ひだまり    今は古事記に夢中! < 五嶋みどり、第56回グラミー賞獲得!>

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

< 五嶋みどり、第56回グラミー賞獲得!>


<第56回グラミー賞>
日本人・五嶋みどり、グラミー獲得!


モデルプレス 1月27日(月)7時58分配信

<第56回グラミー賞>日本人・五嶋みどり、グラミー獲得!

五嶋みどり/Photo: Timothy Greenfield-Sanders,Copyright モデルプレス


全米最大の音楽祭・第56回グラミー賞が26日(米現地時



全米最大の音楽祭・第56回グラミー賞が26日(米現地時間)に開催され、
日本人のバイオリニスト五嶋みどりが参加したアルバムで最優秀クラシック・コンペンディアム賞を
獲得した。

五嶋は、五嶋みどり&エッシェンバッハ名義のアルバム作品「ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲、
ウェーバーの主題による交響的変容、弦楽と金管のための協奏音楽」(演奏:エッシェンバッハ(指揮)、
五嶋みどり(ヴァイオリン)、北ドイツ放送交響楽団)にて同賞を受賞した。

また、ジャマイカ在住の阿曽沼和彦さんがプロデューサーなどとして参加したアルバム
「レゲエ・コネクション」が、最優秀レゲエアルバム賞の候補となっていたが惜しくも逃した。
また、シンセサイザー奏者で通算15度目のノミネートだった喜多郎も「最優秀ニューエイジアルバム賞」
の受賞を逃した。(モデルプレス)


■五嶋みどりプロフィール

1971年10月25日大阪府出身。アメリカを拠点に活躍する日本のヴァイオリニスト。
1982年にジュリアード音楽院において高名なディレイ教 授の元でヴァイオリンを学ぶ。
1987年15歳で自らの意志によりジュリアード音楽院プレカレッジを中退。
1988年に芸術選奨新人賞を史上最年 少で受賞。
非営利団体の「みどり教育財団」をアメリカで設立しその後数々の基金プログラムを立ち上げる。

指揮者ではバーンスタイン、アバド、メータ、小澤、ラトル、ヤンソンス、器楽奏者ではスターン、
ズッカーマン、ヨーヨー・マ、オーケストラではベルリン・フィル、ウィーン・フィル、パリ管、
コンセルトヘボウ管をはじめ多くの著名な音楽家との共演を重ね、室内楽にも力を注ぎ、幅広い演奏活動
を続けている。

得意のレパートリーはモーツァルトやシベリウスの協奏曲、パガニーニの[24のカプリース」全曲及び
その他の協奏曲、ベートーヴェンやフランクの ヴァイオリンソナタ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140127-00000002-modelpn-ent

...............................


ひさしぶりに音楽、それもバイオリンネタです。
なぜかというと、
今はぜんぜん弾いてくれませんが、
息子が幼少の頃よく聞いていた大好きなバイオリニストがこの五嶋みどりの弟、五嶋龍でした。
もともとわたしは五嶋みどりのバイオリンもよく聞いていたので、
あわせて二人の演奏はよく聞いていました。
いろいろと対照的な姉弟で、それもまた興味深いところ。

今は出勤前ですので取り急ぎ、
時間ができたらきっとここに追加して詳しい感想など書きます。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示