ひだまり    今は古事記に夢中! この時期(終戦記念日周辺)の新聞・テレビは見てはいけない!!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

この時期(終戦記念日周辺)の新聞・テレビは見てはいけない!!

 

※これは2013年に出した記事ですが、今年のマスコミの偏向(反日)報道はあまりに常軌を逸した
「狂気の沙汰」といっていいほどの酷さなので、再度追記編集して、もう一度これを出します!

とり急いで再投稿したため、原文を全部修正できなかったので、
文中の「中国」とあるところを、
昨今の現実に照らして「中国と北朝鮮」に脳内変換しながらお読みください。



     
先の『楊素秋 「日本人はとても素敵だった」①~②』の記事を読んでください。

日本のマスコミはこういうことを一切教えません。

「わたしたちのお隣の中国という国は、こういう国なんですよ。
日本もこのままほっといたら、じわじわ侵略されて、いつか気づいたときには
あっという間に領土を奪われて、
奪われた土地の国民は、こんな目に合わされるのです」


と、いうことを。

本当にこんなことになってもいいんですか?
本当に、日本はあんな弱腰憲法でいいんですか?

日本がこのままであることは、そんな中国にとって好都合なだけなんです。

だから、中国は内政干渉を無視して他国の憲法改正問題に口を挟んでくるんです。
日本が「反撃できない」国であってほしいからです。
日本が「反撃できる」国になったら「困る」からです。

目的ははっきりしています。

日本は、今こそ、中国が嫌がることをするべきです。
それは、
国の守りを固め、
中国が「手出しできない」と思えるような軍備と法律を早急に整えることです。



「でも、中国とは経済的に手を結んでおかなければ・・・」
とまだ思ってる人、ほんとうに知ってますか?

今、中国から撤退したがっている日本企業がたくさんいることを。
その、中国から撤退したがっている日本企業がどんな目に遭っているか?

「途中解雇の慰謝料よこせ!」
「帰るなら工場施設の設備やデータを全部置いていけ!」
と言われているのです。
そんな盗人猛々しい中国人によって、また、それを手引きする役人や国家ぐるみで、
帰りたくても帰れない、(莫大な慰謝料払うまで従業員に社長が拉致監禁される)
手を引きたくても手を引けない、(中国の銀行の資産を引き出せない)
かといって、これまで通りに商売もできない・・・
かといって、
そんなに日本人が困っているのに、日本政府も、外務省も何もしてくれない・・・
堂々巡りの悪循環で、にっちもさっちも行かない・・・

そんな国に、これからも進出する必要がありますか?
大事にする必要がありますか?


今のマスコミは間違ってます。

マスコミの呼びかけなんかでは、とても正しい憲法改正なんてできない。
正しい議論なんてできるわけがない。

だって、大事な情報が抜け落ちているのですから。
ぜったいに必要な情報をマスコミが国民に与えないのですから。

それでどこが「国民の総意」ですか?
嘘の情報の上に導き出した結論で日本をどこへ連れて行くつもりですか?


ほんとうの日本のためを考えるなら、
「戦争は起こしたくないが、
それでも、もし、そういう危機が訪れたとき、
とくに一番可能性の高い、中国が我が領土に侵略してきたとき、
国を領土を奪われないようにするためにはどうしたらいいのか?
と国民に問うべきなのです。

「戦争は嫌か?」
「徴兵制は嫌か?」
「戦争になってもいいのか」

「世界から(中韓が)軍国主義国家に返ると非難されてもいいのか?」

それしか問えない新聞マスコミは、はっきり言って、
中国のための、中国政府の傀儡広報機関として、
「中国に都合のいい世論作り」をしているとしか思えません。

実際、そうなのです。

とくにこの時期の特集、報道番組は、その路線まっしぐら…です。

日本の現状を知らない人ほど見てはいけない。
とんでもない、ミスリードしかしていないから。
日本をとんでもない方向へ導こうとしているから。

日本の現状を分かっている人ほど
見れば呆れるどころか憤怒、憤慨するだけです。

この時期のテレビ、新聞は 見てはいけません。


耳を塞ぎ、心を塞ぎましょう。

そして、新聞、マスコミに頼らない、ほんとうの日本の真実を探しましょう。
それだけを見つめましょう。
それだけを語り継ぎましょう。

日本の未来のために。

これからを生きる、未来の子供たちのために。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本当は、こういうものこそ流すべき!!






★陸軍の少年飛行兵だった男性(90)
 「憲法改正は必要。 平和のために抑止力を持ち、米国との同盟強化が必要」


★「日本人は誇りに思って!」 海上自衛隊の規模に外国人感銘 ・・・
 日本の軍備が強くなって困るのは中韓だけ!!



★百田尚樹『カエルの楽園』が世に問いかけたもの ~ そのすごさが解る動画
※発売された当時より、より現実が近づいてきている・・・!!




★日本人にとって、
 安倍総理と浅田選手の存在意義は似ている・・・







★日本のメディアが偏向する驚愕の理由★







「命をかけて愛する国の為に戦った彼らを誰が馬鹿に出来るというのだろうか?」  
 ~ 神風特攻隊についての海外の反応 と 百田尚樹 『永遠の0』








危険!!「毎日小学生新聞」に反日丸出しの出鱈目記事・・・

★小学館の 復刻版 『日本国憲法』 は 異常!! (おかしい・・・)

「 憲法学者というのは、そもそもが 左翼 ばっかり 」 


★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?
★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!! 
日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家


なぜ憲法改正が必要か? ②  日本国憲法は日本人の幸せを保証しない

「古事記入門 Ⅰ」 古事記を読むまで死んではいけない! 
「古事記入門 Ⅱ」 「古事記」は選んで読むべし!



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示