ひだまり    今は古事記に夢中! タイ国民の多くが 「日本との絆の象徴は天皇陛下!」

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

タイ国民の多くが 「日本との絆の象徴は天皇陛下!」

天皇ってやっぱ凄いわ!
タイ国民の多くが 日本との絆の象徴は天皇陛下!
また 
ASEAN7か国6割以上が 日本を 「最も重要なパートナー」

http://crx7601.com/archives/38944258.html より抜粋転載~

ベトナムで反中デモが発生するなど、南シナ海での中国の横暴な振る舞いはASEAN諸国に深刻な
懸念をもたらす一方、日本に対する評価を高める結果となっている。

外務省が3月に発表したASEAN7か国(回答2144人)を対象とした調査では、そんな結果が得られた。
日本を「最も重要なパートナー」に選んだのは65%。2位の中国(48%)、3位のアメリカ(47%)に大きく
差を付けている。
だが、アジア各国の親日要因はそれだけだろうか。

「ここからは日本だよ」。
一般社団法人アジア支援機構代表理事として、アジアの貧困地帯の支援を行なう池間哲郎氏は、
ミャンマーで耳にしたその一言が忘れられないという。

ミャンマーなどの発展途上国では、先進国によるODAで社会基盤の整備が進められることが多い。
道路の敷設もそのひとつ。
そこを車で走っていた際、現地の人に聞かされるのが、先の一言だった。

タイミングは、ガタガタと揺れていた車が静かになったとき──。
「ほかの国の援助で作った道路を走ると、車が揺れる。
でも、高い技術を伴う日本からの援助で作った道路では、車が揺れないのです」


いまや“最後のフロンティア”として、世界の投資が集まるミャンマーに日本企業が進出する上で、
現地人の「親日」は大きな強みになっている。

先の調査で74%もの人が最も重要なパートナーに日本を挙げたのがタイだ。
タイには日系企業も多く、経済的な結びつきも強い。

ところが、タイ国民の多くが日本との絆の象徴だと考えているのは、
なんと「天皇陛下」だった。


タイの首都バンコクに駐在した経験のある大手紙記者が語る。

「『タイの胃袋は、日本の天皇が満たした』と聞きました。何かと思ったら、プラーニンのことでした」

プラーニンとは淡水魚の一種だ。
実はこの魚のルーツは、1960年代半ば、天皇陛下が皇太子時代にタイのプミポン国王に贈ったものである。
別の魚の養殖を検討していたタイ王国に対して、より適していると判断された品種を、東宮御所で
手ずから育てられ、贈呈した。

「プラーニンは今やすっかりポピュラーで、食堂では揚げたり蒸したりしたものを見かけます。
貴重なタンパク源ですよ」


img_0


※週刊ポスト2014年5月30日号
http://www.news-postseven.com/archives/20140520_256845.html

。。。。。。。。。。。


< この記事についたコメント >


そういえば陛下、魚類の専門家だったっけ…



NHKがやたらとタイsageの報道が目立つんだよな
タイと韓国、同時期に大規模な反政府デモがあった時も
タイだけ報道して韓国は完全スルーだった
まるでタイだけが政情不安起こしてて危険な国になってるみたいな印象操作
日本企業からの投資を躊躇させるための工作なんだろうけど



韓国の道路はガタガタみちだが、
日本が作った道路では、車が揺れないって、
皮肉って報道でコメントしていた人は
本当のことをいってたんだ
あらためて日本は技術だけでなく、
確かな出来栄えや、信頼性があるんだな



  これですね?
    




善意には善意で応えるのが人間ってもんだよな



この話のミソは
日本に助けてもらったことを正しく伝えて
感謝してくれているということ。

中韓は日本に援助してもらったことを
なかったかのように自分の力でしたことしている。
そのくせ更に金をせびりにくる国。
この人間性の違いが反日の原点。





日本人は、相手国の実情を考慮して支援する。
陛下は、そういう支援を自らなさっていたんだな。
まさに日本の象徴。
陛下を心から讃える言葉を選ぼうとしたら、
「天皇陛下万歳」以上の言葉が思い付かない。
たとえ左翼が火病ろうとも。



       天皇弥栄(すめらみこといやさか)でもOK



............................................................ 抜粋転載おわり


 すめらぎいやさか


★特アよ、これが現実だ!  ASEAN地域7ヵ国における 対日世論調査結果






関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示