ひだまり    今は古事記に夢中! 2017年02月

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

そこまで言って委員会NP 2017.2.26 真相究明 冤罪事件の謎 怒涛の2時間SP! 



そこまで言って委員会NP 2017.2.26
 真相究明 
冤罪事件の謎 怒涛の2時間SP!


議    長  辛坊治郎  副議長 :渡辺真理




※動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます!

※※最近、すぐ動画が消されてしまうので、すぐ見てね!!





過去動画の配信
http://www.ytv.co.jp/mydo/iinkai/

たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/iinkai/


※貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html

(※最近のものは欄下の<関連記事>からどうぞ!)




※まだ動画をきちんと見ていないので、また見てから、思うところあったら追記します。




マスコミの熱心な「正男はいい人」報道合戦に違和感!



※↑この共産党の「嘘」はこちらで完全論破できます。 
誰も知らない日本国憲法の真実~天皇と憲法~⑤
第一条 天皇 「国民の総意」とは何か?




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


こちらも ぜひ、お読みください

※必読※
~「天皇と憲法」~
誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?


あなたは、なぜ天皇が尊いのか知っていますか?
★『高森明勅 所功氏らの暴言・虚言についてもの申す!!』

★竹田恒泰 エセ保守論客たちの無知と嘘を暴く!
「憲法は言葉通りに読んではダメ!!」~本当に陛下(天皇)を貶めているのは誰なのか?


★他のエセ保守論客はもう黙れ!!竹田恒泰氏こそが本物の皇室を語れる人物です!
 ~なぜエセ保守論客たちは竹田恒泰氏を敵視し誹謗中傷するのか?







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


トランプ評価は、
マスコミと、まともな言論人とでは、だいぶ温度差があるらしい。  
マスコミがトランプ政策を叩くのはなぜ?


※巷のマスコミのトランプ批判(偏向報道)ばっかり聞いていると視野が固まってしまうから、
こういう意見も聞いてみたら?


ウェークアップ!ぷらす - 2017年2月11日
トランプ安倍会談~
トランプを誑し込んだ安倍さんの手腕を評価?



地上波の中では、けっこうまともなこと言ってる(人がいる)と思いました。
安倍さんの手腕を評価する意見も、褒めたくないのに苦々しく褒めてるのではなく、
めずらしく、安倍総理へのトランプのメロメロぶりを好意的(公正)な感じで評価していました。 
これ以外の地上波ニュース解説はクソですが。

そういえばあの青山繁晴氏も、「安倍さんは人たらし」だって言ってました。
トランプだけじゃなくて、実はあのプーチンも、ドゥテルテも、
どんな「狂犬」も(自分も含めて)安倍さんにはメロメロなんだって。
(↑全くその気がなかったのに、電話で上手くそそのかされて選挙に出てしまった!)
「あの不思議な魅力はいったい何なんだ?」と、
安倍夫人の空気感も含めて、それを「安倍さんの7不思議」だと言っていた。

  ↓   ↓

【青山繁晴】
敏腕議員や各国大統領が惚れ込む安倍首相の不思議な魅力




「入国禁止」の真意を説明 
ケント・ギルバート氏 「反トランプは勘違い」


















。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!!  
  日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家



誰も知らない「日本国憲法」の真実 ③  日本国憲法は破棄してはいけない!!    
  日本国民が守るべき「日本の国体」が何たるか正しく知ろう!



誰も知らない「日本国憲法」の真実 ④ 日本国憲法は破棄してはいけない!!
  大切なものを守るための改憲なんです!




★「天皇陛下は憲法改正に反対だよ」
 この一言がどれだけ矛盾しているかを理解でないことこそ、「戦後左翼(欠陥)教育」の賜物。




★竹田恒泰 「民主主義とは何か?」
  ~共産左翼や ”シールズ” たちが叫ぶ「民主主義」の誤謬を糺す!


★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話




※※追記しました。
【皇室典範改正】 「旧皇族の復帰」問題を「北方領土問題」に例えると

★そこまで言って委員会NP 2016.9.4 高森氏が所側(朝敵)に確定した日!

★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~



関連記事
スポンサーサイト

日本叩きしていたマスコミが、なぜ今こんな 「日本ヨイショ」ブーム?


日本人の9割超 「日本が好き」 
…が不都合なはずのマスコミが、なぜ「日本ヨイショ」ブーム?

http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-2831.html ~より抜粋転載(少し加筆校正)



「マスコミが反日だっていうけど、へんだよね?
最近テレビでは「すごい日本」っていう 日本ヨイショ番組ばっかり
やってるじゃないか!」


・・・って言う人がいるけど、
本当にあれが、ただの「日本ヨイショ番組」だと思ってる?

違うよ!

あれらの「ヨイショ番組」の作りをよ~く見ててごらん?

ホントに「日本礼賛」ばっかり? 
ホントに「日本大好き」ばっかり?

違うでしょ?

もし、そうとしか受け取れなかったとしたら、あなたはまだ
テレビを無防備に信じすぎ。

「褒め殺し」って言葉があるけど、
それは、けっして「相手を褒めること自体が目的じゃない」ってことでしょ?
それと同じで、
あれは、一見、ヨイショを全面に出してるけど、
中身は、マスコミの本当の目的は、
日本人を気持ちよくしておいて、
その隙に、しっかりと
あるイメージをインプットしてるんです。


(サブリミナル効果=「気持ちいい」状態にして ある印象を植え付けると潜在意識に残りやすい)


たとえば、国際結婚 はすばらしい!」
たとえば、「外国人はこんなに日本に友好的(外人(在日)を疑うな!)」
たとえば、
「こんなに日本を愛してる外国人に、日本人は冷たくしていいの?
(差別はダメよ!)


「日本はもっと”外国人に優しい国”にならなくちゃ!!」
「日本はもっと”外国人にとって住みいい国”にならなくちゃ!!」
「日本人はもっとためらわず混血を進めなきゃ!!」


・・・・っていうことを せっせと インプット してるんです。

それをただボ~っと見てるには、心地良い「ヨイショ」要素に感心したり、感動したり、
何気なく「気持ちよく」見てるだけだけど、
そんな洗脳シグナル
何度も何度も、あっちからこっちからインプットされ続けると・・・? 

誰に、何に有利になると思う?

それは、言わずと知れた大量移民ですよ。

そのためのメッセージなんですよ。

『もっと外国人に優しい国づくりをしましょう!!』
  ↓ (本音)  ↓
「日本人のための国なんか要らない!!」 
 
ってこと。

だって、「日本人にとって住みいい国」は、「在日にとって住みにくい国」だから。

その証拠に、しょっちゅうやってるでしょ?
「在日を差別するな~」
「弱い者(働かない在日)にもっと優しくしろ!」
「日本の古い習慣はもうやめよう!!」・・・ってね。


でも、頭から、「ああしろ!!」「こうしろ!!」「日本人は外国人の奴隷になれ!!」
・・・って言ったら反感買うだけだから、
日本人の習性や心理をよ~く理解している在日は、
「馬鹿な日本人はこういう言い方に弱い」って知ってるから、
「はこう言えばすぐに警戒心を解いて騙される」って知ってるから、
だからこその「日本ヨイショ」なんです。
それを「利用」してるんです。



さらに、
人のいい日本人は、
戦後、ずっと「反省しろ」「自粛しろ」「頭を上げるな」ってやられてきたから、
急に「すごいね!」「素晴らしい!」って褒められ続けると、そりゃあ悪い気はしないから、
それで人のいい日本人は
「わたしたちはこんなに恵まれていて、こんなに優れているんだから、
困ってる人たちにもっと親切にするのは当然だよね・・・・」
って思っちゃう!
情報弱者ほどね。

急にブームになったマスコミの「日本ヨイショ番組」。
あれらはすべて、そういう意味で、
在日(外国人)のために「日本人を躾け直す」ための番組
だと思うと解り易い。

日本人だけが理解(共有)できる独自の価値観や、
日本人だけが実行できる独特の習慣やしきたり(マナー)などは、
日本が嫌いな外国人にとっては邪魔なだけ!!


だから、
「日本のやり方を押し付けるのは差別だ」って、
「外国人はこんな日本の対応に困っている(悲しんでいる)」とやたらPRするんですよ。

迫りくる「大量移民政策」を推し進めるために。

だって、ほら!!中国も、韓国も、国がもう・・・ね?
もう、いろんな意味で「住んでらんねえ」って感じでしょ?
だから、賢いやつはもう考えてるんですよ。「移民(移住)」を。

昔はアメリカとかオーストラリアなどが人気だったけど、
もうそこもいっぱいだし、それに、すでに、むこうで「うんざり」されてるから、
やっぱりいざとなったら、緊急に必要なのは、「やさしい日本」なんです。
だから、
日本の門戸は広ければ広いほどいい!! わけです。


 「移民政策は安倍政権が推し進めてることで、マスコミは反対してたんじゃ? って?
違うよ。
マスコミは「移民に反対」しているんじゃなくて、ただ「安倍批判」してるだけだよ。

正しかろうが、間違ってようが、マスコミは何でも安倍叩きです。
それが社是だって自ら言ってるんだから。

安倍さんが正しい政策をすれば、中国様が困るから叩く。
安倍さんが間違ったことをしても、「ほらね!」と言って喜んで叩く。

間違ってるとか正しいとか、そんなのは「安倍叩き」にとって関係ないんです。
叩ければいいだけ。 
引きずり降ろせればいいだけ。それがマスコミの仕事だから。

だから、マスコミが
「安倍は大量移民を推進しようとしている!やはり安倍は売国奴だ!」
ってやってたとしても、それは「安倍叩き」できるからやってるだけであって、
けっして、マスコミが「移民に反対」な訳ではありません。

そこ、気をつけましょうね。


つまり、

世界の流れとして、
今問題の「在日」だけじゃなく、
もうすぐ日本には、あらゆる国の外国人が
「労働者」という名の大量移民として押し寄せてくる
(かもしれない) のです。
( ↑ そうなったら困るからね)

なんでトランプ大統領が、あんなにもマスコミから叩かれているのか?
それは「移民に厳しい」からです。

別にわたしはトランプ支持者って訳じゃないけど、
それにしても、あのマスコミのトランプ叩きは、あの叩き方は異常です。
だって、叩く理由がおかしいんですもの。

「自国が一番」なんて、普通のこと。そう思うのは当たり前のことです。
「移民が迷惑」なんて、普通のこと。そう思うのは今や当たり前のことです。


どの国より移民に門戸を開き、移民に寛容だった国、
それがアメリカです。

だからこそ、
アメリカは移民の弊害も実害も知ってるし、辟易しているのです。


もし、そうじゃなかったら、トランプが当選するなんてことはなかったはず!

マスコミは、そんなトランプが当選したら困るから
「トランプの当選はありえない」って
「トランプ支持者は異常だ」って散々下げてたわけです。

でも、どんなに下げても、どんなに否定しても、結局、トランプの魅力には勝てなかった・・・
それが、アメリカの真実。 それがアメリカの病巣。

溜まりに溜まった「アメリカの膿」を、
うんざりしていた「厄介なお荷物」を、
「このトランプなら吐き出せるかもしれない・・・」という期待があの投票結果に表れたのでは?

だからこそ、

それでは不都合なマスコミが、
それを否定したいマスコミが、

「移民政策(日本乗っ取り計画)」を邪魔されたくない在日・売国奴が、
トランプの政策を必死に(ミソクソに)下げ、
そんなトランプと握手しようとする安倍総理を必死に叩くわけです。


これまで国民には必死に隠してきたのに、
今や名実共に世界で信頼と実力をほしいままにしている安倍総理が、
そんなトランプを「上手く乗りこなしていく」ことに怯えている


・・・としかわたしには見えません。

だって連日やってるトランプ叩きの「理由」を聞いてると、
まるで小学生でもわかるような、
無地の人たちの心にすんなりと染み込みやすい、
あまりにも馴染みやすい(手垢のついた)表現(洗脳ワード)ばっかり! 
ではないですか?

(ああ~、わたしはかつて、こんなのに騙されてたんだ~~ ってやつ)


だから、マスコミは、必死なんですよ。

トランプ流が成功されては困るから。
世界中にいる「在日」の同胞たちは、トランプ旋風で息の根を止められそうだから。
トランプの余波で、
日本人が「移民」に対してまで、
「慰安婦像」へのような拒絶を示されたら困るから。


だから、
中国にとっても、在日にとっても不都合なトランプ旋風は完全否定されなければならないし、
そのトランプ(アメリカ)と上手く渡り合っていけそうな威風堂々な安倍総理を叩かなければならない
のです。

(マスコミが「腰抜け!」とか「日和見!」とか言って叩くときは、そのだと思っていい。
 実はその逆だから、それだとまずいから、「そうあってほしい願望」で叩くんです。)


在日マスコミは、
中国の下僕左翼議員たちは、
日本を破滅させるために、日本を乗っ取るために、
日本に「移民の門」を開いてもらわなければならないのです。


そのとき、
少しでも日本人が外国人に拒否感を覚えないよう、
日本人がこれまでの固い考えを変えて
どんどん移民を受け入れてくれるよう、
どんどん在日の帰化を受け入れてくれるよう、

そして、
外国人や帰化人が日本で不自由を感じないよう、
日本人の習慣や価値観を曲げて外国人に合わせてくれるよう
そして、
日本人が何の違和感なく、
外国人とどんどん結婚して 混血してくれるよう 仕向けてるのです。


欧米ですでに実行してるように、
ゆくゆく、
生粋の日本人なんかいなくなるように ね、



それが、反日マスコミ流の「日本礼賛ブーム」なんです。



<追記>

※あ、「日本ヨイショ」の部分は事実です!
「日本はこんなに素晴らしい!」「日本人はこんなにすごいんです!」
って部分に嘘はないです。

それは疑う必要ないんです。 
そこだけは本当のことですから。


最近は、
自分らで日本上げしといてそれを叩く…っていう、
いかにも「火の無い所に煙を立てるマスコミ」らしいことも始めたけどね!

だから、今度は、
急に「日本ヨイショ番組が多すぎ!」とか、
「日本ヨイショが気持ち悪い」とかいう「声」がいっぱい出てきた。
わたしは、そこまでがセットだったんだと思う。
その【日本ヨイショ叩き】までがマスコミの本当の目的だったんじゃないか? 
と思っている。

まだまだ戦後の「呪縛」から完全に抜けてない日本人にとって、
そっちの方が共感しやすく、なぜだか「落ち着く」のではないでしょうか?

最初はうれしくても、なんだかここまでされるとだんだんムズムズと居心地悪くなってくる・・・
そんなタイミングを見計らって、すかさず、
「これへんじゃない?」「やりすぎ!」「気持ち悪い!」っていう「声」を上げる。
すると、「やっぱりそうだよね?」
「あんまり本気にしたらダメだよね?」って、
また自虐観を取り戻そうとしてしまう。

「ほら~、やっぱり日本人は自分を自慢しちゃだめだよ」
っていう、「日本を輝かせないための呪縛」に再度かかってしまう。

一回解放されかけたことを再度「やっぱりダメ!」って止められると、
今度はさらに強い「警戒心」を植え付けることができる。

「ずっと閉じこもってて窮屈だったから、ちょっと外に出てみようかな、
と思ったら、とんでもない目に遭ったから、もう二度と外へ出ようなんて思わない!」

みたいな心理かな?





だから、
見てもいいけど、常に冷静に、常に客観的に、
とくに子供たちには、
要所要所、ちゃんと、おかしいことは「おかしい」と、ダメなものは「ダメだ」と
釘をささないと危険です。

「テレビって、ほんと、嘘ばっかしだね~」
って言って育ててちょうどいい。



だからわたしは、誤解を怖れず娘にこう言いました。

「世間が何と言おうと、世の中がどう変わろうと、
わたしの目の黒いうちは、ぜったいに外国人との結婚は禁止!!」


ってね。

それは偏見でも差別でもありません。
そのくらいの意識でちょうどいいんです。


日本を守るためには。
子らの未来を守るためには。









だから、間違えないで。

「欧米の価値観」や「左翼の嘘」に騙されないで!


日本は日本人のためにある。

日本が素晴らしいのは、それが日本人の国だから。


日本が好きなら日の丸を挙げよう!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







★日本が「いい国」なのは、日本が「日本人の国」だから!


NEW★日本人が誇りを取り戻すと、よっぽど困る人たちがいるらしい。


★左翼新聞が必死に鎮火を図る <日本礼賛本>ブーム!! 


★竹田研究会入門 ③ 「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか?」


★」なぜ日本人は「日本人らしさ」を失わずにこれたのか?


★「子供の日」に考える ~
 わたしたち大人が次世代に残さねばならない最も大切なもの、それは、
 ”天皇を仰げる日本” を子らに残すことである。



★韓国のネット住民はよく 「日本はストレス社会で生きにくい」って言うけど、違うよ!
 でも…教えない方がいいよね?





関連記事

最近ツイッターでつぶやいたこと・・・ 「竹島の日」と「天皇と憲法」他






 






    





<「認知バイアス」とは>



.......................................................






 ↑ この方の元のツイートは、一見、民主党を「売国政権」と叩きながら、
それはおそさく「ついで」で、
主旨は、開口一番で讃えていた「秋篠宮政権」「悠仁天皇政権」なんだよね?
おかしいでしょ? 
何それ? 「秋篠宮政権」 「悠仁天皇政権」って??
その発想は皇室打倒の詭弁として「天皇制」って言ってる共産党の詭弁と同じです。

つまり、正統な現皇太子を飛び越えての秋篠宮の天皇擁立は、
天皇の正当性について「認める国民」と「認めない国民」に国民を二分することです。
それは、皇室を支えるべき国民の「意志の統合」を根底から崩すこと!

それこそが、売国政権、民主(民進党)や共産党たちが狙ってることです。

憲法第一条の「天皇」についての条文に、
「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、
この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」 
とある中の、特に、
日本国民の総意に基く」という部分を「否定したい」がための画策です。

なぜ「否定したい」がためと書いたのか?それは、共産左翼どもがいくら「否定したい」と思っても、
どんな画策をしようと、それは「無駄」だからです。
なぜなら、その理由は、こちら ↓ をご覧ください。

★誰も知らない日本国憲法の真実~天皇と憲法~⑤ 
 第一条 「国民の総意」とは何か?































菓子パンよりもおにぎりを食べよう!!
麺類食べるなら国産小麦で食べよう!!
日本は「米さえ実れば大丈夫」!!
昭和天皇も、重い病床の中、米(実り)の心配だけをされていたそうです。
米さえ取れれば日本人は生きられる・・・
日本とは基本、そういう国。


さあ、みんなでお米を食べよう!!

























関連記事

追記しました!四大陸選手権 宇野昌磨選手が見せた他選手にはない次元の可能性

    

【ユロスポ実況】 宇野昌磨 4CC 2017 SP




2017年四大陸選手権、結果は、
4回転ジャンプを決めまくり技術点を稼ぎまくったアメリカのネーサン・チェン選手が優勝。
ショートで痛恨のミスがあった羽生選手は、フリーで最高得点を上げ300点越えはするも、
総合点で4回転を合計7回成功させたチェン選手に及ばず2位。
宇野昌磨選手は、合計6回の4回転を成功させるも、フリーのまさかの3Aのミスと、それに伴う
計算ミス(後半ジャンプがノーカンに)が災いして大幅失点で(それでも)3位。
( ↑ わたしがざっと見た感想。)

しかし、

優勝したチェン選手より、
なぜかフジテレビ解説席で絶賛された羽生選手より、
わたしは宇野昌磨選手の方こそ「すばらしかった」と思った。

でも、
マスコミは優勝者と、それに負けて「悔しがる羽生選手」のことばかり取り上げて、
宇野選手が見せたものすごい存在感と可能性にまったく言及しないので、
しょうがない、わたしが言おう!!


わたしの目に映る宇野選手のそれは、
まったく不遇だった、かつての高橋大輔選手のそれと同様のものを感じる。

それは、他の誰も成し得ない、他の誰も到達し得ない次元の「表現力」・・・
それは「演技力」とは次元の異なるもの。

ゆえに、それはおそらく、凡人の目には映らない、
凡人の感性では「素直に受け取ることが不可能なもの」・・・だったのでしょう。

(そうでないなら、彼(高橋選手)はもっと1.5倍は評価されてしかるべき!)

残念ながら「時代」が彼に追いついていなかったのだろう・・・
採点する側の「裁量」が彼の進化に追いつけなかったのだろう・・・
そう思うことでしか受け入れられないような不当な低評価(不遇な時代)が続きました。

そのジレンマが解消されないまま高橋選手が引退し、
間髪入れず、その穴を埋めるように、
羽生選手という、とんでもない次世代モンスターが登場した。

そして世間は、彼が次々と打ち立てるキラ星のごとく「偉業」に歓喜し、
手放しで彼を担ぎ上げた・・・
まあ、わたしもその一人だったわけですが。

でも、
本当のモンスターとは、そういう「わかりやすい存在」とは違うのだ・・・ 
ということに、わたしは気づいてしまったのです。

それからというもの、
わたしはいつも、彼の演技を見ながら自分の表現能力の乏しさ言葉の限界に苦悶した。

わたしの乏しい表現力の泉の底をどんなにさらっても、掘り起こしても、
彼の描く世界感を的確に言葉で表現することができないから・・・

それは高橋選手の時以上にわたしを苦悩させた。
だってそれは、高橋選手にもないもので、
ある意味、高橋選手も羽生選手も超えるものだと思うから。

それはあきらかに、今まで高橋選手に使ってきた言葉でも、羽生選手に使ってきた言葉でも
表現できないから。

それでも、なんとか言葉を尽してみるとしよう・・・ 
どだい無理だとは思うけど。

というか、先に演技を見てもらう方がいいですよね!
お待たせしました。



【ユロスポ実況】 宇野昌磨 4CC 2017 SP






宇野昌磨 FS - 2017 4CC





【会場音】(解説なし) 宇野昌磨 2017 4CC FS


(ショートの解説無しもほしいよ~~~)



おまけ
宇野昌磨 2017 4CC EX



なんて言うのかな。
チェン選手と大きく違うところは、
ジャンプも、4回転も、その完璧さが「技」のためだけではないこと、
ジャンプに入る前も、跳んでる最中も、跳び終わってからも、
その一連の流れが「音楽」の一部に、「音楽そのもの」になっているということ。

というと、それは羽生選手にも言えたことでは・・・と思うのだけど、
奇しくも、今回は羽生選手の「不調」?のせいでよく解ったのだけど、
羽生選手が「天才的」なのは、「ロミ&ジュリ」や「晴明」のような、
ドラマティックなストーリー性のあるものの表現力であって、「音楽」そのもの・・・ではない
のだと感じました。

対して、宇野昌磨選手のそれは、ストーリー性の「演技力」ではなく、
もちろん、それも十分あるのですが、
それ以上に、他選手とも羽生選手と比べても突出してるのは、
音楽そのものへのシンクロ力というか、
「音」と「空間」に対する表現力(感性)の高さだと感じました。

それも、他選手より「高い」とか「上」とかいうレベルの問題じゃなくて、
なんかもう「次元」が違うとしか言いようがない。
それに近いものを、かつて高橋選手にずっと抱いていたのですが、
それともまた違うものを彼の中に見つけてしまいました。


その、わたしが言いたいものは、
フリー演技より、今回はショートの演技の方が解りやすいかもしれない。

まだあまり動画が出ていないようなので、同じ動画を繰り返しますが、
ぜひ、もう一度みてほしい。



(※追記です)
この「ラベンダー…」の曲の刹那的な感じがあまりにも表現されていて
圧倒されます。

どんなに求めても、追いかけても、掴み切れないようなものを追っているような・・・

あと少しのところで掴みかけた「運命」が、するりと腕からすり抜けて行ってしまうような、
何度捉えかけても、無情に指の隙間からこぼれ落ちてしまうような、

どうしても、どうやっても、この手にとどめることができない
永遠に解決できない乾きのような、
苦しくて、酸っぱくて、喉の奥が詰まるような、胸を掻きむしられるような、
そんな、
切なくて美しすぎる永遠の憧憬のようなものを、
「永遠に取り戻せない幻影」を追い求めているような切なさをひしひしと感じさせます・・・



この、宇野選手の、
背中から、腕から、指先にかけてまでの、あの不思議な独特な使い方・・・

彼独特の、まるで「空気を抱く」ような? 「空間を抱き寄せる」ような?
もっと言っちゃえば、
まるで彼だけにしか見えない未来を引き寄せて抱こうとするような、あの腕の動き・・・


もう、わかってもらえなくてもいいから、どんどん書いちゃうよ!

ただ柔らかいとか、ただしなやかだとか、
ただ優雅とか、美しい・・・じゃなく、
そういうありふれた表現じゃとても言い表せない、彼の作り出す、
彼しかできない「仕草」から生まれる
いえ、生まれた(見えた)かと思うと一瞬で消えてしまう幻のような「空間」・・・

それは空間なのか、時間なのか・・・

一瞬だけれども、見えたかにみえるとすぐ消えてしまうものなのだけど、
それでも確かに見えているあの不思議な何か・・・

それをもう一度確認したくて、
わたしは何度も彼の演技をリピートし続けるのです。

それに最初に気付いたのは、これです。
  ↓   ↓

以前、こういう試みをしたのだけど・・・

★宇野昌磨選手のフランス大会のSPとファイナルのFPを合わせたらすごいことに・・・

  その演技が これ!!  ↓   ↓








ああ、それとも、
わたしが感じた「何か」を、海外解説者たちは「ソウル」と表現したのかな?

★翻訳出来!! 宇野昌磨選手 2015 スケートアメリカ 2位!
 海外解説「彼にはロックな要素があり、プレスリーのような 危険な香りがする!」 
 



わかってもらえるかな?

この「演技力」とは全く次元の異なる、独特の、
いえ、彼しか出せない唯一の世界感というか空気感というか、
あああ、自分の表現力の拙さを思い知る・・・・
ゴメン! 昌磨くん!! 
あなたの、この素晴らしさを表現しきれなくて・・・・



誰か代わりに表現してくれ!!




そう、今思い出した! ←追記です。

音楽家にもいるでしょう?
「まるでピアノ(バイオリン)に愛されている」ような演奏家が!

積極的に音楽や楽器に挑んでいくようなタイプじゃなく、
(本人はそのつもりで真剣に向き合ってるのかもしれないけど)
見ているこっち、聞いてるこっちには、
まるで音楽の方から寄り添ってきてキスされているような?
音楽を掴みに行くのではなく、音楽の方が彼を抱擁しているかのような・・・

「音楽の神さま」に、たとえば「しっぽ」と「前髪」があるとしたら・・・

大概の選手は、その「しっぽ」を捉えるのに必死だけど、
宇野選手の場合は、「しっぽ」どころか、神さま自ら「前髪」を垂らして
彼がそれを捕まえるのを待っている・・・かのような、
彼の行く手に「こっちだよ」って手招きしているような・・・

知ってか知らずか、それを彼は捕まえようとしてるかのような?

そういう次元のものを彼には感じるのです。





関連記事

そこまで言って委員会NP 2017.2.19 正男暗殺!トランプ政権… 世界はこのままで大丈夫?



そこまで言って委員会NP 2017.2.19
正男暗殺!トランプ4番勝負! 
世界はこのままで大丈夫?


議    長  辛坊治郎  副議長 :渡辺真理
パネリスト
桂ざこば、長谷川幸洋、竹田恒泰、宮家邦彦、村田晃嗣、ケント・ギルバート、堤未果、木村太郎
ゲ ス ト  髙英起





※動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます!

※※最近、すぐ動画が消されてしまうので、すぐ見てね!!


なんかもう、タイトルもわけ分らん。
なめてんのか? コピーライターいないの? ってレベル・・・
それに、 
あらあら、とうとう、竹田恒泰氏が「アイドル席」出演者よりも最後に列されているよ・・・
これが読売(マスコミ)の哀しき矜持(下劣クオリティ)なんだよね。

※いつもこんななので、わたしが順当な順番に毎回直して表記しています!
それについてはこちら  の記事で!

http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-2783.html

http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-2822.html

http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-2639.html






まだ見てないので、また内容を見て思うところあったら追記します。



過去動画の配信
http://www.ytv.co.jp/mydo/iinkai/

たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/iinkai/


※貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html

(※最近のものは欄下の<関連記事>からどうぞ!)




※まだ動画をきちんと見ていないので、また見てから、思うところあったら追記します。




マスコミの熱心な「正男はいい人」報道合戦に違和感!



※↑この共産党の「嘘」はこちらで完全論破できます。 
誰も知らない日本国憲法の真実~天皇と憲法~⑤
第一条 天皇 「国民の総意」とは何か?




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


こちらも ぜひ、お読みください

※必読※
~「天皇と憲法」~
誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?


あなたは、なぜ天皇が尊いのか知っていますか?
★『高森明勅 所功氏らの暴言・虚言についてもの申す!!』

★竹田恒泰 エセ保守論客たちの無知と嘘を暴く!
「憲法は言葉通りに読んではダメ!!」~本当に陛下(天皇)を貶めているのは誰なのか?


★他のエセ保守論客はもう黙れ!!竹田恒泰氏こそが本物の皇室を語れる人物です!
 ~なぜエセ保守論客たちは竹田恒泰氏を敵視し誹謗中傷するのか?







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


トランプ評価は、
マスコミと、まともな言論人とでは、だいぶ温度差があるらしい。  
マスコミがトランプ政策を叩くのはなぜ?


※巷のマスコミのトランプ批判(偏向報道)ばっかり聞いていると視野が固まってしまうから、
こういう意見も聞いてみたら?


ウェークアップ!ぷらす - 2017年2月11日
トランプ安倍会談~
トランプを誑し込んだ安倍さんの手腕を評価?



地上波の中では、けっこうまともなこと言ってる(人がいる)と思いました。
安倍さんの手腕を評価する意見も、褒めたくないのに苦々しく褒めてるのではなく、
めずらしく、安倍総理へのトランプのメロメロぶりを好意的(公正)な感じで評価していました。 
これ以外の地上波ニュース解説はクソですが。

そういえばあの青山繁晴氏も、「安倍さんは人たらし」だって言ってました。
トランプだけじゃなくて、実はあのプーチンも、ドゥテルテも、
どんな「狂犬」も(自分も含めて)安倍さんにはメロメロなんだって。
(↑全くその気がなかったのに、電話で上手くそそのかされて選挙に出てしまった!)
「あの不思議な魅力はいったい何なんだ?」と、
安倍夫人の空気感も含めて、それを「安倍さんの7不思議」だと言っていた。

  ↓   ↓

【青山繁晴】
敏腕議員や各国大統領が惚れ込む安倍首相の不思議な魅力




「入国禁止」の真意を説明 
ケント・ギルバート氏 「反トランプは勘違い」


















。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!!  
  日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家



誰も知らない「日本国憲法」の真実 ③  日本国憲法は破棄してはいけない!!    
  日本国民が守るべき「日本の国体」が何たるか正しく知ろう!



誰も知らない「日本国憲法」の真実 ④ 日本国憲法は破棄してはいけない!!
  大切なものを守るための改憲なんです!




★「天皇陛下は憲法改正に反対だよ」
 この一言がどれだけ矛盾しているかを理解でないことこそ、「戦後左翼(欠陥)教育」の賜物。




★竹田恒泰 「民主主義とは何か?」
  ~共産左翼や ”シールズ” たちが叫ぶ「民主主義」の誤謬を糺す!


★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話




※※追記しました。
【皇室典範改正】 「旧皇族の復帰」問題を「北方領土問題」に例えると

★そこまで言って委員会NP 2016.9.4 高森氏が所側(朝敵)に確定した日!

★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~



関連記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示