ひだまり    今は古事記に夢中! マスコミやネットの書き込みがどうやって「気に入らない意見」を封殺するのか?

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

マスコミやネットの書き込みがどうやって「気に入らない意見」を封殺するのか?


これがマスコミの言論統制の手法です。


どうやってマスコミや”ネットの書き込み”が
「反日にとって目障りな意見」を抹殺しようとするのか


その一例をお聞きください。 

【韓国の反日は異常】竹田恒泰と田嶋陽子が対決!
http://serial5.ru/watch/AoECUyVrgTM/.html
 ↑ 開いて見てね!

まあ、田島さんの意見がおかしいことは誰でも分かることと思いますが、
それは、今まで「たかじん動画」関連の記事でも散々言ってきたので割愛しますが、
ここでは、こういう動画についた「コメント」の方に着目しました。

このコメント欄にも若干、「日本語が不自由な人」が出没してますが、
こういう「書き込み」をする人ってかならずいますが、
もう、ときどき、「それ仕事なの?」って思うこともありますが(冗談抜きで)、
この田嶋さんをはじめ、そういう人に共通するのって、
・人の話を聞かない。
・自分が話しを聞いていないことに自覚がない。
・人が言ってる内容ではなく、その言葉尻だけ、その一言だけをもって
 本人の主旨とまったく反すること、本人が言ってないことを弾じる

っていう共通点があります。


それが例えばこの動画のコメント欄の
「竹田さんも、イギリスのインド植民地化と、
日本の朝鮮半島の統合を同列に並べるべきことじゃないと思うが。」

っていうやつです。

あの~、竹田さんは、イギリスのインド植民地化と日本の朝鮮併合を同列になんて
まったくしてないし、
そんなこと微塵も言ってない
むしろ逆!!
どこをどう受け取ったら、そんな風に「聞き取れる」のか?
だから、
こうやって言ってないことを、さも言ってたかのように、
勝手に(意図的に)勘違いして(勘違いさせて)ありもしないこと、間違ったことを
堂々と広めようとする輩がいるのです。

つまり、
こういう意見に引っかかってしまうってことは、
それを信じたってことは、
その人も、相当日本語が不自由か、頭が不自由・・・だっていうことになります。

そういう人しか引っ掛からないでしょ? ふつう・・・


でも、残念なことに、今では簡単に引っ掛かってしまう人が多いんです。
それは、生まれたときからこういうネット情報生活に慣れ親しんできた人たちに多い・・・
というのは、
携帯やスマホで
すぐに結論を知りたがる・・・全貌をきちんと知ろうとしない。
すぐに結果を欲しがる・・・面倒や努力が苦手。
すぐに大勢側に付こうとする・・・自分独自の考えを持ってない。判断能力がない。

そういう人間を作り上げてきたんですよ。
白い犬たちが・・・

考えない人間、検証しない人間、楽しかしない人間、気の短い人間、
短絡的で、享楽的で、情緒欠陥で、利己主義で、損得勘定だけが得意・・・
あああ、まるでお隣の人たちみたい・・・
だから、白い犬が大きく加担してたんですね。

そういう赤子の手を捻るように簡単に乗せられる「軽いノウミソ」の人たち・・・
だと思われたくなければ、そういう仲間になりたくなければ、
こういうことは知っておけ。
(あ… だんだん自分の息子に向かって言ってます、これ・・・)


この↑のコメントの人がそうとは言いませんが、
現実、「そういうお仕事」をしてる人たちがいる ってことを知っておいてください。

テレビで起用される芸能人たちは解かりやすいですが、
こういう「コメント欄」でサラッと嘘を書く、
さも、本当のように、自分で見てきたか調べてきたかのように 嘘 を書く。
田嶋さんがカメラの前で、息を吐くように嘘がつけるくらいですから、
顔も名前も判らないネットの書き込みには、こういう「工作員」がたくさんいます。

マスコミ情報ももちろんですが、こういうネット情報は、
嘘だらけのテレビや新聞よりは確かに正しいことを知るいい場所でもありますが、
本当に正しい知識を得て、正しい判断材料にするためには、
こういう「おかしな発言」、「おかしな書き込み」を見極めることが必要です。

 ↓ これもそう!! 

※かなり気分が悪くなるおそれがあります。食後は特に消化に悪いと思います。

竹田恒泰のオリンピック議論に4人が噛み付く・・・
この女性3人が離婚した理由が分かる気がするガチバトル(ノンストップ!)
http://serial5.ru/watch/plQ_bDSu4sU/4.html
※ ↑ 開いて見てね。

明らかに「言ってない」ことを勝手に解釈捏造して、しかも、
目の前で本人が「言ってない」と言っているのにまだ、それについてしつこく叩く
つまり、叩いてる人たちは、相手の意見なんか関係ないんです。
「討論」することでも、「意見交換」することでもない。
自分が言いたいこと、「自分が言わなきゃいけないこと」をただ まくしたてる だけ。
それが「仕事」なんでしょう。
そのミッションを「言い切る」ことだけ、
それを繰り返し「視聴者に聞かせる」ことだけが
達成されればいいのです。

これが反日マスコミ特有の「言論封じ」の手法です。

だから竹田さんは何度も言わねばならない。
「そんなことは一言も言ってない」
「話をすり替えないでください」
「だからそう言ってる」
「だからそうは言ってない」
「何度も同じこと言いいますが(何回同じこと言わせるんだ!)」
「(勝手に話を作るな!)」
「(人の話を聞け!!)」


わたしからも一言言わせて。

「そんなことに真央ちゃんを引き合いに出すな!!
真央ちゃんは負けて「悔しかった」って泣いてただろう!! ウサギむかっ
いつ真央ちゃんが、負けても「楽しかった~」ってヘラヘラ笑った??
竹田さんは、
「負けたくせにへらへらしてる」ことを「遺憾だ」と言っただけ。
あんたらの話は、どこをどうとっても、一行も論旨と合ってない!!!

もう一度言う。
真央ちゃんを使って共感を得ようだなどという
汚い手を使うな!!
  」


ついでに言うと、
竹田さんが言ってるのは、
本人が勝ちにいって負けたことを悔しがっているのを見て、
国民が「それでもよくやった!」と称えるのが国を挙げて戦う意味だということでしょ。

竹田氏が危惧しているのは、
そうではなくて、最初っから「負けたっていいでしょ」っていう
「本人が楽しめばいいでしょ」っていうムードをマスコミが作っていることに違和感がある、
と言っているんですよ。

なんでそこに反感買うかな?
だって、日本人が「そういうムード」になって喜ぶのは誰?
ほら、真央ちゃん出してきたから言うけど、
日本人が、日本人選手たちが本当にそう思って戦ってくれたら、
「日本人負けてもいいじゃ~ん」ってなって喜ぶのは? 
韓国でしょ!!!

そういうことですよ。
マスコミは常に韓国(日本の敵国)に利することしかしない。

つまり、こういう発言(攻撃)の裏には、そういう「利害関係」があるんです。
それが、発言者(攻撃者)の本性です。


で、竹田氏攻撃の話に戻ると、

竹田氏を気に入らない人が、最初に叩く。
こう言ってた。ああ言ってたと「つぶやく」。
それを鵜呑みにした同じ目的の(利害関係の)竹田氏を叩きたい奴らがそれを広める。
そうした「炎上」を作り出してから、
元の、氏の発言そのものを一度も聞いたことのない人が、その「状況」だけから
元々氏が言ってない内容、主旨とは違うことについて叩く。
それが、この  「現象」です。
解かり易いでしょ?

もう一回言う。

竹田氏のような、
日本人として、または人間として当然の、
正しいことを言う人を叩く人たちってのは、

・人の話を聞いてない。
・噂の元を確かめようとしない。
・目の前で「違う」と言っていることも「聞いてない」
・自分の発言の論理破綻に気が付かない。
・論理破綻しているとしてもそれを恥じとも思わない。
・自分が主張したいこと(用意されていたこと)以外は一切認めない。
・彼らにとっては、事実も、現実も、証拠も、理性も情緒も関係ない。


あるのは、
自分に利すること(どっちの側に付いた方が得か)だけ。
正しいかどうかではなく、一度付く側を決めたら、
それに相反する標的を叩くその行為そのものしか意義を見いだせない。

それが、 ↑ こういう論争(茶番)を量産しているのです。

ああ、時間の無駄。 電波の無駄。 

ほんと耳汚し!  

これ以上日本を汚すな!




こちらも合わせてご覧ください。m(__)m
★追記 : たかじん委員会 2014.4.20  
 「安倍総理 移民政策を完全否定!」 ・・・を拡散する読売テレビの手腕がすごいかも!

たかじん番組が永遠に続いてほしい理由


これも

※米と韓は なにかと日本叩きで共謀してます。
 結果は失敗したとしても、
 米国内部にもかなり韓国の反日工作員が潜入して活発に反日活動しています。
 米は、解かっているのに韓に反日工作の「場」を与えている・・・のだと思います。
 それが、「日本叩きには積極的」で、「日本弁護には消極的」な理由だと思います。

トヨタ加速問題!米裁判「トヨタ勝訴」
在米韓国人「トヨタが防止システムつけなかったから20億払え」謝罪と賠償に失敗


★STAP細胞の小保方さん叩きの現象は、まるで米国でのトヨタ叩きと同じ気がする・・・

★テレビ、新聞が安倍晋三を必死に叩く理由


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示