ひだまり    今は古事記に夢中! 羽生結弦 中国杯 FP イタリア語解説 「この羽生の涙はフィギュアスケートを愛するすべての人の涙だ」 

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

羽生結弦 中国杯 FP イタリア語解説 「この羽生の涙はフィギュアスケートを愛するすべての人の涙だ」 

    
【イタリア版】羽生結弦 中国杯 2014 FP

「心を揺さぶる素晴らしい演技でした」
「本当に、彼は一瞬たりとも投げ出さなかった」


「この羽生の涙はフィギュアスケートを愛するすべての人の涙だ」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24884509





(翻訳の抜粋)
「頭を打っての演技は想像を絶する戦いだっただろう」
「このような高難度のプログラムを負傷した状態で滑り切った」

「頭を打っているのだからリスクは非常に高い」
「すぐに処置をして結弦の体調を検査して欲しい」

「彼はリスクを冒して演技をした。
GPシリーズは2位で通過するだろうけど、
無理をしてシーズン全体に影響を与えるべきではない」

「でも絶対に諦めずに挑戦し続けたことは感嘆に値するし、
最終的にプログラムを通してすべてのジャンプを回り切った。
これ以上を要求するのは難しい。」

「何度も言うが、これは非常に難しいシュチュエーションだった。
あのような事故があると、しばらく身体の震えが止まらない。
バイク事故のあとに演技をするようなものだ」

「この羽生の涙はフィギュアスケートを愛するすべての人の涙だ」


・・・・・・・・・・・・・・・


一番気になってたイタリア解説の動画が出ました!

前に上げた記事についた海外解説も、じき翻訳がつくと思います。
お待ちください。

動画主様、翻訳の神さま、いつもお世話になります。 m(__)m



追記の追記!

いろんな動画見ると、かならず、
「5回も転倒して2位?」
「OPチャンピオンには審判は甘いのか?」

などという八百長疑惑みたいな書き込みがありますけど、

(あんたらのOPチャンピオンはたしかにそうだったね!!)

これを見よ!! です。
イタリアの解説者たちも、
採点が出る前に「2位をキープできるだろうけど」と言ってるじゃないか!
つまり、
5回の転倒(マイナス5点)を差し引いても、
それをカバーできるだけの素晴らしい演技構成点や技術点(4回転は認定されてる!)
が「十分認められるはずだ」と言ってるのですよ。

そりゃ、確かに本人も含めて誰もがあの点数にはびっくりしたでしょうけど、
元トップスケーターの解説者たちがそう言ってるんですから確かでしょう。
「2位をキープしてもおかしくない」 と。

わかった?


それにしても、イタリア解説席、日本の事情に詳しすぎ!
何?週刊誌でも読んだの? 
羽生ファンと高橋ファンが何だって? (^_^;)
おそらくそれ、
以前真央ファンを愚弄してたのは「なりすまし」だっったってやつと同じ
だと思いますよ?
さすがにそこまでの情報はないか・・・
まあ、そのうち、日韓の事情も理解できるようになる日が来るでしょう。
世界中でブーメラン活動してくれてますからね。

(おっと~~ フィギュアねたでこれはタブーだった)

でも、さすがイタリア解説!
ニクいこと言ってくれますね~~~
思わずタイトルに追加しました!

ありがと~~~ イタリア解説!


★他の各国解説つき中国杯FP動画はこちら



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示