ひだまり    今は古事記に夢中! ★宮脇淳子 『じっくり学ぼう!日韓近現代史』 ② 韓国に車輪や樽を作る技術がなかったのは誰のせい? 

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

★宮脇淳子 『じっくり学ぼう!日韓近現代史』 ② 韓国に車輪や樽を作る技術がなかったのは誰のせい? 


『一日10分のお勉強で日本人として欠けていた大事な歴史認識を身につけよう!!』 
にちなんで、
これから毎日(じゃないかもしれないけど)、
毎朝6時 に こういう短い「お勉強動画」を更新していこうかと思います!

宮脇淳子先生にかぎらず、竹田恒泰先生とかの「短い」動画を選んで上げていきます。
それ以外にも、通常記事を同時に(同日午後)に上げていくつもりです。

つまり、毎朝10分何か動画を見てお勉強しようね! っていう企画(?)です。
ま、自分の確認のためでもあるんだけどね~ (^_^;)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 
『じっくり学ぼう!日韓近現代史』
第2回 李氏朝鮮ってこんな人達 〜
韓国に車も樽もなかった


講師:東洋史家宮脇淳子先生、 聞き手:憲政史家 倉山満先生




のっけから、大事なことを言ってますので、箇条書きにしておきます!

①日本くらい、ひとつの国号を長い間もっている国は、世界広しといえども、他にはない。

②中国人は20世紀までいなかった。

③朝鮮人というのも昔はいなかった。
 朝鮮半島をまとめてそこに住む人たちを「朝鮮人」と呼ぶようになったのは、
 日本が朝鮮を「併合」したときから。

④昔から38度線でぜんぜん人種が違う。
 だから韓国人は今でも地方差別(人種差別)がひどい。

⑤李氏朝鮮時代は、本当に貧乏で、500年間ずっとひどい貧乏のままだった。

なぜ貧乏のままだったか? それは、
⑥李氏朝鮮時代は木を曲げる技術がなかったので、車輪や水を運ぶ樽を作る技術がなかった。

だが、じつは、
⑦そのもっと前のモンゴル(高麗)に支配されていたときは、ちゃんと技術が伝わっていた。

⑦そのあと支配した中国人(支那人)がそれらの技術をみんな奪って何もできないようにした。

⑧高麗時代は仏教を重んじていて、モンゴルが朝鮮を支配していたときは朱子学を教えたが、
 あとからやってきた支那人が仏教を弾圧して儒教を教えた。
 それは、民のためではなく、一握りの両班(貴族)が民を支配しやすいようにするため。
 
⑨儒教の教えでは、労働したり技術を使う人というのは手足を使うから卑しい最下層の人間。
 両班は頭を使って人を支配するので偉くて、何もしない、何もしてはいけない。
 手足を使ってはいけないし、走っても行けない。それが儒教。
 だから職人(技術者)は「卑しい職業」とされていたので大事にされなかった。

 ⑩だから、朝鮮ではオリジナルの技術が生まれない。
 ⑪人間には生まれながらの「格差」がある、というのが彼らの儒教の教え。



すっごく解りやすかった!!

それにしても・・・
ああああ~~ 分かっちゃいるけど、解ってるつもりだったけど、
あらためて聞くと、ますます納得! 

なんでかれらがあんなにオリジナルの文化を持てないのか・・・
なんでかれらがあんなに技術開発できないのか・・・

なんでかれらがあんなに他人のものを盗むのか・・・

つ、作れないよね。それじゃあ・・・
できないよね。それじゃあ・・・
取れないはずだよね。ノーベル賞・・・

で、その原因は? 日本のせい?
もう一度、きちんと歴史を直視してみてね。


日本はかれらに何をした?

文字を教えて。
教育をつけて。
インフラ整備して。
留学させて地位を与えて。
軍事教えて地位を与えて。
識字率上げて、平均寿命上げて、
女性蔑視を改正して女性に権利を与えて、
それだけいろいろして尚、手を引くときそのまま残してきたうえに、
更にODAに賠償金に・・・



で? 宗主国 中国さまは何をした?

車輪を作る技術を奪い、
教育を奪い、文字を奪い(国民のほとんどを文盲にした)
女性蔑視を徹底させて、女は貢物か道具として扱い、
徹底した性差別や身分差別によって、自尊心を奪い、
自立心や、向上心や、開拓精神を奪い、
ぜったいに宗主国に歯向かわないよう、国が発展できないようにしてきた。


そういうのを属国
植民地支配
というのでは?





宮脇淳子 『じっくり学ぼう!日韓近現代史』① 第1話 なぜ今、日韓近現代史なのか?


このシリーズをまとめて見たい人 ↓  すでに①~⑤まで出ています。
http://www.nicovideo.jp/tag/%E3%81%98%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E5%AD%A6%E3%81%BC%E3%81%86%EF%BC%81%E6%97%A5%E9%9F%93%E8%BF%91%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E5%8F%B2


とっても勉強になります。
ぜひご覧ください。





内容紹介

韓流歴史ドラマは「歴史認識論争」と表裏一体。
朝鮮半島と日本・シナ・満洲との歴史的関係を紐解けば、
確信犯的に過去を美化する韓国人の願望の歴史観″ひいては現在の日韓関係までみえてくる。
気鋭の歴史学者にして韓流時代劇通の著者が、
代表的なドラマの内容を語りつつ、史実との違いを指摘する一冊。

〇漢に滅ぼされたという王国「古朝鮮」は史実に存在しない
〇李朝の太祖・李成桂は満洲(女真)人だった
〇世宗がつくったというハングルを庶民に普及させたのは福澤諭吉だった
〇血みどろの権力闘争、派閥争い……李氏朝鮮を描いたドラマは現代の韓国社会の縮図
〇韓方医なのに、洞窟で帝王切開する医女「チャングム」
〇実際の妓生の衣装はもっと地味だった!


■本書より
「いい加減に日本は、中国や韓国に対する過剰な気兼ねは捨て去るべきです。
“日中友好"や“日韓友好"といったお題目も結構ですが、ハッキリ言って、
こちらが譲歩すれば中国や韓国と友好が築けると思うのは大きな勘違いです。

特に歴史問題で妥協してきたことが最悪の結果を招いています。
中国人や韓国人にとっての“歴史"は、『今の自分たちに都 合がいいように書き換え可能の過去』
という意味しか持たないので、日本人がいくら真実を追究し証拠を出しても、
それを取り入れる気持ちなど全くありません。

日本人から見て ウソとしか思えなくても、
彼らが考える歴史というのはそういうものなので、彼らと団結できるわけがないのです。

中国人や韓国人がどうしてそういうような考え方しか持てなくなったか。
韓半島に関して言えば、日本列島とは比べものにならないくらい不利な地理的条件にあったからです…

よく韓国は『自分たちが日本に文化を教えてやった』などと世迷言をのたまうのですが、
実際にはシナ文化が朝鮮半島を通り過ぎただけです。
それを取り入れた日本の方がはるかにしっかりした文化の土台ができていたので、
シナ文化を真似るだけのようなことはなかったのです。
そうした自律性がないからこそ、何でも他人のせいにする国民性になったのでしょう……」


■本書の内容

一章 古朝鮮から三国~統一新羅まで
現代韓国が古代史ドラマに込めた民族の壮大な理想

一 『朱蒙』にみる高句麗をめぐる中韓歴史認識論争
二 「檀君神話」から生まれた誇大なファンタジー『太王四神記』
三 歴史上の人物を荒唐無稽に描いて成功した『善徳女王』

ニ章 高麗から朝鮮王朝へ
日本、中国、満蒙との関係抜きに語れない歴代王をめぐる愛憎劇

四 『龍の涙』に描かれる朝鮮王朝の始祖と出自の真相
五 たった一行の史実から想像した大作『宮廷女官チャングムの誓い』
六 華やかすぎる芸妓『ファン・ジニ』と本当の妓生(キーセン)
七 やっかいな国「韓国」の精神性が凝縮されたドラマ『イ・サン』
終章 日本人がウソの歴史に騙されないために




<その他参考記事>

★従軍慰安婦強制連行の嘘 と 日本人の基本的な誤解

★わが隣国はこんな国・・・  韓国人の歪んだ平等主義 「怪声(奇声)を叫ぶ子どもたち」

☆うま味と韓国人 ~キムチの真実・・・

★ わが隣国はこんな国!!  なぜ韓国人は日本の仏像を盗むのか? ①

★ わが隣国はこんな国!!   なぜ韓国人は日本の仏像を盗むのか? ②

★やっと現実(情報)が追いついた「ほんとうの日本経済と中韓経済の正体」


※日本人と韓国人は、まったく価値観の違う、まったく異質の民族です!
『日本人は知っているだろうか… 東京裁判の嘘と大東亜戦争の真実』

外国人はどのように日本が見えていたのか? ~外国人から見た日本の姿  ①



※こんな異質の理解不能な民族が大量移民してきたら、
日本はいつか、あっという間に、こんな悲惨な憂き目にあう・・・!!
★多文化主義の失敗例 ドイツの学級崩壊

★多文化「取り返しのきかない」悲劇

このまま在日韓国人が増え続けると日本も近い将来こうなる・・・!


☆日本のメディアが偏向する驚愕の理由

小学館の 復刻版 『日本国憲法』 は おかしい・・・




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示