ひだまり    今は古事記に夢中! やっぱり日本は神の国! 東京・札幌五輪で世界が驚嘆した 『エンペラーズ ウェザー』

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

やっぱり日本は神の国! 東京・札幌五輪で世界が驚嘆した 『エンペラーズ ウェザー』



やっぱり日本は神の国!
 東京・札幌五輪で世界が驚嘆した 『エンペラーズ ウェザー』



割り込み!!

再・日本人が取り戻さなければならないもの  
 11月23日は「勤労感謝の日」…なんかじゃない!!

  ↑  ↑  見てね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



竹田恒泰氏1
天皇陛下とオリンピックの感動話
・・・それに比べて中国は!」




2013年に行われたある講演会での一コマです。

あの明治天皇の玄孫である武田恒泰氏が、日本で行われたオリンピックと天皇陛下の
日本人の知らない知られざるお話をしてくれています。

中国のオリンピックと比較したお話もあり、改めて天皇陛下の影響というものを
垣間見れるお話です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



この話を要約すると・・・

中国では、
オリンピックの開会式をどうしても晴天にしたい! と思ったら、
無理矢理人工的に雨を降らす 「降雨ロケット弾」 
あ、逆か、
無理矢理雲を蹴散らすロケット弾 (いろいろ持ってるな)
なる穢れたモノをお天道さまに逆らって打ち上げなければならない。 


(どこが「環境にいいオリンピック」だ!!!)



しかし、

日本には

天皇陛下 がいる。 

それだけでいい。



世界が見守る日本の一大事、大晴れ舞台に、
どんな雨が降ろうが、どんな大雪が降ろうが、
陛下がお出ましになると 
雨が止み、 雲が切れ、 晴天になる!!


これは、嘘でも、誇張でもなく、事実です。


東京五輪、札幌五輪のとき、
外国メディアが報じた 「エンペラーズ・ウェザー」によって
これは証明されている。


ああ、 やっぱり日本は 神の国。

やっぱり、日本は、天皇によって言挙げされた国



ああ、 日本国民でよかった。





・・・というお話です。




 あ、 あれ? もう動画が消されてる?
ごめん~~~
同じ動画がないのですが、エンペラーズウェザーについてはないですが、
中国の大気汚染対策についての部分だけ入っているのを参考までに貼っておきます。
要約を書いておいてよかった・・・・





※ここに昭和の東京五輪と長野冬季五輪の「天皇晴れ」についての詳しい話が入っていますが、
有料会員しかご覧になれません・・・ 
ここでしか聞けない 東京オリンピックの秘密(その4)|竹田恒泰チャンネル特番




他にもたくさん面白い話が聞けますので、よかったら登録してね。

★竹田恒泰の 誰も知らない「 昭和天皇と昭和論 」


もう、
聞けない人のために頑張って なんとなく 書き起こしするよ~

「日本でオリンピックをするときは、毎回ある特徴があります。
それは、とにかく晴れる ということ、かならず、開会式に晴れるんです。
その晴れ方も尋常じゃないんです。ピカー!! と晴れるんです。

みなさんも(昭和の)東京オリンピックの開会式の映像見たことあると思いますが、
とにかく雲一つない パ~っと晴れ渡った青空でしたよね。
札幌五輪もそうでした。
長野五輪は自分も行きましたけどそうでしたよ。
これはですね、「天皇晴れ」と言われています。

初の東京五輪の開会式の前日、雨でした。
世界中から記者が来ていますから、心配されていました。
開会式はどうなるんだ? と。
しかし、当日はあの映像どうりの素晴らしい晴天だったわけですよ。
それで世界中の記者たちが発信しました。
「エンペラーズ・ウェザー」ってね。

あと、札幌五輪のとき、これはけっこう、けっこう大変だったみたいですよ。
開会式の前日の天気予報では、当日は「大雪」。
どんどんどんどん雲が厚く重なって行き、もう関係者は、
明日は大雪の中で開会式をやるしかないな…と覚悟していたそうです。
ところが、
翌朝になってもまだ雪が雪が降ってたんですが、
昭和天皇を乗せた御料車が会場に着くと、
あれほど降りしきっていた雪が ピタ っと止まったそうです。
そして、陛下が貴賓席にお着きになると、
あんなに分厚かった雲が切れて、一筋の光が パ~っと差したというんです。
そして、その光がどんどん広がっていって、
みるみるうちに青空が覗き、空が晴れ渡ってきたというんですね。
で、式が始まるときには、雲一つない晴天。
すごいですね~~~~
そして、開会式が終わって、昭和天皇がお帰りになったとき、
また、ドカ雪が降ったそうですよ。
すごい!

それで、世界のメディアがですね、「また、再び」ってことで、
「エンペラーズ・ウェザー!」、「奇跡だ!」と、世界中に書いたわけです。

そういう天皇の力はなにも昭和天皇だけじゃないんです。
現在の天皇陛下もそうですよ。
長野オリンピックのときの晴天も素晴らしかったですね~

この前、慶應義塾の150周年式典が日吉であったんですけど、
なんとそこに天皇陛下がいらしたんですよ。
その日も雨が降ってました・・・ ところが、
陛下がお言葉を発せられるとき だけ、晴れるんですよ~~~~~

不思議ですねよ~~~~~~
なんて 徳のある国なんでしょう、日本って!!

それに引き換え、どうですか、中国は・・・

中国はどうやって五輪を勝ち取ったか知ってます?
「環境に優しいオリンピック」だったんですよ?
どこが! あれほど環境破壊のオリンピックなんかないですよ。
あの開会式の足跡の映像あったでしょ?
あれは合成だったから、あれを成功させるためには、
当日、絶対に晴れないといけないわけです。
で、どうしたか、
人工の、雲を蹴散らすロケットを、膨大な量のロケット弾を空に打ちまくって
文字通り、雲散霧消させて 無理矢理 晴れさせたわけですよ。

なんという、徳の無い国でしょう!!
中国はそういうことをしないと、晴れひとつないんですから。
ところが、どうですか、
わが国の場合は、 ロケット弾? そんなもの要りません。
陛下さえいらっしゃったら晴れるんですから。
ね、徳のある国と無い国、こんな違いがあるんですよ。

なんで? って、
そりゃ、そうですよ、天皇陛下は「日御子(ひのみこ)」ですから。
日御子の行く先に、雲はかからんのです!
だから、陛下の行く先は晴れるんです。

そういうことですよ~ 
日本という国は、そういうもんなんです。」



・・・・・・というお話です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


え?
 「偶然だ」 って?

そんなこと・・・

これ聞いて、それしか言えない人は、お気の毒・・・です。

せっかく日本に、日本人に生まれてきたのに。

そんな心の貧しいいや、心の不自由な人を相手にする必要はないんですが、
だったら、あなた、

この日本に生まれてきて、生きてきて、
一度も「縁起かつぎ」をしたことがないと?
一度も「忌み語」を避けたことがないと?
一度も「いただきます」も「ごちそうさま」も言ったことがないと?
一度も「大掃除」や「神頼み」をしたことがないと?

そういう人なら理解できなくてもわかります。
そりゃあしょうがないよね。
「言霊」を知らない人間なら。
「八百万の神」を信じて畏れない人間なら。
そりゃあ理解できなくて当然でしょう。

せっかく日本にいて、日本語を使って、日本人といっしょに生きているのに、
それすら信じられない、それすらできないんじゃしょうがない。

これは、神の御加護を信じられる「神国日本」の民だけに通じるお話です。



常日頃は忘れているようだけど、
なにかきっかけがあれば、自分はそういう国の人間だったんだと再認識できるのが日本人。
それを思い出させてくれる動画のひとつです。 

1998 長野 開会式 




<関連記事>

★なぜ今年はこんな異常な大雨が・・・  再  狂気の「雨降りロケット」! 

★神の国 日本! 東京五輪が決定した日 東京には虹がかかっていた・・・

★やっぱり日本は神話の国・・・だね。
 千と千尋の神隠しのハクに似た雲が激写される!

★やっぱり日本は神の国!!
 おかしな政権が立つたびに日本 を揺るがす「大震災」が起きる 日本


うまし国 言霊の国 の日本

★仁徳天皇を代々模範としてきた天皇陛下 
  「こんないい家に住めるようになったのもみんな国民のおかげだ」


★世界に誇る日本の鉄道ダイヤの正確さは、すべて 「皇室」の存在の賜物であった!


日本人は超能力集団 ??


子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話


関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
天皇皇后両陛下が12月3~4日に広島に!

ご宿泊になるリーガロイヤルホテルに出向いて
ご到着を待っていました
天気予報は昼から雨だったのですが なんと
ホテルご到着時刻16時46分の空は晴れでした。
ちなみにカラスも鳴いてました。
で、これを書いている今 雨が降っているんです

う~む(+_+)

ホテル正面玄関前で両陛下のお姿をこの目で見ることが出来て
感動しました。(ノД`)・゜・。

2014/12/03(水) 19:19 | URL | ユリ助 #halAVcVc[ 編集]
Re: No title
ユリ助さん、コメントありがとうございます。
なんて素晴らしい!
「エンペラーズ・ウェザー」を実体験されたんですね!!
そんな貴重な体験をされたユリ助さんこそ徳があるのだと思います。
いつもいつも陛下が行く先が晴ればかりとは思いませんが、
ここぞという大事なときはそうなんですね~

東日本大震災のあと初めて両陛下が慰霊に行かれたとき確か雨が降っていました。
そのとき、陛下は傘も差さず長い間頭を垂れておられました。
あのときの雨は、陛下のお気持ちを表していたように思えます。
少なくても「晴れ」のお気持ちではなかったですから。
その姿を見た地元の責任者は(村長だったか町長だったか)
「(いろいろと責められる立場にあったが)あれを見て救われた気がした」
と言っていたのを覚えています。
陛下の慰霊は、亡くなった人の魂も生きている人の魂も救う力があるのでしょうね。
2014/12/03(水) 19:56 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示