ひだまり    今は古事記に夢中! NHKが握っている、有事のときだけ流れる「国民保護サイレン」とは・・・

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

NHKが握っている、有事のときだけ流れる「国民保護サイレン」とは・・・


緊急地震速報があの音になった理由  やりすぎ都市伝説


緊急地震速報があの音になった理由【やりすぎ都市... 投稿者 varietiesch
 ※ ↑ ここをクリックしてください


※「ゴジラ」の作曲家・伊福部昭(いふくべあきら)とは? ←クリック!






※2017.4追記
今、これは「Jアラート」と呼ばれて、すっかり有名になっていますね。
この記事を出した当時(2014年)とは違って、
いとも簡単にテレビからこの音が聴けるようになってしまいました・・・
それはなぜか?
残念なことに、あの頃とはもう違って、
まさに「今そこにある危機」が現実となってしまったからです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「国民保護サイレン」・・・といっても、
これが日本国民を保護してくれるわけではありません。

現実的に、これが鳴った時は、もう国民を 「守れない」 ときです。

だから、

この音 を聴かなくて済むように、
日本はすみやかに 憲法を「改正」すべき だと思います。

日本は 一番危険な 中国 へメッセージを送らなければならないのです。
「日本に戦争を仕掛けてきても勝てませんよ」
と。
「日本には勝てない」
「日本には手を出すな」

というシグナルを出し続けなければならないのです。

それがもっとも正しい対中政策であり、
唯一の対中政策です。


だから 中国が NHKが、
日本の「憲法改正」を全力で嫌がっているのですから。

「やり返せない日本」を望んでいるのは、日本の敵だけです。


左翼(中国側)の詭弁に騙されないでください。


憲法9条の改正は、
「日本が戦争する」ために改正しようとしているのではなく、
「日本が戦争をしかけられない」ために改正するのです。


この「特別警報音」をNHKに流させないために。


日本を守るために。


子供の未来を守るためです。






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


★「永遠の0」作者 百田尚樹が国防軍・憲法改正の反対者に物申す!!

★「中国が日本を ”奪還” しに来ても、日本は一切抵抗してはいけない」 
 これが「日教組」が子供に教えようとしていること 


★これでも、憲法を変えなくていいのだろうか? 
 青山繁晴が暴露する「中韓が崩壊に怯える程強い国日本」




★日本共産党さん、聞いた?    
 中国外務省「核戦力保有を脅威と感じるかどうかは各国が決める事であって、中国ではない」


★たかじんのそこまで言って委員会2013.10.6 共産党大会SP!
 憐れ、共産党! 無策・無責任・ファンタジー体質が丸裸!! 


★「 憲法学者というのは、そもそもが 左翼 ばっかり!」 

関連記事
スポンサーサイト
コメント
危機感がなさすぎる
こんばんは。
ブログ更新、ありがとうございます。

今の総理なら、たとえ時間がかかっても着手に向けて頑張ってくれる。
そう信じて応援している国民も多いと思いますが、こんなニュースが入りましたね

「戦争の放棄を定めた憲法9条をノーベル平和賞に推した「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会(事務局・神奈川県相模原市)に、ノルウェー・オスロのノーベル委員会から推薦を受理したとの連絡があり、正式に候補になったことがわかった。」

妨害工作か?
とても嫌な感じを受けました。

関西の番組で青山氏が「移民」について話してる中で
内閣府の中にも既にあの国の力が入っていると断言されてて、頭を殴られた気がしました。

http://www.youtube.com/watch?v=rhvbD4Ro2B4#t=134


政治も教育の現場も、マスコミもどこもかしこも、どれだけ侵食されてるか想像もしない国民に、どうやったら危機感を持ってもらえるんでしょうね。

悔しくて、情けなくて涙が出そうです。
2014/04/11(金) 23:30 | URL | 大阪市民 #6facQlv.[ 編集]
Re: 危機感がなさすぎる
大阪市民さん、コメントありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません。m(__)m

この件
「戦争の放棄を定めた憲法9条をノーベル平和賞に推した「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会(事務局・神奈川県相模原市)に、ノルウェー・オスロのノーベル委員会から推薦を受理したとの連絡があり、正式に候補になったことがわかった。」
の真偽を確かめてお返事ができてから承認しようとして遅くなってしまいました。

でもやっとわかりましたよ。
やっぱり左翼の嘘でしたね。
途中までは頑張って画策したんでしょう、
確かにどこぞの「主婦」を担ぎ出して「推薦」したらしいです。
でも、正しいのはそこまでで、
その推薦が受理されただけで、「候補になった」わけではありませんでした。
もし、たかがこんな工作ひとつでこんなことが現実になったら・・・
と頭がくらくらしてきましたが、間違いであってホッとしました。

ここで初めて知った方のためにもう一度言います。
「憲法9条がノーベル平和賞の候補になった」というのは間違い、嘘 です。
ただ単に、「推薦を受理された」だけ。
「受け取りました」という通知が来ただけ、です。

昨日(17日)の竹田さんのニコ生聞いてもそう言ってましたね。
「もっと大きな声で言って~~」っと思いました。
ホント、間違いまでは堂々と大々的に報道するくせに、
間違いだったという訂正はまったくしない!
または、できるだけ気付かれないようにちっちゃくしか掲載しないマスコミ!

と、怒りを新たにしているうさんぽでした。


大阪市民さん、そう嘆きなさいますな。
きっと、きっと、少しずつ、気付いた人は増えているはずです。
こんなちっぽけな一主婦のブログですが、
おかげさまで、フィギュアの記事を書くとアクセスが バ~~ン と上がります。
ちょっと怖いくらいにね。
で、以前の経験上、そのあとはしばらく大人しくしているんですが、
どうも、そのときたまたま来た人が、
その後もず~~っといろいろ記事を遡って読んでくれているようです。
一日に何十アクセスもする人がず~っと毎日続いています。
(それもちょっとコワイ…)
怖くて一時、政治関連記事を引込めたのですが、徐々に戻しました。
もう、何言われてもいいもん。
所詮、ここは一主婦の個人ブログだも~~ん と開き直りです。



2014/04/18(金) 19:57 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示