ひだまり    今は古事記に夢中! 7000年前から植林しないと現在の日本の森林はできていない

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

7000年前から植林しないと現在の日本の森林はできていない


※中国人が知ったかぶりをして日本の歴史について語ったものです。
内容な呆れるものですが、それより、
その記事についていたコメントの方が勉強になるのでここに紹介します。


二千年の物語: 日本に近づく 日本に詳しくなる
http://chinareaction.com/blog-entry-179.html

日本は不思議で面白い国だ。
二千年の歴史も見事な物語だと言える。
昔の日本の歴史を理解することによって、今の日本文化や精神の源も理解できる。
だが、日本の歴史に詳しくない人は、「第二次世界大戦の頃は強かったから、
その前もきっと強かっただろう」と思うだろう。
しかし、そのような認識は間違っている。
実に、20世紀初期以前は、日本はとても弱く時代遅れの国で、第二次世界大戦
の頃の日本とは似ても似つかない生活をしていたのだ。

東アジアの未発達の国が、わずか30年で世界の先進国になって、
その後70年の間にアジアで一番強い国になった。
この事実だけで、日本は本当に不思議な国だと言える。

コメント引用元
http://tieba.baidu.com/p/2504964292

※元記事管理人
膨大なテキスト量だったので、内容がわかる程度に適当に抜粋して翻訳してます。
スレ主のコメント投下の順番が時代にバラつきがあったので、随分飛んだりしてます。
近代の話までずっと続いてるスレなので、また気が向けば続きも。



※ ↑ メチャクチャいい加減な空想話なんですが、それはいいとして、
この下についた日本人のコメントに貴重な情報がたくさんあります。

これは、ただの ”中韓下げ” ”日本上げ” の話ではなく、
上の妄想話などとは違って、
すべてきちんと考古学的実証がされた事実のみで書かれています。

日本のみならず世界の学界が認めている事実であっても、
なぜか当の日本人にとってそれが共通認識になっていないことの方が多いのです。
なぜなら、こういう実証済み事実が「教科書」に載っていないからです。

なぜ教科書に載っていないのか?
それは、教科書に記述を載せるためには、「学術誌」に載っていること、または
「通説」になっていることが条件だからです。
その学術誌に載るか載らないかを決めてきたのは「学会」です。
学会が認めないからどこの学術誌にも載らない、紹介されない、認識が広まらない、
だから事実であるのにこれまで教科書に載せられなかったのです。
そう、
反日左翼学界が仕切ってきたから、これまでの日本の歴史認識はおかしいのです。

でも、それがネットの普及によって崩れ始めています。
左翼の守ってきた「嘘の砦」が。

その砦を崩すのは、一般の人がどれだけ「真実」に気づくかに関わっています。
一人でも多くの人が「正しい歴史認識」を知れば、それが「通説」となり、
いくら左翼学界が意見を締め出そうとしても、
民衆の「知」の力によってそれを抑えることは不可能になります。

それをわたしは求めます。

そのためにいろんなことを「知って」ほしいのです。
そのための「情報」をここで紹介しています。

ここに書かれているような「事実」が早く教科書に載り、
堂々と日本人の共通認識になる日を一日も早く迎えたいものです。



★竹田恒泰 「歴史学会というのは左翼だから 教科書には左翼の言い分しか載らない」



。。。。。。。。。。 この記事についたコメントより~



60年の歴史(しかも捏造されたもの)しかない中と韓に
日本人を語ってほしくない。


    「歴史の長さ」ではなく、
    「捏造が常習化」している民族に勝手な日本の歴史を語ってほしくない。



2000年前に本州には人がいなかったって?
関東にすら3万年前の遺跡がゴロゴロしてるが


日本は2000年前からずっと
国力が世界のトップ10の中に必ず入っていて
そこから外れた事の無いほぼ唯一の国
世界の歴史学者の間でもこれは常識

http://www.worldmapper.org/display.php?selected=159



中国史は漢の武帝以降、孫文までグルグル回っているだけなので(一貫性がない)
彼らから見れば日本史は 分かりにくいのかもしれない。
シャーマニズム > 貴族支配 > 武士政権 > 商人の台頭 > 民主主義
と、進んでいく歴史のほうが我々には分かりやすいけれど・・・

  
   つまり、日本の歴史は
   人類の歩むべく進化の過程のテキストのようなもの




平安あたりから明らかに西洋を超えてる感はある


   それすら教科書は絶対に教えない





わしらのご先祖様は 10000年前に 
バイカル湖⇒樺太⇒北海道⇒本州と移住してきた。

7000年前から植林しないと現在の日本の森林はできていない。
4000年前には森林の99%以上を人工林で占めていたという。


植物考古学とか。)




ちなみに韓国最古の水稲栽培の稲は1500年前のもの
日本と比べて実に1200年も遅れている

しかも、場所は韓国南部沿岸
DNAの系統だと稲は大まかに6種類とする説が強いが、
日本で栽培されているのはそのうちの2種
韓国では1種で、中国東南部や日本の最古の稲と同じ系統
これは韓国から日本に稲が伝わったのではなく、
日本または中国東南部から韓国に水稲栽培が伝わったという事実を表している
気候的な面を考えれば、日本から韓国に稲作が伝えられたと考えるのが自然である

弥生人=韓国人説は
科学測定によって現在では完全に否定されている



中国5000年の歴史とか言うデマは明治時代に日本にきた奴らが
「日本の歴史は2600年か,,我々はその二倍は欲しいな!」って
勝手に決定した数字だよ。
そのあと10年おきに1000年づつ増えてるw





中日共同調査団が発表、 「弥生人」の起源は中国江南地方 DNA分析で確定

共同通信によると、日本に稲作を伝えたとされる渡来系弥生人の人骨と、長江
(揚子江)下流域の江蘇省で発掘されたほぼ同時期の人骨の特徴がよく似ており、
DNA分析で配列の一部が一致する個体もあることが中日共同調査団の調査で分かった。

渡来系弥生人は、朝鮮半島や華北地方から来たという説が有力と考えられていたが、
稲作の起源地とされる長江下流域を含む江南地方からも渡来した可能性が高くなり、
弥生人の起源を探る上で注目されそうだ。

同日、東京で記者会見した日本側山口団長らによると、調査団は1996年から3年計画で、
江蘇省で出土した新石器時代から前漢時代(紀元前202-紀元後3年)にかけての人骨と、
福岡、山口両県で出土した渡来系弥生人や縄文人の人骨を比較した。
その結果、弥生時代の直前に当たる春秋時代(紀元前8―同5世紀)から前漢時代にかけての
江蘇省の人骨と、渡来系弥生人の人骨には、頭や四肢の骨の形に共通点が多かった。

また日本列島では縄文時代から弥生時代にかけて前歯の一部を抜く風習があったが、
江蘇省の人骨二体にも抜歯の跡があった。

江蘇省の人骨三十六体からDNAを抽出し分析した結果、
春秋時代の三体でDNAの塩基配列の一部が弥生人のものと一致したという。

中国側団長の鄒厚本南京博物院考古研究所所長は「弥生人と江南人骨の特徴が
極めて似ていることが分かり、弥生人渡来の江南ルート説に科学的根拠が与えられた。
今後も多方面から研究を進め、弥生人渡来の実態を解明したい」と話している。
江蘇省ではこれまで春秋戦国時代から前漢時代までの人骨がほとんど出土せず、
渡来系弥生人との関連を探る研究は進んでいなかった。



■陸稲も水稲もどちらも日本が1500年も韓国より早い 
「稲作文化を朝鮮人教えてあげたのは兄である日本人」 

★発掘された遺跡や炭化米の放射性炭素の年代測定の結果
 朝鮮半島で水稲耕作が確認されているのは約1500年前でしかない
 水稲耕作は中国南部の珠江流域で始まり6千年以上前に中国の長江流域へ、
そこから日本に3千年以上前に伝来したことが確認されている

水稲は1500年も日本が朝鮮より先であり、
水稲耕作は日本(兄)から朝鮮半島(弟)に伝わった

★朝鮮半島では炭化米(畑作米)が紀元前2000年が最古、
日本列島では紀元前約3500年前から陸稲(熱帯ジャポニカ)稲作が行われていた

 つまり日本は陸稲でも朝鮮よりは1500年先行していた

更に決定的な考古学的事実!!!

朝鮮の水耕田の遺跡から稲を収穫する際用いられた『日本製石器』の穂鎌が出土してる
稲作などは技術・道具といったものが一緒に渡って行くのである意味当然のことかも
   



【日本人は弟の朝鮮人に稲作に付随する多くの文化も教えてあげた】

★結論: 稲作は、陸稲も水稲も全て兄の日本が弟の朝鮮へ教えてあげた
(どちらも日本が1500年早い)


陸稲 朝鮮半島 紀元前2000年が最古
   日本列島 紀元前3500年が最古

水稲 朝鮮半島 1500年前(西暦500年)  ←ココ非常に重要!
 日本が朝鮮半島を併合支配していた時期と重なる
   
  日本列島 3000年前(紀元前1000年)





DNA解析による遺伝子研究の結果、弥生人のルーツは古代中国南部で、
韓国人は何の関係も無いことが確定しました。

【遺伝子はウソをつかない】 
 ←つまり幼稚なウリナラファンタジーは通用しないという事

★結論…日本人と韓国人はほとんど繋がりの無い赤の他人
( 韓国人は百済・高句麗とも全く別民族であることが判明)


百済系遺跡での出土した骨のDNA鑑定結果は
現代韓国人に見られない D系の遺伝子が見つかっている。
高句麗の骨からもD系が検出されている。

(中国)高句麗~百済までの流れを確認すると、
当該国の中核的民族にD系統の遺伝子が確認される。
つまり、
古朝鮮と呼ばれる国家・文化の担い手は、実は源日本人の一派であり、
現韓国人とは全く血縁関係の無い民族が中心であった

Y遺伝子D系統を持つ人種
アイヌ人……88%
沖縄人……56%
本土日本人…42~56%
チベット人…33%
韓国人……0%    ←ココ非常に重要!!!

中国や日本の歴史書や朝鮮半島に残る古代碑にもあるように
古代朝鮮半島(百済・新羅など)は日本人によって完全に属国支配されていた
(百済は王子や王女などの王族を日本に人質として差し出すことが義務だった)
(新羅に至っては歴代王のほとんどが日本人!)
まあ属国というより
ほとんど日本といっても良いレベルだね




韓国学会ぐるみで揉み消し工作して騒動になるって・・・
本当にいつまで幼稚でみっともない事続ける気なんだろうね




■古代朝鮮半島が日本に属国支配されていた証拠がまたも発見され
 韓国学会がもみ消し騒動
日本式に似ている霊山川端5~6世紀古墳
ttp://www.hani.co.kr/section-009000000/2001/09/009000000200109062248001.html

△古代日本の長考型墓形態を帯びた光州月渓洞古墳
南道の光州外れと栄山江川端には奇妙な姿を持った5~6世紀昔の墓たちが
10余期 散らばっている
前はネモコル,後側は丸やかに生じたと真書`長考型墓'あるいは
`ゾンバングフワンブン'と呼ばれるこの墓たちは
学者たちの発掘対象で抜けるとか掘り出しても報告書を書かないのが例事だ
.いわゆる `いじめ'あう墓たち だ.

忌避する理由は単純だ.
3~5世紀古代日本の墓様式に似ていたうえに
円筒状姿の土器類副葬品も日本墓周りに列を作って置かれた飾り土器(ハニと)
らと別に差がないわけだ.

私たち文化の日本電波だけ教えた教科書常識と行き違うことも
ころが封墳や土器模様などが当時日本大和政権の葬墓風習を倣ったという点で
これら遺跡は国内学界がもみ消して来たコンプレックスだった.

実際に光州,海南,霊岩等地の長考型墓たちの中報告書の出たことは
光州名画洞墓だけで墓主人公や日本との連関性に縛られた仮説たちは墓が
発見された80年代以来むしろ日本学者たちが活発に申し立てている.



中国人は、必ず中華思想の元に歴史を捏造するって本当だな。
「属国にして下さい」でなく、
お前たちが勝手に「属国にしてやる!」と金印を送っただけだろ!
勘違いするな~

ついでに、日本の歴史は単純に天皇を辿っても3000年弱はあるんだが?
勝手に、1000年縮めるのは止めてくれ!

ついでに、中国も30年くらい前は、中国3000年の歴史と言ってたが?
いつの間に、5000年になった?
それは、モンゴル帝国時代も含めてか?




~古代朝鮮は日本に二百年以上にわたって支配されていた~
              高麗大学教授 金鉉球・鄭大均

わが国の中・高等学校教科書を見ると、
百済・高句麗・新羅三国の文化が「日本に伝えられた」話が出てきますが、
その内容は日本古代史書である「日本書紀」を土台にしているもので、
わが国の史書にはありません。  (そもそも韓国に古代の文献はほとんどない)

ところが、日本の学者が「日本書紀」を土台にして、
古代日本が二百年余り朝鮮半島南部の伽耶(日本名任那)地域を支配したという
「任那日本府説」を主張すると、韓国の学界では
それは信じることができないと主張しています。

これは明白な矛盾であり、こうした姿勢ゆえに日本の学界が韓国の学界を軽く見のでは
ありませんか、という身の程を知らぬ質問をした。 そしたらL教授は黙り込んで答えず、
横に居られたC教授が「自信がないんだよ」とおっしゃった。

「日本書紀」には日本が「任那日本府」という機構を置いて朝鮮半島南部を支配しつつ、
三国文化を運んでいったようになっている。
しかし、韓国の中・高等学校では三国文化が日本に伝播される国際関係に関しては
何の説明もされず、 ただ高句麗・新羅・百済の三国が日本に文化を伝えた事実だけを
教えている。
そこで学生達は日本を客観的に理解できずに、無条件、対日優越意識だけを助長する
結果をもたらせた。
外国に出かけたわが国の学生が「任那日本説」に接して戸惑うのも無理はない。
実際の歴史は、日本に支配されたいわば「属国」であったにも関わらずだ。





面白く読ませてもらたけど、ここだけは訂正させていただく。

>邪馬台国や卑弥呼の事が
>中国や日本で共通しているのは事実なんだよな

「中国と日本で共通している」?? 
文献に記載があるのは中国だけなんだけど?


日本にあるのは、左翼連中が作り出したファンタジーだけだよ。
すべての歴史本に必ず卑弥呼出てきて、
しかも、あたかも研究が進んでいるかのように見せかけてるけど
実際には、
研究成果で史実がはっきりしてきたのはむしろ「古事記」「日本書紀」であて、
卑弥呼伝説は、
研究が進むほど「実際にあった」証拠はひとつもない。
あるのは「魏志倭人伝」の一行と「韓国歴史ドラマ」並の空想だけ。

左翼は未だにそれにすがって、そこから一歩も出られないのですよ。
韓国慰安婦の「わたしが証拠です」並の立証能力しかないものを
勝手に教科書にまで載せてるだけ。
早よ削除しろ!

いまだにその記述を教科書から削ろうとしないのは、
弥呼=日本が中国の属国だった証し」を主張するため。
(自己満足)
「記紀の天皇の歴史」を否定したい・・・ただそれだけ
執念だね。


  ※たった一行の名前の記述から長大なファンタジーを生みだした
    「チャングム」と同じです。
    これが大当たりしたことが国家的戦略としての韓国歴史ファンタジー(捏造ドラマ)
    の始まりでした。







シュリーマン旅行記
「日本人が世界でいちばん清潔な国民であることは異論の余地がない。
どんなに貧しい人でも、少なくとも日に一度は、町のいたるところにある公
衆浴場に通っている。」

「この国には平和、行き渡った満足感、豊かさ、完璧な秩序、
そして世界のどの国にもましてよく耕された土地が見られる。」

「もし、文明という言葉が物質文明を指すなら、
日本人はきわめて文明化されていると答えられるだろう。
なぜなら日本人は、工芸品において蒸気機関を使わずに達することの出来る
最高の完成度に達しているからである。
それに教育はヨーロッパの文明国家以上にも行き渡っている。」





。。。。。。。。抜粋転載おわり  (順不同)



結論。

中韓はデタラメが上手で、日本は真実を語るのが下手。


中韓は真実を知れば  で、 日本人が真実を知ると  になる。




そして、ここをもう一度確認してほしい。

7000年前から植林しないと現在の日本の森林はできていない。
4000年前には森林の99%以上を人工林で占めていたという。


植物考古学とか。)

植物考古学的に証明されていることにも注目してほしい。
どこぞの国の思いつきの「偽学説」とは次元が違う。

日本には、7000年前からの「植林(人工林)」の形跡がある。
それが何を意味するのか?

言わずもがな、それは、
日本には、7000年前からすでにそれなりの国家的な(国家の基となる)文明が存在した ということなのです。

でないなら、
なぜ、 誰が、 7000年前に植林したのだろうか?

誰かの思いつき程度の小規模な植林では痕跡など残らないでしょう。
つまり、
ただの一人物の部族(家族)思いつきで「計画植林」などするだろうか? 
できるだろうか? ということです。
自分の家族が必要な分だけ植林したとは思えないのでは?
その地が潤えば、自然、そこに人は集まるでしょうし、食べていけるから出生率も上がるでしょう。
最初が一部分でも、それが大きくなり、それがゆくゆく全体の99%の人工林になるには、
点在していた集落が統合されていったという証拠でもあると思います。

つまり、日本では7000年前から4000年前までには、ある程度の規模で、
組織だったいわゆる「公共事業」として「定着」(継続)していたということでは?

そう考えるのが自然であり、
それを否定する証明の方がはるかに困難なのではないでしょうか?

「4000年前には森林の99%以上を人工林で占めていた」
この考古学的事実を
「当時からそれなりの文明国家(国家的事業)があった」こと以外で、どう説明できるのでしょうか?

ご存知のとおり、日本の森林面積は国土の三分の二、約7割もあります。
現代、開発が進んでこの程度です。
では、4000年前の森林面積はもっと多かったはず。
その、99%が人工林だということが意味するのは・・・?
4000年以上前から、その必要性を感じて、人が「木」を育てていた・・・ということです。

なぜ、そこまでして木を育てる「必要」があったのでしょう?
それはおそらく、「食料」だけではなく、
「木材」利用が活発であったという証拠、ではないでしょうか?

計画植林が必要なくらい、当時から「木材需要」があったということでは?

では、なぜ、そんな「大量」な木材需要があったのか?

ただの一部族や、一集落でそこまで必要でしょうか?

それが示す答えは、
ある程度まとまった、ある程度力をもった、かなり大きな、広範囲な、
地方政権なり、集権制度なりが、その類があったということではないでしょうか?

でなければ、
誰かの思いつきで、たまたま「99%の人工林」などができるでしょうか?

もしかしたら、
左翼連中が必死で否定したがっている「古事記」「日本書紀」の記述以上に、
1300年前の当時の人が思っていた以上に、
(1300年前の当時の人にとっても、すでに「太古」の話をまとめたのが「記紀」です。
 しかも、当時は文字がなかった!)

当時の人が知りえた以上に、
じつは、日本列島には確実なる国家的な文明があったのではないか?

ということしか、理解しようがないのではありませんか?

1300年前の人にとっての「言い伝え」が「記紀」です。
今みたいに科学も考古学もなく、当時の人は文字すらなかったので「言い伝え」しか
証拠はなかったけれど、
昔の人が見てきた、聞いてきたことを信じて書き残した・・・それが「記紀」です。

わたしも、「植物考古学」というのは初めて聞きましたが、
当時の人にこの研究結果を教えてあげたら、きっと喜ぶでしょうね。

こんな研究をしてくださる方々のおかげで、わたしたちは胸を張って言うことができます。

「日本の皇紀(政府の公式見解である「記紀」神話)は正しかった」 のだと。



こんなことをいうと、速攻で左翼が発狂しそうですが、
少なくとも、これだけは言えます。

日本人は、
わたしたちの「先人」たちは、
少なくとも7000年前から、意識的に「森を育てていた」 ということ。
それは、共存共栄型の「循環型社会」の原型であるということ。
そして、
計画生産的な食料自給ができた大規模集落の存在と、
自ら育てた大量の木を必要とするような「大規模な土木事業(国家的事業)をしてた」 
という可能性が否定できない
 ということです。


神武天皇が即位してからわが国が「建国2675年」だというのも、
ぜんぜん大袈裟じゃない ということです。








しかし、残念ながら、
そんな左翼がこの国の教育を牛耳ってるかぎり、
教科書には、子供たちには、一生この事実は教えられないのです



★竹田恒泰 「歴史学会というのは左翼だから 教科書には左翼の言い分しか載らない」




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示