ひだまり    今は古事記に夢中! ★遅ればせながら、<憲法改正問題 関連記事一覧> 作りました。

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

★遅ればせながら、<憲法改正問題 関連記事一覧> 作りました。

           
「憲法記念日」にちなんで、
最近のテレビ、新聞は、しきりに「改憲論」の話題・特集でひっきりなしです。
毎朝、新聞を開くと、テレビをつけると、
もう「うんざり」するような腹の立つような台詞ばかり!
もう、いいかげんにしろ!! と言いたくなるくらいの反日ぶり。
「そんなに日本に強くなってもらっては困るのか?」 と
「あんたら、どこの国のためにそれ言ってるの?」 と言いたくなる。

それでも、残念なことに、
まだわたしの周りの「主婦層」の人たちは、「それ」しか情報源がないため、
「それ」すらまともに聞いて「考えよう」としていないため、自分で調べたり考えたりしないので、
「何がどうなってるの?」 という状態の自分の立ち位置を誤魔化すため
(ひとりぼっちじゃ怖いから「どこか」に組すため)、 
結局、「声」の大きいところ、繰り返し聞こえてくるフレーズに同調してしまう・・・
見事に マスコミの思う壺・・・です。

「改憲」の意味をよく考えたことも理解したこともないけど、
一番よく耳にする意見(テレビから聞こえてくる台詞)が「みんなの意見」だと思って、
それが無難だと思って、無思慮に無批判にそれに迎合する・・・
テレビが流す「街頭インタビュー」なんかを聞いているとそんな風なのばっかり・・・
(もちろん、そういう人だけをピックアップしてるからだけど)

それ聞くたびに、わたしは思わずテレビに向かってツッコミたくなる・・・

「それ、ほんとに、あなたの考えなの?」
「それ、ほんとに、解かって言ってるの?」

違うだろ? 
それ、新聞の受け売りでしょ? 
テレビのコメンテーターが言ってた台詞でしょ?



それは「主婦」ばかりではない・・・

主婦より「新聞」読んでる男たち、
主婦より「ニュース番組」見ている男たちも同じ・・・ (報道ステーションなんか見てるから!

そんな現象がもっとも馬鹿馬鹿しいけど、
残念ながら、もっとも現実的な、もっともありがちな「怖い現実」です。

どうかもう、それだけはやめてほしい。
どうか気付いてほしい。

それは、あなたの意見ではないでしょ?

考えたことがないなら、正直に「考えたことない」と言ってほしい。
それが何なのか解からなければ、「解からない」と言ってほしい。
せめてそう言ってほしい。

自分で考えたこともないのに、
いつの間にか「インプットされた言葉」だけで、それを自分の考えだと思わないでほしい。
それをあなたの意見だと言わないでほしい。

それがほしいのは反日マスコミだからです。
反日マスコミは、その「民意」がほしいのですから。

どうか気付いてほしい。
あなたがマスコミの思惑通りの「民意」にならないように。
あなたの「民意」が日本を傾けてしまわないように。



わたしは主婦だから、わたしと同じ主婦の人にもっとも知ってほしい。
考えてほしい。

あなたがそれだと、喜ぶのは「敵国」だけですよ?
あなたがそれだと、日本は本当に亡国の危機に瀕するのですよ。

主婦は「母」です。
未来の日本を作るのは「母」なのです。

だから、その母から変わってほしい。
変わってほしいのです。

そして、子供たちに伝えてほしい。

日本を支えていくのは「日本人」なのです。
それは「政治家」でも、「学者」でも、「軍人」でもない。
わたしたち日本人が日本を守り、支えていくんです。


どんなに「政治家」が頑張っても、「日本人」が足を引っ張ったら何にもならない。
どんなに「学者」が頑張っても、「日本人」が無知蒙昧では何にもならない。
どんなに「軍人」が頑張っても、「日本人」が手足を縛っていたら何にもならない。

その日本人を作っているのは母親(あなた)です。
その日本人を育てているのは母親(あなた)なのです。


だから、どうか普通の主婦の人こそ考えてください。

あなたの心配が「財布の中身」だけでは日本は倒れます。
あなたがどんなに子供を大きく育てても、
あなたの心配が「財布の中身」だけでは、あなたの子供が出ていく社会は真っ暗…です。

財布の中身だけしか関心がないように仕向けている、
本当の日本の未来ではなく、目先の損得勘定だけで政権を叩く「反日マスコミの呪縛」から
どうかあなたを解き放ってください。


下の参考記事、これは、
あなたと同じ普通の主婦であり、「子育て中の母親」が考えて書いたものです。

「子供の日」と「憲法記念日」が近いのも、何かの縁だと思います。

「憲法改正問題」と「あなたの子供の未来」は
切っても切り離せないことなのですから。



★追記 : 『韓国の子育て観』 と 『日本人の子育て』を「子供の日」に考える



<憲法改正問題記事一覧>

★なぜ憲法改正が必要か? ① 日本国憲法は日本人の誇りを守ってくれない!

★なぜ憲法改正が必要か? ②  日本国憲法は日本人の幸せを保証しない

※札幌市成人式 新成人から日の丸小旗を強制的に取り上げゴミとして処分

★教育委員会の”圧力”で削除された ≪愛知県一宮市立中学校長のブログ全文≫
※これぞ、日本の教育のあるべき姿!! ・・・を否定する日教組の害悪


★ 『日本の国体って? 』 日本人の原点がわかる「国体」の授業

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!!    
 日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家


★誰も知らない「日本国憲法」の真実  ③  日本国憲法は破棄してはいけない!!
  大切なものを守るための改憲なんです!
 
 

★小学館 『日本国憲法』 は おかしい・・・!!

★「 憲法学者というのは、そもそもが 左翼 ばっかり!」 

★アメリカ人も認める憲法改正 ~ 『天皇陛下にお仕へしたい ウエスト博士の思ひ出』

★わが隣国はこういう国!! ・・・これでも9条を変えなくてもいいのか?

★「憲法はロマンだ」~竹田恒泰の憲法論 
 日本国憲法改正のポイントはどこにあるのか?
 これを観れば、日本人として私たちは何をなすべきか、全て分かります。

★「永遠の0」作者 百田尚樹が国防軍・憲法改正の反対者に物申す!!


※改訂版 わが隣国はこういう国!! これでも9条を変えなくてもいいのか?

※自国の国家元首を敬えない主要紙は廃刊処罰できるのが日本人のための「基本的人権」だと思う。

※なぜ今の日本には「安倍長期政権」が必要か?


※「日本人は誇りに思って!」 海上自衛隊の規模に外国人感銘 ・・・
  日本の軍備が強くなって困るのは中韓だけ・・・



★日本と捕鯨のちょっといい話・・・②

★日本共産党さん、聞いた?    
 中国外務省 「核戦力保有を脅威と感じるかどうかは各国が決める事であって、中国ではない」


★「通名」を廃止することは、憲法に定められた 日本人の基本的人権の尊重 を守るものである。 
 もし、憲法で「日本人の権利」だけが保証されないなら、そんな憲法は即刻「改正」すべきである!


★ 臨時国会開会式の 天皇陛下のお言葉 

★日本人が取り戻さなければならないもの  11月23日は「勤労感謝の日」…なんかじゃない!!

★フィリピン災害支援に日本の自衛隊が戦艦に1000人載せて派遣したことへの中国人の反応が・・・


★自国の国家元首を敬えない主要紙は廃刊処罰できるのが日本人のための「基本的人権」だと思う。

★独自に国籍条項を取り払った大阪の「在日教師」100人超 大阪府教育委員会

★「中国が日本を ”奪還” しに来ても、日本は一切抵抗してはいけない」 
 これが「日教組」が子供に教えようとしていること 


★音楽教師「 "君が代 "のページを開いて。 校歌のプリントを ”君が代” のページ全体に貼って下さい」

★札幌市成人式 新成人から日の丸小旗を強制的に取り上げゴミとして処分

★これでも、憲法を変えなくていいのだろうか? 青山繁晴が暴露する「中韓が崩壊に怯える程強い国日本」


★独自に国籍条項を取り払った大阪の「在日教師」100人超 大阪府教育委員会

★都立高校 社会科 学期末試験に靖国参拝批判記事から出題!
 まるで中韓擁護! 左翼思想を強要?


★NHKが握っている、有事のときだけ流れる「国民保護サイレン」とは・・・


※元はバレエが題材だけど、じつは、日本人には「個人(自由)主義」は必要ない! というお話。
★「DoDaDancin’!ヴェネチア国際編⑩ 」日本人の自由に対する誤解と偏見 ( 前篇)
★「DoDaDancin’!ヴェネチア国際編 ⑩ 」 日本人の自由に対する誤解と偏見 (後編)
日本以外のほとんどの国は個人主義の熟れの果て・・・そういう瀕死の国が日本を壊しにくるのです。


★「憲法はロマンだ」~竹田恒泰の憲法論


<その他関連記事>

★「命をかけて愛する国の為に戦った彼らを誰が馬鹿に出来るというのだろうか?」  
  ~ 神風特攻隊についての海外の反応 と 百田尚樹 『永遠の0』

※この時期かならず「特攻」がやたら負のイメージで語られることが許せません。
 ついでに「永遠の0」を「面白くない」と評するコメントが目立つようになりますが、
 そう言ってる人は自分が作中の左翼新聞記者と同じ読解力であることを公表しているのと同じです。
 どんなに左翼がこれを否定しようと、残念ながらこの作品のおかげで、中学生ですら、
 日本人とは何か、国家とは国防とは何かを考えるようになり、日本国民として覚醒した人は
 大勢います。

★追記;たかじん委員会 2013.10.6 共産党大会SP!!
 憐れ、共産党! 無策・無責任・ファンタジー体質が丸裸!! 

※共産党左翼の信念が本当に「憲法に”台風来るな”と書けば台風は来ない!」というのと同レベル
 であることが本人の口から証明されました!


★「たかじんのそこまで言って委員会」 2013.5.19 大 改憲論!! その①

★安倍総理が出演した「たかじん」 ② 憲法改正について語る!

たかじん委員会 20090503  憲法スペシャル ゲスト安倍晋三

★安倍総理が出演した たかじん ④ 日本の皇室伝統について語る!

★国防SPで「たかじん委員会」に初登場した田母神前空幕長 2008.11

★田母神さんの出た「たかじん委員会」2009.8.9 日本人の愛国心について~ 
 「歴史教育の誤りで愛国心を失った」


★たかじんのそこまで言って委員会 2014.3.9 ~ もっとオレにしゃべらせろ!SP ~   
 百田尚樹 「東京大空襲こそが本当の大虐殺だ!!」



★ たかじん委員会 2014.4.20  「安倍総理 移民政策を完全否定!」
 ・・・を拡散する読売テレビの手腕がすごいかも


★「中国が本気出してきたか」 
 「沖縄の独立を掲げて県知事立候補って、日本国籍剥奪しろや!」


★沖縄の真実 沖縄の危機 ③ 
  「オスプレイ賛成」「基地は必要」本当の県民の声は記事にしないマスコミ


★沖縄の真実 沖縄の危機 ② 5分でわかる! 沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるか?

★すでに炙り出しに相当効いてるようです・・・ 
 スパイを防止する法律で「外国人」が文句言ってきたら、それは正しいってことなんだが… ?


★マスコミやネットの書き込みがどうやって「気に入らない意見」を封殺するのか?

★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 ! その①







※この他 最新の憲法改正問題記事はこの下で ↓
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示