ひだまり    今は古事記に夢中! 「永遠の0」作者 百田尚樹が国防軍・憲法改正の反対者に物申す!!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「永遠の0」作者 百田尚樹が国防軍・憲法改正の反対者に物申す!!

永遠の0作者 百田尚樹が国防軍・憲法改正の反対者に物申す!!

永遠の0作者 百田尚樹が国防軍・憲法改正の反対者に物申す!!

ベストセラーの「永遠の0」や「海賊とよばれた男」の作者である百田尚樹さんが
安倍政­権に変わったとともに現れた国防軍アレルギー・憲法改正アレルギーの妄想平和主義者に
­物申します!

意見とはべつに百田さんのおもしろい人柄もわかります!









「命をかけて愛する国の為に戦った彼らを誰が馬鹿に出来るというのだろうか?」  
~ 神風特攻隊についての海外の反応 と 百田尚樹 『永遠の0』


↑ 関連記事
宮崎駿監督「風立ちぬ」は日本人精神そのもの ③ この作品のほんとうのメッセージ…








沖縄集団自決問題 ~自虐史観か?史実か?
現在の憲法に縛られる自衛隊の
いざという時、対応できる限界がどのくらい低く情けないものか…が解ります。


小牧さんは、思想的にはおかしいけど
学者らしく理路整然としてい­るところもあるかな?
・・・と思っていたら、「憲法九条のおかげで戦争が起こらなかった」
で がく­っ。
学者の頭って、一つずれると一般人の馬鹿より始末に負えない。

「そんなかわいいこと言ってると笑われちゃうよ」 (恵隆之介)


さらっと嘘を言う左翼にはもううんざり!!

天皇陛下を語るのに、「天皇」「テンノー」と連呼できること自体が
思想の主旨が解る。
天皇陛下を引き合いに出せば、日本人は揺らぐと思っているのが姑息な常套手段。
その説で言うなら、むしろ、
「学術論文は正しい」と思ってきたこと自体、日本人は認識を変えなければならない。
その証拠に日本の「左翼教科書」は、
その学術論文に「書いてあることからしか述べられない」のだから。
つまり、
その「嘘」を捏造するために左翼学者が「論文」を書き、
その左翼が書いた「論文」をもとに、今の「教科書」は作られているのです。 (下記参照)



三宅さんの名言!!
憲法9条のおかげで戦争が起きないんだったら
憲法に「台風は来るな!」と書いたらいい

(BY 寺田虎彦)


結論!!

「議論」は、「日本を守る」ことが前提。
世界に「いいかっこしい」をすることばかりを考えている左翼は
もう論外!!

少なくても、左翼の言うことを聞いてはいけない!!



※安倍内閣「従軍慰安婦」「南京大虐殺」など非確定事実を教科書から削除すると公約

「憲法学者というのは そもそもが 左翼 ばっかり!」





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示