ひだまり    今は古事記に夢中! 今日は”昭和の日”  昭和天皇のこと、「昭和天皇と終戦の真実」を知ろう!   

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

今日は”昭和の日”  昭和天皇のこと、「昭和天皇と終戦の真実」を知ろう!   


今日は”昭和の日”  
昭和天皇のこと、「昭和天皇と終戦の真実」を知ろう! 



※これは去年出した記事をそのまま再投稿したものです。


今日は4月29日「昭和の日」。昭和天皇の生誕祭(お誕生日)です。

わたし先ほど、うっかり「みどりの日」と書いて出してしまって、あわてて書き直してます m(__)m;;
というのも、この日はかつて「みどりの日」として制定されていました。
それというのも、野党(反日左翼)のせいなのです!

もともとは、孝明天皇、明治天皇、大正天皇の場合、崩御日が先帝祭として休日となっていましたが、
昭和天皇の場合は現行の(戦後の)休日法により崩御日が休日とならないため、
当初から誕生日を活かして「昭和記念日」など昭和に因んだ新祝日として存続させようというような
意見が出ていました。
ところが、野党による反対から、その案は見送られ、同年以降の4月29日は「みどりの日」という、
要するに「昭和天皇」または「天皇」を直接連想されにくい名称に改められたのです。

その後、「昭和の日」の実現を目指す運動に呼応・共鳴する国会議員により、紆余曲折を経て、
ようやく2005年(平成17年)の祝日法が改正され、それにより、2007年(平成19年)以降は
「みどりの日」を5月4日に移動し、4月29日を「昭和の日」とすることと改められたのです。

つまりですよ、わたしがうっかり間違えちゃったのも、
平成の御代になってから、つまり、昭和天皇が亡くなられてから19年も経ってから、やっと
「みどりの日」から「昭和の日」になったのです。
それまでずっと先帝の誕生日が、誕生日となんら関係ないような「緑と親しむ日」にされてきた
ってことです。

こんなことからも分かるように、この日本では、未だに、
日本の皇室、天皇の存在を軽んじようとする反日左翼の考えが支配してきたってことなんです。

「昭和の日」はまさに、そういう経緯とともに、
われわれ日本人が本来の「日本人らしい皇室への心」を取り戻し、再認識する日にしたいものです。



今、わたしたちが、ここに日本人として当たり前の幸せな生活が送れているのも、
わたしたちの日本に「天皇」がいたから、昭和天皇がいらっしゃったからです。

一年に一度くらい、その昭和天皇のお誕生日に、昭和天皇がどんなお方だったか、
わたしたち国民とどのようにかかわって、お守りくださったかを思い出し、再認識してほしいと思います。


ところでみなさん、 国旗は掲揚していますか?


竹田恒泰の「昭和天皇と昭和論」竹田恒泰チャンネル・特番





竹田恒泰の「昭和天皇と昭和論」:竹田恒泰チャンネル・特番

必ず世界から称賛される輝かしいもの、
あなたの気づかない何かが日本にあったのではないでしょうか?

そんな日本を率いてきた昭和天皇を知らずに昭和を知ることはできません。
昭和を知らずして日本を知ることはできません。
昭和を知らずして平成や未来の日本を語ることはできません。

昭和に生まれた人も、あなたの昭和時代観はどうでしょうか?
平成に生まれた人は、あまり良くわからないのではないでしょうか?

激動の時代を乗り切った昭和天皇とは、どのような天皇だったのか?

崩御されてから25年目、昭和天皇誕生日を前に、
明治天皇の玄孫、竹田恒泰が、昭和天皇と昭和時代を語ります。


-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-


ここで語られていることは、ほとんど教育では教わらないことです。
テレビ、新聞、雑誌、など一般の人が触れるマスコミ情報からも教えてもらえないことばかりです。

先に公開された「終戦のエンペラー」だとて、一見誠実そうですが、あちこち湾曲されています。
あれは所詮、アメリカ人目線での、天皇を「エンペラー」と呼ぶ人たちが作ったものです。
あれがすべて、あれが真実だと思ったらたいへんです。

昭和天皇にかぎらず、昭和天皇をとりまく、当時日本を動かしていた人々の
「日本人としての真実」をわたしたちはきちんと知るべきです。、

当時の戦争において、苛酷で熾烈な世界情勢の中で追い詰められて、
命ががけで「日本の存亡」をかけて戦いに関わった人たちの真実の声を、
左翼思想を一切入れない、 
日本人の、日本人による、日本人のための日本史観が聞けます!


それを丁寧に話しているため、かなり長時間になっています。
無料で聞けるのはさわりのごく一部だけです。ぜひ、登録して全編聞いてください。


たとえば、これを聞いてから百田尚樹氏の「永遠の0」等を読むと、
これを知らないで「永遠の0」を読んだときは、おそらくぜんぜん、感じ方が違ってくるはず!
もしかしたら、あれを読んだあとの人生観が、また違ってくるかもしれない・・・と思います。

あれを読んでも、日本人としての血が騒がなかったという人、
この竹田氏の昭和天皇の話を聞いてください。
ぜったい変わってくるはず。

あなたが日本人なら、きっと、感じるものがあるはず、
これからの感じ方が違ってくるはず・・・です。

戦後70年近くにわたって封印されてきた、わたしたちに隠されてきた「日本人の真実」
・・・の、もっとも重要なひとつ、なのですから。

日本人としてこれだけは知っておいてほしいこと のひとつです。

日本人ならぜったいに一度は聞くべき内容です。

ぜひ、登録して続きもお聴きください。
ぜったいに後悔はさせません!
ウサギ





・竹田恒泰の「昭和天皇と昭和論」(その1)【無料】
http://www.nicovideo.jp/watch/1373277813

・竹田恒泰の「昭和天皇と昭和論」(その2)
http://www.nicovideo.jp/watch/1373277915

・竹田恒泰の「昭和天皇と昭和論」(その3)
http://www.nicovideo.jp/watch/1373277918

・竹田恒泰の「昭和天皇と昭和論」(その4)
http://www.nicovideo.jp/watch/1373278123

・竹田恒泰の「昭和天皇と昭和論」(その5)
http://www.nicovideo.jp/watch/1373278079

・竹田恒泰の「昭和天皇と昭和論」(その6)
http://www.nicovideo.jp/watch/1373279932




※反日左翼がけっして語らない日本人と皇室の真実

★仁徳天皇を代々模範としてきた天皇陛下 
昭和天皇「こんないい家に住めるようになったのもみんな国民のおかげだ」


「大葬の礼は、天皇陛下の最後の御行幸である」

★「立派な天皇」は国民の鑑である ①

★「立派な天皇」は国民の鑑である ②


★“日本民族のもつ最大の財産は天皇制である。
 これは全く世界に類例のない偉大なものであり、人類の理想とするものである。、


★昭和天皇が中国国家主席に示した共存共栄の思想
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-100.html


★「日本人のプライド③」          
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-228.html

「天皇を戴く日本」であることが、日本人のプライドです。

★世界に誇る日本の鉄道ダイヤの正確さは、すべて 「皇室」の存在の賜物であった!
※日本の天皇と国民の関係は、外国の皇帝や王様と国民の関係とはまったく違う存在だった!

※必見! 『大日本帝国が世界で初めて提案した『人種差別撤廃案』』
大日本帝国が世界で初めて提案した『人種差別撤廃案』 

※これが、「悪魔の軍国主義」と語られ続けた日本政府の真実です。

★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、昭和天皇が初めて
 一般人に向けて歌をお詠みになった

※ぜひ、お読みください。

★「命をかけて愛する国の為に戦った彼らを誰が馬鹿に出来るというのだろうか?」  
~ 神風特攻隊についての海外の反応 と 百田尚樹 『永遠の0』



関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
国旗掲揚しますた!('◇')ゞ

そうそう みどりの日なんて言ってましたね。。。
2015/04/29(水) 23:44 | URL | ユリ助 #halAVcVc[ 編集]
No title
昭和の日、これほど大切な日はありません。
しかし、政府やマスメディアは、まったく無視しています。
新聞などひどいものです。大一面のどこかに「今日は昭和の日」を記載すべきであるのに、まったくなし、テレビ欄も昭和時代を回想する番組まったくなし。
彼らは、昭和の日を、ゴールデンウィークという休日の一つとしか思っていない、とうぜん子供たちもそう思うようになる。
2015/05/15(金) 17:39 | URL | うたのすけ #J8bl0gKU[ 編集]
Re: No title
> 彼らは、昭和の日を、ゴールデンウィークという休日の一つとしか思っていない、
とうぜん子供たちもそう思うようになる。
本当にそうです。
息子の学校もまさにそうでした。
それから、わたしはそれまで忘れていた国旗を掲揚することにしました。
国旗掲揚するようになってから、そうしている家があまりに少ないことに気づき、
そして、掲揚している家があまりにも神々しく見えるようになりました。
挙句、子供たちが結婚するのは、国旗掲揚している家の人がいいなあ・・・
などと思うくらい。
昔、町内の会長さんが、米寿かなんかの厄落としに、町内全部の家に国旗を配ったことがありました。
そのときは若くて不思議に思いましたが、
今なら、その会長さんの気持ちがよくわかります。
わたしも、出来ることなら、そうしたいと思います。
2015/05/15(金) 18:27 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示