ひだまり    今は古事記に夢中! なぜ日本の漢字は発展し、中国の漢字は衰退したのか? ④  もっと日本語を残してくれた先人たちに敬意を

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

なぜ日本の漢字は発展し、中国の漢字は衰退したのか? ④  もっと日本語を残してくれた先人たちに敬意を

               
なぜ日本の漢字は発展し、中国の漢字は衰退したのか? ①~③ の続きです。 
どうぞ ↑ を先にお読みください。


今回、①の引用記事に基づいて、「中国語」と比較しましたが、
わたしは何も中国語を屈辱するためにこれを書いたわけではありません。

中国語と比べるまでもなく、
日本語は世界中の他の言語と比べても類のない豊かな表現力を誇っています。

それは、それで、「素直に」誇りに思えばいいことだし、
むしろ、日本の国語教育では、そういう母語(日本語)に対する誇りをもっと持たせるべきだと、
そういう教育がぜんぜん足りない! と、わたしは思います。
 
(そういうことを教えないのも戦後の占領政策のままなんです!)

先の記事に書いた日本語の豊かさ、素晴らしさ、
それは、自分の手柄じゃないけど、それを自分の自慢にするのは愚かしいけど、
でも、その「誇り」は持つべきだし、
それを残してくれた先祖たちへの「感謝」は忘れてはいけないことだと思う。

少なくとも「中国の漢字」のように残念なことをしなかったわれわれの先祖に対して。

そういう先人たちの英断と偉業によって今の日本語があります。
なのに、その遺してくれたものを誇りに思い、遺してくれた方へ敬意を払うことを
日本人はあまりにも教えられていない

ゆえに、
今の日本人は他国に比べて、「国語を守る」という自覚が非常に薄いと思います。
これは危険です。

それは目的をもって戦後左翼勢力がそうさせてきたのです。

日本人が敗戦のショックで弱っているときに付け込んで、
やれ「漢字をやめよう」とか「敬語をなくそう」とか、挙句、
「日本語なんてほっといても誰でも喋れるから、国語を減らして英語教育だけに力を入れよう」
など、どうにかして日本語を破壊しようという画策がいろいろ行われてきました。
日本語を破壊するということは、日本精神を破壊することと同義だからです。
それをかれらは知っている。
わたしたちが何も知らないうちに、そういう画策と戦ってくれた人たちのおかげで、
(それにも感謝を)
かろうじて、これまでは決定的な悪策が採用されてきませんでしたが、
それでも、徐々に、日本語は壊され、屈辱され続けています。 (NHKの助けもかりて

つまり、逆にそれほど、そのくらいしないといけないほど、
「日本人の言語に対する見識の高さ」「日本語の素晴らしさ、強さ」を
敵国は認識し「恐れていた」っていうことだと思います。

だからそれを元に戻さないと!

早く改革を進めて「戦後教育」を捨て去って、
諸悪の根源である「戦後レジューム」からあらゆる意味で脱しないといけないと思います。
日本の教育改革は、日本語教育は、そういうところにこそ焦点を当てるべきだと。


そのためにも、 
まず、
先人たちの名誉にかけて、
「日本語は所詮中国から輸入したもの (偉いのは皆中国!)」 
という、
戦後左翼がかけた時代錯誤な呪縛をいい加減に棄てる必要がある!

と思います。



日本語は素晴らしい、有色人種で唯一の先進国になった要因ここにあり


日本語最高!先人たちに感謝を! 有色人種で唯一の先進大国になった要因がここにある!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<参考文献> (最近読んだ分だけ)
「妻も敵なり」 岡田英弘
「韓流時代劇と朝鮮の真実」 宮脇淳子
(他いろいろ)




長々と最後まで御付き合いくださいましてありがとうございました。 
m(__)m

でも、じつはまだ切り取った部分があるので、
それはまた違うタイトルで別に出したいと思います。


ただ、 こういうことを言うと、
すぐに 「日本の悪いところは言わないのか?」 とか、
「いいことを言うだけでなく、ちゃんとセットで日本の悪いところも言わないとダメだ」
って噛みついてくる人たちがいますが、
「日本の悪いところ」?
そんなのは、これまで散々誰かが(あんたらが)言ってきたから もうたくさん!! です。

これまでがそれ一辺倒だったから、あまりもアンバランスだったから、
本当のバランスを取り戻すために、わたしはこういう話を書いているのです。

わたしは、これまで40余年生きてきて、
今まで誰も教えてくれなかったこと、
知らずに、気が付かずに、誤解して、卑下して、
日本人自らが辱めてきた日本の名誉を取り戻すために 
それを伝えたくて、そういう話に特化してここに書いているのです。
だから、「日本の悪いところ」をききたければ、他のところへ行ってくださればよろしいのであって、
それをここに求められても困ります。


.................................................................................................

「韓国欠陥教育で50年前の資料読解が不可能な大学教授が激増中」 
抽象的語彙の消滅で論理的思考が不可能に

※漢字を完全に手離すと このような弊害が・・・



★どうして中国人は 日本が突きつけた「動かぬ証拠」をけっして認めようとしないのか?







※日本語の美しさ、すばらしさについては、↓ の関連記事もぜひ参照してください。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示