ひだまり    今は古事記に夢中! 麻生副総理の“ナチス発言”について 海外の本当の反応 「ホントに言ったの?」      「メディアの捻じ曲げじゃん」

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

麻生副総理の“ナチス発言”について 海外の本当の反応 「ホントに言ったの?」      「メディアの捻じ曲げじゃん」

              
http://www.news-us.jp/article/370957367.html より~


講演の問題にされた部分、書き起こし


僕は4月28日、昭和27年、その日から、
今日は日本が独立した日だからと、靖国神社に連れて行かれた。
それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。
それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、
わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。
昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。
いつから騒ぎにした。
マスコミですよ違いますか?(拍手が巻き起こる)

騒がれたら、中国も騒がざるをえない。
韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。(少し笑い)

憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。
だれも気づかないで変わった。あの手口 学んだらどうかね。(どっと笑い起きる)

わーわーわーわー騒がないで。
本当に、みんないい憲法と言って、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


要約)
当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法の下で
合法的に事を進めたのにも関わらず、
ヒトラーは選出され、熱に浮かれた国民が
気づかぬうちに憲法は変えられ、結果はあの通り。
それは良くない。
憲法改正はゆっくりと時間をかけて冷静にやろうぜ。

「ナチスのようなやり方では
失敗すると言うことに学べ」



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


すでにユダヤ団体は、
麻生の説明に納得して、
もう怒っていない
という書き込みがあったが、
もし本当なら、
便乗したマスゴミ特亜はどうなるかな。


てか麻生ならとっくにユダヤの然るべきところに
自分で説明してるだろ
そして一杯食わされかけたユダヤ様が
誰を生贄にするか話し合ってる頃合じゃろう



昨夜の11時代の各局のニュースが
うれしがって麻生副総理が不適切発言とはしゃいでいた頃、
すでにネットではあらから事実確認が終わっていた。
今朝、新聞が配られた。

マスコミは  遅 い  よね。





麻生氏 ナチス発言で辞職の考えなし

麻生副総理兼財務大臣は閣議のあとの記者会見で、
憲法改正に関連して、ナチスを引用したみずからの発言について
「ナチス政権を正当化する発言ではなく、真意は十分理解されている」と述べたうえで、
閣僚や議員を辞職する考えはないことを明らかにしました。

麻生副総理兼財務大臣は、先月29日に開かれたシンポジウムで、憲法改正に関連して、
「ドイツのワイマール憲法も、いつの間にかナチス憲法に変わっていた。
あの手口、 学んだらどうか」などと述べたことについて、1日、
「真意と異なり誤解を招いたことは遺憾だ」として発言を撤回しました。

これについて、麻生副総理は閣議のあとの記者会見で
「ナチス政権の例示は誤解を与えたと思うので撤回したが
『憲法改正を落ち着いた議論の中でやるべきだ』という発言を撤回するわけではない。
ナチス政権を正当化する発言ではなく、真意は十分理解されていると思う」
と述べました。

そのうえで、麻生副総理は、記者団が
「閣僚や議員を辞職する考えはあるか」と質問したのに対し、
「辞職をするつもりはない」と述べました。
また、アメリカのユダヤ系の人権団体などが発言を批判していることに対し、
個別に謝罪することはないという考えを示しました。

一方、菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で
「閣僚はみずからの立場を十分に承知し、誤解されないよう慎重に発言すべきだ。
麻生副総理本人が発言を撤回したので、これで決着だと思っている。
国会で審議をする性質のものではない」と述べました。

また、岸田外務大臣は
「わが国は、戦後一貫して平和と人権を徹底的に擁護する社会を築き上げ、国際社会に貢献してきた
と自負しており、こうしたわが国の姿勢をしっかりと説明していきたい」と述べました。

NHK 8月2日 12時29分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130802/t10013486711000.html



麻生「真意と異なり誤解を招いたことは遺憾だ」
麻生「憲法改正を落ち着いた議論の中でやるべきだ、という発言を撤回するわけではない」
麻生「ナチス政権を正当化する発言ではない」
麻生「辞職をするつもりはない」
麻生「個別に謝罪することはない」
菅「麻生副総理本人が発言を撤回したので、これで決着」



歪曲報道で180度反対の報道されたら
やめなきゃならないの?
NHKの報道の
論調自体がおかしいだろ




仮にも文章で飯食っている人間が
話の意味する所を完全に無視して
話の中から単語一つあげつらって
恥ずかしいとは思わんのかね

まぁ恥を知っていたら反日なんかしていないだろうが




【“ナチス発言”海外反応】
「ホントに言ったの?」 「メディアの捻じ曲げじゃん」

Taro Aso, Japan's Deputy Prime Minister, Says Tokyo Could Learn From Nazis' Tactics
http://www.huffingtonpost.com/2013/07/31/taro-aso-nazis-japan_n_3682801.html


regaray
メディアが引用の仕方を間違えてる。
適切な引用のしかたはこう。
「ワイマール憲法は、気付く間もなくナチス憲法に置き換えられてしまった。
我々も彼らのやり方に対して(※反面教師として)学ぶべきでは?(場内から笑い)」
結局、皮肉ったって事です。


jburke6000
「翻訳の間違いかな・・・?」って思ってた。
アジアの言語から英語への誤訳って頻繁に見かけるんだけど、それがとっても不可解。
私は、彼が「国家社会主義ドイツ労働者党を推奨した」なんて信じたくないもん。


regaray
日本のプレスは
アンチAso、アンチAbe。
彼等を引き摺り下ろすための機会を常に狙ってる。
日本のメディアの記事は、コレを念頭に置いた上で読まないといけない。


matanne
日本のKyodoって言う新聞が、Asoの発言を
完全に捻じ曲げて世界中に報道したんだよ。
日本は、自国に対して反対の立場を取る新聞社が多いんだ。
幸い、最近の我々は「誰が嘘つきか」って事を理解してるんだけどね。
インターネットのお蔭です!


BraveYusuf
彼は、何も間違った事は言ってないよ。
重要な意義が有るし、素晴らしい問題提起をしてる。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



今回の件で問題にしなきゃいけないのは、
日本のマスコミが
「ナチスドイツを麻生を
引き摺り下ろすネタに使った」
ということ。
これを正確にユダヤ人団体や
イスラエル政府に伝えることができたら、
確実に共同通信や
読売新聞は潰せるよ。




ユダヤ様は「今の戦後体制」を維持してくれると
シナチョンは考えてるだろうけど、
「次の戦後体制」が
作られるとは考えないのかね。

日本がアジアやアフリカを育ててシナチョンの脅威から
アジアを守る構図になっていくと思うけど、
それって世界経済的にはとても望ましい展開だろうし。

はっきり言って、
今後世界経済を引っ張っていけるのは
シナチョンではないし、腰抜け日本でもなく、
復活した日本なんだけどな






。。。。。。。。。。。抜粋転載おわり



★麻生さんって、やっぱり かっこよくない? ~ The Legend of Aso Taro 


★必見!!たかじん委員会 2011.8.28 麻生&安倍 ダブル元総理大臣スペシャル!!


★マスコミが麻生元総理をバッシングしたほんとうの理由・・・
  


マスコミが絶対報道しない麻生外相の名演説!
英国人が語る日本一美しい写真から分かる日本人の心


これが本当のクールジャパン~
麻生さんは、ちゃんと分かっている!!!
マスコミが叩いたみたいに、ただ漫画読んでるだけじゃない。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
これは完全に一線を越えたな
何回目か忘れたけど。
地震お祝い、天皇陛下への侮辱、ナチあげの確信誤報。どんどん規模が大きくなっていく…
断末魔みたいだな
そして他の国の人の発言には、何といわれても日本人が日本人らしい気質で良かったと言わざるを得ない
2013/08/09(金) 00:20 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
解釈はいろいろあるようですが、
少なくとも、麻生氏がナチスを肯定したり、ユダヤ人を見下した意図は一切ないと思います。
櫻井氏がややこしく絡んでいるようですが、
こういうのは、ある意味「リトマス試験紙」的なものになっていますね。
結果的に、マスコミの一番の功績は、(それが本当の目的かな)
保守派や右翼を仲間割れさせる種をまたひとつ増やしたことです。
冷静に判断してほしいところです。
2013/08/09(金) 10:18 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示