ひだまり    今は古事記に夢中! 「 憲法学者というのは、そもそもが 左翼 ばっかり!」① ~憲法学者は「嘘の憲法知識」の守護者

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「 憲法学者というのは、そもそもが 左翼 ばっかり!」① ~憲法学者は「嘘の憲法知識」の守護者


「憲法学者というのは、そもそもが左翼ばっかりなんです!」 
by 竹田恒泰


先の、『小学館の 復刻版 『日本国憲法』 は おかしい・・・』
をぜひ、先に読んでください。
もしくは、その現物を「立ち読み」で見てみてください。

そこで、先日の、「誰も知らない日本国憲法の真実①②」の元になった、
保守派、右翼(ど真ん中日本人)代表の憲法学者 竹田恒泰氏の話を思い出したのです。

先に結論から言いましょう。

憲法学者というものは、そもそもが左翼 なんだそうです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ええ? っと思った方も多いでしょう。
まったく予備知識のない方のために説明しておきましょう。

「左翼」って、何だと思います?
右側と左側って、何が違うと思います?

日本の場合の「左翼」とは、はっきり言えば、
日本の伝統、日本特有の文化、日本人の古来からの基本精神、
世界でも特有の(唯一の)日本だけがもっている国体の在り方・・・
そういう「日本独自」のものを否定し、壊して、
「新しい価値観の新しい国づくりをしよう!」
っていう「思想集団(組織)」です。

なんで組織と言ったかというと、
それぞれしっかり役割分担みたいなものができてると確信してるからです。
いろいろと「組織的に」圧力かけたり妨害したり根回ししたり・・・すごい力を持ってます。

それは、指令を出す中枢から、末端の洗脳された広告要員まで、いろんな役目があって、
末端の「被れてしまった」左翼は、中央の、左翼の真の目的とは直接関係ないつもりでいる
かもしれないけれど、でも結局は、
日本に左翼がいる大前提「日本をぶっ潰す」ことに加担してしまっているのです。



国を潰すには、とくに、日本のような深い歴史と伝統と国民の統合がしっかりした国、
もうすでに「君民共治」の理想的な国家社会構造をもっている国を潰すには、
真っ向からの強引な手法じゃあ効きません。

だから、急がず、あわてず、じっくりと、
でも確実に効果が出る方法で回りくどく、念入りに、周到に、
そりゃあもう粘り強く続けてきたんです。

国の根幹を崩すには、何が一番効果的か?

それは、「教育」と「マスコミ」を握ること。
「教育」を自分たちのいいように造り上げるためには、
「歴史」そのもととなる「考古学」、それらを流布するための媒体、マスコミ、出版業界、
等を牛耳るのが近道なんです。

で、実際そうしてきたんです。

それがすっかり浸透してしまった今の日本では、
ほとんどの「一般常識」が左翼思想寄りにつくり変えられてしまいました。
でもそれは、戦後の、まだ新しい日本人の共通認識にすぎません。
普段は、その作られた新しい価値観で何の違和感もなく生きていますが、
いざ、なにか大きな変事(大震災等)があれば、
日頃生活しているときにはすっかり忘れ去られたかと思われた、
日本人が古来から持っていた「和」の精神を、自然と無意識のうちに発揮している・・・
それが日本人なのです。

どんなに左翼が、異文化の価値観が日本人の価値観を塗り替えようとしても、
たとえ、上辺の色は変えられたかに見えても、
日本人の根本精神まで塗り替えるには、まだまだ時間が足りていなかったのだということが、
今回の大震災でも証明されました。


といっても、安心してはいられません。
今、戦後、施行後70年を経て、ようやく変えられようとしている「憲法改正」の雰囲気の中、
今度こそ憲法改正を真剣に話し合おうという声が上がる中、
憲法関連の書籍、雑誌、特別番組等が増えてきている中、
わたしたちは、今一度、冷静に、慎重に、
今こそ、慎重に、判断しなくてはなりません。

わたしたちに与えられるその情報が、
ほんとうに、日本を守るための、
日本を立ち直らせるための、日本人の幸福のための情報なのか?
ということを、判断するための材料となるその情報自体が、
特定の目的のため、特定の利権者のための都合のいい恣意的な「誘導」が入ったものでないかどうか?
それを今こそ慎重に見極める必要があると思います。

なぜなら、
これまで、教育で、マスコミ情報で、わたしたちが「共通認識」だと思っていた、
一般常識だと思い込んできたものが、じつは、
作られた偽の情報であったということが、かなりの割合で証明されてきたからです。

教科書ですら嘘が書ける、教育番組、報道番組でさえ堂々と嘘を流す・・・

そんな状況にあまりに慣らされ続けてきたわたしたちが、
これまでに刷り込まれてきた既存の観念を払拭するのはとても困難なことです。

その「刷り込まれてきた偽認識」の上に、さらに昨今の一方的なマスコミ情報を浴び続けては、
一体、どんな方向に、どんな出口にわたしたちは導かれるか分かりません。
これは、とても危険なことだと思います。

わたしたちは、恣意的なベクトルのかかっていない、
ただただ、日本人として真摯な、
ただただ、真っ直ぐな事実に基づいた知識、情報を得なければなりません。

そうでなければ、このような国の根幹、国の将来に関する大事を議論することも、
判断することも、結論づけることもできないはずです。



以前、安倍総理も、皇室問題、女性宮家問題に対して、
「日本の伝統や天皇制について認めていない人、必要と思っていない人たちは、
そもそも、この問題について語る資格を持たないと思う」

・・・という趣旨の発言をされていました。

わたしはもっともだと思います。

今回の問題でも同じではないでしょうか?

そもそも、
「国体(天皇)をぶっ潰す!」 「日本精神(民族性)をぶっ潰したい!」
そういう目的を持った者たちの意見をどうして、
日本国の、
日本人のための「憲法改正」に挟ませる必要があるのでしょう?

日本を敵から守る議論に、
どうして中国の意見(要望)を入れる必要があるのでしょう?



自分の国では反日教育をしながら他人の国の教科書に干渉してくる人たちと同じで、
「そんなもの要らない」「そんなものどうなってもいい」と思っている人たちに、
どうして「日本を守る」「日本を良くする」ための議論に参加させられるでしょう?


そういう意見を聞いて、この国が、憲法が良くなるとは到底思えないです。
だから、 左翼(マスコミ)が言うことは聞いてはいけないのです。
中国や韓国の言うことを聞いて日本が良くなるわけがない! のと同じです。







。。。。。。。。  2015.12追記 (※これだけ書いても曲解する人たちがいるので追記しました)




「古事記」の講義の中でも竹田氏はこう言ってました。

そもそも、日本の考古学者というのはみんな左翼なんです。
でも、他の国では、普通は愛国者が考古学者になるんです。
だって、自分たちの歴史や神話を他人に否定されるのが悔しくてしょうがないです。
自分たちの歴史が、誇りを否定されるのが許せないんです。
だから、それを自分の手で証明したいと思って考古学者になるんです。
そして、掘って、掘って、「ほらあった!ホントだっただろう!」ってやるのが普通です。
ところが日本では逆なんです。
「日本の神話「古事記」を否定するために考古学者になった」
と堂々と公言しているのが日本の考古学者です。
おかしいでしょう?
「古事記」?あんなのは嘘だ。それを自分が証明する!とね。
おかしいんです。
そして、掘って、掘って・・・、すると
「あ、やばい、ほんとだった…」
「あ、やばい、これもホントだった」ということが次々と判ってしまっているのが現状です。
「古事記」(日本の正史)を否定するために掘ったのに、
掘れば掘るほど「古事記」の記述が事実だったことがどんどん判ってしまった。
それで「古事記」が嘘だと言えなくなってしまったんですよ。」



(それでも教科書は変わっていない・・・)


教育関係、出版関係、歴史学、考古学・・・が左翼思想に牛耳られていることは、
わたしもじゅうじゅう分かっているつもりでしたが、まさか、憲法学までとは・・・

そうか・・・、そうですよね。
だから、これまで、
日本人は、「日本国憲法の真実」を教えられなかったんですね。

もし、本物の愛国者が憲法学者だったら、
まさか、子供に教科書に「嘘」 を書き続けられないですものね。


そうか、そのために、
日本人を騙し続けるために
日本人に憲法の真実を知らせないために、
この憲法に疑問を持たせないために、
この憲法を変えさせないために
憲法学の学界を左翼が牛耳っていたわけですね?


今、巷ではたくさんの「憲法関係」の本が並んでいます。
わたしは、最近、ほとんど毎日一冊ずつ何かかかんかを買っています。
それは主に比較検討するためでもありますが、
そうでなくても、
これまで興味のなかった人たちが今、まさに手に取って、いつになく「憲法」をそばに置いて、
よく知って、よく考えてもらうためにと、一斉に注目され、増刷されています。

でも、気をつけてください。

この小学館だけが「異常」なのではありません。



今まで憲法なんて読んだことも考えたこともなかった人たちが
有り難い偉い学者さんたちが精力込めて書いた「憲法」の本を
まさか疑ってかかる人は普通いないでしょう?
そこが手です。

日本人は権威に弱い。
そして、憲法に関しては完全なる 「無知」 です。

これだけの先進国で、これだけ自国の憲法に無知な国民はいないと思う。
(「先進国」でですよ)

これだけ教育が行き届いている日本において、
これほど国民を無知にしてきた罪は大きい。
なにしろ、教科書が長年を教えているんですから!

すべての日本人がコロッと騙されます。
うそつき教科書によって。

そのために、
教科書で嘘をつき通すために、
日本人を騙し続けるために、
教師どころか、「憲法学者」をも騙し続けているのです。

つまり、戦後、まともな保守派の学者を追い出し、
GHQ(じつはソ連コミンテルン)の息のかかった左翼学者たちが、
その後憲法を学ぶ学生(弟子)たちをずっと洗脳し、騙し続けているのです。

もちろん、嘘に気付く生徒もいたでしょう。
しかし、嘘に気付いても、保身が大事な利己主義者(売国奴)だけが出世し、
真実を語る者は学会に席を持てなかった・・・ それが現実。
(「原子力村」の構造といっしょです)


それは歴史学会でも、考古学でも同じ。

ちょっと素直に勉強すればわかります。
公教育で教えられてきた「左翼学者たちの主張」が大嘘だった!ということが。

端的な例は、誰でも覚えのある「日本国憲法の三大義務」の欺瞞です。
言わずと知れた
「納税の義務」と「教育を受けさせる義務」と「勤労の義務」です。

この「勤労の義務」をわざわざ憲法に条文化(成文化)していることの「異常さ」を
あなたは感じたことはありますか?

ないでしょう?
そりゃそうです。
子供のころから、小学校で、中学校で、ずっと、親子そろってそう教わってきたのですから。

でも、左翼学者や先生が教えてくれなかった「事実」をただ聞けば、
それがいかにおかしいことか、いかに異常なのかが解ります。
ただ「事実」を一個知るだけで。

世界中で、
憲法に、「勤労」を「国民の義務」として明記している国は数えるほどしかない
それらはすべて「共産主義」(社会主義国)だけ


だという「事実」を。

知らなかったから疑問に思わなかったけど、
知ってしまったらすごく違和感感じるでしょ?

「え?共産・社会主義国だけが採用してる条文なの?」
「アメリカやヨーロッパの憲法にもないの?」
「どうしてこんなものを日本国憲法に入れたの?」


「なんでそんなへんなものを三大要素だとしてきたの?」


って 今こそ疑問に思ってください。
これで思えなかったらもう日本は終わりです・・・。

(え~解んない人がいる~? ( ノД`) じゃあ最後まで書こう… 詳しくは次の記事でね)

つまり、
日本国憲法を貶めたかったのは、
この憲法によって日本人をダメにしたかった本当の立役者は、アメリカ人ではなく、
ソ連コミンテルンのシンパ(共産主義信望者たち)だったんです。

アメリカが警戒する「共産主義化」が、今、この憲法下でこれほど蔓延して勢力をふるっている
その理由がこれなのです。


(※これについての詳しい話はそのうち出します)


また、
これも左翼学者が大好きな
「日本国憲法の三大要素」と呼ばれている(左翼が呼ばせてきた)
「国民主権」
「基本的人権の尊重」
「平和主義」
 これも実は です。。

だって、こんなこと憲法条文のどこにも書いてない。
「これがこの憲法の三つの重大要素である」 などとはどこにも書いてない。
そんな「そぶり」すらない。

日本の歴史(正史)と既存の憲法を照らして考えて、読んだとしても、
とてもそれが「最重要な三つの項目」になるとは到底思えない。
これが事実です。

そう、これは、左翼学者が 
自分らの好きなところ(「こんな日本にしたい」と思ってるところ)だけを
勝手に 「重大要素」 だと決めて、それを強制してきたに過ぎないのです。

だって、冷静に、普通に考えたら、
(ま、日本の憲法学会は普通じゃないけど)
どこの国の憲法も、その国の一番大事なことを、その国の根幹を表すことを、
その憲法の最も重要な、「そもそも論」として、真っ先に、「第一条」に書くものです。

違いますか?
世界中の憲法を見ても、そうでしょう。

比較してみたい方は ↓ 

『世界憲法集』 
https://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?isbn=ISBN978-4-00-340021-0


外国の法令の調べ方
https://www.library.pref.osaka.jp/site/business/guide-hourei.html#11



では、われわれの日本の憲法はどうなってますか?
憲法第一条には、何が書かれていますか?

それがわが日本のもっとも大切な、
もっとも国の根幹となる、国柄、国の象徴を記した条文です。
言わずと知れた「天皇」のことです。

それを あえて入れない、意図的に無視したのが、「三大要素」です。
?? でしょう?
これが受験勉強の必須要素ですよ?? (こう書かないと点取れない!)
もう、そこから狂ってるでしょう?

そこまで狂ってるのに修正しない、できない、させないのは、
学会が左翼に偏ってるから。
事実を言ってたら「権威のポスト」は得られないから です。


でも事実は、
日本は大昔から、天皇の歴史の始まりから、民を「大臣(おおみたから)」と呼んできました。
「民のために君主がいる」ことを名実共に体現してきた世界に稀にみる国家ですよ?

つまり、「基本的人権の尊重」は、GHQに教えられる前から
日本にとっては当たり前のことだったのです。
少なくても、他の国の状態と照らしたら、日本ほどそれを実現してきた国はない。
(西洋人学者がそれを認めています)

おまけに、「平和主義」も、
何も日本国憲法によって初めて「誓わされた」ものではありません!

歴代の「天皇実録」(天皇記)をひもとけば解ります。
いかに日本が、
天皇が、日本の国政が、日本の民が、
「和」を尊び、「諍い」を嫌い、「暴力」を嫌い、「卑怯」や「無作法」を軽蔑し、
平和を希求し、話し合い(合議)を重視し、
何より国民を、人の命の尊さを知る民族であったか、が解ります。

なのに、

憲法学者たちが唱える「日本国憲法の三大要素」には、最も大切な要素が抜けている 
上に、
もともと日本人の特性であった民族性なのに、それをあたかも
「アメリカに負けたことによってやっと気づかされた大切なもの」として扱われている
(そう思わせようとしてきた)
ことが おかしい!! のです。

まさに、こんなのは、
左翼学者が造り上げた
反日(日本はこんなに悪かったんだ!)プロパガンダに過ぎないのです。

すべては、
GHQ(とコミンテルン)をバックにつけて権力を握った反日左翼学者が作ったキャッチコピーです。

それを、大学(学会)がずっと逆らわず踏襲している。
本当のことを言えない空気になっている。

教育も、歴史も、考古学も、経済学も、憲法も法曹界も、全部つながっている。

日本人に真実を教えないように、
日本人がありもしない罪悪感を劣等感を持ち続けるように。


そんなおかしな間違いだらけの憲法解釈で
「改憲論」やら「法律改正(家族法改正)」を議論してることが間違い。


国民を無知にしておきながら、
無知な国民相手に勝手な屁理屈を言って押し付けている。


「人権を守れ!」   →(日本人以外を大事にしろ!)」
「平和を守れ!」   →(日本は腑抜けのままでいろ!)」
「民主主義を守れ!」→(反日左翼の言い分だけを通せ!)」


とね。


言われて見れば、そうでしょう?

でも、一切言われない、教えられない、
マスコミも、NHKも、学校でも、
真逆の嘘だけを繰り返し繰り返し教え込まれた
その結果がこれ、です。

おそろしいでしょ?

でも、
まあ、一般人が気づかないとしても、本来なら、本当なら、
憲法学を学ぶ学生が、研究しているはずの学者が気づいて指摘してなきゃおかしい。
おかしかった。
でも、それは糺されることなく、その「異常」な状態が70年も続いてきたおかげで、
われわれ日本人は、まったく疑うことなくその大嘘を受け入れてしまってきた。
それは、まさに、こういう義務教育で行われてきた左翼プロパガンダが成功した証拠です。

長年かけて日本人を無知にしておいて、
そして「今」です。

「難しいことを解りやすく簡単に説明しますよ~」
「憲法を考えるうえで、大事なことをお教えしますよ~」
「大丈夫、これさえ読めばバッチリですよ~」

そんな甘い言葉に騙されてうっかり入ってしまったら・・・
あなたの頭の中は左翼の言いなり・・・です。

どうぞお気をつけください。



思い出してください。
歴史の真実を暴いてきたのも、歴史学者(学界)ではなく、畑違いの哲学者や作家・・・でした。

つまり・・・
偉い学者っていうのは、「学会」を牛耳ってるのは、
そもそもが、
正しいことを守っている・・・のではなく、
正しいことを正義をしている・・・のでもはなく、
たんに、「日本人に真実を知らせまいとする」 ための組織要員・・・
つまり、
反日のための、左翼教育のための プロバガンダ要員・・・みたいなものです。


100%とはいいませんが、
この竹田さんのような方がいるように、けっして100%とはいいませんが、
でも、現実に、
知ってる人は知っているように、
マスコミが重用する「御用学者」を筆頭に、おおよその「有名・名誉・教授」というのは、
戦後の占領政策において、
もともと大学にいた、真っ直ぐな愛国精神を持つ「保守派学者」を追い出して
その後釜に座った(椅子を用意された)者たちなんです。

日本人に左翼洗脳(教育)をするための要員として地位を与えられた者たちなんです。

そんな人たちがテレビで語っていることをまともに聞いてはいけません・・・
そんな人たちが熱心に書いたものをまともに信じてはいけません。

そんなときは、このフレーズを思い出してください。
「憲法学者っていうのは左翼ばっか!」

「だいたいですよ、「基本的人権の尊重」とか「戦争放棄」とかばっか有り難がって、
一生懸命研究しようなんて思うのは、左翼しかいないんですよ!」



そして、
あなたの日本人としての感性のアンテナを、最大限に感度を上げて、
少しでも「おかしい」「気持ち悪い」「腑に落ちない」と感じたら、
それ以上はけっして踏み込まず、即刻「退場」してください。

それは、あなたの判断を「見誤らせる」ための本(罠)かもしれません・・・




忘れないでください。
憲法学者というのは、そもそもが左翼

だから、憲法学者の中で、竹田さんのように「憲法の本当の意味」 すなわち、
日本人が思ってきた常識の嘘・・・を語るのは、
憲法学者の中でも、異端中の異端・・・なんだそうです。


だから、
あのマスコミや国会で繰り広げられている「改憲論」は矛盾だらけ!!

マスコミが急に
「憲法学者がこう言っている~~」って叫び出したのは、そういうわけ!!



あなたはどっちを信じますか?




★小学館の 復刻版 『日本国憲法』 は 異常!! (おかしい・・・)


「古事記入門 Ⅰ」 古事記を読むまで死んではいけない! 

「古事記入門 Ⅱ」 「古事記」は選んで読むべし!

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!! 
日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家


なぜ憲法改正が必要か? ②  日本国憲法は日本人の幸せを保証しない



【百田尚樹】
学者、教授の劣化が止まらない。何が、彼らを動かしてるのか?
憲法学者の小林節氏、「国民怒りの声」 設立



わかりやすい!国防のイロハ



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示