ひだまり    今は古事記に夢中! 「歴史」とはこういう意味こそ学ぶもの ③ 日本は欧米にとって大切な「赤化の防波堤」 赤化を怖れる世界は日本を本気で潰せない~

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「歴史」とはこういう意味こそ学ぶもの ③ 日本は欧米にとって大切な「赤化の防波堤」 赤化を怖れる世界は日本を本気で潰せない~

          
※はい、これも、
日本人として「歴史」とは、こういう意味こそ学ぶものという意味で大事なことであるにもかかわらず、
反日左翼思想蔓延る日本のマスコミではぜったいに取り上げられない視点ですので紹介します。

            
「歴史」とは、こういう意味こそを学ぶもの ③
日本は欧米にとって大切な「赤化の防波堤」 
赤化を怖れる世界は日本を本気で潰せない
日本を潰したいのは「赤化」(に協力)したい国だけ!



【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)2014年07月06日
http://oboega-01.blog.jp/archives/1005535024.html
 より抜粋転載~

【韓国の反応】
ニクソン元大統領
「日本人とドイツ人が最も能力がありダイナミックで活力ある国民」
「朝鮮戦争は韓国ではなく 日本を守るため の戦争」


ニクソン「韓国戦争は日本に関する戦争」

米国の政府文書「韓国戦争参戦」関連でのニクソンの認識を露出
(ワシントン=聯合ニュース)コ・スンイル特派員

リチャード・ニクソン元米国大統領が、去る1950年に勃発した韓国戦争にアメリカが参戦することに
決めたのは、韓国自体よりも日本の共産化を阻止する目的があったという認識を持っていたことが
分かった。


聯合ニュースが10日に入手した米政府で機密解除された資料によると、
ニクソン元大統領は40年前の1970年9月16日、イリノイ州シカゴで、イリノイ州、インディアナ州、
アイオワ州などの地域のジャーナリスト60人に、オフレコ(オフ・ザ・レコード)を前提に行った演説で、
このような認識の一端を示した。


資料によるとニクソンは、当時の演説で、
「ハリー・トルーマン前大統領が、韓国戦争への参戦の決定をするかしないか、どうするのかについて
多くの議論があったとき、私は『共産主義者にとって、韓国戦争は韓国ではなく日本に関するものなの
で米国は必ず参戦しなければならない』という世界共産主義運動専門家(ウィタッカーチェンバー)の
分析が胸に届いた」
としながら「(韓国戦争の性格は)本当にそういうものだった」と、それを肯定した。


続いてニクソンは
「(韓国戦争勃発20年が過ぎた)今、我々が振り返ってみても、もし韓国が崩壊したなら、当時の日本
は、たとえ米国の膨大な経済的依存度と、米国の対日防衛の保証があったにもかかわらず、
共産主義に傾倒した非常に強力な社会党を持っていたので、必然的に(共産主義の)軌道に引っぱら
れていくしかない状況だった」とし「韓国は(日本の共産化の問題と関連した)存在だった」と話した。


ニクソンは、韓国戦争についてこのような論理を展開しながら、当時米国内で論議が盛んだった
ベトナム戦と関連して、「歴史は少なくともベトナム戦争については、ベトナムとベトナム国民が戦争
で生き残って、自分たちが必要な政府形態を選択する権利があるのか​​についての戦争であると記録
することになるだろう」
と、韓国戦争とは差別化された解釈を出した。


ただしニクソンは、ベトナム戦争をどのように終了するかによって、その影響が異なる可能性がある
と前提においた後「これは、東南アジア、太平洋、日本はもちろん、通常の意味での世界平和の問題
になるだろう」 と述べて、国家単位では、日本を唯一指定した。


ニクソンは、
「(ベトナム戦争終戦の方法が)もし、ベトナム戦のような挑発をしようとする勢力を鼓舞したり、
アメリカの失敗と解釈される方法で終了したら、その影響は途方もなく、致命的なものになるだろう」
と明らかにした。


また、ニクソンは翌年の1971年4月20日、ホワイトハウスで共和党の議会指導部を招待して会談した
席で、日本の国民の勤勉性と能力を唯一褒め称えて、「日本を味方にしなければならない」と強調した。

ニクソンは
「ヨーロッパで最も能力があり、ダイナミックでありながら活力ある国民はドイツ人であり、
アジアでは日本人だ」としながら「この二国は、単に経済的な側面だけでなく、米国が世界最強
なのに加えて、かれらに国家安全保障の傘を提供しているので、今、私たちの味方である」
と述べた。


彼は「1億人の人口の日本が、8億人の人口の中国よりも、2倍多くの鉄鋼を生産している」とし
「これは日本国民の能力を示すもので、我々は日本を味方にする必要がある」と再三主張した。


引用ソース
http://media.daum.net/foreign/newsview?newsid=20100111070207565



面白いね。

第二次世界大戦で日本を潰したあと、
朝鮮戦争やベトナム戦争、冷戦をするなかで、米国の指導者の多くがはじめて、
「なんでこんなに大変なんや? あ…日本が反共の盾として孤立した極東で必死にふんばってたけど、
俺らがそれを潰したからか…」
ということを知ったんだよね。

日本にとっての第二次世界大戦は、「反共の戦い」でもあった。
そう考えると、
ベトナム戦争はともかく 朝鮮戦争は、ある意味米国が日本の代理戦争をしたといえるのかも。

代理戦争はおかしいか。言い方がわかんないや。

結果的に東條英機の遺言どおりのことを米国がやった というのも興味深いです。




東條英機の遺言(一部)

現在の日本を事実上統治する米国人に一言する。
どうか日本人の米国に対する心持を離れざるように願いたい。

また、日本人が赤化しないように頼む。
米国の指導者は大きな失敗を犯した。日本という赤化の防壁を破壊した。
いまや満州は赤化の根拠地である。

朝鮮を二分したことは東亜の禍根である。
米英はこれを救済する責任を負っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%A2%9D%E8%8B%B1%E6%A9%9F%E3%81%AE%E9%81%BA%E8%A8%80


そして
米国に牙を抜かれ、極東での反共の戦いを良くも悪くも放棄させられ、
完全に反共の戦いを米国任せにすることになった日本は、
安保面では「のほほーん」としたまま戦後復興から経済大国への道を歩み、
「9条のおかげで平和 (^∀^)♪ 」   とか言っていたわけです。


そろそろ局面が変わったことに気づいて、
米国が引きこもり期に入ろうとしてることに気づいて知恵を取り戻さないと
痴呆のまんまやられちゃうよ。



・・・・・・・・・・・・・・・抜粋転載おわり


①~からずっと言ってるけど、
大事なことだと思から、もう一回言いますね。

「歴史を学ぶ」 ということは、
「歴史に学ぶ」 ということは、

どこかの国を恨み続けるために語り継ぐ だけ ではなく、
失敗を 「繰り返しません」とただ念仏を唱える だけ でもありません。

こういう視点が欠けていると、
民族にとってほんとうに大切なものを見失ってしまいます。


この東条英機の遺言などを聞くと、つくづく思います。

ときに 「歴史」という法廷は、
真の犠牲を払った「英霊」たちの 供養の場 ではないか
と、  
最近 わたしは思います。


(もちろんそれは、とても日本的な思考だけどね)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示