ひだまり    今は古事記に夢中! 天安門事件関連の米公文書を公開 「兵士が笑いながら発砲」

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

天安門事件関連の米公文書を公開 「兵士が笑いながら発砲」

天安門事件関連の米公文書を公開、
「兵士が笑いながら発砲」

AFP=時事 6月4日(水)11時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140604-00000016-jij_afp-int

【AFP=時事】
中国・北京(Beijing)で1989年に起きた天安門事件で、国内各省から派遣された兵士らが、
民主化を求めるデモ隊に対し笑いながら無差別に発砲していたことを示す米政府の文書が、
事件からちょうど25年となる3日に機密解除された。

【ギャラリー】天安門事件、当時を伝える写真
 米ジョージ・ワシントン大学(George Washington University)の国家安全保障公文書館(National Security Archive)が「情報自由法(Freedom of Information Act)」に基づき取得して公開したこれらの文書では、89年6月3日夜から4日未明にかけて中国当局が学生運動を武力弾圧する中、中国全土に広がっていった混乱の様子が示されている。

 米軍のある機密報告書は、ホテルの一室から天安門広場(Tiananmen Square)の様子を目撃した匿名の人物の話として、武力弾圧が多くの死者を出すことを意図した「残虐」なものだったと記している。

 第27集団軍(27th Army)に属する非北京語話者の兵士たちは「人々の集まりに遭遇すると、それが誰であろうとも笑いながら無差別に発砲していた」という。

 また、中国各地に広がる危機感を示す別の公電では、天安門での惨事を受け、現金を引き出そうとする人々が殺到したことから、当時国営だった中国銀行(Bank of China)の上海(Shanghai)支店に軍が空路で外貨を運んだと書かれている。

 しかし天安門事件の翌日の米公電に、中国と関係の深い外国政府当局者とみられる人物の話として、実際には1997年に死去した�眷小平(Deng Xiaoping)氏が既に死亡していたとする情報があるなど、今回公開された文書には大ざっぱなところがある。

天安門事件では、
兵士らが非武装の市民ら数百人を殺害。死者は1000人を超えるとの推計もある。

【翻訳編集】 AFPBB News
.

【関連記事】
中国民主化運動の象徴「戦車男」、天安門事件から25年

「虐殺者」と取引に励む世界 天安門25年、人権問題置き去りに

北京警察が「テロ制圧」大演習、天安門事件25年を前に実力誇示

〔写真特集〕天安門に車が突入・炎上

膨らむ「内部矛盾」を国外転嫁する中国に備えよ!


・・・・・・・・・・・・・・転載おわり


ぜひ、「関連記事」にも目を通していただきたい。

わたしが言いたかったのは、
いかに日本の大手新聞の中国関連の記事が欺瞞に満ちているか、
ということです。

たとえば中日新聞は、天安門事件25年のついての記事で、
なぜか犠牲者の「数」に一切触れていなかった。
第一面にでかでかと書いても、大見出しも小見出しも、記事内容も、補足説明も、
どこを見ても、追悼式デモ参加者の数はあれど、どこにも、「犠牲者の数」はなかった。
「中国政府が殺した数」 は。

たとえ「実数」が不明だったとしても、
参加者の数も、学生の数も、犠牲者の数も、
まるで「避ける」かのように、一切 書かなかった。
なぜ?

これが「南京事件」だったら、
「大虐殺」の言葉と共に、「30万人」とも「50万人」とも、
「当局は100万人(500万人)とも伝えている」・・・などと、かならず書くのに。

なぜ?
中国政府が自国民の、それも学生を「弾圧」「虐殺」したことについては、
たとえば、上の米記者の言葉を借りると、
「犠牲者の数は把握できていないが、数百人とも千人以上とも言われている」
・・・などということは けっして 書かない

それは、「伝えてはいけない事柄」 だから。
それを「伝える」と、「解かって」しまうから。

だから反日新聞たちは、「読者」が真実に近づくことをけっして容赦しない。

それは、チベットやウイグルで行っている「中国の残虐蛮行」をけっして報道しないことも同じ。

中国が、今、チベットで、ウイグルでやっていることはまさに、
自国民への弾圧をも是とする中国政府の「血も涙もない冷血非道性」をそのまま映したものであり、
さらに、それは、
敵国に対する容赦のない非道な弾圧、虐殺が、現実的に容易に「可能」だということの証明になる。

それはすなわち、
中国(やそれを支持する日本の左翼)が主張する
「日本軍がやった」とされている「三光j作戦」、いわゆる「南京大虐殺」や、
「盧溝橋事件」をはじめとする「中華”事変”を中日”戦争”にすり替える手法」が、
つまり、「自分たちがやったことを日本がやったことにする手法」が、
まさしく、中国自身の常套手段であり「お家芸」である ということを示唆することになる。

だから、
日本の反日新聞は「書かない」、日本人には「教えない」のである。

日本を誹謗することについては、
たとえ「不明」であっても「憶測」であっても、平気で大見出しで何度でも書くのに、
中国(韓国)については、
いいこと または、日本への不満・抗議 については憶測でも大きく書くのに、
中国(韓国)についての悪いことについては ぜったいに書かない、伝えない。

だって日本の新聞マスコミが一番伝えたいのは、
「中国は日本にこう不安を持っている」(日本は中国を安心させなさい)
「韓国は日本にこう不満を訴えている」 (日本は韓国に優しくしなさい)
・・・ってことだけだから。


中日新聞なんか、毎朝読むたび引き裂きたくなる・・・

産経新聞に地元ドラゴンズ情報と折込みチラシがあったら・・・
そしたら、
こんな中日新聞なんかぜったい取らないのに~~~~~ 
(足元見やがって~~~  (T_T;)  )


関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
野球のワールドカップWBC第一回大会に日本が優勝しましたよね。
2006年のことだったのかと、さっき調べて驚いてたのですが。。。
地元広島の中国新聞を読んでおりますと、作家だったかの寄稿がありました。
内容を簡単にまとめると 日本が勝って嬉しいがみんな熱狂してるんで
ナショナリズムを感じます というものでした。
ああ、日本が勝ったかよかったなという程度ですませればよいとも。

外国人参政権OKを誘導するような記事があったりw

親が亡くなった後、解約しましたよヽ(`Д´)ノ
2014/06/11(水) 18:50 | URL | ユリ助 #halAVcVc[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示