ひだまり    今は古事記に夢中! たかじんのそこまで言って委員会 2014.11.30 ”日本崩壊” を望んでいるのは 誰?

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

たかじんのそこまで言って委員会 2014.11.30 ”日本崩壊” を望んでいるのは 誰?


たかじんのそこまで言って委員会 2014.11.30
世界崩壊の序曲 2
日本大崩壊? 
医療 ・ 資本主義 ・ 原発の終焉  徹底検証SP!


2014年11月30日放送
司  会   辛坊治郎
パ ネ ラ ー 金美齢、津川雅彦、 桂ざこば、加藤清隆、 長谷川幸洋、 竹田恒泰、山口もえ
ゲ ス ト  本田宏、 太田匡彦、 的場昭弘、池田信夫、







動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます。m(__)m

※最近動画が消されてしまうことが多いので 消される前にぜひ見てね!


うちの中日新聞には「大好評 ”世界崩壊の序曲” 」 ってあるけど、
一体、誰に ”大好評” なの?って聞きたいです。
ホントに「日本社会が崩壊する話が好きな人」がそんなにいるの?
どこにそんなに「日本が崩壊するのが楽しい人」がいるの? (社内?)

最近こういう安易な、「呪詛的なタイトル」が続いているけど、
どう好評だったのか、
誰のどういう意見なのか聞いてみたいものです!

こういうネガティヴタイトルに対する他の話はここ  を見てください。 (ほんと、最近多いの!)
★たかじんのそこまで言って委員会 2014.10.12 ~ テーマタイトルにもの申す!

こういうことを言っててもね、
「タイトルがそうでも、内容が必ずしも絶望的なものでないなら問題ないのでは?」
って思ってる人いると思うけど、 違うよ。
こういうのはね、計算されていることなの。
「効果」があるから、やってることなの。
「日本にダメージを与える効果」 がね。

やつら(反日マスコミ=敵国の手先)の目的は、
ああいう「負」のイメージのキーワードを視聴者に
日本国民に聞かせること、見せること、そのものなんです。
それを「ステマ」と言います。

たとえそれが事実でなくても、
たとえあなたが「それは違う」と解かっていても、
たとえあなたが「それはどうかな…」と信じていなくても、
その「言葉」を繰り返し、繰り返しインプットされ続けていると何が起こるか?
何かの拍子に、
あなたが何かを判断するときに、
突然、いつか聞いた(見た)その「記憶(言葉やイメージ)」がいきなり亡霊のように現れて
あなたの「判断」を左右することになるのです。
そのキーワードが、そのイメージが、
まるであなたの経験であるかのように、
まるであなたの感想や考えであったかのように、
あなたの意見や意志として表に出される(アウトプットされる)のです。

商品コマーシャルは、まさにその効果を狙って作られていますよね。
それをご存じの方は多いはず。
それと、こういう「タイトル」やテレビ画面の端に出ている「テロップ」、
新聞の「大見出し」「小見出し」、雑誌の吊り広告などの「目次タイトル」などは、
そういう効果を狙っているのです。

商品を「買わせる」ためだけに刺激的なタイトルを付けているのではない。
そのコピーを考えてた人はそのつもりでも、
それを採用し、最終判断した人(マスコミのボス)にとっては、
そういう究極の目的が隠されているのです。

だから、
「日本を崩壊させたい」人たちや「日本人を絶望させたい」人たち、
または、「日本の救世主を抹殺したい」したい人たちは、そういう「ネガティヴワード」を
嘘でもいいから繰り返し繰り返し日本人に与え続けるのです。
そうなることを願って。
そう思われることを願って。

だからね、わたしは最近すごくこのタイトルたちに反感を持っているんです。
ここに並べてみようかと思ったけど、やめました。
だって、そうしたら、更に繰り返し
あなたにその「メッセージ」を送ることになってしまいますからね。

どうぞ、今後は、そういう目で、マスコミが与える「言葉」を見て警戒してください。


あと、
金美鈴さん、あなたも勘違いしてるよ。
金さんは「日本人はオール・オア・ナシング」だってよく言うけど、
それは、こういう  この番組のパネラーへの質問のしかたでもわかるとおり、
日本人が、じゃなくて、マスコミが そう仕向けているだけのこと!
つまり、日本人は、現にここのパネラーの皆さんを見ても判るように、
困りながら、無理無理、
その「与えられた(マスコミが振ってくる)二者択一」に無理やり答えてるだけですよ。

日本人って、津川さんがかつて言ったように、白黒はっきりつけることよりも、
むしろ玉虫色が好きなんだと思う。いい意味でね。
だから、遠慮とか、謙遜とか、建前とかいうのが日本人気質の代名詞なんでしょ?

オールオアナシングなんて、白黒なんて、その対極のものじゃないですか?
金さん、そこだけは認識をマスコミに洗脳されてると思う。
「日本人はいつも二者択一してる」って。
それは、マスコミが無理やり世論をそれに当てはめたがってるだけ。
日本人はいつも答えに窮して、無理して、どっちかに答えるけど、
ほんとうは、「そうじゃないんだけど(まあ、あえて言えば…)」って迷ってると思うよ? 
違う?




あと、
長くなるけど、これも言わせてね。
原発の「安全神話」と「危険神話」の崩壊の話です。

(あとから追々追記します←PCの調子が悪いのですぐ止まって書いても消えちゃうんです~ (T_T;)

竹田さんが「池田さんは嘘つきだ」って言ってましたが、わたしもそう思います!
よもや、まさかこの期に及んで、
すでに使い古され、とっくに論破されて死語になったかと思っていた台詞…
「放射能が危険と言うなら自動車もタバコもレントゲンも危険だから使うのをやめろ」
っていうのを今さらここで聞こうとは・・・!

レントゲンの害(被曝)については、こっちの記事をぜひ読んでほしいのですが、
自動車やタバコのリスクと異なり、レントゲンのリスクに関しては、原発側であり、むしろ同じ穴のムジナ
「原発村」の仲間であると言えます。
しかし、自動車やタバコのリスクは、竹田さんが言ったように、原発や放射能のリスクとはまったく別!
別次元の問題です。

なぜなら、自動車やタバコは、そのリスクを承知の上で、
自分の嗜好として、自分の選択で、任意でやっていることだからです。
危険性を承知の上だから、自己責任で、そのリスクを軽減するために、その責任を果たすために
自分で「保険」にも入っているのです。(自賠責とか生命保険とか)
リスクを承知しているから、
そのリスクに見合う対処ができない人、
保険に入れない人、事故が起こったときの保障が確保できない人は、選択として
それを持たない、手を出さない…ということが「選択」できます。

ところが、原発はどうでしょう? 
放射能被爆はどうでしょう?

あなたは、あの事故が起こる前から、
本当に原発のリスクを放射能のリスクを納得して受け入れていましたか?
その「現実的なリスク」を知った上で、そのリスクを「想定内」のものとして
原発の是非を考え、それを容認していましたか?

その「選択」に必要な十分な知識を持っていたと、
ちゃんと正しい情報を知らされていたといえますか?

本当にそれが、自動車やタバコのリスクと同じ次元のものだと思っていますか?

原発事故による放射能のリスクは、自然放射能のリスクとも違うし、
自己責任が取れる、または、自己責任だと納得できる自動車のリスクやタバコのリスクとは
まったく違うはずです。

その一点だけもってしても、
あの池田氏は「嘘で」人をミスリードしていると思います。

それにしても、
この池田といういう人や田嶋さんみたいな人たちって、
ホントに人の話を聞いてない。
いや、聞かない。
というか、人の話を聞かない訓練でもしてるのって思うくらい、人の話には耳をふさいで、
「ひたすら自分の主張をまくし立てる訓練」でもしてるのかな?って真剣に思う。
そうでなきゃ、あんな傍若無人な行為はできないでしょ?
普通の神経なら。
普通の(日本人らしい)良識と品位があれば。
そりゃあ討論の場では誰でも自分の主張は最後まで語りたいと思うだろうけど、
あの態度は異常に感じます。
(※この動画を見ると、それがより一層判ります!)

なんか、池田氏を見てると、
いつもキンキンと自分の主張だけをまくし立てる、マスコミにやたら贔屓にされてる女性…
(他の弁士の話は司会に遮られるのに彼女だけは遮られない!)
声聞いただけでムカつく、鼻先でペラペラ抑揚無く喋り続ける不快MAXなオバサン、
田嶋さんの10倍くらいムカつく、あの例の韓国人を思い出します・・・



が、気に入らないのはそれだけではありません。
もうひとつ大きな嘘、竹田さんも激しく指摘していましたが、
「原発事故で死んだ人はいない」(ほんの少しだけ)という「神話」です。

そう、それこそが神話だと思います。
これだけ簡単にネットで情報が取れるのに、いまだにそんな妄言を吐いているのに呆れます。

彼が権威を傘に着て印籠のように繰り返した「国連」
が出した数字ほど信用できないものはないってことは、知っている人は知っています。
国連なんて、
日本への敵国条項をいまだに改定しない機関ですし、
彼が信用している「国連お墨付きの数字」はみんな、核利用推進のための機関が出しているんです。
それすなわち、
広島・長崎の原爆被害者をモルモットとして、データを極秘にして軍事利用してきた輩です。
あれはつまり、これまで起こってきた、そして、これから起こりうる
あらゆる原発事故の被害者の救済を切り捨てるために出してきた数字です。
かれらにとって、被爆被害者は「救済」するための対象ではなく、
所詮、データを得るためのただのモルモットなのです。

少なくても、確信的に、かつて(おそらく今回も)、日本国民の命をモルモット扱いしてきた
日本人の敵です。
それこそ日本人は、「国連神話」からも目覚める必要があります。

そんな数字を、
あんな血も涙もない数字だけを、本気で有難がってる連中の気が知れないです。
あれを信じられるってことは、
あの人の頭の中では、
原発事故の爆発直後によって死んだ人しか「放射能被害者」としてカウントされないということです。
いわゆる「目に見える死(犠牲)」です。
つまり、専門機関が正直に発表しない限り「目に見えない死や犠牲はカウントしないのです。
彼らは。

それを有り難がるこの池田氏は、そいつがの手先です。

大事な人を守るために、大事な故郷を、国土を守るために危険な作業に命を捧げた人たちは
原発事故による「放射能汚染の犠牲者ではない」というのでしょうか?

原発事故のリスクを隠したい政府の情報隠蔽によって、
知らずに汚染されたミルクを飲んで死んでいった子供たちの命はカウントされないのでしょうか?

法定汚染地域から脱出しても、移り住んでから生まれた「完全二世」の子供たちに遺伝子異常の
死産や流産や癌などの病気が出ていても、それはカウントされないのでしょうか?

原発事故の需要で借り出されて来る除染作業員の命なんか「人の死ではない」とでもいうのでしょうか?
あの会話を聞いていて、わたしにはそう聞こえました…

ようは、
彼ら「原発推進派」にとって、「原発は安全だ」と信じさせたい人たちにとって、
現場作業員、ましてや、日雇い除染作業員なんていうのは「使い捨ての命」
ぐらいにしか思ってないんじゃないか?

・・・と感じる会話でした。
そう思いませんでしたか?

事故を収拾するために、汚染を最小限にくい止めるために、
住民を、国民を、国土の安全を守るために命を張って危険な作業をしてくれた人たちがいたから、
わたしたちは、関係者は無事にいられたのではないでしょうか?

その彼らの死は、命は見ていないってことですか?

また、「化石燃料利用によるリスク」についてはえらく広義で捉えるのに、
「福島周辺の住民の負ったリスク」については、「そんなのまで考えてもしょうがない」と?

なんというご都合主義でしょうか。

つまり彼は、あの竹田さんたちとの会話によって、
「自分の主張にとって都合のいい数字だけ拾って、自分の主張に都合の悪い数字は見ない。
(それのどこが悪い?)」とはっきり言ったも同然です。


”「原発が必要だ」という意見がある” ことは、わたしも認めることはできます。
それが必要な人たちがいることは事実です。
でも、
「原発が必要だ」ということと、「原発が作る放射能汚染は問題ない」ということは
まったく違う、別次元の問題だとわたしは思います。

どんなに「原発があった方がいい」面があったとしても、
「放射能汚染のリスクがない方がいい」ことと引き換えにできないと思うのです。

また、
「原発が必要だ」と言う人たちから「経済」を理由にする意見以外聞いたことがありません。
が、「原発が必要」だという理由は、本当は経済ためなんかじゃないとわたしは思います。

そりゃ経済にも大きくかかわってくるでしょうが、
本当は、本丸は、世界の核のパワーバランスの問題じゃないかと思います。
だからこれは、残念ながら、永遠に解決されない不毛な議論であると思っています。
人類の愚かさの極致の空しい議論だと…。

でも、不毛だとしても、言い続ける意味があるとわたしは思います。

原発がこの世にある限り、原発の作る放射能による被害者は増え続けるのだと。
放射能汚染の本当の被害は、自動車事故やタバコの健康被害と同列ではないと。

そうやって、再稼動推進派と不毛な論争をしているうちに、
まったく嘘のない欺瞞のない「安全確保」ができないでいるうちに、
結局、現存する原発施設は老朽化して廃炉になるしかなくなり、、
新たに建設できる安全な土地など、この日本には元から無いので、
「再稼動する」と口では言いながら、
ぐずぐずしているうちに代替エネルギー問題がどんどん解決されていって、
結局、
日本は原発に頼らない経済が再生する・・・とわたしは思っています。

少なくとも、そう信じられる、そういう希望が持てるのは、
口先だけで脱原発を叫ぶ薄っぺらな(薄汚い)政党ではなく、安部政権だけだと思っています。

だから、
原発推進派の安部政権でも、わたしは安倍さんを支持します。

安倍さんが長期政権を担ってくれてる限り、
それ以外に政権を取られるよりは、これ以上日本が悪くなることはない、と、
これ以上日本が弱くなることはないと、
それだけは信じられます。
かなりの希望をもって、強い日本、美しい日本の未来を考えられます。

だから、
いやなことは「嫌だ」と言いながら、安倍政権を支持し続けたいと思います。


だって、
このまま安部政権が売国議員を整理して日本人のための法案をサクサク通せるようにして、
在日特権を剥奪し、在日が湯水の使っていた血税が国庫を潤せば、
代替エネルギー確保のインフラ整備や、日本人の雇用や日本人への保障が充足してくれれば
そんな期待が持てる政党も総理も安倍さんしかいないもの。

すみません。
文章が途切れ途切れに追記されるのは、書いてる途中でPCが固まってしまうからです・・・
(PC初期化完了して少し復活したかな…?)


☆ がん検診で癌になる! ~ 医療放射線の危険性

★(追記)TVタックル2014・12・8 日中韓 ”因縁の” 激突ニュース & 韓国の反応

★追記 : 津川雅彦氏の神発言について 「たかじん 委員会」 5.19 大 改憲論! その②



※ あわせてこちらもご覧ください。

★さあ! 解散総選挙だ!!
 その前に、 民主党の「通信簿」を見てみよう!


★テレビでは語れない「日中首脳会談は安倍首相の大勝利だった」という解りやすい証明


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★「たかじんのそこまで言って委員会」が関東地方で放送できないわけ・・・

(辛坊が復帰してからちょっとアヤシイんだけど・・・)
「たかじんのそこまで言って委員会」は、マスコミ最後の良心 と言っていいでしょう。
新聞、テレビでは普通言えないこと、聞こえてこないことも、
ここではバリバリ保守の日本人としてのど真ん中発言 がたっぷり聞けます。
聞けば聞くほど、東京方面だけ放送してない(放送できない)という意味が解かります。
もし、これが東京でも放送されていたら、先の都知事選の結果は大きく違っていたかもしれない…
だから、
これを東京では流せないのです。
「戦後レジュームからの脱却」がもっとも必要なのは日本の中心東京なのに、
じつはその東京こそが、意図的に、
そうあってほしい(日本人に目覚めてほしくない)勢力の力によって
浦島太郎状態を維持されているのが現実です。

そんな東京方面の方、
また自分のように日曜にゆっくりテレビが見られない方のために、
これまでの放送で保存版として残しておきたい動画を順次上げていきたいと思います。



たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html


貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html
(※最近のものは欄下の関連記事からどうぞ)



★「たかじん委員会」でしか聞けない!!
  「南京大虐殺の中国側の証拠はみんな捏造だったという証拠を検証する」


★たかじんのそこまで言って委員会 2014.5.11 女性が考える女性問題SP!!

★韓国人「日本に植民地支配された屈辱は忘れない」 ← これに反論できる日本人いるの?
   (いるよ~) 


★神風特攻隊の遺書と「永遠の0」 ~ 

★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、昭和天皇が初めて
 一般人に向けて歌をお詠みになった


★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話

★遅ればせながら、<憲法改正問題 関連記事一覧> 作りました。
※日本人は誰も「日本国憲法」を正しく教わっていない! (左翼のウソばっかりが浸透している)
※女性、主婦の人にこそ考えて欲しい 憲法改正問題


★日本国民がどのように宮内庁とマスコミの巧妙な皇室解体計画に騙されてきたのか
※宮内庁、マスコミは嘘ばっかり! それに保守派の論客までもが騙されている!

ワクチンを受けない方が健康的 だという衝撃的な研究結果が公表されないのはなぜ?
※ワクチンはそもそも「危ないもの」、「体に入れてはいけないもの」である。

★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで・・・!!
 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
原発問題は、いつか番組一本丸々使ってやって欲しい!
15分やそこらじゃ全然足りません。もっともっといろんなお話が
聞きたい…(>_<)
2014/12/01(月) 00:19 | URL | ほいみん #-[ 編集]
Re: No title
ほいみんさん、コメントありがとうございます。
確かに足りませんよね。
2014/12/02(火) 00:27 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示