ひだまり    今は古事記に夢中! 「天皇について解かりやすく」知りたいという方々へ・・・

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天皇について解かりやすく」知りたいという方々へ・・・

 
「天皇について解かりやすく」知りたいという方々へ・・・


最近、「天皇って何?」「ところで、天皇、皇室って何のためにあるの?」
・・・なんていうことを聞いてくる人がよくいます。 (そういうキーワードで検索にかかってくる)

まずは、日本人として知っておくべき、自分たちの国の根幹に関わる大切なもの、
それが「天皇」であることを知ってください。

「天皇」を知らずして「日本人」が何たるかを知ることはできません。
「天皇」を語らずして「日本」が何たるかを語ることはできません。

世界中がその存在に敬意を払い、羨望と畏敬の眼差しを送る日本の皇室
(※この感覚が本当です!)について、 当の日本人がまったく教わっていない
という信じられない現実があることを知ってください。
そのおそろしさを。
そして、それはなぜなのかを知ってください。

そして、その国を傾ける危険な状況を一日も早く抜け出せるよう
「日本人の誇り」を取り戻してください。
(それが安倍さんの言う「戦後レジュームからの脱却」なのです)

今、安倍政権が教科書改訂、歴史認識の改正に取り組んでくれていますが、
それが完成し、日本人が「当たり前に」日本人の真実を学べる日がくるまでには、
現実的には残念ながらまだ相当かかります・・・

だから、知ってる人から、知った人から語らないと、今すぐ子供たちに語れるようにならないと
日本は「手遅れ」になってしまうのです…。


じつは、いろいろ書いてるわたしも、若い頃から「皇室大好き」だった自分ですら、
つい6~7年前まではこんなに詳しく知りりませんでしたし、語れませんでした。
偶然、日本から離れて、日本を外から見る機会を得たことと、
真央ちゃんとネットの力がなかったら、そしてこうしてブログを書いていなかったら、
わたしもずっと知らなかったと思います。

そんな自分を含めた今の日本はおかしい・・・、このままでいいわけない!
 と感じて、これからを担う子供たちに、その子供たちを育てる親たちに、
日本人なら知っておきべき「天皇」や「日本人」に関することを、
そういう疑問を持っている人や、学生やお子さんたちにも解かりやすい解説をと心がけて、
これまでいくつか書いてきました。

あまり本を読まない方や、長い論文形式の文章が苦手な方にも読みやすいように、
文字を詰め詰めにしないで改行を多く用い、大事なことを反芻しながら、納得しながら読めるように、
また、ポエム的にして、大事な文言が視覚的にも印象に残りやすいようにと工夫しました。

改行が多いため、やたら長くなってスクロールがたいへんになっている記事もありますが、
一冊の本を通して読むことを思えば、随分楽に読めるかと思います。

また、書物と違ってネットの強みとして、参考動画や参考記事を添付することで、
より理解を深め、興味を広げることができると思います。

縁あってここに辿り着いたみなさんが、
この記事をお読みになって少しでも関心をお持ちになり、もっと詳しく知りたいとお思いになりましたら、
下記、または、右欄のその他「関連記事」もぜひ開いて読んでくださるとうれしく思います。


「日本人のこころ」を取り戻すことへのきっかけ、または一助となれば幸いです。






★日本人が天皇(皇室)のことをあまり知らないのは当然なのです。 ① (2015/11/20)

★日本人が天皇(皇室)のことをあまり知らないのは当然なのです。 ② (2015/11/20)


★「立派な天皇」は国民の鑑である ①

★「立派な天皇」は国民の鑑である ② 


★竹田恒泰 「宮内庁体質の外務省化にもの申す!
 ~わたしたちはどのようにミスリードされ、何を信じるべきなのか?

 ※皇族批判している人たちは、なぜか宮内庁から言質を取って得意に成っている。
  皇室不信の火種は宮内庁発言から! 
  宮内庁の虚偽失言を一切批判しない在日マスコミ。
  今時宮内庁からの情報を都合よく鵜呑みにしているのは反日左翼だけ!



★「天皇陛下は憲法改正に反対だよ?」
 この一言がどれだけ矛盾しているかを理解できないことこそ戦後左翼教育の「成果」なのです。

 反皇室左翼たちは、天皇発言(その一語一句だけ)を政治利用し、
 それをもって皇室不信(天皇不信)を広め、皇室解体への導こうとしているのでご用心!!


★皇室を守るために、わたしたちは、
 不本意ながら己の中に巣食ってしまった共産思考と戦い、今こそ、
 耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶときなのではないでしょうか?


★日本人は「皇室リテラシー」というものをもっと学ぶべき!

★皇室を守るために、日本人が絶対に乗ってはいけないこと! ①

★皇室を守るために、日本人が絶対に乗ってはいけないこと! ②

★「皇室の存在は日本の文化と伝統そのもの」 安倍晋三
※これぞ、日本の伝統を重んじる「日本の総理大臣」です!!




ここに日本人としての誇りを取り戻すための参考記事をまとめてみました。
★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話

★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、
 昭和天皇が初めて一般人に向けて歌をお詠みになった

※ぜひ、お読みください。
※宮部久蔵だけが特別な人間だったわけじゃない。 あれが「日本人」だったのです。


★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで・・・!!



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。