ひだまり    今は古事記に夢中! わたしは今年もウナギを食べない! ~日本向け『中国産うなぎ』は何を食べているか?

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

わたしは今年もウナギを食べない! ~日本向け『中国産うなぎ』は何を食べているか?


わたしは今年もウナギを食べない! 
~日本向け『中国産うなぎ』は何を食べているか?


 
最近、季節柄か「中国産ウナギ」等の検索で毎日たくさんアクセスがあります。
そこで、去年の記事ですが、今年も再投稿することにしました。
わたしは今年  ウナギを食べない!!

いえ、信用あるうなぎ専門店では食べますよ?
「ひつまむし」大好きですし。
でも、専門店以外での外食や、「日本産」の確信が持てないスーパーのウナギや、
「弁当」に入っているウナギは絶対食べない。

だって、今年、うっかり、出された(頂いた)弁当に乗ってたウナギを食べたら、見事にお腹壊したもの。
わたしの身体がそのうなぎに対して、「速攻排出せよ!」 と命令を下したのです。
(だと思う)
もちろん、わたしはもともと胃腸が丈夫じゃないし、疑いながら食べたことも良くなかったと思うけど、
でも、実際おいしくなかったし、安心できないものは美味しく食べられないし、
実際気分が悪くなったし、結局お腹こわしたし・・・
だから、誰がなんと言おうと、
やっぱり今年 も ウナギは食べない
と く に 、 需要が高まる土用の丑どきには 絶対に食べたくない

だって、国産うなぎがもっとも不足するときに、つまり、
日本産うなぎがもっとも不足するときに、なんでわざわざ「不安なもの」を食べなきゃいけない?

といっても、
わたしは気にしない人のことをどうこう言うつもりはありません。
自己責任で勝手にどうぞ。
でも、気にする人は、 もっと気にしてください。 

本当に、こわいんです。
  


            
日本向け 『中国産うなぎ』 は何を食べているか?
あなたは知っていますか?


いよいよ7月に入って全国的に暑くなってきました。
テレビをつけると、香ばしそうに油を滴らせた美味しそうな「うなぎ」が
画面いっぱいに映し出されることが多くなってきました。
さて、そんな日本の夏の風物詩「うなぎ」について、おもわず 背筋が凍る お話です・・・

中国人はなぜウナギに毒を入れるのか
http://gendai.net/articles/view/syakai/142956 より転載~


7月22日の土用の丑の日まで約1カ月となった現在、
中国産ウナギがちまたに大量に出回っている。

私の手元にある2010年の中国の統計資料では、中国が輸出した加工ウナギ3万6485トン
のうち、実に64%にあたる2万3370トンが、日本向けだった。
生きたウナギの輸出量は8672トンで、うち70%に相当する6116トンが日本向けだった。
日本向け輸出がピークを迎えるのが、いまの時季なのである。

「日本人はスタミナがつくと夏にウナギを食べたがるが、スタミナどころか発がん性物質
もついてくる
ことがあるので、中国産はよくよく注意して食べた方が身の安全のためだ」
――こう警告するのは、ある中国国務院関係者だ。

のっけからおっかない話で恐縮だが、この国務院関係者によれば、
中国のウナギ養殖業者たちは、眼前の利益のために、迷わず違法行為に走るのだという。

「ウナギは中国人は食べない
が日本に輸出すれば法外な値段で売れるため、『海の宝石』と呼ばれている。
特に夏向けは需要が沸騰するので価格も急上昇する。
それで使用が禁止されている孔雀石緑(マラカイトグリーン)と避孕剤(ピル)を水中にブチ込んで、
大量生産するのだ。
前者は成長促進剤で、後者は稚魚の病死予防用だ」

日本の輸入業者は、
「中国製ウナギは日本専用の養殖場で厳重な管理のもとで養殖している」 と口を揃える。
だが、その話をすると、この国務院関係者は一笑に付した

「日本の業者が出張してきた時に、『危険薬品は一切使っていません』と申告し、
日本人がそれを信じているだけのことではないか。
ウナギ養殖の特徴は、ふつう中華料理には用いない食材で、
そのほとんどが日本への輸出用だということだ。

周知のように現在、日本は中国の最大の敵国だ。
敵国向けに特化した食材にどんな毒薬を混ぜようが、
中国当局からおとがめを受けることはない


『日本民族を毒殺して殲滅(せんめつ)せよ!』なんてネット上の書き込みが平気で出ているのが、
いまの中国の国情なのだから」

確かに、中国産ウナギからは過去に、マラカイトグリーンをはじめいくつもの発がん性物質が、
日本の検疫当局によって摘出されている。
今年2月にも、さいたま市で大量のマラカイトグリーン入りウナギが検出され、
72.5トンもの蒲焼きが回収処分を受けたばかり。

多くの日本人が口にする時節だけに、「最上段の箱のみの検疫」でなく、
厳格な中国産ウナギの検疫態勢が求められる。


======

もうひとつ余計なことを書くと、
支那で育てられているウナギのエサのことです。
ウナギは雑食なので何でも食べますが、
などの栄養価が高いエサを与えれば、ウナギは大きく太ります。

ところが、牛や豚や鳥などの肉は、人も食べますから、値が高い。
そこで何を食べされるかというと、人の屍体なのだそうです。

日本と違い、支那では遺体の尊厳という概念がありませんから、
死ねば、人もただの肉のかたまりです。
そして、人があまり買わない分、値も安い。
これを買ってきて、養殖池に、いちにのさんで、放り込むのだそうです。
すると水面が盛り上がるようにウナギが束になって遺体に襲いかかり、
あっという間に骨までたべちゃうのだとか。

たとえどんなに安くても、私は、そんなものを食べようとは思いません。


食べるなら、国産ウナギを!!

そして支那産ウナギには、厳格な検疫体制を!!

というか、 支那産ウナギは 輸入禁止にしてもらいたい。


。。。。。。。。。。。。。 転載おわり


ウサギ
今では知ってる人もいるだろうけど、
中国人は元来ウナギを食べません。

なぜ食べないか?
それは、昔から中国人にとって「ウナギは死体を食べる魚」だからです。

上に書いてあるようなことは、
中国人にとって「とんでもない発想」でもなく、何も今に始まったことでもなく、
中国人の観念にとって、「ウナギに死体を食べさす」のは、いわば 当然 のことなのです。
だって、もともとウナギは死体を食べてたんですから。

え? 「それはサカナの死体だろう?」 って?
いえいえ、残念ならが、人間の死体です。

歴史的に、今現在でも、
まあ、地方・・・どころか、ちょっと郊外へ行けば、今でもその風習が残っています。
わたしがよく見かけたのは、
北京から天津へ向かう途中、道路の脇に延々と続く痩せたトウモロコシ畑。
その合間、合間の淋しい林の中に、大小のこんもりと土を盛ったものが点在します。
それは、お墓です。
大小あるのは、大人と子供の大きさの違いでしょうか?
中国では、昔から土葬です。
しかも、穴を掘って埋めるのではなく、ただ盛り土をするだけです。

そして、「人の住むところに川あり」・・・

つまり、昔から大雨で川が氾濫すると、
当然、土を盛っただけの墓は崩れ、遺体が露出します。
氾濫した川から流れてきたウナギは肉食(雑食)・・・
氾濫が収まったあと墓の付近へいけば、
かならず、ウナギが死体に食いついている場面に出くわしたわけです。

それを見てきた中国人は、「ウナギは死体を食べる魚」として忌み嫌ってきました。
だから中国人は今でもウナギを食べる習慣がないのです。

あ、それに、
なにもこわいのは「人の死肉」だから・・・だけじゃないですよ。
ほら、つい最近あったでしょう?
謎の病気で大量死した一万豚の豚の死体が川に流された・・・という話。
そんな訳のわからない病気で死んだ死体を川に放置(放流?)したというのも異常だけど、
かの国がこわいのは、
おそらく、当然のように、食用にも流したであろう・・・ ってことです。

ってことは・・・? 

人に食べさせるくらいですから、当然「ウナギ」にだって食べさせるでしょうね。
謎の「奇病」で死んだ肉をね・・・ 

だって「中国人」ですから・・・ それが中国人ですから。
病死だろうと、人間だろうと、「肉」は「肉」・・・なのです。
使えるものはなんでも使う。使えるものはどうやっても使えなくなるまで使い尽くす・・・
それが中国人です。
たかが法律上、たかが衛生上「棄てなきゃいけない肉」を中国人が「正直に捨てる」わけがありません。


嘘でも誇張でもなく、中国というのはそういう国なんです。


中国人はウナギを食べない。
中国人は、日本人が食べるためにウナギを育てている。


その自分たちは食べないウナギに、「日本人しか食べないウナギ」に、
今、「愛国(反日)無罪」の中国人が何をしたって不思議じゃないでしょう。



ただの脅しと思わず、
我が身を大事に思うなら、どうぞ本気でお気をつけください。


「でも、日本産のうなぎはたった少ししかないから争奪戦だし高い」って?
なに、1~2年ウナギを食べれなくっても生きていけます!

みんながこういう情報を共有して、(けっしてマスコミは報道しないから!)
日本人が一斉にこぞって「中国産のウナギなんか食べない!」って拒否すれば、
中国産ウナギが売れなくなり、ほとんど日本への輸出だけで潤ってきた業者も
少しは考えを変える・・・かもしれない・・・
でしょう・・・ ウサギ汗


そのとき、気をつけなければならないのは、
中国産を拒否したといっても、他で代用しないことでです。

大事なことは、そうと決めたら、テコでも「食べない」こと。
中国産と疑わしきものは食べないことです。
なぜなら、
他の産地で賄おうとすれば、結局日本人がウナギを食べれば、
中国人は「池ポチャ」方式で産地偽造して儲けようとするだけです。

本当は中国産なのに、一瞬でもその「池」に落としたら、その国の産地として偽造するんです。
だから「浜名湖産」って書いてあってもけっして安心できません。
確証ある日本の養殖業者さんの顔が見えるところで買うしかありません。

「日本人は夏にウナギを食べないと生きて行けない・・・」
日本人がそう思っているから、中国人はそこにつけ込んでくるのです。

「中国産食べるくらいなら、ウナギなんて食えなくていい!!」
っていう毅然とした態度が取れなければ、こういう問題は 一生 解決できないでしょう。


だってほら、あなたも言ってるでしょう?
「なんで政府は中国にもっと毅然とした態度を取らないのか?!!むかっ って。

ね? 
だったら、あなたも 毅然とした態度で中国の悪事を糺しましょう!!
政府が毅然とした態度を取らないと非難してるだけでは何も変わりません。
政府が率先してできないことでも、国民の後押しがあれば可能なこともあります。

とくに、こんな食品の安全問題は、誰にはばかることないれっきとした正当な理由ですから、
これなら、国民総意でボイコットしたとしても
「差別だ!!」「中国への愛はないのか!!」 などと言われないでしょう。

たとえ言ってきてもスルーできますよ、今の政権なら!
「それは聞かなくてもいい」 とね。




※その他参考記事
ほんとにコワイ 中国食品 と 中国の環境汚染 と 中国人の気質・・・

病死した鶏も・・・期限切れよりもっと怖いマクドナルドの中国産鶏肉

【中国・上海の食肉工場、マクドナルドやKFCに期限切れ肉納入か】
 内部告発・・・使用期限を7か月余り過ぎた肉や、地面に落ちた肉も提供


中国 環境汚染 の落し物

水の値段と安全はタダではない! ~ 中共が世界の水を汚し、飲み尽くす!

中国の経済成長によって「中国人女性遺体」の値段が高騰した村の謎すぎる迷信
※中国の土葬の習慣はこんなところにも生かされていた! ・・・・

中国の「あった」という証拠は、そのまま「かれらが嘘をついていた」という証拠である

だからね、中国人を簡単に入国させてはいけないんだよ。
↑ 中国食品だけじゃなく、中国人も滅多やたらに入国させてはいけないんです!

日中「友好」の落とし穴

中国も中国だけど、韓国も韓国・・・
韓国の水道水もあぶないらしい・・・

うま味と韓国人 ~キムチの真実・・・

韓国海苔の恐怖 


「家庭用洗剤の香りがする女は 家庭的というより 安っぽい女」
 ~ ★「香りのカプセル」はほんとうに日本人に必要か? 洗剤の過剰な香料にもの申す!!

 

★「立派な天皇」は国民の鑑である ① 

★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで・・・!!



関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
中国でも福建や広東など鰻がとれる地域ではぶつ切りの煮物などが食べられています。
また明代の本草綱目にも「鰻鱺魚」として記載があります。
北方で食べないのは単にとれないからです。
無知が又聞きで適当なこと言うと恥かきますよ?
2014/07/24(木) 18:24 | URL | 名無しさん #SFo5/nok[ 編集]
Re: No title
名無しさんコメントありがとうございます。
さて、お言葉ですが、
無知もなにも、わたしは現地で暮らした中で中国人たちと付き合って
いろいろ見聞きし実体験したことを基に書いているんです。
あと中国歴史家の講義を聞いたことも入ってはいますが、
ただ知らない誰かの書き込みを鵜呑みにして書いたのではないです。
わたしの知っている「中国人」は普通にウナギを食べる習慣はなかったです。
だから「食べない」というのは習慣として食べないということで、
あんな広大な他民族の寄せ集めな国の一部地方のことを挙げたらキリないのでは。
わたしがここで「中国人」と言っているのは、ほぼ「自称漢民族」の都会の人間、
または、都会に出稼ぎに来ている人たちです。
ウナギが「採れる」地方の人たちではありません。
直に付き合ったひとはほぼホワイトカラーの人たちが中心ですが、
使用人、従業人等は地方出身者も多いです。
彼らの反応は「うなぎ?うぇ」でしたよ?
ただ、もちろん、富裕層の日本人の高級レストランで食事できる人は
「慣れてる」人もいますが、その家族は倦厭してました。
現地の料理店で「うなぎ」を材料にしている店なんて一軒もありませんでした。
「日式料理」や「日本料理」店以外でうなぎを出してる店をわたしは知りません。
それは「習慣として食べない」証拠では?
日本人だって「蛙」を食べる人がいますよね。
たしかに食べる人だっているかもしれないけど、ほとんどの日本人は気持ち悪
がって食べたことない・・・っていうのが普通でしょ。
中国人にとってのウナギはそういうレベルだと思いますよ?
それに、中国人とひと口に言っても、
本当の支那人と周辺異民族とではそりゃあ風習も違うでしょう。
それに、元記事の中にも中国で養殖している生ウナギの70%が日本向け、
加工ウナギは65%以上が日本向けだとあります。
それ以外のウナギのほとんどは、おそらく中国国内にたくさんある日式、日本料理店
向け、つまり現地日本人向けでしょう。
もちろん、少しは中国人の口にも入っていると思いますが、それは論外だと思います。

わたしが言ってるのは、中国人はただ金になるからというので
「自分たちが食べないようなものを”日本人のために”養殖している」
→それを誠実に作るわけがない・・・ということが言いたかったのです。
だからこれは問題ないと思っています。

ご指摘ありがとうございました。 m(__)m


> 中国でも福建や広東など鰻がとれる地域ではぶつ切りの煮物などが食べられています。
> また明代の本草綱目にも「鰻鱺魚」として記載があります。
> 北方で食べないのは単にとれないからです。
> 無知が又聞きで適当なこと言うと恥かきますよ?






> 中国でも福建や広東など鰻がとれる地域ではぶつ切りの煮物などが食べられています。
> また明代の本草綱目にも「鰻鱺魚」として記載があります。
> 北方で食べないのは単にとれないからです。
> 無知が又聞きで適当なこと言うと恥かきますよ?
2014/07/24(木) 20:35 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示