ひだまり    今は古事記に夢中! 2019年08月
FC2ブログ

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

再「誰も知らない日本国憲法の真実」  ~天皇と憲法~


   

★改訂版 <憲法改正問題 記事一覧>
 
より抜粋転載~

平成も終わり、新しい令和の時代が始まろうとしています。
今こそ、今度こそ、
「美しい日本」を守るための憲法改正の実現を!!

しかし、
今の国民の意識には、まだまだ不安を感じます。
何も考えていない人ほど、マスコミの意見(嘘)だけを聞いている。
何も理解してない人ほど、マスコミが作った「世論」(嘘)を信じている。

そして、もっと残念なのは、
意識がある人たちでさえも、ほとんどが戦後左翼(共産主義)が作ってきた「嘘常識」の上で、「共産主義が作った言葉」で議論している!!

つまり、
専門家も、政治家も、マスコミも、国民も、
敵国・共産主義が作った「事実に基づかない言葉」(造語)を使い、
嘘が前提の言葉で作り上げられた概念や通念を前提にして、
議論して、その議論を聞き(刷り込まれ)、結論を導かされている。

これはとても危険です。

だからわたしはこれを書きました。

いかに、戦後教育が、反日日教組が、左翼学者たちが、日本国憲法のをわたしたちに教えてきたか!
日本国憲法の最も大切な真実をわたしたちに隠してきたか!
その「嘘」と「真実」を、こういう話を初めて聞く人たちや、中学生や高校生の人たちにも解るようにと、懇切丁寧に説明してみました。
 
これは、「改憲」を考える上で日本国民が絶対に理解しておかなければならない一番の肝です。

絶対に崩してはいけない「日本の国体」について、何があっても守らねばならない日本の国体を護っている「日本国憲法の真髄」について、
「憲法改正」はそもそも ”何を守るため” にするのか?
という大事な理解のために、まず、こちらをじっくりとお読みください。

            ↓   ↓


誰も知らない「日本国憲法」の真実~天皇と憲法~ ①  
「国民主権」ってほんと?



誰も知らない「日本国憲法」の真実 ~天皇と憲法~②  日本国憲法は破棄してはいけない!!  
  日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家



誰も知らない「日本国憲法」の真実~天皇と憲法~③ 日本国憲法は破棄してはいけない!!    
  日本国民が守るべき「日本の国体」が何たるか正しく知ろう!



誰も知らない「日本国憲法」の真実 ~天皇と憲法~④ 日本国憲法は破棄してはいけない!!
  大切なものを守るための改憲なんです!




(NEW)
★誰も知らない日本国憲法の真実~天皇と憲法~⑤ 第一条「国民の総意」とは何か?




。。。。。。。。。。。。。



★「天皇陛下は憲法改正に反対だよ」
 この一言がどれだけ矛盾しているかを理解でないことこそ、「戦後左翼(欠陥)教育」の賜物なのです。




 


これらは、わたしが、たまたま日本から離れて、日本のことを客観的に勉強する機会に恵まれ、
帰国後、たまたま「うさぎブログ」を書き始めてしまったのがきっかけで、震災以降、ネットや書物や講習会等でガンガン勉強しているうちに、いかに自分が日本のことを何も知らなかったか、いかに自分が知らぬ間に左翼思考に毒されていたか、いかに自分が反日左翼教育やマスコミに騙されていたのかを知って、自分の愚かさを恥じ、その悔恨と反省を込めて、日本人覚醒の一助となるために必死に勉強して、考え、知り得た知識、憲法改正議論のために日本人が絶対に知っていなくてはいけない大事なこと を精魂込めて書いてきた記事をまとめたものです。


わたしは真剣に訴えます。
日本人であるならば、「憲法改正問題」において蚊帳の外にいる人間はいません。蚊帳の外でいられる人間などいません。
この問題を、「関心ない」まま、「よく知らない」まま、「よく分からない」まま、「専門家」だとか、「有識者」だとか、「議員」だとかだけに任せて自分で考えないようなことでは、とんでもないことになります。
とくに、テレビや新聞の言ってることだけに耳を傾け、鵜呑みにし、知ったかぶってマスコミといっしょになって政府批判しているようでは、わが国は、子供たちの未来は、終わってしまいます。

わたしたちの日本が、これまで通り、これからも、日本人の、日本民族のための国家であり続けるためには、すべの日本人が、これまで戦後70年間隠され続けてきた「日本の真実」を知り、戦後左翼によって騙され続けてきた「嘘常識」「嘘認識」を振り払い、あなたがあなたらしく生きるための、日本人が日本人らしく生きるための「本物の国家観」を持って、本当の意味での国民による議論をしていかなければならないと思います。

そのためには、まず、「自分が知らないこと」を知る ことから始めなければなりません。
そのために書いてきた記事を、どうぞこの機会にお読みください。



★改訂版 <憲法改正問題 記事一覧>



★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話


★竹田恒泰 「民主主義とは何か?」
 ~共産左翼や ”シールズ” たちが叫ぶ「民主主義」の誤謬を糺す!








【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本人の多くは、民主主義のお手本とされるフランス革命が、大虐殺やカオスを生み出し、世界史的な悲劇をもたらしたことを知らない。一方、実は日本こそ、現存する最古の民主国なのである。天皇のもと、各時代の為政者は、民の意見を積極的にすくいあげ、人々の幸せを求めて「徳治政治」を実践してきた。本書では、フランス、アメリカ、イギリス、古代ギリシャと日本を比較して、「日本型」の素晴らしさを再発見。さらに世界へ「民主主義のお手本」を提示する。通説のウソを暴き、歴史の真実を解き明かす竹田節満載!驚きと知的発見の書。

関連記事
スポンサーサイト



リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示