ひだまり    今は古事記に夢中! たかじんのそこまで言って委員会 2014.4.13 仁義なき抗争 徹底分析スペシャル

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

たかじんのそこまで言って委員会 2014.4.13 仁義なき抗争 徹底分析スペシャル

「たかじんのそこまで言って委員会」は、マスコミ最後の良心 と言っていいでしょう。
新聞、テレビでは普通言えないこと、聞こえてこないことも、
ここではバリバリ保守の日本人としてのど真ん中発言 がたっぷり聞けます。
聞けば聞くほど、東京方面だけ放送してない(放送できない)という意味が解かります。
もし、これが東京でも放送されていたら、先の都知事選の結果は大きく違っていたかもしれない…
だから、
これを東京では流せないのです

「戦後レジュームからの脱却」がもっとも必要なのは日本の中心東京なのに、
じつはその東京こそが、意図的に、
そうあってほしい(日本人に目覚めてほしくない)勢力の力によって
浦島太郎状態を維持されているのが現実です。

そんな東京方面の方、
また自分のように日曜にゆっくりテレビが見られない方のために、
これまでの放送で保存版として残しておきたい動画を順次上げていきたいと思います。

貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html
(※最近のものは欄外下の関連記事からどうぞ)


たかじんのそこまで言って委員会 2014.4.13
仁義なき抗争 徹底分析スペシャル!


http://video.fc2.com/content/20140413g0G2rMbM/

http://video.fc2.com/content/2014041302rrcamc/






沖縄問題は必聴です!!


動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます。m(__)m

これも消される可能性  ですので、
消される前に是非見てね!!




※ あわせてこちらもご覧ください。

★たかじん委員会2014.3.9 ~ もっとオレにしゃべらせろ!SP ~   
 百田尚樹 「東京大空襲こそが本当の大虐殺だ!!」


「たかじんのそこまで言って委員会」2013.10.20 普通じゃない! SP
★田嶋陽子氏にも津川雅彦氏にも存在価値はある!


★メダルは噛むな!
 国歌は歌え! 負けた時の言葉は大事! 竹田恒泰Twitter炎上の件を語る


★「たかじんのそこまで言って委員会」が関東地方で放送できないわけ・・・

★sengoku38 こと 海上保安官による尖閣ビデオ流出事件のスクープ報道が、
「読売テレビ」の独占単独インタビューだったわけ!


★「たかじんのそこまで言って委員会」関連記事一覧 ★

★「たかじん」 安倍晋三 & 櫻井よしこ “保守再生のカギ徹底検証“ SP!
 櫻井氏が保守国民が持つべき本当の心構えを説く!
 

★竹田恒泰 「面白いけど笑えない中国の話」

中国の「あった」という証拠は、そのまま「かれらが嘘をついていた」という証拠である

★今、中国がヤバイ! 必見!「中国迷-1グランプリ」

★中国 環境汚染 の落し物

★誰も幸福にしない中国の支配体制 ~ 櫻井よしこ

★中・韓人の歴史観

★「お嬢さん、韓国旅行には気を付けて」 それでもあなたは韓国へ行きますか?

★わが隣国はこんな国  韓国の「実質文盲率」が想定外・・・だったこと 

★わが隣国はこんな国 ~
 息を吐くように嘘をつく彼らは「日帝支配」されるまで「約束」という言葉すらなかった・・・


★うま味と韓国人 ~キムチの真実・・・

★宮脇淳子『じっくり学ぼう!日韓近現代史』② 韓国に車輪や樽を作る技術がなかったのは誰のせい? 


たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html



※2014.3. 
ただ今、政治関連記事を一時的に引込めていますため、
開けなくなっている関連記事がたくさん出ています。 ご了承ください。
m(__)m




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示