ひだまり    今は古事記に夢中! 「欧州貴族のファッションは元はといえば△○コ対策」!!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「欧州貴族のファッションは元はといえば△○コ対策」!!

竹田恒泰チャンネル
欧州貴族のファッションは
元はといえばウ○コ対策!!






この動画に付いたコメントより~

その「汚物に慣れている英国人」(イザベラ・バード ※下記)が、
旅行先 (日韓併合前の朝鮮半島)で衝撃を受けるワケだから、
当時の朝鮮半島が如何に不潔を極めた土地であったかが想像できます。

   ( 至言!! )



※イザベラ・バード 朝鮮紀行

「朝鮮紀行」 イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮 (1)
(一部抜粋)
城内ソウルを描写するのは勘弁していただきたいところである。
北京を見るまでわたしはソウルこそこの世でいちばん不潔な町だと思っていたし、
紹興〈シャオシン〉へ行くまでは、ソウルの悪臭こそこの世でいちばんひどい臭い
だと考えていたのだから!

都会であり首都であるにしては、そのお粗末さはじつに形容しがたい。

礼節上二階建ての家は建てられず、したがって推定二五万人の住民はおもに迷路の
ような横町の「地べた」で暮らしている。
路地の多くは荷物を積んだ牛どうしがすれちがえず、荷牛と人間ならかろうじてすれ
ちがえる程度の幅しかなく、おまけにその幅は家々から出た固体および液体の汚物
を受ける穴か溝で狭められている。
悪臭ぷんぷんのその穴やみぞの横に好んで集まるのが、土ぼこりにまみれた半裸の
子供たち、疥癬〈かいせん〉持ちでかすみ目の大きな犬で、犬は汚物の中で転げ回ったり、
ひなたでまばたきしている。

南山の斜面には簡素で地味な白い木造の日本公使館があり、その下には茶屋、劇場を
はじめ日本人の福利に不可欠なさまざまな施設を備えた人口ほぼ五〇〇〇人の日本人
居留地
がある。
ここでは朝鮮的なものとはきわめて対照的に、あくまで清潔で几帳面で慎ましい商店
街や家々が見られる。


ソウルの「風光」のひとつは小川というか下水というか水路である。
ふたのない広い水路を暗くよどんだ水が、かつては砂利だった川床に堆積した
排泄物やごみのあいだを、悪臭を漂わせながらゆっくりと流れていく
水ならぬ混合物をひしゃくで手桶にくんだり、小川ならぬ水たまりで洗濯をしている
貧困層の女性の姿に、男ばかりの群衆を見飽きた目もあるいは生気を取り戻すかもしれない。
これはソウルに特有であるが、女性たちは一様に緑の絹のコート——男物のコート—
—を着ており、「衿」を頭にかぶって目の下で押さえ、耳のところから幅広の長い袖を
たらしている。
朝鮮の女性はあだっぽい美女ではないので、顔や体を隠すのはむしろけっこうなことである。




<関連記事> 世界の汚物&衛生事情

電車内で子供に○ンコさせない。中国政府の海外渡航者ブラックリスト

★中国のトイレ事情 ①  ニーハオパンツ

★中国のトイレ事情 ②  ニーハオトイレ

★やっぱり大掃除は大事! 守ろう! 日本の「きれい好き」は貴重な民族性
   ~片付けることを放棄してしまった中国学生寮の実態・・・


★今こそ、江戸時代のゴミ処理ノウハウを見習うべし!

歴史ミステリー 江戸は〇〇世界一!!
※江戸は「清潔」世界一!!

★トイレが個室であることの幸せ

★学校では教えてくれない 本当の江戸社会と江戸日本人のすごさ! 

リサイクル今昔物語~江戸のエコ知恵、現代のエコ技術~ 



★世界に誇る日本の鉄道ダイヤの正確さは、すべて 「皇室」の存在の賜物であった!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

竹田恒泰チャンネル 毎週木曜20時から生放送 
http://ch.nicovideo.jp/takeda-tsuneyasu

竹田恒泰
作家。
昭和50年、旧皇族・竹田家に生まれる。
明治天皇の玄孫にあたる。

慶應義塾大学法学部卒業。憲法学・史学の研究に従事。
全国に約6,000名の会員のいる竹田研究会代表、財団法人竹田研究財団理事長。

平成18年に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で山本七平賞を受賞。
本年度は『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)が発行部数30万­部を突破。


▼▼▼関連ページ▼▼▼

▼竹田恒泰チャンネル:
http://ch.nicovideo.jp/takeda-tsuneyasu

▼竹田恒泰ブロマガ 日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか :
http://ch.nicovideo.jp/takeda-tsuneyasu/blomaga

▼竹田恒泰チャンネルFBページ:
https://www.facebook.com/takedach

▼竹田研究会:
http://www.takedaken.org/




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示