ひだまり    今は古事記に夢中! 2014年11月

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

たかじんのそこまで言って委員会 2014.11.30 ”日本崩壊” を望んでいるのは 誰?


たかじんのそこまで言って委員会 2014.11.30
世界崩壊の序曲 2
日本大崩壊? 
医療 ・ 資本主義 ・ 原発の終焉  徹底検証SP!


2014年11月30日放送
司  会   辛坊治郎
パ ネ ラ ー 金美齢、津川雅彦、 桂ざこば、加藤清隆、 長谷川幸洋、 竹田恒泰、山口もえ
ゲ ス ト  本田宏、 太田匡彦、 的場昭弘、池田信夫、







動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます。m(__)m

※最近動画が消されてしまうことが多いので 消される前にぜひ見てね!


うちの中日新聞には「大好評 ”世界崩壊の序曲” 」 ってあるけど、
一体、誰に ”大好評” なの?って聞きたいです。
ホントに「日本社会が崩壊する話が好きな人」がそんなにいるの?
どこにそんなに「日本が崩壊するのが楽しい人」がいるの? (社内?)

最近こういう安易な、「呪詛的なタイトル」が続いているけど、
どう好評だったのか、
誰のどういう意見なのか聞いてみたいものです!

こういうネガティヴタイトルに対する他の話はここ  を見てください。 (ほんと、最近多いの!)
★たかじんのそこまで言って委員会 2014.10.12 ~ テーマタイトルにもの申す!

こういうことを言っててもね、
「タイトルがそうでも、内容が必ずしも絶望的なものでないなら問題ないのでは?」
って思ってる人いると思うけど、 違うよ。
こういうのはね、計算されていることなの。
「効果」があるから、やってることなの。
「日本にダメージを与える効果」 がね。

やつら(反日マスコミ=敵国の手先)の目的は、
ああいう「負」のイメージのキーワードを視聴者に
日本国民に聞かせること、見せること、そのものなんです。
それを「ステマ」と言います。

たとえそれが事実でなくても、
たとえあなたが「それは違う」と解かっていても、
たとえあなたが「それはどうかな…」と信じていなくても、
その「言葉」を繰り返し、繰り返しインプットされ続けていると何が起こるか?
何かの拍子に、
あなたが何かを判断するときに、
突然、いつか聞いた(見た)その「記憶(言葉やイメージ)」がいきなり亡霊のように現れて
あなたの「判断」を左右することになるのです。
そのキーワードが、そのイメージが、
まるであなたの経験であるかのように、
まるであなたの感想や考えであったかのように、
あなたの意見や意志として表に出される(アウトプットされる)のです。

商品コマーシャルは、まさにその効果を狙って作られていますよね。
それをご存じの方は多いはず。
それと、こういう「タイトル」やテレビ画面の端に出ている「テロップ」、
新聞の「大見出し」「小見出し」、雑誌の吊り広告などの「目次タイトル」などは、
そういう効果を狙っているのです。

商品を「買わせる」ためだけに刺激的なタイトルを付けているのではない。
そのコピーを考えてた人はそのつもりでも、
それを採用し、最終判断した人(マスコミのボス)にとっては、
そういう究極の目的が隠されているのです。

だから、
「日本を崩壊させたい」人たちや「日本人を絶望させたい」人たち、
または、「日本の救世主を抹殺したい」したい人たちは、そういう「ネガティヴワード」を
嘘でもいいから繰り返し繰り返し日本人に与え続けるのです。
そうなることを願って。
そう思われることを願って。

だからね、わたしは最近すごくこのタイトルたちに反感を持っているんです。
ここに並べてみようかと思ったけど、やめました。
だって、そうしたら、更に繰り返し
あなたにその「メッセージ」を送ることになってしまいますからね。

どうぞ、今後は、そういう目で、マスコミが与える「言葉」を見て警戒してください。


あと、
金美鈴さん、あなたも勘違いしてるよ。
金さんは「日本人はオール・オア・ナシング」だってよく言うけど、
それは、こういう  この番組のパネラーへの質問のしかたでもわかるとおり、
日本人が、じゃなくて、マスコミが そう仕向けているだけのこと!
つまり、日本人は、現にここのパネラーの皆さんを見ても判るように、
困りながら、無理無理、
その「与えられた(マスコミが振ってくる)二者択一」に無理やり答えてるだけですよ。

日本人って、津川さんがかつて言ったように、白黒はっきりつけることよりも、
むしろ玉虫色が好きなんだと思う。いい意味でね。
だから、遠慮とか、謙遜とか、建前とかいうのが日本人気質の代名詞なんでしょ?

オールオアナシングなんて、白黒なんて、その対極のものじゃないですか?
金さん、そこだけは認識をマスコミに洗脳されてると思う。
「日本人はいつも二者択一してる」って。
それは、マスコミが無理やり世論をそれに当てはめたがってるだけ。
日本人はいつも答えに窮して、無理して、どっちかに答えるけど、
ほんとうは、「そうじゃないんだけど(まあ、あえて言えば…)」って迷ってると思うよ? 
違う?




あと、
長くなるけど、これも言わせてね。
原発の「安全神話」と「危険神話」の崩壊の話です。

(あとから追々追記します←PCの調子が悪いのですぐ止まって書いても消えちゃうんです~ (T_T;)

竹田さんが「池田さんは嘘つきだ」って言ってましたが、わたしもそう思います!
よもや、まさかこの期に及んで、
すでに使い古され、とっくに論破されて死語になったかと思っていた台詞…
「放射能が危険と言うなら自動車もタバコもレントゲンも危険だから使うのをやめろ」
っていうのを今さらここで聞こうとは・・・!

レントゲンの害(被曝)については、こっちの記事をぜひ読んでほしいのですが、
自動車やタバコのリスクと異なり、レントゲンのリスクに関しては、原発側であり、むしろ同じ穴のムジナ
「原発村」の仲間であると言えます。
しかし、自動車やタバコのリスクは、竹田さんが言ったように、原発や放射能のリスクとはまったく別!
別次元の問題です。

なぜなら、自動車やタバコは、そのリスクを承知の上で、
自分の嗜好として、自分の選択で、任意でやっていることだからです。
危険性を承知の上だから、自己責任で、そのリスクを軽減するために、その責任を果たすために
自分で「保険」にも入っているのです。(自賠責とか生命保険とか)
リスクを承知しているから、
そのリスクに見合う対処ができない人、
保険に入れない人、事故が起こったときの保障が確保できない人は、選択として
それを持たない、手を出さない…ということが「選択」できます。

ところが、原発はどうでしょう? 
放射能被爆はどうでしょう?

あなたは、あの事故が起こる前から、
本当に原発のリスクを放射能のリスクを納得して受け入れていましたか?
その「現実的なリスク」を知った上で、そのリスクを「想定内」のものとして
原発の是非を考え、それを容認していましたか?

その「選択」に必要な十分な知識を持っていたと、
ちゃんと正しい情報を知らされていたといえますか?

本当にそれが、自動車やタバコのリスクと同じ次元のものだと思っていますか?

原発事故による放射能のリスクは、自然放射能のリスクとも違うし、
自己責任が取れる、または、自己責任だと納得できる自動車のリスクやタバコのリスクとは
まったく違うはずです。

その一点だけもってしても、
あの池田氏は「嘘で」人をミスリードしていると思います。

それにしても、
この池田といういう人や田嶋さんみたいな人たちって、
ホントに人の話を聞いてない。
いや、聞かない。
というか、人の話を聞かない訓練でもしてるのって思うくらい、人の話には耳をふさいで、
「ひたすら自分の主張をまくし立てる訓練」でもしてるのかな?って真剣に思う。
そうでなきゃ、あんな傍若無人な行為はできないでしょ?
普通の神経なら。
普通の(日本人らしい)良識と品位があれば。
そりゃあ討論の場では誰でも自分の主張は最後まで語りたいと思うだろうけど、
あの態度は異常に感じます。
(※この動画を見ると、それがより一層判ります!)

なんか、池田氏を見てると、
いつもキンキンと自分の主張だけをまくし立てる、マスコミにやたら贔屓にされてる女性…
(他の弁士の話は司会に遮られるのに彼女だけは遮られない!)
声聞いただけでムカつく、鼻先でペラペラ抑揚無く喋り続ける不快MAXなオバサン、
田嶋さんの10倍くらいムカつく、あの例の韓国人を思い出します・・・



が、気に入らないのはそれだけではありません。
もうひとつ大きな嘘、竹田さんも激しく指摘していましたが、
「原発事故で死んだ人はいない」(ほんの少しだけ)という「神話」です。

そう、それこそが神話だと思います。
これだけ簡単にネットで情報が取れるのに、いまだにそんな妄言を吐いているのに呆れます。

彼が権威を傘に着て印籠のように繰り返した「国連」
が出した数字ほど信用できないものはないってことは、知っている人は知っています。
国連なんて、
日本への敵国条項をいまだに改定しない機関ですし、
彼が信用している「国連お墨付きの数字」はみんな、核利用推進のための機関が出しているんです。
それすなわち、
広島・長崎の原爆被害者をモルモットとして、データを極秘にして軍事利用してきた輩です。
あれはつまり、これまで起こってきた、そして、これから起こりうる
あらゆる原発事故の被害者の救済を切り捨てるために出してきた数字です。
かれらにとって、被爆被害者は「救済」するための対象ではなく、
所詮、データを得るためのただのモルモットなのです。

少なくても、確信的に、かつて(おそらく今回も)、日本国民の命をモルモット扱いしてきた
日本人の敵です。
それこそ日本人は、「国連神話」からも目覚める必要があります。

そんな数字を、
あんな血も涙もない数字だけを、本気で有難がってる連中の気が知れないです。
あれを信じられるってことは、
あの人の頭の中では、
原発事故の爆発直後によって死んだ人しか「放射能被害者」としてカウントされないということです。
いわゆる「目に見える死(犠牲)」です。
つまり、専門機関が正直に発表しない限り「目に見えない死や犠牲はカウントしないのです。
彼らは。

それを有り難がるこの池田氏は、そいつがの手先です。

大事な人を守るために、大事な故郷を、国土を守るために危険な作業に命を捧げた人たちは
原発事故による「放射能汚染の犠牲者ではない」というのでしょうか?

原発事故のリスクを隠したい政府の情報隠蔽によって、
知らずに汚染されたミルクを飲んで死んでいった子供たちの命はカウントされないのでしょうか?

法定汚染地域から脱出しても、移り住んでから生まれた「完全二世」の子供たちに遺伝子異常の
死産や流産や癌などの病気が出ていても、それはカウントされないのでしょうか?

原発事故の需要で借り出されて来る除染作業員の命なんか「人の死ではない」とでもいうのでしょうか?
あの会話を聞いていて、わたしにはそう聞こえました…

ようは、
彼ら「原発推進派」にとって、「原発は安全だ」と信じさせたい人たちにとって、
現場作業員、ましてや、日雇い除染作業員なんていうのは「使い捨ての命」
ぐらいにしか思ってないんじゃないか?

・・・と感じる会話でした。
そう思いませんでしたか?

事故を収拾するために、汚染を最小限にくい止めるために、
住民を、国民を、国土の安全を守るために命を張って危険な作業をしてくれた人たちがいたから、
わたしたちは、関係者は無事にいられたのではないでしょうか?

その彼らの死は、命は見ていないってことですか?

また、「化石燃料利用によるリスク」についてはえらく広義で捉えるのに、
「福島周辺の住民の負ったリスク」については、「そんなのまで考えてもしょうがない」と?

なんというご都合主義でしょうか。

つまり彼は、あの竹田さんたちとの会話によって、
「自分の主張にとって都合のいい数字だけ拾って、自分の主張に都合の悪い数字は見ない。
(それのどこが悪い?)」とはっきり言ったも同然です。


”「原発が必要だ」という意見がある” ことは、わたしも認めることはできます。
それが必要な人たちがいることは事実です。
でも、
「原発が必要だ」ということと、「原発が作る放射能汚染は問題ない」ということは
まったく違う、別次元の問題だとわたしは思います。

どんなに「原発があった方がいい」面があったとしても、
「放射能汚染のリスクがない方がいい」ことと引き換えにできないと思うのです。

また、
「原発が必要だ」と言う人たちから「経済」を理由にする意見以外聞いたことがありません。
が、「原発が必要」だという理由は、本当は経済ためなんかじゃないとわたしは思います。

そりゃ経済にも大きくかかわってくるでしょうが、
本当は、本丸は、世界の核のパワーバランスの問題じゃないかと思います。
だからこれは、残念ながら、永遠に解決されない不毛な議論であると思っています。
人類の愚かさの極致の空しい議論だと…。

でも、不毛だとしても、言い続ける意味があるとわたしは思います。

原発がこの世にある限り、原発の作る放射能による被害者は増え続けるのだと。
放射能汚染の本当の被害は、自動車事故やタバコの健康被害と同列ではないと。

そうやって、再稼動推進派と不毛な論争をしているうちに、
まったく嘘のない欺瞞のない「安全確保」ができないでいるうちに、
結局、現存する原発施設は老朽化して廃炉になるしかなくなり、、
新たに建設できる安全な土地など、この日本には元から無いので、
「再稼動する」と口では言いながら、
ぐずぐずしているうちに代替エネルギー問題がどんどん解決されていって、
結局、
日本は原発に頼らない経済が再生する・・・とわたしは思っています。

少なくとも、そう信じられる、そういう希望が持てるのは、
口先だけで脱原発を叫ぶ薄っぺらな(薄汚い)政党ではなく、安部政権だけだと思っています。

だから、
原発推進派の安部政権でも、わたしは安倍さんを支持します。

安倍さんが長期政権を担ってくれてる限り、
それ以外に政権を取られるよりは、これ以上日本が悪くなることはない、と、
これ以上日本が弱くなることはないと、
それだけは信じられます。
かなりの希望をもって、強い日本、美しい日本の未来を考えられます。

だから、
いやなことは「嫌だ」と言いながら、安倍政権を支持し続けたいと思います。


だって、
このまま安部政権が売国議員を整理して日本人のための法案をサクサク通せるようにして、
在日特権を剥奪し、在日が湯水の使っていた血税が国庫を潤せば、
代替エネルギー確保のインフラ整備や、日本人の雇用や日本人への保障が充足してくれれば
そんな期待が持てる政党も総理も安倍さんしかいないもの。

すみません。
文章が途切れ途切れに追記されるのは、書いてる途中でPCが固まってしまうからです・・・
(PC初期化完了して少し復活したかな…?)


☆ がん検診で癌になる! ~ 医療放射線の危険性

★(追記)TVタックル2014・12・8 日中韓 ”因縁の” 激突ニュース & 韓国の反応

★追記 : 津川雅彦氏の神発言について 「たかじん 委員会」 5.19 大 改憲論! その②



※ あわせてこちらもご覧ください。

★さあ! 解散総選挙だ!!
 その前に、 民主党の「通信簿」を見てみよう!


★テレビでは語れない「日中首脳会談は安倍首相の大勝利だった」という解りやすい証明


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★「たかじんのそこまで言って委員会」が関東地方で放送できないわけ・・・

(辛坊が復帰してからちょっとアヤシイんだけど・・・)
「たかじんのそこまで言って委員会」は、マスコミ最後の良心 と言っていいでしょう。
新聞、テレビでは普通言えないこと、聞こえてこないことも、
ここではバリバリ保守の日本人としてのど真ん中発言 がたっぷり聞けます。
聞けば聞くほど、東京方面だけ放送してない(放送できない)という意味が解かります。
もし、これが東京でも放送されていたら、先の都知事選の結果は大きく違っていたかもしれない…
だから、
これを東京では流せないのです。
「戦後レジュームからの脱却」がもっとも必要なのは日本の中心東京なのに、
じつはその東京こそが、意図的に、
そうあってほしい(日本人に目覚めてほしくない)勢力の力によって
浦島太郎状態を維持されているのが現実です。

そんな東京方面の方、
また自分のように日曜にゆっくりテレビが見られない方のために、
これまでの放送で保存版として残しておきたい動画を順次上げていきたいと思います。



たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html


貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html
(※最近のものは欄下の関連記事からどうぞ)



★「たかじん委員会」でしか聞けない!!
  「南京大虐殺の中国側の証拠はみんな捏造だったという証拠を検証する」


★たかじんのそこまで言って委員会 2014.5.11 女性が考える女性問題SP!!

★韓国人「日本に植民地支配された屈辱は忘れない」 ← これに反論できる日本人いるの?
   (いるよ~) 


★神風特攻隊の遺書と「永遠の0」 ~ 

★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、昭和天皇が初めて
 一般人に向けて歌をお詠みになった


★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話

★遅ればせながら、<憲法改正問題 関連記事一覧> 作りました。
※日本人は誰も「日本国憲法」を正しく教わっていない! (左翼のウソばっかりが浸透している)
※女性、主婦の人にこそ考えて欲しい 憲法改正問題


★日本国民がどのように宮内庁とマスコミの巧妙な皇室解体計画に騙されてきたのか
※宮内庁、マスコミは嘘ばっかり! それに保守派の論客までもが騙されている!

ワクチンを受けない方が健康的 だという衝撃的な研究結果が公表されないのはなぜ?
※ワクチンはそもそも「危ないもの」、「体に入れてはいけないもの」である。

★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで・・・!!
 


関連記事
スポンサーサイト

田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その③


   
田母神俊雄
「多くの女性が仕事を求め働いているのではなく、
 家計を助けるために働いているのではないかと思っている。
 女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」

http://hosyusokuhou.jp/archives/37684645.html


批判されることを覚悟で女性の社会進出に反対するブログを書いてみようと思う。

いま我が国は、女性も全員働く社会を目指して進んでいるように見える。
仕事をしたい女性が子供を預けて働くことが出来るように、保育園や託児所の充実が
叫ばれている。

男性が外で仕事をして、女性は家庭にあって夫が仕事をしやすいように家庭環境を整え、
子育てを行うという伝統的な家庭のあり方は見直されつつある。

しかし、私は女性がどんどん社会に進出をして、男性と同じように仕事に生きることには
疑問を持っている。いま少子化が問題になり担当大臣まで置かれるようになっているが、
少子化の根本原因は多くの女性が働くようになったことではないかと思っている。

一概にはいえないが、女性が仕事に生きるようになれば晩婚化が進む可能性が高くなる
と思う。 そうなれば当然少子化も進行する。少子化が進み国家の人口減少が進めば国家
は衰退することになる。

私は多くの女性が、仕事を求め働いているのではなく、家計を助けるために働いている
のではないかと思っている。
だから女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべきだと思う。

男女は結婚をして一つの家庭を築き、男が外に出て働き、女は子供を生んで家庭を守る、
その伝統的な考え方に立ち返るべきではないのか。

もちろん能力のある女性が働くことを否定するものではない。
能力もあって働きたいという女性は働けばよい。
しかし女性が働かなければならない国を目指すべきではないと思う。

田母神俊雄公式ブログ
http://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-11828954845.html


女性が働かなければならない社会は、女性の人生選択の自由を制約することになる。

いまのところ日本の女性は、仕事をすることも選べるし、専業主婦になることも選択できる。
しかし女性が全員働く社会では、専業主婦の道を選ぶことは出来なくなる。

働く女性を支援しようと保育園や託児所をどんどん増設することは、女性に働くことを求め、
逆説的であるが、少子化を進行することになるのではないかと思う。

選挙の都度、多くの候補者が女性票獲得を目的に保育園、託児所を増設し、
待機児童ゼロを訴えるが、これで少子化が改善されるのか疑問を感じざるをえない。
子育て支援とは、専業主婦に対する支援も念頭に置くものでなければならない。


(後略、続きはソースで)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。転載おわり


 ※ここまでは①の復習です。どうぞ、 から読んでね。




「女性が働かなくても生活が出来る国を
目指すべき」


そのとおり!!  だと思います。

本気で、日本経済を強くすることを考えるなら、
女性を外で働かせるための条件を整えることではなく、
「女性(母親)が外で働かなくても安心して暮らせる」ための条件を整えることが
大事だと思います。

それがもっとも大事な、もっとも優先して対策すべきことだと思います。
それはズバリ、 男にもっと仕事を!! です。


田母神さんに一票!! 

いえ、一万票くらい入れたいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・このへんまでは前回の復習です。



わたしは思います。

日本をここまでの経済大国にしたのは、
主に 男が外で働いて、女がそれを支えてきたからです。

勇気を出してはっき言おう。

日本を世界に類のない 実質 強大国にしたのは、
欧米型「男女雇用均等制度」が遅れていたおかげです。


わたしは田母神さんの言うことが正しいと思います。

すべての女性が家庭を出て働かなくてはいけない社会なんて
すぐに破滅します。


すべての女性が仕事で男と対等に稼げるようになったら、
男は仕事を失い、地位を失い、自信を失い、
男も女も結婚しにくくなり、婚期を逃し、子供を作りにくくなり、
出産率が(産もうと思う意志が)ますます低下し、
実際の出生率がますます低下し、(作りたいと思ってもできない夫婦が増える!)
人口はますます減少し、(他の理由も重なって激減する)
移民にますます頼るようになり、

先に失敗して日本を妬む欧米が、
敵国が待ち望んだように
「絵に描いたような日本崩壊」が待ち受けることでしょう。


出生率が上がらなければ日本経済は終わります。

でも、こんなやり方で出生率が上がらなければ
ますます移民が台頭し、日本人の人権はますます蔑ろにされます。

だからこの問題は重大です。
確実に出生率を上げなければなりません。

でも、そのためには、

出生率を上げるには、
女性に「子育てしながら安心して働ける(稼げる)環境」を作るのではなく、
女性に「外で働かなくても安心して子育てできる環境」
を作らなければダメです。



一体何のために閣僚に女性がいるのか?

でもダメです。あんな 女性たちの言うことを真に受けてたら。
だって、彼女らは、
日本経済を支えている「大多数の普通の家庭」の主婦じゃない んです。
いわゆる、
従来の「家庭における女」を捨てて、
「男社会に切り込んで生きる」ことを自ら選んだ人たちなのです


つまり、基本、
あれらはほとんど 田嶋脳 と変わりないんですから。

そんな人たちが、何を勘違いしてか、
日本の大多数の女性の代弁者であるかのように、
「自分ら感覚」で政策を練るから、どんどん「少子化対策」がおかしくなるんです。


女性がみんな「一日中子供を置いて働きたい」わけじゃない。
女性がみんな「男社会に切り込んで行きたい」わけじゃない。

女性がみんな「保育園待ちが不安だから子供を作らない」わけじゃない。

なにを勘違いしてるのか? って思う。

どうして、若い女性たちは「社会」に出たいのか?
どうして「家庭」に「埋もれ」たくないのか?

どうして、女性たちは社会進出がかっこいいと、
家庭に引き込んでいるのがかっこ悪いと、
子育てを「大変」だと、「苦痛」だと思うのか?

どうして子育てが「たいへん」だと思うのか?
それは、
外で働く対価だけが評価され、
家庭を守る対価が評価されないからです。


子育てをどんなに頑張っても、世の中もダンナも評価しないからです。

どんなにいい子を育てようと心を砕いて頑張ってても、
所詮、数字やお金でししか換算されない世の中の基準が認めてくれないから
(その「概念」を作ってきたのが実はフェミニストってやつらだ)
「たいへん」だと、「むなしい」と、「やりがいがない」と思われるのです。

もう、いい加減、そんな「呪縛」から解き放たれよう!

日本人が二千年以上育んできた大切なものを見失わないようにしましょう。


昔から大事な言葉がありました。
「三つ子の魂百までも」

これは、その子の人生の大切なものは三歳まででほとんど決まる」
ということです。
幼少期にどういう「刺激」を受けたかで人生がほぼ決まってしまうという格言です。

それは、
幼少期に親の愛情を過不足なく受けたかどうかが、その子の人格や価値観を決定し、
その後の人生を左右する…ということでもあります。

昨今の、いえ、昔からの、少年犯罪の背景を見てみても、それが窺い知れます。

昔の人は皆それを知っていました。
だから、「女は家にいろ」 と言ったのではないでしょうか。

それは、「女には能力がないから」ではありません。
それは植えつけられてきた「誤解」です。
そう思わせてきたのは、反日勢力の画策です。
そういう間違った認識を日本人に植え付けるために、戦後、いえ、戦前から、
日本の伝統を壊そうとする反日左翼がマスコミを牛耳ってきたのです。

テレビ、映像という最強の武器を使って、
あらゆる媒体、ドラマや映画、ニュース、CMなどを使って、
毎日毎日、生まれた時から、家庭から、茶の間から、
「これまで日本は、女性は馬鹿だ、能力がないと不当に虐げられてきた」
「日本はとんでもない差別社会だった」
「日本の女性は欧米の女性のようにもっと自己主張を!もっと自由を!」
という 嘘歴史 を教え込んで明後日の方向へ煽ってきたんです。

「女性には能力がない」なんていう差別的な認識は、
本当は、もともとの日本人の共通認識じゃない。

それは、意図的に「作られた」認識です。
その方が、欧米敵国にとって都合がよかったからです。
日本を弱体化するために、
日本人に、そう思い込ませてきたのです。

敵国がそこまでしてきたのは、
それだけ日本人が、誰も実現できなかった理想的な社会を作っていたからです。

日本をこのまま理想国家として成長させ続けたら、
確実に自分たち(白人)が日本に支配されてしまうと恐怖を感じたからです。
それが許せないから、日本を潰そうとしたのです。

だから必死です。
日本人の価値観を変えないと…
日本の社会を壊さないと…
日本をもっと腐らせないと自分たちが危ない・・・ と。
それが、
「日本は女性蔑視の差別国家だった(だから欧米を見習ってそれを変えないと!)」
の正体です。

つまり、 
田嶋脳の人たちが言うほど 日本は悪くなかったし、
田嶋脳の人たちが言うほど ここまで大きく日本を変える必要なんかなかったし、
田嶋脳の人たちが言うように これ以上日本を変える必要はないし、
むしろ、
今の日本社会の「本当の害悪(間違った差別主義)」をはっきり認めて、
                ( ↑ あれは「平等主義」ではなく、「差別主義」です!)
昔の日本社会の良いところを再認識して、
もとの「良き」日本社会に戻すべき だというのがわたしの意見です。

そういうとすぐ噛みついてくる人たちがいるけど、
ああもう、極端だと言わないでほしいわ。
だって、 
あんたたちの方がずっっっと極端やってきたんじゃない!!
あんたらの方がムチャムチャやってきたんじゃない!!!


だからこうなっちゃったんでしょ?
だから「戻せ」って言ってるだけですよ。
わかった?


だってそうでしょう?
善良な、良識ある日本人の皆さん。

ニュートラルに考えてみて。
思い出してみて。

女性が差別されていたから女性が家庭を守ってきたのではありませんよね。
それは、女性にしかできない尊い仕事だったからです。

それを、その大事な認識を、
左翼が寄ってたかって奪ってきたんです。
日本人の誇りを隠し、踏みにじってきたその同じ手法で。

左翼が勝手に作った悪の権化のような認識、
「封建制度が男女差別を産み、女性を家庭に縛り付けてきた」
というのはです。

制度によって、作られたルールの下で女性が家庭を守ってきたわけじゃない。
それが、女性だからできる尊い使命だったからです。

理にかなった、自然の理に適った適材適所だったからです。
立派な家庭が、立派な人間を作り、立派な国を作るからです。

縛られていたんじゃない。
尊ばれていたんです。

女性が家庭を守り、立派な社会性のある「日本人」を作ってきたから、
立派な男たちが国を守り、
立派な女たちが国を支えてきたから、
今の立派な日本の国家があるんです。

日本の女たちは、泣きながら家を守ってきたんじゃない。
そういうイメージがあるのは、
そういうイメージを作ってきたからです。
マスコミがそれを吹き込み、刷り込んできたんです。

田嶋さんたちの仕事がしやすいようにね。

現実、ただの幸せな平和な、ごく普通の家族をドラマにしたって
面白くもないし、売れないでしょ?
だから「普通」はドラマにならない。
「普通じゃない」ものだからドラマになるし、効果的に流布していくんです。
そして、いつの間にか、それが「普通」であるかのように錯覚し、
その錯覚の連鎖が、普遍化していくのです。

それが、マスコミの役目なんです。
報道、ドラマ、映画などの、あらゆるテレビ番組は、
日本人の価値観を変えるために、
間違った方向へミス」リードしていくために存在しているのです。



だからこそ、声を大にして言う人が必要だと思うのです。

「すべての女性が社会進出したいわけじゃない」 
「家庭にいたい女もいるんだ」 
と。



それでも、特殊能力のある女性は頭角を顕わし、社会で活躍し、
ちゃんと歴史に名を残しました。

そりゃ困難もあったでしょう。当然です。
それでいいんだと思います。

そのとき女性が闘ってきた壁は、
「女性蔑視」という仮面をかぶった「男性の嫉妬」だと思います。
そのときからあったのです。
女性が男の仕事を奪う・・・という恐怖が。

でもそれは、とても動物的な、原始的な本能ではないでしょうか?

農耕民族にしても、狩猟民族にしても、
女性と男性とでは役割が違っていました。
そして、それで上手くやっていたんです。
それが自然の理として。

その本能的な名残りが、嫉妬として顕れたのではないでしょうか?
「嫉妬」は、すなわち「焦燥感」です。
今まであったものが無くなるかもしれない・・・という焦りです。
そして敵対心が生まれるのです。

それは、「男性社会」に異質な女性が入ってくるとき起こります。
それは、自分のテリトリーに入ってくるライバルに感じるもので
当然の本能的原理です。

それでもやりたい者はそうすればいい。
それでもやりたい者はそうしてきたのです。

障害があっても、
それでも生き残れた者だけが生き残って歴史を作ってきた。
それでいいのではないでしょうか?


そういう能力がある女性や、「時代が欲する才能」というのは、
いつの世も異端として存在し、
どんなに困難であっても、条件が整わなくても、
必要なものなら受け入れられ、生き残り、活かされるものです。
だから伝説や歴史に名を残したのです。

思い通りにならなかった女性もたくさんいたことでしょうけど、
女性だけが思う通りにならなかったわけではないと思います。

男性だから理想通りの人生を送れるとは限らないのではないでしょうか?

女性が求められることと、男性が求められることが違うのは当然のことだと思うし、
それがどうしても自分に合わないと感じて苦しむ人もいたでしょうが、
そのすべてを解決するなどということ自体が現実的だとは思えません。

この世の人間すべてが「平等」になるなどということが「不可能」なのといっしょで、
それを求めること自体が、結局、
社会秩序を乱す原因、諸悪の根源のようにわたしは思います。

何でもかんでも「差別だ」「平等だ」と叫ぶことは、所詮、
社会秩序を乱し、国力を弱めることと同義だと思います。



何でもかんでも平等にすることは無意味です。
愚の骨頂だと思います。
結局、「少子化対策」という体のいいことを言っていても、
所詮、その裏にあるものこそ、「差別主義」だと思います。

「差別主義者」は、「男女を差別してはいけない」「男女を平等に」と言いながら、
じつは、平穏な平和な幸福な秩序社会を崩壊させているだけだと思います。

つまり、「差別がない」ことを理想、目的としているのではなく、
所詮は誰かの独り勝ち社会を作る手助けをしているのだと思います。

その「誰か」とは、
たとえば、
日本に経済大国でい続けて欲しくない誰か、
日本人にこれ以上幸福な社会国家を継続して欲しくない誰か・・・です。


すぐには解からなかったとしても、徐々に解かってきたはずです。
現実的に、女性が社会に進出しすぎると
出生率が減り、人口が減り、社会機能が脆弱する
と。


それこそが、敵国が望んでいた「理想の日本社会」なのですから。


結論。
女性が社会進出することを推進するのではなく、
女性が子供を産み育てることこそが尊い社会貢献なのだという意識を
高める改革こそが必要!! だと思います。




★田嶋さん、聞いてる?  在日スウェーデン女性の目から見た “すばらしい日本”



※長々とすみません。
思いついたことを忘れないうちにドド~っと書いたものですが、
推敲し続けると、どんどん長くなって、どんどん公開するのが遅くなるので、
もう思い切ってこのまま出します。
(もしかして、あとからまたちょっとずつ推敲・追記していくかも…) 

かなり乱暴に言い切ってるけど、
これは、たかが一主婦目線、一母親目線での意見ですから、
あまりツッコまないでくださいね。




<参考記事>
★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 ! その①

★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その②

★たかじんのそこまで言って委員会 2014.5.11 女性が考える女性問題SP!!

★「日本の女性は世界一大事にされている」? 海外の反応は田嶋脳とは逆!

★「平等」は不公平で 「公平」は不平等である


女だけど昔の男尊女卑時代のが良い


追記; 参考動画

※問題個所の切り取り動画
竹田恒泰VS田嶋陽子 「田嶋さんは主婦をバカにしきってる!」
竹田恒泰語録【配偶者控除廃止】竹田vs田嶋陽子vs岡田育「田嶋さんは専業主婦をバカにしている。」




保守の神髄は 「人間が勝手に決めるな」ということ
谷田川惣のコラムブック
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/ningengakimeruna.htm



関連記事

2014年総選挙直前 比例代表投票先世論調査


比例代表投票先調査

http://www.news-us.jp/article/409562752.html より抜粋転載~



2012年選挙直前世論調査 → 2014年選挙直前世論調査 


◆朝日
自民:22%→37%(+15)
維新:6%→6%(0)
民主:15% →13%(-2)

◆読売
自民:21%→41%(+20)
維新:14%→5%(-9)
民主:10% →14%(+4)

◆共同
自民:18%→25%(+7)
維新:10%→3%(-7)
民主:8%→9%(+1)

◆産経+FNN
自民:22%→42%(+20)
維新:22%→7%(-15)
民主:14%→12%(-2)

◆日経+テレ東
自民:23%→35%(+12)
維新:15%→3%(-12)
民主:13%→9%(-4)


◆◆結果
自民:294議席→315~340議席
維新:54議席→10~15議席
民主:57議席→35~50議席





自民党が勝てば、

株はバク上げ?

円安さらに進む?

来年2月の都知事リコール成功?

来年7月9日から、在日不法滞在者の強制上送還開始?






民主党がまだ存続していることに驚き!



民主はウソのつき放題だったもんな、
まるで韓国人みたいだった





麻生 「日本は全治3年、景気回復後に8%をお願いしたい」
鳩山 「財源はある。議論すら必要ない」

谷垣 「財源はどうするの? 9兆円の無駄を削減しないの?」
鳩山 「自民党が財源はないと言ったじゃないですか」
谷垣 「えっ」  鳩山「えっ」

谷垣 「社会福祉目的税として10%」
菅  「じゃ俺も10%」
谷垣 「マニフェストを撤回するの? 10%の根拠は?」
菅  「増税で景気がよくなる」
谷垣 「えっ」  菅「えっ」





民主党は本当に日本の脚を引っ張ってるからな
潰す機会は今しかないよ




年末大掃除選挙




【ニコニコアンケート基礎調査】
ふだんあなたが支持している政党はどこですか、
あるいは支持する政党はありませんか。

自民党_____31.5 %
民主党_____4.9 %
維新の党____3.6 %
公明党_____2.9 %
次世代の党___2.4 %
共産党_____2.1 %
生活の党____0.3 %
社民党_____0.4 %
その他の政党__1.6 %
支持政党はない_50.3 %


________(男性)(女性)
自民党_____35.1 % 21.7 %
民主党_____4.7 % 5.6 %
維新の党____3.7 % 3.4 %
公明党_____2.6 % 3.8 %
次世代の党___2.8 % 1.3 %
共産党_____2.1 % 2.0 %
生活の党____0.3 % 0.4 %
社民党_____0.3 % 0.5 %
その他の政党__1.4 % 2.0 %
支持政党はない_47.0 % 59.4 %


________(10代以下)(20代)(30代)(40代)(50代以上)
自民党_____23.4 % 33.3 % 37.0 % 35.5 % 31.2 %
民主党_____7.1 % 4.9 % 2.4 % 3.0 % 5.0 %
維新の党____3.9 % 3.6 % 3.2 % 3.5 % 4.2 %
公明党_____3.8 % 3.0 % 1.6 % 1.7 % 3.4 %
次世代の党___1.4 % 1.9 % 3.6 % 4.9 % 7.3 %
共産党_____1.3 % 2.0 % 2.7 % 3.0 % 3.6 %
生活の党____0.4 % 0.3 % 0.3 % 0.5 % 1.1 %
社民党_____0.4 % 0.4 % 0.3 % 0.3 % 0.9 %
その他の政党__2.0 % 1.5 % 1.2 % 1.2 % 3.2 %
支持政党はない_56.3 % 49.2 % 47.9 % 46.4 % 40.1 %


実施日時2014/11/21 12:00 ~ 2014/11/24 12:00
参加人数491,052人




【ニコニコアンケート基礎調査】
「投票する」という人にうかがいます。
比例代表区については、どの政党に投票するつもりですか。

自民党_____38.8 %
民主党_____6.3 %
維新の党____5.4 %
公明党_____4.0 %
次世代の党___5.1 %
共産党_____3.6 %
生活の党____0.4 %
社民党_____0.4 %
その他の政党__1.3 %
まだ決めていない_34.5 %


________(男性)(女性)
自民党_____41.6 % 29.7 %
民主党_____6.0 % 7.4 %
維新の党____5.4 % 5.4 %
公明党_____3.5 % 5.7 %
次世代の党___5.7 % 3.0 %
共産党_____3.7 % 3.4 %
生活の党____0.4 % 0.4 %
社民党_____0.4 % 0.6 %
その他の政党__1.4 % 1.2 %
まだ決めていない_31.9 % 43.0 %


(10代以下)(20代)(30代)(40代)(50代以上)
自民党_____33.7 % 39.4 % 41.2 % 37.6 % 33.4 %
民主党_____15.6 % 6.2 % 3.3 % 4.2 % 7.0 %
維新の党____11.2 % 4.9 % 4.4 % 4.9 % 6.2 %
公明党_____10.7 % 3.9 % 2.1 % 2.2 % 4.0 %
次世代の党___2.8 % 3.4 % 7.0 % 9.5 % 13.1 %
共産党_____2.5 % 3.1 % 4.5 % 5.2 % 5.4 %
生活の党____0.5 % 0.3 % 0.3 % 0.6 % 1.2 %
社民党_____0.6 % 0.4 % 0.4 % 0.3 % 0.8 %
その他の政党__1.3 % 1.2 % 1.4 % 1.4 % 2.2 %
まだ決めていない_21.1 % 37.1 % 35.4 % 34.2 % 26.6 %



ネット調査っていうのもあるかもしれないけど、
40~50代の次世代の支持率がすごいです。





反日勢力を甘く見ないほうが良い
ので、投票権をもつ日本を守りたい日本人は
日本のために働く政党に投票したほうがいい
反日の1票を潰せるのはあなたの1票




楽勝って言ってる時は危険だから要注意な。

選挙は蓋あけるまで分からないし、工作も露呈したしな。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・ しかし、油断は禁物!!!


選挙は油断した方が必ず負けます、
小選挙区は、ほんの数パーセントの振れで根底から覆ります。
かつて橋本政権での選挙、選挙中自民党大勝と報道され、
結果大敗しました。

http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/42234125.html



もうTVにも、民主党にも騙されないわ


これホント酷い
どこの新聞も洗脳されたかのように同じことしか言ってないの
カルト宗教みたいで気持ち悪いったらない


都知事選でもあったよね。
田母神さん優勢なんて記事を何度か目にしてたが、
結局、都民の選択は隣国の犬でした。


マスコミが、この不況を長引かせている



。。。。。。。。。。。。。。。。。抜粋転載おわり


【民主党】選挙公約でまた最低保障年金。 菅官房長官「反省が全くない」

※ あわせてこちらもご覧ください。

★【ネット演説】東京一区・渡辺徹 応援・竹田恒泰 玄孫のいとこも玄孫

★【次世代の党】杉田水脈 の応援演説で喋りすぎる竹田恒泰

★【次世代の党】東京12区・田母神俊雄
 
「強い日本」を取り戻すためには、
安倍総理の理念を支えるこういう武人が必要です。
安倍総理の足をひっぱる公明党と取って代わるべし!



★さあ! 解散総選挙だ!!
 その前に、 民主党の「通信簿」を見てみよう!


★テレビでは語れない「日中首脳会談は安倍首相の大勝利だった」という解りやすい証明
※安倍さんが「騙して」いるのは敵だけじゃない。


★日本はもうアメリカの「ポチ」ではない!
 TPP交渉 「ふざけるな」 甘利大臣は米 フロマン氏に怒鳴り机を叩いた…


★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その②
※女性の活用は何も社会進出だけじゃないよ。

★日本国民がどのように宮内庁とマスコミの巧妙な皇室解体計画に騙されてきたのか

★テレビでは教えられないLEDの真実… なぜLEDによるブルーライトが目に悪いのか?



関連記事

たかじんのそこまで言って委員会 2014.11.23 女性問題を田嶋さんと検証すると・・・    (あとからいろいろ追記!)

割り込み!!

『 再・日本人が取り戻さなければならないもの  
 11月23日は「勤労感謝の日」…なんかじゃない!!

  ↑  ↑  見てね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                     
たかじんのそこまで言って委員会 2014.11.23
女性が輝く未来は本当にやってくるのか?
田嶋さんと一緒に徹底検証SP!!
…で、田嶋VS竹田  大激論!


2014年11月23日放送
司  会   辛坊治郎、森若佐紀子(読売テレビアナウンサー)
パ ネ ラ ー 津川雅彦、田嶋陽子、 桂ざこば、加藤清隆、 長谷川幸洋、井上和彦、
        竹田恒泰、江頭ゆい




動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます。m(__)m

※最近動画が消されてしまうことが多いので 消される前にぜひ見てね!


ふうん・・・
田嶋さんと女性問題を検証すると、こうなるってことね。
なるほど、フェミニストが政策に口をはさむと社会がメチャクチャになるわけだ。

解かり易いですね。


<参考記事>
★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その②

★たかじんのそこまで言って委員会 2014.5.11 女性が考える女性問題SP!!

★田嶋さん、聞いてる?  在日スウェーデン女性の目から見た “すばらしい日本”

★「日本の女性は世界一大事にされている」? 海外の反応は田嶋脳とは逆!

★「平等」は不公平で 「公平」は不平等である


追記; 参考動画

※問題個所の切り取り動画
竹田恒泰VS田嶋陽子 「田嶋さんは主婦をバカにしきってる!」

田嶋陽子さんが専業主婦をバカにしきってるという竹田恒泰さんに対し激しく反論。
竹田恒泰さんは、女性の気持ちを代弁してるわけではありません。
自分の生き方を押し付­けちゃいけないというのは、確かにその通りだと思いました。
そして、あくまで事実を述­べているだけですし、正論だと思います。
 (動画主さまのコメントより)


竹田恒泰が田嶋陽子とマジ喧嘩
「男の馬鹿ども」発言にスタジオドン引き【内閣改造】



これを聞くとよく解る。
田嶋さんのはただの感情論。 結局最後は論旨のすり替えで逃げるだけ。
竹田さんのはちゃんとした最新データによる根拠のある説得力ある現実的な主張です。



(※以下、思いつくままつらつら書くので、少々感情的なのは許してね。)

でもわたしは今回、女性問題における田嶋VS竹田のバトルよりも、
女性皇族と天皇のご公務問題での長谷川VS竹田のバトルの方が気になりました。
はあ?  
長谷川さん、何言ってるの?
「もっと頭を柔らかく」とか「簡単に」とかいう問題じゃないですよ。
それ言い出したら、結局、日本の伝統や日本の国体を守る話じゃなくって、
ただの近代的な、欧米的な価値観に基づく「平等論」や「人権論」、つまり、
それじゃ田嶋さんの妄言と変わらないよ。

番組制作側も何やってるの? って感じです。
そもそも、あのナレーションが悪い。 
あたかも今の現状を解説しているように見せかけて、
嘘ばっか!!  じゃないか!(怒)
どうでもいいことに関しては事実だけど、
本当に大事な核心部分関したことは嘘ばっかりの「嘘ナレーション」!
(ま、マスコミなんていつもそれですけど)
そんなことしてるから、こういう誤解を生むんです。
未だに視聴者が、パネラーまでもが宮内庁の口車に騙されているのです!

「陛下のご意向」だとか、「陛下がお可哀想」だとか、
お前が言うな!  です。
みんな、宮内庁の虚偽・戯言を信じすぎだって、竹田さんがずっと言ってきたでしょ?
あれはただの左翼官僚の出先機関だって。

いったい何のために竹田さんを呼んだの?
最初に竹田さんが「たかじん」に出たときのを復習してきなさいよ!
って言いたいです。

あとね、井上さんがせっかく言いかけたけど、いつものようにうやむやにされてしまったので
はっきりさせておきます。

もともと「皇室は必要ない」と思っているような思想の人間を
「皇統を守るための議論」に参加させること自体が おかしい 
のです!!


そ、討論以前の問題ですよ。

解かってない人を納得させる討論ならともかく、
そもそも
泥棒に防犯システムづくりに参加してもらうようなものですから。


追記; 問題個所の切り取り動画

【竹田恒泰 VS 田嶋陽子】皇室が女性差別?
天皇家を潰したい戦後左翼「田嶋陽子」!




おまけ!
※たかじんに出る以前の竹田さんは、こんな風に「大人し」かったですよ!



★竹田恒泰  「女性宮家」創設は皇室の正当性を失わせる亡国の愚策

★竹田恒泰が初登場したときの「たかじん」  ② 宮内庁体質の外務省化にもの申す!

★再・竹田恒泰が初登場したときの「たかじん」 その③
 所功氏との大バトルについて& の後の進展!新しい波到来か?
 「一体何があったんだ所大先生~!」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★「たかじんのそこまで言って委員会」が関東地方で放送できないわけ・・・

(辛坊が復帰してからちょっとアヤシイんだけど・・・)

「たかじんのそこまで言って委員会」は、マスコミ最後の良心 と言っていいでしょう。
新聞、テレビでは普通言えないこと、聞こえてこないことも、
ここではバリバリ保守の日本人としてのど真ん中発言 がたっぷり聞けます。
聞けば聞くほど、東京方面だけ放送してない(放送できない)という意味が解かります。
もし、これが東京でも放送されていたら、先の都知事選の結果は大きく違っていたかもしれない…
だから、
これを東京では流せないのです。
「戦後レジュームからの脱却」がもっとも必要なのは日本の中心東京なのに、
じつはその東京こそが、意図的に、
そうあってほしい(日本人に目覚めてほしくない)勢力の力によって
浦島太郎状態を維持されているのが現実です。

そんな東京方面の方、
また自分のように日曜にゆっくりテレビが見られない方のために、
これまでの放送で保存版として残しておきたい動画を順次上げていきたいと思います。



たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html


貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html
(※最近のものは欄下の関連記事からどうぞ)



※ あわせてこちらもご覧ください。

★さあ! 解散総選挙だ!!
 その前に、 民主党の「通信簿」を見てみよう!


★「日中首脳会談は安倍首相の大勝利だった」という解りやすい証明

★「たかじん委員会」でしか聞けない!!
  「南京大虐殺の中国側の証拠はみんな捏造だったという証拠を検証する」


★韓国人「日本に植民地支配された屈辱は忘れない」 ← これに反論できる日本人いるの?
   (いるよ~) 


★神風特攻隊の遺書と「永遠の0」 ~ 

★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、昭和天皇が初めて
 一般人に向けて歌をお詠みになった


★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話

★遅ればせながら、<憲法改正問題 関連記事一覧> 作りました。
※日本人は誰も「日本国憲法」を正しく教わっていない! (左翼のウソばっかりが浸透している)
※女性、主婦の人にこそ考えて欲しい 憲法改正問題


★日本国民がどのように宮内庁とマスコミの巧妙な皇室解体計画に騙されてきたのか
※宮内庁、マスコミは嘘ばっかり! それに保守派の論客までもが騙されている!

ワクチンを受けない方が健康的 だという衝撃的な研究結果が公表されないのはなぜ?
※ワクチンはそもそも「危ないもの」、「体に入れてはいけないもの」である。

★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで・・・!!
 


関連記事

やっぱり日本は神の国! 東京・札幌五輪で世界が驚嘆した 『エンペラーズ ウェザー』

割り込み!!

再・日本人が取り戻さなければならないもの  
 11月23日は「勤労感謝の日」…なんかじゃない!!

  ↑  ↑  見てね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱり日本は神の国!
 東京・札幌五輪で世界が驚嘆した 『エンペラーズ ウェザー』



竹田恒泰氏1
天皇陛下とオリンピックの感動話
・・・それに比べて中国は!」




2013年に行われたある講演会での一コマです。

あの明治天皇の玄孫である武田恒泰氏が、日本で行われたオリンピックと天皇陛下の
日本人の知らない知られざるお話をしてくれています。

中国のオリンピックと比較したお話もあり、改めて天皇陛下の影響というものを
垣間見れるお話です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



この話を要約すると・・・

中国では、
オリンピックの開会式をどうしても晴天にしたい! と思ったら、
無理矢理人工的に雨を降らす 「降雨ロケット弾」 
あ、逆か、
無理矢理雲を蹴散らすロケット弾 (いろいろ持ってるな)
なる穢れたモノをお天道さまに逆らって打ち上げなければならない。 


(どこが「環境にいいオリンピック」だ!!!)



しかし、

日本には

天皇陛下 がいる。 

それだけでいい。



世界が見守る日本の一大事、大晴れ舞台に、
どんな雨が降ろうが、どんな大雪が降ろうが、
陛下がお出ましになると 
雨が止み、 雲が切れ、 晴天になる!!


これは、嘘でも、誇張でもなく、事実です。


東京五輪、札幌五輪のとき、
外国メディアが報じた 「エンペラーズ・ウェザー」によって
これは証明されている。


ああ、 やっぱり日本は 神の国。

やっぱり、日本は、天皇によって言挙げされた国



ああ、 日本国民でよかった。





・・・というお話です。




 あ、 あれ? もう動画が消されてる?
ごめん~~~
同じ動画がないのですが、エンペラーズウェザーについてはないですが、
中国の大気汚染対策についての部分だけ入っているのを参考までに貼っておきます。
要約を書いておいてよかった・・・・





※ここに昭和の東京五輪と長野冬季五輪の「天皇晴れ」についての詳しい話が入っていますが、
有料会員しかご覧になれません・・・ 
ここでしか聞けない 東京オリンピックの秘密(その4)|竹田恒泰チャンネル特番




他にもたくさん面白い話が聞けますので、よかったら登録してね。

★竹田恒泰の 誰も知らない「 昭和天皇と昭和論 」


もう、
聞けない人のために頑張って なんとなく 書き起こしするよ~

「日本でオリンピックをするときは、毎回ある特徴があります。
それは、とにかく晴れる ということ、かならず、開会式に晴れるんです。
その晴れ方も尋常じゃないんです。ピカー!! と晴れるんです。

みなさんも(昭和の)東京オリンピックの開会式の映像見たことあると思いますが、
とにかく雲一つない パ~っと晴れ渡った青空でしたよね。
札幌五輪もそうでした。
長野五輪は自分も行きましたけどそうでしたよ。
これはですね、「天皇晴れ」と言われています。

初の東京五輪の開会式の前日、雨でした。
世界中から記者が来ていますから、心配されていました。
開会式はどうなるんだ? と。
しかし、当日はあの映像どうりの素晴らしい晴天だったわけですよ。
それで世界中の記者たちが発信しました。
「エンペラーズ・ウェザー」ってね。

あと、札幌五輪のとき、これはけっこう、けっこう大変だったみたいですよ。
開会式の前日の天気予報では、当日は「大雪」。
どんどんどんどん雲が厚く重なって行き、もう関係者は、
明日は大雪の中で開会式をやるしかないな…と覚悟していたそうです。
ところが、
翌朝になってもまだ雪が雪が降ってたんですが、
昭和天皇を乗せた御料車が会場に着くと、
あれほど降りしきっていた雪が ピタ っと止まったそうです。
そして、陛下が貴賓席にお着きになると、
あんなに分厚かった雲が切れて、一筋の光が パ~っと差したというんです。
そして、その光がどんどん広がっていって、
みるみるうちに青空が覗き、空が晴れ渡ってきたというんですね。
で、式が始まるときには、雲一つない晴天。
すごいですね~~~~
そして、開会式が終わって、昭和天皇がお帰りになったとき、
また、ドカ雪が降ったそうですよ。
すごい!

それで、世界のメディアがですね、「また、再び」ってことで、
「エンペラーズ・ウェザー!」、「奇跡だ!」と、世界中に書いたわけです。

そういう天皇の力はなにも昭和天皇だけじゃないんです。
現在の天皇陛下もそうですよ。
長野オリンピックのときの晴天も素晴らしかったですね~

この前、慶應義塾の150周年式典が日吉であったんですけど、
なんとそこに天皇陛下がいらしたんですよ。
その日も雨が降ってました・・・ ところが、
陛下がお言葉を発せられるとき だけ、晴れるんですよ~~~~~

不思議ですねよ~~~~~~
なんて 徳のある国なんでしょう、日本って!!

それに引き換え、どうですか、中国は・・・

中国はどうやって五輪を勝ち取ったか知ってます?
「環境に優しいオリンピック」だったんですよ?
どこが! あれほど環境破壊のオリンピックなんかないですよ。
あの開会式の足跡の映像あったでしょ?
あれは合成だったから、あれを成功させるためには、
当日、絶対に晴れないといけないわけです。
で、どうしたか、
人工の、雲を蹴散らすロケットを、膨大な量のロケット弾を空に打ちまくって
文字通り、雲散霧消させて 無理矢理 晴れさせたわけですよ。

なんという、徳の無い国でしょう!!
中国はそういうことをしないと、晴れひとつないんですから。
ところが、どうですか、
わが国の場合は、 ロケット弾? そんなもの要りません。
陛下さえいらっしゃったら晴れるんですから。
ね、徳のある国と無い国、こんな違いがあるんですよ。

なんで? って、
そりゃ、そうですよ、天皇陛下は「日御子(ひのみこ)」ですから。
日御子の行く先に、雲はかからんのです!
だから、陛下の行く先は晴れるんです。

そういうことですよ~ 
日本という国は、そういうもんなんです。」



・・・・・・というお話です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


え?
 「偶然だ」 って?

そんなこと・・・

これ聞いて、それしか言えない人は、お気の毒・・・です。

せっかく日本に、日本人に生まれてきたのに。

そんな心の貧しいいや、心の不自由な人を相手にする必要はないんですが、
だったら、あなた、

この日本に生まれてきて、生きてきて、
一度も「縁起かつぎ」をしたことがないと?
一度も「忌み語」を避けたことがないと?
一度も「いただきます」も「ごちそうさま」も言ったことがないと?
一度も「大掃除」や「神頼み」をしたことがないと?

そういう人なら理解できなくてもわかります。
そりゃあしょうがないよね。
「言霊」を知らない人間なら。
「八百万の神」を信じて畏れない人間なら。
そりゃあ理解できなくて当然でしょう。

せっかく日本にいて、日本語を使って、日本人といっしょに生きているのに、
それすら信じられない、それすらできないんじゃしょうがない。

これは、神の御加護を信じられる「神国日本」の民だけに通じるお話です。



常日頃は忘れているようだけど、
なにかきっかけがあれば、自分はそういう国の人間だったんだと再認識できるのが日本人。
それを思い出させてくれる動画のひとつです。 

1998 長野 開会式 




<関連記事>

★なぜ今年はこんな異常な大雨が・・・  再  狂気の「雨降りロケット」! 

★神の国 日本! 東京五輪が決定した日 東京には虹がかかっていた・・・

★やっぱり日本は神話の国・・・だね。
 千と千尋の神隠しのハクに似た雲が激写される!

★やっぱり日本は神の国!!
 おかしな政権が立つたびに日本 を揺るがす「大震災」が起きる 日本


うまし国 言霊の国 の日本

★仁徳天皇を代々模範としてきた天皇陛下 
  「こんないい家に住めるようになったのもみんな国民のおかげだ」


★世界に誇る日本の鉄道ダイヤの正確さは、すべて 「皇室」の存在の賜物であった!


日本人は超能力集団 ??


子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話


関連記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示