ひだまり    今は古事記に夢中! 外務省官僚 「韓国と無理に対話しなくても、今の日本が困ることはない」

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

外務省官僚 「韓国と無理に対話しなくても、今の日本が困ることはない」


※フィギュアスケートのせいでついつい溜まっちゃったから、どんどん出す!

外務省官僚
韓国と無理に対話しなくても、今の日本が困ることはない
お金を出しても『まだないのか』と手を出してくる」


★韓国、いつまで反日続けるの
2013.11.10 12:00

【水内茂幸の外交コンフィデンシャル】

「正直お手上げですよ」。
頭を抱えるのは、対韓政策に精通する外務省の中堅官僚だ。

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が対日批判がエスカレートさせ、
安倍晋三首相との日韓首脳会談を拒否している。

韓国国内では「日韓冷戦」が経済にも悪影響を及ぼし始めており、
韓国メディアにも朴氏に翻意を求める論調が目立つようになった。
だが、反日を人気取りに使う朴政権は拳を振り下ろそうとせず、
事務レベルでも風当たりは強まる一方。

緊張が諦めに変わりつつある舞台裏に迫ってみると・・。

東京・虎ノ門のもつ鍋屋で、
先の中堅官僚氏は白濁スープをすすりながらため息をついた。

なぜ朴氏はこれほど反日にこだわるのか。
中堅官僚氏は締めのラーメンを頼んだ後、
「経済成長の鈍化と中国、感情に流されやすい風土という3つの理由があるね」と語り出した。

日本叩きが支持率上昇のカンフル剤として使える時期も、そう長くは続かないのでないか。
先の中堅官僚氏は、ラーメンをうまそうにすすりながらつぶやく。

「本音をいえば、韓国と無理に対話しなくても、今の日本が困ることはほとんどない。
どれだけ謝っても、どれだけお金を出しても『まだないのか』と手を出してくる相手を信じられますか。
割と冷静にビジネスの話ができる中国との差は大きいですよ」


うーん、こりゃ重傷だ。
水内が「今度カムジャタン(じゃがいもと豚の背骨鍋)を食べにいきましょうよ」と誘うと、
中堅官僚氏は「いや、おいしいインド料理店を見つけたんですよ」と目を輝かせるのだった。
(抜粋)


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131110/plc13111012070005-n1.htm
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/13840746...



。。。。。。。。。。。。。。。。。。



韓国が行く先々で日本を貶める発言をしているのは、
「お前の国も、韓国にカネを出さないと日本みたいに悪口を言いふらしてやるぞ!」
という脅しになってるんじゃないだろうか?(笑)
キチガイヤクザそのもの。




> 韓国と無理に対話しなくても、
 今の日本には困る事がほとんどない。


韓国に向けて言ってやれよ。 
ますますファビョって、向こうから離れてくれる。



乞食そのものだな



朝鮮人は物乞いw



韓国が行く先々で日本を貶める発言をしているのは
中国に対する忠誠心を表明しているんじゃないだろうか・・・?




。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ここに載るってことは、
もう向こうにも伝わっているでしょう。

なにしろ、いっつも、こっちをじっと見つめて見張ってるんですから。

だから、この表現でじゅうぶんでしょう。
あんまり面と向かって「公式に」言わない方がいいと思います。

逃げ道は残しておくべき。
だって、相手は話の通じない狂犬といっしょ・・・なんですから。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示