ひだまり    今は古事記に夢中! 民主、国民が収めた税金を韓国人1人あたり150万円支給しようとしていたことが判明!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

民主、国民が収めた税金を韓国人1人あたり150万円支給しようとしていたことが判明!

民主
国民が収めた税金を韓国人1人あたり150万円支給しようとしていた
ことが判明!!

自民が即刻阻止!! 

※マスコミ報道しない自由発動



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


韓国シベリア抑留被害遺家族
日本の野党らは "補償立法活動 継続"


戦後、ソ連が不足した労働力を補充するために満州で捕虜として捕らえた
日本人や朝鮮人60万人余をシベリア各地に送り、長期間強制労働に投じた。

日本政府は(当時)民主党政権時期である2010年6月、
日本人シベリア抑留者に対する救済措置に乗り出し、1人当り25万円から150万円までの特別給付金を
支給した経緯がある。

日本の立法初期には韓国国籍者なども支給対象に含めたが、
これに自民党が反対しておりひとまず日本人だけを対象に立法することに後退した。

シベリア抑留者問題の解決のために永く努めてきた今野 東 日本民主党元参議院議員(逝去)は
「今後、韓国人も補償を受けられるよう立法活動を続ける」という見解を明らかにした経緯がある。

。。。。。。。。。


ぜひ、売国奴議員一掃のため、スパイ法成立を!!

↓ これも日本のマスコミは「日本人目線」で報道しなかったですね。

麻生さんGJ!
海外資産5千万円を超える人への申告を義務付けしました。
ほとんどは在日が対象。

安倍自民政権は、麻生財務大臣により
海外資産5千万円を超える人への申告を義務付けしました。


日本に住む日本人にとっては当然のことです。
つまり日本に住む外国人、ほとんどは在日が対象 ということです。

<在日社会>
海外資産5000万円超 申告を義務付け・韓国に資産持つ在日は対応を


海外資産5000万円超 申告を義務付け・
韓国に資産持つ在日は対応を

日本政府は、今年の12月31日までに5000万円以上の海外資産を保有する者に対し、
翌年3月15日までに申告することを義務付けた。
海外資産の実態を把握し課税するのが目的で、
韓国に資産を持つ在日韓国人や日本人なども対応が必要だ。

(略)

ソウルの主要銀行の相談窓口などでは、
最近になって、在日同胞と日本人投資家からの問い合わせが増えているという。
日本政府が施行する国外財産調書(海外財産申告制)制度を控えて相談したり、資金を引き出すためだ。

日本政府は、日本国内の居住者(外国人を含む)が、
日本以外の国で5000万円(約5億8500万ウォン)以上の財産を持つ場合、
申告を義務化する予定だ。
預金だけでなく、株式、債券、不動産、配当金、利子はもちろん、森林など、
ほぼすべての財産が申告対象となる。

これに伴い、
韓国に資産がある在日同胞や日本人らが、これに対応するための相談をする事例が増えている。

申告は12月31日時点が基準である。
対象者は、来年3月15日までに、日本の税務署に調書を提出しなければならない。
日本政府は、脱税を防止し、税源を拡大するために同制度を導入した。

韓国はすでに2010年12月、海外金融口座制度を導入し、11年6月から申告を受け始めた。

日本の国税庁は、申告をしなかったり、虚偽の記載をした場合の制裁案を用意している。
申告漏れがあれば5%が加算され、虚偽記載も5%加算する予定だ。また虚偽記載をしたり、
正当な理由なく申告期限を破った場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金まで科すほど
強力な制度だ。

http://www.toyo-keizai.co.jp/news/society/2013/5000_3.php

。。。。。。。。。。。。。


これはGJ


ありがとう自民党




。。。。。。。。。。。。。。。



マスコミよ、
ちゃんと、この措置の意味が国民に分かるように説明してた? 






関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示