ひだまり    今は古事記に夢中! 2015年05月

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

そこまで言って委員会NP 2015.5.31 今の世の中本当に大丈夫なのか?大判定SP!

      
そこまで言って委員会NP 2015.5.31


議 長  辛坊治郎  副議長 :渡辺真理 .
パネラー 田嶋陽子、 飯島勲、 筆坂秀世、 桂ざこば、 長谷川幸洋、 末延吉正、 竹田恒泰、 山口もえ .
ゲ ス ト  島村英紀、 高橋和夫、 井上和彦

関連記事
スポンサーサイト

天皇の昼ご飯はなぜ毎日「鯛」なのか?② ~マスコミが違う印象操作に利用する


天皇の昼ご飯はなぜ毎日「鯛」なのか? ②

※転載部分は①と同じです。


①の続きです。 どうぞ①からお読みください。)

http://ameblo.jp/takeda-tsuneyasu/entry-11952699023.html

「竹田恒泰の楚々たる毎日」 より転載~

2014-11-15

明治以降はなくなった慣習だが、
幕末まで天皇の昼御膳は毎日「鯛」の塩焼きだったことは
今ではあまり知られていない。

幕末の宮廷の様子は、公家の日記などにより伝えられている。

 宮中での昼御膳は午の刻(正午)。

御膳は板元(いたもと)で用意され、吟味役が毒見を兼ねた味見をし、御膳番が御膳を並べ、
複数の女官の手を経て天皇に御膳が献上される。

膳が済むと、今度は逆の経路で御膳が戻されたという。

そして、天皇の昼御膳に、一日も欠かすことなかったのが鯛の塩焼きだった。

しかも、その鯛の大きさは目の下一尺(約30㎝)と決められていた。
かなり大きい鯛である。
鉄道の無い時代に、大阪湾から京都まで鮮魚を運ぶのは大仕事だったに違いない。

鯛の塩焼きは、白木の三方(さんぼう)に載せて天皇の御前に運ばれた。
その様子は、神主が神様にお供えものをするのと似ている。
「天皇の前に鯛をお供えする」と考えた方が分かりやすい。

 では、なぜ天皇の昼御膳は毎日鯛だったのか。

それは決して贅沢のためではなかった。
鯛は「めでたい魚」であり、鯛を食べることが吉事であると考えられていたからだ。
そして、天皇が吉事を行うことは、国民に幸せをもたらすと信じられていた。

今でも正月に鯛を食べる家がある。
これは、正月に「めでたい魚」を食べることで、一年が幸せになると信じられていたことによる。
このように、国民は年始だけハレの状態を意識すればよいが、
天皇の周辺は年間を通してハレの状態を保たなくてはならない。

天皇の周辺は毎日常にお正月状態であることが求められていた。
したがって、毎日鯛をお召し上がり頂くことが、天皇の重要な務めの一つだったことになる。
それも、天皇自らの幸せではなく、国民の幸せのためだった。

反対に、不吉なものが天皇に近づくことは、国民が不幸になることを意味するため、
絶対に避けなければならなかった。
今でも不吉なものは「穢れ」といわれ、宮中では特に忌み嫌われている。

ところで、明けても暮れても鯛ばかり食べ続けるのは辛いものであろう。
しかも、目の下一尺の鯛は、とても一人で食べられるものではない。
しかし、天皇の残飯は、毎日御末という位の低い女官が拝領して、全て家に持ち帰って
いたため、無駄になることはなかった。

幕末にはおよそ7名の御末がいて、最年長者が多めに取り、残りを6名が均等に分け、
それぞれ自分の家族や親族に分けたという。
京都の町には、天皇の残飯を楽しみにしている人たちがいたのだ。


(『月刊食生活』食生活 平成23年5月号 連載「和の国の優雅な生活」に寄稿した記事です)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。転載おわり




この竹田さんの話を聞いて思い出したことがあります。

それは、NHK大河ドラマ「篤姫」のワンシーン。
江戸城大奥へ上がって御台所としての大奥の「しきたり」の多さに
篤姫がウンザリしている様子です。

朝、目が覚めても、お役目の女中から「お目覚めください」と声がかかるまで
勝手に床から出てはならないとか、
朝、御髪を整えるまで横になっていなければならないとか、
厠(トイレ)に行くにも世話役がゾロゾロと付いて行く・・・
「自分でやるからいい」と言うと、
「それではお役目の女中の仕事がなくなってしまいます」 とくる。

食事をするときにも指南役(教育係)が言います。
「御代様が一口、二口と召し上がったら、もうそのお膳は下げさせます。
すぐに別のお膳をお持ちしますので、御台様はそれ以上お召し上がりになりませんよう」
「なんで?
 まだいっぱい残ってるし、もったいない」と不満に思う篤姫。
「はしたないので、あまりたくさん召し上がらないように」と言われても腑に落ちない。

ある日、お膳に載っている「鯛」の塩焼きを食べようとすると、
食べ始めたと思ったら、もうお側女中が膳を下げようと待ち構えている・・・
一口食べたら、すぐに別の「鯛」を持ってくるつもりだ。
そういう空気にイライラしていた篤姫は、わざと鯛の身をひっくり返し、
女中が止めるのも聞かず、どこまでも食べようとする。
大奥の「しきたり」に慣れた女中や教育係は、そんな「暴挙」に唖然とする。
当然、大奥総取締役の滝川からも叱責される・・・。

そんなシーンの数々を思い出しました。


これはドラマですから(しかもNHK制作ですから!)、
そういうのを視聴者は面白おかしく見ているのでしょうけど、
そこに「落とし穴」があると思います。

おそらくほとんどの人は、「しきたりにウンザリしている篤姫」の方に感情移入すると思います。
というか、そうなるように作られています。

そしておそらく、視聴者(国民)はこう思うでしょう。
「大奥のお姫様ってたいへんだな~」
とか、
「そんなしきたりにばっかり囚われてお気の毒・・・。
堅苦しくて、自由がなくて(人権がなくて)、
格式とか身分とか、非人間的で非人道的な世界だな~」

とか、
「それに対抗して ”無意味な” 古いしきたりを打ち破って
改革していく篤姫ってかっこいい」
 

とね。

少なくとも、篤姫の行動に「痛快感」を感じたはず。
つまり、古い慣例を破って改革する姿に「肯定的」な痛快感を。


最初に見た時は、わたしもその痛快感だけをバッチリ受け取っていた。
ただそれだけを・・・

でも、今思うと、これも左翼的な危険なイメージの刷り込みなんだな~と思います。

なぜなら、こういう「作られた印象」を通じて、人は、身分制度とか、階級制度とか、
あらゆる「権威」に対する差別感とか拒否感とかをいつの間にか植え付けられるのです。

そして、「儀式」とか「しきたり」とか「伝統」とかいうものを(ホラ、左翼の嫌いなものばっかり!)
人間を「縛る」ものとして、自由(人権)を「否定」するものとして嫌悪し批判的に見るように
刷り込んでいくのです。

左翼って、人間心理、とくに日本人の心理については昔から研究を重ねていますから
いっぺんに、あからさまに、強引に・・・はしません。
ちょっとずつ、地道に、じわじわと、根気よく、
でもさりげなく、違和感がないようにあらゆる布石をばら撒いて、
そしてついに共感を得ながら
「本来の日本人にはない価値観」をいつの間にか植えつけていくのです。
それがまるで当たり前の心理であるかのように、昔からそう思っていたかのようにね。

今思うと、国民的時代劇ドラマとか家族ドラマとか、みんなそう。
しかも、ヒットした作品、ロングランの作品ほどその傾向が強い。
つまり高視聴率番組、国民のほとんどが見ている番組ほど、
チャッカリ、しっかり、「共産主義的な左翼思想」が織り込まれているのです。
しかも自然に肯定的に受け取られるように、視聴者が共感するように。

トレンディドラマから若い人たちが受ける影響力は強かったし、
古き良き時代を知っている老人たちには、これでもかっっていうくらい、
お気楽な「黄門さま」を刷り込んだし、
(黄門様が実は生涯かけて「大日本史」を編纂し、それによって初めて歴代天皇の系図を調べ上げて
 そのお陰で、全国の古墳がどの時代のどの天皇の御陵かが判明した って偉業はどこにも微塵も
 出てこないな~~?)

昔は気にも留めてなかったけど、改めて見直すと、「左翼よ、やりおるな~」っていう「仕込み」が
出てくる、出てくる!

「篤姫」なんかそんなへんな思想なんてないように思うでしょ?
よくできたいいドラマ・・・だと思うでしょう?
ところがどっこい。
あのドラマの中に、「日本人として天皇を敬う姿勢や気持ち」がどこに描かれていましたか?

まるで天皇は「古い考えに凝り固かった融通の利かない困ったちゃん」
であるかのように描かれていませんでしたか?

まるで無知で幼稚なただの頑固な「外国人嫌い」であるかのように。
感情論(感覚)だけで開国に反対しているだけのように。
まるで「幕府が天皇に逆らったから日本は救われた」んだとでも言いたいように。

(※幕末の天皇の立場に立って考証された研究資料自体が、新政府によって「都合が悪い」から封印
されていたため、幕府側や新政府側の言い分(立場)を描く作品はいくつもあっても、天皇側のものは
現実問題作れない・・・(作ったとしたら空想(捏造)でしかない) という事情もあったけどね・・・)



天皇の歴史を研究し、「日本人の真」がどこにあるのかを記した「大日本史」を編纂した
水戸光圀の描き方もなんだか中途半端でした。
たしかに篤姫の愛読書になる「大日本史」の話は出てきますが、
もうちょっとその真意を真価を表現すべきじゃなかったでしょうか?

そりゃあ「水戸黄門」よりはずっと扱いはマシでしたが、篤姫が「大日本史」に夢中になるあたりで、
もうちょっと強調してもらってもよかったはず。
なんといっても、いわゆる武家政権につながる重要人物が、
なんと「日本の歴史は天皇の歴史」だということを顕したのだから。

たとえ政治は武家が仕切っていても、この日ノ本は天皇を中心とする国であることを、
言い換えれば、徳川の時代にあっても、まして、それ以前の時代においても、
日本の国の中心はあくまでも武家ではなく天皇(皇室)であると明言しているのです。

・・・ということは、ドラマにはとんと描かれてなかったけど、
本当は、武家も将軍家も、もっと天皇に対して絶対的な崇敬の念を持っていたはずでは?
と思うのです。
でも、それはぜったいに描かない。触れたくないのが反日マスコミです。

でなければ、信長も秀吉も、家康も、
あれほど伊勢の遷宮に多大な尽力をするはずはないでしょう?
自分たちのせいで(戦国時代の政情不穏のせいで)伊勢の遷宮が頓挫したままになっていたので、
戦争(国取り合戦)をしながら、ちゃんと遷宮たのための資金作りをしていたんですよ。

でも、戦国武将を描いた大河ドラマは数あれど、
そんな面を描いたドラマがひとつでもあったでしょうか?

マスコミは、NHKは隠すけど、
本当は戦国武将も神宮だけは、つまり、天皇(皇室)だけは大切にしていたということです。
それは日本人であったら無条件で奉る対象、祀る対象、崇敬する対象であった証拠です。
でも、それは描かない。
それがNHK,それがマスコミが作るドラマの限界ってことです。

つまり、時代劇っていうのはそんなもんなのです。
所詮は「娯楽時代劇」であって、けっして史実公平な「歴史ドラマ」ではないってこと。

(※そりゃあ、韓国の1000%自由すぎるファンタジードラマよりはずっとましですけどね!)


あら、話がまた逸れましたけど、

ああいうお姫様世界、または権力抗争の勝ち組世界に対する憧れや羨望と共に、
同時に人間の中に存在するそれらに対する劣等感や差別感をうま~く刺激しながら、
否定的な意識を自然に植えつけていくんです。
「古い慣習・厳しいしきたり」=「古い伝統」を打ち破ることこそが、正義で、カッコイイと。
そう思うことが当たり前で、
権威や身分差別に反感を覚えて抵抗することが正義であるかのように。

だからドラマでは、視聴者が指南役ではなく、
そんなしきたりに辟易して「革命を起こすお姫様」の方に感情移入するように作るのです。
つまり「保守」派ではなく「革命」派の方に共感が集まるように。

坂本竜馬でも、篤姫でも、信長でも、「伝統を打ち破る改革、革命こそ正義」であるというのが、
まるでそれだけが、それこそが核心的であるかのような暗黙のテーマになっています。

彼らの生活の中に、価値観の中に、心の中には、
まるで「天皇」なんかまったく1ミリも存在していないかのように・・・


思い起こせば、
「日本の良いもの、古くから伝わるものこそ大切に守る」ということが正義として描かれたドラマ
や映画って・・・少なくともベストセラーやヒット作にはありませんよね?

マスコミがお金をかけて宣伝を打つのは左翼思想が入っていないといけない。
というのが暗黙のルールだったようです。
「左翼にあらずんば映画人に非ず!」
と当たり前のように映画界で言われてきたと。津川雅彦さんも言っていましたしね。


だから、
伝統とかしきたりとかを、ドラマでは「ばかばかしい」面をあえて描くのです。
「古いものは捨て去れ!それこそが正義だ!」と言わんばかりに。

なぜそんなしきたりが生まれたのか?
中には確かに根拠が分からないものもあったかもしれないが、
中には将軍家ならではの、大奥ならではの、
その時代の事情ならではの「理由」(大儀)があったかもしれません。
が、それは描かないのがマスコミが作るドラマなのです。



では、宮中では、天皇陛下においてはどうでしょう?

「こんな堅苦しいしきたりはやめた~」
「自分の好きにできないならこんな位いらな~い」


なんて篤姫みたいにやったらどうなりますか?

(※①を思い出してみてください)

あら! 
これこそ、
マスコミやNHKが描いてきた世界観、価値観こそ、
例の「レリゴー」(アナ雪)の世界ではありませんか!



つまり、こういう「ステマ」にご注意を!! ということです。

いかに、「アナ雪」が反皇室アニメか!
あんなものを見せて子育てしたら、
「反皇室(反日)指令」のチップを脳に埋め込むようなものです。


ついでに言うと、高畠勲の「かぐや姫」もね!!!!!

(※「かぐや姫」は完全な天皇・皇室批判(否定)の共産思想アニメです!
 日本人の価値観、日本人の感性を持ってる人は、あれを見て「違和感」を感じたはずです。)



お気をつけあそばせ。




★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで!


うまし国 言霊の国 の日本
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-412.html

天皇陛下のご健康のこと ~ 歴史と伝統の継承者としての容器として ~
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-538.html

なぜ日本人は「日本人らしさ」を失わずにこれたのか? http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-631.html

世界に誇る日本の鉄道ダイヤの正確さは、すべて 「皇室」の存在の賜物であった!

“日本民族のもつ最大の財産は天皇制である。
これは全く世界に類例のない偉大なものであり、人類の理想とするものである。、



★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態~ 
 本当に皇室を思い、皇后陛下や東宮妃批判の情報を信じ拡散している方々へ!




関連記事

本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態 ③ 「”立て札”事件」を検証する!→ 皇室批判は無知と無恥からくる憶測と捏造と邪心の産物!



本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態 ③
「”立て札”事件」を検証する!
→ 皇室批判は無知と無恥からくる憶測と捏造と邪心の産物!
 


DSC00262


かつて、
立派に皇室を支え国を支えてきた日本人にとって
陛下を立派だと思えたのは
「自分たちの鏡」を見ていたのではありませんか?

今、
汚らわしい言葉で
皇室批判をして 得意 になっている人たちもまた
「自分たちの鏡」 を見ているのではありませんか?



    
皇統保守を名乗りながら東宮・陛下を中傷してる人たちの実態を
ツイッターの埋め込み機能というのを使って紹介してみました。


  ↓   ↓  

ツイッターを始めてすぐ、例の で紹介したような「魔の巣窟」にはまってエライ目にあった直後、
また性懲りもなく、わたしはこのような  ツイートに うっかり 返信してしまったのでした・・・




※こういう ↑ ツイートをされてたので
当然 「同じ皇統保守」 だと思ったのよね・・・

それで、こういう  ツイートをお返ししたのだけど・・・

まさか、こんなやりとりになろうとは!!








げ! おそろしい返事が返ってきた。

でも、頑張って諭してみたのだけど・・・・・・・







「大っ嫌い と言ってる在の反日工作に あなたたち釣られているんですよ?」
ということを、
けっしてケンカ腰にならないよう、
礼節と情理を尽くして語りかけてみましたが・・・
(結局、この人は釣られているんじゃなくて釣ってる側、つまり首謀者側だったわけですが・・・)
答えはこうです。




上の写真は、つまり、先の出雲大社の遷宮に際して
神饌料(寄付)を出した 尊い方 の名前が御札で出されているのを見て、

「ほらね! (←うれしそう)
 陛下の他は全部の宮家が名を連ねているのに、
 東宮家(皇太子)だけが名前がない!!」


「不敬だ!」「恥さらしだ!」
「崇敬心がない!!」
「きっと雅子の影響だ!!」

「天皇になる資格がない!」
  ← 何様?

と言いたいわけです。

何がそんなに嬉しいんですかね?
そんなに東宮バッシングの「材料」を見つけたことが自慢なんですかね?

「わたしはこんなすごいことを発見した!これはわたしが見つけた証拠よ!!」って、
まるで素人の探偵ごっこです。





残念ながら、
まだわたしはそのときは、その写真を見るのも初めてなら、
その理由も知らなかったので強く論破できませんでしたが、
それでも、
そんなことでいちいち揚げ足取るように(うれしそうに)東宮批判する気が知れなかったので、

「その批判、所詮憶測でしょう?」
「その憶測で皇室を批判していること自体が不敬であり、
憶測で誹謗中傷を拡散していること自体が 危険思想 なんですよ」


ということを何とか解っていただきたくて、さらに進言いたしました。











散々そういうの ↑ 見てきたから(かつては自分も信じて発信してた方だし)
だいたいどういうものか分かってたので、確かに申し訳ないけど、開いて見ませんでしたよ。





そしたら、
早速、 加勢 が飛んできましたよ!





「神社関係者」???

だいたい、わたしはそこに疑問を感じました。
そこまでの「大事」としているにもかかわらず、
なぜダイレクトに当事者である出雲大社に尋ねなかったのか?

なんで
「出雲大社」なのに、遠まわしな「神社関係者」に尋ねる必要が?


(※「大社」と「神社」は別宗教で、日本神道とは違います)

ああ、
例の「マスコミ」が使う 名前を出せない
「宮内庁関係者とか「皇室関係者とかいうやつのことかな?

・・・とは思ったけど、
さすがにこれはもうヤバイことに突っ込んでしまったと気づいたので、
その後は一個くらい何か返信したと思うけど、
相手から「しつこい」って言われちゃって、

え? そっちがおかしな反論してくるから、それに答えていただけだけど・・・
「これは? これはどう思う?」って聞いてきたのそっちじゃん! ウサギあせる

それとも、
あの写真一枚で、「へへ~~」って平伏するとでも思ったのかな?





で、 その日は、悶々として終わったのですが・・・
 


でも、翌日、こんなツイートを見つけました!



あああ~ きよらさん、ありがとう!!!

きよらさんは、ちゃんと出雲大社に電話して聞いてくださいましたよ!

本当に訳を知りたかったら当事者に聞きますよね?
そして、
きっと、こんな不遜な疑惑ツイートを見て真相が知りたくなった人たちが
余程いっぱい電話したんでしょうね・・・
社務所の人たちは、それでよっぽど ウンザリ していたのでしょう。

でも、きよらさんが怒られてくれたおかげで 真相 が判りました!


「内廷の御方」
つまり、東宮家は「家」とついていて一見、別宮家のような気がするけど、
じつは、
「内廷皇族」といって、他の宮家とは別格。
つまり、「天皇ご一家」であるということ。

だから立て札を 別に立てる必要がない のですよ!!


ほら、 無知がバレたね!!


「他の宮家はあるのに、なんで東宮家の札はないの?」
の答えがこれ!  
「皇太子は内廷皇族(宮家じゃない)」!!



ホラ!わたしの言ったとおり、
マスコミが「黙って」いたのは、それ知ってたからなんじゃないですか!

もし、うっかりそんなことで東宮批判的な報道をしてたら、
無知を晒して馬鹿にされた でしょうし、
何より、本物の 皇統保守派の有識者が黙ってなかったでしょう!

また「捏造だ」「虚偽報道だ」ってマスコミが叩かれ、
事が皇族批判だけに、「報道倫理問題」にまで発展した可能性もあります。
だから「黙って」いたんでしょう。
もともと 何の問題もない ことだったんだしね。


「金を出してないからでしょう?」 だって?  
失礼な!!!  ウサギむかっ  むかっ

「お金を出してるのに立て札出さなかったら大問題になる」
 だって


いい加減なこと言うな!!  ウサギむかっ  むかっ

勝手なデタラメ言って
人を しかも 皇太子を中傷するな!!

それを得意がって人に広めるな!!
  ウサギむかっ  むかっ




わかりました?

こういう皇室批判してよろこんで拡散してる人たちって、
じつは、皇室に関する知識を持ってないんです。
つまり、 全部憶測!! 妄想!!
百歩譲って 勘違い です。

言ってることの実もなければ、正義もない。 それが現実。

しかも、
彼らは、日本神道や日本の文化の知識がない

「こういうものだ」という固定観念(思い込み)や、無知(知ったかぶり)が元になってる虚偽発言ばかりです。


し か も 、

これだけ「反証」されても、「実証」されても、
「かれら」はけっして 一度も 「謝罪」していません。
それどころか、これに対して「黙んまり」を決め込んでいます。


そして、性懲りもなく、
他でまた何食わぬ顔でこういう「嘘」を拡散し続けているのです。
つまり、 彼らは「勘違い」してたのではなく、明らかな 「確信犯」です。
「皇室を貶めるための嘘を広める工作員」 なのです。



「嘘」を堂々とばら撒き、
嘘がバレると、その場は黙り、
(または、威嚇して逃げ)
また別の無知な相手を見つけて嘘を吹き込む・・・
これ、中韓人の常套手段といっしょ



かれらの「活動」の根本は 憶測(妄想)と捏造(嘘)だけ!!




で、 まだこんなこと言ってます!!


「天皇陛下に含まれるなんて言い訳ですね。」 だって!

はい?

じゃあ、出雲大社の人の証言は?

それに、
その立て札、よく見ると、陛下のとは項目が違うのでは?
違う項目が書き足してありますが?
だから、別に出したのでは?
どちらにせよ、それで あそこまで東宮両殿下を誹謗する理由にはなりません。

これらの書きっぷりを見ててもわかるでしょう?
皇室批判がとても楽しいらしいってことが。
とてもうれしいそうですよね?

皇太子が天皇ご一家に含まれ、その他宮家とは別格だというのは事実。
その理由で、立て札を別に立てないのは事実。

その事実は変えられないのですよ。

例外があったとしても、
例外には、上のように意味があるのでしょう。
実際、陛下と内容が異なっているのだしね。


追記; さすが、きよらさん!!







ほらね?

皇太子殿下の立札が別にあったのは、
その時だけ、 
皇太子殿下が直々に
参拝の上、玉串料をお納めになったから!!

これが事実です!!

「事実」を言ってるのが 「言い訳」 ???



あのね、
これは そこらの痴話喧嘩じゃないのよ?
ほら、韓国人の言い争いってこういうのらしいけど、
もう、まるで韓国人と話してるみたい!

正しいことを教えても、
反論できないもんだからすぐに「日本人は歴史修正主義者だ!」 とか、
勝手に「日本人は悔しくて事実を事実と認められないんだ」とか、
よくそんな思い込みができるよね? っていう そ~~んなレベル!!


そして、
反論がなくなると、「もういいです」 とか 「勝手にすれば」 とか、
「あなたはこっちについては何も言ってないから信用できない」 とか 
(はあ? 今そんな話してないし!)

「あなたはそんな程度で皇室を語るのか?」 とか、
(「そんな程度」がどの程度なのか説明してもらいたいもんだわ!)

「分かりました。あなたは創価の手先ですね」 とか、
(どういう脈絡で創価にまで行き着くのか意味不明)

もう、わけの分からない「捨てセリフ」を吐いて去っていく! (※このパターンについてはこちらで!)


でも、最近気づいたのです。
ああ、そうやって、自分たちに都合の悪い意見を封殺してるんだな、って。
つまり、
ああいうツイを「残す」ことで、
あとからあとから、それをリピするために、
わたしのような皇室批判を糺す言論を攻撃して
それを貶めて否定するツイートを残す ことだけが目的なのか と。




そしておかしいのは、彼らは異常に宮内庁を信じています。
いつも宮内庁に言質をとって「安心」している。
宮内庁を絶対視してる。

ま、そう言うと否定するんだけどね、
でも、会話見てみると、もうどう見ても盲信してる。
いや、つるんでるといった方がいいのかな?


でも、宮内庁から言質取ったって無駄です。

宮内庁は東宮や皇后を守らない。

守らないどころか、陥れている。

嘘をついても嘘を認めない。
虚偽を発表してもそれを訂正しない。
そして、そんな宮内庁をマスコミは非難したこともない。

つまり、彼らは
反日マスコミと反日宮内庁と「結託」している
 としか思えません。


おまけに、
こちらの意見や質問にきちんと向き合わず、話を逸らし
立場が悪くなると相手を罵倒・威嚇する。 

その手口もあっち側の人みたいで気持ち悪い。
すぐにわらわら「加勢」が現れるところも、組織だってて気味が悪い。



※また、後日、こんな言質も取れました。
久野潤氏は、全国各地の神社を隈なく、何度も足を運び、宮司さんや関係者、
またその神社にかかわる「歴史の証人」たちの言葉を丁寧に集めて著書を出しておられる方です。



(これを「意訳」すると、
「バカヤロ~!何を寝ぼけたこと言っとるんじゃ~!! 
東宮殿下の名前まで出さなきゃいけないと言うなら、
他の宮家や旧宮家の当主以外の分
(例えば竹田家の竹田恒泰氏の家の分とか)まで
全部書かなきゃいけなくなるだろう!
そんなのいちいち書いとられっか!!」 
です。)




それから、蛇足だけど、

もう一度例の写真をよく見てください。

DSC00262

「宮家」の立て札の隣に、「旧宮家」の名前が「並んで」立ってるじゃないですか。

ほら、例の旧竹田宮の「竹田家」名前も、宮家と並んで出ているではないですか?

つまり、どういうこと?

つまり、
「旧皇族」も、「宮家」も、同じように「貴い家」だと、
「皇室につながる貴い家」だと、
出雲大社の方々(他の神社も)が認めている 
ってことですよね?


それを否定したい人。
じゃあ、世の中の他の「偉い人」や「社会的地位の高い人」がそこに並んでますか?

たとえ総理大臣だって、
どんな大金持ちだって、いっしょに並んでいないんじゃないですか?

札が分かれているとはいえ、
陛下や宮家と 並んで立っている というのは、そういうこと! ですよ。

たとえば、
あの、陛下や皇族方の「御気持ち」を勝手に忖度して、
勝手に憶測で断定して、
陛下の気持ちを代弁してるかのように
偉そうに豪語してはばからない、
あの、小林氏とか、所氏とか、高森氏…なんかが、
たとえ10億円ずつ寄付したとしても、
陛下や宮家のとなりにその名は並ばないでしょう?


逆に、旧宮家(竹田家など)が例え100万円しか出していなくても、
名前はそこに、 
陛下や宮家のとなりに並ぶでしょう!

そういうことです。

だから、
いくら名義上(法律上)我々と同じ「庶民」だといっても、
わたしたち本物の庶民からいったら雲泥の差。
ほとんど本物の「宮家」とある意味では同格だってことですよ!

実際、外国へ行ったら、王侯貴族の前では「そういう扱い」になるわけだし。
だから、
例のJOC会長の竹田氏だって、外国へ行けば「プリンス竹田」扱いなのだし、
(女王陛下とアフタヌーン・ティーしたとか、女王陛下から直々に鴨撃ち(猟)に誘われたとか)
だから、代々JOCの会長を任されているのです。

もともとオリンピックは各国の王族同志で仕切っていた伝統から、
欧州のオリンピック会長は、貴族や王族がほとんどだから、
どんな元有名選手や実力者が会長になったとしても、
元皇族である竹田氏以上に世界の現職貴族や王族VIPと対等に渡り合える人はいないのです。

「利権をほしいままにしてる」とか「金も亡者」とかいう誹謗中傷があるけど、
まったく、お門違いもいいとこ!!
あんな、「政界のドン(癌)」であるだけの森元総理なんかといっしょにしないでほしい!

エセ保守派(在日サヨク)は皆、アンチ竹田(親子)で、必死にあの親子を下げようとしてるけど、
残念ながらそういうこと!

旧皇族とは、ぜんぜん「庶民」じゃないんですよ。 
わかった?


「日本に自治権が無い時に占領軍が勝手に変えた法律」を元に戻すだけで
立派に皇位継承権がある方たちなんですから。

そういう人たちがちょっとでも目立つと(正論言うと)すぐ叩くのは、
要するに、
皇統が続かないように願ってる人たち
皇室の弱体化=日本の弱体化を願ってる人たちだけです。


日本人なら、本来、足を向けて寝られない方たちですよ。
だって、あの方たちがいるから、
彼らが「男系の血統」を引き継いでいるから、
皇室の万世一系は
日本の歴史は途切れないのですから。




そういえば、例ので紹介した
「一見保守の反皇室ブログ」でも、やっぱり竹田氏を批判していたみたいです。

でも、おかしいですよね?
今、この世で一番「正統」な立場で「正確」な知識をもって皇室擁護をしているのが竹田氏でしょう?
その竹田氏を敵に回すということは、
すなわち、皇室を敵に回しているのと同じことになると思うのですが・・・

ま、言ってもどうせ彼らは解ってくれないでしょうけど、ね。




他にも、わたしと見解を同じくするたくさんのツイートを見つけました。
その一部を紹介。

みなさん、すばらしい!! 心が洗われるようです。



まったくもって そのとおり!!









同感です! 
皇室を開いた目的はつまり、こういう不敬行為を許すためだったのです。




まったくもってその通り!!
わたしたちは皇室そのものを守っているんであって、
特定皇族だけを擁護して誰かに対抗しているわけじゃない。
皇室・皇族批判そのものに対抗しているだけです。






確かにいません。
ようするに、
彼ら仕掛けた側は、嘘(捏造)だとわかっているから口を出さない。
皇室バッシングは嘘がバレたときのリスクが大きいとさすがに解っているから。

でも皇室を貶めたい人たちは、自分らでは手を汚さず、
「国民」に汚れ役をやらせて高みの見物を決め込んでいる。
そういう汚い反日(在日)議員たちがいるってことですね。




なるほど、そういう訳か。


納得です!



つまり、「お里が知れる」のはデマ流してる方でしたが・・・


そういえば、
安倍総理も夫人も、ちょっとでも韓国に絡むと、
向こうが要請したことでも、他の国とただ平等に接しただけでも、
「韓国の味方だ」「在日つながりが」って意味不明な叩かれ方してましたよね・・・

在「総理、写真一枚お願いしま~す!」
総理「(誰?)」 パチリ!

在「ホラ!安倍は朝鮮つながり!」 ・・・っていう「証拠写真」がずい分出まわしましたよね~




内邸皇族の公務スケジュールを決めるのは宮内庁ですから、
宮内庁はこういうバッシングを予見してきちんと公に説明するべきなんです。
それをしてないから、陛下や皇族方のあらぬ噂や中傷が一人歩きしてしまっている。
宮内庁は、それを黙殺しているとしか思えません。
竹田氏も「それは宮内庁の無能ぶりである」とおっしゃってしました。




皇太子妃の病は「頑張って!」という言葉ですらプレッシャーになるというのに、
まして、言動をいちいちストーカーされて誹謗中傷されていては、治るものも治るわけがない。
噂を広めている人たちは「公務もできない皇后は不適格」と言うが、
バッシングすることによって「公務できない状況」を自分たちが作っていることに気づいていない。




もっと言ってやって!



う・・・ わたしもかつて、チョロく引っ掛かりました。



たしかに怨念感じます・・・



至言!! そのとおり!!
なぜ彼らは宮内庁に進言しないで、
宮内庁から言質とって得意げになっているのか!






ほんとうに、それが怖ろしいです・・・





手先となって拡散している人たちは「ごっこ」ですが、
その陰で操っているものたちの妄執というか怨念のようなものを感じます・・・














彼らの好きな「レッテル貼り」はつまり「脅し」といっしょです。
日本人は自分がレッテル貼られることを忌み嫌うので思わず怯んで引いてしまう。
それを計算してレッテルを貼って威嚇しているんだと思います。




テキサス親父さま、シビレます!


どれもこれも、涙が出るくらい素晴らしい見識ばかり!
ああ、ほんとに、憑き物が落ちて心が洗われるようです。 (T_T) 

で、
こんなことがあったので、わたしは例の警鐘記事その②
『本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態~②
「皇統保守」を装いながら実は皇室解体へと国民を導く危険なブログ(ツイート)にご注意ください!!』

を書いたのです!

それを一人でも多くの方に読んでいただき、気をつけていただき、
そして、わたしたち国民と皇室とのつながりの尊さ、有り難さについて、
今一度考えていただきたいと切に思いました。













がんばって拡散してま~す!





このような皇后陛下を、皇室を貶めるなんて、
国民として考えられません!



また、

わたしのように、一度は「暗黒面」に落ちてしまった人に訴えます。

落ちてしまったことを恥じる気持ちもまた尊いとわたしは思います。


自分の考えや主張が間違っていたと解ったら、
それを潔く認めて主張や持論を変えることはけっして「恥」ではなく、
むしろ、日本国民として「気高い」行為だと思います。

どうぞ、怖れず、勇気を出してそこから抜け出してください!

陛下 皇室の弥栄(いやさか)のために 

わたしたちの「日本」のために。 





。。。。。。。。。。。。。。。。。。



学者は知的正直であるべき







うさんぽ    twitter.com/hidamari_kojiki


※この問題はとても根が深く、書いても書いてもまだ足りない思いでいっぱいです。
どうぞ、しっかりした理解のために、 で ①~⑥ および皇室関連記事を じっくりお読みください。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


(※2016.11.12)
★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~
関連記事をまとめました。



関連記事

本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態 ② 「皇統保守」を装いながら実は皇室解体へと国民を導く危険なブログ(ツイート)にご注意ください!!


   
 
※『本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態~①』に書き足していたら、
 あんまり長くなってきちゃったんで、その②にしました。

どうぞ①から④まで関連してお読みください。 


本当に皇室を思う気持ちから
東宮、東宮妃、皇后、陛下の批判情報を信じ、拡散している方々へ!

「嫌韓記事」や「在日・売国批判」を身にまといながら
(嫌韓感情で保守派を釣っている)
「皇統保守」を装いながら実は皇室解体へと国民を導く
危険なブログ(ツイート)にご注意ください!!




(少しだけ①とかぶります)

愛国の保守派の人の中に、堂々と東宮批判や皇后批判をする人がいます。
とても哀しい残念なことですが、
そういう人は、真剣にそれを信じて、それを憂いて、
おそらく本人は「誠実な気持ち」で拡散しているのだと思います。

間違えないでいただきたいのは、
わたしは「その人」を責めたいのではないのです。

それは、「かつてのわたし」だからです。
わたしも一時期、うっかり彼らの提示した「証拠」を見てショックを受け、
うっかりそれを信じて不信感を持ってしまったことがあります。
それをそのまま拡散することはありませんでしたが、
著名人、たとえば、櫻井よし子さんらが語る「皇室への危惧」を紹介したことがあります。
「こんな立派な方たちでさえ心配しているのだから」と。

でも、それは間違いだと、あとで気づきました。
その過ちを悔い、償うために、ここでこうして一生懸命書いているようなものです。

だからこれは誰でも陥る可能性のある問題なのです。
だから、誰でも、気づきさえすれば、
本来の日本人の感性を取り戻しさえすれば、そこから抜け出すことができるはずです。


(※以下、暗黒面に落ちたブログ(ツイート)に集う人たちを「彼女たち」とします)

しかし、その「本人」(拡散している元締め)に言っても効果はありません。
それは今回(①で)身に染みて判りました・・・

「彼女たち」は皇室のため、国のためになると口では言っているかもしれないけど、
もしかして本気でそう信じてしているつもりかもしれいけど、
(韓国人たちを見ても本気で嘘歴史を信じてるからいつまでも進歩できないわけだしね)
でも、本当は知っているはずだと思います。
そういうツイートが広がるのを見て、裏でほくそ笑んでいるのは
彼女たちの大嫌いな(大嫌いだと言っている)「在日(反日)コリアン」たちなのだと。



日本の歴史の中で、いまだかつてない最悪の暴挙を彼女らはしようとしているのです。

その怖ろしさ、罪深さに彼女たちは気づいていない。
事の重大さ、罪の大きさ影響の大きさを彼女たちは気づこうとしない。

でも、中には気づく人もいるかもしれない。
このわたしのように。

わたしも一瞬その中に足を踏み入れていたから分かるのです。

それに気づいて目が覚めたときの驚愕と痛恨・・・
恥ずかしさと申し訳なさと口惜しさとで、
真っ青になってそこから逃げ出してきたときの気持ちが・・・

「考え」だけ持っていかれただけなら、まだ引き返せるかもしれない。
「魂」まで持っていかれたのではないならば、まだ引き返えせるかもしれない。

そう思って、そういう望みを託して、これを書きます。


彼女たちは「勘違い」しているのです。
ミスリードする邪悪な連中に完全にコントロールされ、思い込まされているのです。

(それか、最初から「羊」自らが仕込みで、全部向こう側の人間かもしれません。
 それはケース・バイ・ケースでしょう。だから何でも「認定」しないでくださいね。 ←わたしもされた)


彼女たちは「皇位継承」や「皇室公務」が自分たちの意見を入れられるものと、
自分たちが気に入るように皇室側が配慮するのが当然であるかのように勘違いしています。

当然、彼女らは「してない」って言うでしょうけど、先の①のやりとりを見てもらえれば解るとおり
言動聞いてると、まるっと勘違いしてるんだからしょうがない!

しかも、「これは?」「じゃあこれはどう説明する?」
「こんな写真もあるわよ!」・・・って自信はたっぷりだけど、
それみんな、嫌韓感情に乗じたただの偏見や差別感情ばっかりじゃないですか?

そして、愚民を洗脳するための技法でもある「三段論法」だらけです。
ショッキングな情報に頭がクラクラしたところで、うっかり騙されてしまいがちですが、
冷静になって考えてみると、どれもこれも、あまりに無理矢理な、あまりに稚拙な
どこも、なにも筋が通っていない論理破綻した「こじつけ」と「言い掛かり」だらけです。

今思うと、あれって、
「打倒安倍」に燃える在日民進党や共産党たちのやってることと同じレベルです。
安倍批判の根拠は全部、一事が万事、ロクに裏も取ってないガセ情報や、
同胞たちが作った「嘘」と「捏造」と「思い込み(そうに違いない)」だけです。

嘘でも何でもいい、
言ったもん勝ち(マスコミが加勢して拡散してくれさえすればいい)、
やったもん勝ち(あとから間違いだと解ってもそんなの関係ない。ダメージを与えればそれでいい)。

最初からその姿勢だから、マスコミもそれと同じだから、
敵にダメージ与える情報をとにかくたくさんばら撒き、念入りにインプットする。
その「与えたい印象」を国民に植え付けることさえできればいい。

そのために、「嘘情報」は繰り返し繰り返し伝えられ、
「訂正」があっても、それはひっそりとしか伝わらない。または、伝えようともしない。

これが、売国政党(反日左翼)のやり方。
在日マスコミのやり方。
そして、皇室批判を繰り広げている人たちのやり方です。

これが日本人の感性でしょうか?

ひとつも冷静に条理を尽くした解説がない。
汚い罵りと下品な感情論と下衆な勘ぐりばかりで、聞いてるとヘドが出てきます。

結局、彼女らは、
差別意識や根拠のない優越感など、
人間の感情の中にある一番汚い、一番穢れた情念、
普通は認めたくない自分の中の「暗黒面(醜い感情)」に囚われ、
拡散したい相手に対してもそういう感情(情念)を利用して訴えかけてくるのです。

「彼ら」は民族的に、そういう「人の心の弱みに付け込む誘導」が大へん得意なんです。

それに呼応することは自分の中の「暗黒面」を認めることです。
自分の中の暗黒面に引き摺り込まれることを許すことです。
それに気づいたとき、日本人なら、ものすごく自分を「恥じる」ことです。

しかし、「恥じる」ことを覚悟で、勇気を出してそこから抜け出してください!

本当の皇統保守とは何なのか?
本当の皇統保守とはどうあるべきか?
日本人として、「天皇を戴く日本の国民」としてどうあるべきか?

わたしたちは皇室をどう支えて行くべきなのか?

その答えは、そこから抜け出せれば、すぐに解ることです。






「天皇」の皇位継承は、
「能力」でなるものではなく、「適性」で選ばれるのでもなく、
まして、
「国民の人気」によるのでも、「国民の承認」が要るものでもなく、
その星に生まれついた者だけが、「宿命を背負って粛々と帝位につく」
そういうものだと思います。

逆に言えば、
皇族に生まれて、帝位につくかどうかは、「天命」に従うまでで、
現在では現制度(皇室典範)に従うまでで、
けっして、
そのために国民の人気を得る必要も、国民の承認を得る必要ないのです。

だからそもそも、
「失格」とか「不適切」とかいう言葉を用いて論じること自体、
皇室に対して不敬極まりない、お門違いも甚だしい、大きな勘違い なのです。


その出発点から、彼女たちは勘違いをしているのです。

出発点からズレてることにも気が付かない人たちと、どんなに論じても埒が明かない。
おまけに、その「勘違い」が揺らがないように「加勢」がわらわら沸いてくる・・・
結局、徒労に終わるだけです。
(まるで隣の人たちと「議論(にもならないけど)」する疲弊感と似ています)


次期天皇に誰がなるのか、なんて、
当の本人すら思い通りになるものでもなく、
まして、一般国民(彼女たち)の思い通りになるものではないんです。

もちろん、彼女たちは、
今は自分たちだけではまだ「力が足りない」から、
力をつけるために仲間を増やそうと「活動」しているのです。
「今はまだ少ないけど、もっとこれを拡散してみんなが気づけば、
民意(わたしたち)の力できっと邪悪な東宮を排除して皇室を改善できる!」

と信じてやっているのです・・・


ですが、残念ながら、それは「不可能」です。

不可能というより、可能にしてはいけないことなのです。
それが「可能」になったときは、「皇室終了」=「日本終了」のゴングが鳴るときです。

彼女たちが「気に入らないから」と皇室を非難する(非難できる)ということは、
そのまま共産左翼たちが 大喜び する現象なのです。

共産党は、今はまだおとなしくしていますが、それは「皇室人気が高い」からです。
「今はまだ皇室人気があるから無理だが、いずれ皇室は無くすつもり」なのです。

つまり、
「皇室人気があるから手が出せない」だけで、
「皇室人気が衰えたら手が出せる」わけです。

その時を共産左翼たちは待っている・・・
だったら、 
「皇室人気を下げる画策」をしないわけがないでしょう? 

日本を共産化したくてしょうがない、
皇室を解体したくてしょうがない彼らが、黙って、自然の流れに任せて見ている
わけ がないでしょう?


誰が、こんな「共産左翼が大喜びする現象」を画策したのでしょう?
誰が共産左翼に協力するでしょう?

解るでしょう?


どうか気づいてください。

どのお方だろうが、どの一点だろうか、
それが虚偽だろうが、事実だろうが、そんなのは関係ない。

国民が「皇室(皇族)批判」すること自体が、
すなわち、
皇室解体、日本乗っ取りに力を貸すことなのです。




どうか「彼ら」の言うことを信じないでください。


みなさん、
なぜ、わたしたちの日本が、
わたしたちの日本だけが、
世界に類を見ないほど古く長い王朝の歴史、
しかも、同一民族の国家を続けてこられたと思いますか?

日本よりも古い王朝はありました。
でも全部潰れています。
日本の半分、1000年前後続いた王朝はたった二つです。
数百年足らずで潰れた王朝は履いて捨てるほどあります。

日本だけです。

日本だけが、現存する世界で最古の、そして最長の王朝(天皇)を戴いて
2600年以上「日本(名称はいろいろ)」という国が続いてきたんです。
それは世界の「奇跡」なんです。

なぜ?

なぜ他の王朝は、日本のように同じ民族だけで延々と続いてこれなかったのでしょう?
なぜ他の王朝は、他国との戦争で領土・領民を奪われるだけでなく、
自分の領民の蜂起によって城が落とされ、王朝が倒されてきたんでしょう?

なぜ日本だけ、民によって王朝が倒されてこなかったのでしょう?

(※それについては、長くなるので、こちらを読んでくださいね)

つまり、
これまで日本民族が思いつかなかったこと、
日本人がこれまで絶対に許してこなかったことを「彼女たち」はやろうとしているのです。


日本の民は、
「そうしなかった」からこれまで天皇と国民が幸せに暮らしてこられた、ということを知っていた。
だから、これまで日本人はけっして許さなかった。

それを、「彼女たち」はやろうとしているのです。

日本において、
少なくとも2600年以上の皇室の歴史の中で、皇位継承の問題について、
「一般国民の民意を聞く」だの、
「民意に押されて」皇室が動くだの、
国民の糾弾によって帝位簒奪や廃太子などという「蛮行」が行われたことなど
ただの一度もありません!

一度もなかった。
危なくなっても、結局それを回避して乗り越えてきたから、
だから、一度も君民の信頼関係が崩れずにここまで国家が続いてこれたのです。

一度もなかった。
危なくなっても、結局回避して男系だけで紡いできたから
だから、一度も途切れずここまで単一王朝が、日本という国柄が続いてこれたのです。

先人たちがそれを2600年以上守り続けてきたものを、
わたしたちの代で守り切れなくなってもいいのでしょうか?

浅はかな考えで「皇室に口を出す」などという蛮行を国民が許してもいいのでしょうか?


それを許すというのなら、

その瞬間、

もはや、皇室は、
天皇という日本の国体は意義を失い、権威を失墜します。

有史以来、初の「日本終了」です。

東宮家を批判し続けることで得られるものは、
日本国民の未来の「天皇への不信」と、未来の天皇からの「国民への不信」だけです。

そんなものが欲しいのでしょうか?

たとえ彼女たちのご希望どおり廃太子して弟宮が皇位についたとしても、
そのときは、
そのときこそ、
国民の皇室不信が完全に出来上がった瞬間であり


保守の仲間割れ、日本人同士の対立、
つまり、
敵国人が何よりも恐れた「日本人の結束力」の崩壊
そしてもちろん、
皇室・天皇の権威失墜は免れません。



たとえ「悲願」の悠仁親王が天皇に即位できたとしても、
そのときにはすでに「誰がなっても天皇(皇室)不信」になっているでしょう!

足元も、周辺もガタガタで、薄汚い陰謀が国民すべての目に映ってしまう・・・
そんな状況で「悠仁天皇」が即位したって、誰も天皇を皇室を敬いません。

「醜聞だらけの”穢れた”泥沼の中に咲く一輪の白い薔薇」 
それだけで満足ですか?

彼女らが作ろうとしているのは、結局そういう皇室です。
それが現実だと思います。

ほんそうにそれが「実現」したら、
みなさんは、そんな皇室に憧れや敬意を抱けますか?
そんな皇室を内外に誇れますか?

そんな皇室を命をかけても守り抜きたい。。。と
先人たちのように思えると思いますか?

もうダメでしょう?

左翼の思い通りに
価値を無くした皇室はあっという間に「解体」されることになるのでは?


敗戦しても、天皇が殺されなかったのは、
占領されても皇室が解体されなかったのは、
皇室(天皇)と国民の間の絆がしっかりと強く結びついていたからです。

それをマッカーサーが理解したからです。

天皇を殺してその「絆」を断ったら、
天皇という求心力を失った日本国民の精神はあっという間に瓦解して、
改革・革命を旗印とする共産思想に乗っ取られると危惧したから、天皇を残したのです。

アメリカにとって日本は恐ろしい敵でもあり、かつ、
「赤化の防波堤」としてけっして敵側の手に渡したくないものだったから、
日本を「アメリカ主導の民主主義国家」に仕立て上げるために
つまりは、「日本を共産化させない」ために、ぎりぎり「天皇」を救ったのです。

アメリカは、日本の国力を削ぐために天皇の力を奪いたかった。
が、同時に、すぐに完全に奪うことはできなかった。
そのかわり、
「ゆくゆく無くす」ための布石として宮家を縮小したのです。 (旧皇族の皇籍離脱)

しかし、今のアメリカにとっては、
最大の脅威である中国と対抗するために日本との強固な同盟が必須です。
逆に、
日本侵略を狙う中国にとって、それに利する共産・左翼にとって、
いよいよ「日本人の求心力の源(=国力の源)である天皇」が邪魔でしょうがないのです。

そして今、
その邪魔な天皇(皇室)の人気を削ぎ、皇室不信を募らせる「準備(仕込み)」や条件が
着々と整ってきたところなのです。

「彼女たち」が皇族をバッシングしている情報(エサ)はみんな、
そうした「仕込み」が功を奏してきたものだと思います。

そして今、まさに、市民権を得た日本人の「嫌韓感情」が大いに利用されています。

同じ「韓国を憎み蔑む同士」としての間口を利用しているのです。
「反日(反皇室)工作」の罠の中に引きずり込むための「エサ」として。

目的のためなら同族をも売る。
裏切りと背乗りを特技としてきた彼らなら簡単なことでしょう。

それを信じ切ってしまった「彼女たち」の思考はほぼあっち側と同じになっています。
「信じたいものだけを信じ、見たくないものは見ない。」

そういう現象こそ、「彼ら」反日勢力が望んだものです。

これでどんどん「信者」を増やせば皇室解体へまっしぐら! です。



それが狙いだと、どうか気づいてください。

「悠仁親王を守りたい!」 
「佳子さまを守れ!」

という美しい甘言に惑わされないでください。

彼らの言うことを聞いていたら、
悠仁親王は確かにいずれ天皇になれるでしょうが
「ラスト・エンペラー」になってしまいます。


「わたしは立派な皇室を守りたいから、気に入らないこの人だけを追い出したいの」
「これは未来の天皇悠仁親王を守るためにやっている崇高な使命なの」

ってやってるけど、それのどこに正当性があるのでしょう?

やってることは結局、
ただの「皇族批判」「皇室批判」「天皇家の誹謗中傷」で
皇室を穢して、貶めているだけです。

大事な「悠仁親王」が即位するときの皇室の権威を、
自分たちでケチョンケチョンに貶め弱体化しているだけです。

彼女たちはこう言いたいのです。
「ほら、わたしたちが害虫を駆除して皇居内をきれいにしてあげたわよ!
だから、悠仁親王さま、安心して次期天皇におなりくださいね!
(わたしたちが悠仁親王さまを、皇室を守ったのよ!!)」 
と。

なんという傲慢な思い上がりでしょう。

でも、そんなふうに悠仁親王殿下が即位したとき、
そのまわりにどれだけ本気で皇室を守ろうと、天皇を大事にしようと、
国体を命がけで守ろうとする者が果たしているでしょうか?

国民に叩かれ、罵られ、ネットで散々公開処刑され、
スキャンダルや汚点を洗いざらい暴露されたような
国民の手で引きずり下ろされた惨めな叔父叔母や祖父母や親族を持つお若い天皇が、
いったいどうやって、
「身内を苛め抜いた国民」一人ひとりの安寧と幸せを真摯に祈れるというのでしょう?
たとえそれがおできになったとしても、なんと辛い淋しい思いをさせることでしょう!

なぜ彼女らはそれを想像できないのでしょう?







どうか気づいてください。

2600年以上の皇室の歴史の中で、
皇位継承の問題について、
「一般国民の民意を聞く」だの、
「民意に押されて」皇室が動くだの、
国民の糾弾によって帝位簒奪や廃太子などという
「蛮行」が行われたことなど
ただの一度もありません!


どのお方だろうが、どの一点だろうか、

それが虚偽だろうが、事実だろうが、 そんなのは関係ない。

国民が「皇室批判(皇族に指図)」すること自体が、
すなわち、
皇室解体、日本乗っ取りに力を貸すことなのです。







・・・・・・・・・・・・・・・・・


※この問題はとても根が深く、書いても書いてもまだ足りない思いでいっぱいです。
どうぞ、しっかりした理解のために、 で ①~⑥ および皇室関連記事を じっくりお読みください。



※これまで「日本(皇室)を愛する日本人」がどのように左翼(反日)工作に騙されてきたのか?
 その手法と経緯を詳しく解説しました。長いですが、ぜひ一度お読みください。

★日本国民がどのように宮内庁とマスコミの巧妙な皇室解体計画に騙されてきたのか
 ※宮内庁、マスコミは嘘ばっかり! それに保守派の論客までもが騙されている!


★竹田恒泰 「宮内庁の言うことの8/10は誤り!」            
  国民は宮内庁の「陛下のご意志」という脅しに屈してはいけない!!

※こういうことを堂々とやる宮内庁の発表(陛下や皇族方のコメント)を信じられると思いますか?



★竹田恒泰が初登場したときの「たかじん」その③ 所功氏との大バトルについて & その後の進展  

★たかじんのそこまで言って委員会 2014.12.7 所功は やはり皇統断絶の刺客!?


★「立派な天皇」は国民の鑑である ①   


★詐欺?うそつき?胡散臭い? 再 竹田恒泰って何ぞや?



★世界はもう「韓国の虚妄」が生む真の悲劇を知るべし!
 谷山雄二朗「公平無私の目で見て、一人一人何が真実かを考えて欲しい」



うさんぽ    twitter.com/hidamari_kojiki








※この問題はとても根が深く、書いても書いてもまだ足りない思いでいっぱいです。
どうぞ、しっかりした理解のために、 で ①~⑥ および皇室関連記事を じっくりお読みください。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


(※2016.11.12)
★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~
関連記事をまとめました。



関連記事

そこまで言って委員会NP 2015.5.24  民主・共産党の公開処刑? 至言!名言! ざこば師匠「9条があってもなくても日本人は絶対に戦争なんかしない!」


またまた民主・共産党の公開処刑?


 
そこまで言って委員会NP 2015.5.24
どうでもいいわ! こんな ↓ タイトル!! (怒)
野党に求められる大喜利力! 
「笑点」ならぬ ニッポンの焦点スペシャル!! 



ほんとうに、ちょっと聞くだけでよく分る!!
共産も 民主も、
安倍叩きしてる野党たちは、
安倍(自民党)さんの言ったことを 聞いてない!!!


話を聞かずに
理解してないで ただ安倍批判してるだけ!!
シール図くんたちと何ら変わらない!!


あらためて よく わかりました。
   
議長  :辛坊治郎   副議長:渡辺真理 .
パネラー 金美齢、 花田紀凱、 桂ざこば、 長谷川幸洋、宮家邦彦、 須田慎一郎、 竹田恒泰、
      橋本マナミ .
ゲスト 福山哲郎、 片山虎之助、 小池晃





※「ひまわり動画で再生」をクリックしてください。


動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます。m(__)m

最近消されてしまうことが多いのでいろいろ貼っておきました。
消される前にすぐ見てね!




本当に、最初から最後まで、見事な公開処刑だ!

それでも何度も懲りずに出てくる共産・民主は度胸があるのか?
それとも やはり ただの 愚鈍な傀儡 なのか?

竹田さんに
「沖縄選挙 たかが 6:4 でどこがオール沖縄?」
「共産党の主張にはすでに一貫性がない」
「韓国は敗戦国」
「中国は日本のせい(おかげ)で共産国になった」
 と
ガンガン 本当 のことを言われて 
共産・民主の歯ぎしりが ギシギシ 聞こえてきそう!!



今日の名言。

竹田恒泰 「そもそも、
(日本を良くする)政策について
(日本をディスるために存在する)
共産党が納得する必要があるのか?」



これがすべてですよ!

そして、長谷川さんの名言!

共産党の真の主張(魂胆)は、まさにこれ!!
「9条を差し上げますよ あの国に」


中国のために都合のいい「9条」を
必死に守る共産党!!



今日は、ゲスト(構成)が下品なわりに 名言が多いな~

もうひとつあった!
ざこば師匠に座布団10枚!!

「9条があってもなくても、
日本人は絶対に戦争なんかしない!!」


これこそ真理。


共産・民主の言ってることは 嘘ばっかり!






<参考記事>

★改訂版 
わが隣国はこういう国! これでも9条を変えなくてもいいのか?


嘘を広める共産党!!!
★たかじんのそこまで言って委員会2013.10.6 共産党大会SP!!
 憐れ、共産党! 無策・無責任・ファンタジー体質が丸裸!!
 


★またまた左翼にブーメラン? 赤旗新聞「安倍総理が人権停止に言及!!」だって?
 共産党機関紙赤旗新聞(朝日も中日もだけど)は国民を騙し洗脳するための広報紙!



★共産党の意見に同調するということは、中国共産党の日本侵略に加担するということです!

★今あなたに伝えたいこと  ~外交・政治問題を「日本人目線」で考えることの大切さ~

★長野五輪を五星紅旗で制圧した四千人の中国人「留学生」は、
 一挙にどこから長野に集結したのか? 東京ではないか!!


★再・なぜ今の日本に「安倍長期政権」が必要か?



※こちらもぜひ、ごらんください。
★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態~②
 「皇統保守」を装いながら実は皇室解体へと国民を導く危険なブログ(ツイート)にご注意ください!!

日本国民にとって最重要なことは、皇室を「支えて」守ることです!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html

※貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html
(※最近のものは欄下の<関連記事>からどうぞ!)



★「たかじんのそこまで言って委員会」が関東地方で放送できないわけ・・・
 http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1498.html



※ あわせてこちらもご覧ください。


★中・韓人とのつき合い方 ~ まずは自分との差異をはっきり知ること

★たかじんのそこまで言って委員会 2014.5.11 女性が考える女性問題SP!!
※少子化問題は根本的に間違ってる!!!


★共産党の意見に同調するということは、中国共産党の日本侵略に加担するということです。

★安倍政権に反対することは、中国共産党の日本侵略に手を貸すということです。

★再・なぜ今の日本に「安倍長期政権」が必要か?

★日教組こそ日本の癌! 今度こそ 安倍政権で日教組を潰すべし!!



★改訂版 「憲法記念日」にちなんで <憲法改正問題 記事一覧> 作りました。
                           ↑         ↑
<一部抜粋>
誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?
誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!!  
  日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家

誰も知らない「日本国憲法」の真実 ③  日本国憲法は破棄してはいけない!!
   日本国民が守るべき「日本の国体」が何たるか正しく知ろう

誰も知らない「日本国憲法」の真実 ④ 日本国憲法は破棄してはいけない!!
   大切なものを守るための改憲なんです!



  
★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで・・・!!

★浅田選手を愛する純粋な気持ちを よこしまな反皇室扇動に利用されないでください。


関連記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示