ひだまり    今は古事記に夢中! 「調味料 (アミノ酸等)」の裏に化学調味料(合成化合物)あり! 大量摂取した世代が今「草食系」と呼ばれているのはなぜ?

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「調味料 (アミノ酸等)」の裏に化学調味料(合成化合物)あり! 大量摂取した世代が今「草食系」と呼ばれているのはなぜ?



安部 司著「食品の裏側」からの抜粋

「調味料(アミノ酸等)」の「裏側」に化学調味料あり

「調味料(アミノ酸等)」も「等」を隠れ蓑として、実際にはどれだけの種類が入っているかわかりません。
「グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)」「DL-アラニン」「グリシン」などのアミノ酸系はもちろん、
アミノ酸系以外の「核酸」なども「等」に入るのでOK。

何種類入れてもいいので、加工する側としては非常に便利です
 
そもそも「グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)」と書いてしまうと、「なんだ、化学調味入りか」と
嫌がられる。 メーカーとしては、それはなんとか避けたいのです。
しかし、「調味料(アミノ酸等)」とすれば、
その表示から「グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)」を連想する人は少ない。
それどころか、
最近は「アミノ酸ブーム」でアミノ酸は健康によいという「アミノ酸信仰」さえあるようです。
たしかに「グルタミン酸」は天然に存在するアミノ酸です。
添加物リストにもありますが、味はほのかなうまみと酸味です。
しかし、
アルカリで中和して「グルタミン酸ナトリウム」にすると、あの独特の強いうまみが出ます。
だから、表示も厳密にいえば、「調味料(アミノ酸化合物等)」とすべきです。

「アミノ酸信仰」についても一言だけ。
ふりかけに「「アミノ酸等」の表示を見つけ、
「ラッキー、アミノ酸が入っているわ」 と喜ぶ若い女性を見かけたことがありますが、
めまいがする思いでした。
通常の食事をすれば、アミノ酸飲料程度のアミノ酸は十分とれます。
アミノ酸飲料など飲まなくても、
おにぎり1ヶ、味噌汁1杯で、よほどの良質アミノ酸がとれるのです。


化学調味料――使用量はうなぎのぼり!?
 
何度が触れてきましたが、「化学調味料」によいイメージを持っている人は少ないでしょう。
30年ほど前は、「料理に使うとおいしくなる」として一大ブームとなり、どの家庭でも、味噌汁に、煮物に、
おひたしに、となんでもかんでもパッパツとしきりに振りかけて使ったものです。
しかし後に、
「化学調味料を食べると、頭が悪くなる」 「ナトリウムの過剰摂取になって体に悪い」
そんな評判が立ちはじめ、家庭での消費量は減少。
さらに、大量に摂取すると舌がしびれるなどといった「中華料理症候群」の報道も出て、
「化学調味料」のイメージはますます悪化。
して食卓から、あのビンは消えていきました。

ところが、
いまも日本における「化学調味料」の使用量は減っていません。
その理由は加工食品です。
家庭での使用量はたしかに減ったかもしれませんが、
加工食品には今でも大量に使われつづけており、その結果、消費量が伸びているのです。
それも「化学調味料」「グルタミン酸ナトリウム」という物質名ではなく
「調味料(アミノ酸等)」と表示されているので、気がつかない人が多い
(普通の人はまずわからないでしょう)。

しかもこう書けば、前にも述べてように
「アミノ酸が入っている、なんだか体によさそうだ」と勘違いしてくれる人だっています。
 
いまや「化学調味料」を使わない加工食品のほうが珍しい。
日本人の舌は完全に「化学調味料」に侵されている。
そう言ってしまっていいくらいです。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



袋の裏の食品表示によく書いてある、「アミノ酸等」


これが化学調味料だったとは知りませんでした。(←恥)


反省しながら、化学調味料の食品表示をまとめてみました。

参考にしてみてくださいね。


※簡単に『うまみ』を出せる化学調味料ですが、素材そのものの味を引き立たせるわけではないので、
そこを先に知っておきましょう。


調味料として使われている食品添加物は、
次のようなものがありあます。

アミノ酸系では、
グルタミン酸ナトリウム(コンブのうま味)等です。
味の素がこれですね。


核酸系では、
イノシン酸ナトリウム(かつお節のうま味)、
グアニル酸ナトリウム(しいたけのうま味)等です。


有機酸系では、
コハク酸ナトリウム(貝のうま味)等です。


無機塩では、
塩化カリウム等です。



化学調味料の表示は「調味料(アミノ酸)」というふうに
「調味料」の後に( )をつけてその種類を続けます。


複数種類使用する場合は、「調味料(アミノ酸、核酸)」 と書いてもいいですが、

一般的には省略され 「調味料(アミノ酸等)」と「等」を付けます。


漬物の化学調味料表示「調味料(アミノ酸等)」


通常はグルタミン酸ナトリウムが主に使われるので、
その表示は「調味料(アミノ酸)」または、「調味料(アミノ酸等)」という表示になります。


「調味料(アミノ酸)」と書かれている場合は、
グルタミン酸ナトリウムだけが使われている、という意味で、


「調味料(アミノ酸等)」となっている場合は、
グルタミン酸ナトリウム以外にも、他の種類の調味料が使用されている、という意味です。


ちなみに、
グルタミン酸ナトリウムと他の種類の調味料を合わせると、
相乗効果でうま味が倍増します。

生協など、化学調味料に敏感なところでは、省略しないで

「調味料(アミノ酸、核酸、有機酸)」とすべて表示したり、
「調味料(グルタミン酸ナトリウム、イノシン酸ナトリウム、コハク酸ナトリウム)」

と物質名までしっかり表示しているところもあります。



化学調味料が体によくない理由その1

ではこのグルタミン酸、なぜ体に悪いと言われるのでしょうか。

まず一点目。
グルタミン酸が多いと味が強すぎてしまうのです。

よく噛んで食べることは体にいいと言われていますが、
グルタミン酸によって味が強すぎてしまうと、
よく噛むことが苦痛になってしまうことが多いです。

そして、十分に噛まないまま食事をすることにつながってしまいます。

十分に噛まないまま食事をすると、
胃や腸に負担がかかってしまいますね。


化学調味料が体によくない理由その2

2点めは
グルタミン酸そのものが刺激物だということです。


グルタミン酸が含まれた食品をすぐに飲み込まずに口に含んでいると
口の中が痛くなってきます。

この痛みは熱さと勘違いする人が大半です。
ですので、グルタミン酸は熱いほうがおいしいと言われることの多いスープや汁物類に

よく添加されます。

そして、
そんな刺激物を飲み込むと胃の中が荒れてきます。
当然ですよね。

このような結果で胃が痛くなったり、胃もたれがよくおこるようになったりすると
徐々に体調も悪くなってきてしまいます。


日本では胃薬がとてもよく売れています。
このようにして胃の調子を悪くする人が多いからではないかとも言われています。


このグルタミン酸ですが、
アミノ酸なので体に良いと考えている方も多いかもしれません。
ですが
人間の体に必要な必須アミノ酸には含まれていないものです。
全く取らなくても全然問題はありません。


ちょっと気をつければ化学調味料を避けることはできます。
できるところからやっていくといいですよ。

私自身も自分の健康のため、
家族の健康のため
これからも気をつけていきたいと思っています。




..................................................................................



化学調味料で『味』が分からなくなる前に   より~抜粋転載


先日、台湾人が経営する台湾料理屋へ行ってきました。


お客様から見える店内の片隅に、こんな物が・・・


戦う弁当屋のブログ!!

(Lーグルタミン酸ソーダの段ボール箱の山 一体どれだけ使ってるんだか・・・汗

うーん、何も後ろめたくないというか、

国民性の違いというか。

日本人の感覚なら、客席には置かないっすね。

それほど、ポピュラーなモノなんでしょう。

しかし、中国や台湾から輸入までした方が、安いんでしょうかね~。


ボクには弟がいまして、今は、横浜の中華街で上海料理のコックをしています。

香港人と働く事が多いので、広東語もマスター。

向こうの食事情にも詳しいですね。


やはり、中国料理における化学調味料の使い方は、凄まじいそうです。


(中略) ※元記事を読んでみてください。 ←「字数制限」で入らなくなっちゃったウサギあせる


またもやボクの個人的意見ですが、


化学調味料は、料理に必要ないです。


無しでも、美味しい料理を作れますよ。

また、無くても美味しいと感じる人を多く産み出しましょう!



現在では、『化学調味料』改め、『うま味調味料』という言い方に変えているようです。


言葉の使い方で、意図的なイメージアップを図っていますが、

それは売る側の会社側の都合

消費者にはどうでもいい話ですよね。


また、1991年7月の改正から、食品のパッケージ裏側の原材料名において

調味量(アミノ酸)または調味料(アミノ酸等)

という書き方で、消費者には化学調味料と分かり辛くなっていますね。


意図的に「化学調味料」と書きたくない、

または書けない、知らせたくない理由がありそうです。


グルタミン酸ナトリウムをはじめとする、

「うま味」を化学的または発酵で抽出、あらゆる食品に意図的に添加出来るものです。


未だに論争がありまして、体に良いのか悪いのかは、ウチのお客様からでもよく聞かれます。


もちろん、国が安全と言っており、認可が出ているのですから、

全くの劇薬や毒物ではありません。


「うま味調味料を一日10g×365日摂取すると、10年後に胃がんになる確率が80%です」

みたいな例はありませんね。

そこまで歴史が深くないからです。


が・・・・

舌の感覚が麻痺し、

味覚が狂う、または全く味がしなくなるというのは、現実に数多くあるんですよ。

味覚障害のきっかけになりやすい物質です。


味覚が麻痺する、といいますと味を感じないということですね。

分かりやすく言うと、味がしなくなった噛みすぎたガムを食べている感じです。


味覚障害になった方の話を聞いたことがあります。


何を食べても味がしないので、食事が楽しくない。

生きてても、楽しくないと言っていました。


食べること=生きることですからね。



http://ameblo.jp/chikara624/entry-10917252086.html



。。。。。。。。。。。。。。。。。抜粋 転載おわり



ウサギ


化学調味料について、気になった記事をいくつか並べてみました。
とくに、最近気になっていたのが、この「調味料(アミノ酸)」です。

前回の「うま味と日本人①」で少し触れましたが、
このからくり・・・ 
これってまさに、 あの放射能の影響の説明と同じではないか! 
と感じたわたしです。

だってそうでしょう?何のための「成分表示」?
あの日用品の「全成分表示」と同じです。
同じ逃げ方・・・ いえ、それ以上に卑怯で姑息なやり方です。

これって、ただの責任逃れ、いえ、詐欺行為ではないでしょうか?
詐欺じゃないとしたら、犯罪?じゃないですか?

だって、情報が無い人はこれを見て、「安心」して買って、使って、
知らないうちに、どんどん体に化学物質(=毒)を溜め込んでいくんですよ?


これまでも何度も言ってきましたが、
上にあるような、

>もちろん、国が安全と言っており、認可が出ているのですから、
 全くの劇薬や毒物ではありません。


・・・なんていう考えは 甘い と思います。

それが毒なのかどうか? 
それは今の社会では、その判断(判定)は、
公的権力ですら抗えない大きな力によって正しい情報が遮断、または捏造されています。

ワクチン問題と根は同じです。
放射能問題と根はいっしょです。
何か大きな力によって、
国民に「情報」を与えないようになっている。
国民は守られないようになっているのです。


それが現実です。

上の元記事を書いた方も、

「うま味調味料を一日10g×365日摂取すると 10年後に胃癌になる確率は80%」 ・・・みたいな統計はありませんね。
そこまで歴史が深くないからです。


・・・と言っているように、
現代人は、つまりわたしたち(子供たち)は、「実験台」(モルモット)なのです。

「遺伝子組み換え食品」と同じことです。

「子宮頸がんワクチン」と同じことです。

まだ、人類で、ほんとうの結果は出ていないのです。

いえ、おそらく、
ほんとうはもう結果は出ている(または結果を知っている)のだと思います。
が、それが公表されていないだけ・・・
万人がそれを知らされていないだけ・・・ だと思います。

それを警告している人たちはいます。
昔から。
しかし、その「声」は、「公共の電波」には乗らない。
乗らないようになっているのです。

こうしたネットや、よほど関心を持った一部の人たちにしか、その「声」が届かないのです。


なぜ? 何のために?
もちろん、国民を守らないため です。 

「径皮毒」関連記事で何度も言ってますが、
国が安全だと保証している・・・という認識そのものにも「からくり」があります。

何度も言ってますが、その「認識」「安心」はたんなる誤解です。
国が「安全」だといって「許可」を与えているのは、
要するに、原発事故直後の
「直ちに健康に影響はない」という「保証」と同じようなものです。

たしかに、「直ちに」影響は出ないかもしれない。
当然です。  (直ちに出てたら死に直結でしょう) 
でも、一生、何年後にも影響がでないとは限りません。
今は大丈夫でも、一年後に何か起こるかもしれない。
自分はたまたま大丈夫でも、産んだ子供がリスクを背負ってくるかもしれない・・・

そういう「現実」はたくさんあるのです。

添加物、化学物質に対して国が「保証」しているのは
「直ちに影響が出ない」ということだけです。
そのために「動物実験」をしているのです。

間違えないでください。
「動物実験」しているのは、国民の安全や健康のためではありません。
あれは、「この毒をどこまで薄めれば直ちに影響が出ないで済むか・・・」
言い換えれば、「この毒をどこまで薄めればすぐに毒だと気づかれないか・・・」
という「実験」をして、「許可」を与えているだけなのです。

ある程度「毒」だと、「体に悪い」と分かっているのです。
うすうす分かっているものもあれば、はっきり分かっているものもある。
でも、企業利益を優先して、
「こうすれば、何かあってもすぐにこれが原因だと分からない」という程度を調べるために、
たくさんの動物を犠牲にして実験しているだけなんです。

国が許可するのは、それが「安全」だからではありません。
「直ちに発症しない」という程度の保証です。

そして、それはすなわち、
「直ちに発症しない」=「すぐに原因を突き止められない」ということなのです。


放射能の問題と同じく、
国が認めているからとか、国の基準値内だからとか、国が安全だといっているから・・・
とかいうのをまともに信じていたら自分は守れないと思います。

あとから
「あれは問題があった」 「そこまでの影響は想定外だった」 などと言われても、
影響が出てから、「結果」が出てからでは もう遅いのです。                     
失ったものはもう戻らないかもしれない。
二度と、取り返しのつかない深刻な被害が出るかもしれないのです。


だから、騙されないでください。
こういうからくりに。                      


「化学調味料と書くと体に悪いと思われて買ってもらえなくなるから・・・」
・・・って?  はい?  

「体に悪いと思われる」んじゃなくて、実際体に悪いんでしょう?
「身体に悪いものを身体に悪いと思われたくない」・・・ってどういうこと?
それって、
「粗悪品を粗悪品だとバレないように騙して売っている」詐欺や押し売りと同じでは? 


>舌の感覚が麻痺し、味覚が狂う、または全く味がしなくなる
>というのは 現実に数多くあるんですよ。


とあるように、立派に「味覚障害」のきっかけになりやすい物質です。


グルタミン酸ナトリウムは、例のインフルエンザワクチンの危険性 のときにも、
いっしょにやり玉に上がるような「怪しい」(真っ黒な)シロモノです。
つまり、これも、
何かの大きな力によって、国民に知られないように敢えてそれらを摂らせようとしている・・・
としかわたしには思えません。

何のために?

たしかに、国が「認可」しているのは、その一つの製品に対する「微々たる量」です。
たしかに、一個一個の添加物の量は微量かもしれない。
「もんっのすごくちょっとだから、ぜんぜん大丈夫!!」
って思える量です。
けれど、
わたしたちは、毎日毎日、あらゆるものから、知らないうちにそれらを摂り続けているんです。
生まれたときから、ずっとです。                       
コンビニ弁当が大好きな人なんかは、無頓着に、そりゃあもう湯水のように・・・
一個一個は微々たるものでも、あらゆるものから毎日毎日摂り続けているんですから。

この恐ろしさが分かりますか?

とくに、今の若い人は、
マスコミ宣伝に踊らされた若い親に育てられている幼い子供たちは・・・
生まれた瞬間から、毎日、毎日・・・
いえ、お腹にいるときから毎日、毎日 摂取し続けているのです。

合成化学物質って、脂肪に蓄積されやすいんです。
脂肪の多いところ、それは、脳や子宮や前立腺・・・

そりゃあ、切れやすくもなるし、いろんな神経症も出やすくなるでしょうし、l
ホルモン異常で不安定にもなるし、自律神経がおかしくなったり、(不定愁訴)
不妊になったり、異常出産(奇形・流産)が増えたり・・・
そう、最終結果は、出生率の低下、または、発癌率(死亡率)の向上につながっていくんではないですか?


日本は「化学物質天国」・・・だと前にもお伝えしました。

そうです。
日本の出生率の低下は、
なにも若者が結婚しないとか、子供を産みたがらないとか だけ じゃないと思います。

欲しくてもできない。
産まれても健常に育たない(異常がある)。

欲しがらない(したがらない)・・・そういう要因の方が、じつは深刻ではないかと思います。



わたしは思うんです。

政府、マスコミがよく言う少子化対策は、
「働きたい女性が安心して子供を預けられる社会環境作り」ばかりが謳われてきましたが、
ほんとうに、そんなことでいいのでしょうか?

あなたの周りに、ほんとうに、真剣に、
「子育てしにくい環境だから(社会不安)」という理由で子供を作らない夫婦がいましたか?
「本当はもっと子供が欲しいけど、子供を預けられるところが無さそうだから・・・」
という理由で、「子作り・出産を断念した」と言う夫婦を知っていますか?

わたしは一人も聞いたことがありませんが?

一人っ子にしたくて(自分の意思で)一人しか産まなかった・・・という人もわたしは知りません。
「もっと欲しかったけど、一人しかできなかった」という人は何人も知っていますが・・・

どうですか?

わたしは何か違うような気がする。
「安心して子供を預けられない」とか「子供を育てにくい社会」だとかってマスコミが喧伝して
若者がそう思い込まされてるだけじゃないかな?
それこそが少子化の原因じゃないかな?

結婚したがらない。
産むたがらない。
子育てしたがらない・・・ 
マスコミはわざと、そういう「空気」を作っているのではありませんか?

口では「問題だ」「対策は」などと言いながら、
実際には、若者から「その気」を削いでいるのはマスコミではないでしょうか?

「現実」がそうなのではなく、そういう「空気」こそが原因(元凶)なのでは?


日本の少子化、出生率の低下は、
「社会不安」からくる「本人の意志」だけだと本当にそう思いますか?

本当にそれだけ(託児問題)が原因なら、確かにあの少子化対策は有効かもしれませんが、
そうでないなら、
そうでないなら、
「少子化対策」にかけたあの莫大な税金や宣伝(喧伝)時間は何だったのでしょう?



話を化学調味料に戻しましょう。

若者から「その気」を削ぐのは、「空気」だけではありません。

むしろこっちの方が、深刻な問題だとわたしは思っています。

あまり核心にふれると危険ですが、
誰か言ってましたね。
日本がアメリカからの添加物の輸入を大幅に緩和してから、
それから生まれて育ったちょうど適齢期の若者が「草食系」と呼ばれるようになった
・・・と。 

意味、わかります?

もちろん、データ(証拠)なんてありません。
が、これはりっぱな「想定内」だったのでは? と思います。

これは、ある意味国策(陰謀)だったんでは? 

なぜ日本は、急に規制緩和をして(させられて)、アメリカから大量輸入したのか? 
(政治取引?)
なぜ人体に害があるとわかっているものを、情報を隠してまで国民に摂取させるのか? 
(WHOの人口淘汰?)

現実に国は、
それがよく売れる(使われる)ように、国民が騙されて、安心してそれを摂取するように、
表記を「化学調味料(=合成化学物質)」と書かずに
うま味調味料」だとか「アミノ酸(等)」と誤魔化したんです。

わたしは自分で証拠を示せないから、ここでこっそり呟いてるだけですが、
世界には、実際、科学者や化学者たちが、証拠を上げて危険を暴露し、
大企業や公的機関と戦い、強大な権力を敵に回して、命を狙われている人たちがいるのです。


製薬会社と日用品会社と食品会社の裏側には、
けっして見てはいけない深い闇があるのです・・・    


強大な権力と戦うことはできませんが、
自分の「選択」で、それらを拒否することは可能です。

今なら、「選択」の余地があります。

「医薬品」みたいに、「全成分表示」が義務づけられなくなってしまったら、
それこそ、もう、見分けようがありません。

それで言うなら、まだ今の方が、
最低、最後の「良心」が残っているといえるでしょう。

「選択の余地」が与えられているのですから。


それでも、
どんなに努力しても、今の世の中、100%避けることは不可能なんです。

それでも、
努力して避けた方が、無頓着に摂取しつづけるよりずっと賢いと思うし、
後々の「後悔」が少ないのでは・・・と、わたしは思うのですが。



それでもあなたは、
添加物を、「調味料(アミノ酸)」等を、
国が非を認めるまで
「安全」を信じて、無頓着にそれを使い(与え)続けますか?






。。。。。。。。。。。。


アスパルテーム=細胞へのテロ攻撃
「カロリー0」「カロリーオフ」のからくりは、この人工甘味料
「アスパルテーム」「アセスルファムカリウム」「スクラロース」 です!

「カロリー ゼロ」 や 「カロリーオフ」 にはご用心!!
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1175.html

アスパルテーム=細胞へのテロ攻撃
http://satehate.exblog.jp/7022796/

ナチ第四帝国アメリカの陰:化学兵器だった甘味料【ニュートラポイズン】全文
http://www.asyura2.com/2003/dispute8/msg/994.html


※最近は、カロリーオフとか書いてなくても、勝手に上記の人工甘味料がふんだんに使われています。
ちょっと気にして裏の成分表を見てみて。
「スクラロース」「アスファルK」とか書いてあったら 要注意!!




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示