ひだまり    今は古事記に夢中! たかじんのそこまで言って委員会 2014.11.23 女性問題を田嶋さんと検証すると・・・    (あとからいろいろ追記!)

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

たかじんのそこまで言って委員会 2014.11.23 女性問題を田嶋さんと検証すると・・・    (あとからいろいろ追記!)

割り込み!!

『 再・日本人が取り戻さなければならないもの  
 11月23日は「勤労感謝の日」…なんかじゃない!!

  ↑  ↑  見てね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                     
たかじんのそこまで言って委員会 2014.11.23
女性が輝く未来は本当にやってくるのか?
田嶋さんと一緒に徹底検証SP!!
…で、田嶋VS竹田  大激論!


2014年11月23日放送
司  会   辛坊治郎、森若佐紀子(読売テレビアナウンサー)
パ ネ ラ ー 津川雅彦、田嶋陽子、 桂ざこば、加藤清隆、 長谷川幸洋、井上和彦、
        竹田恒泰、江頭ゆい




動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます。m(__)m

※最近動画が消されてしまうことが多いので 消される前にぜひ見てね!


ふうん・・・
田嶋さんと女性問題を検証すると、こうなるってことね。
なるほど、フェミニストが政策に口をはさむと社会がメチャクチャになるわけだ。

解かり易いですね。


<参考記事>
★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その②

★たかじんのそこまで言って委員会 2014.5.11 女性が考える女性問題SP!!

★田嶋さん、聞いてる?  在日スウェーデン女性の目から見た “すばらしい日本”

★「日本の女性は世界一大事にされている」? 海外の反応は田嶋脳とは逆!

★「平等」は不公平で 「公平」は不平等である


追記; 参考動画

※問題個所の切り取り動画
竹田恒泰VS田嶋陽子 「田嶋さんは主婦をバカにしきってる!」

田嶋陽子さんが専業主婦をバカにしきってるという竹田恒泰さんに対し激しく反論。
竹田恒泰さんは、女性の気持ちを代弁してるわけではありません。
自分の生き方を押し付­けちゃいけないというのは、確かにその通りだと思いました。
そして、あくまで事実を述­べているだけですし、正論だと思います。
 (動画主さまのコメントより)


竹田恒泰が田嶋陽子とマジ喧嘩
「男の馬鹿ども」発言にスタジオドン引き【内閣改造】



これを聞くとよく解る。
田嶋さんのはただの感情論。 結局最後は論旨のすり替えで逃げるだけ。
竹田さんのはちゃんとした最新データによる根拠のある説得力ある現実的な主張です。



(※以下、思いつくままつらつら書くので、少々感情的なのは許してね。)

でもわたしは今回、女性問題における田嶋VS竹田のバトルよりも、
女性皇族と天皇のご公務問題での長谷川VS竹田のバトルの方が気になりました。
はあ?  
長谷川さん、何言ってるの?
「もっと頭を柔らかく」とか「簡単に」とかいう問題じゃないですよ。
それ言い出したら、結局、日本の伝統や日本の国体を守る話じゃなくって、
ただの近代的な、欧米的な価値観に基づく「平等論」や「人権論」、つまり、
それじゃ田嶋さんの妄言と変わらないよ。

番組制作側も何やってるの? って感じです。
そもそも、あのナレーションが悪い。 
あたかも今の現状を解説しているように見せかけて、
嘘ばっか!!  じゃないか!(怒)
どうでもいいことに関しては事実だけど、
本当に大事な核心部分関したことは嘘ばっかりの「嘘ナレーション」!
(ま、マスコミなんていつもそれですけど)
そんなことしてるから、こういう誤解を生むんです。
未だに視聴者が、パネラーまでもが宮内庁の口車に騙されているのです!

「陛下のご意向」だとか、「陛下がお可哀想」だとか、
お前が言うな!  です。
みんな、宮内庁の虚偽・戯言を信じすぎだって、竹田さんがずっと言ってきたでしょ?
あれはただの左翼官僚の出先機関だって。

いったい何のために竹田さんを呼んだの?
最初に竹田さんが「たかじん」に出たときのを復習してきなさいよ!
って言いたいです。

あとね、井上さんがせっかく言いかけたけど、いつものようにうやむやにされてしまったので
はっきりさせておきます。

もともと「皇室は必要ない」と思っているような思想の人間を
「皇統を守るための議論」に参加させること自体が おかしい 
のです!!


そ、討論以前の問題ですよ。

解かってない人を納得させる討論ならともかく、
そもそも
泥棒に防犯システムづくりに参加してもらうようなものですから。


追記; 問題個所の切り取り動画

【竹田恒泰 VS 田嶋陽子】皇室が女性差別?
天皇家を潰したい戦後左翼「田嶋陽子」!




おまけ!
※たかじんに出る以前の竹田さんは、こんな風に「大人し」かったですよ!



★竹田恒泰  「女性宮家」創設は皇室の正当性を失わせる亡国の愚策

★竹田恒泰が初登場したときの「たかじん」  ② 宮内庁体質の外務省化にもの申す!

★再・竹田恒泰が初登場したときの「たかじん」 その③
 所功氏との大バトルについて& の後の進展!新しい波到来か?
 「一体何があったんだ所大先生~!」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★「たかじんのそこまで言って委員会」が関東地方で放送できないわけ・・・

(辛坊が復帰してからちょっとアヤシイんだけど・・・)

「たかじんのそこまで言って委員会」は、マスコミ最後の良心 と言っていいでしょう。
新聞、テレビでは普通言えないこと、聞こえてこないことも、
ここではバリバリ保守の日本人としてのど真ん中発言 がたっぷり聞けます。
聞けば聞くほど、東京方面だけ放送してない(放送できない)という意味が解かります。
もし、これが東京でも放送されていたら、先の都知事選の結果は大きく違っていたかもしれない…
だから、
これを東京では流せないのです。
「戦後レジュームからの脱却」がもっとも必要なのは日本の中心東京なのに、
じつはその東京こそが、意図的に、
そうあってほしい(日本人に目覚めてほしくない)勢力の力によって
浦島太郎状態を維持されているのが現実です。

そんな東京方面の方、
また自分のように日曜にゆっくりテレビが見られない方のために、
これまでの放送で保存版として残しておきたい動画を順次上げていきたいと思います。



たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html


貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html
(※最近のものは欄下の関連記事からどうぞ)



※ あわせてこちらもご覧ください。

★さあ! 解散総選挙だ!!
 その前に、 民主党の「通信簿」を見てみよう!


★「日中首脳会談は安倍首相の大勝利だった」という解りやすい証明

★「たかじん委員会」でしか聞けない!!
  「南京大虐殺の中国側の証拠はみんな捏造だったという証拠を検証する」


★韓国人「日本に植民地支配された屈辱は忘れない」 ← これに反論できる日本人いるの?
   (いるよ~) 


★神風特攻隊の遺書と「永遠の0」 ~ 

★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、昭和天皇が初めて
 一般人に向けて歌をお詠みになった


★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話

★遅ればせながら、<憲法改正問題 関連記事一覧> 作りました。
※日本人は誰も「日本国憲法」を正しく教わっていない! (左翼のウソばっかりが浸透している)
※女性、主婦の人にこそ考えて欲しい 憲法改正問題


★日本国民がどのように宮内庁とマスコミの巧妙な皇室解体計画に騙されてきたのか
※宮内庁、マスコミは嘘ばっかり! それに保守派の論客までもが騙されている!

ワクチンを受けない方が健康的 だという衝撃的な研究結果が公表されないのはなぜ?
※ワクチンはそもそも「危ないもの」、「体に入れてはいけないもの」である。

★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで・・・!!
 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
今日は竹田先生の回 でしたね^^
2014/11/23(日) 22:56 | URL | ユリ助 #halAVcVc[ 編集]
Re: No title
ユリ助さん、コメントありがとうございます。

> 今日は竹田先生の回 でしたね^^
ホント、そうですね。
やたらあちこちと絡んで戦ってましたね。
今回のでさらに思いました。
辛坊に代わってから、この番組は逆行してます。
あの嘘ナレーションの認識を視聴者に取り戻そうとでもしているよう。
あったまきます。
2014/11/24(月) 23:41 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示