ひだまり    今は古事記に夢中! 「竹島は日本領」 貴重な証拠資料発見! 印画紙に明治39年の視察シーン

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「竹島は日本領」 貴重な証拠資料発見! 印画紙に明治39年の視察シーン

              
「竹島は日本領」 貴重な証拠資料発見!

竹島最古の写真 
「原本」2点発見、印画紙に明治39年の視察シーン
   産経新聞(2014年5月29日14時59分)
http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_sk220140529103

韓国が不法占拠している竹島(島根県隠岐の島町)を島根県が明治39年に撮影した最古とされる写真
2点が、松江市内で印画紙の状態で見つかった。
明治、昭和の文献には掲載されていたが“原本”が発見されたのは初めて。

写真

確認した竹島問題研究会(座長・下條正男拓殖大教授)は、島根県が38年の領土編入後に行政権を
行使していた証拠の一つとして「竹島が日本領であることを補強する貴重な資料」と話している。

 見つかったのは、船上から竹島の北西側から南東方向に撮影したとみられる写真で今月、古い絵はがき
などの販売を手がける「今岡ガクブチ店」(松江市)に所蔵されていた写真の中から研究会のメンバーが確認した。

 同じ時期の調査で、県立図書館(同市)にも同じ写真が所蔵されていたことも分かった。

 文献などをもとに調べたところ、写真は39年3月、島根県幹部の神西由太郎(じんざいよしたろう)を団長
に総勢45人で実施した竹島視察で、研究会は大野写真館(松江市)の大野政助(まさすけ)が撮影したと
判断した。
竹島に近づき、島に穴が開いた「五徳島(ごとくじま)」や直立した岩の「観音岩(かんのんいわ)」に焦点を
あてるなど、特徴的な自然地形を撮ろうとした姿勢がうかがえる。

 研究会は「写真では、施設などが建つ前の明治39年当時の竹島の原風景を確認できる」とし、
「竹島視察は領土編入に伴う実地調査にあたり、竹島を日本領としていたことは明らかだ」と話している。

[関連リンク]
竹島は「日本の景勝地」昭和初期には認知裏付け 国の旅行ガイドで紹介

戦う島根県、「竹島」及び腰の国を尻目に「日本の領土」と次々発信…

教科書全社で竹島・尖閣を明記「日本固有の領土」 領海侵犯にも踏み込む

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


★次々と続く 「日本の領土 竹島 尖閣諸島 」 日本政府広報動画の快進撃!!

★安倍内閣のGJ! 文科省 「尖閣・竹島は固有の領土」 ついに教科書に明記へ!! 

★日本の陸海空自が ”日本単独で”
  「外国の軍隊により占領された島の奪還」 のための大規模軍事演習を実施!!


★安倍首相が竹島を「日米安保の対象外」とした理由は、その方が竹島奪還に有利だから!
  → 見捨てられたのは日本ではなくて韓国の方!




英語で世界に発信!UndertakerRachのコピペでGO!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示