ひだまり    今は古事記に夢中! 田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その②

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その②


              
田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」
その②



田母神俊雄
「多くの女性が仕事を求め働いているのではなく、
 家計を助けるために働いているのではないかと思っている。
 女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」

http://hosyusokuhou.jp/archives/37684645.html


批判されることを覚悟で
女性の社会進出に反対するブログを書いてみようと思う。

いま我が国は、女性も全員働く社会を目指して進んでいるように見える。
仕事をしたい女性が子供を預けて働くことが出来るように、保育園や託児所の充実が叫ばれている。

男性が外で仕事をして、女性は家庭にあって夫が仕事をしやすいように家庭環境を整え、
子育てを行うという伝統的な家庭のあり方は見直されつつある。

しかし、私は女性がどんどん社会に進出をして、男性と同じように仕事に生きることには
疑問を持っている。いま少子化が問題になり担当大臣まで置かれるようになっているが、
少子化の根本原因は多くの女性が働くようになったことではないかと思っている。

一概にはいえないが、女性が仕事に生きるようになれば晩婚化が進む可能性が高くなると思う。
そうなれば当然少子化も進行する。少子化が進み国家の人口減少が進めば国家は衰退することになる。

私は多くの女性が、仕事を求め働いているのではなく、家計を助けるために働いている
のではないかと思っている。だから女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべきだと思う。

男女は結婚をして一つの家庭を築き、男が外に出て働き、女は子供を生んで家庭を守る、
その伝統的な考え方に立ち返るべきではないのか。

もちろん能力のある女性が働くことを否定するものではない。
能力もあって働きたいという女性は働けばよい。
しかし女性が働かなければならない国を目指すべきではないと思う。

田母神俊雄公式ブログ
http://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-11828954845.html


女性が働かなければならない社会は、女性の人生選択の自由を制約することになる。

いまのところ日本の女性は、仕事をすることも選べるし、専業主婦になることも選択できる。
しかし女性が全員働く社会では、専業主婦の道を選ぶことは出来なくなる。

働く女性を支援しようと保育園や託児所をどんどん増設することは、女性に働くことを求め、
逆説的であるが、少子化を進行することになるのではないかと思う。

選挙の都度、多くの候補者が女性票獲得を目的に保育園、託児所を増設し、
待機児童ゼロを訴えるが、これで少子化が改善されるのか疑問を感じざるをえない。
子育て支援とは、専業主婦に対する支援も念頭に置くものでなければならない。


(後略、続きはソースで)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。転載おわり


 ※ここまでは①の復習です。どうぞ、 から読んでね。



「女性が働かなくても生活が出来る国を
目指すべき」


そのとおり!!  だと思います。

本気で、日本経済を強くすることを考えるなら、
女性を外で働かせるための条件を整えることではなく、
「女性(母親)が外で働かなくても安心して暮らせる」ための条件を整えることが大事だと思います。

それがもっとも大事な、もっとも優先して対策すべきことだと思います。
それはズバリ、 男にもっと仕事を!! です。

それは 男にもっと自信と責任感を!! につながります。

男から仕事や責任や自信を奪うことは、
それすなわち、社会、国家を傾けることに等しいのです。


「じゃあ、女は自信や責任を持たなくてもいいのか?」 
って声が、 田嶋陽子さん辺りから聞こえてきそうですが、
そうじゃないです。
じゃあ、逆に、女が男と平等に仕事条件を与えられて、それで初めて
女は自信を持ったのですか?
違うでしょう?
女にしかできない仕事は昔から女がやってきたし、
女はちゃんと家で立派な「かかあ天下」してきたじゃないですか!

女が強さと自信を発揮するところと、
男が強さと自信を発揮するところが違うだけです。
それを、
その場所だけを同じにしようとして 歪めて しまったのが
今の 「勘違いだらけの平等社会」 ではないですか?

無暗に女が外で働き続けることで
はっきり言って、男の仕事を奪っているのです。
そうでしょう?
本当に働き手が足りないから、女性に仕事をさせているのでしょうか?
それは嘘だと思いますよ。
女性が外で働くようになった分だけ「仕事」が「生産力」が増えたのでしょうか?
それも嘘だと思いますよ。

これには大きなからくりがあると思います。
ぜったいマスコミは言及しないけど、
女性が社会進出した分だけ、確実に、男が仕事にあぶれているはずです。

どうして仕事が少ないのか・・・?
それは仕事の絶対数が少なくなったんじゃなくて、
3K という言葉を流行らせて、
底辺 というマイナスイメージを植え付けて、
猫も杓子も「楽して見栄えがよくて身入りのいい職種」ばかりを若者が選ぶように仕向け、
若者が身の程わきまえず無いものねだりして職にあぶれるように
マスコミが仕向けてきたせいでしょ?

いつも言ってきたけど、日本社会の素晴らしさは、
影で働く人たちでさえも、「誇り」を持って「誠実」な仕事をしていることです。

その「誇り」を奪ってきたのはマスコミだと思います。
「3K」というキャッチコピーによって。

思い返せば10年前?
以前、「13歳のハローワーク」という本が流行ったけど、
そこには、どんな仕事があって、どんな苦労があって、どのくらい稼げるか・・・
って情報は積極的に子供たちに与えるけど、(子どもたちはそこだけは読み取るけど)
どこにも、
一見あまり目立たない地味な職種でも、
その仕事が社会にどう役立てられているのか、
わたしたちが彼らの仕事によってどんな恩恵を受けているのかという働く尊さ
または、かれらがどんな気持ちで(誇りを胸に)その仕事をしているのかという
職務に対する誇りとか責任とか、社会に対する貢献心とか、
勤労奉仕の心を感じさせるようなことはどこにも語られていないし、
当然子供たちは読み取れないし、感じられないし、
もちろん、学校でもそんなことは教えてくれない。

たとえば、中学校で「職業体験」という単位が増えたけど、
それも、ほとんどは、ただ近くの提供された「職場」に事務的に割り振られて、
辺り障りのない作業をやらされて、レポート(宿題)を書かされるだけで終わる。
感想のほとんどは「仕事ってたいへんなんだな~」 で終わってしまう。

大体、中学生を受け入れてくれる職場なんていうのは限られてて、
消防署とか、警察署とかいうのもあるだろうけど、そんなのは極限られてて、
ほとんどが、小売り業やベーカリーや中小企業など、
いわゆる「3K」っぽいところがほとんどです。
しかも、その表面しか見ないで終わる。
これじゃあ、まるで若者に
「やっぱこんな仕事だけはやりたくない」 と思わせるための教育のようだ。

しかも、わざわざそんな教育をしておいて、あんな洗脳をしておいて、
片や、
「大学出は増えたけど、その分就職浪人が増えている」 とか、
「若者が仕事にあぶれているのに中小企業では人材不足で悩んでいる」という現状を
マスコミはさも、今どきの若者の社会性の脆弱さや責任能力の低下のせいにして
「嘆いて」みせる。

「日本の学生は残念だけど即戦力にならない」
「せっかく就職しても気に入らないとすぐにやめてしまって使い物にならない
「だから仕方がない」(外国人労働者(移民)が必要なんだ)
  と。

(はあ?
みんな、あんたらの 推進どおり になっただけでしょうがっ!!! )



日本人の美徳は勤勉さです。
働く人たちの誠実さです。
それは世界中が認めている。
だからこそ、反日勢力はそれを崩そうとしているのです。

子供たちに勤労意欲が湧くようなことは一切教えないように
マスコミと教育(日教組)が目的をもって結託しているとしか思えない。

子供たちに「いかに金儲けするか」ばかりを教えている。
高学歴なところでは全くそうだし、
低学歴なところでは、
「そんなことでは人生の負け組になるぞ」 とか、
「そんなことでは将来金持ちになれないぞ」 くらいのことしか言われない。

ドラマでも、ニュースでも、
そこかしこで、さりげなく若者たちに、子供たちに刷り込んでいく。
「3k業種になんか就いたら負け組だ」 って。

そんなことしてるから
大学生が100社受けて全滅・・・なんて馬鹿げた現象が起きるんです。
わたしたちの時代から考えたら、「100社?」 って感じ。
その「数字」は何のために使われるの?
「こんなに日本は就職難」だと? 「こんなに日本は不景気」だと?
「若者に仕事がない」と? 
「もう日本の将来は真っ暗」だと言いたいのか?

その結果が、みなが批判している
3kでも低賃金でも雇える 「外国人労働者」(移民予備軍) です。
もう、これは連動しているとしか思えない。
目的をもって仕向けてきたとしか思えない。

そうやって日本人から仕事を奪い移民政策を進めてきたとしか・・・


そ の う え 、
女性が男性の職場を地位を奪っていったら・・・?

なんていうか、これまでの政策って、
若者から労働意欲を奪い、
男から仕事や地位を奪い、
日本人から勤労意欲や勤労に対する誇りを奪い続けてきたように思います。


だ か ら 、

『女性も男性と同様に社会で活躍しやすくなるために、
もっと女性を家事から解放すべき』
 
(女にばかり家事や育児の負担を強いるのは差別だ!)
ですと? 
とんっでもない!!!!


それ以前に、母親が家庭にいられる社会をこそ作るべきだと思います。

そういうと、また頭のおかしな(田嶋脳な)人たちが食って掛かって、
「また女性を家庭(という名の牢獄)に閉じ込めるのか!」
って攻撃してきそうだけど、
なんでかれらは、0か100かしか考えられないのかな~
田嶋さんの言いぐさ聞いてても、いつもそう。

「みんな(女は)・・・」 「みんな(男は)・・・」
「みんな・・・!!!」  そればっか。  (小学生か!!)

すべて100% あんたの言うとおりになるまで 
それ以外のものはすべて邪悪だとでも?

母親が家にいることでどれだけ子供が安心して健やかに成長できるか・・・
「そんなことはない」 と言う人は、そうでない家庭しか知らない人・・・だと思います。

「母親が家にいたって、いいことばかりじゃない」 などと言う人がいたら、
それは、家にいてもしょうがない母親しか知らない人だと思います。

そういう母親もいるでしょうけど、かつては、そういう人は少数派だったはずです。

少数派だった「家にいてもしょうがない母親」を量産したのは誰ですか?
何でもかんでも女性を社会へと「追いやった」人たちでしょう?



もう、わたしは常々思っていた。

日本がここまで経済大国になったのはいつ?
昨日か? 10年前か?     
日本が世界に冠たる強大国になったのはいつ?
30年前か?  50年前か?  

もっと ずっっっと前からでしょう?

そのとき、日本はどうでしたか? 
女性はどうしてましたか?
女性が みんな 外で働いていましたか?
NO! でしょ?
基本、男が外で働き、 女がそれを支えていました。
女でなければならない仕事を除いて。


では、日本以外のまわりを見なさい。
「男女平等」 「女性雇用拡大」
・・・それを大々的に推進してきた「先進国」が今、どうなってますか?

あなたは、あれを、
ちゃんと現実知ってて、本気で羨ましいと、見習うべきだと思いますか?

利己的排他的個人主義に突き進み、とうに家族や家庭は崩壊し、
「ホーム」はドラマの中だけの幻想か前時代の遺物となり、
社会モラルは崩壊し、犯罪や暴力が蔓延し、
非社会的人間を量産し、少子化が急速に進み、移民が人口を凌駕し、
文化も経済も、行政や国政までも移民の台頭が起こって、
民族淘汰や文化・国家の危機が現実的に迫り、
国政はメチャクチャ、経済は青息吐息です・・・

今まで隠してきたけど、もう隠しきれない・・・!!
「移民やめたい!もう無理!!」って悲鳴を上げてる国を知らないの?

それでも、
国民は自分の国を良くして立て直そうという気持ちは薄く、(すでに国家観、社会性が希薄)
国政に文句は言うけど、所詮は自分の損得のことしか考えてない・・・
(ああ、日本のマスコミの論調と全く同じ!)
それが現実です。

日本人は愛国心が薄いって?
日本が個人主義だって?? (そんなバカなことを言ってるのは隣だけだけど)

他の国はそれこそが崩れてきているのですよ。
移民の台頭でね。


マスコミは常に「日本は遅れている」と言うけど、
現実には、遅れているのではなく、日本だけが 王道 を行っていただけです。
日本の方が1000年進んでいただけです。
日本はただ、
欧米の失敗を 回避 する術を知っていたから今の繁栄があるだけなのです。

われわれの先人は欧米のようなやり方を選ばなかった。
だから、欧米は滅びの歴史を繰り返してきたのに、日本だけが残っているのです。


日本は遅れているのではなく、進み過ぎていただけです。
日本人は正しいことをしてきただけ。

子供が 「ただいま」 と帰れる家。
母親が 「お帰り」 と言って迎えてくれる家。
それが普通だった頃に戻るべき。

晦日や正月にまで母親が仕事に出なくてはいけないような社会なんて御免だ。
年中無休も24時間営業も要らない。
もっと制限して営業時間を減らすべきだ。

こんなに馬鹿みたいに24時間や年中無休ばかりなのは日本だけです。
なんであんなに急速に24時間、深夜営業が増えたのか?
原発が作る「余剰電力」を使ってもらうためでしょ?
原発推進のために、電力会社の儲けのために、
「電気を浪費する社会」が必要だっただけです。

それに人は担がれて、踊らされて、
自主規制も節制も、時間管理もなあなあになって、
ダラダラ電気を使うことに慣らされてしまった。

人間、甘やかせばキリがない。
でも、無ければないで適応します。
適応させるべきです。
できます。 (できました) 日本人なら。

深夜営業や祝祭日営業は、
電力の浪費(電力値上げ)と親子の断絶を生んできたんです。
わたしはそう思います。

母親に正月から働かせるな!! (正月から営業するな!!) 
です。  (実感こもってます)


話しを元に戻すと、

母親が家庭にいられる社会
それは、言い換えれば、
男が 父親がしっかり社会で責任を果たして、
しっかり働いて、しっかり稼げて、
その稼ぎの下で安心して母親が子育てに専念できる社会です。

そう、かつて高度経済成長を支えてきた時期の
当たり前の日本の家族の在り方 なんです。


男がしっかり稼げて女がしっかり家庭を守れるのが 当たり前に保障される社会 
を作ることの方が本当の少子化対策になると思うし、
家庭がしっかりすることで「人間力」の底上げにつながり、
それが社会秩序の崩壊を防ぎ、
それが生産性の高い経済、逆境に強い社会を構築することにつながり、 
それを維持できる国だけが 真の強い国力 を維持できるのだとわたしは思います。


だ か ら 、

今の少子化対策、男女平等参画政策は
大きく 間違っていると思います。


子育てし終わった今なら解かる。
はっきり言って、
戦後の「平等」という理念が日本をだめにしてきたんです。


小学校の運動会から「かけっこの一等賞」を無くしたような
「馬鹿げた教育方針」がまかり通ってから日本はますますおかしくなってきたと思いませんか。
そういうおかしな歪んだ価値観が日本の若者を「ダメダメ」にしてきた張本人なんです。

少数派の「お父さんのいない子」や「お母さんのいない子」に合わせて
「家族」や「両親」への感謝や絆を深める大事な授業や機会を奪ってきたことが、
「できる達成感」より「できない子の劣等感」ばかりを尊重してきた結果が、
非社会的で利己的な「生産性のない人間」を量産したのです。

だから、未だ「平等意識」に基づいた政策なんか 愚の骨頂! です。
どれもこれも、所詮は目先のことしか見ていないから。
それって結局、 今の自分さえよければそれでよし ってことです。
日本独自の「利他主義」と真逆な、欧米型の「利己主義」そのものです。

政治家も、マスコミも、それに言いくるめられてる国民も、結局そう。
それに迎合できるってことは、今の自分の都合、今の自分の損得しか考えてないってこと。
すっかり近現代的な利己的合理主義に冒されているのです。
(いや、自分もそうだったから、かぶれているだけだから、気づけばまだ救われるのです)

だから早く気付かないと、
そんなことばっかりしていたら、今に、いや、すぐに日本は腐ってしまう・・・
やっと、世界が日本の美徳の素晴らしさに気づき、リスペクトしよう・・・というときになって、
気づいたら日本の栄光は過去のものになってしまう・・・
周辺敵国は、それをこそ待っているのだから。

だ か ら 、


これまで左翼がやってきたことを全部反故にして
日本人の美徳を取り戻す!!


これが、
あらゆる歪の根源を糺し、
すべての問題を根本から解決する 唯一の方法だと思います。



だから、わたしはこの田母神さんの意見に深く賛同します。
田母神さんは、やはり、都政よりも国政の器だと思います。
田母神さんについては、防衛とか外交とかの面ばかりに期待が寄せられますが、
わたしはこういう面こそが貴重であり、
こういう感覚を持つ国会議員がこれからの日本には絶対に必要だと思います。


というわけで、
田母神さんに一票!! 

いえ、 できることなら、都民に代わって 一万票くらい入れたいです。


※まだまだ言い足りないので その③ へつづく。


★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その③


※長々とすみません。 追記追記ですみません。
 おもいっきり乱暴に言いきってるけど、
 これは、たかが一主婦目線、一母親目線での意見ですから、
 あまりツッコまないでね・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 ! その①

★たかじんのそこまで言って委員会 2014.5.11 女性が考える女性問題SP!!


<その他参考記事>

※日本人独自の価値観、日本人独自の社会通念や美徳の尊さ、貴重さ、
 それを持ち続けることの大切さをどうか忘れないでください。


★「日本人の美徳を忘れるな!」 たかじん 三宅 津川

★夢を叶える力は家庭から

★再 ・ あなたの「家」を守ってください

★田嶋さん、聞いてる?  在日スウェーデン女性の目から見た “すばらしい日本”

★「平等」は不公平で 「公平」は不平等である




★必読!!
 再 ・ マスコミが教えない ジェンダーフリー思想の正体 ~ まとめ

※ジェンダーフリー思想は亡国への道! 
 日本にジェンダー思想を導入したのは自ら「中性」と称す日本の伝統文化の破壊者たち!



「ぜひ結婚したい」日本人女性の3人に1人が専業主婦を希望

男も女も幸せになれない「男女平等」

専業主婦を否定する欧米化社会 -杉田水脈さん

男女同権論の成れの果て ~スウェーデンの惨状~

「女性の社会進出」は「女性の幸福」ではない―職業分配から読み解く男女の幸福の源泉



★ 津川雅彦氏の神発言について 「たかじん 委員会」 5.19 大 改憲論! その②
 「左翼が茶の間に入ってきてから日本はますますおかしくなった」


★福祉大国の終焉!! オランダ国王「もう無理」  
 理想のはずの「オランダモデル」が「移民と福祉は国家を滅ぼす」という手本に!!


★宮崎駿監督「風立ちぬ」は日本人精神そのもの ② 日本の「ほんとうの資源」とは何か?

★やっと現実(情報)が追いついた「ほんとうの日本経済と中韓経済の正体」


★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、昭和天皇が初めて
 一般人に向けて歌をお詠みになった

※ぜひ、お読みください。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
私は賛同します
以前、コンスの件で噛み付いた、反面教師を得て勉強しようと思ったオヤジです。
今回の、女性が働かなくても生活を目指すべきだというのは、あまり現在の社会では受け入れがたい主張でしょうが、私は基本的に賛同します。
基本的にというのは、「働かなくても」という言葉の危険性を危惧するからです。
私は、女性が外に出て働くことを比定はしません。

子を産み授乳する能力は、残念ながら男性にはありません。
それは、男性は消耗品であって大切に扱われるべき存在ではないため、育児などという種の保存に係る分担を与えることができないためです。
だから、狩りや戦争といった危険な仕事はお事の仕事であるべきで、女性は安全なところで女性にしか出来ない仕事を優先して種の保存をはかるべきなんです。
第一、遺伝子的にX-Xの女性が完全体で、X-Yの男性は不完全体であるという意見も生物学では根強いです。

ただ、田母神さんは信用していないので、彼が何を思ってこれを言い出したかは不審に思っています。
もっと普通の制服組の小役人くらいに思っていましたが、イスラム国に子分が拉致された時に「私は、その男とは無関係だ」という主旨の発言をしてゲンナリしました。
田母神さんを含む、ある目的をもった組織の一員であるか、その組織の下見のために彼は戦闘地域に入っていったはずです。
ただの軍事オタクが、あそこまでのルートを確保できるはずもありませんし。
田母神さんに同意したわけではないことだけは、書き添えておきます。
2014/10/05(日) 02:17 | URL | 反面教師を得て勉強しようと思ったオヤジ #mQop/nM.[ 編集]
Re: 私は賛同します
反面教師を得て勉強しようと思ったオヤジ さま、
コメントありがとうございます。
わたしも、田母神さんの考え方を全て支持するものではありません。
とくに、原発の安全性への過信、安全委員会への過信、
放射線への過信・・・などは、理解に苦しみます。
ただ、核武装、核利用を是とする延長線上には肯定する以外道がない
ということだけは理解できます。
でも、事故以前ならそれも理解できましたが、今は理解不能です。

田母神さんは、おそらく、
ごくごく普通のまっすぐな当たり前の日本人感覚の持ち主でもあると思います。
それが職業柄、立場上、どうしても合理主義にならざるを得ないところに
何か歪が生じているのではと思います。
まあ、自分も含めて、どんなに共通点があっても、
他人に対してすべて丸ごと100%賛同できる思想・人格などというのは
ほとんど難しいことでしょう。
竹田さんにしても、100%・・・というわけにはいかないところもあります。
でも、それを上回るリスペクトすべきところが多い・・・それだけで十分だと思っています。
人間は不完全なんです。
100%なんて、それこそ神格化につながる危険が大きいだけでは?
それを理解している謙虚さを持ち合わせている人であれば、わたしは信用できると思います。



2014/10/06(月) 01:36 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示