ひだまり    今は古事記に夢中! 竹田恒泰の「伊勢の神宮論」 抜粋書き起こしメモ~②

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

竹田恒泰の「伊勢の神宮論」 抜粋書き起こしメモ~②






・(その2)
http://www.nicovideo.jp/watch/1380075035

・(その3)
http://www.nicovideo.jp/watch/1380075513

・(その4)
http://www.nicovideo.jp/watch/1380075531

・(その5)
http://www.nicovideo.jp/watch/1380075598

・(その6)
http://www.nicovideo.jp/watch/1380075646

・(その7)
http://www.nicovideo.jp/watch/1380075644



-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-


これじつは何度も紹介している動画なのですが、
なかなかじっくり全部見れない・・・っていう人のために、
完全書き起こしというのは時間的精神的に無理なのですが、
上の「伊勢の神宮論」からところどころ大事な話だけ抜粋して書き起こしメモを取り、
他からの情報と合わせて「伊勢の神宮」についての解説をまとめてみました。



-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-


なぜ伊勢の神宮はすべての神社の中心なのか?

それは、伊勢の神宮の御神体が「八咫の鏡」(ヤタノカガミ)だからです。
「古事記」にある「天孫降臨」の際、(天照大御神の孫が地上世界に降りてきたこと)
天照大御神(アマテラスオオミカミ)さまが
「この宝を自分と思って常に床を同じくし崇め祀りなさい」と渡されたのが
「三種の神器」のひとつの「鏡」です。

鏡は最初、三種の神器と共に天皇のお側近くにありましたが、
あまりに畏れ多いと思召した崇神天皇が別の場所に祀り、さらに、
垂仁天皇が娘の倭姫(ヤマトヒメ)に命じ、より良いところにお納めするため旅をした挙句に
ここぞと思ったのが伊勢の地でした。

なぜ伊勢が、尊い宝をお納め祀るのに相応しい土地と考えたのか?

それは、伊勢という立地が、
海の恵み、山の恵み、清涼な水の恵みのすべてを兼ね備えていたからです。

神様を祀るには、毎朝、毎夕、祭祀を行います。
現に伊勢の神宮の「記録」にあるだけでも1300年以上、一日も欠かすことなく続けられています。

そのとき、神様の捧げる供物は最高のものでなくてはならない。
それは別に「贅沢な高価なもの」という意味ではなく、新鮮で、清浄で、穢れのないもの
でなければならない。

伊勢には、海も山も川も肥沃な平野もあり、
新鮮な海産物と、清らかな川の恵みと、
その河港付近で取れる栄養豊富な塩と、肥沃な土地の豊かな農作物と、
山々で取れる薬草や山菜など、最高のものがすべて揃っていた。

しかも、日本の中心地でもある。

ゆえに、今でも、伊勢には美味しい伝統的な特産物が豊富にある。

その神々に捧げられた供物のお下がりをいただく・・・
それが「おはらい横丁」のゆえんでもある。


毎朝、毎夕、行われる神事には、神聖な供物しか使われない。

それは、
誰がどのように作ったか分からないスーパーの野菜を使えないということ。
誰がどのように作ったか分からない塩や酒を使えないということ。
誰がどのように作ったから分からない織物を纏えないということ。

なので、
お供えする野菜や塩や酒、神職の着る衣の絹糸、綿花・・・すべて神職自らが作っているのです。

無論、無農薬農法の、無添加の、天然醸造ものです。
そのために、神職自ら田を耕し、世話をして、毎日、早朝に収穫された
「新鮮で安全な(清浄な)作物」が供えられている。
伊勢(神宮)にはそのための専用農地、専用酒蔵、専用塩田などがあるそうです。

であるから、広大な土地が必要なのです。
であるから、海の神、川の神、山の神、蚕の神、他の神・・・を祀っているのです。

すべて、天照大御神さまを尊び祀るためです。


余談ですが、
もし、それに課税されたら・・・?
毎日の神事がたいっへんなことになります!
おかしな新興宗教は課税対象にしてもいいですが、
それとこれとをいっしょにしてはいけません!!
それだけは覚えておいてください。

(みなさん、お賽銭いっぱい寄付してくださいね。)

さらに、
お供えに使う「器」も、神職自ら土を練って焼いた器だそうです。
しかも、一度使ったものは二度と使わないのだそうです。
汚れたら「洗って」また使うなどということはけっしてしないのです。
そのくらい「神聖」なのです。


それを毎日、毎日、一年中、千何百年間も続けてきたのです。

大掛かりな「式年遷宮」が戦争や飢饉などで延期したり頓挫したことはあっても、
この毎日の儀式は一度も途切れたことがないそうです。

目立たない小さな「お祀り」ですが、
それがどれだけ大変なことか・・・お解かりになったでしょう?

日本という国は、

この「神の国」は、
そういう目に見えない「神への献身」を真剣に続ける人の力(精神)に支えられてきたのです。


(そりゃあ~神風も起こるよね!?)



つづく・・・



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示