ひだまり    今は古事記に夢中! 竹田恒泰氏 集団的自衛権を考える 【「われら」の憲法】(中日新聞5月5日)

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

竹田恒泰氏 集団的自衛権を考える 【「われら」の憲法】(中日新聞5月5日)

【「われら」の憲法】  中日新聞5月5日

集団的自衛権を考える 作家・竹田恒泰氏(38)
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/our_kenpo/list/CK2014050502000193.html
写真

◆解釈改憲は将来に禍根

憲法は、国民ひとり一人が幸せになるための道具です。
未来の日本に役立つ内容か、不都合だから変えた方がいいのか。
常に批判的な目で眺めることが大切。
憲法護持と声を上げているだけでは、考える力をそいでしまいます。

ただ、改憲派の保守といわれる人たちも、本当に保守の視点で考えているのかは疑問です。
「押しつけ憲法で、すべて間違い」と、憲法への憎悪感が強いんじゃないですか。
壊すことだけに目がいっている。愛国心など道徳観念を盛り込もうというのもおかしい。

現行憲法はその辺はちゃんと区別して、とても大切なことが書かれている。
一三条(幸福追求権)や一条(象徴天皇)などです。
私は、重要な原則をしっかり守っていくために、どのように変えていったらいいかと考えます。
議論した結果、すべて守るとなるなら、それでもいいでしょう。

九条は見直すべきだと思っています。文言が分かりにくい。
政府が解釈を積み重ねてきたと言っても普通の人には分かりません。
集団的自衛権も、明確に書かれていないことで、ときの政府解釈でなし崩しに戦争に加担することが
起こりうる。「後方支援だから」といっても、すでに実態は加担しているのと同じです。
どのような場合に自衛隊を海外派遣できるのか、原則を憲法に書くべきです。

安倍晋三首相は信頼していますが、解釈で変えるのは将来に禍根を残します。
百歩譲っても、私的な諮問機関の報告ではなく、国民合意をはかってから閣議決定しなければ。
せめて、選挙を経るくらいのことが必要でしょう。

九条の平和主義を正面から語り、文言を変えないことの危うさを訴える方が、遠回りに見えて
近道だと思う。「限定容認論」などを持ち出してきても、余計に袋小路に入ってしまう気がします。

<たけだ・つねやす> 
3月まで慶大講師(憲法学)。明治天皇の玄孫(孫の孫)。
著書に「語られなかった皇族たちの真実」など。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

★遅ればせながら、<憲法改正問題 関連記事一覧> 作りました。


★なぜ、敵国・中韓が 日本の集団的自衛権行使を「嫌がる(怖がる)」のか?

★日本の陸海空自が ”日本単独で” 「外国の軍隊により占領された島の奪還」 のための
  大規模軍事演習を実施!!

※※ これ ↑ と これ ↓ は繋がってるよ~
★安倍首相が竹島を「日米安保の対象外」とした理由は、その方が竹島奪還に有利だから  
 → 見捨てられたのは日本ではなくて韓国の方!


※日本の「戦力」に対する<海外の本当の反応> 
★海外「空自の練度は世界一!」 空自のスクランブル訓練に外国人唸る・・・ 

★海外の反応 
 「日本が早急に憲法を改正して、中国のイジメに対する包囲網を強化していかなければならない」


★「防空識別圏問題」 じつは自衛隊が米より早くスクランブルかけていたことが発覚!! 
 「最初から米軍を頼らない自衛隊は立派!!」
 「安倍政権は東アジアを救った」と軍事ジャーナル等で称賛!


★日本人は真実を知ろう~ 
 安倍さんが、どれだけ売国奴たちから日本を、われわれ日本人を救ってきたか・・・!!


★我が隣国がこんな国 中国は侵略国家! 
 フィリピンから米軍追い出したらすぐ侵略開始・・・ 沖縄もそうなる


★5分でわかる! 沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるか?

★NHKが握っている、有事のときだけ流れる「国民保護サイレン」とは・・・
 ↑ これを聞きたくなかったら「改憲」しかない!

★在米マスコミの中の「反日左翼記者リスト」~ 
 マスコミが使う「海外でもこう言ってる!」の正体とは!

騙されるな!! 
日本の靖国問題や自衛権問題を「海外からも批判!!」…している人たちの正体はこれ!

★必見!! 日本のメディアが偏向する驚愕の理由


★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、
  昭和天皇が初めて一般人に向けて歌をお詠みになった



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示