

さあ、それが吉と出るか・・・?
オバマはどうでも、(もうどうでもいい)
今後のアメリカがそんな強気の日本とロシアにどう対処していくのか・・・?
不安というより、
ドキドキ、わくわくしてしまうのは、わたしだけでしょうか?


いろんな意味で、日本の立場は変わります。
それは「吉」であるとわたしは思います。 (式年遷宮成功したし~)



関連記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示