ひだまり    今は古事記に夢中! 東京五輪、開会式は「宮崎駿の演出で!」 中国ツイッター

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

東京五輪、開会式は「宮崎駿の演出で!」 中国ツイッター

2020年東京五輪、開会式は「宮崎駿の演出で!」
…中国からはアニメがらみの要望多数  ―中国版ツイッター

      

2013年9月10日、2020年夏季五輪の開催地に決定したばかりの日本では、
「開会式の演出を誰にやってほしいか?」という話題がインターネット上で盛り上がっている。
中でも人気が高いのが、このほど長編製作からの引退を発表したばかりの宮崎駿監督だ。

中国紙・環球時報はこれを伝える中で、
「開会式にトトロが登場したら誰もが喜ぶのに」とした日本の映画評論家の発言を紹介。
開催国の国力や文化・芸術・テクノロジーを存分にアピールする場である五輪の開会式で、
日本が世界に誇るアニメ文化を積極的に使うべきだとした。

“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトでも、
「日本の開会式ならぜひアニメがらみの演出を!」とする声が多数寄せられている。
以下はその一部。

「この話が現実になればいいのに!」

「この話を聞いたら俄然、期待値が上がったわ」

「日本演出の開会式と聞くと、すごく楽しみに思える」

「五輪開催時、宮崎監督もう80歳近くなられる。でも、彼なら問題はないでしょう!」

「そうか、宮崎監督の引退は、東京五輪の開会式準備に全力投入するためだったのかも?」

「開会式には戦隊モノのキャラが登場するといいなあ」

「聖火の点灯はONE PIECEのキャラ全員でリレーしてやってほしい」

「初音ミクが主題歌を歌う!」

「ドラえもんやジブリキャラの勢ぞろいがいい!」

(翻訳・編集/愛玉)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=76608&type=


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


中国での宮崎駿の評価・・・

日本の伝統と現代を融合させた「宮崎駿」という巨匠  
―中国メディア

2013年9月5日、イタリア現地時間9月1日、ベネチアで現在上映中の作品「風立ちぬ」を最後に、
宮崎駿監督(72歳)の引退が発表された。
このニュースを聞いた映画ファンからは惜しむ声が上がっている。
宮崎駿監督は、世界的に著名なアニメの巨匠であり、その作品の芸術性は日本の民族的な伝統文化と
現代文明が絶妙に融合しており、ストーリーは美しい情感、希望や人間性を描きだし、世界中のアニメ
ファンから賞賛されている。
中国新聞社が伝えた。

独特な主題表現と人物描写

宮崎駿監督の作品はお決まりのパターンで、困難な中での努力や不屈の闘志がテーマとして描かれて
いるようにみえるが、宮崎作品の独特なところはすべての作品が描かれているストーリーの次元にとど
まらず、夢、生きること、成長など深く考えさせられるなにかが含まれているところにある。

日本のほかの有名監督と比較すると、
宮崎作品の最も顕著な特徴はさまざまな「精霊」のキャラクターだ。
これらのキャラクターが一緒になって宮崎アニメの大きな特徴となっている。
「精霊」キャラクターたちは人類と大自然のつながりであり、寡黙で、孤独で、
センチメンタルな感じが画面を通して伝わってくる。
たとえば「となりのトトロ」における「まっくろくろすけ」、「もののけ姫」の「木霊」は、
臆病でいくじがなくびくびくしながら人に群がり、静かに欲望に満ちた現実世界を見つめるのだ。

実際、アジア諸国の多くの伝統文化には
自然の精霊を崇拝し、万物の調和を追求する価値観が存在している。
だが、現代文明が力を持つにつれ、こうした価値観を持つ人々も次第に現実に同化していった。
宮崎監督はもしかしたら、こころから「自然」を信奉する最後のアニメ監督だったのかもしれない。
こうした自然な発露の生きとし生けるものへの「平等な尊敬」が、
宮崎作品全体の美しいフレームワークを構築し、異なる国や民族をも強くひきつけたのかもしれない。

独特な主題の表現以外に、宮崎アニメのキャラクターは米国式のスーパーヒーローではなく、
どこにでもいるような普通の少年少女だ。
こうした「普通のキャラクター」は
性格が善良で単純、心がきれいで、多くの人の共感を引き出しやすい。
「天空の城ラピュタ」の「シータ」や「となりのトトロ」にでてくる「メイ」と「サツキ」、
「千と千尋の神隠し」の「千尋」などがこれにあたる。

日本の伝統と現代が融合した宮崎作品

宮崎監督がこのような成功を収められたのは、独特な芸術性による所が大きいだろう。
彼の作品には、グローバルな精神性があふれているだけでなく、独自の東洋的な視点が備わっている。
もしかしたら、日本の伝統と現代文化が共存していることに影響されているのかもしれないが、
宮崎作品のテーマの由来はバラエティーに富み、アニメキャラクターの設定も非常にこまやかだ。

宮崎アニメが表現する日本の「民族化」を美化している傾向を指摘する人がいる。
確かに、彼は非常に日本の伝統的な民族モチーフのアニメカラーを使うことに長けている。
ストーリー転換を通して、主人公の心理を表現する。
たとえば、「千と千尋の神隠し」では千とほかの女の子が働くときに着ているのは赤い伝統的な
民族衣装で、侍女たちも和服を着ており、観衆はストーリーの中に出てくる服装の色彩やシーン、
小道具に日本の民俗や民族文化の特徴をはっきりと見出すだろう。


宮崎作品はアジア人の静かな生活にある美しい瞬間を正確にとらえ続けてきた。
「となりのトトロ」のストーリーの背景には大自然の息吹にあふれた日本の田舎の風景が描かれている。
みずみずしい青い空、そこが見通せるほど透き通った小川、その美しさは人々が理想に描くこの世の
ものとは思えない桃源郷だ。
しかも「トトロ」のストーリーが見る人の心に親しみを感じさせるのは、
子どものころに必ず経験したことだからだ。
宮崎監督はこうしたおぼろげな記憶を「トトロ」と出合うものがたりとすることで、
詩のような言葉、情景で生き生きとした夢のような精神世界を描き出した。

宮崎アニメには、民族と多様な文化の融合が満ちている。
作品によく出てくる島国の地形、樹木が生い茂る山々、様式がはっきりしている木造建築などは、
すべて日本的なものだ。

まねできないといわれる宮崎アニメの造形美の理由には、
作品に出てくる建築の多くが純粋な日本風ではないことがあるだろう。
作品に出てくる建築物の多くは純粋な日本風の建築物ではない。
「千と千尋の神隠し」に出てくる湯屋、「ハウルの動く城」で描かれた城もほとんどが日本特有の
民族文化と世界の著名な建築物が融合した産物だ。

宮崎駿監督はイタリア文化をこよなく愛していて、若いころには何度もヨーロッパを訪れ、
興味を感じた現地の建築物をデッサンして記録していたものが素材になっているといわれている。

自然を崇拝しているといえども、現代文明の美しさも宮崎作品には不可欠の要素だ。
「千と千尋の神隠し」で描かれる美しく幻想的な列車は現実に、実際存在するものだ。

また、宮崎アニメは日本だけをストーリーの背景にしているのではない。
物語自体やストーリーの中に描かれている民俗や習慣はよくどこの国や民族を描いているのか
わからないことがある。
もしかしたら宮崎監督の多元的な審美眼を表現したものなのかもしれない。


真善美に対する発揚

宮崎監督には多くのファンがついているがその大きな原因の一つは彼が作品一つ一つに「真善美」を
発揚していることにあるだろう。
宮崎作品に中の世界は非常に単純だ。キャラクターからみると、最も重要なことは「金や名誉ではなく、
真摯に愛に生きる人」だ。
もしくは宮崎作品の審美眼が求めるのは「愛だけ」で、アニメ作品に描かれている背景の環境から
民族の習慣までもが終始美を展開しているシーンになっている。
だが、彼が追求しているより大きなものは心の中の「真」と「美」で、作品に描かれる醜い老婆、
巫女はその善良さによって美しく見え、男装した村娘には素朴な美しさが宿っている。

宮崎アニメ成功の理由は多面的で、精緻なアニメカラー、広範なテーマ、美しく思いがけない着想、
そして作者は巧妙なやり方で作品に文化精神への反省、
婉曲的に美しく幻想的なシーンを観客に提供する。

宮崎作品はアニメ映画に対する狭隘な認識を変革し、アニメ映画という特性を十分に生かして
不思議な創造空間を生み出した。そして同時に作品に深い思想テーマを与えた。
これは彼の作品に鑑賞だけでなく、人間的な深みも備えさせた。
新世紀の中国のアニメ関係者は、宮崎監督から学び、インスピレーションを得ることもできるだろう。

(提供/人民網日本語版・翻訳/EW・編集/武藤)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=76461


。。。。。。。。。。。。。。。。。転載おわり


なかなかするどい深い洞察力には感心しました。


途中、ときめきすら覚えながら
中国人の理解力と感受性を再認識したかに見えましたが、
最後の一文で現実に引き戻されました・・・

これだけ宮崎アニメの根幹を成す日本文化に理解を示しながら、
なぜ中国は「コピー天国」から脱却できないのか・・・

いや、ただ「コピー天国」の文化体質だけが問題ではなく、
中国でのドラマ作成やアニメ作成は、その文化体質、
いや、思想体系が変わらないかぎり、
「新世紀の中国のアニメ関係者が宮崎監督から学びインスピレーションを得る」
ことはできないだろうと思う。

なぜなら、
ほんとんどの中国人が享受している「日本のアニメ文化」なるものは、
「コピー天国」という無法の上で成り立っているもので、正式に政府が合法としているものは、
ほぼ政治(抗日)プロパガンダのための道具にすぎない・・・から。
普通のテレビのチャンネルで流されるアニメは、そういった「政府のお墨付き」以外流されない。

つまり、自由な発想で、先進的な知識や技術を駆使した作品を作りたくても
おそろしく後退的な前時代的な「制約」に引っ掛かってしまうだろうから、
作りたくても作れない、そんな制約の中では作る気にならない、というのが本音だと思う。

これだけ洞察力がありながら、その才を活かす機会が与えられないのはもったいないと思う。
これだけ日本文化のエスプリを受け入れ糧としているなら、
違う体制の下であれば、もしかすると彼ら独自のオリジナルが生まれてくるかもしれない・・・
と書いたけど、やっぱり無理だと本心では思う。

なぜなら、
だったら、アメリカでも欧州でも宮崎アニメはあれほど評価されながら、
なぜ、一向にそれに準じる作品が生まれてこないか? 
ということです。

日本人が、手塚治虫がかつて「ディズニー」や「ハリウッド映画」を見て文化を学んだように、
それを凌駕するようになった日本文化から、なぜ、かれらは学ぼうとしないのか?
なぜ、いつまでたっても、
ジブリアニメとは真逆といえる信念の「ピクサー」ばかりが一人勝ち状態なのか?

その答えを出すには、
もっと重苦しい心の深淵までえぐることになりそうなのでやめておきます・・・。





海外「日本製だったの?!」
「アルプスの少女ハイジ」が日本製だったことに外国人がびっくり! 
「欧州ではみんなあれを見て大きくなった!」



宮崎駿監督「風立ちぬ」は日本人精神そのもの ① 「ナウシカ」以来の入魂の傑作!!

宮崎駿監督「風立ちぬ」は日本人精神そのもの ② 日本の「ほんとうの資源」とは何か?

宮崎駿監督「風立ちぬ」は日本人精神そのもの ③ この作品のほんとうのメッセージ…


追記; 宮崎アニメ「となりのトトロ」に対するアメリカでの評価
「この映画には悪役はいません」
http://www.海外の反応.jp/archives/32400370.html

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示