ひだまり    今は古事記に夢中! 流行する香り付き柔軟剤の被害! 「外出できない…お願いやめて!」 過敏症の人たち悲鳴!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

流行する香り付き柔軟剤の被害! 「外出できない…お願いやめて!」 過敏症の人たち悲鳴!


                
その香り その柔軟剤は ほんとうに必要ですか?

あなたの使っている洗剤・柔軟剤の香りが
『公害』 になっていることをご存じですか?
 
 

           
流行する香り付き柔軟剤に
 「過敏症」の人たちが悲鳴!!

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2013090202000121.html


香り付きの柔軟剤を使って洗濯して衣類に香りを漂わせることが流行しているが、
こうした状況に化学物質過敏症の人たちが「普通に暮らすことができにくくなった」
悲鳴を上げている。

近所の家から流れてくる柔軟剤や芳香剤などの香りをかいだだけで体調が急に悪くなったりするのだ。
「香料公害」が起きているのか、
当事者らの声を聞いて考えてみた。 (白井康彦)


長野県に住む四十代の女性は
強い香料のにおいを発している人とすれ違ったりするだけで
めまい、ふらつき、震え、動悸(どうき)が生じます」と訴える。


症状がひどくなったのは昨年夏。
柔軟剤や洗剤、シャンプーなどの家庭用品で香りの強い商品が人気を集めてきたことが
影響していると考えている。


微量の化学物質によって、めまい、頭痛、吐き気、のどの痛みなどのさまざまな症状が出るのが
化学物質過敏症
患者数は全国で七十万人とも百万人ともいわれる。
一般家庭では、新築の家に使われた建材や農薬が原因になることが多いと考えられてきたが、
香料を使った日用品による香料公害も問題視され始めている。

この女性は、柔軟剤の影響が特に大きいと感じている。
近所から強すぎる香りが漂ってくるだけでなく、
職場でも他人の衣類から出る柔軟剤の香りに悩まされる。


「たばこの受動喫煙と同様の『受動香料吸入』です
こういう問題があることを国民に知ってほしいし、国には対策を立ててほしいです

岐阜市に住む小沢祐子さん(68)は「香料自粛を求める会」の代表を務める。

三年前の秋、生鮮食品を買いに行った店内で、女性とすれ違ったときに強い芳香臭をかいだ。
意識がなくなってその場にうずくまった。

顔面が蒼白(そうはく)になり、言語機能の極端な低下、筋肉硬直などの症状が出た。


その後も同様なことが続き、外出を控えたり、
外出の際に防毒マスクを着けたりするなどの対策を講じているが、
最近では散歩もしにくくなったと感じている。
道を歩いている人の服から出てくる芳香臭が耐えがたいのだという。


消費者庁や国民生活センターなどが協力して運営している「事故情報データバンクシステム」には
消費生活センターなどに寄せられた製品の苦情が蓄積されている
「柔軟剤」というキーワードで出てくる情報は八月末現在で百十六件

「隣の家から流れてくる柔軟剤の香りが強すぎて、のどや頭が痛い」
「アレルギー反応が起きた」
といった深刻な例がずらりと並び、国に対策を求める声も目立つ。



◆一部自治体「配慮を」 実効性ある対策 手つかず

岐阜市が市有施設に張り出している香料自粛のお願いポスター
=同市保健所で
(写真は元記事で確認してください)

香りが強い生活用品を好む消費者は多いが、健康被害の原因になることもある。
また、化学物質過敏性の発症メカニズムは未解明。
こうした中で行政は何ができるだろうか。

岐阜市は二〇〇五年から市有施設に「香料自粛のお願い」というポスターを張っている。
「健康被害の要因となることがあるので配慮をお願いします」と、市民に柔らかく呼び掛ける内容だ。

小沢祐子代表の訴えを聞いた市議が市議会で要望し、市が受け入れた。

公共施設のポスターやホームページに同様の「お願い」を出す自治体は、
岐阜県、岡山県、滋賀県野洲(やす)市、同県守山市などと増えてきている。
ただ、健康被害を感じている側は、実態調査や何らかの規制など、
より実効性のある対策を国に求めている。

厚生労働省化学物質安全対策室の担当者は
「うちの省にも健康被害の声は届いており、問題意識は持っている」と説明する。

香料公害の対策づくりに政府がいつ取り組み始めるか注目される。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



「岐阜市の『香料自粛』呼びかけ」

岐阜市内の公共施設(庁舎・病院・学校・公共ホールなど)に「香料自粛のお願い」ポスターが平成17年より張り出された。ある中学校では待っていたように正面玄関に5枚も張り出した。先生は「授業参観で今まで困ることもあった」との話をされた。ある女性は「これを待っていたのよ」と評判は良い。
 でも急に市の対応が変化したわけではない。

◆様々な取り組みの結果、意識に変化
 以前は、化学物質や農薬に対しての専門知識は豊富だが、基準・規定を常に持ち出して問題無しとする対応に終始してきた。もちろん、総合防除の考えはなかった。それが実態であった。
 10年前に小型ヘリによる農薬散布の中止を求めたことに始まり、庁舎や公共施設で当たり前に使用されていたパラジクロロベンゼンの撤去、ダイオキシンの関係で「学校等の焼却炉」の全面撤去、市役所庁内の燻蒸の中止、市民病院での病室への農薬散布廃止と調理室の夜間の殺菌燻蒸の取りやめ、保育所や学校での使用ワックスの変更、墓地・公園・街路樹・学校樹木への農薬散布の規制・抑制、民間病院への管理指導でのチェック強化、などの取組みによって、農薬の危険性と化学物質に対する認識の変化から生じたものと考えられる。

◆水郷水都全国会議のポスターから
 浜松市で開催された「水郷水都全国会議」の資料をいただき、ポスターもいただいた(編集注)。議会質問は、所管窓口となる「市民健康部長」、関係施設管理者である「教育長」「市民病院長」「市民参画部長」「行政管理部長」に対して行った。各部それぞれから同主旨の答弁を得ることが、より早く実行に結びつく。その結果、3月議会が終って、4月からの一斉実施となった。
 質問の主旨は「農薬も香料も環境に放出することを目的とする。洗剤・整髪料・ティッシュから果てはオムツまで香料が付いている。学校では授業参観の保護者の化粧がかなり刺激的な場合も、これに反応する子どもが増えている。香料は個人の好み、しかし少量の香料でもアレルギーを引き起こしたり、化学物質過敏症になる人も多い。いったん過敏となると、他の物質にも敏感に反応する。公共の場では自粛のお願いを進めるべき。自粛を呼びかけるポスターをそれぞれの施設に貼付されたい」であった。

◆214ヶ所の公共施設に張り出される
 教育長は答弁で東京都の児童の例を報告し、「市内では報告を受けていないが、授業参観などで保護者に啓発していきたい」と述べた。
 担当部長も「僅かな人であっても発症する方がおられるということであれば、市民の皆さんに対し、啓発やお願いをしていく必要がある。香料自粛のポスター掲示を関係施設に要請していきたい」と答弁した。
 ポスターの掲示は、庁舎内をはじめ29保育所、健康センター・老人施設などの福祉施設、10の児童センター、看護学校、女子短大、71の小・中・養護学校、図書館・科学館・コミュニティセンターそして保健センター・休日診療所・市民病院など214カ所に張り出された。枚数はもっと多いだろう。

◆全国どこでもできる!
 あくまで「自粛の呼びかけ」ではあるが、アピールの効果は大きいといえる。職員の啓発も必要で、看護士や給食調理員が現場で強い化粧や香水を使うことはありえないことであるが、「個人の問題だから」と渋る一部の幹部職員もいた。
 少し目を離すと清掃などの請負業者の職員が、トイレ清掃で塩素系の殺菌剤を使ったりすることもあり、即座に止めさせたこともある。
 岐阜市は環境問題に関しては先進的な市といえる。化学物質問題に前向きに対応する職員がでてきたことも幸いである。
 積み重ねであろう、知識のない私でもお役に立てたのだから、全国どこでも拡大できるのではないかと思う。

(岐阜市議会議員 高橋 かん)

編集注:
「水郷水都全国会議 in はままつ」は、2004年11月27-28日に浜松市の静岡文化芸術大学で開催された。
この会議の第6分科会の要請によって「香料自粛のお願い」のポスターが会場内に掲示され、大会のホームページに掲載された。ポスターには、
「香料(香水・整髪料など)自粛のお願い
香料を楽しむ方々がおられます。
香料に苦しむ方々もおられます。
香料はアレルギーや喘息を誘発することがあります。
過敏な方もあります。」と書かれていた。


岐阜市
http://www.city.gifu.lg.jp/

化学物質に関する取組「香料自粛ポスター」「住宅地などでの農薬散布についての広報ぎふへの掲載」
http://www.city.gifu.lg.jp/c/10079001/10079001.html


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。転載おわり



早く行政が動いてくれることを切に切に願います!!

ほんとうに、このままでは、この先どんどん、化学物質過敏症患者を増やし、
日本の健全な社会、ひいては、経済活動にまで近い将来影響が出ると思います。

これは一患者の問題ではありません。
もっと深刻に受け止め、従来の規制を早急に見直す必要があると思います。
これは重大な社会問題に発展する危険があります。
なぜなら、ほんとうにこれが「誰もが認める問題」に発展したときには、
そのときにはもう「元に戻す」ことが難しいからです。

一度、この過敏症になってしまったら、その体質を完全に治すことは非常に困難です。
なぜなら、この病気は、自分が気を付けて、自分が治療すれば治るものではないからです。
今まで、湯水のように垂れ流し続け、あまりにも無配慮に化学物質が充満しているこの世の中で、
この体質で「普通の生活」を送ることは困難になってしまいます。

中国のPM2.5を嗤っている場合ではありません!

PM2.5は「目に見える」成分もあるので解り易いですが、
この「香料公害」は目に見えません。
見えないからこそ、「理解され難い」という弊害があるのです。
理解され難いため、対策が遅れがちになります。
そして、にっちもさっちも行かなくなってからようやく慌てて対策を講じても、
そのときはすでに遅し! ・・・という悲劇が待っています。

日本には、たしかに今は工場煤煙はないかもしれない。
しかし、たとえ車の排気ガス公害はなくても、
練炭のCO2公害はなくても、チッソやカドミウム汚染がなくても、
たとえ放射能が一頃より薄まっても、
この「目に見えない香料公害」が歴然と日に日に増して存在するのです。


「香料」=「いい匂い」・・・だなんて思っていたら大間違いです!
「余分な香り」=「強い香料」=「合成化学物質」=害毒 なんです。

しかも、その中には、アレルギーや癌の原因になるものもあるかもしれなし、
それが他の要因と相まって、不妊や流産や頭痛、めまい、倦怠感、無気力症・・・などの
いわゆる病名がつかない不定愁訴の原因になっている可能性が強いのです。

しかも、その過敏症になってしまった人は、
その病状以外にも、二重にも三重にも苦しむことになる可能性があります。

まだまだ世の中がその病気や原因に対する知識や情報が乏しいため、
たとえば、原因不明のめまいや頭痛に悩まされても、
家事や仕事がままならないほどの体調不良に悩まされても、
その症状からすぐに「化学物質過敏症」だと診断され、「病名がつく」ことが難しく、
病名(原因)の診断がつくまで、不当な批判を受ける場合があります。
つまり、
「気のせいだ」「怠けているだけだ」という無理解から精神的ダメージを受けたり、
生活の保障が十分に受けられない・・・などという深刻な事態もあり得るのです。

たとえ病名が分かったとしても、それで救われたことにもなりません。
こういう体質に一度なってしまうと、
この体質につき合うことだけでもたいへんな苦労をすることになり、
何事もなかった頃の生活に戻すことは、おそらく不可能に近いからです。

行政や国が動いて、
すぐさま法律で日本の企業が湯水のように使う合成化学物質の使用を
全面禁止でもしないかぎり・・・

全面禁止でなくても、せめて、ドイツ並みの厳しい規制が作られなければ、
この体質でこの社会を生きることはとてもたいへんなことです。

ところで、
ドイツの合成化学物質の規制は、日本の50倍の厳しさだと知っていますか?
逆にいえば、日本はドイツの50倍の合成化学物質天国なのです。

化学物質依存症の日本企業に、日本人は、合成化学物質漬けにされているのです。


この患者の特徴は、「外出することが辛くなる」です。
花粉症みたいな「辛さ」ではないです。
気分が悪くなるだけでなく、「発作」を起こしたり、
一度反応して体調を崩すと回復に時間がかかることもあります。
そうなってしまったら、通常の社会活動ができにくくなります。

働きたくても働けなくなる。
活動したくても活動しにくくなるのです。
家庭の主婦や母親だったら、育児や家事に支障をきたします。

そんな患者、つまり日本国民が増えるということは、
日本社会や日本経済にとっていいわけがありません。

問題が深刻化してしまう最大の要因は、
国民が必要な正しい知識を与えられないことです。
(※下記参考記事参照)

この病気はまだ医者の間でも認知度が低く、勉強不足の医者も多く、
原因不明の体調不良で悩まされている患者の多くは、これが原因である可能性が高いのです。
つまり、厚労省のデータの数字に上がってこない潜在的な患者は想像以上に多い可能性があります。

つまり、もうすでに「目に見えない社会問題」化している可能性が高いのです。



何度でも言います。
これは深刻な問題です。

「今すぐ影響が出ない」ものは、言い換えると、
「今すぐ影響が現れる」ものより、影響が出た時の被害が深刻なのです。

目に見えて影響が現れたときは、すでに後戻りできない状態になっているからです。



どうか、これを読まれた方は、今一度考え直してください。


「その香りは本当に必要なのか?」  と。





※ ↓ 以前書いた「香り公害」についての記事 ぜひ、お読みください。
★「香りのカプセル」はほんとうに日本人に必要か?  
洗剤の過剰な香料にもの申す!!




★化学物質過敏症の話


★経皮毒 ~ 神様からのギフト
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-129.html


★経皮毒 ~ 悪魔の錬金術
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-144.html



★ <子宮頸がんワクチン問題> につてこれだけは知っておいてほしいこと




関連記事
スポンサーサイト
コメント
その香り…
以前、一人暮らしをしている息子が「甘ったるい」変な匂いをさせて来たので「何の匂い?」と聞いたら鬱陶しそうに無視された。
さては彼女の香水の匂いか、移り香か、「安っぽい!」…と苦笑いするしかなかったが、それにしても強烈でブッ飛ばしたくなる「悪臭」。
それから数ヶ月、あるホームセンターで若い女性とすれ違い様、息子のあの「悪臭」と同んなじ匂いが…この娘?ウチのバカ息子と付き合ってるのは…と大いに勘違いして、思いきって聞いてみた、「あなたのこの香りは何?」 と、努めて優しく……
「ハイ、某メーカーの柔軟剤デス」
そっかー、TVで気が狂ったようにCMバンバン流してるアノ商品か !!
そこで息子に何の変哲もない柔軟剤を黙って買って持たせたが使ってない様子なので言った。
「こんな臭い匂いで鮨屋や焼鳥屋行ったら(出入り禁止)だぞ」 と。
それでもまだ使い続けている、バカ息子です。

そして、たまに我家に集金で来る女性も同じ、彼女が帰った後もあの湿気た臭い匂いにたえきれず、窓を開け、消臭剤をまくのです。
合成の匂いはもはや「社会悪」そのもで、いつか言ってやりたい 「アンタ、臭いよ !!」と。
2014/02/26(水) 11:38 | URL | ドリたんママ #vwHgEZtE[ 編集]
Re: その香り…
ドリたんママ さん、コメントありがとうございます。
思わず、クスス…と笑いたくなるお話ですが、
わたしも、もし息子がそんな安っぽいニオイをプンプンさせて平気な女だったら嫌だな~
その子が気に入らなければ陰で即刻別れるように言うか、
その子が気に入れば、直接柔軟剤の香り公害の問題を教えてあげるかも・・・
それで理解してくれる子ならOK! 聞く耳持たなそうだったらNG!だね。

まあ、息子はお父さんが勝手に買ってきて勝手に入れた入浴剤の香りも
「気持ち悪い」って言う子だから、そんな彼女は連れて来ないと期待するけど・・・

でも、問題は、そんな好き嫌いじゃない、ってことです。
嫌いなにおいだから気分が悪くなる・・・だけじゃない、ってことなんです。
そこを若い人たちは特に理解してほしいですね。
もちろん、鼻の利かない老人の方々も、「それ、使い過ぎだと思いますよ?」って
はっきり言える世の中になってほしいです。

・・・でも、昨日あった「子宮頸がんワクチンの後遺症認定問題」でも、
あれだけ被害者が大勢いて、しかも重篤で、深刻なのに、
これまで通りの厚労省対応(認めたくないものは認めない)だったから先は暗いです・・・

マスコミは問題を取り上げてはいるけど、相変わらず「嘘」情報をしっかり垂れ流している。
ネット情報を掴んでいる人だけが警戒できる世の中なんて狂ってます!
2014/02/27(木) 13:50 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
この記事を思い出して
先日、漸く地元ローカルの人気番組で特集が組まれ、こちらの生地を思い出しました。
遅い。遅すぎる!
私は幸い化学香料の過敏症(ハウスダストはあるらしいです)ではないのですが、強い匂いや香水・アロマ系も苦手です。
昨日も雑貨店で物色中に客が香水かアロマのサンプルを使った(開けた?)ようで、急に嫌な匂いが充満して苦痛でした。
柔軟剤等もよく匂いのサンプルが置かれていたりしますが、試しに嗅いでみたら「本当にこんなのを良い匂いだと思うの?臭いだけだよ?」と首を傾げたくなります。
微かに香る程度ならまだ上品ですが、きつい匂いはただの悪臭。そんな判断も出来ないのでしょうかね。
会社でも個室に入った途端「あ、さっきまであの人が居たんだ!」と解ってしまう強烈な香水の匂いが残っていたり。明らかにつけすぎ。
でも、その人の場合は、創○信者なのでもしかしたらなんらかの特有の匂いを消す為に強くしている可能性もありますけど。
2017/06/29(木) 10:42 | URL | ミミズク #MLy57x.I[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示