ひだまり    今は古事記に夢中! 再・日本人が取り戻さなければならないもの  11月23日は「勤労感謝の日」…なんかじゃない!!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

再・日本人が取り戻さなければならないもの  11月23日は「勤労感謝の日」…なんかじゃない!!



日本人が取り戻さなければならないもの・・・

11月23日は[勤労感謝の日] なんかじゃない!!


以前、『日本人が取り戻さなければならないもの… 「海の日」はなぜ祝日であるのか?』
という記事を書きましたが、じつはこの記事、
話の後半はほとんど「勤労感謝の日」(新嘗祭)についての話でした。

そうです。
「勤労感謝の日」…なんて嘘っぱち! この日は「新嘗祭」の日だ!!
・・・ってお話です。

10月もになると、巷では例の「ボジョレーヌーボーの予約」の宣伝があちこちから聞こえてきます。
それを聞いて、「そうだ。今こそあれを出さなくちゃ!」と思いたち、
コピペしてそのまま出そうかと思ったら、あれは7月だったので前半は「海の日」の話だったのです。
しょうがないから、上半分だけ切ってほぼそのまま出します。 m(__)m;;

「海の日」の話も大事だから、よかったら ↑ も開いて読んでね。



みなさん、11月23日は何の日か知っていますか?

「勤労感謝の日」? 
いえいえ、そんなんじゃないです!
「え? お父さん、お疲れ様、の日じゃないの?」
っていう人多いでしょ?

違うんですよ!!
日本人なら知っておかないと!


勤労感謝の日とは
「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」と1948年に法律で定められました。

じつはそれ、戦後サヨクの策謀ですから。

そんなのは嘘です。

ほんとはそんなことしてる場合じゃない!
もう、いいかげん、
日本人は自分たちのルーツを取り戻さなければなりません。


もう「戦後」が終わったなら、 その憲法 変えなくちゃ!!


11月23日は、われわれ日本人にとって、とっても大切な「感謝の日」なんです。
ええ、感謝する日です。でも、お父さんにじゃない。 労働者じゃない。

それは、
天皇陛下が、
日本のために、
国民のために、
神さまに五穀豊穣を感謝し祈る日
・・・なんです。


陛下は、
その祈りの儀式が終わるまで、
一切、その年の「新米」を口にしません。


もちろん、
戦前の日本人もです。


「そのおにぎり、まさか、新米じゃないだろうなっ!?」|神嘗祭(その4)


(※華原朋美報道以来、へんな書き込みが増えましたね…うざい方はコメ消してご覧ください。)


「古事記入門」のDVDの中でも竹田さんが言ってましたね。
日本の祝日のほとんどは、すべて宮中祭祀や「古事記」「日本書紀」に基づいているのだそうです。
逆にいえば、宮中祭祀、「古事記」「日本書紀」と関係ない祝日は二つしかないとのこと。
「体育の日」と「敬老の日」の二つだけだそうです。
知ってました?
(あ、ちなみに、「体育の日」ができたのは、「東京五輪」が開催された日にちなんで、
竹田さんの祖父竹田常徳王(殿下)が提案されたおかげだそうです!)


それ以外は全部、祝日というのは、
宮中祭祀や「記紀」に基づいた日本人にとって重要な日なのです。

なぜ、日本人にとって重要な日なのか?

竹田さんの話にもありましたが、
その国の祝日(休日)というのは、その国の「国柄」がそのまま分かるものだそうです。
たとえば、
アメリカ合衆国なら「独立記念日」の他はほぼキリスト教関係の祝日が並んでいるそうです。
中国だったら「労働節」など農民や労働者にちなんだ休日が並んでいるそうです。
そして、
日本の国柄は、「古事記」「日本書紀」、そして、「天皇の祈り」なんです。


それを、戦前までの日本人は当たり前に知っていました。
でも、今の日本人は教えられませんし、教えられなければまったく気づきません。
なぜか?
それは、「気づかれないように」してきたからです。
戦後左翼教育によって。


上にもありましたが、
戦後左翼が押し切ったもっとも日本を愚弄したものが「勤労感謝の日」です。

「なにが、「お父さんお仕事お疲れ様」だ! 
あれは天皇陛下が五穀豊穣を願って国民のために祈る最も重要な祈りの日だ!」
と竹田さんもおっしゃってましたね。

「新嘗祭」は天皇が行う祭祀のなかでも、もっとも重要なお祀りのひとつだそうです。
ですから、その準備のために、陛下は一年前から準備をしておられるといっても過言ではありません。
というのは、陛下は新嘗祭で、自ら育てられた穀物(米)を神様に供えられるからです。
儀式の一週間くらい前から重要な祭祀のために心身共にお慎みになり、清められるそうです。

そして、その儀式が終わるまで、

今年最初に出来た作物を神様に捧げ、国民ひとりひとりに代わって、
今年の実りに感謝し、今後の豊穣を祈る儀式が終わるまで、
陛下は「新米」を一切口にされないそうです。

そりゃそうです。神様に捧げるのに、その前に食べてちゃいけないでしょう。

もちろん、祭祀を見守る宮中の者も、皇族方も、
その意味を知る日本人は誰もそれまで「新米」を口にしないそうです。
それが日本人として普通でした。

陛下がその年の新米を神に捧げる祈りが済むまで、
日本人は誰も陛下より先に新米を口にしない・・・それは当然ではないでしょうか?

知らなかったからこれまで済んできただけで、
ここまで知ってしまったら、そうするのが普通だと思いませんか?

だって、わたしたちのために、
わたしたちに代わって、陛下は神に祈りを捧げてくださっているのだから。


それを知らなかった我々日本人は、
いつのまにか、ただの「新モノ食い競走」に駆り立てられ、
やれ「新米入荷!」だの「今年の新米の出来は・・・」
などとマスコミに煽られて、われ先にと新米を当たり前のように口にする・・・

知らなかったとはいえ、畏れ多いことです。
まんまと左翼にしてやられました。

われわれが日常使う「いただきます」「もったいない」という言葉も
こういう神や食物に対する「感謝の気持ち」からきているものです。

でも、それは、日本独特の観念や価値観であって、
「いただきます」「もったいない」は、日本語以外に翻訳できないそうです。

無理に英語に訳すと 「I am eating! (意訳:さあ、食べますよ)」 だそうです。

「はあ? ばっかじゃないの!」 と思える人はまだいいですが、
ほんとにそういう意味だと思っている日本人が増えてきているというおそろしい現実・・・


国民から「古事記」を奪ったのは、こういうことのため…だったのですね。

「古事記」を隠し、
「古事記を基にする日本精神」を隠すためだったのですね。

これまで「強い日本」「美しい日本」の礎となってきた
「陛下と国民が一体となって国を支える」という大事な気持ちを、 
戦後左翼が寄って集って壊そうとした成果・・・だったのですね。

おそらく、毎年のあの馬鹿げた「ボジョレー・ヌーボー」騒ぎも、
そうした日本人懐柔計画だったんだとわたしは思います。
だって、あんなの、日本人に必要ないでしょ?
ほんとうに何万もかけるような通の人は別として、
たかが数千円くらいのワインに、どうしてそこまで「新物」にこだわる必要があるのでしょう?
時期になるとスーパーに並ぶ廉価品のワイン・・・
別にその日に飲んだからって特に美味い訳じゃないんですから。

要は、
「自分が一番」 
・・・そういうへんな価値観、優越感を日本人に植え付けようとしたのだと思います。

欧米人とは違って、
日本人は、昔からけっして「自分が一番」じゃなかった。
そうでしょう?
日本では、「自分が一番」を誇示することは、むしろ卑しくて恥ずかしいことでした。

だって日本人というのは、
大昔から人と自然と神様は、いつも共に生き、共に栄えてきたのです。

「人」が一番じゃない。
「自分」が一番じゃない。

そうして、自然や神様を敬ってきたから、
日本は経済大国でありながらも他国のように殺伐としてないんです。

「自分が一番」じゃないから、

日本はどこよりも平和で、
どこよりも秩序と公徳心が高く、人を信じられる社会なのです。

自分が一番大事な個人主義社会の国の人たちがうらやみ、賞賛する社会が
この日本にだけ存在するのです。

それができたのは、
日本が二千年以上前から「君民共治」の国体、社会体制を守ってきたからです。


その、
天皇と国民とが一体となって天地自然の神々に感謝し、収穫を喜び合う
その気持ちを、
「勤労感謝の日」という「働いている人(自分)が一番偉い」という気持ちに
左翼がすり替えようとしたのです。

あれ? もしかしてこれって、
「労働節」につながる中国共産党の考えそのものではないですか?
まあ、戦後左翼なんて、それが理想だと思ってる人たちですから。
少なくても、それ、日本人の発想なんかじゃないです。



<新嘗祭とは>
新嘗祭は、新穀の収穫を神に感謝するお祭りのことで、毎年11月23日に行われています。
「新嘗」とは、その年に収穫された新しい穀物を食することをいいます。
新嘗祭は、日本の古くからの重要な祭儀であり、
「豊葦原の瑞穂の国」の祭祀を司る最高責任者である天皇が、その年にとれた新穀を天神地祇に供えて、
農作物の収穫に感謝するとともに、自らも初めて召し上がれる祭典です。

この日は祭日で、全国の農山漁村ではもちろんのこと、それぞれの地方で神社に新穀を捧げ、
その年の収穫を神々に感謝してお祝いをしてきました。

戦後に11月23日は勤労感謝の日と代えられましたが、
新嘗祭は、元々このように
天皇と国民とが一体となって天地自然の神々に感謝し、収穫を喜び合う全国民的な祭典
だったのです。

私たちは、この「新嘗祭」の持つ本来の意味を尊重し、
食物の大切さとありがたさを改めて認識し、
その祭りの精神を多くの人々に伝える努力をしていきたいと考えております。
文:田尾 憲男
http://www.niinamesai.com/promoter.html



こういうことを、日本人として、当たり前に教えることができる教育体制を、
こういうことを、日本人として、当たり前に知ることができる権利を、
われわれは一刻も早く、取り戻さなければならないと思います。

そのためには、9条にかぎらず、早く憲法を変えることです。

日本人の日本人による日本人のための憲法に。
日本人の幸福を守れる憲法に。


そして、
「ハッピーマンデー」なんて馬鹿げた制度は廃止しよう!!


休日をつなげるためだけに、
どうして日本人にとって大事な意味を、精神を失わねばならないのか?
もう休みはじゅうぶんです。
日本人が「勤勉」でどこが悪い?
日本人が働き者でどこが悪いんです?

ああ、日本人が働き者だと困る国がいるんですね?
で、いっつも、その国の都合を考えてあげてきたんですよね?


左翼に騙されてから日本人はどんどんダメになった。
左翼の言うことをこのまま聞いていたら、日本はほんとうにダメになります!

もう、左翼の言うことを聞くのを止めましょう。
もう、本気で「戦後」を終わらせましょう!!

そのために、
日本人の価値観に合わせた憲法に書き換えましょう!!



祝日は、国民が「休むため」にあるのではなく、
天皇と国民が心を一つにして
日本のために 祝うため 祈るため にあるのです。

だから 祝日には 日ノ丸を掲げるんです。



天皇と共に
日本のために祈る気持ちを国民ひとりひとりに取り戻す!

それが、
「日本を取り戻す」ことだと思います。





あ、ついでにこれも言わせて。



日本人だったら 米を食え!!





※ぜひ、お聞きください!

神の時間は夜。そして、見つめるのは神のみ・・・|神嘗祭
(その1)



「このお祭りに日本国民の<生命>がかかってるのです!」|神嘗祭(その2)



「ボジョレ解禁?!ちゃんちゃらオカシイです!!!」|神嘗祭(その3)




「古事記入門 Ⅰ」 古事記を読むまで死んではいけない! 
「古事記入門 Ⅱ」 「古事記」は選んで読むべし!

誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?
誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!! 日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家

なぜ憲法改正が必要か? ②  日本国憲法は日本人の幸せを保証しない

『竹田恒泰とは何ぞや?』http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-987.html

竹田研究会入門 ④ 「古事記入門 Ⅰ」 古事記を読むまで死んではいけない!


竹田恒泰 「今、世界は 四百年に一度の価値観の大変革の時期にきている!」
※なぜ、今保守派が分裂するのか? その理由が分かります。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示