ひだまり    今は古事記に夢中! ザッケローニ氏 日本の思い出 「天皇陛下と握手」

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

ザッケローニ氏 日本の思い出 「天皇陛下と握手」


ザック氏日本の思い出 「天皇陛下と握手」
http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/40597139.html


 日本代表のザッケローニ前監督が、日本での思い出を振り返り、
天皇陛下と話す機会があったことなどを明かした。
29日付の伊ガゼッタ・デロ・スポルト紙(電子版)に、インタビューが掲載された。

イタリアのサッカーについて質問を受けた後、日本の話になった。

 -日本での経験に評価点をつけるとすれば

 ザッケローニ 
人間的な面では10点満点。あれ以上のものは得られなかっただろう。
サッカー面では9・5点。最後の10日間に、W杯で出せるものがうまく出せなかったため。


 -天皇陛下と握手したというのは本当ですか

 ザッケローニ 
最初で最後の経験だと思うが、とても感動的だった。
私たちは天皇陛下が夏にいらっしゃる避暑地の公園にたまたまいた。

天皇陛下のご家族が一列になってこちらにいらっしゃり、そこにいた人たちにあいさつをなさった。
案内をしていた方が、私がいることを天皇陛下にお話しされたので、私の方へ近づいていらっしゃった。

握手のために手を差し出そうとなさったのがわかったので、
私も手を出して握手をした。
その途端、後ろにいた人たちが感動して泣いていた。

それから天皇陛下は私の仕事についてお聞きになり、
日本での滞在はどうか、何か必要なことはないかととても親切に聞いてくださった。

私が日本での経験について聞かれると、
私は日本で第2の人生を送ったと言う。それほど素晴らしい経験だった。



 その後、インタビュアーに頼まれて、箸でご飯やエビをつまんで見せた。
すると「わさびがない(笑い)」と笑顔。箸の使い方については「誰も教えてくれなかったので、
箸の使い方は覚えたけれど、他人に教えることはできない。
でも日本に行って、おなかがすいたので自然と覚えた(笑い)」と明かした。

 [2014年8月30日9時37分]


BrbRvbaCQAAwSmr




★動画 『日本ほど素晴らしい国は世界中のどこにもないだろう ~ アーセン・ベンゲル』

★海外 「この伝統を死守してくれ」 天皇即位の礼の光景に外国人が感嘆

★日本人に謝りたい  ~ あるユダヤ長老の懺悔(ざんげ) ~  ①
「日本民族のもつ最大の財産は天皇制である。
これは全く世界に類例のない偉大なものであり、人類の理想とするものである。」


★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、昭和天皇が初めて
 一般人に向けて歌をお詠みになった

※ぜひ、お読みください。


★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示